2014年10月

11月4日(火)放送『MISIA アフリカの風』は、"アフリカの風を感じる音楽"を特集します!


『MISIA アフリカの風 ~アフリカの風を感じる曲を集めて~』
11月4日(火)後11:00~前0:00
(再) 11月11日(火)前10:00~11:00

世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーでは、アフリカの風を感じる音楽を特集。コートジボワール、ナイジェリア、南アフリカなどのアーティストの楽曲を紹介します。
そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーでは、先週に引き続きガーナ共和国をとりあげます。青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、料理やファッションなど、ガーナでの生活についてお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週4日(火)からの『歌謡スクランブル』は「ひとりぼっちのラブソング」&「やしきたかじん作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
11月4日(火)~8日(土)後1:00~2:00

※11月3日(月・祝)は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
4日(火)からの『歌謡スクランブル』は「ひとりぼっちのラブソング」と題してお送りします。そして8日(土)は、「やしきたかじん作品集」と題して、1時間まるまるやしきたかじんの作品を特集します。どうぞお楽しみに!

11月4日(火) ひとりぼっちのラブソング(1)
(五木ひろし「潮どき」、中条きよし「うすなさけ」ほか)

11月5日(水) ひとりぼっちのラブソング(2)
(尾崎紀世彦「別れの夜明け」、伊東ゆかり「誰も知らない」ほか)

11月6日(木) ひとりぼっちのラブソング(3)
(杏里「悲しみがとまらない」、高田みづえ「そんなヒロシに騙されて」ほか)

11月7日(金) ひとりぼっちのラブソング(4)
(松任谷由実「DESTINY」、西野カナ「会いたくて会いたくて」ほか)

11月8日(土) やしきたかじん作品集
(「やっぱ好きやねん」、「ゆめいらんかね」ほか)

【司会】逢地真理子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:21 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週4日(火)からの『音楽遊覧飛行』は「エキゾチッククルーズ」、サラーム海上がお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~エキゾチッククルーズ~』
11月4日(火)~6日(木)前9:20~10:00
(再)11月11日(火)~11月13日(木)後5:20~6:00

※11月3日(月・祝)は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
4日(火)からの週は、音楽評論家のサラーム海上さんが担当する「エキゾチッククルーズ」。放送3年目を迎えた番組は、先月からアジアの音楽だけではなく、アフリカやヨーロッパ、中南米など、世界中の音楽を紹介する“エキゾチッククルーズ”へと変わりました。今月は「ダンスの音楽」をテーマにお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】サラーム海上

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 11月3日(月・祝)~11月6日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

11月3日(月・祝) 11月4日(火)
ml_kuhaku.jpg ml_20141104.jpg
特集番組のため休止 ケラケラ

11月5日(水) 11月6日(木)
ml_20141105.jpg ml_20141106.jpg
秦 基博 椎名林檎

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:17:18 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


好評のシリーズ第二弾!11月3日(月・祝)放送『今日は一日"歌う声優"三昧 ツヴァイ!』


『今日は一日“歌う声優”三昧 ツヴァイ!』
11月3日(月・祝)後0:15~10:45(中断あり)

pickup_zanmai.jpgのサムネイル画像日本が世界に誇るアニメ文化。こうしている今も日本の、世界の何処かでアニメ作品がファンを熱くさせています。その立役者こそ、卓越した技術と魅力的な個性でキャラクターに命を吹き込む声優たち。声優の中には歌手活動を精力的に行う人が多くいます。そんな声優の楽曲を特集する「今日は一日“歌う声優”三昧」がおよそ2年ぶりに復活!おなじみのナンバーから隠れた名曲まで、バラエティに富んだ歌の数々で、休日を子供から大人まで、幅広い世代に楽しんでいただきます。アニメ主題歌はもちろん、演じるキャラクターになりきって歌うキャラクターソングから、自らのアーティスト活動としてのオリジナルソングまで、声優が歌う楽曲なら何でもOK!番組では曲や声優への思いなど、エピソードとともにリクエストを募集中です!どしどしお寄せください。そして、前回好評だった「声のプレゼント」を今回も企画中。ゲスト声優に言ってほしい元気がもらえるセリフも募集いたします。

【ゲスト】小杉十郎太、久川綾、安元洋貴、新田恵海、雨宮天
【司会】井上喜久子、塩澤大輔アナウンサー


※『今日は一日“歌う声優”三昧 ツヴァイ!』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


11月3日(月・祝)放送『第81回 NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール』


『第81回 NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール』
11月3日(月・祝)前7:25~11:00

Ncon2014.jpg『NHK全国学校音楽コンクール』は、全国の小学校・中学校・高等学校の児童・生徒を対象とした合唱コンクールです。毎年新しく制作する課題曲と参加校が選ぶ自由曲で歌声を競います。今年は小・中・高あわせておよそ2600校10万人が参加しました。都府県地区、そしてブロックのコンクールを勝ち進み、全国コンクールに駒を進めた精鋭11校が、ただ1校に与えられる金賞の栄誉をかけてハイレベルな合唱を披露します。番組では、10月11日(土)~13日(月・祝)に東京・渋谷のNHKホールで開催されたコンクールの模様をご紹介します。

― 課題曲 ―

小学校の部 「ゆうき」
作詞:中川李枝子
作曲:村松崇継

中学校の部 「桜の季節」
作詞:EXILE ATSUSHI
作曲:EXILE ATSUSHI/マシコタツロウ
編曲:加藤昌則

高等学校の部 「共演者」
作詞:小林香
作曲: 横山潤子

【司会】二宮直輝アナウンサー

Ncon2014_1.jpg

※『Nコン』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


11月2日(日)からの『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、グループ魂が2週にわたってDJを担当します!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~グループ魂~』
11月2・9日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。
今回と次回・9日の2週にわたって、グループ魂がDJを務めます。グループ魂は1995年に劇団大人計画の俳優によって結成され、2005年には紅白歌合戦に出場しました。来年は結成20周年を迎えます。今回はこれまでのグループ魂が歩んできた足跡を振り返ります。お楽しみに!

【DJ】グループ魂
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:10:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』11/1(土)のゲストは真飛聖さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 11
月1日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 11月4日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さんがはじめて舞台の脚本を手がけた作品『スタンド・バイ・ユー -家庭内再婚-』に出演予定の真飛聖さんをお迎えします。


1101_rockber.jpg3歳からクラシックバレエを習っていた真飛さん。宝塚ファンの友人からタカラジェンヌの写真を見せられた瞬間“ここに入る!”と感じたとのこと。宝塚の公演で印象に残った演目や、唯一、娘役を演じた思い出の曲などを聞きながら当時を振り返ります。また、映像と舞台の違いについても伺います。さらに、ストレートプレイ(ミュージカル以外の演劇)初挑戦となる舞台『スタンド・バイ・ユー -家庭内再婚-』での役どころなど岡田さんと語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】真飛聖
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆真飛さんと共にフランス語の世界へ!ナビゲーターとして出演中
『テレビでフランス語』
Eテレ 毎週水曜 後10:25~10:50
(再)翌週水曜 後0:00~0:25

『テレビでフランス語』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 11月1日(土)・2日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~ストップの音楽~』
11月1日(土)前9:00~11:00

続けるだけが得策とは限りません。曲中に思わぬ休止が仕組まれていたり、何かを止める内容の歌など、ストップの効果が生きている音楽をお楽しみください。チチ松村さんが思わずインドで叫んだ「ストップ!」なエピソードとは?お楽しみに!

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
11月1日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています(今回は、しょこたん生徒会長は欠席です)。1日(土)の進行役&講師(ゲスト)は、歌手の佐咲紗花さんに加えて、歌手の美郷あきさんも講師(ゲスト)にお迎えしてにぎやかにお送りします!佐咲紗花さんのスタジオライブも予定しています。お楽しみに!

【講師(ゲスト)】佐咲紗花、美郷あき
【司会(生徒会長、書記、放送部員)】あべあきら、藤崎弘士アナウンサー

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮 “ロプコヴィッツ邸のベートーベン”』
11月1日(土)後9:00~10:00

※11月3日(月・祝)の再放送は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。

11月1日(土)の『クラシックの迷宮』は、ベートーベンが作曲したピアノ協奏曲の同時代的な響きを楽しむと題してお送りします。果たしてピアノは、ベートーベンが生きた時代にどのように響いていたのでしょうか?ベートーベンの楽曲を、当時のピアノの響きでお楽しみいただきます。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “父の代理人”』
11月1日(土)後10:00~10:50

11月1日(土)の『FMシアター』は、人生とおカネをめぐる「ある社会問題」と直面する家族の狂想曲、「父の代理人」をアンコール放送します!。文化庁芸術祭参加作品。
夏。雨の夜。築60年の川上浩一(30)の家に、妹さくら(26)と叔父の裕次郎(58)がやってきた。一人の訪問者を迎えるために。それは「川上浩太郎の代理人」を名乗る小山という男だった。浩太郎は、20年前に失踪したまま音信不通の浩一の父。一家の恥と目されるロクデナシである。叔母の加代子(49)も加わり、話は思わぬ方向に転がり始め、家族それぞれの隠されていた思惑や偏見、誤解や本音が炙り出される。突如として遠い他人事だった「ある社会問題」と直面する人々の悲喜劇を通して奏でられる、人生とおカネをめぐる狂想曲。(初回放送8月9日(土))

【作】今井雅子
【音楽】菅野由弘
【出演】今井朋彦、佐藤みゆき、亀田佳明、遠野あすか、
    辻親八、金沢映子

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “世界の発掘男ゼヴ・フェルドマンを迎えて”』
11月1日(土)後11:00~翌前1:00

11月1日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、新たな“発掘ブーム”に湧くジャズ・レコード界の立役者の一人、ゼヴ・フェルドマンをゲストにお迎えします。いまは、第2の“発掘ブーム”黄金期を迎えていると言われています。ヨーロッパの放送局が保管してきた50年代の貴重な演奏が相次いで公開され、アメリカではジャズの巨人が残した歴史的な録音が「モザイク」や「レゾナンス」といったレーベルから公開されるなどの動きが見られます。その立役者の1人、ゼヴ・フェルドマンをアメリカから迎えて、発掘にまつわる苦心話、今後のプロジェクトなどを聴きます。

【ゲスト】ゼヴ・フェルドマン
【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “現代の合唱曲 若手作曲家を迎えて(1)”』
11月2日(日)前7:20~8:10
(再)11月8日(土)後7:20~8:10

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。11月2日(日)は、合唱指揮者の大谷研二さんがお送りします。
日本は世界有数の合唱大国。多くのアマチュア作曲家が歌い、たくさんの作品が生み出されています。そこで、2日と16日の2回にわたって、若手作曲家をスタジオに招き、現代の合唱曲について聞きどころや味わい方を伺いながら、最近の作品を堪能します。1回目のゲストは松本望さんです。作曲とピアノ演奏の両分野で活躍している松本さんは、東京芸術大学大学院修士課程作曲専攻修了。その後渡仏し、パリ国立高等音楽院ピアノ伴奏科を最優秀の成績で卒業。2003年東京文化会館主催合唱作品作曲コンクール最優秀賞受賞作品が出版されるほか、これまで出版された合唱曲集、編曲集などが全国の様々な合唱団に親しまれています。番組では、松本望さんの作品のほか、これまでに影響を受けた合唱曲なども紹介します。お楽しみに!

【ゲスト】松本望
【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “吹奏楽で描く絵画の世界”』
11月2日(日)前8:10~9:00
(再)11月8日(土)後8:10~9:00

11月2日(日)の『吹奏楽のひびき』は、「芸術の秋」と言われるこの時期、絵画、特に有名なものからインスピレーションを受けた吹奏楽作品を集めてお送りします。
ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」に影響を受け、フランス革命・バスチーユ牢獄襲撃の場面を音楽で描き出した、樽屋雅徳。ピカソの「ゲルニカ」同様、ナチスの空爆を受けたゲルニカの町の平和を願って、曲を作ったヤン・ハデルマン。ゴッホの「ひまわり」をモチーフに、ゴッホの壮絶な人生と可憐な絵の二面性を、吹奏楽で表現した八木澤教司。モネの「印象―日の出」の世界観をもとに、モネの過ごした家の雰囲気も織り込み、マリンバ協奏曲を作曲した真島俊夫。
四者それぞれの、「絵画」からのインスピレーションを受け、生まれた作品を聴き比べます。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “古楽界の名匠
 フランス・ブリュッヘンをしのんで”』
11月2日(日)前9:00~11:00

11月2日(日)の『名演奏ライブラリー』は、今年8月に亡くなった指揮とリコーダーの名匠フランス・ブリュッヘンをしのび、ハイドンやベートーベンなど古典派の作品の名演を中心にご紹介します。
フランス・ブリュッヘンは1934年オランダ生まれ、リコーダー奏者として活躍し、古楽演奏の可能性を大きく広げました。1981年にオリジナル楽器によって構成される「18世紀オーケストラ」を結成した後指揮者に転向して、改めて自身の豊かな音楽的才能が広く認められることとなりました。1990年代から、モダン楽器を用いるオーケストラへの客演もおこなって多数の録音を残しています。晩年には新日本フィルハーモニー交響楽団との共演でベートーベンの交響曲全曲演奏会をおこない、聴衆を感動の渦に巻き込みました。、生涯にわたって古楽演奏の発展に尽力したブリュッヘンに想いを馳せます。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂』
11月2日(日)後0:15~2:00

11月2日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「古都・金沢の新しい魅力を発見する」をアンコール放送します。
来年3月14日の北陸新幹線開業で、東京からぐっと近くなる古都・金沢。加賀藩・前田家のお膝元で伝統工芸が受け継がれている一方、金沢駅はアメリカの雑誌で「世界の美しい駅ナンバーワン」、金沢21世紀美術館は、海外の旅行口コミサイトの「クールな観光スポット」上位に選出されています。ゲストに金沢市出身の俳優・篠井英介さん、金沢大学准教授の眞鍋知子さんをお迎えし、伝統とモダンが共存するアートの都、金沢の街と人の魅力を探ります。どうぞお楽しみに!(初回放送10月5日(日))

【ゲスト】篠井英介(俳優)
     眞鍋知子(金沢大学准教授)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
11月2日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、80年代R&Bシーンのビッグスター、ボビー・ブラウンを特集。全米トップ10ヒットを記録した80'sナンバーをお届けします。
また、音楽や映画、ファッション、小説、ムーブメントなどさまざまなキーワードにスポットを当てる「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーは、アメリカを代表するシンガー・ソングライターのひとり、ジョン・メレンキャンプをとりあげ、4年ぶりのニューアルバムの楽曲などを紹介。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2014 “井上陽介カルテット”』
11月2日(日)後10:30~11:30
(再)11月7日(金)前10:00~11:00

11月2日(日)の『セッション2014』は、確かなテクニックとビートに加え、ユーモアなセンスに溢れるプレイで、共演ミュージシャンやファンから愛されているベーシスト、井上陽介さんのセッションをお届けします。大阪音楽大学在学中からプロ活動を開始し、日野元彦、佐藤允彦などのグループに参加しました。1991年から2004年までニューヨークを拠点に活動し、これまでに日野皓正、ハンク・ジョーンズ、穐吉敏子、ドン・フリードマン、デューイ・レッドマン、リー・コニッツ、デイブ・リーブマン、ジャック・ウィルキンス、サイラス・チェスナットなど多くのミュージシャンと共演を果たしました。現在は、自身のグループや、大野雄二、渡辺香津美などのレギュラー・メンバーとしても活躍しています。音楽ルーツでもある70年代のジャズ・フュージョン・ファンクを意識した『暖かく、熱いサウンド』のLIVEをお届けします。どうぞお楽しみに!

【演奏】井上陽介(ベース)
    秋田慎治(ピアノ)
    荻原亮(ギター)
    江藤良人(ドラムス)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:06 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


連続テレビ小説「マッサン」主題歌を歌う中島みゆきをフィーチャーしたスペシャルな番組『SONGS』・『オール中島みゆきナイト』を2夜連続で!


『SONGS 中島みゆき~テーマ曲の世界~』
総合テレビ 11月1日(土)後11:00~11:29
(再)11月7日(金)(6日(木)深夜)前1:30~1:59

これまで、テレビドラマ・ドキュメンタリーなどのテーマ曲として数々のヒット曲を送りだしてきた中島みゆき。そして、NHK連続テレビ小説「マッサン!」の主題歌「麦の唄」では、日本の朝に元気を届けています。番組では「マッサン」出演者のインタビューとともに、中島みゆきの2012年から13年に行われたコンサートツアー「縁会」2012~13から数々のテーマ曲の名演奏を、曲にまつわるエピソードとともにたっぷりとお届けします。

20141030K84A9104_ok.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら

『オール中島みゆきナイト』
BSプレミアム11月2日(日)後10:50~前0:04
(初回放送2013年11月3日(日・祝))

永遠の歌姫・中島みゆきさんの名曲の数々を、貴重な映像でたっぷり紹介する番組『オール中島みゆきナイト』。
番組では、中島みゆき好きの客が夜な夜な集う場末のスナック“みゆき”を舞台に、中島みゆきファンの著名人たちが、中島みゆきさんへの愛を語り合いつつ、「地上の星」「時代」などの名曲の数々を紹介します。さらに、スタジオに集えなかった著名人からのビデオ・リクエストも紹介。幅広い世代から愛される、中島みゆきさんの音楽を、楽しいおしゃべりとともにお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】ビビる大木、クリス松村、茂木健一郎、先崎学、おかもとまり
【VTR出演】さだまさし、薬師丸ひろ子、ゆず、安達祐実、
       槇原敬之、坂崎幸之助

投稿時間:10:31 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日31日(金)放送!『NHK音楽祭2014 ズービン・メータ指揮 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団』


巨匠メータによるマーラー絶頂期の傑作!
『NHK音楽祭2014 ズービン・メータ指揮 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団』
10月31日(金)後7:30~9:20


ongakusai2014.jpg12回目となる『NHK音楽祭』は、後期ロマン派を代表する3人の偉大な作曲家、ブルックナー、マーラー、そしてリヒャルト・シュトラウスにスポットを当てます。 オーケストラの編成がこれまでにないほど巨大化した19世紀末から20世紀初頭、彼らは互いに影響を与えあい、自由かつ前衛的な作品を数多く生み出しました。31日(金)の『NHK音楽祭2014』は、「巨匠メータによるマーラー絶頂期の傑作!」と題して指揮者・ズービン・メータとスラエル・フィルハーモニー管弦楽団が10月29日(水)にNHKホールで共演した模様をお届けします。どうぞお楽しみに!


◆イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
指揮】ズービン・メータ
【曲目】シューベルト/交響曲 第6番 ハ長調 D.589
    マーラー/交響曲 第5番 嬰ハ短調

20141031_1.jpg■ズービン・メータ
インドのボンベイ(現在はムンバイ)に生まれる。医学を学んだ後、ウィーン国立音楽大学でハンス・スワロフスキーに師事。ウィーン・フィル、ベルリン・フィルを指揮して成功を収めた。モントリオール交響楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務め、1977年、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任。81年から終身音楽監督を務める。フィレンツェ五月音楽祭首席指揮者(1985~)、バイエルン国立歌劇場音楽監督(1998~2006)、ニューヨーク・フィルハーモニック音楽監督(1978~91)を歴任。ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ウィーン楽友協会名誉会員。ウィーン・フィル、ミュンヘン・フィル、ロサンゼルス・フィルなどから名誉指揮者の称号を受ける。2008年、世界文化賞、13年、タゴール賞を受賞。

■イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
1936年、バイオリニストのブロニスラフ・フーベルマンの呼びかけで結成。36年12月の第1回コンサートを指揮したのはアルトゥーロ・トスカニーニであった。結成当時以来の伝統である厚みのある弦楽器の響きは“世界一の弦”と称される。現在テルアビブ、エルサレム、ハイファで定期公演を開催し、イスラエル各地での公演、世界の主要音楽祭などに出演。また積極的にイスラエルの作曲家の新作初演を手がけている。数多くの世界的指揮者・ソリストを招聘するとともに、若い音楽家の育成に力を注ぎ、教育プログラムやアウトリーチ活動を行っている。終身音楽監督ズービン・メータ(音楽顧問、音楽監督を経て81年から)。桂冠指揮者レナード・バーンスタイン、名誉客演指揮者クルト・マズア。2011年、ジャナンドレア・ノセダが首席客演指揮者に就任。

20141031_2.jpg

 

投稿時間:10:12 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


31日(金)の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストにE-girlsのAyaさんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”
  ~E-girls Ayaが語るガールズポップス~』
10月31日(金)後10:00~10:45

隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
31日(金)は、E-girlsのAyaさんをゲストにお迎えしてお送りします。昨年末の紅白歌合戦初出場、そして初めての単独ツアーの開催と、今もっとも勢いがあるグループE-girlsのリーダーを務めるAyaさんの心躍らせる“ガルポプ”とは?ヒャダインさんと熱く語り合います!どうぞお楽しみに!

【ゲスト】Aya(E-girls)
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんがMCを担当!
『オトナのトビラTV』
Eテレ 毎週木曜 後7:25~7:55
(再)Eテレ 翌週火曜 前0:25~0:55 (月曜深夜)

ヒャダインさんがMCを担当し、社会の入り口に立つ10代の若者に向けた“お役立ち情報満載”の番組『オトナのトビラTV』。オシャレの秋、素敵なハイヒールで足元からキメたのに、靴が足に合わず、歩いているうちに足が痛くなったり…、外反母趾や巻き爪などになる10代が増えているといいます。そこで10月30日(木)の『オトナのトビラTV』では、足のトラブルの原因と対処法、ハイヒールでカッコよく歩くためのコツなどをご紹介します。

※『オトナのトビラTV』番組ホームページはこちら

◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!
『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回放送・11月1日(土)は、ゲストにアコースティックギターデュオのROAD FRIENDSが登場!一度聴いたら耳と心に残るメロディが武器のふたりのオリジナル曲は、なんと70曲以上にも上ると言います。ファンとともに素顔と魅力に迫ります。どうぞお楽しみに!

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:27 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


30日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、村上てつや(ゴスペラーズ)さんがマスターに就任して最初のミッドナイトソウルカフェです!


『ザ・ソウルミュージック ~ミッドナイトソウルカフェ~』
10月30日(木)後11:00~前0:00
(再)11月6日(木)前10:00~11:00

隔月末恒例でお送りしてきた「ミッドナイト・ソウル・カフェ」。今回から、常連のお客様だったゴスペラーズのリーダーであり、日本が誇るソウル・ブラザーである、村上てつやさんがマスターを勤め、ミッドナイトソウルカフェをお送りします。村上てつや秘蔵の音源を紹介するコーナーやゲストをお迎えしてソウル談義を繰り広げるなど、アーティストの視点でソウルミュージックに深く切り込みます。ソロアルバムながら30年あまりにわたってお蔵入りだったThe Legendary Soul Manの2002年発表のアルバムからの楽曲などをご紹介します。お楽しみに!

【DJ】村上てつや(ゴスペラーズ)

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:29 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日29日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』桜井さんと高見沢さんが担当。はじめて物語では、 "デビュー40周年"について語り合います!


『THE ALFEE 終わらない夢』
10月29日(水)後11:00~前0:00
(再)11月5日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。29日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、先週に引き続き桜井さん&高見沢さんのコンビでお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“デビュー40周年”がテーマ。アイドルバンドとして期待されてデビューしながらも、なかなかヒットに恵まれず苦労した当時の思い出や、デビュー40周年イヤーとなる今年の活動などについて語り合います。
さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、72年にデビューし、74年にはアルバム「Country Life」をリリースしたイギリスのロックバンド、ロキシー・ミュージックをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】桜井賢、高見沢俊彦

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


11月23日(日・祝)放送決定!音楽と笑いの融合番組『音楽ガハハ』


gahaha_A4.jpgのサムネイル画像『音楽ガハハ』
11月23日(日・祝)後10:00~11:30

「音楽」×「笑い」=「至高のエンターテインメント」
だから、この2つを切り離すなんてもったいない!
独自の切り口で「音楽」と「笑い」の融合を試みる、いま注目のお笑い界&音楽界究極の曲者3人がここに集結。音で遊び、笑いを奏でる新次元バラエティラジオショー! 先の読めない爆笑トークと、スリリングな即興演奏も飛び出す音楽企画満載で、音楽を骨の髄まで遊び尽くします。

【出演者】マキタスポーツ、レキシ(池田貴史)、やついいちろう

◆マキタスポーツ
20141123_01.jpg各方面の音楽人から支持・注目を集めるアーティストでありながら、映画『苦役列車』での演技が高く評され、ブルーリボン賞・新人賞及び東京スポーツ映画大賞・新人賞を受賞。
TX系連続ドラマ「みんな!エスパーだよ!」TBS日曜劇場「ルーズヴェルト・ゲーム」での怪演ぶりもが記憶に新しい中、昨年にはメジャーデビューアルバム「推定無罪」を発表。今年に入ってからはヴィジュアル系ロックバンド"Fly or Die"というバンド活動と共に役者としてEX「ドクターX~外科医・大門未知子~」、NTV「地獄先生ぬーべー」等にレギュラー出演中。さらに、鋭い音楽分析力を生かし音楽批評家としても活躍。今年1月に出版した「すべてのJ-POPはパクリである(~現代ポップス論考)」が大ヒット中。

◆レキシ(池田貴史)
20141123_02_.jpg1997年SUPER BUTTER DOGのキーボーディストとしてメジャーデビュー。デビュー当時からアフロヘアがトレードマークで、プレイヤーとしてはもちろん、ライブにおけるファンキーなエンターテナーぶりと喋りのセンスも評価が高く、テレビではイケチャンとしても活躍中。
日本の歴史に造詣が深く、ソロ・プロジェクト、レキシとして2007年アルバム『レキシ』でソロデビュー。ファンキーなサウンドに乗せて歌う日本史の歌詞と、ユーモア溢れるステージングで話題を呼ぶ。それ以降も『レキツ』『レキミ』とアルバムをリリース。アルバムにはいとうせいこう、椎名林檎、斉藤和義、山口隆(サンボマスター)、Bose、ANI(スチャダラパー)、安藤裕子、Mummy-D(Rhymester)といった豪華ゲストが参加している。今年6月にリリースした新アルバム『レシキ』は、オリコンチャート7位。8月に行った武道館でのライブも満員御礼となった。

◆やついいちろう
20141123_03.jpgお笑いコンビ「エレキコミック」のボケ担当。音楽好きで友人も多く、お笑い界一、音楽業界に顔の広い(?)芸人とも言われている。友人でもある曽我部恵一氏の勧めでDJを始め、2005年「COUNTDOWN JAPAN 05/06」DJブースにて、フェスデビュー。以後、夏の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」、冬の「COUNTDOWN JAPAN」にはゲストDJとして欠かさず出演。
エレキコミックとしての活動と並行し、音楽イベントのDJとしても全国を駆け回っている。「DJやついを見るために毎年フェスに行ってます!」「ベストアクト」との声も多い。2009年にDJとしてCDデビュー、以降6枚のMIXCDをリリース。2012年2月からは、自ら大型エンタテインメントフェス『YATSUI FESTIVAL』を毎年開催。今年は172組のアーティストが出演した。来年は2daysも決定。



※『音楽ガハハ』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終火曜日放送『くるり電波』28日(火)は「世界は音楽で出来ている」と新コーナー「くるリコメン」をお送りします!


『くるり電波』
10月28日(火)後11:00~前0:00
(再)11月4日(火)前10:00~11:00

常に新しいサウンドを求めて活動をつづける“くるり”が、毎月最終火曜日にお届けしている番組『くるり電波』。
28日(火)は、世界の良質な音楽を紹介する「世界は音楽で出来ている」のコーナーでは、“ノルウェー”をピックアップします。そして、新コーナー「くるリコメン」では、メンバーそれぞれが推薦盤を紹介します。どうぞお楽しみに!

【出演】岸田繁、佐藤征史、ファンファン

※『くるり電波』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:01 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週27日(月)から始まる新番組『健太×近田のロック巌流島』は、"ボブ・ディランが音楽シーンに与えた影響"についてトークバトル!


『健太×近田のロック巌流島』
10月27日(月)後11:00~前0:00

毎月最終月曜日、萩原健太×近田春夫 2人の“音楽生き字引”がダブルDJを務め、決して妥協することなく音楽論を激しくぶつけあう、「巌流島の対決」のようなトークバトルを良質な音楽とともに展開する新番組『健太×近田のロック巌流島』がスタートします!
27日(月)の『健太×近田のロック巌流島』は、“ボブ・ディランが音楽シーンに与えた影響”について語り合います。どうぞお楽しみに!

【DJ】萩原健太、近田春夫

※『健太×近田のロック巌流島』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週27日(月)からの『青春アドベンチャー』は、人間関係を通して成長していく姿を描いた、近藤史恵・原作、芳﨑洋子・脚色「さいごの毛布」をお送りします!


『青春アドベンチャー “さいごの毛布”』<全10回>
10月27日(月)~31日(金)後10:45~11:00
11月3日(月・祝)~7日(金)後10:45~11:00

27日(月)からの『青春アドベンチャー』は、人間関係を通して人間的に成長していく姿を描いた、近藤史恵・原作、芳﨑洋子・脚色「さいごの毛布」をお送りします!
梨田智美(25)は、兵庫県宝塚市で藤本麻耶子(51)が経営する老犬ホーム「ブランケット」に住み込みで入社した。ブランケットは創業2年足らず。オーナーの麻耶子と、元獣医病院の看護師をしていた安原碧(35)だけで、飼い主が何らかの事情で飼えなくなった大小様々な15匹の犬を預かっていた。
犬は飼ったことがないけれども、嫌いではないというくらいの意識で就職したヒロイン・智美が、生きている犬たちとの関わりや、ホームでの温かい人間関係を通して成長していく姿を関西の移りゆく季節の中で描いてゆく作品です。

【原作】近藤史恵
【脚色】芳﨑洋子
【出演】徳永えり、田岡美也子、松永玲子、松田悟志、
    関戸将志、西尾友樹、野々村のん、佐藤蛾次郎、
    角谷栄次、枝元萌、山﨑千惠子、坂口あずさ、
    谷川清美、常石梨乃、中谷守男、本多新也、
    馬場野々香

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 10月27日(月)~10月30日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

10月27日(月) 10月28日(火)
ml_20141027.jpg ml_20141028.jpg
チャットモンチー SEBASTIAN X

10月29日(水) 10月30日(木)
ml_20141030.jpg ml_20141029.jpg
ストレイテナー 藤田麻衣子

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:17:12 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週27日(月)からの『歌謡スクランブル』は「話題のホットミュージック」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
10月27日(月)~11月1日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
27日(月)からの『歌謡スクランブル』は「話題のホットミュージック」と題して、演歌、歌謡曲、J-POPまで幅広いジャンルの最新曲をお送りします。どうぞお楽しみに!

10月27日(月) 話題のホットミュージック(1)
(綾小路きみまろ「きみまろのあれから40年」、里見浩太朗「男の駅舎」ほか)

10月28日(火) 話題のホットミュージック(2)
(大月みやこ「霧笛の宿」、松原のぶえ「合掌街道」ほか)

10月29日(水) 話題のホットミュージック(3)
(Superfly「愛をからだに吹き込んで」、大竹しのぶ×山崎まさよし「黄昏のビギン」ほか)

10月30日(木) 話題のホットミュージック(4)
(中島みゆき「麦の唄」、竹原ピストル「RAIN」ほか)

10月31日(金) 話題のホットミュージック(5)
(モーニング娘’14「TIKI BUN」、SEKAI NO OWARI「Dragon Night」ほか)

11月1日(土) 話題のホットミュージック(6)
(Sexy Zone「男 never give up」、阿部真央「それぞれ歩き出そう」ほか)

【司会】深沢彩子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:57 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週27日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「食と音楽で巡る地球の旅」、作家の吉村喜彦さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~食と音楽で巡る地球の旅~』
10月27日(月)~30日(木)前9:20~10:00
(再)11月4日(火)~11月6日(木)後5:20~6:00

※11月3日(月・祝)は特集番組のため再放送はお休みにします。ご了承ください。

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
27日(月)からの週は、作家の吉村喜彦さんが担当する「食と音楽で巡る地球の旅」。食べ物から連想する世界中の音楽を料理や文化とともにお楽しみください。今回は、“食感を楽しむ食べもの”をテーマにお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】吉村喜彦

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


26日(日)の『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、U-zhaanがDJを担当しています!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~U-zhaan~』
10月26日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。
19日・26日の2回にわたって、タブラ奏者U-zhaanがDJを務めています。今回は、U-zhaanの初めてのソロ・アルバムについてトークが展開していきます。アルバムでコラボしているさまざまなアーティストとのとっておきの話など、ゲストにハナレグミをお迎えしてお送りします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】ハナレグミ
【DJ】U-zhaan
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:16:42 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


10月27日(月)~11月2日(日) 編成のイチ押し!


みなさんは、「巌流島」と聞いて何を思い浮かべますか?
古くは、剣豪・宮本武蔵と佐々木小次郎の果し合い、あるいは、日本プロレス史上に残る、アントニオ猪木とマサ斉藤の死闘でしょうか。
NHKーFMでは、この秋、「世紀の巌流島の戦い」が幕を開けます!

 

pickup_ganryujima.jpgのサムネイル画像<10月27日(月)スタート!>
『健太×近田のロック巌流島』
最終月曜 後11:00~前0:00

毎回、一人のアーティスト、ひとつのジャンルを巡って、音楽界を代表する音楽評論家・萩原健太さんとミュージシャン・近田春夫さんがガチンコ対決!
一回目の放送は、アメリカを代表する大御所、ボブ・ディラン。ディランを支持する萩原さんと、真っ向から否定する近田さんが熱い議論を闘わせます。
どんな戦いが繰り広げられたのか、聴き応えたっぷりの60分間です。ちなみに、二回目のテーマは、音楽史上に燦然と輝くあのスーパーグループ!
この秋、「巌流島の戦い」から目が(耳が?)離せなくなりそうです。


※『健太×近田のロック巌流島』番組ホームページはこちら


Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:16:09 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム25日(土)は南こうせつの代名詞ともいえる伝説の野外コンサート『サマーピクニック Love&Peace』!


『サマーピクニック Love&Peace』
BSプレミアム 10月25日(土)後8:00~11:00

南こうせつの代名詞ともいえる伝説の野外コンサート「サマーピクニック」。今回は、1970年万博が行われた「大阪万博公園」に3万人の観客を集め行われました。午後2時からスタートし約5時間にわたったコンサートの模様を3時間に編集して放送します。出演は南こうせつ、さだまさし、松山千春・伊勢正三、イルカ、槇原敬之、太田裕美、尾崎亜美、大野真澄、杉田二郎、ももいろクローバーZほか。お楽しみに!

20141024file_000788.jpg

※『サマーピクニック Love&Peace』の番組ホームページはこちら

投稿時間:11:30 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』10/25(土)のゲストは戸次重幸さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 10
月25日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 10月28日(火)後9:05~9:55

※28日(火)の再放送は、プロ野球中継のため休止となる場合があります。

脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さんが脚本を手がけた来年公演の初舞台作品『スタンド・バイ・ユー -家庭内再婚-』に出演予定の戸次重幸さんをお迎えします。


1025_rockber.jpg高校のころまではスポーツ少年だった戸次さん。イッセー尾形さんの芝居に魅了され、単身上京を考えていたお話や大学の演劇部のメンバーと旗揚げしたTEAM NACSのこれまでの活動を伺います。また、俳優としてだけでなく脚本や演出も手がける戸次さんが、舞台と映像作品を演じる上で意識している点や執筆についても岡田さんと語り合います。さらに『スタンド・バイ・ユー -家庭内再婚-』での役どころや作品に対する思いを語ります。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】戸次重幸
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください

 

投稿時間:15:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 10月25日(土)・26日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~ひざと看板とスプーンの音楽~』
10月25日(土)前9:00~11:00

世界の快適音楽セレクションもついに究極の試みをすることにしました。一見何の関係もないものを集めてテーマにする―。
初めてとなった今回、選ばれたのがひざ、看板、スプーン。これらにまつわる音楽とは?ところが聞いてびっくり、あら不思議!それぞれをタイトルにしたり、アルバムのジャケットにあったりと音楽とのつながりが見えてきます。ぜひ、ゴンチチの、不思議なふしぎな大胆不敵なチャレンジをお楽しみください。

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
10月25日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。25日(土)は先週に引き続きしょこたん生徒会長が欠席のため、進行役&講師(ゲスト)として、声優・歌手・ピアニストの牧野由依さんをお迎えします!牧野さんはピアニスト、歌手、そして声優としても、現在放送中の総合テレビ、アニメ『団地ともお』の主人公の姉・木下君子役で出演するなどマルチ・タレントとして多方面で活躍しています。スタジオライブも予定していますのでお楽しみに!

【講師(ゲスト)】牧野由依(声優・歌手・ピアニスト)
【司会(生徒会長、書記、放送部員)】あべあきら、藤崎弘士アナウンサー

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮
 “園田高弘没後10年 若き日の演奏~NHKのアーカイブスから~”』
10月25日(土)後9:00~10:00
(再)10月27日(月)前10:00~11:00

10月最終週の今回は、NHKの貴重なヒストリカル音源から、園田高弘の演奏をご紹介します。園田は1928年東京・中野に生まれました。1948年に東京音楽学校(現・東京芸術大学)本科ピアノ科を卒業したのち、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の定期演奏会でショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏してピアニストとしての活動を開始しました。2004年に亡くなるまで現役で演奏活動を続けました。戦後の日本音楽界を演奏者、教育者として牽引しました。レパートリーの幅広さと録音が多いことでも知られています。
今回は、ベートーベンやブラームスに「本筋」を見いだしながら、一方では「実験工房」のメンバーにもなって「戦後前衛音楽」の闘士でもあった園田の若き日の「多面性」にせまります。また、1950年代の若き日の園田の演奏でCD化されていない貴重な音源もお楽しみいただきます。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “産後途中下車”』
10月25日(土)後10:00~10:50

25日(土)の『FMシアター』は、歌をたっぷり盛り込んだ、ハートフルコメディー、「産後途中下車」を放送!。尾野洋子(木村多江)は夫・安夫(野間口徹)と共に子どもが生まれた後の幸せな家庭を思い描いていた。
しかし、産後の生活は壮絶を極めた。ままならない育児、多忙な夫…。追いつめられた洋子は、ある日、駅のホームで「イクメンDJ」として人気のタレント、ジョンイチロー(山口智充)に出会う。彼の大ファンだった洋子は、思わず育児相談に乗ってもらう。悩める洋子に、ジョンイチローは「夫改造計画」を実行するようにアドバイス。しかし、それは思わぬ方向に転がり始め…洋子は夫婦の愛を取り戻すことができるのか?

【作】池谷雅夫
【音楽】森悠也
【出演】木村多江、山口智充、野間口徹、
    和泉ちぬ、佐々木睦、岩渕敏司、島崎裕気、宮島朋宏

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト
 “日本のジャズ 伝説のライヴ~ギタリスト高柳昌行”』
10月25日(土)後11:00~翌前1:00

25日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、日本ジャズ界の伝説の巨人やグループが全盛期に残した貴重なライヴ演奏を紹介するシリーズ「日本のジャズ:伝説のライヴ」の10回目となる今回は、ギタリスト・高柳昌行を取り上げます。高柳昌行は1932年に東京生まれました。16歳でギターをはじめ19歳でプロ活動を始めます。伝統的なギタリストのスタイルから発し、やがて1986年のジョン・ゾーンとの共演など、つねにジャズ界のもっとも先端的な位置にいてフリー・ジャズへと表現の枠を拡大していきます。今もなお、不滅の輝きを放っている高柳昌行の先駆的偉業をお楽しみください。

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “ユーロ アカペラの魅力”』
10月26日(日)前7:20~8:10
(再)11月1日(土)後7:20~8:10

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。26日(日)は、アカペラ・グループ「トライトーン」の多胡淳さんが、ヨーロッパのアカペラサウンドを取り上げます。ヨーロッパのジャズ・ポップスコーラスは、民謡からアメリカのヒットナンバーのカバー曲まで、レパートリーが非常に幅広く、ヨーロッパの北から南まで、多くの民族・言語による多彩なサウンドが魅力です。今回は、ドイツ、イタリア、ベルギー、フランス、北欧、ロシアなどのアカペラグループのサウンドをたっぷりとお楽しみいただきます。

【案内】多胡淳

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “リクエスト集”』
10月26日(日)前8:10~9:00
(再)11月1日(土)後8:10~9:00

26日(日)の『吹奏楽のひびき』は、リスナーからのリクエストにお応えします。吹奏楽ファン一人ひとりの思い出と感動が詰まったリクエストをエピソードとともにご紹介します。お送りするのは、“輝く管楽器”というタイトル名がついた楽曲、木星の4個の衛星を題材にした楽曲などです。お楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “世界にはばたくビオラ奏者 今井信子を聴く”』
10月26日(日)前9:00~11:00

26日(日)の『名演奏ライブラリー』は、日本が世界に誇るビオラ奏者今井信子の名演をお楽しみいただきます。今井信子は1943年東京生まれ。国際的なビオラ奏者として、ソロ演奏、室内楽を中心に活躍しています。「ビオラという楽器の可能性を追求し、その音楽性と素晴らしさを広めたい」という強い思いで1992年からはビオラのための演奏会シリーズ「ヴィオラ・スペース」を開催しています。さらに、後進の育成にもあたるなどビオラ音楽の振興にも力を注いでいます。番組ではコリン・デーヴィスの指揮で演奏されたベルリオーズや、武満徹の作品などを紹介します。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『日曜喫茶室 “食”から見える作家の魅力』
10月26日(日)後0:15~2:00

喫茶店「なかま」を舞台に、マスターとゲストに常連客も加わって、旬の話題・活動をおもしろおかしくおしゃべりが展開する『日曜喫茶室』。今回は、ゲストに作家の嵐山光三郎さんとエッセイストの向田和子さんをお迎えして、食について鮮やかに描写する作家とその作品、そこから見える作家の生き方を語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】嵐山光三郎(作家)
     向田和子(エッセイスト)
【ご常連】池内 紀(ドイツ文学者)
【司会】(マスター)はかま満緒、(ウェイトレス)小泉裕美子

※『日曜喫茶室』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
10月26日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、アメリカのニューウェイブシーンの代表格、トーキング・ヘッズを特集。名盤ともいわれるアルバム「Remain In Light」をはじめとする、トーキング・ヘッズの80's作品の中から選りすぐってお届けします。
また、音楽や映画、ファッション、小説、ムーブメントなどさまざまなキーワードにスポットを当てる「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーは、2枚のアルバムを同時リリースしたばかりのプリンスをとりあげます。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ライブビート ~Nabowa~』
10月26日(日)後10:30~11:30
(再)10月31日(金)前10:00~11:00

毎月最終日曜日、ロックを中心に、メジャーやインディーズを問わず“鋭利な音”にこだわって、旬なバンドやミュージシャンのライブを紹介する番組『ライブビート』。
10月26日(日)は、京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンドNabowaが登場!結成10周年を迎えた今年は、6月に2年振りとなるアルバムと、9月に10周年記念盤『Nabowa Meets Carlos Nino & Friends』を立て続けにリリースしました。また、今夏は数多くの大型フェスに出演してこれからは全国ツアーも予定されるなど注目を集めています。どうぞお楽しみに!

【出演】Nabowa
 【DJ】古閑裕

※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:34 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


24日(金)放送の『AKB48の"私たちの物語"』は、DIVA原案・出演作「DIVA~ラストミッション(後編)」をお送りします!


『AKB48の“私たちの物語”』
10月24日(金)後10:00~10:45
 
「DIVA~ラストミッション(後編)」
かつて、世の中を騒がせた伝説の大泥棒。黒のレザースーツに身を包み、悪どい大金持ちからだけ泥棒をする女性四人組『DIVA』。しかし、彼女たちはDIVAから足を洗い、それぞれの人生を歩んでいた。離ればなれになってちょうど1年が過ぎたころ、4人のもとにあの言葉が届けられた。コードネーム『月の裏側』を受け取った彼女たちは、かつて共に通った母校、AKB女子学園の体育館に集結した…
 
【原案】秋元才加、梅田彩佳、増田有華、宮澤佐江、井上結菜、
    粕谷聡子、福野来夢、二見夕貴、古川温子、山上綾加
【脚本】北阪昌人
【出演】秋元才加、梅田彩佳、増田有華、宮澤佐江、井上結菜、
    粕谷聡子、福野来夢、二見夕貴、古川温子、山上綾加、山寺宏一
 
※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら
 
 
<関連番組>
◆BSプレミアムで放送中、AKB48グループのレギュラー番組!
『AKB48 SHOW』
BSプレミアム 毎週土曜日 後11:30~11:59
 
次回10月25日(土)は、HKT48の「恋のお縄」とチーム8スペシャルメドレーをスタジオライブでお送りします。たかみな総監督の説教部屋は、ドラマの主演、ミュージカル・ヒロインを務めて次世代エースの呼び声も高いなーにゃ、大和田南那が呼び出し。どんな展開に?!また、SKE北川綾巴・NMB新曲センター白間美瑠のふたりが、AKB48単独東京ドームコンサートへ潜入リポートします!どうぞお楽しみに!
 
※『AKB48 SHOW』番組ホームページはこちら
 
※『AKB48 SHOW』ブログ記事はこちら
 

投稿時間:10:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日23日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、"In A Jazzy Mood特集"の第3弾です!


『ザ・ソウルミュージック ~In A Jazzy Mood特集~』
10月23日(木)後11:00~前0:00
(再)10月30日(木)前10:00~11:00
 
ジャズに息づくソウル、ソウルに息づくジャズの名曲を紹介する“In A Jazzy Mood”。
毎月1曲ずつ紹介していましたが、3週にわたって近年のIn A Jazzy Moodな作品から選りすぐりの曲を一堂に集めてお楽しみいただいています。
3回目の今回は、最新のニューリリース作品から、ニューオリンズのレジェンドが“ジャズ・ジャイアント”をトリビュートしたアルバムの1曲を含む3曲を、また、リイシュー作品から、カリフォルニア・サンノゼ出身Aposento Altoが1978年に発表したグループ唯一のアルバムのリイシューからの1曲を含む2曲を、それぞれお届けします。秋の夜長にぴったりの〝Jazzy Mood〟なナンバーをお楽しみください。
 
【DJ】オダイジュンコ
 
※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら
 

投稿時間:10:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日22日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』桜井さんと高見沢さんが担当。はじめて物語では、 "アンコール"について語り合います!


『THE ALFEE 終わらない夢』
10月22日(水)後11:00~前0:00
(再)10月29日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。22日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、桜井さん&高見沢さんのコンビでお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“アンコール”がテーマ。デビュー当時のアコースティックサウンドからロックへと変化していったのはアンコールがきっかけだった?さまざまなライブの思い出を振り返ります。
さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、イギリスのグラムロックバンド、モット・ザ・フープルをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】桜井賢、高見沢俊彦

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:29 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 11月の特集番組ラインナップ!


11月の特集番組ラインナップ

『今日は一日“歌う声優”三昧 ツヴァイ!』
11月3日(月・祝)後0:15~10:45(中断あり)

pickup_zanmai.jpgのサムネイル画像日本が世界に誇るアニメ文化。こうしている今も日本の、世界の何処かでアニメ作品がファンを熱くさせています。その立役者こそ、卓越した技術と魅力的な個性でキャラクターに命を吹き込む声優たち。声優の中には歌手活動を精力的に行う人が多くいます。そんな声優の楽曲を特集する「今日は一日“歌う声優”三昧」がおよそ2年ぶりに復活!おなじみのナンバーから隠れた名曲まで、バラエティに富んだ歌の数々で、休日を子供から大人まで、幅広い世代に楽しんでいただきます。アニメ主題歌はもちろん、演じるキャラクターになりきって歌うキャラクターソングから、自らのアーティスト活動としてのオリジナルソングまで、声優が歌う楽曲なら何でもOK!番組では曲や声優への思いなど、エピソードとともにリクエストを募集中です!どしどしお寄せください。そして、前回好評だった「声のプレゼント」を今回も企画中。ゲスト声優に言ってほしい元気がもらえるセリフも募集いたします。

【ゲスト】小杉十郎太、久川綾、安元洋貴、新田恵海、雨宮天
【司会】井上喜久子、塩澤大輔アナウンサー

※『今日は一日“歌う声優”三昧 ツヴァイ!』番組ホームページはこちら


『第81回 NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール』
11月3日(月・祝)前7:25~11:00

Ncon2014.jpg『NHK全国学校音楽コンクール』は、全国の小学校・中学校・高等学校の児童・生徒を対象とした合唱コンクールです。毎年新しく制作する課題曲と参加校が選ぶ自由曲で歌声を競います。今年は小・中・高あわせておよそ2600校10万人が参加しました。都府県地区、そしてブロックのコンクールを勝ち進み、全国コンクールに駒を進めた精鋭11校が、ただ1校に与えられる金賞の栄誉をかけてハイレベルな合唱を披露します。番組では、10月11日(土)~13日(月・祝)に東京・渋谷のNHKホールで開催されたコンクールの模様をご紹介します。

― 課題曲 ―

小学校の部 「ゆうき」
作詞:中川李枝子
作曲:村松崇継

中学校の部 「桜の季節」
作詞:EXILE ATSUSHI
作曲:EXILE ATSUSHI/マシコタツロウ
編曲:加藤昌則

高等学校の部 「共演者」
作詞:小林香
作曲: 横山潤子

【司会】二宮直輝アナウンサー

Ncon2014_1.jpg

※『Nコン』番組ホームページはこちら


『第83回 日本音楽コンクール 本選会』
11月10日(月)~14日(金)・17日(月)午後7:30~9:10

10日(月)バイオリン(10月25日収録)
11日(火)ピアノ  (10月26日収録)
12日(水)声楽   (10月27日収録)
13日(木)ホルン  (10月28日収録)
14日(金)チェロ  (10月29日収録)
17日(月)作曲    (10月30日収録)
※会場は東京オペラシティコンサートホール

「日本音楽コンクール」(NHK・毎日新聞社主催)は、クラシック音楽の演奏家、作曲家を志す人々にとっての登竜門として、戦時中も続けられ、日本で行われる音楽コンクールのなかでも最高の水準と最も長い歴史を誇っています。上位入賞者の多くは、日本および世界の第一線で活躍するトップ・アーティストに成長、活躍しており、わが国の音楽界の将来を占うイベントとして注目されています。今年は、ピアノ、バイオリン、声楽、作曲、ホルン、チェロの6部門の競演が繰り広げられました。NHK-FMでは、10月にお送りした最終予選に続き、本選会での演奏をお送りします。次代を担う若き才能たちの熱演を、どうぞお楽しみください。


『Road with GLAY』
11月23日(日・祝)後7:20~10:00

GLAY ――1994年のデビュー以来、大ヒットを連発。
1997年の『REVIEW-BEST OF GLAY』は487万枚のアルバム売上の日本記録を樹立。1999年の「GLAY EXPO」では観客動員20万人という、単独アーティストとしては世界最多の動員を記録しました。休止や解散をすることなく、今年20周年を迎えたGLAY。9月には、2004年以来10年ぶりに「GLAY EXPO」を東北・宮城県で開催するなど、メモリアルイヤーに精力的な活動を繰り広げています。番組では、GLAYの軌跡と音楽を徹底的に掘り下げながら、20年間に経てきた時代と音楽シーンの変遷を振り返りながら、大ヒットソングや名曲の誕生秘話、そして知られざるエピソードなどたっぷりと語っていただきます。さらに、貴重なライブ音源も!?どうぞお楽しみに!

【出演】TAKURO、テリー伊藤

20141123glay.jpg


gahaha_A4.jpgのサムネイル画像『音楽ガハハ』
11月23日(日・祝)後10:00~11:30

「音楽」×「笑い」=「至高のエンターテインメント」
だから、この2つを切り離すなんてもったいない!
独自の切り口で「音楽」と「笑い」の融合を試みる、いま注目のお笑い界&音楽界究極の曲者3人がここに集結。音で遊び、笑いを奏でる新次元バラエティラジオショー! 先の読めない爆笑トークと、スリリングな即興演奏も飛び出す音楽企画満載で、音楽を骨の髄まで遊び尽くします。

【出演者】マキタスポーツ、レキシ(池田貴史)、やついいちろう

◆マキタスポーツ
20141123_01.jpg各方面の音楽人から支持・注目を集めるアーティストでありながら、映画『苦役列車』での演技が高く評され、ブルーリボン賞・新人賞及び東京スポーツ映画大賞・新人賞を受賞。
TX系連続ドラマ「みんな!エスパーだよ!」TBS日曜劇場「ルーズヴェルト・ゲーム」での怪演ぶりもが記憶に新しい中、昨年にはメジャーデビューアルバム「推定無罪」を発表。今年に入ってからはヴィジュアル系ロックバンド"Fly or Die"というバンド活動と共に役者としてEX「ドクターX~外科医・大門未知子~」、NTV「地獄先生ぬーべー」等にレギュラー出演中。さらに、鋭い音楽分析力を生かし音楽批評家としても活躍。今年1月に出版した「すべてのJ-POPはパクリである(~現代ポップス論考)」が大ヒット中。

◆レキシ(池田貴史)
20141123_02_.jpg1997年SUPER BUTTER DOGのキーボーディストとしてメジャーデビュー。デビュー当時からアフロヘアがトレードマークで、プレイヤーとしてはもちろん、ライブにおけるファンキーなエンターテナーぶりと喋りのセンスも評価が高く、テレビではイケチャンとしても活躍中。
日本の歴史に造詣が深く、ソロ・プロジェクト、レキシとして2007年アルバム『レキシ』でソロデビュー。ファンキーなサウンドに乗せて歌う日本史の歌詞と、ユーモア溢れるステージングで話題を呼ぶ。それ以降も『レキツ』『レキミ』とアルバムをリリース。アルバムにはいとうせいこう、椎名林檎、斉藤和義、山口隆(サンボマスター)、Bose、ANI(スチャダラパー)、安藤裕子、Mummy-D(Rhymester)といった豪華ゲストが参加している。今年6月にリリースした新アルバム『レシキ』は、オリコンチャート7位。8月に行った武道館でのライブも満員御礼となった。

◆やついいちろう
20141123_03.jpgお笑いコンビ「エレキコミック」のボケ担当。音楽好きで友人も多く、お笑い界一、音楽業界に顔の広い(?)芸人とも言われている。友人でもある曽我部恵一氏の勧めでDJを始め、2005年「COUNTDOWN JAPAN 05/06」DJブースにて、フェスデビュー。以後、夏の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」、冬の「COUNTDOWN JAPAN」にはゲストDJとして欠かさず出演。
エレキコミックとしての活動と並行し、音楽イベントのDJとしても全国を駆け回っている。「DJやついを見るために毎年フェスに行ってます!」「ベストアクト」との声も多い。2009年にDJとしてCDデビュー、以降6枚のMIXCDをリリース。2012年2月からは、自ら大型エンタテインメントフェス『YATSUI FESTIVAL』を毎年開催。今年は172組のアーティストが出演した。来年は2daysも決定。



※『音楽ガハハ』番組ホームページはこちら


pickup_zanmai.jpg『今日は一日“SORAソング”三昧
~ヒコーキ・ラジオNHK002便~』
11月24日(月・祝)後0:15~10:45(中断あり)


2012年9月にラジオ第一で羽田空港からお伝えした<ヒコーキ・ラジオ NHK001便>。放送前から飛行機や空港・空にちなんだ多くの曲のリクエストが多く寄せられました。番組では「空」や「旅」というテーマで幅広い世代の方々に楽しんでもらえる「SORAソング」のリクエストにFMの音質でお応えします。今春、40年以上にわたる国内での活躍を終えたB747・通称「ジャンボジェット」や、まだ続く格安航空会社の参入など航空の世界の話題と航空機や空港を趣味として楽しむ人のご紹介も含め、空の世界の魅力に迫ります。

【ゲスト】クリス松村、森山周一郎、ココリコ 遠藤章造、

     パラダイス山元、矢口史靖
【解説】秋本俊二
【司会】渕上彩夏 和田光太郎アナウンサー

※『今日は一日“SORAソング”三昧 』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日21日(火)放送『MISIA アフリカの風』は、"ジョー・サンプル"を特集します!


『MISIA アフリカの風 ~ジョー・サンプル特集~』
10月21日(火)後11:00~前0:00
(再) 10月28日(火)前10:00~11:00
 
世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーは、70年代に人気を博したフュージョン・グループ「クルセイダーズ」のメンバーとして活躍し、今年9月に亡くなった名ピアニスト、ジョー・サンプルを特集します。
そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーでは、ガーナ共和国をとりあげます。青年海外協力隊としてガーナに赴任し、聴覚障害者の職業訓練学校で活動を行う方と電話を繋ぎ、お話を伺います。どうぞお楽しみに!
 
【出演】MISIA、DJ NORI
 
※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら
 

投稿時間:10:31 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『とことん○○』20日(月)深夜からは、あおい洋一郎さんによる『とことんちょっとおいしいボーナストラック』をお送りします!


『とことんちょっとおいしいボーナストラック』
10月21日(火)~25日(土)前0:00~0:50
(10月20日(月)深夜~24日(金)深夜)
10月28日(火)~11月1日(土)前0:00~0:50
(10月27日(月)深夜~31日(金)深夜)
11月4日(火)~8日(土)前0:00~0:50
(11月3日(月)深夜~7日(金)深夜)
11月11日(火)~15日(土)前0:00~0:50
(11月10日(月)深夜~14日(金)深夜)
 
こだわりの音楽を毎日、毎週聴きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。20日(月)深夜からは『とことんちょっとおいしいボーナストラック』を4週にわたってお送りします!
リマスター化して発売されるCDに、新たに追加されたボーナス・トラック、ボーナス・ディスクからの貴重な未発表曲、未発表ヴァージョン、未発表ライヴ音源など、さらに、オリジナル・リリース時に存在していたシングル・ヴァージョン、12インチ・ヴァージョンなど、これまで聴くことができなかった、未CD化だった音源を中心にお届けします。CD時代ならではの音源が満載の「とことんちょっとおいしいボーナス・トラック」です。どうぞお楽しみに!
 
【案内】あおい洋一郎
 
※『とことんちょっとおいしいボーナストラック』番組ホームページはこちら
 

投稿時間:17:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週20日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今さら訊けないABC」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
10月20日(月)後11:00~前0:00
 
『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
20日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、“アンクル・チャーリー”の愛称で親しまれたアーティストによる“ニュー・クラシック”の表現がぴったりの楽曲などをお届けします。後半は、「今さら訊けないABC」。今回取り上げるアルファベットはUです。U=You、またはYouはGodを指すワードとしてゴスペルなどでは歌われます。曲名が“You”の名曲を聞き比べます。どうぞお楽しみに!
 
【DJ】松尾潔
 
※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら
 

投稿時間:17:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 10月20日(月)~10月23日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

10月20日(月) 10月21日(火)
ml_20141020.jpg ml_20141021.jpg
SEKAI NO OWARI グッドモーニングアメリカ

10月22日(水) 10月23日(木)
ml_20141022.jpg ml_20141023.jpg
Yun*chi the pillows

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:16:59 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週20日(月)からの『歌謡スクランブル』は「80年代ポップスコレクション」&「田原俊彦作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
10月20日(月)~25日(土)後1:00~2:00
 
毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
20日(月)からの『歌謡スクランブル』は「80年代ポップスコレクション」と題して、メロディーを耳にすると誰もが口ずさむことができる80年代の珠玉の歌謡曲やポップスを集めてお送りします。そして25日(土)は、「田原俊彦作品集」と題して、1時間まるまる田原俊彦さんの作品を特集します。どうぞお楽しみに!
 
20日(月) 80年代ポップスコレクション(1)
(沢田研二「TOKIO」、寺尾聰「ルビーの指環」ほか)
 
21日(火) 80年代ポップスコレクション(2)
(杏里「CAT’S EYE」、ラッツ&スター「め組のひと」ほか)
 
22日(水) 80年代ポップスコレクション(3)
(一世風靡セピア「前略、道の上より」、レベッカ「フレンズ」ほか)
 
23日(木) 80年代ポップスコレクション(4)
(本田美奈子「1986年のマリリン」、TM NETWORK「Get Wild」ほか)
 
24日(金) 80年代ポップスコレクション(5)
(徳永英明「風のエオリア」、世界でいちばん熱い夏「プリンセス・プリンセス」ほか)
 
25日(土) 田原俊彦作品集
(「ハッとして!Good」、「抱きしめてTONIGHT」ほか)
 
【司会】逢地真理子
 
 
※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら
 

投稿時間:16:29 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週20日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「ふるさとのうた 心の旅」と題してダ・カーポの榊原広子さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~ふるさとのうた 心の旅~』
10月20日(月)~23日(木)前9:20~10:00
(再)10月27日(月)~10月30日(木)後5:20~6:00
 
『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
20日(月)からの週は、ダ・カーポの榊原広子さんが「ふるさとのうた 心の旅」と題して、童謡や懐かしい日本の歌、そして世界の愛唱歌など、各日、以下のテーマでお送りします。どうぞお楽しみに!
 
20日(月) 秋に元気な歌声を
(「野菊」「夕焼小焼」ほか)
 
21日(火) 懐かしい歌声
(「ひなげしの花」「私の青空」ほか)
 
22日(水) 深まりゆく秋に
(「旅愁」「アニー・ローリー」ほか)
 
23日(木) リクエストを中心に
(「ウイッスル・ダウン・ザ・ウィンド」「ROCK’N ROLLふるさと」ほか)
 
【DJ】榊原広子
 
※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら
 

投稿時間:12:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


19日(日)からの『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、U-zhaanが2週にわたってDJを担当します!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~U-zhaan~』
10月19・26日(日)後9:00~10:30
 
さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。
19日・26日の2回にわたって、タブラ奏者U-zhaanがDJを務めます。U-zhaanは、1977年埼玉・川越市に生まれ、。1996年にインドの民族楽器タブラに出会い、演奏を開始します。以後、元東京スカパラダイスオーケストラのASA-CHANGや、レイ・ハラカミなどと楽曲を発表しています。今月に初めてのソロ・アルバムを発表しました。コーネリアスやハナレグミ、坂本龍一など才能豊かなアーティストたちと共演を重ねています。民族楽器タブラとの出会い、アーティストたちとの共演のエピソードなど、ゲストも交えてどんなトークが飛び出すのか?お楽しみに!
 
【ゲスト】久保ミツロウ(漫画家)
【DJ】U-zhaan
 
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら
 
※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです
 

投稿時間:12:14 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 10月18日(土)・19日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~読む音楽~』
10月18日(土)前9:00~11:00

音楽なのに“読む”とはこれいかに?人間の読むという行為について歌ったもの、また、そこから生まれた音楽をご紹介します。目で読む、朗読を耳で聞く、心を読むなどなど、さまざまな“読む”にまつわる音楽をお送りします。話しは「手紙」の話題へと広がり、チチ松村さんの字体からゴンザレス三上さんが受けた印象とは?お楽しみに

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
10月18日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。前回は、埼玉県で開催された「アニ玉祭」の会場から公開生放送でお届けしましたが、今回はしょこたん生徒会長が番組をお休みします。そこで、進行役&講師としてお迎えするのは、昨年5月以来久々の登場、山野さと子さんです!山野さんは、『ALWAYS SMILE!』をモットーに日本各地をかけまわり、コンサートや保育研修会をおこなうファミリーソングシンガーとして活躍。番組では、スタジオライブも予定していますのでお楽しみに!

【講師(ゲスト)】山野さと子
【司会】あべあきら

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮
 “私の試聴室~バイバ・スクリデのバイオリン~”』
10月18日(土)後9:00~10:00
(再)10月20日(月)前10:00~11:00

18日(土)の『クラシックの迷宮』は、最新録音を中心に、片山杜秀さんが選んだ名盤を紹介する「私の試聴室」をお送りします。
今回は、ラトヴィア出身のバイオリニスト、バイバ・スクリデが演奏するシューマンの晩年の作品「バイオリン協奏曲」を中心にご紹介します。19世紀最大のバイオリニスト、ヨーゼフ・ヨアヒムの依頼で1853年に作曲されながら、1937年の初演まで忘れられていたシューマン「バイオリン協奏曲」を、バイバ・スクリデの艶やかなバイオリンの音色でお楽しみください。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “真昼の流れ星”』(アンコール放送)
10月18日(土)後10:00~10:50

18日(土)の『FMシアター』は、夫婦の日常をきめ細かに見つめることで描き出す、夫婦再生の物語「真昼の流れ星」をアンコール放送します。
愛する人を失った時、遺された家族はその痛みとどう向き合っていったらよいのか。はたして喪失感は分かち合えるのだろうか―。最愛の息子を突然の事故で失った中年夫婦。それまで一見仲が良さそうにみえたこの夫婦の間に、静かな亀裂が走る。二人は、これまでお互いを、息子を通じてしか見てこなかったことに気づく。そんな彼らが、すれ違ったりぶつかり合ったりしながらも、如何にして息子の死を受け入れ、もう一度夫婦として向き合っていくのか…。文化庁芸術祭参加作品(初回放送.2014年6月14日)

【作】東多江子
【出演】伊藤蘭、うじきつよし、大後寿々花、湯浅浩史、
    藪下貴子、堀優子、後藤好子、丹羽文雄、
    近藤未緒子、石黒志伸、須原麻衣

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “「ジャズの10月革命」50周年”』
10月18日(土)後11:00~翌前1:00

18日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、「ジャズの10月革命」から半世紀の節目に当時を振り返ります。1964年10月に新進気鋭のミュージシャンが、アッパー・ウエスト・サイドの「セラー・カフェ」に集結して、“ジャズの10月革命”(1964年10月1日~4日)と銘打つライヴ・イベントを開催しました。主唱者はトランペット奏者のビル・ディクソンで、彼の呼びかけに呼応して、イベントに参加したグループは、サン・ラをはじめカーラ・ブレイ、ポール・ブレイ、ジョン・チカイほか20組にのぼりました。また、ギル・エバンス、オーネット・コールマン、アーチー・シェップらが聴衆として参加しました。当時、ボストンで学生だったキース・ジャレットは「“ジャズの10月革命”を聴いて、自由な表現の素晴らしさを体感した」と後に告白しています。50周年を迎えるに当たり、当時のミュージシャンたちのライヴを聴きます。

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱
 “大作曲家の合唱曲 ~大作曲家の合唱曲~メンデルスゾーン~(2)~”』
10月19日(日)前7:20~8:10
(再)10月25日(土)後7:20~8:10

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。合唱指揮者の大谷研二さんがお送りします。今回は前回に引き続き、大谷研二さんの解説でメンデルスゾーンの優れた合唱作品を聴きます。長く忘れ去られていたバッハの「マタイ受難曲」を蘇演したことで知られるメンデルスゾーンは、ベルリンのジングアカデミーを中心とした合唱活動の中心的な存在で、宗教曲を中心に数多くの名作を残しています。
今回はメンデルスゾーンの詩篇を取り上げます。

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “パッサカリアの楽しみ”』
10月19日(日)前8:10~9:00
(再)10月25日(土)後8:10~9:00

19日(日)の『吹奏楽のひびき』は、「パッサカリア」の形式で書かれた吹奏楽作品を特集します。「パッサカリア」とは、通常、低音の3/4拍子で8小節からなる旋律が、繰り返されるうちにさまざまな形に変奏されていく音楽形式です。
今回はリード、バタワース、ネルソン、兼田敏の4人の作曲家によるパッサカリア作品をご紹介します。4人が、それぞれ設定した主題となる旋律を、どんな楽器を使い、どのように変奏させていくのかを、並べて聴くことでパッサカリア作品の醍醐味を味わっていただきます。どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “バイオリンの名匠 ヘンリク・シェリング”』
10月19日(日)前9:00~11:00

19日(日)の『名演奏ライブラリー』は、高名なバイオリニスト、ヘンリク・シェリングを取り上げます。シェリングは1918年ポーランドに生まれ、1933年にソリストとしてデビューします。第2次世界大戦中は、ポーランド亡命政府のもとで通訳を務める傍らで慰問演奏に取り組み、高い尊敬を集めました。戦後は、ヨーロッパとアメリカを中心に演奏活動を展開し、日本でも公演を行いました。作品の魅力を最大限に引き出すような、なめらかで自然なフレージングが持ち味で、卓越した技巧に裏打ちされた豊かな音楽性に、今なお魅了されるファンは少なくありません。
番組では、シェリングの得意としていたバッハやベートーベン、ブラームスの作品の他、バイオリン協奏曲を献呈されたポンセの作品などをお送りします。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂』
10月19日(日)後0:15~2:00

10月19日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「ネット時代、漢字の未来を考える」と題して、作家・姫野カオルコさん、早稲田大学教授・笹原宏之さんとともに語り合います。今日、キーボードやディスプレイで“日本語を書く”ことが当たり前になり、漢字変換機能は新しい言葉や読みを取り込んで「がいしゅつ(既出)」といった読み違いに対応して予測機能も進化してきました。一方で、携帯端末のメールの影響で表記短縮、新たな当て字も生まれています。日本語ワープロの誕生から36年が過ぎ、漢字文化に与えた影響や文字生活の変化を読み解きます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】姫野カオルコさん(作家)
     笹原宏之さん(早稲田大学教授)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
10月19日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、ジェネシスのフロントマンを経てソロアーティストとしても活躍する、UKロックシーンの奇才、ピーター・ガブリエルを特集。また、音楽や映画、ファッション、小説、ムーブメントなどさまざまなキーワードにスポットを当てる「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーは、アメリカを代表するシンガー・ソングライターのひとり、ジャクソン・ブラウンにスポットを当てて、80'sのヒット曲や、最新アルバムの楽曲などをご紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2014 “大隅寿男トリオfeat.3・pianists”』
10月19日(日)後10:30~11:30
(再)10月24日(金)前10:00~11:00

10月19日(日)の『セッション2014』は、今年70才を迎えた日本ジャズ界の重鎮ドラマー、大隅寿男が3人のピアニストをフィーチャーしたセッションをお楽しみいただきます。大隅さんは、1944年福井県に生まれ、1969年からプロ活動を開始しました。1978年、大隅寿男トリオを結成して、国内外の多くのアーティストと共演を重ねて2005年に日本ジャズ界に最も貢献した人物に贈られる第30回 南里文雄賞を受賞しました。
今回フィーチャーする3人のピアニストは、大隅トリオ結成時から10年間共演し続けた青木弘武、2009年に共演した若手ピアニストの俊英、ハクエイ・キム、そして、現在のレギュラー・ピアニストである関根敏行。個性が違う3人と、熟達したドラミングで対峙する大隅のプレイをご堪能ください。どうぞお楽しみに!

【演奏】大隅寿(ドラムス)
    横山裕(ベース)
    青木弘武、関根敏行、ハクエイ・キム(ピアノ)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:38 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『今日は一日"N響"三昧』の司会者・松井治伸アナウンサーが語る"N響の魅力と、ココが凄い!"


mtsuiana.jpg日本の音楽界を牽引してきたN響=NHK交響楽団。その魅力は「プロフェッショナル」の一言に尽きます。日本のトッププレーヤー100人が一丸となって演奏するその迫力たるや! アンサンブルの見事さは言うに及ばず、音楽に込められた熱い思いが私たちの心を揺さぶるのです。楽員、指揮者、聴衆。この三者の心が一つになった時に、素晴らしい、と言うか「凄い」演奏が生まれます。今回の『N響三昧』は、そうした「凄演」の数々に、ただただ圧倒され続けた10時間でした。みなさんも是非一度、N響の演奏会に足を運んでみてください。きっと凄演との出会いが待っています。


“凄演”が聞ける!これからの放送予定
10月18日(土)後6:00~8:15
『N響演奏会-第1790回N響定期公演-』

10月24日(金)後7:00~9:10
『ベストオブクラシック-NHK響楽団 第1791回定期公演-』

10月29日(水)後7:00~9:10
『ベストオブクラシック-NHK交響楽団 第1792回定期公演-』

 

※「NHK交響楽団 10月定期公演」の聴きどころはこちら

投稿時間:17:17 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストに安倍なつみさんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”
  ~安倍なつみが語るガールズポップス~』
10月17日(金)後10:00~10:45

隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
明日の放送は、安倍なつみさんをゲストにお迎えしてお送りします。青春時代をトップアイドル・モーニング娘。で過ごしたなつみさんが、エピソードや思い出を交えて語ります。また、自身もモー娘。の大ファンだったというヒャダインさんとどんなトークが繰り広げられるのでしょうか?お聞き逃しなく!

【ゲスト】安倍なつみ
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!

『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回放送・10月18日(土)は、ゲストにクリエイターズユニットの「xxx of WONDER」(オブ・ワンダー)が登場!メンバーの強烈な個性と謎めいた活動に迫るほか、番組とのコラボレーションをスタジオでナマ展開して、その魅力と素顔に迫ります。どうぞお楽しみに!

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:46 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日17日(金)生放送!『NHK音楽祭2014 リヒャルト・シュトラウス生誕150年~大管弦楽を突き抜けて届くサロメの苦悩と歓喜!~』


『NHK音楽祭2014 リヒャルト・シュトラウス生誕150年 
 ~大管弦楽を突き抜けて届くサロメの苦悩と歓喜!~』
10月17日(金)後7:00~9:10


ongakusai2014.jpg12回目となる『NHK音楽祭』は、後期ロマン派を代表する3人の偉大な作曲家、ブルックナー、マーラー、そしてリヒャルト・シュトラウスにスポットを当てます。 オーケストラの編成がこれまでにないほど巨大化した19世紀末から20世紀初頭、彼らは互いに影響を与えあい、自由かつ前衛的な作品を数多く生み出しました。17日(金)の『NHK音楽祭2014』は、2日(木)に引き続き、「リヒャルト・シュトラウス生誕150年~大管弦楽を突き抜けて届くサロメの苦悩と歓喜!~」と題して指揮者・ワレリー・ゲルギエフとマリインスキー劇場管弦楽団の共演でお届けします。今回もNHKホールから生放送。どうぞお楽しみに!


◆マリインスキー劇場管弦楽団
指揮】ワレリー・ゲルギエフ
【ソリスト】ムラーダ・フドレイ(ソプラノ/サロメ)
      ミヒャエル・クプファー(バリトン/ヨカナーン)
      アンドレイ・ポポフ(テノール/ヘロデ)
      ラリザ・ゴゴレフスカヤ(ソプラノ/ヘロディアス)
      水口 聡(テノール/ナラボート)
※都合によりヨカナーン役が変更になりました。
【曲目】リヒャルト・シュトラウス/楽劇「サロメ」 ─演奏会形式─

20141017_1.jpg■ワレリー・ゲルギエフ
ロシアのモスクワに生まれる。1977年、キーロフ劇場(現マリインスキー劇場)でデビュー。88年、同劇場の芸術監督に任命され、ロシア・オペラの積極的な上演で同劇場を世界中が注目する一流歌劇場に発展させた。ロッテルダム・フィル首席指揮者、メトロポリタン歌劇場首席客演指揮者などを務め、サンクトペテルブルク「白夜の星」音楽祭、イスラエルの紅海国際音楽祭、コーカサス平和音楽祭など数々の国際音楽祭を創設。ウィーン・フィル、ニューヨーク・フィル、ロンドン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、N響をはじめ世界のオーケストラに客演するとともに、マリインスキー劇場とともに世界各地で公演を行っている。2007年よりロンドン響首席指揮者。15年からミュンヘン・フィル首席指揮者に就任する。

20141017_21.jpg 20141017_22.jpg 20141017_23.jpg
ムラーダ・フドレイ
(ソプラノ/サロメ)
ミヒャエル・クプファー
(バリトン/ヨカナーン)
アンドレイ・ポポフ
(テノール/ヘロデ)
20141017_24.jpg 20141017_25.jpg  
ラリサ・ゴゴレフスカヤ
(ソプラノ/ヘロディアス)
水口聡
(テノール/ナラボート)
 


■マリインスキー劇場管弦楽団
ロシアで最も古い音楽団体のひとつ。その歴史は、18世紀初めに創設されたサンクトペテルブルク帝室歌劇場管弦楽団にまでさかのぼる。このオーケストラの素晴らしさは、数々の演奏会で指揮に当たった世界的音楽家たちに認められたが、そのなかには、ベルリオーズ、ワーグナー、フォン・ビューロー、チャイコフスキー、マーラー、ニキシュ、ラフマニノフなどがいた。ソビエト時代、楽団の輝かしい伝統は、ムラヴィンスキー、テミルカノフら指揮者によって守られた。また、同楽団はチャイコフスキーのオペラとバレエ、グリンカ、ムソルグスキー、リムスキー=コルサコフのオペラ、ショスタコーヴィチ、ハチャトゥリアン、アサフィエフのバレエなど、数多くのオペラやバレエの初演を手がけるという栄誉に浴している。1988年から、ワレリー・ゲルギエフが芸術監督を務める。

20141017_orche.jpg

投稿時間:10:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日16日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、"In A Jazzy Mood特集"の第2弾です!


『ザ・ソウルミュージック ~In A Jazzy Mood特集~』
10月16日(木)後11:00~前0:00
(再)10月23日(木)前10:00~11:00

ジャズに息づくソウル、ソウルに息づくジャズの名曲を紹介する“In A Jazzy Mood”。
毎月1曲ずつ紹介していましたが、先週から3週にわたって近年のIn A Jazzy Moodな作品から選りすぐりの曲を一堂に集めてお楽しみいただいています。
2回目の今回は、いま注目を集める最新アーティストをセレクトします。一人目は、プリンスやスティービー・ワンダー、EW&Fなどのビッグ・ネームと共演を重ねてきた名ドラマーによる、デビュー作にして傑作との呼び声も高いアーティスト。二人目は、UKジャズ期待の新星として、傑出したボーカリストの才能が注目を集める女性アーティストです。さらに、現行フィリーの重鎮にして、今なおシーンを最前線で牽引し続ける伝説的ヒップホップ・グループのひさしぶりのアルバムからセレクトします。秋の夜長にぴったりの、最新の〝Jazzy Mood〟なナンバーをお楽しみください。

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日15日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』3人で"はじめての豪華な高級料理"の思い出を語り合います!


『THE ALFEE 終わらない夢』
10月15日(水)後11:00~前0:00
(再)10月22日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。15日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、3人でお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“はじめての豪華な高級料理”がテーマ。新人時代に事務所で食べた豪華な出前や、先輩たちにご馳走になった高級料理に感激した思い出などを語り合います。
さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、74年にアルバム「Warchild」を発表した、イアン・アンダーソン率いるイギリスのプログレッシヴ・ロック・バンド、ジェスロ・タルをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】THE ALFEE

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週14日(火)放送『MISIA アフリカの風』は、"アフリカン・ディスコミュージック"を特集します!


『MISIA アフリカの風 ~アフリカン・ディスコミュージック特集~』
10月14日(火)後11:00~前0:00
(再) 10月21日(火)前10:00~11:00

世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーは、アフリカン・ディスコミュージックを特集します。思わず踊りたくなるようなアフリカのディスコサウンドの中から、DJ NORIさんがおすすめするマニアックな3曲を紹介します。そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーでは、先週に引き続きモザンビーク共和国をとりあげます。青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、モザンビークでの生活や、現地の人々との交流などについてお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:56 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週13日(月・祝)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今でも聴きたいナンバーワン」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
10月13日(月・祝)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
13日(月・祝)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回と来週の2回にわたって“秋色クワイエット・ストーム”をテーマに松尾さんがセレクトしたメロウな音楽をお届けします。後半は、「今でも聴きたいナンバーワン」。今回は2000年のNo.1をお送りします。前年に発表したアルバムがグラミー賞9部門受賞という快挙をなしとげたギタリストのNo.1ヒットと、ニュー・ソウルのディーバが放ったこの年最も長い間No.1の座に輝いた1曲をお送りします。「ザ・ナイト・キャップ」は先月惜しくも亡くなったジャズ・ヒュージョン界の偉大なピアニストの楽曲です。お楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

 

投稿時間:17:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週13日(月・祝)からの『青春アドベンチャー』は、村山早紀・原作「砂漠の歌姫」をアンコール放送します!


『青春アドベンチャー “砂漠の歌姫”』<全10回>
10月13日(月・祝)~17日(金)後10:45~11:00
10月20日(月)~24日(金)後10:45~11:00

13日(月・祝)からの『青春アドベンチャー』は、かつて高度な機械文明を誇った都市を舞台にした、躍動感あふれる異世界ファンタジー、村山早紀・原作「砂漠の歌姫」をアンコール放送します!
ユンは砂漠の街・エスタの音楽堂の生徒。歌の才能には恵まれているが天涯孤独の少女である。ある日、砂漠で倒れていた美しい銀の髪の少女を助けるが、彼女は記憶を失っていた。少女をリーヤという愛称で呼ぶようになったユンは、エスタ特産のオルゴールを贈り、遠い昔の「オルゴール王」と「魔法水晶」の伝説の話をする。そこへリーヤを襲う黒い影が迫り…。一人の少女を救ったことをきっかけに陰謀に巻き込まれ、世界の成り立ちの秘密に触れてゆくユン。(初回放送 2011年11月14日~11月18日、11月21日~25日)

【原作】村山早紀
【脚色】大河内聡
【音楽】光田康典
【出演】石川由依、岡幸二郎、樋口泰子、池田有希子、
    今泉舞、山野史人、小野賢章、入野自由、
    岩崎ひろし、五十嵐明、樋浦勉、明樹由佳、
    児玉萌々、深谷美歩、渡辺優奈、児玉謙次、
    嶋崎伸夫、田中耕二、中丸新将

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 10月13日(月・祝)~10月16日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

10月13日(月・祝) 10月14日(火)
ml_kuhaku.jpg ml_20141014_.jpg
特集番組のため休止 かりゆし58

10月15日(水) 10月16日(木)
ml_20141015.jpg ml_20141016.jpg
空想委員会 ななみ

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:17:19 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週14日(火)からの『歌謡スクランブル』は「哀愁のメロディー」&「梓みちよ作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
10月14日(火)~18日(土)後1:00~2:00

※13日(月・祝)は特集番組のためお休みにします。ご了承ください

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
14日(火)からの『歌謡スクランブル』は「哀愁のメロディー」と題して、生まれ故郷、愛する人への思い、大切な人を失った喪失感などさまざまな心情をメロディーに込めた楽曲を集めてお送りします。そして18日(土)は、「梓みちよ作品集」と題して、1時間まるまる梓みちよの作品を特集します。どうぞお楽しみに!

10月14日(火) 哀愁のメロディー(1)
(森進一「悲しいけれど」、水森かおり「鳥取砂丘」ほか)

10月15日(水) 哀愁のメロディー(2)
(石原裕次郎「港町 涙町 別れ町」、小林幸子「おもいで酒」ほか)

10月16日(木) 哀愁のメロディー(3)
(BORO「大阪で生まれた女」、五輪真弓「恋人よ」ほか)

10月17日(金) 哀愁のメロディー(4)
(徳永英明「最後の言い訳」、野口五郎「私鉄沿線」ほか)

10月18日(土) 梓みちよ作品集
(「こんにちは赤ちゃん」、「トマトジュースで追いかえすのかい」ほか)

【司会】深沢彩子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


創立から88年...貴重な音源も紹介!10月13日(月・祝)『今日は一日"N響"三昧』


『今日は一日“N響”三昧』
10月13日(月・祝) 後0:30~10:45(中断あり)

今年、創立から88年を迎えたNHK交響楽団。これまでの一回一回の演奏会には、聴いていたお客様の数だけ思い出があります。再放送の機会がほとんどなかったN響演奏会の貴重な記録。
ここ60年の定期公演を始め、30年以上前の地方公演や放送番組のためのスタジオ録音などの貴重な音源もあります。
(詳細は番組ホームページの音源リストをご覧ください)
番組ではリクエストを募集しております。
N響にまつわる思い出など、メッセージとともにお寄せください。
 
【ゲスト】
池田昭子、菊本和昭、矢内陽子、徳永二男、横川晴児
【司会】
檀ふみ、池辺晋一郎、松井治伸アナウンサー

※『今日は一日“N響”三昧』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週13日(月・祝)からの『音楽遊覧飛行』は「映画音楽ワールドツアー」、女優の中川安奈さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~映画音楽ワールドツアー~』
10月13日(月・祝)~16日(木)前9:20~10:00
(再)10月20日(月)~10月23日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
13日(月・祝)からの週は、女優の中川安奈さんが「映画音楽ワールドツアー」と題して、映画のストーリーやロケの舞台になった風景などを、皆さまに思い浮かべていただけるような内容で、各日、以下のテーマでお送りします。どうぞお楽しみに!

13日(月・祝) ロビン・ウィリアムズ作品集

14日(火) 宇宙へ

15日(水) 秋の夜長に

16日(木) リクエスト特集

【DJ】中川安奈

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:08 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


12日(日)の『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、在日ファンクが2週にわたってDJを担当しています!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~在日ファンク~』
10月12日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。
10月5日・12日は、在日ファンクがDJを務めています。役者としてもテレビや舞台で活躍中のハマケンこと”浜野謙太”が率いる7人組ファンクバンド、在日ファンク。今回は、DJを務める浜野さんと仰木さんが初めて購入した楽曲、思い出の1曲をそれぞれ紹介してくれるほか、これまで日本各地で行ってきたライブでのハプニングなど、とっておきの秘話を話してくれます。
どうぞお楽しみに!

【DJ】浜野謙太、仰木亮彦(在日ファンク)
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:10:54 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』10/11(土)のゲストは佐藤仁美さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 10
月11日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 10月14日(火)後9:05~9:55

※10月14日(火)は一部地域では別番組を放送します。ご了承ください。

脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、ドラマデビュー作『海がきこえる』を始め、『イグアナの娘』『おそるべしっっ!!! 音無可憐さん』 『おひさま』、そして10月14日(火)から始まる『ドラマ10“さよなら私”』など岡田さんが手がけた作品に多数出演している佐藤仁美さんをお迎えします。


1011_rockber.jpg幼少のころはマンガ好きで自ら描くことも得意だったという佐藤さん。演劇部に所属していた中学生時代や、第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞した時のエピソードを審査員の1人だった岡田さんと語り合います。また、思い入れ深い作品となった『バウンス ko GALS』などの出演作について語っていただきます。さらに、『ドラマ10“さよなら私”』での役どころや見どころも伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】佐藤仁美
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆佐藤さんが出演する『ドラマ10"さよなら私”』がいよいよスタート!
『ドラマ10“さよなら私』
総合テレビ 毎週火曜 後10:00~10:48 <10/14~全9回>

※『ドラマ10“さよなら私』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:04 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 10月11日(土)・12日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~DANCEの音楽~』
10月11日(土)前9:00~11:00

今回は、「DANCEの音楽」をテーマにお送りします。単純なダンス・ミュージックではない、ゴンチチのお二人ならではの「DANCEの音楽」をお楽しみください。映画の中で華麗なステップで宙を舞い観客を魅了した「あの俳優の曲」、中高年の方ならば学校で必ずや踊ったことがある「あの曲」、古典芸能の演舞の中に見いだされる「DANCE」などなど。お楽しみに!

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー@さいたま「アニ玉祭」』
10月11日(土)後2:00~4:00

※北海道と神奈川県域では、別番組を放送するためお休みにします。ご了承ください。なお、インターネットの「らじる★らじる」では、[放送局]で東京をお選びいただくことでお楽しみいただけます。

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。11日(土)は、昨年の秋葉原に続いて、埼玉県が主催する総合アニメイベント「アニ玉祭」が開催されている会場からの公開生放送です。講師(ゲスト)は、先月に自身初のベストアルバムをリリースした茅原実里さんです。お楽しみに!

【講師(ゲスト)】茅原実里(声優・歌手)
【司会(生徒会長、書記、放送部員)】中川翔子、あべあきら、藤崎弘士アナウンサー

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮 “日本のボレロ”』
10月11日(土)後9:00~10:00
(再)10月13日(月・祝)前10:00~11:00

ラヴェルの「ボレロ」は、単純なメロディーを繰り返しながら、次第に盛り上がるという手法で、20世紀の音楽にひとつの衝撃を与えました。日本でも多くの作曲家が、「ボレロ」を模範にして民謡風のメロディーを繰り返してオーケストラを盛り上げるという手法を使った重要な作品を作り上げました。今回は、それらの作品をお楽しみいただきます。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “R(ルート)36”』
10月11日(土)後10:00~10:50

11日(土)の『FMシアター』は、北海道の小さな農村の新人公務員の活躍を描く青春ドラマ「R(ルート)36」をお送りします。
札幌から車で1時間半ほどのところに新人公務員・タケシが勤める村がある。人口減少に悩む小さな村だ。タケシは札幌のすすきののミュージックパブで歌う年上の恋人・由季との結婚を考えていた。遠距離恋愛だけど海を越える訳ではない。一本道のルート36(国道36号)を行くだけだ。2人はそう思っていた。ところがどっこいだ。村には海の波より荒い人間たちがいた。
タケシの配属先は『地域の暮らし幸せ安全課』。まず上司から教わったのは、酒を飲む時はルート36を走り、札幌か苫小牧まで行くこと。もし酒を飲み愚痴を言ってるのを青年団に見られたら大変なことになるからだ。しかも見た目も恐ろしい独身の団長・岸和田は強敵だ。刺激してはいけない。恋人がいないフリをせねば。由季を村に連れてくるなんてとんでもない…。

【作】樫田正剛
【出演】青柳翔、MIHO、納谷真大、杉野圭志、江田由紀浩
    大川敬介、山田マサル、林千賀子、小島達子、青山あきら

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “ヨーロッパの歌姫たち”』
10月11日(土)後11:00~翌前1:00

11日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、昨今のジャズ界で活躍著しい女性ヴォーカルを特集します。ステイシー・ケント(英国)、ロバータ・ガンバリーニ(イタリア)、シーネ・エイ(デンマーク)などヨーロッパ生まれの女性ヴォーカリストが多くのリスナーを惹きつけています。最近は、ポーランドからはアガ・ザリアン、スペインからはグラミー賞に輝いたばかりのブイカといったニュー・スターも登場しています。一方でノルウェーのベテラン、カーリン・クローグも野心的な新作をリリースして健在ぶりを示してくれました。活気づくヨーロッパの女性ヴォーカルをお楽しみいただきます。

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “ルネサンスのシャンソン”』
10月12日(日)前7:20~8:10

※18日(土)の再放送は、特集番組放送のためお休みにします。ご了承ください。

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。12日(日)は、指揮者・鍵盤楽器奏者の花井哲郎さんがお送りします。今回は、ルネサンスのシャンソンを取り上げます。中世からルネサンスにかけての時代、シャンソンは定まった形式の詩に即して作曲されていましたが、1500年前後になると、フランドルを中心に新しい自由な歌が生まれてきます。様式化された宮廷愛だけでなく、コミカルな牧歌的恋愛も好んで取り上げられるようになり、シャンソンは活気のある歌詞と旋律を持つようになりました。番組では、こうした流れを追いながら、ルネサンス・シャンソンの魅力をたっぷり味わいます。

【案内】花井哲郎

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “ジャズ・ピアノ×吹奏楽”』
10月12日(日)前8:10~9:00

※18日(土)の再放送は、特集番組放送のためお休みにします。ご了承ください。

12日(日)の『吹奏楽のひびき』は、ジャズ・ピアノと吹奏楽の共演にスポットを当て、3つのアプローチで魅力に迫ります。
1つめは、ジャズのビック・バンドとピアノ。名ジャズ・ピアニスト カウント・ベイシーと、ベイシーが率いたバンド「カウント・ベイシー・オーケストラ」の演奏を聴きます。2つめは、ジャズ・ピアノを用いたクラシカルな作品「ラプソディー・イン・ブルー」に注目します。今日広く演奏されるのは通常の管弦楽編成ですが、初演時はジャズバンド編成にあわせて、バイオリンは入っているものの管楽器を主体としていました。初演版をもとに吹奏楽用に編曲された演奏を聴きます。3つめは、日本が世界に誇るジャズ・ピアニスト・山下洋輔が書き下ろした「ピアノ協奏曲」。新進気鋭の作曲家・挟間美帆が第4楽章を吹奏楽版に編曲した作品をお楽しみいただきます。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “名テノール カルロ・ベルゴンツィをしのんで”』
10月12日(日)前9:00~11:00

12日(日)の『名演奏ライブラリー』は、今年7月25日に逝去した名テノール、カルロ・ベルゴンツィを取り上げます。
ベルゴンツィは1924年生まれのイタリアのテノール歌手です。ミラノ・スカラ座やメトロポリタン・オペラなどに出演し、好評を博します。艶と力のある声が持ち味で、長年にわたりイタリア・オペラの人気を支えました。中でも、ヴェルディのオペラとの相性は抜群で「世紀のヴェルディ・テノール」と讃えられるほどの絶大な評価を得ました。デビューした1948年から50年以上にわたって聴衆を魅了し続けました。
番組ではヴェルディのオペラを中心にトスティやプッチーニの作品で、ベルゴンツィをしのびつつ、彼の名唱をたっぷりとお楽しみいただきます

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂』
12日(日)後0:15~2:00

※北海道地方は、高校野球中継のため放送をお休みにします。ご了承ください。なお、インターネットの「らじる★らじる」では、[放送局]で東京をお選びいただくことでお楽しみいただけます。

12日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「奥深きシルクの世界を知る」と題して、ゲストに、モデル・デザイナーの神田うのさんと岡谷蚕糸博物館館長の髙林千幸さんをお迎えし、研究のレベルは世界一とも言われるジャパニーズシルクの新たなものづくり、可能性について語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】神田うの(モデル・デザイナー)
     髙林千幸(岡谷蚕糸博物館館長)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
10月12日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、70年代後半に結成され、ジョディ・ワトリー、ジェフリー・ダニエルズ、ハワード・ヒューイットの3人によるヴォーカル&ダンス・パフォーマンスで人気を博し、80年代に数多くのヒットを放ったシャラマーを特集。また、音楽や映画、ファッション、小説、ムーブメントなどさまざまなキーワードにスポットを当てる「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーは、ファッションがテーマ。前々回の放送では80年代にファッション・アイコンとして活躍した女性アーティストを紹介しましたが、今回は男性アーティストにスポットを当ててご紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2014 “岡安芳明トリオ”』
10月12日(日)後10:30~11:30
(再)10月17日(金)前10:00~11:00

12日(日)の『セッション2014』は、日本を代表する正統派ジャズギタリストのひとり、岡安芳明さんが率いるトリオの演奏をお送りします。岡安さんは1962年東京都生まれ。宮之上貴昭にジャズギターを師事し、23才からプロとして活動を始めました。現在は自身のレギュラートリオのほか、東京名曲堂などで活躍しています。一方では、まだ世に知られていない実力派ミュージシャンの発掘やプロデュースにも力を入れています。
今回のセッションには、岡安さんとは25年の付き合いというピアノの吉田桂一、ベースの佐々木悌二とドラムレス・トリオで登場します。長い年月をかけて心を通わせ、互いに技術を磨いてきた3人によるアコースティックなライブをお楽しみください。

【演奏】岡安芳明(ギター)
    吉田桂一(ピアノ)
    佐々木悌二(ベース)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日放送の『AKB48の"私たちの物語"』は、DIVA原案・出演作「DIVA~ラストミッション(前編)」をお送りします!


『AKB48の“私たちの物語”』
10月10日(金)後10:00~10:45

「DIVA~ラストミッション(前編)」
かつて、世の中を騒がせた伝説の大泥棒。黒のレザースーツに身を包み、悪どい大金持ちからだけ泥棒をする女性四人組『DIVA』。しかし、彼女たちはDIVAから足を洗い、それぞれの人生を歩んでいた。離ればなれになってちょうど1年が過ぎたころ、4人のもとにあの言葉が届けられた。コードネーム『月の裏側』を受け取った彼女たちは、かつて共に通った母校、AKB女子学園の体育館に集結した…

【原案】秋元才加、梅田彩佳、増田有華、宮澤佐江、井上結菜、
    粕谷聡子、福野来夢、二見夕貴、古川温子、山上綾加
【脚本】北阪昌人
【出演】秋元才加、梅田彩佳、増田有華、宮澤佐江、井上結菜、
    粕谷聡子、福野来夢、二見夕貴、古川温子、山上綾加、山寺宏一

※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆BSプレミアムで放送中、AKB48グループのレギュラー番組!

『AKB48 SHOW』
BSプレミアム 毎週土曜日 後11:30~11:59

次回10月11日(土)は、スタジオライブはチーム8「PARTYが始まるよ」、フレンチ・キス「思い出せない花」。コントは、ゲストに俳優・須田邦裕さんをお迎えして、指原莉乃が神志那結衣・田島芽瑠・朝長美桜にバラエティの極意を伝授します!? 潜入シリーズは、HKT松岡菜摘・山本茉央がリポーターを務め、伝説の神イベント・「AKB夏祭り」の裏側を2週にわたってお伝えします。どうぞお楽しみに!

※『AKB48 SHOW』番組ホームページはこちら

※『AKB48 SHOW』ブログ記事はこちら

投稿時間:10:47 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日9日(木)の『ザ・ソウルミュージック』"In A Jazzy Mood特集"の1回目は「Joe Sample Tribute」です!


『ザ・ソウルミュージック ~In A Jazzy Mood特集~』
10月9日(木)後11:00~前0:00
(再)10月16日(木)前10:00~11:00

ジャズに息づくソウル、ソウルに息づくジャズの名曲を紹介する“In A Jazzy Mood”。
毎月1曲ずつ紹介していましたが、今回から3週にわたって近年のIn A Jazzy Moodな作品から選りすぐりの曲を一堂に集めてお楽しみいただきます。
1回目の今回は、惜しくも先月に亡くなったジョー・サンプルを追悼して特集します。みなさんからのリクエストやメッセージも交えて、ほぼ、まるごと「Joe Sample Tribute」でお送りする60分です。お楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム12日(日)は、四国の山里が1年で最も熱くなる?!4万人以上を動員したロック・フェス!『熱狂ライブ! MONSTER baSH 2014』


『熱狂ライブ! MONSTER baSH 2014』
BSプレミアム 10月12日(日)後10:50~前0:19

四国でこの夏4万人以上が熱狂したロック・フェス「MONSTERbaSH(モンバス)」。出演アーティストは、四国出身のSuperflyやチャットモンチーをはじめ、コブクロ、木村カエラ、東京スカパラダイスオーケストラ、ポルノグラフィティ、ASIAN KUNG-FU GENERATION、SHISHAMO、PUFFY、KANA-BOON、湘南乃風、Dragon Ash、真心ブラザーズなど超豪華!
番組では、ライブの模様に加えてステージや舞台裏の様子も加えて、「ライブ」以上に“Live”に、行った人も行けなかった人も興奮と熱気に包まれた2日間をリアルに伝えます。

20141008file_00071s.jpg※『熱狂ライブ! MONSTER baSH 2014』の番組ホームページはこちら

投稿時間:11:36 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ11日(土)の『SONGS』に、SEKAI NO OWARI登場!


『SONGS
 ~SEKAI NO OWARI世界の終りで見つけた僕らの居場所~』
総合テレビ10月11日(土)後11:00~11:29
(再)10月17日(金)(16日(木)深夜)前1:30~1:59

SEKAI NO OWARIは、デビュー3年でチャート1位を獲得し大規模なライブも成功を収めたました。今年はさらに、自分たちの映画を制作するなど、今やティーンエイジャーを中心に広く愛されるバンドになりました。
なぜ、彼らの音楽がいま、支持を集め続けるのか?メンバー4人が共同生活をしている家、そして、4人で借金をして作り上げた原点のライブハウスなどを訪ね、その不思議な関係から紡ぎだされるセカオワ音楽の魅力にせまります。

20141008file_00070q.jpg※『SONGS』の番組ホームページはこちら

投稿時間:11:21 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


10月11日(土) 編成のイチ押し!


今週末の『アニソン・アカデミー』は、しょこたん生徒会長、書記のあべしことあべあきらさん、放送部の藤崎弘士アナウンサーが、みんなでさいたまに出張!埼玉県が主催する総合アニメイベント「アニ玉祭」の会場から生放送でお届けします!

 

pickup_anisonac.jpg『アニソン・アカデミー
 @さいたま“アニ玉祭”』
10月11日(土)後2:00~4:00

なんで「埼玉?」と思ったアナタ。
久喜市鷲宮町や春日部市が舞台の「らき☆すた」、春日部市が舞台の「クレヨンしんちゃん」、飯能市が舞台の「ヤマノススメ」、秩父市が舞台の「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」などなどなど!埼玉県内には他にも有名なマンガ・アニメ作品の舞台が沢山!実は埼玉は隠れたマンガ・アニメの聖地なのです!!今回はこの「聖地・埼玉」から、ゲストに歌手で声優、そして埼玉育ち!の茅原実里さんをお迎えし、埼玉ゆかりのアニソン盛りだくさんでお送りします!茅原さんのミニライブも予定していますよ~!
豪華特別版の『アニソン・アカデミー@さいたまアニ玉祭』。ラジオで堪能するも良し!流れてきたお気にいりのあの曲を、お部屋や車内で熱く!熱唱するも良し!埼玉に行っちゃうも良し!(※観覧者募集は終了しています。)あ、ちなみにおでかけ先での視聴は、ラジオ持参か「らじるらじるアプリ」のダウンロードをお忘れなく!
ぜひ、思い思いの形で、番組をお楽しみください!


Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:11:13 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


明日8日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は、3人でお送りします!「はじめて物語」は"プレゼント"がテーマ


『THE ALFEE 終わらない夢』
10月8日(水)後11:00~前0:00
(再)10月15日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。8日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、3人でお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“プレゼント”がテーマ。子どものころにもらってうれしかったプレゼント、ファンからもらってうれしいプレゼントなどについて語り合います。
さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、67年にバンドを結成、74年にアルバム「When The Eagle Flies」を発表後、同年に解散したブリティッシュ・ロックバンド、トラフィックをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】THE ALFEE

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:18 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


10月6日(月)NHK-FM 番組変更のお知らせ


10月6日(月)のNHK-FMは、ラジオ第1での『台風18号』関連のニュースにともない、予定を変更して『国会中継』等をお送りしました。
当初予定しておりました番組の変更に関しては以下になります。ご了承ください。


<10月6日(月)番組変更内容>
前7:25~9:20 『第83回 日本音楽コンクール最終予選~バイオリン部門・最終予選~』

 ⇒10月13日(月・祝) 前7:25~9:20

前9:20~10:00 『音楽遊覧飛行』
 ⇒12月29日(月)9:20~10:00

前10:00~11:00 『クラシックの迷宮』(再)
 ⇒休止

前11:00~11:20 『弾き語りフォーユー』
 ⇒7日(火)前5:00~5:20

前11:20~11:50 『邦楽のひととき』
 ⇒7日(火)前5:20~5:50

後1:00~2:00 『歌謡スクランブル ~秋色物語~(1)』
 ⇒休止

投稿時間:17:53 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日7日(火)放送『MISIA アフリカの風』は、"ルンバ・ロック"を特集します!


『MISIA アフリカの風 ~ルンバ・ロック~』
10月7日(火)後11:00~前0:00
(再) 10月14日(火)前10:00~11:00

世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーは、ルンバ・ロックを特集します。コンゴ民主共和国でルンバ・ロックが誕生した経緯などを掘り下げながら、DJ NORIさんおすすめの3曲を紹介します。そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーでは、モザンビーク共和国をとりあげます。青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、医療分野の現状や、現地での活動などについてお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週6日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今でも聴きたいナンバーワン」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
10月6日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
6日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、「秋に似合うサウンド」をコンセプトにセレクトされた楽曲をお送りします。4月のデビューアルバムがアメリカでヒットしたテキサス生まれの白人R&Bシンガーの1曲、松尾さんがプロデュースした日本を代表するコーラスグループの1曲など秋の夜長にぴったりのサウンドをお楽しみください。後半は、「今さら聞けないAtoZ」。24回目となる今回はアルファベットの“X”で始まる専門用語をすてきな楽曲とともに詳しく解説してくれます。「今夜の寝酒ソング」は、松尾さんがプロデュースしたインストゥルメンタルを送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:02 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 10月6日(月)~10月9日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

10月6日(月) 10月7日(火)
ml_20141006.jpg ml_20141007.jpg
Doll☆Elements 安田レイ

10月8日(水) 10月9日(木)
ml_20141008.jpg ml_20141009.jpg
The Mirraz 大澤美也子

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:15:53 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週6日(月)からの『歌謡スクランブル』は「秋色物語」&「リクエスト特集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
10月6日(月)~11日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
6日(月)からの『歌謡スクランブル』は「秋色物語」と題して秋をテーマにした楽曲を、また9日(木)からは「リクエスト特集」と題してリスナーからのリクエストにお応えします。どうぞお楽しみに!

10月6日(月) 秋色物語(1)
(ダーク・ダックス「ちいさい秋みつけた」、はいだしょうこ「まっかな秋」ほか)

10月7日(火) 秋色物語(2)
(天童よしみ&秋川雅史「祭りばやしが聞こえたら」、北島三郎「まつり」ほか)

10月8日(水) 秋色物語(3)
(松田聖子「風は秋色」、安全地帯「ワインレッドの心」ほか)

10月9日(木) リクエスト特集(1)
(福田こうへい「南部蝉しぐれ」、美空ひばり「哀愁波止場」ほか)

10月10日(金) リクエスト特集(2)
(三田明「美しい十代」、田辺靖雄「二人の星をさがそうよ」ほか)

10月11日(土) リクエスト特集(3)
(野口五郎「青いリンゴ」、ビー・ジーズ「メロディ・フェア」ほか)

【司会】逢地真理子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:37 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週6日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「エキゾチッククルーズ」、サラーム海上さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~エキゾチッククルーズ まつりの音楽~』
10月6日(月)~9日(木)前9:20~10:00
(再)10月14日(火)~10月16日(木)後5:20~6:00
※10月13日(月・祝)は特集番組のため、再放送はお休みにします。ご了承ください。

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
6日(月)からの週は、音楽評論家のサラーム海上さんが担当する「エキゾチッククルーズ」。放送3年目を迎えた番組は、先月からアジアの音楽だけではなく、アフリカやヨーロッパ、中南米など、世界中の音楽を紹介する“エキゾチッククルーズ”へと変わりました。今月は「まつりの音楽」をテーマにお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】サラーム海上

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:37 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


5日(日)からの『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、在日ファンクが2週にわたってDJを担当します!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~在日ファンク~』
10月5・12日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。
10月5日・12日は、在日ファンクがDJを務めます。役者としてもテレビや舞台で活躍中のハマケンこと”浜野謙太”が率いる7人組ファンクバンド、在日ファンク。メジャーデビューを記念して彼らのこれまでの歴史を振り返りつつ、ニューアルバムについて、そして人生で影響を受けた音楽について語ります。お楽しみに!

※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:12:26 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』10/4(土)のゲストは石田ゆり子さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 10
月4日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 10月7日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さんが脚本を手がけたドラマ『尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~』に出演され、10月14日(火)後10:00から総合テレビで放送される『ドラマ10“さよなら私”』では、映画プロデューサー・薫役を演じる石田ゆり子さんをお迎えします。


1004_rockber.jpg幼少のころから絵を書くことが好きで、絵本を作る仕事に興味があったという石田さん。17歳まではジュニアオリンピックの水泳選手として水泳中心の生活を送り、スカウトされてから人生が大きく変化していったとのこと。山下達郎さんが音楽を担当したデビューCMのお話やドラマに初挑戦した時のエピソードなど語っていただきます。さらに、『ドラマ10“さよなら私”』について石田さんの役どころにふれながら岡田さんと語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】石田ゆり子
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆石田さんが出演する『ドラマ10"さよなら私”』10月14日(火)スタート!
『ドラマ10“さよなら私』
総合テレビ 毎週火曜 後10:00~10:48 <全9回>

※『ドラマ10“さよなら私』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 10月4日(土)・5日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~SKYの音楽~』
10月4日(土)前9:00~11:00

私たちの頭上に広がる果てしない空間。4日(土)は、マイルス・デイビスの作品や、フランス映画の主題曲など、さまざまなスカイをうたった楽曲で、冴え冴えとした気分を味わってください。

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
10月4日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。4日(土)の講師(ゲスト)は、作曲家、編曲家、歌手の田中公平さんです!田中さんは、これまでにたくさんのアニメやゲームの音楽を手がけています。番組では、しょこたん生徒会長とのコラボによる、スタジオ生ライブも披露!どうぞお楽しみに!

【講師(ゲスト)】田中公平
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮 “ロシアの作曲家 リャードフ没後100年”』
10月4日(土)後9:00~10:00
(再)10月6日(月)前10:00~11:00

今年は、ロシアの作曲家リャードフの没後100年にあたります。卓越した作曲の技術がありながらも、「仕上げはいいが遅筆」、「大曲はかけないが小品は絶品」と言われたり、ディアギレフから「火の鳥」の作曲を頼まれながら、作曲を進められず降板させられ、ストラヴィンスキーに出世のチャンスを与えてしまったという逸話もあります。リャードフは、大胆で乱暴なところもあるロシア5人組やチャイコフスキーの次の世代に現れた完璧主義者のひとりでした。リャードフの作品を聴きます。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “すばらしい日々”』
10月4日(土)後10:00~10:50

4日(土)の『FMシアター』は、年金暮らしのホームレスの男と、彼を調査し追いかける男の生き方をとおして、人間にとっての還れる「人生の時間」について描く「すばらしい日々」を放送!
島野浩一が、妻と離れ、単身、仕事のためにこの漁港に来てから数か月になる。仕事とは、年金暮らしのホームレス・大和剛の様子を調査し、依頼主に報告すること。浩一は、私立探偵事務所の人間だった。人あたりの良さから、大和や周囲の人々には、市役所の職員だと思われている。ホームレスの「ホーム」が意味するものは何なのか、家という「場所」なのか、家族という「人」なのか、それは…。自分が大切にしていた、ある「人生の時間」なのではないか。

【作】櫻井智也
【音楽】菅谷昌弘
【出演】大杉漣、甲本雅裕、根岸季衣、高橋長英
    高橋理恵子、中野英樹、鈴木歩己、細川晴太
    釜本舜生、橋本佳奈、須藤風花

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “発掘!ミンガス・ライブ‛64-‛65”』
10月4日(土)後11:00~翌前1:00

モダン・ジャズの巨人チャールス・ミンガスが他界して35年。彼が全盛期に行ったコンサートの未発表ライブ録音が、最近、アメリカで発掘されました。4日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、1964年から65年にかけて、エリック・ドルフィーらをメンバーに迎えていたミンガス・ワークショップの貴重な未発表演奏をお楽しみいただきます。

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “大作曲家の合唱曲~メンデルスゾーン~(1)”』
10月5日(日)前7:20~8:10
(再)10月11日(土)後7:20~8:10

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。5日(日)は、合唱指揮者の大谷研二さんがお送りします。今回と19日の2回にわたって、大谷研二さんの解説でメンデルスゾーンの優れた合唱作品を聴きます。長く忘れ去られていたバッハの「マタイ受難曲」を蘇演したことで知られるメンデルスゾーンは、ベルリンのジングアカデミーを中心とした合唱活動の中心的な存在で、宗教曲を中心に数多くの名作を残しています。
今回はメンデルスゾーンの代表作を取り上げます。

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “秋の訪れに”』
10月5日(日)前8:10~9:00
(再)10月11日(土)後8:10~9:00

5日(日)の『吹奏楽のひびき』は、「秋」をテーマにした作品を集めてお送りします。吹奏楽には「秋」をテーマにした作品が数多くありますが、作曲家によって切り口やアプローチはさまざまです。今回は、「人生の豊かな実りの秋」を祝し作曲したホルジンガー、季節が秋へと変わっていく京都の情景を描いた櫛田てつ之扶(「てつ」は「月」へんに「失」と表記)、大自然の秋をテーマに書いたアメリカの作曲家キャンプハウス、秋の気配を透明で美しい響きによって表現したネルソン、秋の香りを運んでくる風にインスピレーションを得た八木澤教司の5作品を聴き比べます。お楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “円熟のマエストロ ミヒャエル・ギーレン”』
10月5日(日)前9:00~11:00

5日(日)の『名演奏ライブラリー』は、ドイツの名指揮者ミヒャエル・ギーレンを取り上げます。
ギーレンは1927年ドレスデン生まれ。ストックホルム王立歌劇場、ベルギー国立管弦楽団、BBC交響楽団、シンシナティ交響楽団などでポストを歴任しました。日本ではNHK交響楽団を指揮して世界を舞台に活躍を続けています。ギーレンが得意とするのは、重量級の作品で、大編成の長時間にわたる演奏を巧みにまとめあげる指揮ぶりが、熱い支持を集めています。番組では、ベートーベン、ブラームスといったオーソドックスな作品に加えて、ギーレンが得意としているシェーンベルクやベルクなどの作品の名演・熱演を紹介します。
聴き手を飽きさせない持ち前の構築力で、繊細かつ色彩豊かな音色を作り上げる彼ならではの熱演をお楽しみください。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂』
10月5日(日)後0:15~2:00
※茨城県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県の各地方は高校野球地方大会中継などのため10月5日は放送休止の予定です。ご了承ください。試合が中止、延期になった場合は予定通り放送します。
なお、休止の場合でもインターネットラジオ「らじる★らじる」ではお聴きいただくことができます。

5日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「古都・金沢の新しい魅力を発見する」と題してお送りします。
来年3月14日の北陸新幹線開業で、東京からぐっと近くなる古都・金沢。加賀藩・前田家のお膝元で伝統工芸が受け継がれている一方、金沢駅はアメリカの雑誌で「世界の美しい駅ナンバーワン」、金沢21世紀美術館は、海外の旅行口コミサイトの「クールな観光スポット」上位に選出されています。ゲストに金沢市出身の俳優・篠井英介さん、金沢大学准教授の眞鍋知子さんをお迎えし、伝統とモダンが共存するアートの都、金沢の街と人の魅力を探ります。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】篠井英介(俳優)
     眞鍋知子(金沢大学准教授)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『きらクラ!』
10月5日(日)後2:00~3:55
※奈良県、滋賀県、兵庫県の各地方は高校野球地方大会中継などのため10月5日は放送休止の予定です。ご了承ください。試合が中止、延期になった場合は予定通り放送します。
なお、休止の場合でもインターネットラジオ「らじる★らじる」ではお聴きいただくことができます。

※10月6日(月)の再放送は特集番組のためお休みです。

独特の感性を持つタレントのふかわりょうさんと、気鋭のチェリスト・遠藤真理さんが繰り広げる、お気楽クラシック音楽バラエティー番組『きらクラ!』。
5日(日)の『きらクラ!』は、10月3日(金)にNHKふれあいホールで行われる、『きらクラ公開収録』の模様をお送りします。
ゲストに、ソプラノ歌手のさん臼木あいさんと、クラリネット奏者の亀井良信さんをお招きして、リスナーからのメッセージや質問に答えながらの楽しいトーク、そして生演奏を披露していただきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】臼木あい(ソプラノ歌手)、亀井良信(クラリネット奏者)
【パーソナリティー】ふかわりょう、遠藤真理

※『きらクラ!』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
10月5日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
今回は、「ストップ!! ひばりくん!」「すすめ!!パイレーツ」「江口寿史の爆発ディナーショー」などのギャグ漫画でおなじみの、漫画家の江口寿史さんをゲストにお迎えしてお送りします。その作品からも伺えるように、80'sのニューウェーブ音楽に精通している江口さんが、おすすめの洋楽ナンバーを紹介します。
また、「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーでは、江口さんが80年代前半に少年漫画誌に連載していた代表作「ストップ!! ひばりくん!」を取り上げます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】江口寿史 (漫画家)
【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2014 “ランディ・ブレッカー&マイク・スターン”BAND』
10月5日(日)後10:30~11:30
(再)10月10日(金)前10:00~11:00

5日(日)の『セッション2014』は、9月に開催された「東京JAZZ」とのコラボレーション企画『東京JAZZ meets セッション2014』の模様をお送りします。今回、マイク・スターンとランディ・ブレッカーが共演し、コンテンポラリー・ジャズ~フュージョン・ファン必聴のスーパー・セッションが実現しました。
ギタリストのマイク・スターンは、1953年ボストン生まれ。80年代初頭、マイルス・デイビスの歴史的カムバック・バンドに抜てきされて注目を集め、その後もジャコ・パストリアスらと共演を重ねるなど第一線で活躍しています。トランペッターのランディ・ブレッカーは、1945年フィラデルフィア生まれ。実弟のマイケル・ブレッカーとともに、ブレッカー・ブラザーズでジャズ~フュージョン界に革命を起こしました。アコースティックとエレクトリック両方のスタイルで高い評価を得て活躍を続けています。
どうぞお楽しみに!

【演奏】マイク・スターン(ギター)
    ランディ・ブレッカー(トランペット)
    トム・ケネディ(ベース)
    ライオネル・コーデュー(ドラムス)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ4日(土)(3日(金)深夜)の『BUMP OF CHICKEN クリエイターたちとの創造』は、特別な演出をちりばめた、一夜限りのライブができあがるまでのドキュメント。必見です!


『BUMP OF CHICKEN クリエイターたちとの創造
    ~ドキュメント LIVE in東京ドーム~』
総合テレビ 10月4日(土)(3日(金)深夜)前0:10~1:09

今年デビュー15周年を迎えたカリスマ的人気を誇るBUMP OF CHICKENは、7月31日に初めて、東京ドーム公演を行いました。今回は、初音ミクとの共演をはじめ、一夜限りの特別な演出をちりばめたスペシャルな公演になりました。演出を手がけたのは、日本を代表するクリエイターたち。番組では、夢のステージを創造していく過程を紹介するほか、迫力のライブシーンに加えて、あまりメディアに登場しないメンバーの素顔もたっぷりとお届けします。お楽しみに!

201410file_0006yv.jpg 201410file_0006yr.jpg
  ⓒ古溪一道


※『BUMP OF CHICKEN クリエイターたちとの創造』の番組ホームページはこちら

投稿時間:10:11 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


10月3日(金)の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストにtofubeatsをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”  ~tofubeatsが語るガールズポップス~』
10月3日(金)後10:00~10:45

隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
3日(金)は、tofubeatsをゲストにお迎えしてお送りします。tofubeatsは、神戸で活動を続けるトラックメイカー/DJです。くるりをはじめ、ジャンルを問わずさまざまなアーティストのリミックスを手掛けています。ソロアーティストとしても10月2日(豆腐の日)にメジャーファーストフルアルバムを発表します。番組では、プロデューサーとしてもアイドルに楽曲を提供しているtofubeatsがヒャダインさんと熱く語り合います!どうぞお楽しみに!

【ゲスト】tofubeats
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんがMCを担当!

『オトナのトビラTV』
Eテレ 毎週木曜 後7:25~7:55
(再)Eテレ 翌週火曜 前0:25~0:55 (月曜深夜)

ヒャダインさんがMCを担当し、社会の入り口に立つ10代の若者に向けた“お役立ち情報満載”の番組『オトナのトビラTV』。10月2日(木)は「ネットにひそむストーカー」と題して、SNSなどで全く面識のない人からしつこく送られてくる、一方的な恋愛感情やいやらしい言葉などの見えない恐怖への対処法を考えます。

※『オトナのトビラTV』番組ホームページはこちら

◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!
『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回放送・10月4日(土)は、ゲストにSOLIDEMOが登場!全員の身長が180cm以上という8人組男性グループです。SOLIDEMOとは、SOLID=超かっこいい EMO=女々しい(emotionalの略語)という2つの単語を組み合わせ「最高にクールで女々しい奴等」、クールで品格のある一面を持ちながらも時に女々しい恋心を歌う、その2面性からSOLIDEMOと命名したそうです。今年4月にメジャーデビューしました。音楽にとどまらず、舞台やドラマ、モデルなど活動の幅を広げています。お楽しみに!

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


10月最初の『ザ・ソウルミュージック』は、"Star Of The Month"をお届け! 10月生まれのソウルスターNo.1は誰か?


『ザ・ソウルミュージック “Star Of The Month~September”』
10月2日(木)後11:00~前0:00
(再)10月9日(木)前10:00~11:00

毎月第1週の『ザ・ソウルミュージック』は、番組が厳選したその月生まれのアーティスト3人の中から、リスナーの皆さんの投票で一番人気を獲得したアーティストを取り上げ、その足跡をリクエスト曲とともに振り返る生誕祝賀祭“Star Of The Month”をお送りします。
今回番組が選んだ10月生まれのアーティストは、フロリダ州出身サム&デイヴのサム・ムーア(1935年10月12日生)、JBやPファンクのベーシストとしておなじみ、オハイオ州出身ブーツィー・コリンズ(1951年10月26日生)、ニューヨーク州出身フレディ・ジャクソン(1956年10月 2日生)の3人。さて、ソウルスターNo.1は誰か?どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:08 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日2日(木)生放送!『NHK音楽祭2014 管弦楽の黄金時代~後期ロマン派の壮大な調べ~』


『NHK音楽祭2014 
 管弦楽の黄金時代 ~後期ロマン派の壮大な調べ~』


12回目となる『NHK音楽祭』は、後期ロマン派を代表する3人の偉大な作曲家、ブルックナー、マーラー、そしてリヒャルト・シュトラウスにスポットを当てます。 オーケストラの編成がこれまでにないほど巨大化した19世紀末から20世紀初頭、彼らは互いに影響を与えあい、自由かつ前衛的な作品を数多く生み出しました。
『NHK音楽祭2014』の幕開けとなる10月2日(木)は「ブルックナーの名手が贈るロマンチックな夕べ」と題して指揮者・マルティン・ジークハルトがNHK交響楽団と共演。NHKホールから生放送でお届けします。どうぞお楽しみに!

ブルックナーの名手が贈るロマンチックな夕べ
10月2日(木)後7:00~9:20


◆NHK交響楽団
指揮】マルティン・ジークハルト
ピアノ】ユリアンナ・アヴデーエワ
【曲目】モーツァルト/ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467
     ブルックナー/交響曲 第4番 変ホ長調「ロマンチック」[ノヴァーク版]

20141002_1.jpg■マルティン・ジークハルト(指揮)
オーストリアのウィーンに生まれる。チェロをポール・トルトゥリエ、指揮をハンス・スワロフスキーに師事。ウィーン交響楽団の首席チェロ奏者として活躍。1986年、急遽ウィーン響を指揮して成功を収めたことをきっかけに、本格的な指揮活動を開始する。90年から5年間、シュツットガルト室内管弦楽団首席指揮者。92年から8年間、リンツ国立歌劇場音楽監督、およびリンツ・ブルックナー管弦楽団首席指揮者。2002~06年、ラインスベルク・モーツァルト・オペラ・フェスティバル芸術監督。現在もウィーン響を定期的に指揮するほか、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、フィルハーモニア管など世界のオーケストラを指揮。2003年からオランダ・アーネム・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、09年同管弦楽団名誉指揮者に就任。

20141002_2.jpg■ユリアンナ・アヴデーエワ(ピアノ)
2010年、第16回ショパン国際コンクール優勝。クリスティアン・ツィメルマン最優秀ソナタ演奏特別賞も同時に受賞し、コンクール史上、マルタ・アルゲリッチ以来45年ぶりの女性優勝者として一躍脚光を浴びる。以来、ニューヨーク・フィル、18世紀オーケストラ、N響、ロンドン・フィルなど世界のオーケストラと共演、高い評価を受けている。1985年、ロシアのモスクワ生まれ。グネーシン特別音楽学校、チューリヒ芸術大学で研鑽を積んだ。世界各地のコンサートホール、音楽祭に出演している。

■NHK交響楽団
1926年にプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団が、1951年にNHK交響楽団と改称。この間、ドイツからローゼンストックを専任指揮者として迎え、日本を代表するオーケストラとしての基礎を築いた。今日に至るまで、カラヤン、カイルベルト、マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘、また、話題のソリストたちと共演し、歴史的名演を残している。近年は、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地で約120回のコンサートを開き、その演奏は、NHKのテレビ、FM放送で日本全国に放送されるとともに、国際放送を通じて欧米やアジアにも紹介されている。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演するなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも高い評価を得ている。

20141002_3.jpg

投稿時間:10:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません