2015年12月

2015年12月29日 (火)

船橋名物を紹介するなっしー

「船橋」を担当しました千葉放送局の安住です。

船橋はよく聞く地名でありながら、なかなかイメージの湧きにくい町ですよね。

最近は「ふなっしー」のおかげで、梨の産地としては知られてきたようですが…。

しかし、船橋にはまだまだ名物があるんです。

 

まずは海産物から。

番組でもご紹介した「スズキ」は日本一の水揚げを誇る船橋の特産です。

image1.jpg

ご出演いただいた漁師の大野和彦さんのところでは、よりおいしく食べてもらおうと、締め方を工夫していました。

空気圧でスズキの神経を飛ばして、一瞬にして締める「瞬〆」という手法で、こうすることで、スズキの鮮度が落ちにくく、旨みを身に閉じ込めることができるとか。例年5月から10月、スズキの旬の間のみ行われ、全国へ出荷されています。

image2.jpg

もうひとつは、船橋駅前にたくさんある居酒屋の中に。

店内で目に飛び込んでくるのが、やたら「小松菜」推しのメニュー。

小松菜のハイボールに、ラーメン、マーボー豆腐に、アイスやケーキまで…。

image3.JPG

image4.JPG

実は船橋は市街地で小松菜の栽培が盛んに行われています。

そこで各店が町の名物にしようとオリジナル料理を作っているんです。

image5.JPG

image6.JPG

いろどりは衝撃ですが、味は確かです! もちろん私も食べました。

どれも小松菜の風味をいかしつつ、新たなおいしさを引き出しています。

今は50店ほどが参加し、中には番組でご紹介した「ホンビノスガイ」とコラボした料理もあるので、ぜひ、船橋で探してみてください。

船橋の「何でもアリ」感を味わえるなっしー!!

投稿時間:11:00 | カテゴリ:ディレクターおすすめスポット | 固定リンク


2015年12月22日 (火)

みかんの段々畑

「みかん」の回を担当した松山放送局の池座です。

去年、愛媛に赴任した直後から、1年間、八幡浜市真穴地区のみかん畑に通わせていただきました。さまざまな時期のみかんを食べ比べる中で、スタッフ一同、すっかりみかんに一家言ある愛媛人になりました。

さて、旅のおすすめといえば、やはり絶景の段々畑。

中でも2つのシーズンをおすすめします。

1つ目は、10月下旬から12月の収穫シーズン。

段々畑のみかんが、“黄色”を超えて“紅色”に色づきます。農家の方々は“紅がくる”と言います。海沿いの道をドライブしながら、その“紅がきた”段々畑を眺めるのが、おすすめです。

dandan.jpg

夕方まで待てば、宇和海に沈んでいく美しい夕日を見ることができます。番組でご紹介した「みかんアルバイター」の方々からも、“仕事を終えた後に見る、夕日に癒やされる”という声を多く聞きました。

yuukei.jpg

もう1つは、4月下旬から5月上旬に咲く「みかんの花」の季節です。

“みかんの花が咲いている~♪”と歌には、聞いたことがありましたが、実際に目にするのは、今回の取材が初めてでした。

 小さくて可憐なみかんの花。一面に花が咲いた光景は壮観です。さらに、見た目だけでなく、甘い香りが街全体を包みます。

hana.jpg

道後温泉など、有名観光地がある愛媛県ですが、余裕がある方は、一足伸ばして、みかん畑まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

投稿時間:11:00 | カテゴリ:ディレクターおすすめスポット | 固定リンク


2015年12月15日 (火)

四天王寺に立ち寄ると・・・

「四天王寺」を担当した久保です。同じ関西でも、京都や奈良のお寺とはひと味違った、大阪ならではの暖かさを感じていただけたのではないでしょうか。

四天王寺のとっておき。まずは、なんといってもアクセスの良さです。最寄り駅の天王寺駅は、関西一円からのアクセスにとっても便利なターミナル駅。通天閣もすぐ近くです。ふと思い立ったら、すぐに訪れることができます。これだけの歴史あるお寺に気軽に立寄れるって、なかなかありません。

