2018年09月18日 (火)

気温より、町の人たちの方がずっと熱い

「佃・月島」回を担当しました、アシスタントの久米です。番組をご覧いただき、ありがとうございます。また、撮影にご協力くださった佃・月島の皆様、ご関係者の皆様、本当にありがとうございました。

今年の夏は本当に暑かったですね、最高気温の記録を更新しました、というニュースを何回耳にしたことでしょうか。

そんな酷暑に勝るとも劣らないのが、佃・月島の町の方々の熱気!お祭りにかける情熱!パワー!神輿にかけられる水が、気温と人々の熱気であっというまに湯気になっていくのを横目に、三脚担いで町を駆け巡る・・・まさにお祭り騒ぎなロケでした。

そんな熱い祭りの様子は、番組でたっぷりご覧いただくとして、今回は佃・月島のおススメグルメスポットをご紹介します!そう、佃・月島には、おいしいものがたくさんあるのです・・・じゅるり。

まず、佃の代名詞ともいえる保存食・佃煮。佃島の漁師が獲った魚を日本橋で売り始めたのが、今の築地市場のはじまり。そのなかでも売り物にならない小魚が、佃煮になったと言われています。現在、佃地区にある佃煮屋は3軒。代々受け継がれてきた味をお楽しみください。

tsukudani.jpg 

そして、月島といえばこちら、もんじゃ焼き!いまでは「もんじゃストリート」と名前が付くほど、もんじゃ屋の多い月島ですが、もともともんじゃ焼きは、子供のおやつ。路地裏の長屋の軒先や、駄菓子屋で売られていたのが始まりなのだとか。最近では、一風変わった「進化系」なもんじゃ焼きも登場しているので、是非チャレンジしてみては? 

monja.jpg

 

最後は知る人ぞ知る、月島のソウルフード・レバーフライ!昭和の初めのころ、それまでは食べる習慣がなかったブタなど内臓(レバー)を、油で揚げて屋台で売り出したのが始まりで、当時は「肉フライ」と呼ばれていたそう。食べ歩きにもぴったりな「レバーフライ」、食べ始めると本当に止まらなくなるので、ご注意を・・・。

rebafly.jpg

町の人も、お祭りも、グルメも、どこもかしこもにぎやかで熱いのが、佃・月島!

是非、遊びに行ってみてください!

投稿時間:11:00


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS

page top