2011年10月25日 (火)

鎌倉 天上の風景

○「いざ鎌倉」を担当した弘(ひろ)です。

今回取材を通して、鎌倉の魅力は古くから鎌倉に住んでいる方と、鎌倉に惹かれて新しく移り住んだ方々が一緒になって作り上げてきたことを実感しました。


伝統と新しいセンス。変わらないものと、未来につなげていく柔軟さが相まって、古都の風情を醸し出しているのだ、と。取材を通してお目にかかったどなたもが鎌倉への強い思いをお持ちだったことがとても印象的でした。

○そんな鎌倉のおススメスポットは、ずばり「山」。町を囲む山は鎌倉アルプスとも呼ばれ、自然の中でトレッキングを楽しむことができます。町の賑わいがうそのような山の尾根道を歩いていると、やぐら(鎌倉時代の墳墓)や小さなお社と出会うことができ歴史を感じさせてくれます。そして木々の間から垣間見える美しい町の眺望に思わず汗も吹き飛びます。


中でもお勧めは、建長寺境内の裏手にある半僧坊です。尾根沿いにアプローチすることもできますが、建長寺の境内を抜けて20分ほど登っても行けます。


そこからの眺めはまさに絶景。由比ガ浜や稲村ケ崎、空気の澄んだ日には富士山も望めます。海と山と町がコンパクトにまとまった地形が、いかにも居心地がよさそうな感じを与えてくれます。


遠い昔、この地に都を作り上げた源頼朝ももしかしたら、こんな山の上から地上を見下ろし野望をかきたて、夢の実現にひた走ったのでは?などと、思ってしまうような、悠久の風景が広がります。

投稿時間:10:29


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS

page top