2011年11月15日 (火)

新宿人情横丁

  「東京の夜」を制作した小山です。「東京の夜」と聞いて、みなさんはどこを思い浮かべますか。夜景好きは六本木ヒルズや東京タワー、あるいはお台場?ちょっと気取った夜を過ごしたい時は銀座・赤坂・麻布?それぞれ思い入れの深い場所はあると思いますが、データを見れば東京一の夜の街は何といっても新宿です。1日350万人が利用する日本最大のターミナル駅、新宿駅。その界わいには不夜城・歌舞伎町を始め、立ち飲みの安酒場からホテルの高級料理店までそろい踏み。少し足を延ばせば新大久保の韓国料理店街も楽しめます。なかでもイチオシは「思い出横丁」。赤ちょうちんがぶら下がる居酒屋が軒を連ねる飲み屋街で、発祥は戦後のヤミ市です。やきとり、やきとん、もつやき、モツ煮・・・。ビールに良く合うB級グルメの王道を目当てにサラリーマンはもとより、若い女性やカップルも多く訪れます。旅行ガイドブックを手にした外国人バックパッカーの姿も珍しくなく、庶民の日本情緒を味わえる人気スポットになっています。

omoide_01.jpg


 この横丁で飲む酒の醍醐味は、狭いカウンター席で偶然隣り合う人たちとの出会い。店主をぐるりと囲むようにして座る客どうしが、初めは店主を仲介役にしておずおずと、そのうち気心が知れてくるとワイワイガヤガヤ直接話を始めます。プロ野球やサッカーの話題はもちろん、家庭や政治、仕事の悩みなど、見知らぬ者どうしの気安さからか本音の会話が弾みます。それも愉快に。裸電球の優しい明かりがそうさせるのかもしれません。世知辛いご時世の中でつい忘れてしまいがちな「一期一会」、「袖すり合うも多生の縁」という言葉を思い出させてくれます。

omoide_02.jpg


 新宿西口に隣接する一等地ということもあって、複合ビルへの立替再開発計画がくすぶり続けていますが、人情横丁としていつまでもあり続けて欲しいと思います。新宿西口から北へ歩いてすぐ、小田急ハルクの向かい側です。酒好きもそうでない人も、一献交えて陽気な夜をいかがですか。

 

投稿時間:10:36


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS

page top