お寺というと、お墓参りで先祖供養か、有名なお寺なら仏像を見に…というのが定番ですよね。

でも四天王寺は、それだけではありません。

もうひとつのとっておきは、1年を通して楽しめる行事が盛りだくさんな点。

例えば1月を見てみると…

●3日…合格祈願法要(元三大師堂)。受験生のご家族で大人気。

●6日…参禅会(五智光院)。朝6時半から無料で参加できる座禅の集い。

●14日…どやどや(六時礼讃堂)。ふんどし姿の若者がお札を奪い合う勇壮なお祭り。

●21日…大師会(境内一円)。弘法大師の月命日、縁日が楽しめます。

●22日…太子会(境内一円)。聖徳太子の月命日、番組で紹介した「絵解き」も行われます。

(1月の行事のほんの一部です。)

どなたが来ても、楽しめるポイントがきっとあります。

ennichi.JPG

行事がない日も、あなどれません。境内は甲子園球場2つ分の広さ。お気に入りの場所を見つけて、ぼーっと過ごすだけで、なんだかスッキリするから不思議です。お寺の人との立ち話や、初めて会った人同士が気軽におしゃべり、なんていう光景も四天王寺ならではです。

お寺という空間そのものが、人々の集いの場であり、そこで過ごす時間がちょっとした癒しや安らぎを与えてくれる。そんなお寺本来の雰囲気を味わえる場所。一度訪ねると「もう一回行ってみよう」と思える不思議な空間です。

堅苦しいことは一切ありません。買い物の合間に、仕事帰りに、ふらっと立寄ってみませんか?

1400年以上の歴史が培った懐の深さに、魅了されること請け合いです。

投稿時間:11:10 | カテゴリ:ディレクターおすすめスポット | 固定リンク


2015年12月08日 (火)

ポスターも面白いですよ!

新日本風土記」事務局スタッフです。

「新日本風土記」では、番組の放送と合わせて、その地域を舞台にしたポスターを制作する取り組みをしています。もちろん全部というわけではなく、半分程度ではありますが、力を入れて作っています。基本的に、舞台となった地域で貼って頂いてますので、他の都道府県ではご覧頂く機会はなかなかありません。ですが、こちらのホームページでは、バックナンバーの個別ページで、それぞれ掲載しております。ユニークなデザインが多いので、ぜひのぞいてみて下さい。

このポスターの検討会議というのが時々あるのですが、それがまたとても面白いんです。デザイナーは、番組の概要を事前に読み込み、イメージを膨らませてビジュアル案を持ってきてくれるのですが、「今回はどんな手でくるんだろう」と期待でワクワクします。惜しくも採用されなかった案も、本当はお目にかけたいくらい素敵なデザインが多いんですよ。

一見気づかないしゃれっけもたくさん入っています。たとえば、上高地のポスター。山肌をよーく見ると、ゆかりの人物の顔や動物などのシルエットが。広島のポスターも、鯉が泳いでいるだけかと思いきや、浮かんできません?あの文字が。

来週放送の「みかん」、再来週放送の「船橋」、どちらもポスターを作っており、とてもユニークに仕上がっています。番組と一緒に、ポスターもぜひお楽しみ下さい!

投稿時間:11:00 | カテゴリ:事務局便り | 固定リンク


2015年12月01日 (火)

お正月特番のことを少しだけ・・・

「新日本風土記」事務局スタッフです。

今日から、とうとう12月。2015年最後の一月となりました。先週は急にぐっと寒くなり、いよいよ冬将軍の到来といった感じですね。

昨年、季節ごとに放送をした「もてなしの国 もてなしの四季」ですが、来年1月2日に、その特別番組を放送する予定です。タイトルは、「もてなし巡礼」。番組の案内人として、また、松本幸四郎さんにご登場頂きます。今回はナレーションだけではなく、お顔も拝見できますよ。その撮影が先日ありました。まだ詳しくは申し上げられませんが、早く皆さんにご覧頂きたいです。

師走と言うことで、みなさん、慌ただしい一ヶ月になると思います。金曜の夜は「新日本風土記」で、少しのんびりお過ごし下さい。そんな時間はない!という方、朝のミニ番組「もういちど、日本」もありますよ。5分の癒やしタイム、ぜひご活用下さい。

投稿時間:11:00 | カテゴリ:事務局便り | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2015年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS

page top