2015年1月

『とことん○○』2日(月)深夜からは、武内享さんによる『とことん まち歌』をお送りします!


『とことん まち歌』
2月3日(火)~7日(土)前0:00~0:50
(2月2日(月)深夜~6日(金)深夜)
2月10日(火)~14日(土)前0:00~0:50
(2月9日(月)深夜~13日(金)深夜)
2月17日(火)~21日(土)前0:00~0:50
(2月16日(月)深夜~20日(金)深夜)

こだわりの音楽を毎日、毎週聴きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。2日(月)深夜からは『とことん まち歌』を3週にわたってお送りします!
タイトルや歌詞、歌手名やバンド名に町の名前が入っている歌、特定の町をイメージさせる歌などを“まち歌”として取り上げていきます。誰もが知っているあの曲から、あの有名なアーティストに“まち歌”なんて驚きも。第1回の今回は、「横浜、横須賀から湘南までパート1ロック編」をお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】武内享

※『とことんポップス今昔物語り』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週2月2日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今でも聴きたいナンバーワン」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
2月2日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
2月2日(月)は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。昨年に3年ぶりのアルバムを発表し、1月にアコースティックバージョンを収録したミニアルバムをリリースした女性アーティストの楽曲などをご紹介します。後半は、先月からスタートした新コーナー「今なら間に合うスタンダード」の2回目をお送りします。時代を超えて歌い継がれてきたタイムレスな名曲を厳選して、様々なアーティストのバージョンを聞き比べます。今回は1979年発表のアルバム収録曲で、後にルーサーバンドロスがカバーして大ヒットしたあの曲です。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:37 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週2月2日(月)からの『青春アドベンチャー』は、不思議な時間旅行を経て少しずつ精神的成長を遂げていく少女二人の物語、「ニコイナ食堂」をお送りします!


『青春アドベンチャー “ニコイナ食堂”』<全10回>
2月2日(月)~6日(金)後10:45~11:00
2月9日(月)~13日(金)後10:45~11:00

2月2日(月)からの『青春アドベンチャー』は、不屈の少女と不満の少女、ニコとイイナの時を超えた冒険物語、樋口ミユ・作「ニコイナ食堂」をお送りします!
現代を生きる、何もかも不満だらけの少女・イイナ。
ある夜、彼女は路面電車に乗る。不屈の少女・ニコと出会う。なんと、そこは戦後間もない大阪の町だった。ニコとイイナはお金も食べ物もない中、必死に生き抜きながら、様々な経験をする。イイナの祖母が、彼女にいつも言っていたこと。「食べる前にはいただきますと言うこと」「食べるものは自分で作ること。食べたら働く。働いたら食べる」そして、「礼儀正しい言葉使いをせなあかん」。それが祖母の流儀だった。だが、イイナは不仲な両親や口うるさい祖母が疎ましかった。「お父さんも、お母さんもみんな大嫌い」、そう思っていた。

【作】樋口ミユ
【音楽】澁江夏奈
【出演】朝倉あき、谷村美月、
    柳川慶子、北川響、湯浅崇、金井良信、木下政治、冠野智美、
    山﨑千惠子、三宅貴大、手塚祐介、大浦千佳、関貴昭、
    池田道枝、神尾晋一郎、山藤貴子、日下由美、佐川和正

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:34 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月2日(月)~2月5日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月2日(月) 2月3日(火)
ml_20150202.jpg ml_20150203.jpg
KNOCK OUT MONKEY NICO Touches the Walls

2月4日(水) 2月5日(木)
ml_20150204.jpg ml_20150205.jpg
BLUE ENCOUNT fumika

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:16:22 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』1/31(土)のゲストは八嶋智人さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 1月31日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 2月3日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、現在放送中の連続テレビ小説『マッサン』で八澤俊夫役を演じている八嶋智人さんをお迎えします。

 

0131_rockber.jpg人前に出ることが大好きで、中学3年生のころには演劇の世界を目指したいと心に決めていたという八嶋さん。上京するため東京の大学を選び、結成25周年を迎えたという劇団カムカムミニキーナを旗揚げした話や、ご自身が役者としてどうありたいかなど伺います。また、『マッサン』では、広島編・大阪編・北海道(余市)編の3箇所に出演し、北海道編での憧れの風間杜夫さんとのシーンや恋愛模様など見どころについて語ります。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】八嶋智人

【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連情報>
◆八嶋さんが出演中の連続テレビ小説『マッサン』
連続テレビ小説『マッサン』
総合 毎週月曜~土曜 前8:00~8:15
(再)毎週月曜~土曜 後0:45~1:00
BSプレミアム 毎週月曜~土曜 前7:30~7:45
(再)毎週月曜~土曜 後11:00~11:15
(再)毎週土曜 前9:30~11:00<1週間分>

※『マッサン』番組ホームページはこちら

◆八嶋さんが語りを担当した「パレルモ/イタリア」編アンコール放送!
『世界ふれあい街歩き』
BSプレミアム 1月30日(金) 後8:00~8:59
(※2009年10月22日(木) 初回放送)

※『世界ふれあい街歩き』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週2月2日(月)からの『歌謡スクランブル』は「あなたにラブソング」&「アン・ルイス作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
2月2日(月)~7日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
2月2日(月)からの『歌謡スクランブル』は「あなたにラブソング」と題して、演歌、歌謡曲、J-POPの珠玉のラブソングを集めてお送りします。そして7日(土)は、「アン・ルイス作品集」と題して、1時間まるまるアン・ルイスの作品を特集します。どうぞお楽しみに!

2月2日(月) あなたにラブソング(1)
(テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」、坂本冬美「また君に恋してる」ほか)

2月3日(火) あなたにラブソング(2)
(新沼謙治「嫁に来ないか」、川中美幸「あなたひとすじ」ほか)

2月4日(水) あなたにラブソング(3)
(ザ・カーナビーツ「好きさ好きさ好きさ」、ちあきなおみ「X+Y=LOVE」ほか)

2月5日(木) あなたにラブソング(4)
(SMAP「らいおんハート」、大滝詠一「幸せな結末」ほか)

2月6日(金) あなたにラブソング(5)
(嵐「Love so sweet」、広末涼子「MajiでKoiする5秒前」ほか)

2月7日(土) アン・ルイス作品集
(「グッド・バイ・マイ・ラブ」、「六本木心中」ほか)

【司会】逢地真理子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週2月2日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「食と音楽で巡る地球の旅」、吉村喜彦さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~食と音楽で巡る地球の旅~』
2月2日(月)~5日(木)前9:20~10:00
(再)2月9日(月)~2月12日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
2月2日(月)からの週は、作家の吉村喜彦さんが担当する「食と音楽で巡る地球の旅」。食べ物から連想する世界中の音楽を料理や文化とともにお楽しみください。今回は“長い食べもの”をテーマにお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】吉村喜彦

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:13 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月1日(日)からの『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、スチャダラパーが2週にわたってDJを担当します!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~スチャダラパー~』
2月1・8日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。
2月1・8日の2週にわたって、スチャダラパーがDJを務めます。スチャダラパーは1990年のデビューから今年で25年になります。今年は、1月に6年ぶり12枚目のアルバムを発表して4月には、東京と大阪で単独ライブを開催するなど、“四半世紀にわたってダラダラとラップし続けてきた”3人組から目が離せません。
今回は、ゲストに清水ミチコさんをお迎えして、これまでに共演した時のエピソードや、それぞれの曲作りのやり方について語るなど尽きないトークが繰り広げられます。お楽しみに!

【ゲスト】清水ミチコ
【DJ】スチャダラパー
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:11:08 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月31日(土)・2月1日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~プラスの音楽~』
1月31日(土)前9:00~11:00

通常のもとに何かがプラスされて、そこに新しい価値や喜びが生まれる。そんなプラスの効用が感じられる、プラス思考のナンバーをお楽しみください。ゴンチチのお二人がプラス思考なのか?そんなトークも繰り広げられます。お楽しみに!

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
1月31日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。31日(土)の講師(ゲスト)は、スフィアのみなさんです!スフィアは、寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生の4人の声優によるスーパーガールズユニットです。2009年に結成してからわずか1年足らずで、武道館での単独ライブを開催したほか、2012年にはシンガポールでのフェスに参加するなどデビュー以来毎年、数多くのライブを開催しています。

【講師(ゲスト)】スフィア
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮
 “小山清茂の音楽劇“楢山節考”~NHKのアーカイブスから~”』
1月31日(土)後9:00~10:00
(再)2月2日(月)前10:00~11:00

毎月最終週の『クラシックの迷宮』は、NHKのアーカイブスに保管されている貴重なヒストリカル音源を紹介しています。今回は、昨年に生誕100年を迎え、昨年12月の放送でも取り上げた小山清茂の功績の中から、音楽劇をご紹介します。日本の民族主義を素直に表現した作曲家・小山清茂は、1914年に長野県更級郡信里村(現・長野市)に生まれました。長野や東京で教鞭に立ちながら作曲を学びました。今回は、1950年代にNHKがイタリア賞参加作品として制作したラジオのための音楽劇「楢山節考」をお聴きいただきます。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “十五の桜”』
1月31日(土)後10:00~10:50

31日(土)の『FMシアター』は、シェークスピアの科白(せりふ)を美しい名古屋ことばに翻案し、幼い恋の世界を描く「十五の桜」を放送!
まるで遠い昔のような、近い未来…。孤児院のような「洋館」に引きとられた6歳のモモとハッチ。二人は院長である“御前さま”の命令で「お芝居」にでることになる。今年の演目は「ヴェニスの商人」。初舞台の二人は、ジェシカとロレンゾーという駆け落ちするカップルを演じることになった。台本は“御前さま”の好みで書きかえられていて、なぜか「なごや」のことばである。上級生たちと一緒の稽古が進むが、遊びたい盛りのモモには退屈で仕方ない。「洋館」から逃げ出そうとした二人は、覗いてはいけない“外の世界の真実”を知ることになる…。シェークスピアの科白(せりふ)を美しい名古屋ことばに翻案し、幼い恋の世界を描く。

【作】伊佐治弥生
【出演】中村嘉葎雄、蜂須賀ゆきね、南部綜汰、池田沙弥、
     野々山大斗、竹内琴音、安藤児珠、地主芽生、
     村上朝陽、小島範子

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “最新楽器別展望(1) ドラムス編”』
1月31日(土)後11:00~翌前1:00

『ジャズ・トゥナイト』では毎月、“楽器別”にいまのジャズ界が注目する次世代のニュー・スターや話題のミュージシャンたちを紹介するシリーズ“最新楽器別展望”をお送りしていきます。1回目となる今回取り上げる楽器は、ドラムス。これまでの脇役的存在から、いまやセンター・ステージに躍進しつつあるドラムス界のニュー・スターたちにスポットを当てます。お楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “大作曲家の合唱曲~ブルックナー”』
2月1日(日)前7:20~8:10
※2月7日(土)の再放送は、特集番組放送のためお休みにします。ご了承ください。

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。2月1日(日)は、合唱指揮者の大谷研二さんがお送りします。今回は、ドイツ・ロマン派の作曲家ブルックナーの合唱作品をご紹介します。交響曲で有名なブルックナーは、教会音楽家でもあったので、数多くの宗教音楽の名作を残しています。今回はその中からシンフォニー・コンサートでしばしば取り上げられるテ・デウムと、無伴奏のモテットを数曲お聴きいただきます。

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “作曲家・鈴木英史の世界”』
2月1日(日)前8:10~9:00
※2月7日(土)の再放送は、特集番組放送のためお休みにします。ご了承ください。

2月1日(日)の『吹奏楽のひびき』は、今月18日が、50歳の誕生日となる作曲家・鈴木英史を特集します。鈴木は1965年生まれ。これまでに作曲した作品に加えて編曲を手がけた作品も数多く、それらの作品が演奏された回数は、同じ時代の日本人作曲家の中でも群を抜いています。今回はこれまでの作品を振り返りながら、50年の歩みをたどります。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “往年の名女流バイオリニスト ジョコンダ・デ・ヴィート”』
2月1日(日)前9:00~11:00

2月1日(日)の『名演奏ライブラリー』は、イタリアの女流バイオリニスト、ジョコンダ・デ・ヴィートをご紹介します。1932年にウィーン国際バイオリン・コンクールで優勝して注目を集め、実力派として支持を集めます。ヴィートの持ち味は、鋭く激しく、起伏に富んだ演奏で、得意としたのは、ベートーベンやブラームスといった純然たるドイツ音楽でした。強い自己主張をためらわない積極的な語り口は、作品の新たな魅力を伝え、多くの聴衆を惹きつけました。録音の数こそ少ないものの、多くは今も名演として語り継がれる伝説的バイオリニストです。
番組では、得意としていたブラームスのバイオリンソナタとバイオリン協奏曲を中心に、モーツァルトやベートーベンの作品もお聴きいただきます。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂 “イギリスのコメディを味わう”』
2月1日(日)後0:15~2:00

2月1日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は、ピーター・バラカンさん、須田泰成さんをお迎えして、“イギリスのコメディ”を語り合います。伝説的なコメディ集団、「モンティ・パイソン」の約30年ぶりの再結成公演や、コメディ・ドラマのハリウッド映画化など、イギリスのコメディが注目を集めています。イギリスには、作品としてコメディを残す文化があります。皮肉とイヤミ、ぎりぎりのタブーにも挑戦するイギリスの「笑い」は、偶然やハプニングで生み出されるものではなく計算し尽くされた台本によって成り立っています。イギリスのドラマ、コメディの底力を探ります。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
     須田泰成(コメディ・ライター)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月1日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、1970年にデビューし、“アメリカのストーンズ”とも評されたThe J. Geils Bandを特集します。また、アルバムの中から隠れた名曲を紹介する「My Music Gallery」では、リスナーからのリクエストで1977年に結成されたスコットランド出身のバンドSimple Mindsの1曲をお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2015 “C.U.G. Jazz Orchestra”』
2月1日(日)後10:30~11:30
(再)2月6日(金)前10:00~11:00

2月1日(日)の『セッション2015』は、昨年に結成25年を迎えたC.U.G. Jazz Orchestraのライブをお楽しみいただきます。テナー・サックス奏者小濱安浩が率いるC.U.G. Jazz Orchestra は、ストレート・アヘッドなグルーヴ感と、実力者揃いのメンバーによるソロ・ワークで地元・愛知県のみならず全国各地に根強いファンを持つビッグ・バンドです。「Continued in the Under Ground Jazz Orchestra」という名前には、『継続は力なり』という意味が込められています。25年間活動を続けてきたビッグ・バンドならではのサウンドをお楽しみください。どうぞお楽しみに!

【案内】濱中博久

※『セッション2015』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


30日(金)放送の『AKB48の"私たちの物語"』は、秋元真夏さん、西野七瀬さん、橋本奈々未さん、深川麻衣さん原案・出演作「乃木坂46病院・新人ナース物語!」をお送りします!


『AKB48の“私たちの物語”』
1月30日(金)後10:00~10:45

30日(金)の『AKB48の“私たちの物語”』は、秋元真夏さん、西野七瀬さん、橋本奈々未さん、深川麻衣さん原案・出演作「乃木坂46病院・新人ナース物語!」をお送りします。
「乃木坂46病院・新人ナース物語!」
最新鋭の設備をそろえた大病院・乃木坂46病院で研修中の新人ナース、深川麻衣。マイペースながらも頑張っている麻衣の前に突然現れたのは、なぜか関西弁の“ちっちゃいナースの妖精”! 特別室に入院中の超売れっ子アイドル・ナナミンを担当することになった麻衣(と、ちっちゃいナースの妖精)は、そのわがままぶりに翻弄されて…。麻衣は無事にナースの研修期間を終えることができるのか!?。
【原案】秋元真夏、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣
【脚本】北阪昌人
【出演】秋元真夏、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、山寺宏一

※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆BSプレミアムで放送中、AKB48グループのレギュラー番組!
『AKB48 SHOW』
BSプレミアム 毎週土曜日 後11:30~11:59

次回1月31日(土)は「NMB48 SHOW」と題して、これまでに放送してきたNMB48の歌とコントをたっぷりお届けする特別編をお送りします!また、たかみな説教部屋はNMB48メンバー市川美織・山本彩が呼び出し。果たして?!どうぞお楽しみに!

※『AKB48 SHOW』番組ホームページはこちら

※『AKB48 SHOW』ブログ記事はこちら

投稿時間:17:01 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


29日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、ゴスペラーズ・村上てつやさんがマスターを務める"ミッドナイト・ソウル・カフェ"です!


『ザ・ソウルミュージック ~ミッドナイト・ソウル・カフェ~』
1月29日(木)後11:00~前0:00
(再)2月5日(木)前10:00~11:00

昨年10月から正式にマスターを務める、ゴスペラーズのリーダーであり日本が誇るソウル・ブラザーの村上てつやプレゼンツ「ミッドナイト・ソウル・カフェ」。秘蔵音源をご紹介するコーナーやゲストをお迎えしてソウル談義を繰り広げるなど、アーティストの視点でソウルミュージックに深く切り込みます。
今回は、これぞ!ソウルな名曲、今月の「Star Of The Month」に輝いたメアリー・J・ブライジ、スティービー・ワンダーの名曲を取り上げたゴスペラーズの貴重なライブ音源など新旧織り交ぜたソウルフルな名曲をお届けします。お楽しみに!
【DJ】村上てつや

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:11 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日28日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』3人でお送りする「はじめて物語」のテーマは「ライブ」です!


『THE ALFEE 終わらない夢』
1月28日(水)後11:00~前0:00
(再) 2月4日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。28日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、3人でお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“ライブ”がテーマ。現在、ライブ本数通算2500本記念と、桜井さんの還暦祝いの記念ライブを控えた3人がこれまでの印象に残っているライブについて語り合います。
「THE ALFEE 音楽館」では、1976年にアルバム「幻想飛行」でデビューしたボストンをとりあげます。どうぞお楽しみに!

【DJ】THE ALFEE

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:08 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日の『くるり電波』では、"世の中へ初披露"の曲が登場します。お聞き逃しなく!


『くるり電波』
1月27日(火)後11:00~前0:00
(再)2月3日(火)前10:00~11:00


常に新しいサウンドを求めて活動をつづける“くるり”が、毎月最終火曜日にお届けしている番組『くるり電波』。クラシックからオルタナティブロックまで、網羅していないジャンルのない彼らが占う、日本の音楽の未来。そして、さまざまな音楽を、心のエンジン全開でお届けしています。
今年1回目となる明日の放送では、新しいオープニング・テーマとジングルがお披露目されます。オープニング・テーマはなんと、“世の中へは初披露”の曲です!ジングルにはファンファンさんの艶やかな声も?また、新たなジングルごとのコンセプトについても語ってくれましたので、お聴き逃しなく!

【出演】岸田繁、佐藤征史、ファンファン

※『くるり電波』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:03 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週26日(月)の『健太×近田のロック巌流島』は、"三大ギタリスト"についてトークバトル!


『健太×近田のロック巌流島 “第4回 三大ギタリスト”』
1月26日(月)後11:00~前0:00

毎月最終月曜日、萩原健太×近田春夫 2人の“音楽生き字引”がダブルDJを務め、決して妥協することなく音楽論を激しくぶつけあう、「巌流島の対決」のようなトークバトルを良質な音楽とともに展開する番組『健太×近田のロック巌流島』。
26日(月)の『健太×近田のロック巌流島』は“三大ギタリスト”について語り合います。三大ギタリストは、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ。3人とも好きだけれどあえて好きでないのは◯◯、テクニックが一番ヘタなのは◯◯、一番リフが上手なのは◯◯など、今回も独自の世界観からドキドキするような発言が飛び出します。マニアックな知識あり、ツッコミありの白熱したバトルが展開されます。どうぞお楽しみに!

【DJ】萩原健太、近田春夫

※『健太×近田のロック巌流島』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 1月26日(月)~1月29日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

1月26日(月) 1月27日(火)
ml_20150126.jpg ml_20150127.jpg
ソナーポケット 城 南海

1月28日(水) 1月29日(木)
ml_20150128.jpg ml_20150129.jpg
カラスは真っ白 GRAPEVINE

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:17:07 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週26日(月)からの『歌謡スクランブル』は「話題のホットミュージック」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
1月26日(月)~31日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
26日(月)からの『歌謡スクランブル』は「話題のホットミュージック」と題して、演歌、歌謡曲、J-POPの最新の音楽を集めてお送りします。どうぞお楽しみに!

1月26日(月) 話題のホットミュージック(1)
(渥美二郎「奥の細道」、原田悠里「涙しぐれ」ほか)

1月27日(火) 話題のホットミュージック(2)
(石川さゆり「あぁ…あんた川」、杉良太郎「俺は問題無ノ介」ほか)

1月28日(水) 話題のホットミュージック(3)
(B'z「有頂天」、木村カエラ「sonic manic」ほか)

1月29日(木) 話題のホットミュージック(4)
(DASH//「変顔でバイバイ!!」、吉井和也「クリア」ほか)

1月30日(金) 話題のホットミュージック(5)
(ももいろクローバーZ vs KISS「夢の浮世に咲いてみな」、乃木坂46「僕がいる場所」ほか)

1月31日(土) 話題のホットミュージック(6)
(徳永英明「ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ」、大滝詠一「夢で逢えたら」ほか)

【司会】深沢彩子

※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:47 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週26日(月)からの『音楽遊覧飛行』は、ダ・カーポの榊原広子さんの「ふるさとのうた 心の旅」をお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~ふるさとのうた 心の旅~』
1月26日(月)~29日(木)前9:20~10:00
(再)2月2日(月)~2月5日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
26日(月)からの週は、ダ・カーポの榊原広子さんが「ふるさとのうた 心の旅」と題して、童謡や懐かしい日本の歌、そして世界の愛唱歌など、各日、以下のテーマでお送りします。どうぞお楽しみに!

26日(月) みんなで歌えば
(「北風小僧の寒太郎」、「風も雪もともだちだ」等)
27日(火) なつかしい歌
(美空ひばり「かあさんの歌」、ダ・カーポ「白き富士の根(七里ヶ浜の哀歌)」等)
28日(水) 郷愁のメロディー
(「アフトン川の流れ」、「ケンタッキーのわが家」等)
29日(木) リクエストを中心に
(松田聖子「赤いスイートピー」、中島啓江「千の風になって」等)

【DJ】榊原広子

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月の特集番組ラインナップ決定!


2月の特集番組ラインナップ

2月の特集番組は『今日は一日○○三昧』を沖縄と京都からお届けします!

pickup_zanmai.jpg『今日は一日“プロ野球ソング”三昧 IN 沖縄』
2月11日(水・祝)後0:15~10:45(中断あり)

2月といえばプロ野球キャンプシーズン! 各球団のスター選手が一同に集まる沖縄から、「プロ野球」にまつわる曲のリクエストにこたえる『今日は一日“プロ野球ソング”三昧』を生放送でお届けします。
各チームの球団歌、選手の応援歌、プロ野球選手が歌った曲など懐かしの歌が続々と登場!これまで放送できなかったレアな音源も紹介します!今回も、セリーグ、パリーグの対抗戦形式で、ツイッターやメールでリスナーから投票を受け付け、総合的にどちらのリーグに属する曲が心に響いたかで勝敗を決めます。過去2回は、パリーグが連覇。セリーグの巻き返しなるか?
番組では下記ホームページでリクエストを募集しております。どしどしお寄せください。

【ゲスト】田中卓志、増田英彦、岡田圭右、FPM中嶋、ヨシノビズム
【解説】大島康徳
【司会】小野塚康之アナウンサー、澤田彩香アナウンサー、有働由美子アナウンサー

※『今日は一日“プロ野球ソング”三昧』番組ホームページはこちら



pickup_zanmai.jpg『今日(京)は一日“さだまさし”三昧』
2月21日(土)後0:15~9:00(中断あり)

今回の『今日は一日○○三昧』は、NHK京都の新社屋開設を記念して、『今日(京)は一日“さだまさし”三昧』をお届けします。
パーソナリティーは、さださんを敬愛してやまない落語家の立川談春さんと、「人生壁にぶつかるとさだまさし」と言い切る、網秀一郎アナウンサーがつとめます。そのほか、さださんと親交のあるゲストも続々登場の予定です。もちろん、さださん本人もスタジオに生出演します!番組では現在リクエストとお便りを募集しております。下記番組ホームページよりお送りください。
また、『今日(京)は一日“さだまさし”三昧』のあとは、NHK総合で、『今夜も生でさだまさし』の生放送も!合わせてどうぞお楽しみください!

【ゲスト】さだまさし 井上知幸 住吉 昇
【司会】立川談春 網秀一郎アナウンサー

※『今日は一日“さだまさし”三昧』番組ホームページはこちら


<関連情報>
京都は一日さださんデー!京都放送局からお届けします!
『今夜も生でさだまさし』
総合テレビ 2月22日(日)前0:05~1:35(21日(土)深夜)

【司会】さだまさし 井上知幸 住吉 

※『今夜も生でさだまさし』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK交響楽団 2月定期公演の聴きどころ


201502_nkyo.jpg2月、パーヴォ・ヤルヴィが、首席指揮者就任決定後、初めてNHK交響楽団の指揮台に立つ。チェロのアリサ・ワイラースタイン、ピアノのピョートル・アンデルジェフスキ、ヴァイオリンの庄司紗矢香というこれからの音楽界を担っていく豪華な顔ぶれは、まさにヤルヴィのN響首席指揮者就任の前祝いにふさわしい。いうまでもないが、パーヴォ・ヤルヴィは、パリ管弦楽団音楽監督、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団芸術監督などを務める、世界が最も注目する指揮者のひとりである。そんなマエストロが用意してくれたプログラムは、近代的な管弦楽の粋ともいうべき、マーラー、R.シュトラウス、ショスタコーヴィチの作品である。

パーヴォ・ヤルヴィとN響の新時代幕開けを祝うプログラム

Aプログラムでエルガー《チェロ協奏曲》を弾くアリサ・ワイラースタインは、バレンボイムにその才能を高く評価され、メジャー・レーベルからCDを出す、最も期待されている若手チェロ奏者のひとり。古くからの音楽ファンには、クリーヴランド弦楽四重奏団の創設者であるヴァイオリン奏者のドナルド・ワイラースタインの娘といった方がわかりやすいかもしれない(なお、アリサの弟ジョシュア・ワイラースタインは指揮者で、7月にN響オーチャード定期を振る予定)。エルガーの《協奏曲》は、ワイラースタインにとって、幼い頃から取り組み、デッカでのデビュー録音にも選んだ、特別な作品。名演が期待される。

ヤルヴィにとって、マーラーは最も得意なレパートリーのひとつである。フランクフルト放送交響楽団との来日公演で《第5番》や《第9番》を取り上げ、CDでは《第2番》や《第10番「アダージョ」》もある。2013年にはフランクフルトで《第8番》も指揮した。そのスケールの大きい颯爽(さっそう)とした音楽は、現代を代表するマーラー演奏のひとつといえよう。マーラーの青春の記念碑である《交響曲第1番「巨人」》は、ヤルヴィ&N響の新時代のスタートを祝うにふさわしい作品だ。

R.シュトラウスの二大交響詩が楽しみなBプロ

Bプログラムでは、ポーランド出身の鬼才ピョートル・アンデルジェフスキがモーツァルト《ピアノ協奏曲第25番》を弾く。2006年4月にデュトワの指揮でモーツァルト《ピアノ協奏曲第20番》を共演して以来のN響定期公演登場。今回は、華やかで堂々としたハ長調の協奏曲で、アンデルジェフスキがヤルヴィとどんなコラボレーションを繰り広げるのだろうか。

また、《ドン・フアン》と《英雄の生涯》というR.シュトラウスの二大交響詩が演奏されるのも楽しみ。ヤルヴィにとって、R.シュトラウスは、レコーディングも少なく、まさに興味津々のレパートリーである。ブルックナーやマーラーで見事な演奏を聴かせてくれるヤルヴィだけに、N響の能力を最大限に引き出して、華麗なるオーケストラの世界を披露するに違いない。

生誕150年―シベリウスの《ヴァイオリン協奏曲》が聴きもの

Cプログラムでは、庄司紗矢香が登場し、シベリウスの生誕150年を記念して、《ヴァイオリン協奏曲》を取り上げる。日本が誇る国際的ヴァイオリニストである彼女がヤルヴィのN響首席指揮者就任を祝して駆(か)けつけてくれるのは本当に嬉しいことだ。フィンランドに近いエストニア出身のヤルヴィはシベリウスを得意としている。独奏者との共同作業が巧みなヤルヴィのサポートを受けて、庄司がメモリアル・イヤー最高の《ヴァイオリン協奏曲》の演奏を聴かせてくれるに違いない。

そして、ショスタコーヴィチの交響曲からは、最も著名な《第5番》。ヤルヴィの父ネーメ・ヤルヴィは、かつてムラヴィンスキーに師事し、ショスタコーヴィチを十八番としている。パーヴォもまた、そんな父親から影響も受けているだろうが、彼なら、聴き慣れた名曲を今生まれたばかりの作品のようにまったく新鮮に聴かせてくれるだろう。

2月は、今秋のパーヴォ・ヤルヴィN響首席指揮者就任にますます期待が膨らむひと月となるであろう。

(山田治生/音楽評論家)


NHK交響楽団オフィシャルホームページはこちら
(クリックするとNHKサイトを離れます)

投稿時間:10:10 | カテゴリ:N響の聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』1/24(土)のゲストは濱田マリさんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 1月24日(土)後6:00~6:50
※1月27日(火)ラジオ第1での再放送は休止となります。ご了承ください。


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、現在放送中の連続テレビ小説『マッサン』でキャサリン(種子)役を演じている濱田マリさんをお迎えします。


0124_rockber.jpg小学生のころピンク・レディーが大好きで、よく人前で歌マネを披露していたという濱田さん。中・高校生は、器械体操に集中するも、再び音楽の世界に魅了され、バンド活動をしていくなかでモダンチョキチョキズに出会い、加入していった経緯を伺います。また、女優・ナレーションもこなす濱田さんが、台本とナレーションの原稿の違いなど語ります。さらに、連続テレビ小説『マッサン』についても語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】濱田マリ
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連情報>
◆濱田さんが出演中の連続テレビ小説『マッサン』
連続テレビ小説『マッサン』
総合 毎週月曜~土曜 前8:00~8:15
(再)毎週月曜~土曜 後0:45~1:00
BSプレミアム 毎週月曜~土曜 前7:30~7:45
(再)毎週月曜~土曜 後11:00~11:15
(再)毎週土曜 前9:30~11:00<1週間分>

※『マッサン』番組ホームページはこちら

◆濱田さんがナレーションを担当!
『妄想ニホン料理』
毎週土曜 後11:30~前0:00
(再)毎週金曜 前2:00~2:30

※『妄想ニホン料理』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月24日(土)・25日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~華やぎと端麗の音楽~』
1月24日(土)前9:00~11:00

新年ならではの華やいた雰囲気と端麗なたたずまいを一年中たもち続けたいという願いを込めて、えりすぐりの曲をお届けします。“華やぎ”や“端麗”から想起された、ニューヨーク、花火、プライドと気品がある女性などをテーマにしたさまざまなジャンルの音楽が登場します。お楽しみに!

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
1月24日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。24日(土)の講師(ゲスト)は、アニソンのカバーも手掛けるヴァイオリンとピアノによるデュオ、スギテツのおふたりです!現在、クラシック・エンタメ・鉄道・アーティストという4つの軸を縦横無尽に駆け巡るデュオとして、全国各地にて奮闘しています。
また、アニソンランキング部では、2000年を調査!投票は番組ホームページの“番組へのリクエスト&メッセージ”からお寄せください。2000年に本放送されていたアニメまたは公開されたアニメ映画のタイトル、アニメソング、そして「好きな朝ごはんのおかず」を書いて投票してください。

【講師(ゲスト)】スギテツ
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮 “私の試聴室”』
1月24日(土)後9:00~10:00
(再)1月26日(月)前10:00~11:00

今回の“私の視聴室”では、マーラーの交響曲第9番の聞き比べをお届けします。マーラーが作曲したとおりの原曲と、クラウス・ジモン編曲による室内アンサンブル版を聞き比べ、楽曲の楽しみ方や編曲者のねらいなどを探ります。また、マーラーの「さすらう若者の歌」も原曲とシェーンベルクの編曲との聞き比べをお楽しみいただきます。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “迷走”』
1月24日(土)後10:00~10:50

24日(土)の『FMシアター』は、市原隼人ラジオドラマ初挑戦!救急車内が舞台の爽快ミステリー作「迷走」を放送!
救急隊員の蓮川潤也は同じ救急車に乗る室伏隊長の娘・佳奈ともうすぐ結婚する予定。人が刺されたとの通報を受け、現場に向かう一行。倒れていた中年男は、どうやら室伏隊長と面識があるらしい。腹部を刺されたその男を車内に収容した蓮川たちであったが、満床の病院ばかりで搬送先の病院がなかなか見つからない。業を煮やした中年男は、“増原”という医者に連絡するように要求する。増原、それは蓮川が忘れたくても忘れられない名前だった…。人気ミステリー作家・長岡弘樹が、原作を自ら脚本化した爽快ミステリー。

【作】長岡弘樹
【出演】市原隼人、大地康雄、中村靖日、眞島秀和、佐藤みゆき、
    真田鰯、白鳥英一、仲島壮紘、柚木亜里紗

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “マンハッタン・トランスファー・ライブ!”』
1月24日(土)後11:00~翌前1:00

24日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、昨年グループ創設者のティム・ハウザーが他界した人気ボーカル・グループ「マンハッタン・トランスファー」を取り上げます。メンバーにベテランのトリスト・クリースを迎えて活動を再開させました。今回の『ジャズ・トゥナイト』では、40年にもおよぶティム・ハウザー時代の“マントラ”が残した名ライブの中から、日本公演のライブ録音を中心にエキサイティングなステージをお送りします。お楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “日本のポップ&ジャズハーモニー”』
1月25日(日)前7:20~8:10
(再)1月31日(土)後7:20~8:10

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。25日(日)は、アカペラ・グループ「トライトーン」の多胡淳さんがお送りします。今回は、日本のポピュラーソングをアカペラにカバーした名曲にスポットをあてて和製ハーモニーの魅力に迫ります。
Hi-Fi Set「フィーリング」、ピンキーとキラーズ「恋の季節」などおなじみのレパートリーをお楽しみください。

【案内】多胡淳

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “リクエスト集”』
1月25日(日)前8:10~9:00
(再)1月31日(土)後8:10~9:00

1月25日(日)の『吹奏楽のひびき』は、リスナーからのリクエストにお応えします。吹奏楽ファン一人ひとりの思い出と感動が詰まったリクエストをエピソードとともにご紹介します。今回ご紹介するのは、「朝日を浴びながら海沿いをドライブしたい曲No.1」としてリクエストが寄せられた楽曲や、足立正さんが古典落語をモチーフに書き上げた楽曲などをお送りします。お楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “生誕120年 ピアニスト ウィルヘルム・ケンプ”』
1月25日(日)前9:00~11:00

1月25日(日)の『名演奏ライブラリー』は、今年がアニバーサリー・イヤーとなる名演奏家を取り上げる3回目。今回は、生誕120年となるピアニスト、ウィルヘルム・ケンプです。ケンプは1895年ドイツ・ユータボクに生まれ、1918年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と共演して注目を集めました。来日回数も多く、多くのファンを魅了したが惜しくも1991年にこの世を去りました。ケンプは、ドイツの古典派作品を得意とし、
なかでもベートーベンの作品では情感豊かな演奏が高く評価され、今なお「右に出るものがいない」と評されるほど人気があります。
番組では、得意としていたバッハ、モーツァルト、ベートーベン、そしてシューベルトなどの作品からケンプの名演の数々をお送りします。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『日曜喫茶室 ~プレスリーに愛をこめて~』
1月25日(日)後0:15~2:00

1月25日(日)の『日曜喫茶室』は、ビートルズを始めとして多くのアーティストたちに影響を与え、音楽史に偉大な足跡を記した大スター、エルビス・プレスリーを特集します。1977年に42歳の若さで生涯を閉じた彼も、生きていれば今年(2015年)80歳。生誕80年を記念してベスト・アルバムなどが相次いでリリースされるなどにわかに注目を集めています。芸能史に燦然と輝くプレスリーと、その時代を振り返ります。どうぞお楽しみに!

【ご常連】ささきいさお(歌手・俳優)
     ジェームズ・M・バーダマン(早稲田大学文学学術院教授)
     轡田隆史さん(ジャーナリスト)
【司会】はかま満緒
    小泉裕美子

※『日曜喫茶室』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
1月25日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、ポール・ウェラーが元デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズのオルガニスト、ミック・タルボットと共に結成したユニット、スタイル・カウンシルを特集します。
また、音楽や映画、ファッション、小説、ムーブメントなどさまざまなキーワードにスポットを当てる「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーは、昨年デビュー50周年を記念するベスト・アルバムのリリースと、ドキュメンタリー映画『David Bowie Is』が公開された、デヴィッド・ボウイをとりあげます。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ライブビート “アレルギー”』
1月25日(日)後10:30~11:30
(再)1月30日(金)前10:00~11:00

毎月最終日曜日、ロックを中心に、メジャーやインディーズを問わず“鋭利な音”にこだわって、旬なバンドやミュージシャンのライブを紹介する番組『ライブビート』。
1月25日(日)は、アレルギーが登場!1981年に結成され、独自の音楽性とヴィジュアルでアンダーグラウンドシーンを先導したほか、パンク~ニューウェーヴ・シーンにおいても異彩を放つ存在として一世を風靡しました。1985年 に解散しますが、2013年に新メンバーで再結成され、2014年には 30年ぶりにアルバムをリリースしました。今年の活動が注目されるアレルギーのライブをお楽しみに!

【出演】アレルギー
【DJ】古閑裕

※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:34 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


23日(金)の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストに末光篤さんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”  ~末光篤が語るガールズポップス~』
1月23日(金)後10:00~10:45

隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
23日(金)は、末光篤さんをゲストにお迎えしてお送りします。末光篤さんは木村カエラの「Butterfly」の作曲を手がけたほか、安藤裕子や渡辺美里、野宮真貴などに楽曲を提供しているほか、自らもシンガーソングライターとして活躍しています。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】末光篤
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんがMCを担当!
『オトナのトビラTV』
Eテレ 毎週木曜 後7:25~7:55
(再)Eテレ 翌週火曜 前0:25~0:55 (月曜深夜)

ヒャダインさんがMCを担当し、社会の入り口に立つ10代の若者に向けた“お役立ち情報満載”の番組『オトナのトビラTV』。1月29日(木)は「冬はあっためて“美ボディ”」と題して、食生活を中心に“あたための技”を専門家が分かりやすく解説します。料理男子としても知られるヒャダインさんおすすめ“ポカポカメニュー”も紹介します。お楽しみに!

※『オトナのトビラTV』番組ホームページはこちら

◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!
『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回放送・1月24日(土)は、ゲストにデスラビッツが登場! 中学生とアラフォー男子による本格ハードコアサウンドをポップに表現するニュータイプのアイドルとして、いま徐々に人気を集めています。定期的にライブを行っており、将来は大きなロックフェスティバルへの出場をめざしています。素顔と魅力にスタジオのファンとともに迫ります。どうぞお楽しみに!

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日22日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、新春恒例、16回目の"新春ライヴ音源スペシャル"第2夜です!


『ザ・ソウルミュージック ~新春ライヴ音源スペシャル第2回~』
1月22日(木)後11:00~前0:00
(再)1月29日(木)前10:00~11:00

新春恒例の、ソウル・ミュージックにおける熱いライヴ録音の数々を一堂に集めた“新春ライヴ音源スペシャル”を2週にわたってお送りしています。今週は、「ライヴ・アット・ジャパン」と題して、最近リイシューが相次ぐソウル・レジェンドたちの日本公演のライヴ音源をお届けします。1960年代に日本で活動していた在留米軍兵士によって結成された伝説のソウル・バンドや、3名の男性ソウル・シンガーのライヴをお送りします。お楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:03 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ24日(土)『SONGS』は、徳永英明"究極の"VOCALIST BESTをスタジオスペシャルライブで!


『SONGS 德永英明~ALL TIME VOCALIST BEST~』
総合 1月24日(土)後11:00~11:29
(再)総合 1月30日(金)(29日(木)深夜)前2:50~3:19

時代を超えて愛される女性アーティストの名曲をカバーする「VOCALIST」。2005年に第1作が発表されてから10年をかけて、ニューミュージックからJ-POP、そして昭和を彩った歌謡曲まで幅広くセレクトされた名曲を歌い続けてきました。
今回のSONGSでは「ALL TIME VOCALIST BEST」と題して、全79曲の中から視聴者のリクエストにより選ばれたベスト10を発表します。スタジオスペシャルライブで“究極の”VOCALIST BESTをお送りします。

20150120file_0007z2.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:41 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ23日(金)『ファミリーヒストリー』は、くるり・岸田繁さん家族の歴史にまつわる謎に迫ります


『ファミリーヒストリー
   “くるり・岸田繁~京都に生きる誇り 運命を変えた上海~”』
総合 1月23日(金)後10:00~10:48
(再)総合 2月6日(金)後4:05~4:53

著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめる『ファミリーヒストリー』。
23日(金)は、番組テーマ曲「Remember me」を歌う、くるりのボーカル岸田繁さんが登場します。岸田さん自身は、家族の歴史について知らないことばかりだと言います。京都で大きな商店を営んでいたというのは本当なのか?祖父の胸にあった撃たれた跡は何なのか?戦争中、母の実家はなぜ、上海に渡ったのか。関係者の証言や古い記録を徹底取材で発掘し、これまで分からなかった家族の真実が次々に、明らかになっていきます。激動を生きた家族の姿に岸田さんも声を詰まらせる…。ぜひ、ご覧ください。

【出演】岸田繁

20150120S01-001.jpg※『ファミリーヒストリー』番組ホームページはこちら


<関連番組>
毎月最終火曜日に、くるりのレギュラー番組を放送中!

『くるり電波』
FM 1月27日(火)後11:00~前0:00
(再)FM 2月3日(火)前10:00~11:00

※『くるり電波』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:26 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日21日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は坂崎さん&高見沢さんが担当。「はじめて物語」は "はじめての一人暮らし"をテーマに語ります!


『THE ALFEE 終わらない夢』
1月21日(水)後11:00~前0:00
(再) 1月28日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。21日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、坂崎さんと高見沢さんのコンビでお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“はじめての一人暮らし”をテーマに、一人暮らしを始めたきっかけや、意外な事で戸惑ったエピソードなど、当時の思い出を語り合います。
「THE ALFEE 音楽館」では、高見沢さんが大好きだったというGS(グループサウンズ)にスポットを当て、今回はスパイダースをとりあげます。どうぞお楽しみに!

【DJ】坂崎幸之助、高見沢俊彦

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日20日(火)放送『MISIA アフリカの風』は冬景色に似合うジャズを特集!


『MISIA アフリカの風 ~冬景色に似合うジャズ~』
1月20日(火)後11:00~前0:00
(再) 1月27日(火)前10:00~11:00

世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーでは、“冬景色に似合うジャズ”と題して、名プレイヤーが演奏する60年代のジャズをお届けします。
そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーは、先週に続いてガボン共和国をとりあげます。青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、ガボンの人々との交流や地元の料理など、日常生活についてお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週19日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今でも聴きたいナンバーワン」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
1月19日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
19日(月)の『松尾潔のメロウな夜』前半は、昨年後半から暮れにかけてリリースされた新譜の中から松尾さんのセレクトでお送りします。後半は、「今でも聴きたいナンバーワン」。13回目となる今回は、1977年のR&Bチャートのナンバーワンをお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:11 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週19日(月)からの『青春アドベンチャー』は、人間の心の闇の深さを見つめる、斉藤洋・原作「白狐魔記 洛中の火」をお送りします!


『青春アドベンチャー “白狐魔記 洛中の火”』<全10回>
1月19日(月)~23日(金)後10:45~11:00
1月26日(月)~30日(金)後10:45~11:00

19日(月)からの『青春アドベンチャー』は、人間の心の闇の深さを見つめる、斉藤洋・原作「白狐魔記 洛中の火」をお送りします!
白駒山に住む仙人のもとで修行し人間に化身することができるようになった狐、白狐魔丸(しらこままる)の人間探求の物語の第3弾。今回の時代背景は、南北朝の動乱。
元の襲来のあと白駒山の洞窟へ帰りついて長い眠りに着いた白狐魔丸。目覚めてみると、51年経っているらしい。鎌倉幕府を倒そうとした帝が隠岐島に流された、というのが最近の大事件だという。相変わらず血生臭い世。かつて親しくなった者たちもいたが、白狐魔丸は人を殺す武士が嫌いだった。列島全体を巻き込む壮大な「兄弟げんか」ともいうべき戦乱の中、忠義のため命を捧げる武士たちや、復讐と暴力の連鎖から逃れられない人間の心の闇の深さを見つめる。

【原作】斉藤洋
【脚色】藤井香織
【音楽】日高哲英
【出演】成河、渡辺徹、山口馬木也、坂本真綾、
    吉見一豊、坂口理恵、高橋克明、多田直人、
    廣田高志、星智也、五十嵐明、本郷弦、
    矢崎文也、青山伊津美、柴井伶太、西田光貴

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 1月19日(月)~1月22日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

1月19日(月) 1月20日(火)
ml_20150119.jpg ml_20150120.jpg
Rihwa 東京カランコロン

1月21日(水) 1月22日(木)
ml_20150121.jpg ml_20150122.jpg
SEKAI NO OWARI ウソツキ

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香


<関連番組>
21日(水)ゲストの出演のSEKAI NO OWARIがMJに出演!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 1月19日(月)前0:10~0:49 (18日(日)深夜)
※また放送前に、その日に登場するアーティストをいち早く紹介するミニ番組『MUSIC JAPAN 5min』を前0:05~0:10に放送

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:57 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週19日(月)からの『歌謡スクランブル』は「大切な人」&「松原のぶえ作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
1月19日(月)~24日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
19日(月)からの『歌謡スクランブル』は「大切な人」と題して、夫婦、親子、恋人や友だちなど強い絆で結ばれた人への思いをつづった楽曲を集めてお送りします。そして24日(土)は、「松原のぶえ作品集」と題して、1時間まるまる松原のぶえの作品を特集します。どうぞお楽しみに!

1月19日(月) 大切な人(1)
(北島三郎「おやじの背中」、山川豊「我が娘へ」ほか)

1月20日(火) 大切な人(2)
(千昌夫「味・汁の詩」、あさみちゆき「ごはん」ほか)

1月21日(水) 大切な人(3)
(大月みやこ「夫婦漫才」、石川さゆり「夫婦善哉」ほか)

1月22日(木) 大切な人(4)
(さだまさし「案山子」、木山裕策「home」ほか)

1月23日(金) 大切な人(5)
(FUNKY MONKEY BABYS「ヒーロー」、吉田山田「日々」ほか)

1月24日(土) 松原のぶえ作品集
(「おんなの出船」、「なみだの棧橋」ほか)

【司会】逢地真理子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週19日(月)からの『音楽遊覧飛行』では、映画のストーリーやロケの舞台になった風景を想像しながら映画音楽を堪能していただく「映画音楽ワールドツアー」を、Yuccaさんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~映画音楽ワールドツアー~』
1月19日(月)~22日(木)前9:20~10:00
(再)1月26日(月)~1月29日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
19日(月)からの週は、歌手・ミュージシャンのYuccaさんが「映画音楽ワールドツアー」と題して、映画のストーリーやロケの舞台になった風景などを、皆さまに思い浮かべていただけるような内容で、各日、以下のテーマでお送りします。どうぞお楽しみに!

19日(月) ロマンチック・コメディ
20日(火) ハートフル・ムービー
21日(水) 動物との絆物語
22日(木) リクエスト特集

【DJ】Yucca

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』1/17(土)のゲストはモト冬樹さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 1月17日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 1月20日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さんがはじめて戯曲を手がけた舞台『スタンド・バイ・ユー -家庭内再婚-』に出演中のモト冬樹さんをお迎えします。


0117_rockber.jpg中学生のころ、兄(エド山口さん)の影響からエレキギターに魅せられたというモト冬樹さん。この世界へ入るきっかけとなった曲などを聞きながら、すぐに情報が手に入らなかった時代、資料や曲を必死に探し、リアルタイムで来日アーティストの演奏を聞いた喜びなど当時をふり返ります。また、その後の音楽活動やビジーフォー結成についても伺います。さらに、舞台ではコメディ作品に好んで出演することが多く、『スタンド・バイ・ユー -家庭内再婚-』についても、堤幸彦さんの演出や岡田さんの脚本について語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】モト冬樹
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください

 

投稿時間:15:24 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月17日(土)・18日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~1月の音楽~』
1月17日(土)前9:00~11:00

今回のテーマはずばり、直球の“1月の音楽”です。「June In January」なんて不思議なタイトルのポピュラーソングから、クラシック音楽、ブギの女王・笠置シヅ子まで幅広いレパートリーが並びました。ジャンルにとらわれない豊かな音楽を思う存分満喫する2時間をお過ごしください。ゴンチチのお二人が大変驚いた世にも珍しい喫茶店のお話しが聞けますよ。

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


 

『アニソン・アカデミー』
1月17日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。17日(土)の講師(ゲスト)は、小林幸子さんです!実は、小林幸子さんはこれまでに数多くのアニメのテーマソングを歌ってきました。昨年はコミックマーケットに参加してミニアルバムCDを販売して話題を集めました。アニメに対する小林さんの熱い思いを語っていただきます。お楽しみに!

【講師(ゲスト)】小林幸子
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら、藤崎弘士アナウンサー

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮 “ベルリンの山田耕筰”』
1月17日(土)後9:00~10:00
(再)1月19日(月)前10:00~11:00

今年、没後50年を迎える日本を代表する作曲家・指揮者の山田耕筰を特集します。1910年から3年にわたるベルリン留学時代に作曲された日本最初の管弦楽曲、交響曲、交響詩を取り上げます。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『特集オーディオドラマ“翔ぶ少女”』
1月17日(土)後10:00~10:50

阪神・淡路大震災から20年の節目となる17日(土)は、『特集オーディオドラマ“翔ぶ少女”』をお送りします。
神戸市長田区。阪神・淡路大震災で両親を失った主人公・ニケは、兄のイッキ、妹のサンクとともに、心療内科医・ゼロ先生に助けられる。ニケ達は傷ついた心をゼロ先生に支えられていくなかで、絆が芽生え始め、親子として一緒に暮らすようになる。
ある日、ゼロ先生が病に倒れてしまう。「大切な人を二度と失いたくない」と強く願うニケの想いが、やがてやさしい奇跡を起こす…。
震災から20年を節目に、人を“想う”少女の成長と家族との再生を心情豊かに描きます。

【原作】原田マハ
【脚色】蔭岡翔
【音楽】小林洋平
【出演】村川絵梨、古和咲紀、渋谷天外、城土井大智、
    内山絢貴、河崎脩吾、椎平瑠月、大西みのり、
    古城戸雄多、杉本湖凜、川口奏

※『特集オーディオドラマ』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “バド・パウエル名演集”』
1月17日(土)後11:00~翌前1:00

いまやジャズ・ピアニストでは数多くの人気プレイヤーが登場して活気に湧いています。17日(土)の『ジャズ・トゥナイト』では、モダン・ジャズ・ピアノの開祖であり、他界してほぼ半世紀近く経つバド・パウエルが残した貴重なソロ・ピアノ演奏をはじめ、秋吉敏子にも大きな影響を与えた不滅の名演“テンパス・フュジット”などの偉大な遺産を改めて聴きます。また、特集では“ジャズ・ピアノの神様”アート・テイタムとの同一曲による聴き比べもお楽しみに。

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “日本の叙情歌”』
1月18日(日)前7:20~8:10
(再)1月24日(土)後7:20~8:10

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。18日(日)は、合唱指揮者の大谷研二さんがお送りします。今回は、よく知られた懐かしい日本の叙情歌、「村の鍛冶屋」、「りんごの唄」、「見上げてごらん夜の星を」などを豊田市少年少女合唱団や東京混声合唱団の演奏でお送りします。

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “上野の森ブラス”』
1月18日(日)前8:10~9:00
(再)1月24日(土)後8:10~9:00

1月18日(日)の『吹奏楽のひびき』は、先週に引き続いて金管アンサンブル・上野の森ブラスの演奏をお楽しみいただきます。上野の森ブラスは1973年に東京芸術大学の同級生で結成された金管五重奏団です。メンバーは曾我部清典(トランペット)、織田準一(トランペット)、澤敦(ホルン)、花坂義孝(トロンボーン)、杉山淳(テューバ)。全国各地の学校を巡回する演奏会から、海外公演まで幅広く活動しています。今回は、映画「天空の城ラピュタ」から“ハトと少年”、映画「となりのトトロ」から“となりのトトロ~さんぽ”、“サウンド・オブ・ミュージック・メドレー”などをお聴きいただきます。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “生誕130年 指揮者オットー・クレンペラー”』
1月18日(日)前9:00~11:00

1月18日(日)の『名演奏ライブラリー』は、今年がアニバーサリー・イヤーとなる名演奏家を取り上げる2回目。今回は、生誕130年となる指揮者オットー・クレンペラーです。クレンペラーは、1885年ブレスラウ(当時はドイツ、現在はポーランド)生まれ。1906年にデビューを飾り、当時は前衛的とされたヒンデミットやシェーンベルクなどの作品を積極的に取り上げ、ベートーベンやワーグナーのオペラにも近代的な演出をつけさせるなど、物議をかもしながらも独特の存在感を放ちました。持ち味は洗練されたバトンテクニックで、リズムは寸分の狂いもなく余分な情感やテンポの揺らぎは徹底的にそぎ落とされます。そこから作品の真価、神髄を引き出すのが、巨匠クレンペラーの技。
番組では、ワーグナーの前奏曲をはじめ、ベートーベンやシューベルトの交響曲などをお聴きいただきます。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂
 ~“昭和のアイドル”から現代を見る~』
1月18日(日)後0:15~2:00
(初回放送2014年11月16日)

1月18日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は昨年11月16日に放送した「“昭和のアイドル”から現代を見る」をアンコール放送します。
連続テレビ小説「あまちゃん」の影響もあって1980年代のアイドルや、歌謡曲が見直されています。世相を色濃く反映した当時のアイドルたちの中には、今の人生に目が注がれている人も少なくありません。当時のアイドル像を振り返りながら、現在を生き残るヒントとは何か、知恵や工夫などを語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】太川陽介(俳優)
     クリス松村(タレント・音“楽”家(おんらくか))
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
1月18日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、ノルウェーが生んだ世界的人気グループa-haをとりあげ、代表曲「Take On Me」をはじめとする80年代のヒットナンバーをお届けします。
また、音楽や映画、ファッション、小説、ムーブメントなどさまざまなキーワードにスポットを当てる「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーは、80年代にさまざまなビッグアーティストとの共演で話題となったポール・マッカートニーの“80'sコラボナンバー”を紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2015 “TRIO'”』
1月18日(日)後10:30~11:30
(再)1月23日(金)前10:00~11:00

1月18日(日)の『セッション2015』は、昨年に結成10年を迎えたピアノ・トリオ「TRIO'(トリオッ)」。の演奏をお聴きいただきます。メンバーは、リーダーのドラマー市原康、正統派のジャズ・ピアニスト福田重男、スウェーデン在住でヨーロッパを活動の拠点にしているベーシスト森泰人の3人です。3人の緊密なピアノ・トリオのLIVEをお楽しみください。

【演奏】市原康(ドラムス)
    福田重男(ピアノ)
    森泰人(ベース)
【案内】濱中博久

※『セッション2015』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日16日(金)放送の『AKB48の"私たちの物語"』は、秋元真夏さん、西野七瀬さん、橋本奈々未さん、深川麻衣さん原案・出演作をお送りします!


『AKB48の“私たちの物語”』
1月16日(金)後10:00~10:45

16日(金)の『AKB48の“私たちの物語”』は、秋元真夏さん、西野七瀬さん、橋本奈々未さん、深川麻衣さん原案・出演作「乃木坂航空・スカイガール!」をお送りします。
「乃木坂航空・スカイガール!」
乃木坂航空のキャビンアテンダントになるため研修中の秋元真夏。いよいよ最終試験の日、真夏は会場の空港で困っているおばあさんを助けたため、試験会場に遅刻してしまう。同僚の深川麻衣が遅刻の理由を説明しても、厳しくて有名な橋本教官は「遅刻は遅刻」と許してくれず大ピンチ!果たして真夏は幼いころからの夢だった乃木坂航空のキャビンアテンダントになることはできるのか…!?

【原案】秋元真夏、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣
【脚本】北阪昌人
【出演】秋元真夏、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、山寺宏一

※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆BSプレミアムで放送中、AKB48グループのレギュラー番組!

『AKB48 SHOW』
BSプレミアム 毎週土曜日 後11:30~11:59

次回1月17日(土)は、「HKT48台湾コンサート潜入スペシャル」をお送りします!去年12月に行われたHKT48の台湾コンサート。番組では、コンサートに完全密着して全貌に迫ります!台湾随一の超高層ビル91階の屋外展望台で行われた前夜祭の様子や、800人にのぼる観客の前で行った伝説のコンサートの模様もたっぷりお届けします。特派員は谷口めぐ。どうぞお楽しみに!

※『AKB48 SHOW』番組ホームページはこちら

※『AKB48 SHOW』ブログ記事はこちら

投稿時間:14:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日の『ザ・ソウルミュージック』は新春恒例、16回目の"新春ライヴ音源スペシャル"です!


『ザ・ソウルミュージック ~新春ライヴ音源スペシャル第1回~』
1月15日(木)後11:00~前0:00
(再)1月22日(木)前10:00~11:00

新春恒例の、ソウル・ミュージックにおける熱いライヴ録音の数々を 一堂に集めた“新春ライヴ音源スペシャル”を2週にわたってお送りします。この番組ではおなじみのファンクの帝王・JBのライヴ音源からスタート。続いて一昨年すい星のごとくUKソウルシーンに登場した女性アーティストがオーケストラをバックにしたがえて抜群の歌唱力を聴かせてくれる音源などが登場します。お楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:57 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日14日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は坂崎さん&高見沢さんが担当。「はじめて物語」では、レコーディング中に起こったアクシデントについてトークします!


『THE ALFEE 終わらない夢』
1月14日(水)後11:00~前0:00
(再) 1月21日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。14日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、坂崎さんと高見沢さんのコンビでお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“レコーディングアクシデント”がテーマ。これまでのレコーディング中に起こったトラブルや失敗のエピソード、さらには2人が桜井さんに仕掛けた“いたずら”の思い出まで飛び出します。
新コーナー「THE ALFEE 音楽館」では、先週に続いて吉田拓郎さんを取り上げ、その人柄や音楽について語ります。どうぞお楽しみに!

【DJ】坂崎幸之助、高見沢俊彦

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:21 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週13日(火)放送『MISIA アフリカの風』はポジティブソングを特集!


『MISIA アフリカの風 ~Be Positive~』
1月13日(火)後11:00~前0:00
(再) 1月20日(火)前10:00~11:00

世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーでは、新年を明るく迎えるポジティブな楽曲を集めてお届けします。
そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーは、ガボン共和国をとりあげます。青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、現地での活動などについてお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:47 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週12日(月・祝)の『松尾潔のメロウな夜』は、新コーナー「今なら間に合うスタンダード」がスタート!


『松尾潔のメロウな夜』
1月12日(月・祝)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
12日(月・祝)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、昨年末に14年ぶりのニューアルバムを発表したアーティストの楽曲をご紹介します。後半は、新コーナー「今なら間に合うスタンダード」がスタートします。時代を超えて歌い継がれてきたタイムレスな名曲を厳選して、様々なアーティストのバージョンを聞き比べます。1回目となる今回は1971年に発表されたあの名曲です。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:32 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 1月12日(月・祝)~1月15日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

1月12日(月・祝) 1月13日(火)
ml_20150112.jpg ml_20150113.jpg
LAMP IN TERREN 塩ノ谷早耶香

1月14日(水) 1月15日(木)
ml_20150114.jpg ml_20150115.jpg
The Cheserasera luki

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:17:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週12日(月・祝)からの『歌謡スクランブル』は「熱唱コレクション」&「瀬川瑛子作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
1月12日(月・祝)~17日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
12日(月・祝)からの『歌謡スクランブル』は「熱唱コレクション」と題して、歌い手の思いが強く込められた演歌からJ-POPまで数々の名曲を集めてお送りします。そして17日(土)は、「瀬川瑛子作品集」と題して、1時間まるまる瀬川瑛子の作品を特集します。どうぞお楽しみに!

1月12日(月・祝) 熱唱コレクション(1)
(北島三郎「風雪ながれ旅」、森昌子「哀しみ本線 日本海」ほか)

1月13日(火) 熱唱コレクション(2)
(田川寿美「女人高野」、森進一「狼たちの遠吠え」ほか)

1月14日(水) 熱唱コレクション(3)
(アリス「遠くで汽笛を聞きながら」、海援隊「故郷未だ忘れ難く」ほか)

1月15日(木) 熱唱コレクション(4)
(ハウンド・ドッグ「ff」、佐野元春「サムデイ」ほか)

1月16日(金) 熱唱コレクション(5)
(アンジェラ・アキ「心の戦士」、くるり「HOW TO GO」ほか)

1月17日(土) 瀬川瑛子作品集
(「長崎の夜はむらさき」、「命くれない」ほか)

【司会】深沢彩子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:07 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週12日(月・祝)からの『音楽遊覧飛行』は「エキゾチッククルーズ」、サラーム海上さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~エキゾチッククルーズ~』
1月12日(月・祝)~15日(木)前9:20~10:00
(再)1月19日(月)~1月22日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
12日(月・祝)からの週は、音楽評論家のサラーム海上さんが担当する「エキゾチッククルーズ」。放送3年目を迎えた番組は、先月からアジアの音楽だけではなく、アフリカやヨーロッパ、中南米など、世界中の音楽を紹介する“エキゾチッククルーズ”へと変わりました。今月は「こたつで聴きたい音楽」をテーマに、世界各地から選りすぐりの音楽を集めてお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】サラーム海上

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


11日(日)からの『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、KANA-BOONが3週にわたってマンスリーDJを担当します!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~KANA-BOON~』
1月11・18・25日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。
11日(日)からKANA-BOONが3週にわたってマンスリーDJを務めます。KANA-BOONは大阪・堺市出身4人組ロックバンド。2012年4月、バンド・オーディションで4,000組の応募者の中から見事優勝し、9月にメジャーデビューを果たしました。中毒性が高く耳から離れない楽曲と、圧倒的なコミュニケーション能力で駆け抜けるライブパフォーマンスが注目を集めています。1回目となる今回は、「マイ・ファースト」をテーマに、音楽を聴き始めたきっかけ、初めて買ったCDなどをメンバーが話します。また、グループが結成された高校時代の思い出もたっぷり語ってくれます。どうぞお楽しみに!

【DJ】KANA-BOON
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:10:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月の特集番組ラインナップ決定!


1月の特集番組ラインナップ

『ともに迎えたい 阪神・淡路大震災20年~みんな大切なひとり~』
FM 1月17日(土)前1:00~6:00(16日(金)深夜)
R1 1月16日(金)後11:20~翌前6:00

“阪神・淡路大震災を体験したあなた。20年という時間を、どのように生きてこられたのですか?”
番組では、震災を体験した人、また阪神淡路の被災地に思いを寄せる全国の人々から寄せられたお便りや手記の朗読を中心に、“追悼のつどい”が開かれる神戸の東遊園地からの中継を交えながらお伝えします。一人ひとりの存在の重さ・命の大切さを思いながら、20年目の午前5時46分へ向かう神戸の時間を、日本中で共有したいのです。
阪神淡路大震災の後も、中越地震、東日本大震災、そして今年も広島の土砂災害や御岳山の噴火などが発生し、全国を襲う自然災害は後を絶ちません。大切な人を失った人も多く、命の大切さ、普通の暮らしのありがたさを、しみじみ感じる日々が続いています。放送当日は、被災地の内外の人々の心を結び、震災から20年を生き抜いた阪神淡路から全国へ、そして未来へ、メッセージを届けます。
番組では、お手紙・メッセージも募集中です。下記番組ホームページより投稿ください。お待ちしております。

【ゲスト】

guest_obayashi.jpg guest_seto.jpg guest_mayama.jpg
guest_wu-fang.jpg guest_sado.jpg  
【キャスター】
 
  【リポーター】
 
caster_sumita.jpg caster_sugiura.jpg reporter_imashiro.jpg

【ゲスト】大林宣彦、瀬戸カトリーヌ、真山仁、伍芳、佐渡裕
【キャスター】住田功一アナウンサー、杉浦圭子アナウンサー
【リポーター】今城和久アナウンサー

※『ともに迎えたい 阪神・淡路大震災20年~みんな大切なひとり~』番組ホームページはこちら


『特集オーディオドラマ“翔ぶ少女”』
1月17日(土)後10:00~11:00

大切な人をもう二度と失いたくない~少女の想いが再生へと導く。

【あらすじ】
神戸市長田区。阪神・淡路大震災で両親を失った主人公・ニケは、兄のイッキ、妹のサンクとともに、心療内科医・ゼロ先生に助けられる。ニケ達は傷ついた心をゼロ先生に支えられていくなかで、絆が芽生え始め、親子として一緒に暮らすようになる。
ある日、ゼロ先生が病に倒れてしまう。「大切な人を二度と失いたくない」と強く願うニケの想いが、やがてやさしい奇跡を起こす…。
震災から20年を節目に、人を“想う”少女の成長と家族との再生を心情豊かに描く。

【出演者】村川絵梨 渋谷天外 古和咲紀 ほか

【原作】原田マハ
【脚色】蔭岡翔
【音楽】小林洋平

※『特集オーディオドラマ“翔ぶ少女”』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月10日(土)・11日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~ひつじとおおかみの音楽~』
1月10日(土)前9:00~11:00

2015年未(ひつじ)年の1回目の『世界の快適音楽セレクション』は、“ひつじとおおかみの音楽”です。曲名に“ひつじ”や“おおかみ”がついたナンバーはもちろん、エラ・フィッツジェラルド、ジャクソン・ブラウンとおなじみのアーティストが登場します。さらには、ヴァン・ゲリスが音楽を担当したSF映画の金字塔の原作に“ひつじ”が?お楽しみに!

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮 “アメリカのワルツ”』
1月10日(土)後9:00~10:00
(再)1月12日(月・祝)前10:00~11:00

世界中で広く親しまれている舞曲、「ワルツ」。フランス、ロシア、南米、そして日本でも、ワルツの作曲と演奏にはそれぞれの伝統が存在し、それらは各国でクラシック音楽の様相を呈したジャンルとして多くの人に親しまれています。ウィンナ・ワルツを耳にする機会が多い1月に、アメリカのワルツを特集します。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “世の片隅を照らす、ともし火ラーメン”』
1月10日(土)後10:00~10:50

10日(土)の『FMシアター』は、実話をもとに描く人情ラーメン屋の泣き笑い奮闘記“世の片隅を照らす、ともし火ラーメン”を放送!
福岡県北九州の片隅にある小さなラーメン屋。店主の藤山秀一は元警官。妻の頼子があきれるのを尻目に、借金までして店を開く。秀一には志があった。社会につまずいた人を積極的に雇うことで応援しよう、働く場所さえあれば犯罪に手を染める人が減るはずだ。意気込んで開店したものの、さっぱり客足が伸びない。秀一のラーメンはマズイのだ。おまけに従業員はトラブルを起こしてばかり。たのみの頼子は開店に反対した手前、表立って手助けできない。商売は甘くない。そう痛感した秀一と従業員たちの、ゼロからのチャレンジがはじまる…。

【作】泊篤志
【出演】野村将希、萩尾みどり、
    中川裕可里、野坂卓弥、有門正太郎、内山ナオミ、
    岡武史、今村裕二、古賀麻里沙

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト
 “新春特別企画 伊藤君子+石井彰トリオを迎えて”』
1月10日(土)後11:00~翌前1:00

新春1回目の『ジャズ・トゥナイト』は、お正月特別企画としてボーカル界の大御所、伊藤君子とピアノ界の逸材、石井彰が率いるトリオ+類家心平(トランペット)による豪華な顔合わせでスペシャル・セッションをお届けします。16年に及ぶ日野皓正との共演で本邦屈指のピアニストに成熟した石井彰の伴奏で伊藤君子が歌う“津軽弁ジャズ”は必聴です!

【ゲスト】伊藤君子、石井彰、杉本智和、江藤良人、類家心平
【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “ラブレーと音楽”』
1月11日(日)前7:20~8:10
(再)1月17日(土)後7:20~8:10

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。11日(日)は、指揮者・鍵盤楽器奏者の花井哲郎さんがお送りします。今回は、16世紀の作家フランソワ・ラブレーをテーマにお届けします。ラブレーの作品『ガルガンチュアとパンタグリュエル』は荒唐無稽で笑いにあふれた物語です。その内容は同時代の音楽を理解し楽しむ助けになります。ラブレーとの関連で16世紀フランスの歌曲もお楽しみいただきます。

【案内】花井哲郎

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “上野の森ブラス”』
1月11日(日)前8:10~9:00
(再)1月17日(土)後8:10~9:00

1月11日(日)の『吹奏楽のひびき』は、金管アンサンブル・上野の森ブラスの演奏をお楽しみいただきます。上野の森ブラスは1973年に東京芸術大学の同級生で結成された金管五重奏団です。メンバーは曾我部清典(トランペット)、織田準一(トランペット)、澤敦(ホルン)、花坂義孝(トロンボーン)、杉山淳(テューバ)。全国各地の学校を巡回する演奏会から、海外公演まで幅広く活動しています。今回と次回の2回にわたって、昨年11月22日に愛知県武豊町で行った公開収録の模様をお送りします。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “生誕140年 指揮者ピエール・モントゥー”』
1月11日(日)前9:00~11:00

1月の『名演奏ライブラリー』は3週にわたって、今年がアニバーサリー・イヤーとなる名演奏家を取り上げます。1回目となる11日(日)は、生誕140年を迎える指揮者ピエール・モントゥーです。モントゥーは、1875年フランス・パリに生まれました。パリ音楽院を卒業後、1911年にロシア・バレエ団の指揮者として名声を得ます。ラヴェルの「ダフニスとクロエ」やストラヴィンスキーの「ペトルーシカ」などのバレエ作品の初演をおこない、歴史的スキャンダルとなった「春の祭典」の初演を指揮したのも、このピエール・モントゥーです。その後もボストン交響楽団、アムステルダム・コンセルトヘボウ(現ロイヤル・コンセルトヘボウ)管弦楽団などに迎えられ、コンサート指揮者として活躍するようになります。1929年には自らパリ交響楽団を組織して、フランス音楽の紹介と発展に尽力し1964年に亡くなりました。
番組では、表面上の派手さや奇抜さに頼らず、どこまでも誠実かつ自然に作品に取り組むモントゥーならではの音楽をお楽しみください。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂』
1月11日(日)後0:15~2:00

1月11日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「2015年、イチゴを語る」と題して、寺田真二郎さん、石原良行さんをお迎えし、さまざまな品種が市場に登場している“イチゴ”を語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】寺田真二郎(料理研究家)
     石原良行(栃木県農業試験場いちご研究所所長)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
1月11日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、80's のヒップホップシーンをリードしたRUN-D.M.C.を特集します。
また、音楽や映画、ファッション、小説、ムーブメントなどさまざまなキーワードにスポットを当てる「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーでは、ロキシー・ミュージックのボーカリストであり、ソロアーティストとしても活躍しているブライアン・フェリーをとりあげ、ニューアルバムの楽曲などを紹介。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2015 “Tommy Campbell Quartet”』
1月11日(日)後10:30~11:30
(再)1月16日(金)前10:00~11:00

1月11日(日)の『セッション2015』は、10年以上にもわたって日本でも活躍した人気ドラマー、トミー・キャンベル率いるトミー・キャンベル・カルテットの演奏をお楽しみいただきます。トミー・キャンベルは、1957年ペンシルベニア州ノーリスタウン生まれ。ニューヨークでソニー・ロリンズ、マンハッタン・トランスファーなど世界を代表するミュージシャンたちとの演奏を重ねた後、90年代後半からは日本を活動拠点とし、渡辺貞夫、日野皓正のほか、クリスチャン・マクブライド、ジャッキー・マクリーン、ジミー・スミス、マイク・スターンらと共演します。2012年にふたたびニューヨークに拠点を移してカナダ、スイス、ロンドン、ロシア、アジア各国でも活動し、ワールド・ワイドに活躍しています。今回のセッションでは、日本在住の若手ミュージシャンとの共演によるステージをお楽しみいただきます

【演奏】トミー・キャンベル(ドラムス)
    レイモンド・マクモーリン(テナー・サックス)
    宮川純(ピアノ)
    楠井五月(ベース)
【案内】濱中博久

※『セッション2015』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:17 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


10日(土)放送『ミュージックライン』は、東京・渋谷のNHK放送センターから公開生放送スペシャル!


pickup_ml.jpgのサムネイル画像『ミュージックライン冬スペシャル~寒いったってどうこうなるわけじゃないじゃん!?だったら、あけおめってことで暖かさのアベレージをあげようよ~!~』
1月10日(土)後0:15~6:00


毎週月曜日から木曜日の後9:10からお送りしている『ミュージックライン』。
1月10日(土)の午後は『ミュージックライン冬スペシャル~寒いったってどうこうなるわけじゃないじゃん!?だったら、あけおめってことで暖かさのアベレージをあげようよ~!~』と題して東京・渋谷のNHK放送センターから公開生放送でお送りします!スペシャルにふさわしいライブやトークなど約6時間にわたってお届けします。どうぞお楽しみに!

~ゲスト~
【前半】

ml_20150110_1.jpg ml_20150110_2.jpg
板野友美[トークゲスト] palet[ライブゲスト]
ml_20150110_3.jpg ml_20150110_4.jpg
Bitter & Sweet[ライブゲスト] 放課後プリンセス[ライブゲスト]
ml_20150110_5.jpg ml_20150110_6.jpg
武藤彩未[トークゲスト] LoVendoЯ[トークゲスト]

[50音順]


【後半】

ml_20150110_7.jpg ml_20150110_8.jpg
 KANA-BOON[トークゲスト] 空想委員会[トークゲスト]
ml_20150110_9.jpg ml_20150110_10.jpg
三匹の子豚[ライブゲスト] SKY-HI[トークゲスト]
ml_20150110_11.jpg ml_20150110_12.jpg
Drop's[ライブゲスト] ななみ[ライブゲスト]
ml_20150110_13.jpg  
back number[トークゲスト]  

[50音順]


~パーソナリティ~

ml_20150110_14.jpg  
平田裕香  
ml_20150110_15.jpg ml_20150110_16.jpg
アシスタント『前半』 
石川沙織
アシスタント『後半』
さな
ml_20150110_17.jpg  
客席インタビュアー
西村優奈
 

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

投稿時間:10:56 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9日(金)の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストに、乃木坂46そして、兼任メンバーとしてAKB48でも大活躍中の生駒里奈さんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”
  ~生駒里奈が語るガールズポップス~』
1月9日(金)後10:00~10:45

隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
9日(金)は、生駒里奈さんをゲストにお迎えしてお送りします。番組では、トップアイドルとしての多忙ぶりを象徴するエピソードや、プライベートでもなかよしという“あの人”との関係についても楽しく披露してくれます!もちろん、生駒さんがお気に入りのちょっぴりマニアックなガールズポップス名曲や、今月発表する乃木坂46ファーストアルバム「透明な色」オススメの楽曲についてもお届けします!ヒャダインと息ぴったりのほんわかトーク、お楽しみに!

【ゲスト】生駒里奈
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんがMCを担当!
『オトナのトビラTV』
Eテレ 毎週木曜 後7:25~7:55
(再)Eテレ 翌週火曜 前0:25~0:55 (月曜深夜)

ヒャダインさんがMCを担当し、社会の入り口に立つ10代の若者に向けた“お役立ち情報満載”の番組『オトナのトビラTV』。1月8日(木)は「ウソの怖さ 知っていますか?」をテーマに考えます。“自分を少しだけよく見せたい”など、ほんの出来心でついたウソが、大変な事態を招いてしまった!そんな悩みを訴える10代が少なくありません。軽い気持ちでSNSに投稿した「ウソ」の発言がバレて、アカウントが炎上、ネットで個人情報まで特定されてさらしものになってしまったなど、事態は深刻。なぜウソをついてしまうのか?カミングアウトはいつしたらいいのか?ウソの恐るべき破壊力、そして対策を考えます。

※『オトナのトビラTV』番組ホームページはこちら

◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!
『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回放送・1月10日(土)は、ゲストに話題のネットアイドルグループ「むすめん。」が登場! ネット動画で注目を集め、ほぼ自主制作で全てをこなす「むすめん。」たちの素顔や話題のパフォーマンスに、スタジオのファンとともに迫ります。どうぞお楽しみに!

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:04 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


8日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、"Star Of The Month"をお届け!1月生まれのソウルスターNo.1は誰か?


『ザ・ソウルミュージック ~Star Of The Month~』
1月8日(木)後11:00~前0:00
(再)1月15日(木)前10:00~11:00

毎月第1週の『ザ・ソウルミュージック』は、番組が厳選したその月生まれのアーティスト3人の中から、リスナーの皆さんの投票で一番人気を獲得したアーティストを取り上げ、その足跡をリクエスト曲とともに振り返る生誕祝賀祭“Star Of The Month”をお送りします。
今回番組が選んだ1月生まれのアーティストは、ニューオーリンズ出身のNeville Brothers (Aaron他)(1941年1月24日生)、オクラホマ州出身のCharlie Wilson(1953年1月29日生)、ニューヨーク州出身のMary J. Blige(1971年1月11日生)の3人。さて、ソウルスターNo.1は誰か?どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:31 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


7日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は桜井さん&坂崎さんが担当。新コーナー「THE ALFEE 音楽館」では、吉田拓郎さんについて語り合います!


『THE ALFEE 終わらない夢』
1月7日(水)後11:00~前0:00
(再)1月14日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。7日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、桜井さんと坂崎さんのコンビでお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“徹夜”をテーマに、坂崎さんの大みそかのボーイスカウトの思い出や、オールナイトコンサートの思い出などを語ります。
さらに、今回から新コーナー「THE ALFEE 音楽館」がスタート!洋邦・新旧問わず3人が影響を受けた音楽や感動した音楽について語ります。1回目にとりあげるのは、THE ALFEEとは関わりの深い先輩、吉田拓郎さんです。どうぞお楽しみに!

【DJ】桜井賢、坂崎幸之助

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:13 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません