2015年2月

来週2日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今でも聴きたいナンバーワン」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
3月2日(月)後11:00~前0:00


『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
3月2日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、“コラボレーションもの”をセレクトしてお送りします。クリス・ブラウンやアッシャーをフィーチャリングした楽曲をお届けします。後半は、「今でも聴きたいナンバーワン」。15回目の今回は1987年のR&Bチャート・ナンバーワンを取り上げます。年間33曲のナンバーワンの中から、松尾さんが“それはそれは、スゥィートな”と評した1曲とは?どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:58 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週3月2日(月)からの『青春アドベンチャー』は、京都を舞台に電脳社会の近未来像を描くSF活劇、、野﨑まど・原作「know ~知っている」をお送りします!


『青春アドベンチャー “know ~知っている”』<全10回>
3月2日(月)~6日(金)後10:45~11:00
3月9日(月)~13日(金)後10:45~11:00


3月2日(月)からの『青春アドベンチャー』は、京都を舞台に電脳社会の近未来像を描くSF活劇、野﨑まど・原作「know ~知っている」をお送りします!
2080年、情報が肥大化した社会。頭に人造の脳《電子葉》という装置を植えつけるようになっている時代。御野・連レル(オノツレル29)は京都にある情報庁で働くクラス5の上級公務員である。連レルは、14歳の夏、たまたま訪れた京都大学の研究室で、電子葉を開発し世界を変えた天才学者道終・常イチ(ミチオジョウイチ)からから1週間だけ教えを受けた。その最後の日以来、道終教授は、この世からまったく消息を絶っていた。謎の失踪を遂げた恩師をたどることで、クラス9という桁外れの脳をもつ少女と出会い、とてつもない冒険に巻き込まれてゆく…。

【原作】野﨑まど
【脚色】山本雄史、西村有加
【出演】加藤虎ノ介、宮武美桜、磯部勉、山野史人、魏涼子、門田裕、
    内山絢貴、楠年明、川下大洋、森本竜一、国木田かっぱ、
    川本美由紀、梅田千絵、寺澤理子、岩本明子、三谷昌登、
    谷口知輝、山本峻也、松本幸司、平野道彦、福栄新、杉森拳心

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 3月2日(月)~3月5日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

3月2日(月) 3月3日(火)
ml_20150302.jpg ml_20150303.jpg
SHISHAMO Chara

3月4日(水) 3月5日(木)
ml_20150304.jpg ml_20150305.jpg
湘南乃風 Silent Siren

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:14:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週3月2日(月)からの『歌謡スクランブル』は「春色のアルバム」&「ダーク・ダックス作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
3月2日(月)~7日(土)後1:00~2:00


毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
2日(月)からの『歌謡スクランブル』は「春色のアルバム」と題して、この時期にぴったりの音楽、この時期ならではの景色を叙情豊かに歌った楽曲などをお送りします。そして7日(土)は、「ダーク・ダックス作品集」と題して、1時間まるまるダーク・ダックスの作品を特集します。どうぞお楽しみに!

3月2日(月) 春色のアルバム(1)
(ひばり児童合唱団「うれしいひなまつり」、比嘉栄昇「仰げば尊し」ほか)
3月3日(火) 春色のアルバム(2)
(水森かおり「ひとり摩路」、坂本冬美「桜の如く」ほか)
3月4日(水) 春色のアルバム(3)
(キャンディーズ「微笑がえし」、中島みゆき「時代」ほか)
3月5日(木) 春色のアルバム(4)
(斉藤由貴「卒業」、松田聖子「制服」ほか)
3月6日(金) 春色のアルバム(5)
(松たか子「明日、春が来たら」、福山雅治「桜坂」ほか)
3月7日(土) ダーク・ダックス作品集
(「トロイカ」、「森の熊さん」ほか)

【司会】逢地真理子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週3月2日(月)からの『音楽遊覧飛行』は作家の吉村喜彦さんが担当する「食と音楽で巡る地球の旅」をお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~食と音楽で巡る地球の旅~』
3月2日(月)~5日(木)前9:20~10:00
(再)3月9日(月)~3月12日(木)後5:20~6:00


『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
9日(月)からの週は、作家の吉村喜彦さんが担当する「食と音楽で巡る地球の旅」。食べ物から連想する世界中の音楽を料理や文化とともにお楽しみください。今月は、“白っぽい食べもの”をテーマにお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】吉村喜彦

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


3月1日(日)からの『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、ケツメイシが2週にわたってDJを担当します!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~ケツメイシ~』
3月1・8日(日)後9:00~10:30


さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。
3月1日・8日の2週にわたってケツメイシがDJを担当します。ケツメイシは、2001年にメジャーデビューしてから、ヒップホップとレゲエを下敷きにあらゆるジャンルを飲み込むスタイルで、スマートながらも人間味が伝わってくる中毒性の高いナンバーを立て続けて発表し第一線で活躍しています。今回は、初めて購入したアルバムや思い出のナンバーを紹介する恒例企画「マイ・ファースト・ファイル」など、多士済々なメンバー4人のパーソナルな一面を語っていただきます。どうぞお楽しみに!

【DJ】ケツメイシ
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:11:26 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』2/28(土)のゲストは山寺宏一さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 2
月28日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 3月3日(火)後9:05~9:55
※3月3日(火)は鳥取県のみ別放送
(インターネットラジオ「らじる★らじる」ではお聞きいただくことができます。)

脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さんが脚本を手がけた舞台『スタンド・バイ・ユー -家庭内再婚-』で声の出演をされた山寺宏一さんをお迎えします。


0228_rockber.jpg幼少のころから、TVから聞こえてくる音や動物のものまねをしていたという山寺さん。大学では落語研究会に入り、発表会などでお客さんを喜ばせていたとのこと。何か表現する仕事に就きたいと上京する際に、気持ちを奮い立たせて聞いていた小柴大造&エレファントの曲など紹介します。声優デビューの話はもちろん、その後、様々な役の声に至るまで、収録現場の様子も含めて語っていただきます。また、俳優としても活躍されている山寺さんが新たに立ち上げた劇団ユニット・ラフィングライブの旗揚げ公演『パパ、アイ・ラブ・ユー!』のお話も伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】山寺宏一

【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆山寺さんがシャーロック・ホームズの声を担当した人形劇(パペット・エンターテインメント)『シャーロック・ホームズ』が再放送中!
『シャーロック・ホームズ』
Eテレ 毎週日曜 後5:30~5:50
(再)毎週金曜 前0:00~0:20(木曜深夜)

※『シャーロック・ホームズ』番組ホームページはこちら

◆山寺さんが声のプロとして様々な役を熱演中!
『AKB48の“私たちの物語”』
隔週金曜 後10:00~10:45

※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:14 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月28日(土)・3月1日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~帽子の音楽~』
2月28日(土)前9:00~11:00


このところ、ファッション・アイテムとして若い人達の間でも人気の帽子。帽子が印象的に歌われている楽曲をはじめ、「ボサノバの父」とも呼ばれるアントニオ・カルロス・ジョビンがパナマ帽をかぶった珍しい写真がジャケットの音楽などをご紹介します。またトークでは、理想とする女性に入れ替わったら朝起きたときにまず何をするか?といった話で大いに盛り上がります。お聞き逃しなく!

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
2月28日(土)後2:00~4:00


創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。28日(土)の講師(ゲスト)は、白鳥英美子さんです!1969年トワ・エ・モアでデビューして以来、ソロ活動とあわせて40年以上にわたって第一線でシンガー・ソングライターとして活躍しています。美しい歌声をスタジオライブでお届けします。
また、アニソンランキング部では、2000年の投票結果第20位~第11位をお届けします!
なお、ベスト10は3月7日に発表する予定です。お楽しみに!

【講師(ゲスト)】白鳥英美子
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮
 “プッチーニ没後30年、生誕百年記念~NHKのアーカイブスから”』
2月28日(土)後9:00~10:00
(再)3月2日(月)前10:00~11:00


毎月最終週の『クラシックの迷宮』は、NHKのアーカイブスに保管されている貴重なヒストリカル音源を紹介しています。今回は、プッチーニ没後30年を記念した「プッチーニ30年祭記念音楽会」が放送された1954年11月30日のラジオ番組「音楽のおくりもの」をお聴きいただきます。藤原義江、伊藤京子など、当時の日本オペラ界のスターが勢ぞろいした番組から、プッチーニの作品をたっぷりとお楽しみいただきます。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “かぞくのたまご”』
2月28日(土)後10:00~10:50


28日(土)の『FMシアター』は、新しい「家族」の在り方を描く「かぞくのたまご」を放送!
再婚家庭に育った浩平(37)は契約社員。小学生の息子を持つシングルマザーの正社員・千鶴(36)と一年前から交際している。恋愛=再婚とは考えていない彼女は「先が分からない関係に子供を巻き込みたくない」と、浩平と息子を会わせないようにしていた。だが、ある日、ばったり二人は出会ってしまう…。
自身の生い立ちから、「家族」を作るということに戸惑う浩平。彼が自分なりの親子の繋がりを見つけ、やがて‘家族ごっこ’のような関係から一歩踏み出す姿を通じて描く、新しい「家族」の在り方。

【作】藤井香織
【音楽】小林洋平
【出演】草野康太、深水三章、占部房子、
    髙澤父母道、関弘明、相川春樹、
    夏川加奈子、酒井麻吏、中宅間敏彰

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “最新楽器別展望(2)トランペット編”』
2月28日(土)後11:00~翌前1:00


