2018年02月19日 (月)

ひなまつり!桃の節句だケシザベス 第2話(お題2です)

(BGM:壮大なファンタジー音楽)


N「ひなまつり!桃の節句だケシザベス!」

(BGM:雅な音楽に変わる)~

N「屋敷の照明がきらびやかな色に変わり、朝もやのようなスモークがたかれ、そして奥の扉が回転し、一人の男の姿が現れた!」
ひかるかん「ワレは、鹿児島の和菓子かるかん、ひかるかん源氏なり!」
ケシザベス「あぁ……ひかるかん源氏様……」
ひかるかん「ケシザベス、ずっとそなたに、会いたかった」
ケシザベス「わたしもです、ひかるかん源氏さま」
ひかるかん「さぁ、ふたりだけの甘~~~い時をすごそう」
N「ひかるかん源氏が、ケシザベスに手を差し伸べた。ケシザベスはその手をにぎり、うっとりとうなずいた」
ケシザベス「ずっと一緒にいたい」
ひかるかん「ほっほっほっほ……さぁ、二人の席へ参ろうぞ」
N「ケシザベスはひかるかん源氏に手をひかれ、奥のボックスシートへ去っていった。だがすべては演技だった。ケシザベスは、女雛の居場所を探るために、呪いにかかったフリをしていたのだ!」
ひかるかん「さぁ、ここが二人の席だ。しかも個室……誰も邪魔するヤツはいない……ケシザベ~ス」
ケシザベス「(モノ)なにこの照明、そしてなにこの切れ長の目……こんなイケメンに口説かれたら、本当に呪いにかかっちゃいそう!」
N「ひかるかん源氏は、さらに甘~い香りを漂わせた!」
ケシザベス「うわっ、甘~い……これがフェロモンなのね!」

(BGM:ムーディーに)~

ひかるかん「ケシザベス、なんて白い肌なんだ……それに、この桃の香り……食べちゃいたいな……ガブガブガブ」
ケシザベス「(モノ)ヤバい、これ以上くどかれたら、とりこになっちゃう!」
ひかるかん「ケシザベ~ス、キミのそのはにかんだカワイイ頬のような、シャンパンのロゼを入れて欲しいな」
ケシザベス「ちなみにおいくら?」
ひかるかん「キミのその微笑みより安い、50万だよ」
ケシザベス「私の微笑みってそんなに高いの?じゃあ、私の微笑みを50万で買ってよ」
ひかるかん「そ、それは少し高いな」
ケシザベス「じゃかあしや!」

(SE:ドカっ!)

ケシザベス「ぼったくりじゃないの!」
ひかるかん「ケ、ケシザベス、お前、呪いにかかってたんじゃ……」
ケシザベス「本当にかかりそうだったけど、目が覚めたわ!」
ひかるかん「なに~!」
ケシザベス「ケシザベス、パーンチ!」

(SE:ガス!)

ひかるかん「うぐっ!オレのこの美しい顔を二発も殴るとは……ゆるさん!」

(BGM:アクション)

N「ひかるかん源氏は、おのれの体の中の、ねっとりとしたあんこを飛ばして攻撃してきた!」

(SE:ドシュ!ドシュ!ドシュ!)

ケシザベス「くっ!はっ!くはっ!」
N「ケシザベスはゴムの体をくねらせて、あんこを打ち返した!」
ケシザベス「スマッシュ!」

(SE:パンパンパーン!)

