2019年03月03日 (日)

ひなまつり最終決戦 完結篇

○完結篇

(BGM:壮大なファンタジー音楽)

 

N「さようならケシザベス・文房具戦隊ひなまつり最終決戦!」

 

(BGM:スリリングに)

 

N「永井五のデビルマンションにたどり着いたケシザベスたち!だがそこへ、悪魔の和菓子戦隊が現れた!」

 

コロ助「和菓子戦隊、触れば考えも甘くなってしまう甘々あんこ攻撃なり~!」

 

N「和菓子戦隊は、触れば考えも甘くなってしまう甘々あんこ攻撃フォーメーションを組み、甘いかたまりとなってケシザベスたちに突っ込んできた!」

 

(SE:ベチョ!)

 

北川「きゃ~!」

 

N「あんコロ助のあんこが、北川ケイコーペンの体にべっとりとついてしまった!」

 

北川「あぁ、なんかもう、ケイコーペンでチェックすんのめんどくさ~い、細かいことなんかど~でもいいよね、楽しけりゃい~よね~!」

ケシザベス「うわ、北川ケイコーペンの考えが甘くなってる!ケシザベスウルトラスピン!」

 

(SE:ブルンブルンブルン)

 

N「ケシザベスは北川ケイコーペンの前で、高速回転し、巻き起こった風圧で北川のあんこを吹き飛ばした!」

 

北川「はっ、私は何をしてたのかしら!」

ケシザベス「北川ケイコーペンが戻った!」

コロ助「はっはっは、まだまだあんこは沢山あるなり~!」

ケシザベス「くくっ!」

 

N「その時!」

 

(BGM:所ジョージ)~

 

所「どうもで~す!通りすがりの文房具、所ジョーギで~す。そいじゃあ今週もダーツを投げてみましょうかね、えい!……お~っ、刺さった!和菓子戦隊さんの行き先は、京都の宇治にケッテイ!」

和菓子戦隊「え~っ!」

コロ助「宇治といえばお茶の産地!シブイお茶飲まれたら、ボクたちもう食べられ放題なり~」

所「いってらっしゃ~い!」

和菓子戦隊「あちゃ~!」

 

N「和菓子戦隊の五人は京都の宇治まで飛んで行き、所さんも帰っていった。」

 

ケシザベス「なんだか分かんないけど、助かった!」

永井五「ぐわっはっはっは!まだまだこれからだ!出でませぇ、あついもの戦隊!」

 

(BGM:ゴールドフィンガー)

 

アチチ「♪アダーチー、アチ~!画の無いアチチ館司会のアチチ梨花です!それでは、熱すぎるゲストを紹介します!」

 

(SE:カシーン!)

 

大橋「夏場はハイボールが好きなんだけど、寒い冬にはやっぱり熱燗!大橋熱燗です!」

 

(SE:カシーン!)

 

とっくり「冬は独り身にはさむい……、でも、とっくりセーターを着ると首があつい!とっくり青空です!」

 

(SE:カシーン!)

 

ミヤケド「あちゃ~~!オレのハートは熱すぎてヤケドするぜ!ミヤケド健太です!」

 

(SE:カシーン!)

 

村田「群馬県の舘林市は、毎年夏になると日本一暑い町をあらそってるんですよ。村田舘林市です!」

 

(SE:カシーン!)

 

大橋「あついもの戦隊の熱風攻撃!」

 

(SE:モア~ン)

 

N「あついもの戦隊のあつい熱風が文房具戦隊を襲った!」

 

ケシザベス「あつ~い!」

マン・ネンヒツ「ケイコーペンはん、汗かいてまうがな~」

北川「マン・ネンヒツ!インクを地面にまいて!」

マン・ネンヒツ「ピュッ、ピュッ、ピューッ!」

 

(SE:ジュワ~!)

 

N「マン・ネンヒツのインクがうち水となり、気化熱で温度が下がった。さらに!」

 

ケシザベス「私も手伝うわ!見てて王子!ケシザベス、ウルトラスピン!」

 

(SE:ブルンブルンブルン!)

 

N「ケシザベスの超高速回転で風が起き、さらに温度が下がった」

 

大橋「う~、さぶっ!」

 

N「あついもの戦隊は、すっかり寒くなり去って行った。」

 

永井五「ぐわっはっはっは!まだまだだ!  出でよ、悪魔の楽器戦隊!」

 

N「悪魔の楽器戦隊が現れた!」

 

ドラム「ハーイ!わたしは未来からきた猫型ロボットの妹、ドラムちゃんよ!リズムに乗って、スティックで叩いちゃうからね!」

 

(SE:カシーン!)

 

チェロ「ナイスミーチュー!あー、ボク、日本語と英語が話せるバイリンガル犬、リトルチェロだよ!犬だけに、ワン!ダフルなんちゃって!テールイズホワイト、おも白~い!」

 

(SE:カシーン!)

 

シンバル「オラ、クレヨンシンバルだゾ~!」

 

(SE:シンバルの音)

 

シンバル「おお~、オラのぞ~さんもシビレルう~!」

 

(SE:カシーン!)

 

(BGM:おばけのQ太郎音頭)  

 

Q太郎「キュッキュキュノキュー、キュッキュッキュノキュー、おばQ音頭でキュッキュッキュー!ボク、オーボエ家のQ太郎!木管楽器オーボエのお化けだよ。♪あたまのてっぺんに毛が三本、毛が三本、だけど犬には弱いんだ~」

 

ケシザベス「いつまで唄ってんのよ!」

 

(SE:カシーン!)

 

天才バカトロンボン「五人目は、天才バカトロンボンのパパなのだ!」

 

ケシザベス「あとの四人はいいけど、天才バカトロンボンのパパって、ちょっと字余りでムリがない?」

 

天才バカトロンボン「これでいいのだ!」

 

(SE:カシーン!)

 

シンバル「まずはオラから行くゾ~」

 

N「クレヨンシンバルは、激しくシンバルを打ち鳴らした!」

 

(SE:シンバルの音)

 

ケシザベス「うわ、うるさ~い!」

イレイサ―「北川さん、楽器の弱点は?」

北川「それは……」

北川「楽器の弱点は、楽譜に従うことよ!」

ケシザベス「楽譜に従う?……そうだ!ケシケシゴシゴシケシザベス!ケシケシ、ゴシゴシ、ケシザベス!」

 

N「ケシザベスは楽譜の音符をすべて消した。」

 

天才バカトロンボン「なにをするつもりなのだ!」

ケシザベス「マン・ネンヒツ!私とイレイサー王子の体を黒く塗って!」

マン・ネンヒツ「よっしゃ!キュッキュッキュのキュ~」

 

N「マン・ネンヒツはケシザベスとイレイサー王子の四角いゴムの体を黒インクで塗った。二人はその体を楽譜に押しつけて……」

 

ケシザベス「ぺったんこ!ぺったんこ!」

イレイサー「ぺったんこ!」

 

N「消しゴムハンコの要領で、黒くて四角い全休符を押しまくり、楽器たちは演奏が出来なくなって、退散した!」

 

永井五「ぐわっはっはっは~、なかなかやるな。だが、悪魔の戦隊はまだまだいるぞ!いでませえ!キノコ戦隊!」

 

(SE:不気味に)~

 

N「薄暗いデビルマンションの門の中から、キノコ戦隊が現れた!」

 

しーたけ「コマネチ!バカヤロコノヤロ!ダンカン、コノヤロ!ビートしーたけだコノヤロ!」

 

(SE:カシーン!)

 

えのき「元気ですかーー!元気があればなんでもできる!3、2、1、ダー!アントニオえのき~!」

 

(SE:カシーン!)

(BGM:門司生演奏・上品に)~

 

松「♪匂い松茸味しめじ~、ほんのり香る大人の魅力~。父は歌舞伎の松本はくおう、私は女優、松たけ子~」

 

(SE:カシーン!)

 

(BGM:門司生演奏・激しく)~

 

沢尻「♪あ~ん、あたしは自由気ままなキノコの女優。え?どうしてそんなに気ままなのかって?……別に!……そう、わたしは、沢尻エリンギよ~」

 

(SE:カシーン!)

 

(BGM:ふなっしー)

 

ぶなっしー「五人目はボク、ブナシメジのぶなっしーだぶっし~!」

ケシザベス「ユルキャラ出た!」

ぶなっしー「ユルキャラじゃないぶっし~、ぶなっしーだぶっし~!それじゃあボクの攻撃から行くぶっし~!腐ったキノコはめちゃくさい!クサレキノコ汁、ブッシャーーー!」

 

(SE:ブッシャー)

 

ケシザベス「うわ、くっさ~!」

北川「キノコの弱点は、ナメクジよ!」

ケシザベス「なめくじ?」

北川「ナメクジは野生のキノコを食い荒らす天敵だと言われているの」

イレイサー「よ~し、ここはボクにまかせろ!ぐにゃぐにゃ、ぐにゃ、ぐにゃぐにゃ……」

 

N「イレイサー王子は練り消しゴムになって、体をぐにゃぐにゃに柔らかくし、ナメクジ消しゴムとなった」

 

イレイサー「(なめくじっぽく)ネリケシ、クジクジ~、ナメナメ、クジクジ~、ナメナメしちゃうぞ~」

キノコたち「うわあ!」

ぶなっしー「気持ちわるいぶっし~!」

 

N「きのこ戦隊は逃げて行った」

 

イレイサー「ナメナメ、クジクジ、どろどろどろ~~」

北川「イレイサー王子、気持ち悪い!」

イレイサー「ケイコーぺ~ン、そんなこと言わないで~、ナメナメ~」

ケシザベス「王子、早く、堅い消しゴムに戻りなさいよ!」

永井五「ぐわっはっはっは!まだおるぞ!出でませぇ、ちゅるちゅる美味しい麺戦隊!」

 

(BGM:門司ピアノ・川の流れのように)~

 

ひばり「♪あぁ~んかけそばでヤケドする~、こんばんは、みそばひばりです」

クリステル「どうもこんばんは、しらたき川クリステルです。男はみんな私のしもべよ。そうワタシは、ひ・と・で・な・し!」

武井「ゆで時間2分たらず、最もお手軽な麺!目指すは百麺の王!武井ソーメンです!」

 

(BGM:門司ピアノ・長い夜)~

 

千春「♪なが~~~~~~い春雨~!どうも~、松山ち春さめです!」

坂野「スパゲッディ坂野でーす。先日、スパゲティーを食べに行ったんだけど、ステーキもレアしか頼まないオレは、思い切りアルデンテにしてくれっていったのさ、そしたら麺に芯が残りすぎてて、文句を言ってやったら店主がこう言ったのさ、スパゲティーだけに、乾麺してくれ!スパゲッツ!」

一同「ポカーーン」

ひばり「行くわよ、長いものには巻かれなさい攻撃~!」

 

(SE:シュルシュルシュルシュル!)

 

一同「うわあ!」

ケシザベス「巻かれる、巻かれる!」

ひばり「お前もだ!」

 

N「ちゅるちゅる美味しい麺戦隊の麺が松カッターナイ・フィロキにも巻き付いた!」

 

松カッターナイ「オレはブチ怒っとる、ブチとは広島弁でものすごいという意味じゃけえ!ブチブチブチブチブチ~!」

 

N「松カッターナイ・フィロキはカッターナイフで麺類を細かく切り刻んだ!」

 

麺類戦隊「ひえ~!」

 

N「ちゅるちゅる美味しい麺類戦隊は、ブチブチにちぎれて去って行った。」

 

永井五「ぐわっはっはっはっは!これで終わったと思うなよ。とっておきの悪魔を出してやろう!いでませえ~!」

 

(BGM:不気味に)~

 

N「デビルマンションから現れたのは、なんと藤井ソウタイだった!」

 

ケシザベス「ソウタイ君……どうして?」

永井五「がーっはっはっは!藤井ソウタイは捕らえられ、オレの持ち駒となったのだ。行け!悪魔の藤井ソウタイ!」

 

(BGM:スリリング)

 

N「藤井ソウタイは、歌いながら将棋の駒を投げつけて攻撃してきた!」

 

ソウタイ「♪(王将)吹けば~とぶような、将棋の駒に~」

 

(SE:ビシュ!ビシュ!ビシュ!)

 

ケシザベス「くくっ……」

永井五「がーっはっはっは!まだまだ終わってはいないぞ。オレはどんな戦隊でも生み出すことができるのだ!」

イレイサー「これじゃきりがない!」

永井五「出でませえ……」

 

N「永井五が次なる戦隊を生みだそうとしたその時、文房具の助っ人が現れた!」

 

ルーペ「どうも~、藪からスティックにトゥギャザーしようぜ、ルーペ大柴でございますけれども」

永井五「なんだこいつは!」

ルーペ「ロングファイブ!いや、ちがった永井五!お前の悪魔の原稿なんか、このルーペでサンシャインのライトをトゥギャザーして、こうしてやル~!」

 

N「ルーペ大柴は太陽光線をルーペで集めて原稿を燃やした」

 

(SE:じりじりじり)

 

永井五「うわぁ、原稿が燃える!やめてくれ~!」

 

N「永井五は、二度とひな祭りのジャマはしないと誓った!」

 

ソウタイ「はっ、ボクは何をしていたんだ」

ケシザベス「永井五に操られて、持ち駒になっていたのよ」

ソウタイ「そんな恥ずかしい……ボク、ソウタイします!」

 

N「ソウタイはひな壇に駆けて行った。」

 

(BGM:壮大なファンタジー)

 

N「かくして、藤井ソウタイを取り戻し、ひな人形の元へ戻ったケシザベスたち。」

 

ケシザベス「ソウタイ君、連れ戻したわよ!」

 

N「だが、五人囃子の表情は暗かった。」

 

ケシザベス「どうしたの?」

笛島「それが……」

TAIKO「肝心の女雛と男雛が、FRで」

ケシザベス「FR?」

TAIKO「二人で旅行に行っちゃって」

ケシザベス「えーっ、おびなとめびながいなきゃひな祭り出来ないじゃない!」

マン・ネンヒツ「ケイコ―ペンはん、どないしたらええねん!」

北川「解決法が一つあります!」

一同「えっ?」

北川「イレイサー王子とケシザベスがおびなとめびなになるんです。」

ケシザベス「え~!そ、そんな、だって、イレイサー王子は、ケイコーペンに気があるんだし、いまさらそんな」

イレイサー「ボクはそれでもいいよ」

ケシザベス「えーっ」

 

(BGM:ロマンチックに)~

 

イレイサー「ていうか、本当はケシザベスが本命だったんだ……だから、照れくさくて、ケイコーペンにちょっかいを出してたんだ……もしも、ケシザベスが良かったら、ボクのめびなになって欲しい」

ケシザベス「イレイサー王子……」

 

N「ちょっと強引だったけど、最後はイレイサー王子とハッピーエンド!これでひな祭りも安心だね!ありがとうケシザベス!さようなら、でもまた会いたいな、ケシザベス!」

 

~おわり。

投稿者:番組D2号 | 投稿時間:00:49


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top