『ジャズ・トゥナイト』では毎月、“楽器別”にいまのジャズ界が注目する次世代のニュー・スターや話題のミュージシャンたちを紹介するシリーズ“最新楽器別展望”をお送りしています。第2回となる28日(土)は、“トランペット”にスポットを当てます。2014年度「モンク・コンペ」で優勝したマーキス・ヒルをはじめショーン・ジョーンズ、アヴィシャイ・コーエンといったニュー・スターたちがウイントン・マルサリス、トム・ハレル、ニコラス・ペイトンらビッグ・ネームの牙城に迫っている。新鋭アーティストの新鮮で勢いのある演奏をお楽しみください。

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “高嶋みどりの合唱曲”』
3月1日(日)前7:20~8:10
(再)3月7日(土)後7:20~8:10


定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。3月1日(日)は、合唱指揮者の大谷研二さんがお送りします。今回は、合唱音楽の分野で代表的な作曲家で数々のNHK全国学校音楽コンクールの課題曲も手がけた高嶋みどりさんを取り上げます。 
高嶋みどりさんは、1954年に東京で生まれました。合唱作品にとどまらずオペラや室内楽曲、管弦楽曲など幅広いジャンルの音楽を作曲しています。今回は男声合唱組曲「青いメッセージ」から「サリム自伝」など合唱曲をお楽しみいただきます。

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら

『吹奏楽のひびき “話題の演奏会から(1)~2人の


オーボエ ケロ&ホリガー”』
3月1日(日)前8:10~9:00
(再)3月7日(土)後8:10~9:00


3月1日(日)の『吹奏楽のひびき』は、今年度行われた吹奏楽とゆかりのある演奏会のライヴ音源を2週にわたってお送りします。第1回は、バイエルン放送交響楽団の首席オーボエ奏者であるラモン・オルテガ・ケロと、昨年初めて日本でソロ・リサイタルを行った大御所ハインツ・ホリガー、ふたりの天才オーボエ奏者の演奏を並べてお聴きいただきます。ラモン・オルテガ・ケロは1988年にスペインに生まれました。現在はバイエルン放送交響楽団の首席オーボエ奏者を務めています。ハインツ・ホリガーは1939年にスイスに生まれました。バロック音楽から現代音楽まで幅広く手掛け、指揮者・作曲家としても活躍しています。
【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “チェロの名手アンドレ・ナヴァラ ―ゲストに松波恵子を招いて”』
3月1日(日)前9:00~11:00


3月1日(日)の『名演奏ライブラリー』は、フランスの名チェリストであるアンドレ・ナヴァラを取り上げます。ゲストには、ナヴァラの直弟子であるチェリスト松波恵子さんをお招きして、恩師ナヴァラとの思い出や彼の音楽の魅力を語っていただきます。
アンドレ・ナヴァラは1911年に生まれ、1939年にウィーン国際チェロ・コンクールで優勝してからはソリストとしての活動に力を入れ、祖国フランスを中心にヨーロッパ各国でキャリアを積みましたが、惜しくも1988年に亡くなりました。とりわけ室内楽の分野で高く評価されたナヴァラは、自らもアンサンブルを結成するなど、生涯にわたり精力的に取り組みました。
番組では、定評のあるフォーレやサン・サーンスの室内楽作品を中心に、ナヴァラの技と感性が光る名演をご紹介します。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


トーキングウィズ松尾堂
3月1日(日)後0:15~2:00


3月1日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「入浴を楽しむ」と題して、スポーツキャスターの大林素子さんと、お風呂博士の石川泰弘さんをお迎えします。心も体もリフレッシュできる入浴は、古くから日本人に愛されてきました。最近では、目的に合わせた入浴法や効用、楽しみ方を学ぶ「浴育」も話題となっています。日本人と風呂の歴史、最新の家庭用風呂の動向などを伺いながら、それぞれの入浴方法や風呂での時間の過ごし方なども語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】大林素子(スポーツキャスター)
     石川泰弘(お風呂博士)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『セッション2015 “辛島文雄トリオ”』
3月1日(日)後10:30~11:30
(再)3月6日(金)前10:00~11:00


3月1日(日)の『セッション2015』は、日本の重鎮ピアニスト、辛島文雄の演奏をお楽しみいただきます。1948年に大分県に生まれ、70年代から日本ジャズ・シーンの最前線で活躍し、80年代にはエルビン・ジョーンズ=ジャズマシーンに参加して国際的ピアニストとしての地位を築きます。国内外を問わず、ジャズ界のパイオニアとして第一線で活動してきた功績が認められ、2005年度第31回南里文雄賞を受賞しています。4年間活動を共にしている20代の楠井、30代の小松という若い世代になじみがある音楽に寄り添いたい、という辛島。今回は、30年ぶりにキーボードを手にし、複雑なリズム・チェンジやコード進行を散りばめたエレクトリック・サウンドを展開しています。聴く人を魅了するLIVEをお届けします!どうぞお楽しみに!

【演奏】辛島文雄(ピアノ/キーボード)
    楠井五月(ウッド・ベース/エレクトリック・ベース)
    小松伸之(ドラムス)
【案内】濱中博久

※『セッション2015』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


27日(金)放送の『AKB48の"私たちの物語"』は、多田愛佳さん、兒玉遥さん、朝長美桜さん、松岡菜摘さん原案・出演作をお送りします!


『AKB48の“私たちの物語”』
2月27日(金)後10:00~10:45


27日(金)の『AKB48の“私たちの物語”』は、多田愛佳さん、兒玉遥さん、朝長美桜さん、松岡菜摘さん原案・出演作「バレンタイン大作戦!告白編」をお送りします。
「バレンタイン大作戦!告白編」
バレンタインデーでゼッタイ好きな男子をゲットできるという塾『バレンタイン虎の穴』。この塾に行けば、告白成功率はなんと100%!HTK高校に通う多田、朝長、松岡の3人は、学校イチのイケメン・兒玉ハルタに告白するため、『バレンタイン虎の穴』に通うことに。仲良しだった3人組は一瞬で恋のライバルとなり、友情にも亀裂が…。そして迎えたバレンタインデー、この戦い、勝つのはいったい誰!?

【原案】多田愛佳、兒玉遥、朝長美桜、松岡菜摘
【脚本】北阪昌人
【出演】多田愛佳、兒玉遥、朝長美桜、松岡菜摘、山寺宏一

※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆BSプレミアムで放送中、AKB48グループのレギュラー番組!
『AKB48 SHOW』
BSプレミアム 毎週土曜日 後11:30~11:59


次回2月28日(土)は、好評にお応えして渡辺美優紀をフィーチャーする「みるきーSHOW」をアンコール放送します。また、ソロシングル「やさしくするよりキスをして」、オリメン上西恵・吉田朱里との「ジッパー」をスタジオライブでお届けします。ゲストに俳優の永岡佑さんをお迎えする「わるきー」!コントでは、みるきーがディレクターを“釣っちゃいます”?なんと松井玲奈になこみくが潜入特派員でじゃんけん大会に潜入します!どうぞお楽しみに!(昨年12月13日放送分のアンコール)

※『AKB48 SHOW』番組ホームページはこちら

※『AKB48 SHOW』ブログ記事はこちら

投稿時間:16:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日の『ザ・ソウルミュージック』は、ゴスペラーズ・村上てつやさんがマスターを務める"ミッドナイト・ソウル・カフェ"です!


『ザ・ソウルミュージック ~ミッドナイト・ソウル・カフェ~』
2月26日(木)後11:00~前0:00
(再)3月5日(木)前10:00~11:00


昨年10月から正式にマスターを務める、ゴスペラーズのリーダーであり日本が誇るソウル・ブラザーの村上てつやプレゼンツ「ミッドナイト・ソウル・カフェ」。秘蔵音源をご紹介するコーナーやゲストをお迎えしてソウル談義を繰り広げるなど、アーティストの視点でソウルミュージックに深く切り込みます。今月もStar Of The Monthでセレクトされたアーティストを“村上的視点”で取り上げます。村上さんが、最も衝撃を受けたエリカ・バドゥの1曲や、リック・ジェームス、オーティス・クレイの大好きな1曲を選んでお届けします。お楽しみに!

【DJ】村上てつや

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:34 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


25日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は高見沢さん&坂崎さんが担当。「はじめて物語」は"初めてのハンドマイク"をテーマに語ります!


『THE ALFEE 終わらない夢』
2月25日(水)後11:00~前0:00
(再) 3月4日(水)前10:00~11:00


全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。25日(水)は、高見沢さんと坂崎さんのコンビでお送りします。「THE ALFEE はじめて物語」は“初めてのハンドマイク”がテーマです。ギターを弾く高見沢さんが初めて、ギターを手にせずに歌ったときのエピソードを語ります。また、「THE ALFEE 音楽館」では、4回目となるグループ・サウンズ特集です。今回はザ・ブルー・インパルスを取り上げます。どうぞお楽しみに!

【DJ】高見沢俊彦、坂崎幸之助

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:48 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日の『くるり電波』は、リスナーからのお便りを中心にお届けします!


『くるり電波』
2月24日(火)後11:00~前0:00
(再)3月3日(火)前10:00~11:00

常に新しいサウンドを求めて活動をつづける“くるり”が、毎月最終火曜日にお届けしている番組『くるり電波』。クラシックからオルタナティブロックまで、網羅していないジャンルのない彼らが占う、日本の音楽の未来。そして、さまざまな音楽を、心のエンジン全開でお届けしています。
先週発表したオープニングテーマ曲のタイトルを募集した結果はいかに!? 24日(火)は、リスナーからのお便りや質問にお応えしながら(京都ならではのファストフード、クラシックで好きな作曲家、ドラムのアレンジ方法など)メンバーそれぞれが推薦する曲をお届けします。また、先日総合テレビで放送された『ファミリーヒストリー』を終えての岸田さんの感想も!どうぞお楽しみに!