N「打ち返されたあんこはひかるかん源氏の口に入った」
ひかるかん「甘~~~い!……あぁ、ほっぺが落ちる、このままではイケメンが台無しなり~」
N「ひかるかん源氏は、垂れて落ちそうになったほっぺたを押さえながら逃げて行った。そこへ阿部せんべいが戻ってきた」
せんべい「ケシザベス!大丈夫か?!」
ケシザベス「せんべいさん!呪いにかかったんじゃないの?」
せんべい「呪いにかかるどころか、マロングラッ清少納言を、オレのとりこにしてやったよ」
マロン「あ~ん、せんべいさま~!わらわは、せんべいさまと一緒にどこへでもいきまする~」
ケシザベス「えっ、キャラが変わった!」
せんべい「スイカに塩が合うように、マロングラッセの甘さにはせんべいの塩味が必要なのさ」
マロン「あ~ん、その通り~!」
N「そこへ、柿のタネ人麻呂も戻ってきた」
柿のタネ「ケシザベス~」
ケシザベス「柿のタネさん!」
柿のタネ「私も目が覚めました!もう少しでボトルを入れちゃいそうだったんですけど、やっぱりあんな絶世の美女は私とは釣り合いません、私はちょっと芋っぽい方が……そう、紫芋の方がいい!」
マロン「そのお方は、もうすでに、京の都の北山にある金つば寺(きんつばじ)へ行ってしまったかもしれませんわ」
せんべい「金つば寺?」
マロン「ここへ誘い込まれたおなごたちは、高いボトルでぼったくられた後、金つば寺へ吸い寄せられて、足利はちみつ様の女となるのです。」
ケシザベス「足利はちみつ?足利氏は室町時代じゃないの?」
せんべい「そこは、まぁまぁ!……足利はちみつは金つば寺を作った、ぜいたく好きな将軍なんだ」
マロン「しかもはちみつ様は、とっても甘~いお人で、メス蜂が吸い寄せられて来るのです」
ケシザベス「じゃあ、私の女雛もそこに」
柿のタネ「紫芋も!?」
せんべい「金つば寺へ行こう!」
マロン「あ~ん、わらわもせんべい様と一緒にいきまする~!」

(BGM:壮大なファンタジー)

N「かくして、ケシザベスと阿部せんべい、柿のタネ人麻呂、そして、マロングラッ清少納言の四人は、足利はちみつの金つば寺へ向かった!」

(SE:キラキラキラキラ……)

N「金つば寺、それは、金つばを積み上げ、そこにけんらん豪華な金ぱくをほどこしたお寺……金つばとは、寒天で固めた粒あんを、小麦粉を使った生地をつけて焼き上げた、ようかんでもまんじゅうでもない和菓子なのだ。」
ケシザベス「うわ~、金つばに金ぱくを貼ってお寺をつくるなんて、ぜいたく三昧!」
マロン「このお寺の奥に、おなごたちが閉じ込められているはずですわ」
柿のタネ「じゃあ紫芋式部もこの寺に……(和歌を詠む感じで)たすけたい~、紫芋をたすけたい~、だけど怖いな、足利はちみつ~」
ケシザベス「和歌を詠んでる場合じゃないでしょ!」
せんべい「金つば寺の門を開けよう」
ケシザベス「どうやって?」
せんべい「呪文『手間知らずの割れせんべい』を唱えるのだ!」
N「阿部せんべいは、陰陽師の呪文を唱えはじめた!」
せんべい「せんべい~、パリパリ、パリリンコ~!
はい!」
全員「せんべい~、パリパリ、パリリンコ~」
せんべい「はい!」
全員「せんべい~、パリパリ、パリリンコ~」
せんべい「もういっちょ!」
全員「せんべい~、パリパリ、パリリンコ~」

(SE:ギギーー!)

N「金つば寺の巨大な門が音を立てて開いた!」

(SE:キラキラキラ)

ケシザベス「わぁ~!すっごい!キンキラキン!」
マロン「このお庭の奥に、足利はちみつの住まいがあるのよ」
ケシザベス「行きましょ!」
小豆「おまえらそこで何をしておる!」

(BGM:スリリング)

N「そこに現れたのは、この金つば寺を守る小豆大納言(あずきだいなごん)」
小豆「われは、小豆大納言なり!大納言と呼ばれる小豆は、小豆の中でも大粒で皮が破れにくい品種なのだ!その上、糖分が多く味がしっかりしておるので、高級和菓子に使われるのだ!」
ケシザベス「自分でウンチク言わないで?」
小豆「許可無く金つば寺に入ることあいならん!これでもくらえ!」

(SE:小豆を使った海の音・ザザーー※大納言役が実演)

ケシザベス「あれ?海?」

(BGM:サザンオールスターズ)

ケシザベス「あぁ、なんだかうっとりしちゃう」
N「小豆の大納言はすかさずイケメンのサーファーのフリをして」
小豆「ケシザベス、やっと海辺で二人きりになれたね」
ケシザベス「そうね……って、ここは京の都!海なんかあるわけないでしょ!」
(SE:ドガッ!)

小豆「いてっ!」

ケシザベス「小豆を転がして、50年前のラジオドラマの効果音やってんじゃねえよ!」
小豆「ば、ばれたか!」
N「小豆の大納言は、大粒の大納言小豆を投げつけた!」

(SE:ドシュ!ドシュ!ドシュ!)

せんべい「気をつけろ、あの大粒の大納言小豆をくらったらひとたまりもないぞ!」
N「小豆の大納言は、さらにマシンガンのように大納言小豆を投げつけた!」

(SE:ドドドドドドシュ!)

マロン「きゃーっ!」
ケシザベス「よ~し!」
N「ケシザベスは、大きく体をひねり、そして回転した!」
ケシザベス「ブルブルブルブルブルブル!」

(SE:ポンポポンポン!)

N「激しく回転することで、竜巻が起き、大納言小豆はすべて吹き飛んで行った!」
小豆「ああ、もう、投げる大納言小豆がない……」
N「小豆の大納言は、すっからかんになって退散した!その時、そこに、足利はちみつの家来(      ④      )が現れた!(      ④      )(      ⑤      )で攻撃してきたが、ケシザベスは(      ⑥      )で撃退した!」

※例「そこへ、足利はちみつの家来、飴わらのゆきひらが現れた。飴わらのゆきひらは、ベトベトの飴で攻撃してくるが、ケシザベスは飴を冷やし、カチンコチンにして撃退した」

ケシザベス「さぁ早く、女雛たちを助けに行きましょ!」
柿のタネ「紫芋~!」
N「庭の桃畑はどこまでも続いていた。ようやく、足利はちみつが暮らす奥の院が見えてきたその時!」

(BGM:ドクタースランプアラレちゃん)~

アラレちゃん「ブ~~ン!」
ケシザベス「誰あんた?」
アラレちゃん「もちゃ!あたし、ひなアラレちゃん!ブーン!」
ケシザベス「ブーンじゃなくてキーンじゃないの?」
アラレちゃん「ブーンは、お餅を強火であぶってる音!あたし、ひなあられだもん、ひなあられはお餅を小さく切って、あぶって作るんだよ!もちゃ!」
ケシザベス「それにさっきから、もちゃ!じゃなくて、んちゃでしょ!」
アラレちゃん「ううん、餅だからもちゃ!あっ、博士~!則巻せんべい博士でしょ?」
せんべい「オレは違う!阿部せんべいだ!」
アラレちゃん「なんだ人違いか!ばいちゃ!ブーーーン!」
ケシザベス「何をしにきたんだか!」
N「ひなアラレちゃんは去って行った。だがそこへ」

(BGM:門司生演奏・「ひな祭り」)

ひし餅「♪あかりをつけましょ、100ワット~、おハナをあげましょ、豚の鼻~」
ケシザベス「あんた誰?」
ひし餅「ワシはひな祭りには欠かせない、おひな様と一緒に飾る、ひし形の和菓子!三段になってて、一番下が緑、真ん中が白、一番上が、桃色の、藤原のひし餅じゃ!」
ケシザベス「説明が長いわ!」
ひし餅「お前ら、何しにきた?はちみつ様に呼ばれてきたのか?」
ケシザベス「(話を合わせて)う、うん、そうなの、足利はちみつ様に呼ばれて」
マロン「そうそう、お呼ばれしたの」
ひし餅「どういう用件で?」
ケシザベス「そ、それはその……」
せんべい「(とっさに)オレたちは、和歌を詠みにきたんだ。」
ひし餅「ほう~、お前らは歌人か。それなら、ここで一首、詠んでみてくれ!」
一同「えっ……」
ケシザベス「(小声で)和歌なら柿のタネのおじさんが得意でしょ」
せんべい「(小声で)そうだ、柿のタネ、よろしく頼む」
柿のタネ「えっ」
ひし餅「なにをゴチャゴチャ言っておるのだ!早く和歌を詠んでみろ。」
柿のタネ「ハ、ハイ、それでは私、柿のタネ人麻呂が一首……」
ひし餅「お題は、はちみつだ!いいな!」
柿のタネ「はちみつですか……ハイ、わかりました!」

(SE:雅~)

柿のタネ「詠みます!(和歌の調子で)はちみつは~、あまくてどろどろしているよ~、クマのプーさん、好きだったりして~」
一同「ええっ……」
ケシザベス「最低すぎる!」
ひし餅「どうも怪しいな。お前らが本当に歌人なら、もっといい歌を作れるはずだ!」
柿のタネ「ケシザベス、お願いします!」
ケシザベス「ええっ……しょうがないわね、じゃあ、私が……詠みます!(和歌の調子で)ケシザベス~、ケシケシゴシゴシ、ケシザベス~!ケシケシゴシゴシ、ケシケシゴシゴシ~」
柿のタネ「私のよりひどい!」
せんべい「最悪な歌だな」
ケシザベス「しょうがないでしょ、和歌なんか初めてなんだから!」
ひし餅「初めて?」
ケシザベス「あっ、しまった!」
ひし餅「さてはお前ら、くせ者だな!?いでませ~!」

(SE:雷鳴が鳴り響く)

N「雷の音が鳴り響き、虎革のパンツを履いて、太鼓を背負い、
 頭に二本の角を生やした、雷おこしが現れた!」
雷おこし「ごろごろごろ~、どっしゃ~~ん!てやんでえ、てめえら、雷おこしって、知ってっか?」
ケシザベス「おこし?」
雷おこし「おこしってえのは、穀物を飴で固めた和菓子!雷おこしってえのは、お米をさらにいって、膨らませたものに、水あめや砂糖、ピーナッツなんかも混ぜて固めた和菓子なんだよ!東京名物、雷おこしが、カミナリ落とすぞコンチキショー!」
N「さらに!」

(SE:ゴロンゴロンゴロン!)

岩おこし「なに言うてまんねん!わては大阪名物の岩おこしでんがな!岩おこしは、お米を細かく砕いて、生姜と水飴でカチカチに固めたお菓子やねん!わての岩をくらえっちゅうねん!」

(SE:ゴロンゴロンゴロン)
(SE:落雷)

一同「うわ~っ!」
N「東西のおこしがそろって攻撃してくるなんて!果たしてケシザベスたちは、雷おこしと岩おこしを倒し、女雛たちを救うことが出来るのか!?完結篇につづく!」

 

第2話はここまで!

足利はちみつの家来の必殺技とそれを迎え撃つケシザベスの攻撃のアイデアをお待ちしております♪

N「小豆の大納言は、すっからかんになって退散した!その時、そこに、足利はちみつの家来(      ④      )が現れた!(      ④      )(      ⑤      )で攻撃してきたが、ケシザベスは(      ⑥      )で撃退した!」

 今月ももちろんみなさんからの投稿が命綱です!

お題の投稿はこちらから…

odai.jpg

イラストやお話の展開、新キャラなどなどはこちらからお願いします!

mousou.jpg

投稿者:番組D1号 | 投稿時間:13:07


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top