2012年09月11日 (火)

木曽の森に抱かれて

「木曽」を担当しました森田です。
『すべて山の中である』といわれた土地での、自然を敬い、山とともにある営みの物語、いかがでしたでしょうか。

 今回の取材で特に印象的だった場所は、350年前から厳しい管理のもと守られてきた特別な森、「奥千本」です。木曽の山の奥にあり、樹齢300年を超すヒノキが無数にそびえ立つその場所は、とても静かな森でした。苔むして緑鮮やかな岩や倒木、巨木の間からカーテンのように広がる木漏れ日、土の表面をまるで血管のように這うヒノキの根などなど、神秘的な光景にいくつも出会いました。ただ、この「奥千本」、今回は取材のために特別に許可をいただき入らせて頂いた場所で、普段は自然保護の区域となっているため、誰でも簡単に行けるところではありません…。

 しかし、皆さん、ご心配なく。この「奥千本」と同じように長い間守られてきたヒノキの巨木の森を堪能できる場所が木曽にはあるんです。それが、私がおすすめするスポット、長野県木曽郡上松町にある「赤沢自然休養林」です。

akasawa.jpg

【写真①「赤沢自然休養林」】

shinnrintetudo.jpg


【写真②「森林鉄道」】

 江戸時代から守られてきた森に、多くの人に親しんでもらおうと散策路が整備されていてたっぷりと森林浴を楽しめます。また森林内には、かつて木材の運び出しに使われていた森林鉄道が運行されていて、林間を行くトロッコ列車も楽しめます。運が良ければ、カモシカに出会えるかもしれません。とっさの事で、カメラで撮れなかったのですが…、私も出会いました。


それから、赤沢自然休養林には、こんな場所もあります。

morinoisha.jpg


【写真③「長野県立木曽病院が行う『森のお医者さん』」】

長野県立木曽病院が週に一度、医師や看護師などを派遣している「森のお医者さん」。ここでは健康相談と散策ロードのアドバイスを行っています。
木曽病院は「森林セラピー」の研究に力を入れていて、この赤沢自然休養林を散策する実証実験からはストレス軽減効果も明らかになっているそうです。

そして、もうひとつ、番組に登場した木曽馬と触れ合える場所もおすすめ。

kisoba.jpg

【写真④「木曽馬の里」】

長野県木曽郡木曽町にある「木曽馬の里」です。木曽馬に乗馬する事も出来ます。本州唯一の在来馬の大人しくてかわいい姿をぜひ見てください。

以上2つの場所も含め、木曽はこれからがまた良い季節!そうです、山々色づく紅葉です。番組でお届けしたのは、春から夏にかけて取材した、緑美しい木曽でした。もうひとつの素晴らしい季節の木曽は、皆さん、直接訪れて味わってみてはいかがでしょうか。

投稿時間:12:11


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS

page top