【出演】岸田繁、佐藤征史、ファンファン

※『くるり電波』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK交響楽団 4月定期公演の聴きどころ


4月の定期公演にはセバスティアン・ヴァイグレ、ミヒャエル・ザンデルリング、ウラディーミル・フェドセーエフの3人の指揮者が登場し、それぞれが「お国もの」のレパートリーを披露する。

ヴァイグレとザンデルリングはともに1960年代、ベルリン生まれのドイツの中堅世代を代表する指揮者。ヴァイグレはホルン奏者として、ザンデルリングはチェロ奏者として実績を積んだ後に、指揮者に転向している点も共通する。

一方、フェドセーエフは1932年生まれながら、2013年にようやくN響との初共演が実現したロシアの名匠である。今回も円熟味あふれる音楽を聴かせてくれることだろう。

バイロイト音楽祭でも活躍するヴァイグレによるワーグナー
 

201504_nkyo1.jpgセバスティアン・ヴァイグレのAプロは、ベートーヴェンとワーグナーを組み合わせたプログラム。ベートーヴェン《交響曲第6番「田園」》でシンフォニーを聴いた後は、バスのヨン・グァンチョルを迎えて、ワーグナー《楽劇「トリスタンとイゾルデ」》と《楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」》からの名曲・名場面が演奏される。ひとつの公演でコンサートとオペラ、両方の雰囲気を味わうことができる。

《マイスタージンガー》といえば、ヴァイグレが2013年の「東京・春・音楽祭」でN響を指揮して全曲を演奏会形式で上演し、好評を博した作品。フランクフルト歌劇場音楽総監督を務めるなど、歌劇場での豊富な経験を持ち、バイロイト音楽祭でも活躍するヴァイグレの手腕が最大限に発揮されるだろう。また、韓国のヨン・グァンチョルも、バイロイト音楽祭に出演する実力者である。高水準の歌唱を期待できる

気鋭シャマユがN響定期デビュー

201504_nkyo2.jpgBプロを指揮するミヒャエル・ザンデルリングはシューマンとブルックナーのロマン派プログラムを組む。

シューマン《ピアノ協奏曲》では、ソリストを務めるベルトラン・シャマユに注目したい。シャマユはラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン出演のためにたびたび来日し、フランスの若手世代を代表する気鋭と目されてきたが、近年名門レーベルと専属契約を結ぶなど着実に活躍の場を広げており、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを感じさせる。今回のN響定期デビューは、シャマユの日本における檜(ひのき)舞台といってもいい。

そして、ブルックナー《交響曲第4番「ロマンチック」》といえば、父である名指揮者クルト・ザンデルリングを思い出させる曲目でもある。ドイツ屈指の音楽一家出身のマエストロならではの、深みと壮大さを感じさせるブルックナーを生み出してくれるのではないか。

ロシア音楽プログラムのCプロ

201504_nkyo3.jpgCプロは大ベテラン、ウラディーミル・フェドセーエフによるロシア音楽プログラム。ラフマニノフ《ヴォカリーズ》では作曲者が書いたもっとも甘美な旋律のひとつを堪能できる。同じくラフマニノフ《ピアノ協奏曲第2番》で独奏を務めるのは、アンナ・ヴィニツカヤ。1983年ロシア生まれの新鋭で、2007年のエリーザベト王妃国際音楽コンクールで1位を獲得している。クールビューティと形容したくなるような容貌(ようぼう)からすると意外な感もあるが、強靭(きょうじん)なタッチとエネルギッシュで雄弁な表現力によって評判を呼んでいる逸材である。数々のコンクール受賞歴は技巧の高さを物語っているが、小さくまとまった演奏ではなく、スケールの大きな音楽を聴かせてくれるのが魅力だ。

メイン・プログラムはリムスキー・コルサコフ《交響組曲「シェエラザード」》。千一夜物語を題材として、華麗で色彩的なオーケストレーションが施された名曲である。オーケストラを知り尽くしたマエストロの語り口の豊かさが存分に発揮されるにちがいない。コンサートマスターが独奏するシェエラザード姫のテーマをはじめ、個々の奏者の聴かせどころも多い。N響の名手たちが精彩に富んだアラビアン・ナイトの世界を描き出す。

(飯尾洋一/音楽ジャーナリスト)


NHK交響楽団オフィシャルホームページはこちら
(クリックするとNHKサイトを離れます)

投稿時間:10:15 | カテゴリ:N響の聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『とことん○○』23日(月)深夜からは、ヒロシによる『とことんやさぐれ・ふてくされソング』をアンコール放送します!


『とことんやさぐれ・ふてくされソング』
(初回放送 2013年6月25日(火)~7月20日(土))
2月24日(火)~28日(土)前0:00~0:50
(2月23日(月)深夜~27日(金)深夜)
3月3日(火)~7日(土)前0:00~0:50
(3月2日(月)深夜~6日(金)深夜)
3月10日(火)~14日(土)前0:00~0:50
(3月9日(月)深夜~13日(金)深夜)
3月17日(火)~21日(土)前0:00~0:50
(16日(月)深夜~20日(金)深夜)


こだわりの音楽を毎日、毎週聞きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。2月23日(月)深夜からは『とことんやさぐれ・ふてくされソング』を4週にわたってアンコール放送します。
やさぐれ…それは、すねたり、ぐれたり、投げやりになったりすること。ふてくされ…それは、不平や不満の気持ちから、反抗的な態度や投げやりになること。そんな、やさぐれた・ふてくされた名曲の数々を、案内役にヒロシさんを迎え、とことんお聴きいただきます。

【案内】ヒロシ

※『とことんやさぐれ・ふてくされソング』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:49 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週23日(月)の『健太×近田のロック巌流島』は、"ディスコ・ミュージック"についてトークバトル!


『健太×近田のロック巌流島 “第5回 ディスコ・ミュージック”』
2月23日(月)後11:00~前0:00


毎月最終月曜日、萩原健太×近田春夫 2人の“音楽生き字引”がダブルDJを務め、決して妥協することなく音楽論を激しくぶつけあう、「巌流島の対決」のようなトークバトルを良質な音楽とともに展開する番組『健太×近田のロック巌流島』。
23日(月)の『健太×近田のロック巌流島』は“ディスコ・ミュージック”について語り合います。ジェームスブラウンと盆踊りのお囃子の共通点などこれまでにない独自の“ディスコ・ミュージック”論を繰り広げます。番組では、KISSのナンバーで始まり、ローリング・ストーンズで終わるというディスコとは縁遠い?選曲が並びます。果たしてどんなトークが繰り広げられるのか?どうぞお楽しみに!

【DJ】萩原健太、近田春夫

※『健太×近田のロック巌流島』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月23日(月)~2月26日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月23日(月) 2月24日(火)
ml_20150223.jpg ml_20150224.jpg
morioni 家入レオ

2月25日(水) 2月26日(木)
ml_20150225.jpg ml_20150226.jpg
BIGMAMA 倖田來未

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:12:13 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週23日(月)からの『歌謡スクランブル』は「話題のホットミュージック」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
2月23日(月)~28日(土)後1:00~2:00


毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
23日(月)からの『歌謡スクランブル』は「話題のホットミュージック」と題して、演歌、歌謡曲、J-POPの最新の音楽を集めてお送りします。どうぞお楽しみに!

2月23日(月) 話題のホットミュージック(1)
(松前ひろ子「銀座小路」、あさみちゆき「月猫」ほか)
2月24日(火) 話題のホットミュージック(2)
(城之内早苗「空港物語」、山内惠介「スポットライト」ほか)
2月25日(水) 話題のホットミュージック(3)
(SMAP「華麗なる逆襲」、椎名林檎「至上の人生」ほか)
2月26日(木) 話題のホットミュージック(4)
(嵐「Sakura」、AAA「Lil' Infinity」ほか)
2月27日(金) 話題のホットミュージック(5)
(東方神起「サクラミチ」、三代目J Soul Brothers「ALL LOVE」ほか)
2月28日(土) 話題のホットミュージック(6)
(miwa「360°」、AKB48「ここがロドスだ、ここで跳べ!」ほか)

【司会】深沢彩子

※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:42 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週23日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「ふるさとのうた 心の旅」、ダ・カーポの榊原広子さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~ふるさとのうた 心の旅~』
2月23日(月)~26日(木)前9:20~10:00
(再)3月2日(月)~3月5日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
23日(月)からの週は、ダ・カーポの榊原広子さんが「ふるさとのうた 心の旅」と題して、童謡や懐かしい日本の歌、そして世界の愛唱歌など、各日、以下のテーマでお送りします。どうぞお楽しみに!

23日(月) 天使の歌声
(ヴェルニゲローデ少年少女合唱団による「あの下の低地には」、ウィーン少年合唱団による「ラデツキー行進曲」ほか)
24日(火) 春はそこまで
(タンポポ児童合唱団による「早春賦」、ひばり児童合唱団による「一年生になったら」ほか)
25日(水) ドイツリートの魅力
(「ローレライ」、「野ばら」ほか)
26日(木) リクエストを中心に
(サルヴァトーレ・アダモ「雪が降る」、Bank Band「糸」ほか)

【DJ】榊原広子

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


22日(日)の『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、野宮真貴さんが2週にわたってDJを担当しています!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~野宮真貴~』
2月22日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。15日、22日(日)の2週にわたって野宮真貴さんがDJを担当しています!野宮真貴さんは1981年、ムーンライダーズの鈴木慶一プロデュースによる『ピンクの心』でデビューしました。その後「ポータブル・ロック」を経て、80年代ニューウェイヴシーンを代表する存在に。90年代に「ピチカート・ファイヴ」に加入、渋谷系文化のアイコンとして、日本や海外で熱狂的な人気を集めました。今回の放送では、2013・2014年に「野宮真貴、渋谷系を歌う」というタイトルで、渋谷系やそのルーツとなる音楽をカヴァーし、新たなスタンダード・ナンバーとしてお届けするライブの2014年の模様を収めた貴重な音源をお聴きいただくとともに、ライブで取り上げた楽曲に対する思いやエピソードについてたっぷりと語ります。どうぞお楽しみに。

【ゲスト】坂口修(音楽プロデューサー)
【DJ】野宮真貴
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:11:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


21日(土)放送の『今日(京)は一日"さだまさし"三昧』は新社屋がオープンする京都放送局から生放送でお届けします!


『今日(京)は一日“さだまさし”三昧』
2月21日(土)後0:15~9:00(中断あり)

今回の『今日は一日○○三昧』は、NHK京都の新社屋開設を記念して、『今日(京)は一日“さだまさし”三昧』をお届けします。
パーソナリティーは、さださんを敬愛してやまない落語家の立川談春さんと、「人生壁にぶつかるとさだまさし」と言い切る、網秀一郎アナウンサーがつとめます。そのほか、さださんと親交のあるゲストも続々登場の予定です。もちろん、さださん本人もスタジオに生出演します!また、『今日(京)は一日“さだまさし”三昧』のあとは、NHK総合で、『今夜も生でさだまさし』の生放送も!合わせてどうぞお楽しみください!

【ゲスト】さだまさし 井上知幸 住吉 昇
【司会】立川談春 網秀一郎アナウンサー

※『今日は一日“さだまさし”三昧』番組ホームページはこちら


<関連情報>
京都は一日さださんデー!京都放送局からお届けします!
『今夜も生でさだまさし』
総合テレビ 2月22日(日)前0:05~1:35(21日(土)深夜)

【司会】さだまさし 井上知幸 住吉 

※『今夜も生でさだまさし』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月21日(土)・22日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~結末の音楽~』
2月21日(土)前9:00~11:00


納得のゆく結末、不条理な結末、意外な結末、なにがしかの物事の締めくくりには、さまざまな感情が交錯します。そこに行きつくまでのドラマティックな過程とともに、追体験してみるのはいかがでしょうか。今回のオープニングは、ゴンチチのお二人が出会って初めて演奏した楽曲をお届けします。また、ピンク・フロイド、ボブ・ディラン、大瀧詠一、マデリン・ペルーなどテーマに沿ってセレクトされたさまざまな音楽をお楽しみください。

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮 “私の視聴室”』
2月21日(土)後9:00~10:00
(再)2月23日(月)前10:00~11:00


今回の“私の視聴室”では、28歳の若さで数々のヨーロッパの名門オーケストラから招聘され活躍している指揮者・アンドレア・バッティストーニが、2013年から首席客演指揮者を務めるジェノヴァ・カルロ・フェリーチェ歌劇場の管弦楽団と合唱団とともに演奏したイタリアのオペラの序曲と合唱曲を収めた新譜をご紹介します。
【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “夏のほかげ”~平成26年度中四国ラジオドラマ脚本コンクール入選~』
2月21日(土)後10:00~10:50


21日(土)の『FMシアター』は、母と娘の絆の物語“夏のほかげ”を放送します。
高3の夏、母親が知らない男と抱き合っているのを目撃してしまった小春。早くに父を亡くし、女手ひとつで育ててくれた母親だったが、そのとき以来、距離を置くようになってしまう。大学進学以来ずっと島根の実家を遠ざけていた小春は、母の死をきっかけに実家がゴミ屋敷になっていたことを知り、帰郷。大量のガラクタを片づける小春の前に、薄茶色の茶碗が現れる。それは、14年前、大学に進学し自分のもとを離れる小春のために、母親が故郷の土で作った贈り物だった―。高校卒業以来母親を遠ざけていた娘が、母の死後、ゴミ屋敷を片付けていくうちに、母親に対する感謝と愛情を取り戻していく物語。
【作】潮喜久知
【出演】宮地真緒、石丸謙二郎、瀬藤洋子、櫻田亮太、
    峯吉愛梨沙、石原久江

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “バディ・デフランコ名演集”』
2月21日(土)後11:00~翌前1:00


21日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、昨年12月24日に91歳で他界したクラリネットの巨人、バディ・デフランコ(1923-2014)をしのんで、彼が遺した名演奏の数々を特集します。デフランコはスイング時代に人気を集めたベニー・グッドマンやアーティ・ショウとは一線を画すモダンなスタイルで一世を風靡しました。1950年代にはジャズ誌の人気投票で首位の座を独占し続けます。2006年にアメリカ・ジャズ界で最高の名誉とされる全米芸術基金の「ジャズ・マスター」の称号が贈られるなど生涯を通じてジャズの第一線で活躍しました。

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “南国のポップハーモニー”』
2月22日(日)前7:20~8:10
(再)2月28日(土)後7:20~8:10


定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。22日(日)は、アカペラ・グループ「トライトーン」の多胡淳さんがお送りします。今回は、日本ではあまりなじみがない南の国から、ポップハーモニーを奏でるグループを紹介します。夏真っ盛りの南半球に想いを馳せ、しばし日本の冬の寒さを忘れるようなさわやかなハーモニーをお楽しみください。

【案内】多胡淳

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “リクエスト集”』
2月22日(日)前8:10~9:00
(再)2月28日(土)後8:10~9:00


2月22日(日)の『吹奏楽のひびき』は、リスナーからのリクエストにお応えします。吹奏楽ファン一人ひとりの思い出と感動が詰まったリクエストをエピソードとともにご紹介します。今回ご紹介するのは、吹奏楽に打ち込む娘への親からのリクエスト、他の高校が演奏していた忘れられない楽曲など、曲にまつわるリスナーのエピソードをご紹介しながらお送りします。お楽しみに!
【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “指揮者リッカルド・ムーティの峻烈なる芸術”』
2月22日(日)前9:00~11:00


2月22日(日)の『名演奏ライブラリー』は、現在も活躍している名指揮者リッカルド・ムーティの熱演をお届けします。リッカルド・ムーティは1941年イタリアで生まれました。1968年にミラノ・イタリア放送交響楽団を指揮してデビューした後、巨匠マエストロの後継者として、各国の主要オーケストラで音楽監督を歴任していずれの楽団でも一時代を築きます。ムーティの特徴は、「その厳格さは、トスカニーニ以上」と言われています。楽譜に対する忠実さ、曖昧さのないリズムの刻みや明確な表情づけなど、ムーティが紡ぎ出す音楽には、作品と真摯に、徹底的に向き合う彼の信念が表れています。番組では、数多くの名演をのこしたレスピーギやヴェルディの作品などをお送りします。
【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『日曜喫茶室 ~春一番!食から探る わが郷土・富山~』
2月22日(日)後0:15~2:00


2月22日(日)の『日曜喫茶室』は、3月14日の北陸新幹線開業を目前に控えて注目されている富山県。ブリ、ベニズワイガニ、ホタルイカ、シロエビなど「天然のいけす」と呼ばれる富山湾の「きときと」の海の幸に恵まれ、日本有数の米どころでもあり、昆布じめ、ます寿司、ぶり大根など郷土料理が数多く存在します。お雑煮、おせち、さらに郷土の味覚を通して、そこから見える富山の風土、文化、富山人気質を語ります。
【お客様】滝田洋二郎(映画監督)
     深井康子さん(富山短期大学教授)
【ご常連】轡田隆史さん(ジャーナリスト)
【司会】はかま満緒
    小泉裕美子

※『日曜喫茶室』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月22日(日)後4:00~5:00


日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。今回は、卒業シーズン間近ということで、80年代に2・3月に全米ヒットチャートをにぎわせた音楽をピックアップしてお届けします。キング・オブ・ポップ、クイーン・オブ・ポップのヒット曲、クール・アンド・ザ・ギャングの1983年のヒット曲などをお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ライブビート “TAKAKO MINEKAWA & DUSTIN WONG”』
2月22日(日)後10:30~11:30
(再)2月27日(金)前10:00~11:00


毎月最終日曜日、ロックを中心に、メジャーやインディーズを問わず“鋭利な音”にこだわって、旬なバンドやミュージシャンのライブを紹介する番組『ライブビート』。
2月22日(日)は、TAKAKO MINEKAWA & DUSTIN WONGが登場します。2011年の夏、ダスティンのライヴを観に行った嶺川と、もともと彼女のファンであったダスティンが知り合い、音楽や宇宙、神話談義で盛りあがり、ごく自然な流れでコラボレーションへと派生していきます。2013年にファースト・アルバム 『TOROPICAL CIRCLE』、2014年8月には『SAVAGE IMAGINATION』をリリースします。ヒューマニックな温かさと親しみやすいメロディはそのままに、リズミックでダイナミックな彩りを増したサウンドに注目が集まっています。お楽しみに!

【出演】TAKAKO MINEKAWA & DUSTIN WONG
【DJ】古閑裕

※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:54 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


20日(金)の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストに古川未鈴さんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”  ~古川未鈴が語るガールズポップス~』
2月20日(金)後10:00~10:45


隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
20日(金)は、でんぱ組.incの古川未鈴さんをゲストにお迎えしてお送りします。でんぱ組.incは秋葉原のライブ・バーを拠点に活動を開始して国内のみならず海外からも注目を集め、ジャカルタでのファッションイベントの出演や台北での単独公演も成功させるなど世界に羽ばたくアーティストとして成長しました。結成時のメンバーでもある古川未鈴さんがヒャダインさんと熱く語り合います!どうぞお楽しみに!

【ゲスト】古川美鈴
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんがMCを担当!
『オトナのトビラTV』
Eテレ 毎週木曜 後7:25~7:55
(再)Eテレ 翌週火曜 前0:25~0:55 (月曜深夜)

ヒャダインさんがMCを担当し、社会の入り口に立つ10代の若者に向けた“お役立ち情報満載”の番組『オトナのトビラTV』。2月19日(木)は「ワキ!足!くち!ニオイお悩み撃退法」と題して、ワキ・足・口のニオイ対策を大特集!口臭撃退の意外な食べ物や、ニオイを予防する入浴法をご紹介します。一方、間違ったニオイ対策をしていると危険なことも。「全身に制汗スプレーかけて熱中症になった!?」ってどういうこと?お役立ち情報満載でお届けします。

※『オトナのトビラTV』番組ホームページはこちら

◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!
『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回放送・2月21日(土)は、もう一度会いたいゲストが大集合!という企画を2回連続してお送りします。今回は題して、“高身長イケメンたちが大集合!”します。4人の精鋭、南圭介・ヒロ・渡部俊英・二番煎じがスタジオナマ出演。ファンとともにこの3年を振り返ります。どうぞお楽しみに!

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:38 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日の『ザ・ソウルミュージック』は、~アフター・ザ・ヴァレンタイン~をテーマにお送りします。


『ザ・ソウルミュージック ~アフター・ザ・ヴァレンタイン~』
2月19日(木)後11:00~前0:00
(再)2月26日(木)前10:00~11:00


先週のスウィート&メロウなValentine特集に続いては、Valentine の”その後-”を彩るとことん官能的な愛の歌世界を特集します。メイシー・グレイ、フェイス・エヴァンス、ジョニー・ギルのニューアルバムの中からSexy & Groovyをテーマにセレクトされた楽曲をお届けする大人向けのR&Bをお楽しみいただきます。

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:14 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


18日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は桜井さん&高見沢さんが担当。「はじめて物語」は"初めて書いた手紙"をテーマに語ります!


『THE ALFEE 終わらない夢』
2月18日(水)後11:00~前0:00
(再) 2月25日(水)前10:00~11:00


全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。18日(水)は、桜井さんと高見沢さんのコンビでお送りします。「THE ALFEE はじめて物語」は“初めて書いた手紙”がテーマです。高見沢さんが忘れることができない桜井さんからの手紙(メモ?)とは?また、「THE ALFEE 音楽館」では、3回目となるグループ・サウンズ特集です。今回はショーケンこと萩原健一さんがいたザ・テンプターズをピックアップします。どうぞお楽しみに!

【DJ】桜井賢、高見沢俊彦

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:06 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日17日(火)放送『MISIA アフリカの風』はバレンタインデー間近の"Sweet Love Songs"!


『MISIA アフリカの風』
2月17日(火)後11:00~前0:00
(再) 2月24日(火)前10:00~11:00


世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーは、80年代中ごろから90年代にかけて大きなムーブメントを起こした“UKソウルミュージック”をテーマに3曲をお届けします。
そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーは、セネガル共和国をとりあげます。青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、日本と似た“おもてなし”の習慣や、日本への親しみ方などを伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週16日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今なら間に合うスタンダード」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
2月16日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
16日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、90年代に一時代を築いた男性ボーカルグループが復活して、セルフカバーした新曲をお送りします。後半は、「今なら間に合うスタンダード」の3回目をお送りします。今回は、アレサ・フランクリンの1973年の大ヒット曲を取り上げます。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:57 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週16日(月)からの『青春アドベンチャー』は、不思議な猫と謎の絵に導かれるミステリアス・ファンタジー、小森香折・原作「ニコルの塔」をお送りします!


『青春アドベンチャー “ニコルの塔”』<全10回>
2月16日(月)~20日(金)後10:45~11:00
2月23日(月)~27日(金)後10:45~11:00

16日(月)からの『青春アドベンチャー』は、不思議な猫と謎の絵に導かれるミステリアス・ファンタジー、小森香折・原作「ニコルの塔」をお送りします!
修道院の少女たちは何の疑いも持たずに時を過ごしている。寄宿舎と授業塔を往復する、単調だけど静かな生活。ある日ニコルは、特別な授業を受ける12人のひとりに選ばれた。毎日「塔へ向かう」。与えられた図に従い「地球のマントに刺繍」する。だが、平穏な日々は一匹の喋る猫によって破られた。ここは何かがおかしい…わたしはニコルではない?修道院学校の忌まわしい秘密を解き明かし、果たしてニコルは記憶を取り戻せるのか?

【原作】小森香折
【脚色】大河内聡
【音楽】山本清香
【出演】能登麻美子、白石涼子、小林沙苗、長澤奈央、
    高戸靖広、木村雅史、川西ゆうこ、川澄綾子、
    日笠山亜美、三谷悦代、江森浩子、渋谷茂

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:54 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月16日(月)~2月19日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月16日(月) 2月17日(火)
ml_20150216.jpg ml_20150217.jpg
THE HOOPERS SUPER☆GiRLS

2月18日(水) 2月19日(木)
ml_20150218.jpg ml_20150219.jpg
LOVE PSYCHEDELICO 小林太郎

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:18:48 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週16日(月)からの『歌謡スクランブル』は「プレイバック70年代」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
2月16日(月)~20日(金)後1:00~2:00
※21日(土)は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。


毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
16日(月)からの『歌謡スクランブル』は「プレイバック70年代」と題して、世代を越えて男女問わず誰もが口ずさめる数々の名曲を集めてお送りします。どうぞお楽しみに!

2月16日(月) プレイバック70年代(1)
(南沙織「17才」、にしきのあきら「空に太陽がある限り」ほか)
2月17日(火) プレイバック70年代(2)
(青い三角定規「太陽がくれた季節」、山本リンダ「どうにもとまらない」ほか)
2月18日(水) プレイバック70年代(3)
(フィンガー5「恋のダイヤル6700」、キャンディーズ「年下の男の子」ほか)
2月19日(木) プレイバック70年代(4)
(子門真人「およげ!たいやきくん」、イルカ「なごり雪」ほか)
2月20日(金) プレイバック70年代(5)
(ピンク・レディー「UFO」、八神純子「みずいろの雨」ほか)

【司会】逢地真理子



<リクエスト募集中!>
また、番組では3月12日(木)~3月14日(土)まで“あの日 あの時 あの人と”をテーマに「リクエスト特集」をお送りする予定です。<あの時、あんな歌を聞いた>とか、<あの人と、もう一度この歌を聞きたい>など、リクエスト曲と歌にまつわるエピソードをお寄せください。リクエストは、はがき、または番組ホームページで受け付けております。リクエストお待ちしております。
※募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

◆はがきのあて先◆※2月15日(日)締切
〒150-8001 NHK FM「歌謡スクランブル」リクエスト特集係。

※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週16日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「映画音楽ワールドツアー」、Yuccaさんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~映画音楽ワールドツアー』
2月16日(月)~19日(木)前9:20~10:00
(再)2月23日(月)~2月26日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
16日(月)からの週は、Yuccaさんが「映画音楽ワールドツアー」と題して、映画のストーリーやロケの舞台になった風景などを、皆さまに思い浮かべていただけるような内容で、各日、以下のテーマでお送りします。各日の日替わりコーナーも、下記のラインナップでお届けします。どうぞお楽しみに!

16日(月) それぞれのラブストーリー
17日(火) 宇宙の物語
18日(水) 1980年代のスタンダード映画①
19日(木) リクエスト特集

【DJ】Yucca

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:21 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


15日(日)からの『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、野宮真貴さんが2週にわたってDJを担当します!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~野宮真貴~』
2月15・22日(日)後9:00~10:30


さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。15日、22日(日)の2週にわたって野宮真貴さんがDJを担当します!野宮真貴さんは1981年、ムーンライダーズの鈴木慶一プロデュースによる『ピンクの心』でデビューしました。その後「ポータブル・ロック」を経て、80年代ニューウェイヴシーンを代表する存在に。90年代に「ピチカート・ファイヴ」に加入、渋谷系文化のアイコンとして、日本及び海外の熱狂的な人気を集めました。今回の放送では、2013・2014年に「野宮真貴、渋谷系を歌う」というタイトルで、渋谷系やそのルーツとなる音楽をカヴァーし、新たなスタンダード・ナンバーとしてお届けするライブの2013年の模様を、貴重なライブ音源でお届けするとともに、渋谷系の魅力についてたっぷりと語ります。どうぞお楽しみに。


【ゲスト】坂口修(音楽プロデューサー)
【DJ】野宮真貴
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:18:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』2/14(土)のゲストは映画監督の本広克行さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 2
月14日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 2月17日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さんが脚本を手がけた映画『スペーストラベラーズ』や、ドラマ『17才-at seventeen-』『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』
で仕事をご一緒した映画監督の本広克行さんをお迎えします。

0214_rockber.jpg
NHKーFMで放送されていた『サウンドストリート』を聞いて育ったという本広さん。エアチェックし、編集したテープが何百本もあったそう。これまでに影響を受けた音楽や映画、岡田さんと一緒に仕事をした作品など当時のエピソードとともに語り合います。また、本広さんがディレクターを務めている香川県丸亀市で行われるイベント「さぬき映画祭2015」(2/13(金)~23(土))の様子や、新作映画『幕は上がる』(2/28(土)公開)のお話も伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】本広克行

【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください

 

投稿時間:17:14 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月14日(土)・15日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~あつあつの音楽~』
2月14日(土)前9:00~11:00


放送日当日は、バレンタインデー。愛や恋の告白が増える日です。望む結果を得ることができた方も、そうでない方も、この番組の選曲の妙に魅了されてください。今回のテーマのように、チチ松村さん曰く“音楽自体がアツイ”と評した1曲は必聴です。また、ゴンザレス三上さんが魅力を感じる女性像も語られますよ。お楽しみに!
【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
2月14日(土)後2:00~4:00


創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。14日(土)の講師(ゲスト)は、ピアノとパーカッションの2人組ユニット・227と、クラリネット奏者の若林愛さんです!227は、同じ誕生日のふたり、広田圭美(Tama)と山下由紀子(Yuki)が結成したピアノとパーカッションの異色ユニットです。 二人だけとは思えない音の幅と、圧巻のライブパフォーマンスが注目を集めています。また、クラリネット奏者の若林愛さんは、進化するクラリネット・ユニットのリーダー&1ST クラリネットとして、従来のクラシックの概念にとらわれない POP&CUTE な演奏を行うカラフルを 2007 年4月に結成し、年間70本を越える公演を行っています。クラシックを基盤としつつもそれにとらわずクロスオーバーに活躍している講師(ゲスト)がアニソンを語ります。お楽しみに!
【講師(ゲスト)】227、若林愛
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮 “ドボルザークの「家路」再発見”』
2月14日(土)後9:00~10:00

(再)2月16日(月)前10:00~11:00

今回は、チェコ出身の作曲家ドボルザークとアメリカの深い関係をひもときます。ドボルザークは、ニューヨーク・ナショナル音楽院の院長として招かれて1892年から1895年までアメリカに滞在しました。この期間に、交響曲第9番「新世界から」、弦楽四重奏曲「アメリカ」、チェロ協奏曲などの名曲が生まれています。なかでも、交響曲第9番「新世界から」の第2楽章から引用されたメロディは、「家路」や「遠き山に日は落ちて」というタイトルで日本でも大変親しまれています。実は、「家路」のメロディの原型は、ドボルザークが構想していたインディアン物の未完の歌劇「ハイアワサ」のなかに見られます。今回は、特に「家路」にポイントを置きつつ、他にもチェロ協奏曲と黒人霊歌の関係など、ドボルザークとアメリカの関係はについて掘り下げます。
【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “もう一度、夫婦で”』
2月14日(土)後10:00~10:50

14日(土)の『FMシアター』は、夫婦再生の物語を描いた“もう一度、夫婦で”を放送!。仁史(66)と裕子(64)は40年前に新婚旅行で旅した宮崎に向かっている。機内でいつものように仁史が他愛もない話を始めると、裕子は静かに告げる。「あなたの言葉で話して」と。仁史は面倒を避け、何も聞き直さない。
到着し、寂れた景色に落胆する仁史。当時訪ねた思い出の場所も変わってしまっていた。それでも、旅を続ける中で、宮崎の若い夫婦と出会い、少しずつ“夫婦の言葉”を取り戻そうとし、夫婦とは何かを見つめ直して行く…。
“夫婦間の言葉”をテーマに、1960年代から70年代「新婚旅行ブーム」に沸いた宮崎県を舞台に、夫婦仲が冷えきった老夫婦が“もう一度、ハネムーン”を機にお互いを見つめ直す。
【作】中澤香織
【出演】あがた森魚、市毛良枝、城戸愛莉、崎本大海

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “名曲“マイ・ファニー・ヴァレンタイン”特集”』
2月14日(土)後11:00~翌前1:00

バレンタインデー当日となる14日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、1年前の放送に引き続いて、名曲“マイ・ファニー・ヴァレンタイン”特集の第2弾です。名曲“マイ・ファニー・ヴァレンタイン”はリチャード・ロジャース(作曲)と、ロレンツ・ハート(作詞)の名コンビが手がけた楽曲です。さまざまなアーティストやグループなどに演奏され、今日までに残された録音は、およそ1500にも達します。ぜひ、“ごひいき”の“マイ・ファニー・ヴァレンタイン”を見つけてください。お楽しみに!
【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱』
2月15日(日)前7:20~8:10
※初回放送日:2014年8月3日(日)
※2月21日(土)の再放送は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。2月15日(日)は、昨年8月3日に放送した“大作曲家の合唱作品からシューベルト”をアンコール放送します。合唱指揮者の大谷研二さんがお送りします。シューベルトの合唱作品は、取り上げられる機会はけっして多くはありませんが、ヨーロッパでは高く評価されてきました。今回はミサ曲や、男声合唱の作品などをお送りします。

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “千葉県旭市公開収録・第2回~東京吹奏楽団~”』
2月15日(日)前8:10~9:00
※2月21日(土)の再放送は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。

15日(日)の『吹奏楽のひびき』は先週に引き続いて、ゲストに東京吹奏楽団をお迎えして千葉県旭市で開催された「吹奏楽のひびき」公開イベントの模様をお送りします。東京吹奏楽団は、1963年に東京芸術大学教授・山本正人氏を囲む管打楽器奏者が集まり、創立されました。1993年には長年にわたる演奏活動と吹奏楽界に対する功績から、「第三回日本吹奏楽アカデミー賞」を受賞しています。「親しみやすく、愛される吹奏楽団」をモットーに活躍しています。お楽しみに!
【ゲスト】東京吹奏楽団、吉田行地(指揮)
【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “世界最高峰のアルト カスリーン・フェリア”』
2月15日(日)前9:00~11:00

15日(日)の『名演奏ライブラリー』は、“世界最高峰のアルト”とも評されたカスリーン・フェリアを取り上げます。フェリアは、1912年イギリスに生まれました。10代半ばから郵便局の電話交換手として働き始めますが、そのかたわらでラジオ放送や歌手のリサイタルで伴奏ピアニストを務めるうちに声楽に興味をもつようになっていきます。1937年カーライル音楽祭コンクール声楽部門で優勝すると、卓越した歌唱センスとアルト音域の美声に注目が集まり、一躍イギリスを代表するスター歌手になりました。その後キャリアを重ね、「世界最高峰のアルト」たる人気と実力を勝ち得ていきました。1940年代からはヨーロッパ、アメリカにも活躍の場を広げましたが、1953年、41歳の若さでこの世を去りました。透明感と温かみに満ちた歌声で多くのファンを感動に導いてきたフェリア。
番組では、ブラームスやマーラーの歌曲を中心に、バッハやヘンデルのアリアなど、フェリアの名唱をお楽しみいただきます。
【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキングウィズ松尾堂 “2014年、“イチゴ”を語る”』
2月15日(日)後0:15~2:00
※初回放送1月11日(日)

15日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は、先月11日に放送した「2015年、イチゴを語る」をアンコール放送します。番組では、寺田真二郎、石原良行さんをゲストにお迎えしてさまざまな品種が市場に登場している“イチゴ”についてたっぷりと語り合います。どうぞお楽しみに!
【ゲスト】寺田真二郎(料理研究家)
     石原良行(栃木県農業試験場いちご研究所所長)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月15日(日)後4:00~5:00


日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、1981年にデビューし、イギリス、アメリカ、そして日本でも人気を博して、80年代を代表するグループに挙げられるDuran Duranを特集します。また、アルバムの中から隠れた名曲を紹介する「My Music Gallery」では、リスナーからのリクエストで「オーストラリアのトラック野郎ソング」と紹介された爽快な1曲などをお届けします。どうぞお楽しみに!
【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2015 “Biosphere Trio(バイオスフィア・トリオ)”』
2月15日(日)後10:30~11:30
(再)2月20日(金)前10:00~11:00

15日(日)の『セッション2015』は、Biosphere Trioの演奏をお届けします。ドイツ人ピアニスト、フロリアン・ウェーバーがリーダーを務めるピアノ・トリオです。収録日に36才の誕生日を迎えたフロリアン・ウェーバーは、ウィーンでクラシックを学んだ後、1999年に渡米します。2001年モントルー・ジャズ・フェスティバルのソロ・ピアノ・コンクールでスタンウェイ&サンズ賞を受賞しています。バークリー音楽大学卒業後は、自身のトリオのほか、リー・コニッツのニュー・カルテットのメンバーとして活動し2013年の第12回東京JAZZにもリー・コニッツ・カルテットで出演しました。現在は、ケルンとニューヨークを拠点として活躍しています。今回の来日では、バークリー音楽大学から共演してきたドラムスの勘座光、20代の若手のベーシスト寺尾陽介との瑞々しい感性が溢れるコラボレーションをお楽しみいただきます。
【演奏】フロリアン・ウェーバー(ピアノ/エレクトリック・ピアノ)
    寺尾陽介(ベース)
    勘座光(ドラムス)
【案内】濱中博久

※『セッション2015』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


13日(金)放送の『AKB48の"私たちの物語"』は、兒玉遥さん、多田愛佳さん、朝長美桜さん、松岡菜摘さん原案・出演作をお送りします!


『AKB48の“私たちの物語”』
2月13日(金)後10:00~10:45


13日(金)の『AKB48の“私たちの物語”』は、兒玉遥さん、多田愛佳さん、朝長美桜さん、松岡菜摘さん原案・出演作「バレンタイン大作戦!修行編」をお送りします。
「バレンタイン大作戦!修行編」
2月14日のバレンタインデーをひかえ、博多にあるHKT高校では、学校中がある噂で持ちきりだった。それは、バレンタインデーでゼッタイ好きな男子をゲットできるという『バレンタイン虎の穴』。この塾に行けば、告白成功率はなんと100%!自分にあった告白の方法を教えてくれる夢のような話。HTK高校に通う多田、朝長、松岡の3人は、HKT高校イチのイケメン・兒玉ハルタを巡り…。

【原案】兒玉遥、多田愛佳、朝長美桜、松岡菜摘
【脚本】北阪昌人
【出演】兒玉遥、多田愛佳、朝長美桜、松岡菜摘、山寺宏一

※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら
 

<関連番組>
◆BSプレミアムで放送中、AKB48グループのレギュラー番組!
『AKB48 SHOW』
BSプレミアム 毎週土曜日 後11:30~11:59


次回2月14日(土)は、チーム8「制服の羽根」、HKT神志那結衣・駒田京伽・坂口理子・荒巻美咲・栗原紗英のユニット=ブルーベリーパイ「私はブルーベリーパイ」をスタジオライブでお届けします。また、ゲストに俳優・六角慎司さんを迎えたコントでは、田名部生来・名取稚菜・小林茉里奈もビックリの中村麻里子が大変身?特派員は込山榛香でお送りする潜入シリーズは、「AKB紅白対抗歌合戦」の模様をリポートします。どうぞお楽しみに!

※『AKB48 SHOW』番組ホームページはこちら

※『AKB48 SHOW』ブログ記事はこちら

投稿時間:15:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


12日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、~スウィート・ソウル・ヴァレンタイン~です!


『ザ・ソウルミュージック ~スウィート・ソウル・ヴァレンタイン~』
2月12日(木)後11:00~前0:00
(再)2月19日(木)前10:00~11:00


バレンタインデーを目前に控えた今回は、「スウィート・ソウル・ヴァレンタイン」をテーマに二人で聴きたいソウル・ミュージックをお届けします。また、「In A Jazzy Mood」では、現代最先端のクラブジャズを聴かせるソウル・ユニットのニューアルバムからの楽曲をご紹介します。お楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


11日(水・祝)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は桜井さん&高見沢さんが担当。「はじめて物語」は"無駄使い"をテーマに語ります!


『THE ALFEE 終わらない夢』
2月11日(水・祝)後11:00~前0:00
(再) 2月18日(水)前10:00~11:00


全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。11日(水)は、桜井さんと高見沢さんのコンビでお送りします。「THE ALFEE はじめて物語」は“無駄使い”がテーマです。「桜井さんは堅実だ」という高見沢さん、「高見沢さんは浪費家だ」という桜井さん。果たしてご自身はどう考えているのでしょうか?「THE ALFEE 音楽館」では、世界的に大ヒットしたASIAをピックアップします。イギリスの“産業ロック”などと揶揄されることもありましたが、桜井・高見沢おふたりの印象は?メンバー三人でライブにも行ったことがあるASIAについて語ります。どうぞお楽しみに!
【DJ】桜井賢、高見沢俊彦

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月11日(水・祝)放送!セリーグ、パリーグ対抗戦の『今日は一日"プロ野球ソング"三昧 IN 沖縄』勝敗はいかに?


『今日は一日“プロ野球ソング”三昧 IN 沖縄』
2月11日(水・祝)後0:15~10:45(中断あり)

2月といえばプロ野球キャンプシーズン! 各球団のスター選手が一同に集まる沖縄から、「プロ野球」にまつわる曲のリクエストにこたえる『今日は一日“プロ野球ソング”三昧』を生放送でお届けします。
各チームの球団歌、選手の応援歌、プロ野球選手が歌った曲など懐かしの歌が続々と登場!これまで放送できなかったレアな音源も紹介します!今回も、セリーグ、パリーグの対抗戦形式で、ツイッターやメールでリスナーから投票を受け付け、総合的にどちらのリーグに属する曲が心に響いたかで勝敗を決めます。過去2回は、パリーグが連覇。セリーグの巻き返しなるか?
番組では下記ホームページでリクエストを募集しております。どしどしお寄せください。

【ゲスト】田中卓志、増田英彦、岡田圭右、FPM中嶋、ヨシノビズム
【解説】大島康徳
【司会】小野塚康之アナウンサー、澤田彩香アナウンサー、有働由美子アナウンサー

※『今日は一日“プロ野球ソング”三昧』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:32 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日10日(火)放送『MISIA アフリカの風』はバレンタインデー間近の"Sweet Love Songs"!


『MISIA アフリカの風』
2月10日(火)後11:00~前0:00
(再) 2月17日(火)前10:00~11:00


世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーでは、バレンタインデー間近ということで“Sweet Love Songs”をキーワードに、恋人同士で聴きたいラブ・ソングを3曲お届けします。
そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーは、先週に続いてベナン共和国をとりあげます。青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、日本では考えられない赤ん坊の寝かせ方や、双子が多い謎など、現地の暮らしや風習を伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:21 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週9日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今でも聴きたいナンバーワン」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
2月9日(月)後11:00~前0:00


『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
9日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、90年代に活躍して以降、しばらく活動停止していた男性4人組コーラスグループが久々にリリースした新曲をお届けします。後半は、「今でも聴きたいナンバーワン」。14回目となる今回は、1992年のナンバーワンヒットからセレクトします。昨年末にニューアルバムを発表した女性R&Bシンガーのデビューアルバムからシングルカットされた1曲などをお送りします。どうぞお楽しみに!
【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月9日(月)~2月12日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月9日(月) 2月10日(火)
ml_20150209.jpg ml_20150210.jpg
さかいゆう Cyntia

2月11日(水・祝) 2月12日(木)
ml_kuhaku.jpg ml_20150212.jpg
特集番組のため休止 OKAMOTO'S

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:18:09 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週9日(月)からの『歌謡スクランブル』は「ぬくもり演歌集」「カバー作品集」&「大川栄策作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
2月9日(月)・10日(火)、12日(水)~14日(土)後1:00~2:00

※11日(火・祝)は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。9日(月)からの『歌謡スクランブル』は「ぬくもり演歌集」「カバー作品集」と題してお送りします。そして14日(土)は、「大川栄策作品集」と題して、1時間まるまる大川栄策の作品を特集します。どうぞお楽しみに!

2月9日(月) ぬくもり演歌集(1)
(五木ひろし「おまえとふたり」、杉良太郎「すきま風」ほか)

2月10日(火) ぬくもり演歌集(2)
(氷川きよし「満天の瞳」、小金沢昇司「ありがとう…感謝」ほか)

2月12日(木) カバー作品集(1)
(丸山圭子「ダンスはうまく踊れない」、夏木マリ×泉谷しげる「胸が痛い」ほか)

2月13日(金) カバー作品集(2)
(倖田來未「BE MY BABY」、Chara「元気を出して」ほか)

2月14日(土) 大川栄策作品集
(「酒は涙か溜息か」、「あばれ舟唄」ほか)
【司会】深沢彩子

※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:28 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週9日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「エキゾチッククルーズ」、サラーム海上さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~エキゾチッククルーズ~』
2月9日(月)~12日(木)前9:20~10:00
(再)2月16日(月)~19日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
9日(月)からの週は、音楽評論家のサラーム海上さんが担当する「エキゾチッククルーズ」。放送3年目を迎えた番組は、アジアの音楽だけではなく、アフリカやヨーロッパ、中南米など、世界中の音楽を紹介する“エキゾチッククルーズ”へと変わりました。今月は「世界のこぶし」をテーマにお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】サラーム海上

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


8日(日)の『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、スチャダラパーが2週にわたってDJを担当しています!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~スチャダラパー~』
2月8日(日)後9:00~10:30


さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。
2月1・8日の2週にわたって、スチャダラパーがDJを務めています。スチャダラパーは1988年に結成、1990年にデビューして25年になる今年、1月に6年ぶりに12枚目のアルバムを発表し4月には東京と大阪で単独ライブを開催するなど3人から目が離せません。今回は、小籔千豊さんをゲストにお迎えします。スチャダラパーは、小籔さんが2008年から企画・主催してきた「コヤブソニック」に第1回目から参加し続けてきました。親交の厚い仲からどんなトークが飛び出すのでしょうか?お楽しみに!

【ゲスト】小籔千豊
【DJ】スチャダラパー
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:17:19 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月7日(土)・8日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~腹ぺこの音楽~』
2月7日(土)前9:00~11:00


古今東西、クラシックから歌謡曲まで、“腹ぺこ”をキーワードにさまざまな楽曲をお届けします。チャールズ・チャップリンが1970年に音楽をつけて再上映した映画「サーカス」のために作曲した楽曲、鬼才とも評されるアメリカの作曲家、レイモンド・スコットの楽曲など、“腹ぺこ”のキーワードで名曲がつながるおもしろさをお楽しみください。

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
2月7日(土)後2:00~4:00


創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。7日(土)の講師(ゲスト)は、声優、女優、タレントで中学生の“はるかぜちゃん”こと春名風花さんです!
また、アニソンランキング部では、2000年を調査します!投票は番組ホームページから、2000年に本放送されていたアニメまたは公開されたアニメ映画のタイトル、アニメソング、そして「好きな朝ごはんのおかず」を書いて投票してください。

【講師(ゲスト)】春名風花
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら、藤崎弘士アナウンサー

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮 “雪と氷の音楽”』
2月7日(土)後9:00~10:00
(再)2月9日(月)前10:00~11:00


今回は、冬、雪、氷にちなんだ曲を聴きます。唱歌「雪」、雪中行軍を題材にした映画「八甲田山」のメインタイトル、コスチェレス山で遭難した作曲家カルウォヴィチの作品や、この遭難を題材にした交響詩「コスチェレス山」、舞踏交響曲「スケート・リンク」など寒くて雪の降りがちなこの時期をテーマにした数々の作品をお楽しみいただきます。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “故郷のわが家”』
2月7日(土)後10:00~10:50


7日(土)の『FMシアター』は、古い生家で愛犬と暮らす日々の心象風景を描いて現代の望郷を考える「故郷のわが家」を放送します。
笑子が夢を見ている。自分が男になって、ぼろぼろの軍服を着て絶海の孤島の高い岸壁に立っている。日本は遠い。望郷の念をたぎらせて『勘太郎月夜唄』を歌う。めざめると、そこは寝床の中。故郷の九州山中の生家を売却するため、愛犬フジ子とともに戻ってきたのだ。古い家にひとり。かつての故郷は、もうどこにもない。老境に達した女性が、次々に去来する過去の幻影と向き合いながら「人生の棚卸し」をしていく時間を、昔の歌や山暮らしの心象風景を交えつつ描きます。

【原作】村田喜代子
【脚色】山本雄史
【音楽】山下康介
【出演】三田和代、毬谷友子、倉野章子、草村礼子、
    たかお鷹、大滝寛、近江谷太朗、林大樹、
    酒向芳、井内勇希、黒木瑠七

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “赤松敏弘+市原ひかりを迎えて ”』
2月7日(土)後11:00~翌前1:00


7日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、赤松敏弘+市原ひかりを迎えてお送りします。本邦ジャズ界ヴァイブの大御所、赤松敏弘が1990年にアルバム・デビューしてから今年、25年になります。新作「マジェスティック・カラーズ」ではトランペット・市原ひかりをゲストに招くなど若手の発掘、育成にも積極的に取り組んでいます。ベテランとニュー・スターふたりを迎えて両者の出会いのエピソードやジャズの現況などを語り合います。ヴァイブとトランペットによる生のデュオ演奏もお楽しみに!

【ゲスト】赤松敏弘、市原ひかり
【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “受難曲さまざま”』
2月8日(日)前7:20~8:10

(再)2月14日(土)後7:20~8:10

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。8日(日)は、指揮者・鍵盤楽器奏者の花井哲郎さんがお送りします。今回は、受難曲の聞き比べをお楽しみいただきます。イエス・キリスト受難のテーマは、ルネサンスからバロックの時代にかけてさまざまな合唱音楽を生み出しました。今回は、16世紀後半から17世紀前半にかけての時代の変遷に伴う表現の相違などに注目しながら、いろいろな受難の音楽を比較して聴いていきます。

【案内】花井哲郎

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “千葉県旭市公開収録・第1回~東京吹奏楽団~”』
2月8日(日)前8:10~9:00
(再)2月14日(土)後8:10~9:00


8日(日)の『吹奏楽のひびき』は、ゲストに東京吹奏楽団をお迎えして千葉県旭市で開催された「吹奏楽のひびき」公開イベントの模様を今週と来週、2週にわたってお送りします。東京吹奏楽団は、1963年に東京芸術大学教授・山本正人氏を囲む管打楽器奏者が集まり、創立されました。1993年には長年にわたる演奏活動と吹奏楽界に対する功績から、「第三回日本吹奏楽アカデミー賞」を受賞しています。「親しみやすく、愛される吹奏楽団」をモットーに活躍しています。お楽しみに!

【ゲスト】東京吹奏楽団、吉田行地(指揮)
【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “チェロの巨匠ミーシャ・マイスキー”』
2月8日(日)前9:00~11:00


8日(日)の『名演奏ライブラリー』は、現代屈指のチェリストであるミーシャ・マイスキーをお聴きいただきます。1948年ラトビアのリガに生まれたマイスキーは、8歳でチェロを始め、1965年にソリストとしてデビューします。各国の主要都市で演奏活動を展開し、熱狂的な支持を集めています。ギドン・クレーメルやマルタ・アルゲリッチなど世界の名だたる音楽家とも共演を重ねて厚い信頼を寄せられています。
番組では、マイスキーが幼いころから特別な思い入れを持っていたというバッハの無伴奏チェロ組曲をメインに、シューマンやサン・サーンスの小品などをお届けします。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


トーキングウィズ松尾堂
2月8日(日)後0:15~2:00


8日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「ウイスキーからスコットランドを想う」と題して、作家の道尾秀介さん、作家でウイスキー評論家の土屋守さんと語り合います。絶賛放送中の朝の連続テレビ小説「マッサン」の影響でウイスキーが注目され、ゆかりの地を旅する日本人観光客も増えています。スコッチウイスキーのたしなみ方、スコットランドの人と街の魅力などについて伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】道尾秀介(作家)
     土屋守(作家・ウイスキー評論家)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月8日(日)後4:00~5:00


日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、1981年にデビューした三人組の女性グループ・バナナラマを取り上げます。アルバムの中から隠れた名曲を紹介する「My Music Gallery」は、ELOやクロスビー、スティルス&ナッシュなどをご紹介します。また「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーは、青春映画の主題歌を集めてお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2015 “Monk's Trio”』
2月8日(日)後10:30~11:30
(再)2月13日(金)前10:00~11:00


8日(日)の『セッション2015』は、ベテラン・ドラマーの小林陽一が率いるピアノ・トリオ“Monk's Trio”。普段は、2管編成のクインテットを中心に活躍する小林さんが、このトリオではドラマーがリーダーならではのサウンドをめざしています。また、正統派ビーバップ・ピアニストの太田寛二さんと若手ベーシストの金森もといさんによる安定したビートに裏打ちされたビーバップへの愛着を感じられるLIVEをお楽しみください。

【演奏】小林陽一(ドラムス)
    太田寛二(ピアノ)
    金森もとい(ベース)
【案内】濱中博久

※『セッション2015』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:03 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストにMAXのNANAさんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”  ~NANAが語るガールズポップス~』
2月6日(金)後10:00~10:45


隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
6日(金)は、デビュー20周年をむかえるMAXのNANAさんをゲストにお迎えしてお送りします。MAXは沖縄出身、日本ではじめてといってもいい女性だけの本格的ダンス&ボーカルユニットとして、90年代ヒットチャートを席巻しました。沖縄でのスクール時代のエピソードや上京してきたばかりの頃の様子、さらに大ヒットを連発していたころの笑える思い出など、今だから話せる20年のヒストリーをお届けします!もちろん、ここ最近の斬新なアプローチで攻めるシングル曲もノリノリでご紹介します!また、最近の活動ではあの大人気グループとのお仕事で感じた「今のアイドル」への感想や、ふるさと沖縄での楽しい仕事ぶりの様子などを語ってくれます。大ファンだというヒャダインとの熱~いトーク、お楽しみに!

【ゲスト】NANA(MAX)
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんがMCを担当!
『オトナのトビラTV』
Eテレ 毎週木曜 後7:25~7:55
(再)Eテレ 翌週火曜 前0:25~0:55 (月曜深夜)


ヒャダインさんがMCを担当し、社会の入り口に立つ10代の若者に向けた“お役立ち情報満載”の番組『オトナのトビラTV』。2月5日(木)は「ハッピーを呼ぶ!?片づけ大作戦」をテーマにお送りします!部屋が散らかっている「汚部屋」に暮らす若者が増加しています。
番組では、そんなあなたに、簡単で見違えるようにキレイになる片づけのコツを伝授します!散らかる原因と対策や、片づけのプロからのアドバイス、少ないスペースに上手に収納する技も教えちゃいます。お楽しみに!

※『オトナのトビラTV』番組ホームページはこちら

◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!
『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45


携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回放送・2月7日(土)は、ゲストにポップバンドの「ケラケラ」が登場! 2013年2月にメジャーデビューして、ヒャダインもサウンドプロデュースを担当しています。ストレートに表現された飾らない歌詞を、切なくも力強いポップなメロディーに乗せてまっすぐに届ける彼らの楽曲は、若者を中心に子どもから大人まで幅広い層に人気を博しています。ファンとともに、その素顔と魅力に迫ります。

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:17 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月5日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、"Star Of The Month"をお届け!2月生まれのソウルスターNo.1は誰か?


『ザ・ソウルミュージック ~Star Of The Month~』
2月5日(木)後11:00~前0:00
(再)2月12日(木)前10:00~11:00

毎月第1週の『ザ・ソウルミュージック』は、番組が厳選したその月生まれのアーティスト3人の中から、リスナーの皆さんの投票で一番人気を獲得したアーティストを取り上げ、その足跡をリクエスト曲とともに振り返る生誕祝賀祭“Star Of The Month”をお送りします。
今回番組が選んだ2月生まれのアーティストは、ミシシッピ州出身のオーティス・クレイ(1942年2月11日生)、ニューヨーク州出身のリック・ジェームス(1948年2月1日生)、デビュー・アルバムでグラミー賞を総ナメにしたテキサス州出身のエリカ・バドゥ(1971年2月26日生)の3人。さて、ソウルスターNo.1は誰か?どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:08 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日4日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』。「THE ALFEE音楽館」ではザ・タイガースをとりあげます!


『THE ALFEE 終わらない夢』
2月4日(水)後11:00~前0:00
(再) 2月11日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。4日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、3人でお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“映画”がテーマ。「生まれて初めて見た映画は?」というリスナーの問いに3人が答えます。
「THE ALFEE音楽館」では、グループサウンズの第二弾として、ザ・タイガースにスポットを当てます。「目安箱」のコーナーでは、3人の性格がよくわかる(?)みかんの食べ方で盛り上がります。どうぞお楽しみに!

【DJ】THE ALFEE

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日3日(火)放送『MISIA アフリカの風』は"DJプロデュース"の曲を紹介します!


『MISIA アフリカの風』
2月3日(火)後11:00~前0:00
(再) 2月10日(火)前10:00~11:00

世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーでは、“DJプロデュース”をキーワードに、80年代から活躍しているヒップホップ・グループや、海外からも注目されている日本のアフロビートバンドなどを紹介します。
そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーは、先週に続いてベナン共和国をとりあげます。青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、ベナンの生活環境の改善や、女性の労働力の向上など、現地での活動についてお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:32 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません