2015年3月

2015年03月31日 (火)

故郷の花 ~房総~

「房総 花物語」を担当した千葉放送局の桒葉です。

千葉県・房総半島の南の端は早春の花どころ。季節を先駆けて花の便りが届きます。

ストック、キンギョソウ、ポピー、キンセンカ、矢車草、そして菜の花。今回の取材を通してたくさんの“花”と出会いましたが、なかでも印象深いものがキンセンカです。お日様の光を受ける盃のようなその形から「金盞花」という名前がついたこの花は、働き者ぞろいの南房総の主婦たちが作り続けてきました。お墓参りのお供え花のイメージが強いですが、柔らかな緑の葉のなかで咲いている姿は、明るく、力強く、取材で知り合った房総のお母さんたちの印象そのものです。

kinsenka2.jpgのサムネイル画像

そんなキンセンカを見るなら、実はちょうど春のお彼岸が過ぎた3月の末から4月初めがお勧めです。出荷のピークがお彼岸のため、農家が残った花をそのまま畑で咲かせているからです。すっかり春めいた陽気のなか、外房の海沿いをのんびりドライブしてみて下さい。道沿いのところどころで、赤く染まったキンセンカ畑が目に飛び込んでくるはず。

kinsenka1.jpg

和田町真浦(もうら)地区では、このキンセンカを故郷の花として大切にしていこうと市民グループが熱心に活動をしています。高齢化で作り手のいなくなった段々畑を借りて、小学生に花作りの歴史を教えながら、一緒にキンセンカを育てているのです。集落の裏山に登ると、皆さんが丹精した花畑の向こうに房総の海が見渡せます。

kinsenka3.jpg

のんびりと心の洗濯をしたい週末、ぜひ房総にいらして、ここでしか出会えない花景色を探してみてください。

投稿時間:10:59 | カテゴリ:ディレクターおすすめスポット | 固定リンク


2015年03月23日 (月)

玄界灘はよかところ

玄界灘をゆりかごに育ったディレクターの坂本です。

エネルギッシュで温かい玄界灘の人々のパワーと優しさを感じていただけましたでしょうか。

賛否はあるかと思いますが、このエリアは男の役割・女の役割が今だ健在です。主(トップ)の許しがない限り子ども(配下)は箸をつけることは出来ませんし、当主が一番風呂は当たり前。良くも悪くも大人たちの言うことは絶対でしたから、大人たちも手本となるべく大きな背中を見せてきました。私はそんな風土が大好きで、それをお伝えできればという思いで今回の番組を制作しました。

genkai1.jpg

 

 genkai2.jpg

 

もちろん女が立ち入れる場所に制限もありました。たとえば船や女人禁制の沖ノ島などステレオタイプな見方だと男尊女卑のようでもありますが、危険な場所に女性を連れて行かないという男たちの優しさだったりするのです。一見おっかないような方々も結構奥さん孝行されてますのでご心配なく。奥様あっての男たちですので。

genkai5.jpggenkai6.jpg

 

私は高校までしか故郷にいなかったので、今回の番組がなければ知らないこともたくさんありました。

金印で有名な志賀島は、阿曇族という古代水軍の拠点であったことも初めて知りました。志賀海神社は綿津見三神を祀り、海の神様の総本山です。宮司は代々阿曇族の末裔がつとめることになっていて「社人(しゃにん)」と呼ばれる方々がお宮に仕えておられます。社人は仕事を引退された島民たちです。自分たちの祖先や島への思いを行動で示されています。

genkaiumi.jpg

genkaiumi2.jpg

 

海の恵みも山の恵みも豊かで、命の危険を感じてきたからこその信仰、そして先人あっての今があるという思いで生きてきた民を育てた玄界灘。あらためていいところに生まれたんだなと実感しています。是非コッテコテのアツ~イ海へお出かけください。パワフルで温かく心優しい純情人たちが待っています!

 

お世話になった皆さん、ありがとうございました。また遊びに行くけんね~genkai7.jpg

 

 

投稿時間:16:26 | カテゴリ:ディレクターおすすめスポット | 固定リンク


2015年03月17日 (火)

春が来ました

「新日本風土記」事務局スタッフです。

3月も残すところ、あと半月。卒業式や入学式など、ひとつの節目を迎える時期です。慣れ親しんだ故郷を離れる人、逆に離れていた故郷に帰る人もいらっしゃることと思います。お正月を迎えるのとは、また違った気持ちになりますね。

「新日本風土記」「もういちど、日本」も、新年度から放送時間が少し変わります。

 

「新日本風土記」 

  放送 毎週金曜 午後9:00

 再放送 翌週金曜 午前8:00

 

「もういちど、日本」

 Eテレ 月曜日:午前6:20

 火~金曜日:午前5:55~6:00

 BSプレミアム 月~土 午前7:10/11:55

       (土は午前7:10のみ)

「新日本風土記」では、毎週木曜の夜11時45分から、新日本風土記セレクションとして、これまで放送した番組を再放送することになりました。見逃してしまった番組が見られるかもしれません。<放送予定ページ>に後日予定を掲載しますので、こちらもあわせてご確認下さい!

投稿時間:11:08 | カテゴリ: | 固定リンク


2015年03月09日 (月)

小樽を楽しむ秘訣

「小樽」を担当した札幌放送局ディレクターの吉田です。

小樽と聞いてまず思い浮かべるのが、「小樽運河」ですよね。でも大体の皆さんは「きれいだよね。レトロだよね。じゃあ、写真一枚とって帰ろうか…」と、滞在時間1分、撮った写真1枚、となってしまいがちなんですが、それだけではもったいない!せっかく小樽まで来たのだから、運河をもっと楽しめる「秘訣」をお教えしましょう。

 

①こんな場所から運河を見ちゃおう!

 運河の船旅を楽しむのはいかがでしょう。1時間に1回ほどのペースで運河を一周する観光船が出ています。所要時間35分。予約は必要ありません。運河の中からは、ちょっと違った景色が見えます。例えば、周りに建つ倉庫の入り口が全て運河向きに作られているのが分かります。これは、運河から倉庫に効率よく荷物を運び入れる工夫。さらに倉庫の屋根に見えるシャチホコは、船でやってくる人たちに商店の繁栄ぶりを見せつけようという小樽商人の見栄のあらわれ。ガイドの案内もあり、おすすめです。

 

②運河の歴史に思いをはせよう!

 美しい運河ですが、実はとっても暑苦しい歴史を持っています。そもそも港湾労働者の作業場所として作られた運河には、かつて働く男たちの汗と喧噪があふれました。さらに、運河埋め立ての危機には、市民が立ち上がり戦いました。あまり目につかないのですが、運河脇の散策路にはかつて労働者で賑わった頃を描いたレリーフがありますので注意して見て下さい。「新日本風土記 小樽」をご覧いただくと、運河の知られざる歴史を知ることができ、旅行をより楽しめますよ。

 

③「雪あかりの路」に行こう!

 例年2月の上旬~中旬にかけ行われる祭り「雪あかりの路」の時期は抜群におすすめです!運河をはじめとする街のいたるところを市民がろうそくで照らす祭りなのですが、言葉は不要。ただただ美しい光景が待っています。

otaru.jpg

 

 

 

 

投稿時間:12:38 | カテゴリ:ディレクターおすすめスポット | 固定リンク


2015年03月02日 (月)

吉野川に惚れました

「吉野川」を担当した大麻です。

徳島県を横断し、紀伊水道まで流れ込む吉野川。今回はその流域に暮らす人々を取材しました。日本三大暴れ川の一つと言われていますが、ここに暮らす徳島の人たちにとって吉野川はまさに「我が家」。単に川の豊かな恵みを受ける場所という以上の愛着、思い入れを感じた取材でした。

放送をご覧になって「吉野川に行ってみたい!」と思ってくださった方のために、オススメスポットをご紹介させていただきます。

1)川遊び

番組でも紹介した激流を下るラフティング。吉野川上流の小歩危周辺は日本で最もラフティングの難度が高い場所と言われています。2m級の大岩がゴロゴロ転がる激流をスピードに乗った船で下るのは爽快の一言。聞けばこの川に魅せられて、海外からもラフティングガイドたちが続々移住しているんだとか。思いっきり水しぶきを浴びて、日々のストレスをぜひ発散してください。

ラフティングだとちょっと激しすぎるという人にオススメなのが川遊び。吉野川の支流には流れが速すぎず、深すぎず、安全に遊ぶのにちょうど良い場所がいっぱいです。日本で最も水質が綺麗な川に認定されたことのある支流「穴吹川」などもオススメです。清流で童心に帰ってみてはいかがでしょうか?

yoshino1.jpg

 

2)日の出

吉野川の見所はなんと言ってもその水量と広い川幅が生み出す雄大な景色。河口付近の川幅は全国有数の1.3km。鳴門と淡路島の間と同じくらいの川幅が広がっています。いつ見ても圧倒されますが、最も映えるのが日の出の時。海と見間違えるくらいの広い水面を朝日が照らす様子を見るため冬でも毎朝、川沿いをジョギングしている人もいるほど。朝日に照らされた穏やかな水面は極上の癒やし。こんな顔を時折見せてくれるからこそ、みんなこの暴れ川が大好きなのかも知れません。

yoshino2.jpg

投稿時間:10:52 | カテゴリ:ディレクターおすすめスポット | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2015年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS

page top