2014年9月

明日10月1日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は、桜井さんと坂崎さんが担当。「はじめて物語」は"一人旅"をテーマに語り合います!


『THE ALFEE 終わらない夢』
10月1日(水)後11:00~前0:00
(再)10月8日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。10月1日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、先週に引き続き桜井さんと坂崎さんのコンビでお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“一人旅”がテーマ。若い頃の旅の経験や、子どもの頃に隣町まで自転車で出かけた思い出などを語り合います。
さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、「100万ドルのギタリスト」の異名を持ち、昨年70歳で亡くなったジョニー・ウィンターをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】桜井賢、坂崎幸之助

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:24 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終火曜日放送『くるり電波』30日(火)「ニューアルバム徹底紹介」と「新譜どちらがお好き」をお送りします!


『くるり電波』
9月30日(火)後11:00~前0:00
(再)10月7日(火)前10:00~11:00

常に新しいサウンドを求めて活動をつづける“くるり”が、毎月最終火曜日にお届けしている番組『くるり電波』。
明日の『くるり電波』は、ニューアルバム徹底紹介と題して、MVのウラ話、サポートメンバーのことなど、リスナーからの質問・感想にくるりがお答えします。「新譜どちらがお好き」コーナーは、佐藤さんとファンファンさんからのリコメンドに岸田さんがジャッジ!佐藤さんからは大人の雰囲気ただよう女性ボーカルの1曲。ファンファンさんからは、岸田さん曰く「ふしぎ・懐かしい」と言わしめたカナダ・トロント出身の5人組バンドの楽曲。ジャッジはどちらに?お楽しみに!

【出演】岸田繁、佐藤征史、ファンファン

※『くるり電波』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:04 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK交響楽団 10月定期公演の聴きどころ


10月の定期公演には、近年、NHK交響楽団との結びつきを深めている、ベテランと中堅の2人のマエストロが登場し、自らの十八番といえるレパートリーを披露する。1934年生まれのサー・ロジャー・ノリントンと1969年生まれの下野竜也である。

「ベートーヴェン・シリーズ」が完結!

201410_nkyo1.jpgロンドン・クラシカル・プレイヤーズを創設するなど、古楽演奏の先駆者として活躍してきたノリントンとNHK交響楽団とは、2006年の初共演以来強い絆(きずな)で結ばれている。彼らは、2011年から「ベートーヴェン・シリーズ」で交響曲全曲の演奏に取り組み、この10月のAプログラムでついにその完結を迎える。

ノリントンがこの「ベートーヴェン・シリーズ」を始めた2011年4月は、東日本大震災の直後、日本全体が震災の大きな傷跡に苦しんでいた時期だった。音楽界では、海外から
のアーティストが来日を取り止め、演奏会がいくつも中止となった。そのようななかでノリントンは約束通り日本を訪れ、N響を相手にベートーヴェンの《交響曲第1番》や《第2番》、エルガーの《交響曲第1番》、マーラーの《交響曲第1番》などを指揮した。ベートーヴェンは、日本全体の重苦しい雰囲気を振り払うような颯爽(さっそう)とした演奏だった。

ノリントンは、斬新で大胆なベートーヴェン解釈を披露し、聴衆を驚かせた。昨年10月の《第5番》も非常に個性的な演奏だった。と同時に、N響にピリオド・アプローチやノン・ヴィブラートのピュア・トーンをもたらし、N響の表現の幅を広げた。

そして今回、ノリントンは、「ベートーヴェン・シリーズ」の最後を《交響曲第7番》で締めくくる。何か特別なアイディアがあるに違いない。今まで聴いたことのない《第7番》が繰り広げられるはずである。

また、古典派音楽に長(た)けた、スイス出身の俊才、フランチェスコ・ピエモンテージとの《ピアノ協奏曲第1番》も、ノリントンの考えが反映されるであろう。指揮者、ピアノ、オーケストラの配置を含め、興味津々である。

ピュア・トーンの美質が際立つCプロ

Cプログラムには、シューベルトの最後の2つの交響曲が並べられた。ベートーヴェンに続くシリーズとなるのだろうか。《未完成》も《ザ・グレート》も、すでに、ロンドン・クラシカル・プレイヤーズやシュトゥットガルト放送交響楽団などで録音しているノリントンの得意のレパートリー。録音のたびにテンポが遅くなっている《未完成》は、N響でも細部にまでこだわりのある演奏が展開されることだろう。ノリントンが初期ロマン派の最高傑作のひとつと述べる《ザ・グレート》では、彼がこの長大な交響曲をどう料理するのか興味が尽きない。ノリントンの掲げるピュア・トーンは、シューベルトのようなロマン派音楽でこそ、その美質が際立つ。《未完成》と《ザ・グレート》という聴き慣れた名曲がまったく新鮮に聴こえるに違いない。

下野が得意のドヴォルザークで登場

201410_nkyo2.jpgBプログラムに登場する下野竜也は、中堅指揮者のなかで最もN響との共演の多いひとりに数えられる(初共演は2005年2月、定期公演デビューは2007年12月)。N響の下野への信頼の厚さが表れている。N響定期公演には、2013年6月(そのときはホルストの《惑星》などを指揮)以来の登場である。

下野にとってドヴォルザークは最も得意とする作曲家のひとりであり、読売日本交響楽団の正指揮者であった2007年から2012年にかけて、同響とドヴォルザークの全交響曲の演奏を成し遂げている。美しい旋律と温かく素朴な味わいは下野の音楽性によく合っている。ドヴォルザークの交響曲といえば、《第8番》と《第9番》の演奏頻度が極めて高く、《第7番》もしばしば取り上げられるが、《第6番》以前は滅多に演奏されない。しかし、今回取り上げられる《第6番》は、その穏やかなボヘミア情緒と美しい旋律で、《第8番》に匹敵する魅力が感じられる。

前半では、ポーランドの血をひき、ショパンを得意とする、まだ二十歳前の逸材、ヤン・リシエツキがショパンの《ピアノ協奏曲第1番》を弾く。世界が注目する若きショパン弾きの演奏を早く聴きたいものである。

(山田治生/音楽評論家)


NHK交響楽団オフィシャルホームページはこちら
(クリックするとNHKサイトを離れます)

投稿時間:10:10 | カテゴリ:N響の聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週29日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、"秋の夜長の音楽談義"をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
9月29日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
29日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、ゲストにこの夏公開された映画「TOKYO TRIBE」の原作者・井上三太さんをお迎えしてお送りします。井上さんがR&Bにハマったきっかけや、松尾さんとの交流などを語り合います。お楽しみに!

【ゲスト】井上三太(マンガ家)
【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:47 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週29日(月)からの『青春アドベンチャー』は、児童文学のロングセラーとして親しまれている白狐魔丸の人間探求の物語の第二弾、斉藤洋・原作「白狐魔記 蒙古の波」をお送りします!


『青春アドベンチャー “白狐魔記 蒙古の波”』<全10回>
9月29日(月)~10月3日(金)後10:45~11:00
10月6日(月)~10月10日(金)後10:45~11:00

29日(月)からの『青春アドベンチャー』は、児童文学のロングセラーとして親しまれている白狐魔丸の人間探求の物語の第二弾をオーディオドラマ化、斉藤洋・原作「白狐魔記 蒙古の波」をお送りします!
白駒山に住む仙人のもとで修行し、人間に化身することができるようになったキツネ、白狐魔丸(しらこままる)。時代はくだり鎌倉時代末期。蒙古襲来という日本史上未曽有の国難の中、超常的な「念」の力を身につけはじめた白狐魔丸は、様々な出会いを通じ、人間たちの振舞いを見つめる。元の船を襲う大嵐、異国からのライバルとの壮絶なバトル、そして初めての恋…。児童文学のロングセラーとして親しまれている白狐魔丸の人間探求の物語の第2弾をオーディオドラマ化。

【原作】斉藤洋
【脚色】藤井香織
【出演】成河、北村有起哉、千葉哲也、坂本真綾
    今井朋彦、坂口理恵、箱田暁史、横田栄司
    多田直人、酒向芳、松角洋平、石橋徹郎
    赤塚篤紀、内藤裕志、筒井俊作、粟野史浩
    荒井志郎

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 9月29日(月)~10月2日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
9月29日(月)~10月1日(水)後9:10~10:45
10月2日(木)後9:20~10:45

 

~ゲスト~

9月29日(月) 9月30日(火)
ml_20140929.jpg ml_20140930.jpg
赤い公園 ねごと

10月1日(水) 10月2日(木)
ml_20141001.jpg ml_20141002.jpg
フレデリック 放課後プリンセス

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:17:24 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週29日(月)からの『歌謡スクランブル』は「人生演歌集」&「まっすぐにラブソング」&「ウルフルズ作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
9月29日(月)~10月4日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
29日(月)・30日(火)の『歌謡スクランブル』は「人生演歌集」、10月1日(水)~3日(金)は、「まっすぐにラブソング」と題してお送りします。そして4日(土)は、「ウルフルズ作品集」と題して、1時間まるまるウルフルズの作品を特集します。どうぞお楽しみに!

9月29日(月) 人生演歌集(1)
(美空ひばり「人生一路」、春日八郎「どしゃ降り人生」ほか)

9月30日(火) 人生演歌集(2)
(石原裕次郎「わが人生に悔いなし」、島倉千代子「人生いろいろ」ほか)

10月1日(水) まっすぐにラブソング(1)
(美輪明宏「ラ・ボエーム」、中森明菜「恋の予感」ほか)

10月2日(木) まっすぐにラブソング(2)
(ゴスペラーズ「ひとり」、宇多田ヒカル「Stay Gold」ほか)

10月3日(金) まっすぐにラブソング(3)
(レミオロメン「恋の予感から」、JUJU「くちづけ」ほか)

10月4日(土) ウルフルズ作品集
(「バンザイ~好きでよかった~」、「ええねん」ほか)

【司会】深沢彩子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:28 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週29日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「食と音楽で巡る地球の旅」、作家の吉村喜彦さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~食と音楽で巡る地球の旅~』
9月29日(月)~10月2日(木)前9:20~10:00
(再)10月6日(月)~10月9日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
29日(月)からの週は、作家の吉村喜彦さんが担当する「食と音楽で巡る地球の旅」。食べ物から連想する世界中の音楽を料理や文化とともにお楽しみください。今回は、“秋色の食べもの”をテーマにお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】吉村喜彦

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:19 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


28日(日)の『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、竹内まりやさんがマンスリーDJを担当する最終回!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~竹内まりや~』
9月28日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。
今月のマンスリーDJは竹内まりやさん。今回が最終回になります。きき手はNHKアナウンサーの小野文惠さんです。番組は、お互いに対する印象を交換することからトークは始まります。まりやさんにとって素敵だと思う同性のイメージから、桑田佳祐・原由子夫妻との交流、「不思議なピーチパイ」を作曲した加藤和彦さんとの運命的でドラマチックな出会いの話など竹内まりやさんが“ぎゅーっ”と詰まった90分です。お聞き逃しなく!

【きき手】小野文惠アナウンサー
【DJ】竹内まりや
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:12:04 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 9月27日(土)・28日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~水と油の音楽~』
9月27日(土)前9:00~11:00

27日(土)は、決して交わらない“水と油”の関係から連想される作品や、互いに反発しながらも、素晴らしい演奏や楽曲を生み出したミュージシャンたちに注目します。お楽しみに!

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
9月27日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。27日(土)のアニソンランキング部は、2008年の第11位~第1位を発表します。そして、中川翔子生徒会長がリリースしたニューアルバムのミニ特集もお送りします。お楽しみに!

【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら、藤崎弘士アナウンサー

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮 “諸井誠 再発見 ~NHKのアーカイブスから~”』
9月27日(土)後9:00~10:00
(再)9月29日(月)前10:00~11:00

昨年9月2日に亡くなった作曲家で音楽評論家の諸井誠氏。没後1年を期に、諸井氏の作曲家としての面にスポットをあてます。晩年は、評論家としての活動が目立った諸井誠氏ですが、戦後の一時期、黛俊郎氏と日本作曲界の戦後世代の双璧と言われた時期がありました。当時の作品をお楽しみいただきます。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “どうぶつのうた”』
9月27日(土)後10:00~10:50

27日(土)の『FMシアター』は、“どうぶつのうた”をお送りします。
子ども連れの家族やカップルでなくても、訪れるだけでなんとなく心なごやかになる場所…動物園。そんな動物園に入りびたる浪人中の女子、陽菜。「嘘をつく人間より、人間の言葉を話さない動物を相手にしたい」と、高望みで大学の獣医学部をめざしている。自宅によりつかず、動物園で受験勉強までする始末。なじみの動物園で、動物たちだけでなく、ちょっと変わった人たちとも出会ううち、自分のやりがいを見つめ直していく…。
人間関係のストレスを動物たちとのつながりで癒す人々と、主人公の成長を、ヒューマニティ豊かに描きます。

【作】鈴木絵麻
【音楽】澁江夏奈
【出演】荒井萌、紅萬子、下條アトム、南谷峰洋
    蟷螂襲、楠見薫、田所草子、鍋島浩
    白井哲也、平尾菜々花

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “日本のジャズ:伝説のライヴ~ビッグ・バンド集”』
9月27日(土)後11:00~翌前1:00

27日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、“日本のジャズ:伝説のライヴ~ビッグ・バンド集”の9回目。日本のジャズ界の伝説の巨人や、グループが全盛期に残した貴重なライヴ演奏にスポットを当てます。今回は、日本を代表する2大ビッグ・バンド、原信夫とシャープス&フラッツ、宮間利之とニューハードのライブ演奏をお届けします。1971年の「全日本ジャズ・フェスティバル」におけるシャープス&フラッツとニューハードの貴重なバンド合戦などをお楽しみください。

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “アメリカン・オールド・コーラスの魅力”』
9月28日(日)前7:20~8:10
(再)10月4日(土)後7:20~8:10

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。28日(日)は、アカペラグループ「トライトーン」の多胡淳さんがお送りします。今回は、アメリカのジャズ・ポップコーラスの草分け的存在のミルス・ブラザーズを始め、1920年~1960年代にかけて時代を彩った懐かしのコーラスサウンドをお届けします。お楽しみに!

【案内】多胡淳

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “リクエスト特集”』
9月28日(日)前8:10~9:00
(再)10月4日(土)後8:10~9:00

28日(日)の『吹奏楽のひびき』は、リスナーからのリクエストにお応えします。お届けするのは、スッペの喜歌劇「詩人と農夫」序曲や、ユーフォニアムのための吹奏楽作品「イナのための歌」、などです。どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “バイオリニスト ナタン・ミルシテイン”』
9月28日(日)前9:00~11:00

28日(日)の『名演奏ライブラリー』は、名バイオリニスト ナタン・ミルシテインをご紹介します。ゲストに直弟子のバイオリニスト・木野雅之さんをお迎えして、師匠ミルシテインの音楽や人柄についてじっくりお話しいただきます。
ナタン・ミルシテインは1903年ウクライナ生まれ。上品な音色と流麗な演奏スタイルで絶大な支持を集め、20世紀の傑出した演奏家として後世のバイオリン演奏にも大きな影響を与えました。ベートーベンやブラームスをはじめとする多くの協奏曲に自作のカデンツァを残しているほか、リストやショパンのピアノ曲などをいくつもバイオリン用に編曲しました。こうした数々の功績を残し、現在も「バイオリンの貴公子」とたたえられる名演奏家の一人です。番組では、バッハやサン・サーンス、グラズノフなどの作品で、ミルシテインならではの美音をお楽しみいただきます。

【ゲスト】木野雅之
【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『日曜喫茶室 “復活、戦後歌謡の魅力”』
9月28日(日)後0:15~2:00

泉谷しげるさんや、薬師丸ひろ子さんなど、昭和の歌のカバーアルバムの発売が続いている昨今。昭和歌謡レビューの「虎姫一座」が人気を呼び、各地に昭和歌謡を楽しむ店ができ、クラブでもかかるなど、“昭和歌謡”がブームとなっています。それは単なる懐古ではなく、若者には曲の持つ新しさが認められているようです。今回の『日曜喫茶室』は「復活、戦後歌謡の魅力」と題して、ゲストに作曲家の平尾昌晃さんと、歌手の伊東ゆかりさんをお迎えし、戦後から、歌謡曲全盛期の1970年代~80年代の作品を通して、時代や、曲の持つ魅力について語っていきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】平尾昌晃 (作曲家)
     伊東ゆかり (歌手)
【ご常連】轡田隆史(ジャーナリスト)
【司会】(マスター)はかま満緒、(ウェイトレス)小泉裕美子

※『日曜喫茶室』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
9月28日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、81年にデビューし、ジャズ・ファンク・テイストのバンドから、メロディを重視したポップ・バンドへと変化していったLevel 42(レベルフォーティートゥー)を特集。日本でも人気を集めたヒットナンバーなどをお届けします。また、音楽や映画、ファッション、小説、ムーブメントなどさまざまなキーワードにスポットを当てる「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーでは、ファッションをテーマに、80年代にファッション・アイコンとして活躍した女性アーティストを紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ライブビート ~SISTER JET~』
9月28日(日)後10:30~11:30
(再)10月3日(金)前10:00~11:00

毎月最終日曜日、ロックを中心に、メジャーやインディーズを問わず“鋭利な音”にこだわって、旬なバンドやミュージシャンのライブを紹介する番組『ライブビート』。
9月28日(日)は、東京・福生発の3ピースロックンロールバンド、SISTER JETが登場!6月に発表したニュー・アルバム「X X X」の楽曲を中心にした、ダイナミックなバンド・アンサンブルをお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】SISTER JET
 【DJ】古閑裕

※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


26日(金)放送の『AKB48の"私たちの物語"』は、田中美久さん、多田愛佳さん、神志那結衣さん、矢吹奈子さん、穴井千尋さん原案・出演作をお送りします!


『AKB48の“私たちの物語”』
9月26日(金)後10:00~10:45

26日(金)の『AKB48の“私たちの物語”』は、田中美久さん、多田愛佳さん、神志那結衣さん、矢吹奈子さん、穴井千尋さん原案・出演作「バスガイド、がんばるけんね!」をお送りします。

「バスガイド、がんばるけんね!」
ここは、九州・博多にある、HKT交通。新人バスガイドの田中美久は、3か月におよぶ研修の締めくくりとして、実車教習を受けようとしていた。実車教習は、先輩と2人で観光バスに乗り込み、実際にお客様を案内する、というもの。そこで先輩からOKサインをもらえないと、再び3か月の研修を強いられることに。しかも、田中と一緒にバスに乗る先輩は、バスガイドの鬼、多田愛佳!さらに、実車教習のお客の中には、要注意人物が3人いて…。

【原案】穴井千尋、神志那結衣、田中美久、矢吹奈子、多田愛佳
【脚本】北阪昌人
【出演】田中美久、多田愛佳、神志那結衣、矢吹奈子、穴井千尋、山寺宏一

※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆BSプレミアムで放送中、AKB48グループのレギュラー番組!

『AKB48 SHOW』
BSプレミアム 毎週土曜日 後11:30~11:59

次回の放送は、10月4日(土)後11:30です。昨年10月から放送開始した『AKB48 SHOW』は1周年を迎えました。そこで、放送1周年を記念してAKB48劇場から生放送でお送りします。どうぞお楽しみに!

※『AKB48 SHOW』番組ホームページはこちら

※『AKB48 SHOW』ブログ記事はこちら

投稿時間:17:49 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


25日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、ゴスペラーズの村上てつやさんをお迎えして「ミッドナイト・ソウル・カフェ」をお送りします。


『ザ・ソウルミュージック ~ソウル・ラヴァーズ・ナイト~』
9月25日(木)後11:00~前0:00
(再)10月2日(木)前10:00~11:00

25日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、隔月末恒例の、ソウル愛好家が集う「ミッドナイト・ソウル・カフェ」。3月以降、このコーナーの代理店長を務めてきたゴスペラーズの村上てつやさんが、来月から正式店長に就任!そこで今回は、“新店長就任式”と題して、先日リリースされたばかりのゴスペラーズのニュー・アルバム「The Gospellers Now」のお話や、オダイさんと村上さんがそれぞれソウルミュージックの世界へと導かれたエピソードなど、深い深いソウル談義をお届けします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】村上てつや(ゴスペラーズ) 
【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:32 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 10月の特集番組ラインナップ!


10月の特集番組ラインナップ

『NHK音楽祭2014 
 管弦楽の黄金時代 ~後期ロマン派の壮大な調べ~』


ongakusai2014.jpg12回目となる『NHK音楽祭』は、後期ロマン派を代表する3人の偉大な作曲家、ブルックナー、マーラー、そしてリヒャルト・シュトラウスにスポットを当てます。オーケストラの編成がこれまでにないほど巨大化した19世紀末から20世紀初頭、彼らは互いに影響を与えあい、自由かつ前衛的な作品を数多く生み出しました。
リヒャルト・シュトラウス生誕150年を迎える今年、音楽史上に燦然と輝くこの3人の作品を、一流の指揮者とソリスト、オーケストラによる演奏でお楽しみいただきます。

ブルックナーの名手が贈るロマンチックな夕べ
10月2日(木)後7:00~9:20


◆NHK交響楽団
指揮】マルティン・ジークハルト
ピアノ】ユリアンナ・アヴデーエワ
【曲目】モーツァルト/ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467
     ブルックナー/交響曲 第4番 変ホ長調「ロマンチック」[ノヴァーク版]

20141002_1.jpg■マルティン・ジークハルト(指揮)
オーストリアのウィーンに生まれる。チェロをポール・トルトゥリエ、指揮をハンス・スワロフスキーに師事。ウィーン交響楽団の首席チェロ奏者として活躍。1986年、急遽ウィーン響を指揮して成功を収めたことをきっかけに、本格的な指揮活動を開始する。90年から5年間、シュツットガルト室内管弦楽団首席指揮者。92年から8年間、リンツ国立歌劇場音楽監督、およびリンツ・ブルックナー管弦楽団首席指揮者。2002~06年、ラインスベルク・モーツァルト・オペラ・フェスティバル芸術監督。現在もウィーン響を定期的に指揮するほか、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、フィルハーモニア管など世界のオーケストラを指揮。2003年からオランダ・アーネム・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、09年同管弦楽団名誉指揮者に就任。

20141002_2.jpg■ユリアンナ・アヴデーエワ(ピアノ)
2010年、第16回ショパン国際コンクール優勝。クリスティアン・ツィメルマン最優秀ソナタ演奏特別賞も同時に受賞し、コンクール史上、マルタ・アルゲリッチ以来45年ぶりの女性優勝者として一躍脚光を浴びる。以来、ニューヨーク・フィル、18世紀オーケストラ、N響、ロンドン・フィルなど世界のオーケストラと共演、高い評価を受けている。1985年、ロシアのモスクワ生まれ。グネーシン特別音楽学校、チューリヒ芸術大学で研鑽を積んだ。世界各地のコンサートホール、音楽祭に出演している。

■NHK交響楽団
1926年にプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団が、1951年にNHK交響楽団と改称。この間、ドイツからローゼンストックを専任指揮者として迎え、日本を代表するオーケストラとしての基礎を築いた。今日に至るまで、カラヤン、カイルベルト、マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘、また、話題のソリストたちと共演し、歴史的名演を残している。近年は、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地で約120回のコンサートを開き、その演奏は、NHKのテレビ、FM放送で日本全国に放送されるとともに、国際放送を通じて欧米やアジアにも紹介されている。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演するなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも高い評価を得ている。

20141002_3.jpg


大管弦楽を突き抜けて届くサロメの苦悩と歓喜!
リヒャルト・シュトラウス生誕150年

10月17日(金)後7:00~9:10


◆マリインスキー劇場管弦楽団
指揮】ワレリー・ゲルギエフ
【ソリスト】ムラーダ・フドレイ(ソプラノ/サロメ)
      ミヒャエル・クプファー(バリトン/ヨカナーン)
      アンドレイ・ポポフ(テノール/ヘロデ)
      ラリザ・ゴゴレフスカヤ(ソプラノ/ヘロディアス)
      水口 聡(テノール/ナラボート)
※都合によりヨカナーン役が変更になりました。
【曲目】リヒャルト・シュトラウス/楽劇「サロメ」 ─演奏会形式─

20141017_1.jpg■ワレリー・ゲルギエフ
ロシアのモスクワに生まれる。1977年、キーロフ劇場(現マリインスキー劇場)でデビュー。88年、同劇場の芸術監督に任命され、ロシア・オペラの積極的な上演で同劇場を世界中が注目する一流歌劇場に発展させた。ロッテルダム・フィル首席指揮者、メトロポリタン歌劇場首席客演指揮者などを務め、サンクトペテルブルク「白夜の星」音楽祭、イスラエルの紅海国際音楽祭、コーカサス平和音楽祭など数々の国際音楽祭を創設。ウィーン・フィル、ニューヨーク・フィル、ロンドン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、N響をはじめ世界のオーケストラに客演するとともに、マリインスキー劇場とともに世界各地で公演を行っている。2007年よりロンドン響首席指揮者。15年からミュンヘン・フィル首席指揮者に就任する。

20141017_21.jpg 20141017_22.jpg 20141017_23.jpg
ムラーダ・フドレイ
(ソプラノ/サロメ)
ミヒャエル・クプファー
(バリトン/ヨカナーン)
アンドレイ・ポポフ
(テノール/ヘロデ)
20141017_24.jpg 20141017_25.jpg  
ラリサ・ゴゴレフスカヤ
(ソプラノ/ヘロディアス)
水口聡
(テノール/ナラボート)
 


■マリインスキー劇場管弦楽団
ロシアで最も古い音楽団体のひとつ。その歴史は、18世紀初めに創設されたサンクトペテルブルク帝室歌劇場管弦楽団にまでさかのぼる。このオーケストラの素晴らしさは、数々の演奏会で指揮に当たった世界的音楽家たちに認められたが、そのなかには、ベルリオーズ、ワーグナー、フォン・ビューロー、チャイコフスキー、マーラー、ニキシュ、ラフマニノフなどがいた。ソビエト時代、楽団の輝かしい伝統は、ムラヴィンスキー、テミルカノフら指揮者によって守られた。また、同楽団はチャイコフスキーのオペラとバレエ、グリンカ、ムソルグスキー、リムスキー=コルサコフのオペラ、ショスタコーヴィチ、ハチャトゥリアン、アサフィエフのバレエなど、数多くのオペラやバレエの初演を手がけるという栄誉に浴している。1988年から、ワレリー・ゲルギエフが芸術監督を務める。

20141017_orche.jpg


巨匠メータによるマーラー絶頂期の傑作!
10月31日(金)後7:30~9:20


◆イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
指揮】ズービン・メータ
【曲目】シューベルト/交響曲 第6番 ハ長調 D.589
    マーラー/交響曲 第5番 嬰ハ短調

20141031_1.jpg■ズービン・メータ
インドのボンベイ(現在はムンバイ)に生まれる。医学を学んだ後、ウィーン国立音楽大学でハンス・スワロフスキーに師事。ウィーン・フィル、ベルリン・フィルを指揮して成功を収めた。モントリオール交響楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務め、1977年、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任。81年から終身音楽監督を務める。フィレンツェ五月音楽祭首席指揮者(1985~)、バイエルン国立歌劇場音楽監督(1998~2006)、ニューヨーク・フィルハーモニック音楽監督(1978~91)を歴任。ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ウィーン楽友協会名誉会員。ウィーン・フィル、ミュンヘン・フィル、ロサンゼルス・フィルなどから名誉指揮者の称号を受ける。2008年、世界文化賞、13年、タゴール賞を受賞。

■イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
1936年、バイオリニストのブロニスラフ・フーベルマンの呼びかけで結成。36年12月の第1回コンサートを指揮したのはアルトゥーロ・トスカニーニであった。結成当時以来の伝統である厚みのある弦楽器の響きは“世界一の弦”と称される。現在テルアビブ、エルサレム、ハイファで定期公演を開催し、イスラエル各地での公演、世界の主要音楽祭などに出演。また積極的にイスラエルの作曲家の新作初演を手がけている。数多くの世界的指揮者・ソリストを招聘するとともに、若い音楽家の育成に力を注ぎ、教育プログラムやアウトリーチ活動を行っている。終身音楽監督ズービン・メータ(音楽顧問、音楽監督を経て81年から)。桂冠指揮者レナード・バーンスタイン、名誉客演指揮者クルト・マズア。2011年、ジャナンドレア・ノセダが首席客演指揮者に就任。

20141031_2.jpg


『第83回 日本音楽コンクール最終予選』
10月6日(月)~10日(金)前7:25~9:20


10月6日(月) バイオリン(9月8日収録・トッパンホール)
10月7日(火) ホルン  (8月30日収録・トッパンホール)
10月8日(水) 声楽   (9月11日収録・トッパンホール)
10月9日(木) チェロ  (9月15日収録・トッパンホール)
10月10日(金) ピアノ   (9月28日収録・トッパンホール)

「日本音楽コンクール」(主催:NHK・毎日新聞社)は、クラシック音楽の作曲家・演奏家を志す者の登竜門として、戦時中も中断することなく続けられ、日本で行われる音楽コンクールのなかでも最高の権威と最も長い歴史を誇っています。上位入賞者の多くは、日本および世界の第一線で活躍するトップ・アーティストに成長、活躍しており、わが国の音楽界の将来を占うイベントとして、常に国内外の注目を集めています。
今年は、例年行われるピアノ、バイオリン、声楽、作曲の4部門に、ホルン、チェロの2部門を加えた6部門で、8月下旬からおよそ2ヶ月にわたって数回の予選を経て、10月25日(土)から 行われる本選会を目指します。
番組では、作曲部門を除く5部門の、本選出場をかけた熱演を放送します。


pickup_anisonac.jpg『アニソン・アカデミー@さいたま“アニ玉祭”』
10月11日(土)後2:00~4:00

皆さんからのリクエストをもとに、創成期から現代まで世代を超えて愛され続けている「アニメ・ソング=アニソン」だけをお届けする番組、『アニソン・アカデミー』。
毎週土曜の午後、普段は静かに(?)渋谷のNHKのスタジオからお送りしている『アニアカ』が、スタジオを飛び出して公開生放送!場所は、「大宮ソニックシティ小ホール」。埼玉県などが主催する総合アニメイベント「アニ玉祭」の会場です。アニアカ生徒会長のしょこたん、書記のあべし、放送部・藤崎弘士アナウンサーによるレギュラーコーナーのほか、ゲスト講師・茅原実里さんのミニライブなど見どころ聞きどころ満載の「出張アニアカ特別編」。どうぞお楽しみに!

【会場】大宮ソニックシティ 小ホール(500席)
     (さいたま市大宮区桜木町1-7-5)

【ゲスト】茅原実里(歌手・声優)
【司会】中川翔子、あべあきら、藤崎弘士アナウンサー


-観覧募集のお知らせ-
観覧ご希望の方は番組ホームページまたはさいたま放送局の公開番組・イベントからご覧ください。締切は9月22日(月) 午後11時59分までとなります。
※募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

※埼玉放送局はこちら
※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら


pickup_zanmai.jpg『今日は一日“N響”三昧』
10月13日(月・祝) 後0:30~10:45(中断あり)

今年、創立から88年を迎えたNHK交響楽団。これまでの一回一回の演奏会には、聴いていたお客様の数だけ思い出があります。再放送の機会がほとんどなかったN響演奏会の貴重な記録。
ここ60年の定期公演を始め、30年以上前の地方公演や放送番組のためのスタジオ録音などの貴重な音源もあります。
(詳細は番組ホームページの音源リストをご覧ください)

番組ではリクエストを募集しております。
N響にまつわる思い出など、メッセージとともにお寄せください。
 
【ゲスト】
池田昭子、菊本和昭、矢内陽子、徳永二男、横川晴児
【司会】
檀ふみ、池辺晋一郎、松井治伸アナウンサー

※『今日は一日“N響”三昧』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:08 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


24日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』鈴木雅之さんからのメッセージを紹介!1974年の音楽はシールズ&クロフツ


『THE ALFEE 終わらない夢』
9月24日(水)後11:00~前0:00
(再)10月1日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。桜井さん&坂崎さんのコンビでお送りする24日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、鈴木雅之さんから届いたデビュー40周年のお祝いメッセージを紹介。また、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、74年にアルバム「アンボーン・チャイルド」を発表したフォークロックデュオ、シールズ&クロフツをとりあげます。さらに、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】桜井賢、坂崎幸之助

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


23日(火・祝)放送『MISIA アフリカの風』は、"アフリカンフレーバーを感じるジャズ"を特集します!


『MISIA アフリカの風 ~アフリカンフレーバーを感じるジャズ特集~』
9月23日(火・祝)後11:00~前0:00
(再)9月30日(火)前10:00~11:00

世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーは、先週に引き続きジャズ特集。今回は、番組のテーマにちなんで、アフリカのテイストを感じるジャズのナンバーをご紹介します。そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーでは、先週に続いてルワンダ共和国をとりあげ、青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、ルワンダの学校の様子や、若者に人気の音楽や映画などについてもお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


フランス映画「アイドルを探せ」のヒットから50年...明日23日(火・祝)放送!『今日は一日"フレンチ・ポップス"三昧』


『今日は一日“フレンチ・ポップス”三昧』
9月23日(火・祝)後0:15~10:45(中断あり)

1964年11月に日本で公開されたフランス映画「アイドルを探せ」。
シルヴィ・バルタン、ミレーヌ・ドモンジョ、シャルル・アズナヴールなど、当時のフランスのアイドル達が次々と登場する華やかな作品で、主題歌とともに一大ブームを巻き起こしました。そしてフランスからやってきた音楽は「フレンチ・ポップス」と呼ばれ、次々とヒット、多くの人気歌手たちが日本語でカヴァーし、それもヒットしました。現在のJ-POPシーンの中で大きなジャンルとなっている「アイドル」という言葉は、'64年の「アイドルを探せ」をきっかけにスタートしたと言っても過言ではありません。「アイドルを探せ」のヒットから、ちょうど50年を迎える2014年秋、華やかでお洒落な「フレンチ・ポップスの世界」の魅力を生演奏も含めたっぷりご紹介します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】大貫妙子
【スタジオゲスト】パトリック・ヌジェ
         黒木千波留(ピアノ)、水口昌昭(ギター)、
         クリス・シルバースティン(ウッドベース)、
         桑山哲也(ゲストアコーデオン)
【コメントゲスト(出演順)】シルヴィ・バルタン、中尾ミエ、雨宮塔子
             クレモンティーヌ、プリシラ・アーン        
【司会】加藤紀子、濱田高志

※『今日は一日“フレンチ・ポップス”三昧』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『とことん○○』22日(月)深夜からは、松本梨香さんによる『とことんイントロがなが~~~い曲』をお送りします!


『とことんイントロがなが~~~い曲』
9月23日(火)~27日(土)前0:00~0:50
(9月22日(月)深夜~26日(金)深夜)
9月30日(火)~10月4日(土)前0:00~0:50
(9月29日(月)深夜~10月3日(金)深夜)
10月7日(火)~11日(土)前0:00~0:50
(10月6日(月)深夜~10日(金)深夜)
10月14日(火)~18日(土)前0:00~0:50
(10月13日(月・祝)深夜~17日(金)深夜)

こだわりの音楽を毎日、毎週聴きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。22日(月)深夜からは『とことんイントロがなが~~~い曲』を4週にわたってお送りします!
カラオケでも歌い出しまで早送りされたり、ラジオでもなかなか取り上げられなかったりしますが、実は多くの名曲のイントロは長かった?U2、イーグルスの誰もが知っているあの曲、オフコースなどなど。イントロが50秒以上ある曲にとことんこだわってお送りします。
また、番組では、「あなたのイントロ長いんです」をテーマに、みなさんのエピソードを募集しています。こちらから投稿してください。

【案内】松本梨香


※『とことん◯◯』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:44 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週22日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今でも聴きたいナンバーワン」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
9月22日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
22日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、スモーキー・ロビンソンがジョン・レジェンドとデュエットした曲などをセレクト。後半は「今でも聴きたいNO.1」は1974年のNO.1ヒットをご紹介します。スティービー・ワンダーがR&Bだけでなくポップスまでミュージック・シーンを席巻していた時代に、この年最もヒットした曲は、女性アーティストのあの曲でした。果たして?どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週22日(月)からの『青春アドベンチャー』は、角田光代原作「なくしたものたちの国」をアンコール放送します!


『青春アドベンチャー “なくしたものたちの国”』<全5回>
9月22日(月)~26日(金)後10:45~11:00

 

22日(月)からの『青春アドベンチャー』は、角田光代原作「なくしたものたちの国」をアンコール放送します
8歳まで鳥や動物などと話が出来た主人公・雉田成子。いなくなった猫が人になって会いに来てくれた高校時代、恋をなくした社会人時代、そして"なくしたものたち"との再会…。そんな彼女の人生を幻想的に描き、生きる喜びと切なさを紡ぐ物語。何かをなくしてしまった人に寄り添い、優しく心に温かさを残すファンタジー作品です。お楽しみに!(初回放送:2011年12月19日)

【原作】角田光代
【脚色】田中摂
【音楽】中野カリン
【出演】松浦愛弓 宮本侑芽 高橋理恵子
    浦和めぐみ 高戸靖広 大場泰正 冨澤風斗
    片渕忍 大原康裕 佐藤せつじ 澤田育子
    櫻井章喜 常石梨乃 片山景介 上野結菜 ほか

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:17 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 9月22日(月)~9月25日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

9月22日(月) 9月23日(火・祝)
ml_20140922.jpg ml_kuhaku.jpg
吉田山田 特集番組のため休止

9月24日(水) 9月25日(木)
ml_20140924.jpg ml_20140925.jpg
MINMI ザ・クロマニヨンズ

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:18:07 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週22日(月)からの『歌謡スクランブル』は「話題のホットミュージック」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
9月22日(月)、24日(水)~27日(土)後1:00~2:00

※23日(火・祝)は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
22日(月)からの『歌謡スクランブル』は「話題のホットミュージック」と題して、演歌からJ-POPまで幅広いジャンルの最新楽曲をお送りします。どうぞお楽しみに!

9月22日(月) 話題のホットミュージック(1)
(中村美律子「この世は女で廻るのよ」、竹島宏「泣きぬれて…」ほか)

9月24日(水) 話題のホットミュージック(2)
(氷川きよし「ちょいときまぐれ渡り鳥」、花咲ゆき美「月花香」ほか)

9月25日(木) 話題のホットミュージック(3)
(SMAP「Mr.S –SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO–」、加藤ミリヤ「YOU…feat.仲宗根泉(HY)」ほか)

9月26日(金) 話題のホットミュージック(4)
(GENERATIONS from EXILE TRIBE「Always with you」、倉木麻衣「無敵なハート」ほか)

9月27日(土) 話題のホットミュージック(5)
(Hey!Say!JUMP「ウィークエンダー」、フェアリーズ「BLING BLING MY LOVE」ほか)

【司会】逢地真理子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:58 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週22日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「ふるさとのうた 心の旅」、ダ・カーポの榊原広子さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~ふるさとのうた 心の旅~』
9月22日(月)~25日(木)前9:20~10:00
(再)9月29日(月)~10月2日(木)後5:20~6:00

 ※23日(火・祝)は、関東甲信越地方は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。
 なお、インターネットの「らじる★らじる」では、[放送局]を東京以外の都市をお選びいただくことでお楽しみいただけます。

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
22日(月)からの週は、ダ・カーポの榊原広子さんが「ふるさとのうた 心の旅」と題して、童謡や懐かしい日本の歌、そして世界の愛唱歌など、各日、以下のテーマでお送りします。どうぞお楽しみに!

22日(月) “秋が来た”
(ボニージャックス「ちいさい秋みつけた」ほか)

23日(火・祝) “秋の抒情”
(ダ・カーポ「月の沙漠」ほか)

24日(水) “青春のメロディー”
(坂本九「上を向いて歩こう」ほか)

25日(木) “リクエストを中心に”
(後藤久美子「かわいいベイビー」ほか)

【DJ】榊原広子

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:48 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月の『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、竹内まりやさんがDJを担当。21日(日)は、達郎さんとのエピソードを交えて、自身の音楽について深く語ります!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~竹内まりや~』
9月21日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。
今月のマンスリーDJは竹内まりやさんです。今回は、自身の音楽についてディープに語っていただきます。まりやさんの音楽制作に欠かせない達郎さんとのエピソードも。どうぞお楽しみに!

【DJ】竹内まりや
【きき手】曽田孝アナウンサー

※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:17:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』9/20(土)のゲストは木村多江さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 9
月20日(土)後6:00~6:50
※9月23日(火)ラジオ第1での再放送は休止となります。ご了承ください。


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さんが脚本を手がけたドラマ『ホームドラマ』『天国で君に逢えたら』などに出演され、現在NHKでは、『美の壺』のナレーションを担当している木村多江さんをお迎えします。


0920_rockber.jpg幼少のころは、バレエ音楽に合わせて踊ることが好きだったという木村さんが、発表会で披露した思い入れのある曲などを紹介していただきます。そして演劇の世界へと興味を持ちはじめ、いつか舞台に立ちたいとお芝居を始めた背景を伺います。また、映像の仕事について、転機となった作品や『ぐるりのこと。』でとことん役と向き合ったエピソードを語っていただきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】木村多江
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆木村さんが柔らかいナレーション・天の声を担当!
『美の壺』
BSプレミアム  金曜 後7:30~8:00
(再)火曜 前11:00~11:30

※『美の壺』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:49 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム23日(火・祝)『洋楽倶楽部 80'sロック・クロニクル』第2弾は、80年代に日本で特に人気だったロック・バンドを取り上げます!


『洋楽倶楽部 80’sロック・クロニクル』
9月23日(火・祝)後11:45~前0:44

ベテラン洋楽アーティストのかつての映像と最新ライブ映像を巧みに編集することによって、その曲がたどってきた歴史を感じ取り、アーティストの成熟具合を検証する音楽&トーク番組、「ロック・クロニクル」。
「HARD ROCKクロニクル」に続く第2弾は、80年代を中心に、日本で特に人気を博したロックバンドを集めて特集します。今でも、CMやドラマの主題歌などでたびたび耳にするボストン、ジャーニー、TOTO、Mr.BIGなど、バラードもこなすメロディアスなロックで人気を博したロックバンドの「昔と今」を映像でたどります。

【出演】高嶋政宏、クリス松村
※高嶋さんの「高」は、正しくは「はしご高」です。環境によって正しく表示できないため、本文中では「高」を使用しています

Boston_Band_Member.jpg※『洋楽倶楽部 80’sロック・クロニクル』の番組ホームページはこちら

投稿時間:18:17 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 9月20日(土)・21日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~頭とお尻の音楽~』
9月20日(土)前9:00~11:00

※関東甲信越地方は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。
なお、インターネットの「らじる★らじる」では、[放送局]を東京以外の都市をお選びいただくことでお楽しみいただけます。

今回は“頭とお尻の音楽”をテーマに、ゴンチチお二人の独自の視点からセレクトされた楽曲をお送りします。モンキーズが主演した映画のサントラ収録曲から、高田渡、頭脳警察まで、はたまた日本中にエレキ・ブームを巻き起こしたベンチャーズのおなじみの楽曲まで登場します。お楽しみに!

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
9月20日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。20日(土)の講師(ゲスト)は、作曲家・ピアニストの村松崇継さんです!村松さんは、テレビや映画、ミュージカルなどの音楽を数多く手がけています。今年のNHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲の作曲や映画「思い出のマーニー」、10月13日(月・祝)午後7:30総合テレビに放送予定のスペシャルドラマ「妻たちの新幹線」の音楽を担当するなど幅広く音楽活動を行っています。豊かな音楽性を持つ村松さんが語るアニメ・ソングとは? そして、スタジオライブも披露。お楽しみに!

【講師(ゲスト)】村松崇継
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮
 “私の試聴室~アーノンクールのモーツァルト3大交響曲~”』
9月20日(土)後9:00~10:00
(再)9月22日(月)前10:00~11:00

今回は、ニコラウス・アーノンクールが“モーツァルト三大交響曲”とも呼ばれる第39、40、41番を独自の解釈を前面に押し出して録音したアルバムを紹介します。このアルバムでアーノンクールは、三つの交響曲が一体として人生の流転と再生を表現したドラマ仕立ての交響詩やオペラである、と大胆に解釈して、オリジナル楽器演奏のパイオニア・コンツェントゥス・ムジクスを指揮した革新的なアルバムです。お楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター
 NHK銀の雫文芸賞2014最優秀受賞作“春子の竹ボウキ”』
9月20日(土)後10:00~10:50

20日(土)の『FMシアター』は、高齢化が進む団地に生きる人々の人生と、その哀歓を描く“春子の竹ボウキ”を放送します。
春子は、郊外の古い団地に一人で住む65歳。日々の楽しみは、同じ団地に住む幸子とのおしゃべりだ。ある日訪ねて来るはずの幸子が来なかった。春子は心配するが、様子を見に行きはしなかった。幸子は家で亡くなっていた…。自分が様子を見に行っていれば助けられたかもしれないと後悔する春子。友人を失ったことで塞ぎこむ春子だが、あるきっかけで団地の周りを掃除し始めることに。やがて住人達と親しくなり、ご近所のことをよく知るようにもなった。そんな彼女ならではの機転が、ひとりの住民の命を救う。亡き友への後悔と自責の念が、少しほぐれた気のする春子だった。

【原作】藪本孝一
【脚色】横山玲子
【音楽】長生淳
【出演】藤田弓子 福井裕子
    山口あゆみ 佐々木敏 丸岡奨詞 関えつ子
    峯村淳二 櫻井章喜 藤堂陽子 おぐちえりこ
    岩澤晶範 堀田勝 山崎智史

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “ピアニスト、海野雅威を迎えて”』
9月20日(土)後11:00~翌前1:00

20日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、卓越したテクニックとセンス、また優れた即興性と美しい音色が魅力のピアニスト、海野雅威さんが登場します!海野雅威さんは、1980年東京生まれ。東京芸術大学で作曲を学び、在学中から演奏活動を始めました。2003年の浅草ジャズ・コンテストのソロ部門グランプリ受賞、2004年の横浜ジャズ・プロムナード・コンペティションでのグランプリおよび市民賞受賞など若くして多くの期待と注目を集めてきました。2008年からニューヨークに移住し、テナー・サックスとフルートの名手フランク・ウエス(昨年10月他界)、ウィナード・ハーパー、スティーヴ・ネルソンなどと共演しています。フランク・ウエスと共演した楽曲をはじめ、渡米6年におよぶ滞在の成果を聴きます。そして、スタジオでピアノソロも披露。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】海野雅威
【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “大作曲家の合唱曲~ベルリオーズ~(2)”』
9月21日(日)前7:20~8:10

※27日(土)の再放送は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。20日(日)は、合唱指揮者の大谷研二さんがベルリオーズの合唱作品を紹介する2回目です。ベルリオーズはロマン派の作曲家らしく大編成の音楽を得意としていました。そのため、演奏される機会は限られ、特に宗教作品は本来の教会における使用ではなく、特別な式典などで演奏されることがほとんどです。今回は、それらの派手な作品とは趣の違う、比較的小編成で演奏されるオラトリオ「キリストの幼時 作品25」を取り上げます。お楽しみに!

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “ホルスト生誕140年”』
9月21日(日)前8:10~9:00

※27日(土)の再放送は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。

21日(日)の『吹奏楽のひびき』は、放送日・9月21日が、生誕140年となるホルストの作品を特集します。ホルストは1874年に生まれて1934年に亡くなり、今年は生誕140年であると同時に、没後80年にも当たります。
吹奏楽の世界では「組曲 第1番」と「組曲 第2番」の2曲が傑出した存在で、「吹奏楽の基本中の基本」と呼ばれている一方で、そのほかの作品はあまり知られていません。今回は、あまり知られていないホルストの楽曲にスポットをあてます。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “指揮者トマス・シッパーズの芸術”』
9月21日(日)前9:00~11:00

21日(日)の『名演奏ライブラリー』は、アメリカ生まれの名指揮者トマス・シッパーズを取り上げます。シッパーズは1930年、アメリカのミシガン州に生まれました。18歳で指揮者デビューを果たし、ニューヨーク・フィルハーモニックやメトロポリタン・オペラなどでキャリアを重ね、コンサートとオペラの両分野で頭角を現します。また、ロンドン交響楽団やローマ聖チェチーリア交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団など活動の場をヨーロッパにも広げ注目を集めた矢先の1977年、肺がんのために47歳で急逝しました。今回は、バーバーやシベリウス、ムソルグスキーの管弦楽作品、さらにプチーニのオペラ「ボエーム」などを紹介します。重厚で情熱的なシッパーズの音楽をお楽しみください。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂
 ~中島らも没後10年・その魅力を語る~』
9月21日(日)後0:15~2:00

21日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「中島らも没後10年・その魅力を語る」をアンコール放送します。
今年は、作家・中島らもさんの没後10年にあたります。当番組の司会者の松尾さんとも、一緒に劇団を旗揚げするなど、縁の深い方でした。生前、中島さんと交流のあった、ロック・ミュージシャンの大槻ケンヂさんと放送作家の鮫肌文殊さんをお迎えし、没後10年となる現在の中島らもさんの評価や、さまざまなエピソードを語り合います。どうぞお楽しみに! (初回放送:7月6日)

【ゲスト】大槻ケンヂ (ロック・ミュージシャン)
     鮫肌文殊 (放送作家)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
9月21日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、80年代を代表するロックトリオ、ポリスを特集。全英・全米チャートでNo.1を飾った数々のヒットナンバーをお届けします。また、音楽や映画、ファッション、小説、ムーブメントなどさまざまなキーワードにスポットを当てる「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーでは、アメリカン・ハードロックバンド、ボストンを取り上げます。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2014 “New York Standards Quartet”』
9月21日(日)後10:30~11:30
(再)9月26日(金)前10:00~11:00

9月21日(日)の『セッション2014』は、New York Standards Quartetの演奏をお楽しみいただきます。カルテットを率いるのは、日本に留学経験もあるテナー・サックス、ティム・アーマコスト。です。アーマコストは、1962年ロサンゼルスに生まれ、これまでに、ジェフ・ティン・ワッツ、ロイ・ハーグローブ、ランディ・ブレッカー、ジョージ・ガゾーンなどと共演しています。今回は2006年から活動をともにしている実力者メンバーがハード・バップを展開する充実したLiveをご堪能ください。お楽しみに!

【演奏】ティム・アーマコスト (テナー・サックス)
    デヴィッド・バークマン (ピアノ)
    安ヵ川大樹 (ベース)
    ジーン・ジャクソン (ドラムス)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


19日(金)の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストに水島精二さんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”
 ~水島精二が語るガールズポップス~』
9月19日(金)後10:00~10:45

隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
19日(金)は、アニメ監督として活躍する水島精二さんをゲストにお迎えしてお送りします!
番組では、アニメ監督の道を志した学生時代から現在にいたるまでの音楽にまつわるエピソードや、下積み時代の庵野秀明監督作品との出会い、そして伝説のあのアニメを手がけることになったいきさつも…!もちろん、「アイカツ!」「夏色キセキ」といったご自身の作品とも縁の深いガールズポップスの名曲についても、ヒャダインとともに熱く語ってくれます。お気に入りのアイドルにまつわるエピソードも披露します。お楽しみに!

【ゲスト】水島精二
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんがMCを担当!

『オトナのトビラTV』
Eテレ 毎週木曜 後7:25~7:55
(再)Eテレ 翌週火曜 前0:25~0:55 (月曜深夜)

ヒャダインさんがMCを担当し、社会の入り口に立つ10代の若者に向けた“お役立ち情報満載”の番組『オトナのトビラTV』。9月18日(木)は「どうする?燃え尽きたココロ」と題して、心のメンテナンス法や燃え尽き対処法を考えます。10代のころ、強烈な燃え尽き体験をしたというモデル・JOYさんは、有望なサッカー選手でありながらケガで挫折、学校もやめるほど無気力な状態に陥ったといいます。JOYさんは、燃え尽きからどう立ち直ったのか?燃え尽きの対処法、予防法を一緒に考えます。

※『オトナのトビラTV』番組ホームページはこちら

◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!
『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回放送・9月20日(土)は、ゲストに話題のネットアイドルグループ「むすめん。」が登場! ネット動画で注目を集め、ほぼ自主制作で全てをこなす「むすめん。」たちの素顔や話題のパフォーマンスに、スタジオのファンとともに迫ります。どうぞお楽しみに!

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日18日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、"ムーン&スターズ特集 第2回"です!


『ザ・ソウルミュージック “ムーン&スターズ特集 第2回”』
9月18日(木)後11:00~前0:00
(再)9月25日(木)前10:00~11:00

9月8日は中秋の名月でした。『ザ・ソウルミュージック』ではムーン&スターズをテーマに2週にわたって特集しています。ソウルシーンに残された月や星を綴ったナンバーを一堂にお届けします。いよいよ澄んでくる空気の中で、秋の夜空の月や星を愛でながらお楽しみください。

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:17 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム21日(日)『名盤ドキュメント 佐野元春"ヴィジターズ"』


『名盤ドキュメント 佐野元春“ヴィジターズ”
          ~NYからの衝撃作 30年目の告白~』
BSプレミアム21日(日)後11:00~11:59

今から30年前・1984年、当時28歳の佐野元春が発表した「ヴィジターズ」が、音楽界に衝撃を与えました。佐野が、突然「新しい音楽を作りたい」とニューヨークへ旅立ち、レコード会社には一切頼らず1年かけて現地のミュージシャンと作り上げたのが、このアルバム。そこには「誰も聴いたことがなかった」日本語のロックがありました。
あれから30年。
傑作「ヴィジターズ」はどのようにして生まれたのか?
そもそも、佐野はなぜ人気絶頂のさなかに1年間ものNY滞在を決断したのか?
今回、佐野は長年行方不明だったマスターテープを手にNYへ渡り、制作スタッフたちと再会し、当時を振り返ります。これまで誰にも語らなかった“30年目の告白”を通して衝撃のアルバム制作の舞台裏をたどります。

【出演】佐野元春、伊藤銀次、小川洋子、宇多丸、吉成伸幸

file_0006u2.jpg※『名盤ドキュメント 佐野元春“ヴィジターズ”』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:12 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日17日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は3人で語る「1974年の音楽」はCSNYです!


『THE ALFEE 終わらない夢』
9月17日(水)後11:00~前0:00
(再)9月24日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。17日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、先週に引き続き3人でお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“サッカー”がテーマ。メンバーの意外なサッカー経験など語り合います。
さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、74年に行われたバンド再結成ツアーを収録したライブアルバム「CSNY 1974」を7月に発表した、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】THE ALFEE

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ20日(土)『SONGS』は、YUKIが登場します!


『SONGS “YUKI”』
総合テレビ9月20日(土)後11:00~11:29
(再)26日(金)(25日深夜)前1:30~1:59

9月17日(土)に3年ぶりのニューアルバムを発表するYUKIが、『SONGS』に初登場します!キュートな歌声、物語のような歌詞、遊び心たっぷりのアートワークで、女性たちのカリスマとなってきたYUKIさん。今回、2002年にシングル「the end of shite」を発表してソロ活動を始めてから今日までの12年間を、架空のラジオ番組でじっくりと振り返りながら、YUKIの世界を再現したスタジオパフォーマンスをお送りします。

20140911file_0006q1.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:18 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


16日(火)放送『MISIA アフリカの風』は、秋に聴きたい"ジャズ"を特集します!


『MISIA アフリカの風 ~秋にぴったりなジャズ特集~』
9月16日(火)後11:00~前0:00
(再)9月23日(火・祝)前10:00~11:00

世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーは、この秋に聴きたい“ジャズ”を、新しいアーティストを交えて紹介します。そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーでは、ルワンダ共和国をとりあげ、青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、現地での活動についてなどお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:26 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週15日(月・祝)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
9月15日(月・祝)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
15日(月・祝)は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、以前も番組で紹介した日系アメリカ人のR&BシンガーのJhene Aikoをはじめとする、これからの音楽シーンにその名を残していくであろう新世代の女性アーティストにスポットライトをあてます。また「今さら訊けないABC」で、取り上げるアルファベットは“W”。取り上げる言葉は?どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:08 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 9月15日(月・祝)~9月18日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

9月15日(月・祝) 9月16日(火)
ml_kuhaku.jpg ml_20140916.jpg
特集番組のため休止 風男塾

9月17日(水) 9月18日(木)
ml_20140917.jpg ml_20140918.jpg
TeddyLoid SILVA

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:16:02 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週15日(月・祝)からの『歌謡スクランブル』は「懐かしのアイドル・コレクション」&「懐かしのフォーク・コレクション」、「松山千春作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
9月15日(月・祝)~20日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
15日(月・祝)からの『歌謡スクランブル』は「懐かしのアイドル・コレクション」と「懐かしのフォーク・コレクション」と題してお送りします。そして20日(土)は、「松山千春作品集」と題して、1時間まるまる松山千春の作品を特集します。どうぞお楽しみに!

9月15日(月・祝) 懐かしのアイドル・コレクション(1)
(西郷輝彦「星のフラメンコ」、辺見マリ「経験」ほか)

9月16日(火) 懐かしのアイドル・コレクション(2)
(太川陽介「Lui-Lui」、石川ひとみ「まちぶせ」ほか)

9月17日(水) 懐かしのアイドル・コレクション(3)
(中山美穂&WANDS「世界中の誰よりきっと」、チェッカーズ「涙のリクエスト」ほか)

9月18日(木) 懐かしのフォーク・コレクション(1)
(森山良子「この広い野原いっぱい」、カルメン・マキ「時には母のない子のように」ほか)

9月19日(金) 懐かしのフォーク・コレクション(2)
(かぐや姫「神田川」、りりィ「私は泣いています」ほか)

9月20日(土) 松山千春作品集
(「旅立ち」、「大空と大地の中で」ほか)

【司会】深沢彩子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週15日(月・祝)からの『音楽遊覧飛行』は「映画音楽ワールドツアー」、女優の中川安奈さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~映画音楽ワールドツアー~』
9月15日(月・祝)~18日(木)前9:20~10:00
(再)9月22日(月)、9月24日(水)・25日(木)後5:20~6:00

※23日(火・祝)の再放送は、関東甲信越地方は特集番組のためお休みにします。ご了承ください。

なお、インターネットの「らじる★らじる」では、[放送局]を東京以外の都市をお選びいただくことでお楽しみいただけます。
『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできる音楽番組です。
15日(月・祝)からの週は、女優の中川安奈さんが「映画音楽ワールドツアー」と題して、映画のストーリーやロケの舞台になった風景などを皆さまが思い浮かべていただけるよう、毎日ご覧のテーマでお送りします。どうぞお楽しみに!

15日(月・祝) 映画でみる激動の時代
(映画「王妃マルゴ」「アンナ・カレーニナ」等から)

16日(火) スペクタクルムービー
(映画「ベン・ハー」「グラディエーター」等から)

17日(水) フランシス・レイ作品集
(映画「男と女」「ある愛の詩」等から)

18日(木) リクエスト特集
(映画「天使にラブ・ソングを」「ハリー・ポッターと賢者の石」等から)

【DJ】中川安奈

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:44 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


世界的フラメンコギタリストの軌跡をたどる!15日(月・祝)放送『巨匠パコ・デ・ルシア 偉大なる足跡』


『巨匠パコ・デ・ルシア 偉大なる足跡』
9月15日(月・祝)後2:00~6:00

ことし2月に逝去した世界的なフラメンコギタリスト、パコ・デ・ルシア。伝統的なフラメンコ奏法をベースに、洗練されたフラメンコの新しいスタイルを確立し、ジャズ・フュージョン系のミュージシャンたちとの異色のコラボや、クラシックのギターコンチェルトを発表するなど、他に類を見ない多彩な活動を展開しました。
彼の音楽はジャンルを超え、様々なフィールドで活躍する人たちに影響を与え愛され続けています。

番組では、彼を敬愛する日本のアーティストや作家などのトークを交えながら、パコ・デ・ルシアの名作・名演奏にじっくりと耳を傾けます。さらに、彼と親密に交流を重ねた海外の著名アーティストたちのインタビューや、日本を代表するフラメンコギタリストのスタジオ演奏も盛り込み、たっぷりとお届けます。どうぞお楽しみに。

【出演】濱田滋郎(音楽評論家)、平野啓一郎(小説家)、
     沖仁(フラメンコギタリスト)
【司会】片山千恵子アナウンサー

20140915Paco.jpg

投稿時間:10:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエーターズ・ファイル』9月のマンスリーDJは、竹内まりやさんが担当!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~竹内まりや~』
9月14・21・28日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。今月のマンスリーDJは竹内まりやさんです。今回は、出身地の島根・出雲でまりやさんが過ごした多感な時期を振り返り、当時よく聴いていた音楽を交えつつトークが展開していきます。発売間もないニューアルバムの話もたっぷりと伺います。お楽しみに!

【DJ】竹内まりや
【きき手】青井実アナウンサー
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:10:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』9/13(土)のゲストは中園ミホさんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 9
月13日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 9月16日(火)後9:05~9:55
※9月16日(火)は広島・香川県のみ別放送


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、ドラマ『ハケンの品格』『はつ恋』『Doctor-X 外科医・大門未知子』や、現在NHKで放送中の連続テレビ小説『花子とアン』の脚本を手がけた中園ミホさんをお迎えします。


0913_rockber.jpg広告代理店、占い師の職歴をお持ちの中園さん。中学生のころ占い師と出会い、占いの勉強に励んだエピソードや脚本家になった経緯を伺います。そして、『花子とアン』のクライマックスまで約2週間。ここからの出来事を書きたくて村岡花子さんを選んだとのこと。ドラマの後半は悲しい体験が続くなか、そこから立ち上がっていく強さと、翻訳作品「赤毛のアン」が女性たちに与えた影響に注目しながら見届けていただきたいと中園さんからのメッセージも!執筆中に繰り返し聴いていた曲など紹介しながら岡田さんと語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】中園ミホ
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆中園さんが『花子とアン』の語り担当している美輪明宏さんと対談!
『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』
Eテレ 9月13日(土)後10:00~11:00
(再)総合テレビ 9月15日(月・祝)8:15~9:15

※『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月15日(月・祝)~9月21日(日) 編成のイチ押し!


ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、ロキシー・ミュージック、デビッド・ボウイなど、誰もが知っている、耳にしたことがある“レジェンドなアーティスト”の名前が次々と出てきます。布袋寅泰さんが彼らの魅力をあふれる偏愛ぶり(?)で語ります。今や、日本だけでなく海外にも活躍の場を広げている布袋寅泰さんは、間違いなくビッグ・アーティスト。どんなビッグ・アーティストでも、誰かの音楽に魅了されて夢中になって追いかけていた―。そんな少年だったころの布袋さんが、垣間見えるスペシャルな番組です。

pickup_legend.jpgのサムネイル画像 『布袋寅泰 “マイ・レジェンド・アーティスト”』
9月15日(月・祝)後9:10~10:45


【出演】布袋寅泰


20140915hotei.jpg1980年代のBOØWY、その後のソロでも奏でる音楽は完璧でスキがない。完璧に構築された鋭く硬質なオブジェクトのような音楽を毎回世に送り出している布袋さんが、番組では、純粋な心でドキドキしてワクワクしている無邪気な少年に戻って大好きなミュージシャンたちの魅力を語り続ける姿が目に浮かんできます。
1960年から80年にかけて少年・少女だった今の大人たち、そして布袋さんのニューアルバムを心待ちにしていた今の少年・少女たち-。みんなが布袋さんの気持ちとシンクロして共感して、夢中になっていた(る)ことや音楽が大好きだった(な)気持ちが、呼び起こされる番組です。
今や、憧れだったミュージシャンからオファーを受けて同じステージで演奏するほどの布袋さんが、今もドキドキしながら、そして楽しみながら「やっぱり音楽ってイイよなぁ」なんて感動しながら演奏しているのだろうなぁと思わせてくれます。お楽しみに!


Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:14:30 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 9月13日(土)・14日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~移住の音楽~』
9月13日(土)前9:00~11:00

祖国や郷里を離れ、新しい文化の中に身を置くことで生まれた、それまでになかった音楽を集めます。

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
9月13日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。13日(土)の講師(ゲスト)は、藤澤ノリマサさんです!藤澤さんは1983年北海道で生まれました。2008年に「ダッタン人の踊り」でデビューし、1曲の中にポップスとオペラの歌唱を融合させた独自の“ポップオペラ” というスタイルで活動を続けています。音大声楽科卒業というクラシックの素養を持ったボーカリストがアニソンを語る?!お楽しみに!
また、『アニソン・アカデミー』では、10月11日(土)に埼玉県が主催する総合アニメイベント「アニ玉祭」の会場から公開生放送を行います。観覧をご希望の方はこちら。締め切りは9月22日(月)午後11時59分までとなります。

【講師(ゲスト)】藤澤ノリマサ
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


『クラシックの迷宮 “モーツァルトのマーチ、トルコ風音楽”』
9月13日(土)後9:00~10:00
(再)9月15日(月)前10:00~11:00

今回は、モーツァルトの楽曲をひと味違った視点からセレクトしてお送りします。
モーツァルトの音楽は、一般的に自由で気まぐれというイメージをもたれていますが、彼が生きた時代背景を考えると、トルコ行進曲に代表されるような、戦争や革命の時代を反映した軍楽の影響も無視できない要素の一つとなっています。今回の『クラシックの迷宮』では、そういった視点から、モーツァルトの音楽にせまります。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “GIRLS(ガールズ)”』
9月13日(土)後10:00~10:50

13日(土)の『FMシアター』は、渡辺大さん、市原悦子さん、賀来千香子さんら出演の「GIRLS(ガールズ)」をアンコール放送します。
置き薬の会社の営業マン・亀井太郎は、今日も一戸一戸、飛び込みの訪問セールスに靴の裏をすり減らす。そんな亀井が飛び込んだのは、祖母・リン、母・マチコ、娘・莉央子の三世代三人の住む諸星家だった。しかも、この三人、何やら、ちょうど“おとりこみ中”だったらしく、亀井はいやがおうでも巻き込まれる…。自己主張のぶつかり合いで、とにかく姦(かしま)しい「ガールズ」、一方で相手のことを懸命に思い遣っている、愛おしい「ガールズ」。そんな諸星家の「ガールズ」との出会いを通して、亀井が自らの新婚家庭を省み、妻との幸福を見つめ直す姿を描きます。(初回放送:2013年1月26日)

【作】樋口ミユ
【音楽】ニウナオミ
【出演】渡辺大、市原悦子、賀来千香子、富岡英里子、
    秋澤弥里、一柳みる、米倉紀之子、内田晴子、
    槙乃萌美、白石廿日

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “最新ラテン・ジャズ特集”』
9月13日(土)後11:00~翌前1:00

13日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、“ラテン・ジャズ”特集!ニューヨークで人気の打楽器奏者、ボビー・サナブリア率いる「アフロ-キューバン・ジャズ・オーケストラ」の新作など、海外でリリースされたボサ・ノバやラテン・ジャズの最新作を中心に紹介します。お楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “バッハの宗教作品”』
9月14日(日)前7:20~8:10
(再)9月20日(土)後7:20~8:10

定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。14日(日)は、指揮者・鍵盤楽器奏者の花井哲郎さんがお送りします。今回は、バッハの合唱曲を取り上げます。バッハの受難曲やミサ曲などは、独唱、オーケストラ、そして合唱で演奏され、合唱の規模は時にはかなりの大人数となります。しかし実は、作曲当時の編成はかなり少人数だったと言われています。果たしてバッハは、どのような編成のアンサンブルで演奏させていたのでしょうか?今回は18世紀ライプチヒの教会に思いをはせながら、バッハの宗教作品、特にその編成にこだわった録音を聴きます。

【案内】花井哲郎

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “コラール前奏曲の魅力”』
9月14日(日)前8:10~9:00
(再)9月20日(土)後8:10~9:00

14日(日)の『吹奏楽のひびき』は、「コラール前奏曲」のスタイルで作られた吹奏楽作品を集めてお送りします。「コラール前奏曲」は、教会で賛美歌(コラール)が歌われる前にオルガンで演奏され、コラールの旋律を用いて作曲されています。吹奏楽にはこのスタイルで作られた作品が多くあります。今回は、作曲家による個性の違いと、その深淵な内容をお楽しみいただきます。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “ブダペスト四重奏団の至芸”』
9月14日(日)前9:00~11:00

14日(日)の『名演奏ライブラリー』は、20世紀を代表する弦楽カルテット、ブダペスト四重奏団を紹介します。1917年に結成され、演奏者の変遷を遂げながら50年にわたって第一線で活躍しました。1930年代に入ると、各パートの均斉のとれた演奏が話題を呼び、演奏のスタイルと名声を確立していきました。各奏者のテクニックに裏打ちされた明解で独創的な演奏解釈は、後の演奏家たちにも大きな影響を残しています。番組では、ベートーベンやシューベルトの弦楽四重奏曲や、名ピアニスト・ホルショフスキーとの共演によるモーツァルト作品などをご紹介します。弦楽アンサンブルの新時代を築いた名演をお楽しみください。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂 ~コーヒー、おいしい一杯を味わう~』
9月14日(日)後0:15~2:00

14日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「コーヒー、おいしい一杯を味わう」と題して、雅楽師・東儀秀樹さんとコーヒーマイスター・バリスタの小池美枝子さんをお迎えします。地元密着の昔ながらの喫茶店が衰退していく一方で、地方発のコーヒーチェーン店が全国へ展開しています。また、コンビニエンスストア・チェーンは、コーヒーの販売に力を注いでいます。自宅用のコーヒーマシーンの種類も増え、健康や美容に関するコーヒーの効用も話題になっています。コーヒーの歴史、生産、流通、消費などの世界のコーヒー学や香り高くおいしいコーヒーのいれ方について楽しく語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】東儀秀樹(雅楽師)
小池美枝子(コーヒーマイスター・バリスタ)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
9月14日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、後期ドゥービー・ブラザーズのヴォーカルとして活躍後、ソロシンガーとしても多くのヒットを飛ばしたマイケル・マクドナルドを特集。また、音楽や映画、ファッション、小説、ムーブメントなどさまざまなキーワードにスポットを当てる「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーでは、80年代にマイケル・ジャクソンやマドンナのパロディ・ビデオで一躍人気となった、アル・ヤンコビックを取り上げます。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2014 “Mike Moreno Quartet”』
9月14日(日)後10:30~11:30
(再)9月19日(金)前10:00~11:00

14日(日)の『セッション2014』は、マイク・モレノ・カルテットの演奏をお届けします。マイク・モレノは、近年、ニューヨークで最も注目を集めている若手ギタリストのひとりです。1978年にテキサス州ヒューストンで生まれました。これまでに、ジョシュア・レッドマン、ニコラス・ペイトン、テレンス・ブランチャード、ケニー・ギャレットなど、数多くのグループのメンバーとして名だたるミュージシャンと共演を重ねています。パット・メセニーが絶賛したという、次世代を担うギタリストのライブをお楽しみください。

【演奏】マイク・モレノ(ギター)
    サム・ヤヘル(ピアノ/オルガン)
    ダグ・ワイス(ベース)
    ジャスティン・ブラウン(ドラムス)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:54 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


12日(金)放送の『AKB48の"私たちの物語"』は、峯岸みなみさん、高橋朱里さん、田野優花さん、北原里英さん、武藤十夢さん原案・出演作をお送りします!


『AKB48の"私たちの物語"』
9月12日(金)後10:00~10:45

12日(金)の『AKB48の"私たちの物語"』は、峯岸みなみさん、高橋朱里さん、田野優花さん、北原里英さん、武藤十夢さん原案・出演作「カッパのみぃちゃん」をお送りします。

「カッパのみぃちゃん」
ここは、まわりを山に囲まれたのどかな村。朝の登校時間、小学5年生の高橋朱里は、村長のひとり息子でいじめっこの田野君に、家庭科の実習で使うキュウリをクラス全員分持たされて歩いていた。しかも、キュウリが入った袋を、沼へ投げられてしまう。すると沼から、田野君をめがけて水が!田野君が逃げた後、沼に入りキュウリを拾っていると、頭に皿、背中に甲羅、全身緑色のカッパの子どもが現れて…。

【原案】峯岸みなみ、高橋朱里、田野優花、北原里英、武藤十夢
【脚本】北阪昌人
【出演】峯岸みなみ、高橋朱里、田野優花、北原里英、武藤十夢、山寺宏一

※『AKB48の"私たちの物語"』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆BSプレミアムで放送中、AKB48グループのレギュラー番組!
『AKB48 SHOW』
BSプレミアム 毎週土曜日 後11:30~11:59

次回9月6日(土)は、チームK「彼女になれますか」、岩立沙穂・峯岸みなみ・茂木忍「この胸のバーコード」、松村香織「マツムラブ!」のスタジオライブや、終身名誉研究生幻の一曲をOA!他にも、横山由依・川栄李奈が、生駒里奈・宮脇咲良とともに業界慣れしすぎた女たちを熱演するコントも。ゲストに俳優の石井正則さんをお迎えします。たかみな総監督説教部屋には内山奈月が呼び出し。どうぞお楽しみに!

※『AKB48 SHOW』番組ホームページはこちら

※『AKB48 SHOW』ブログ記事はこちら

投稿時間:10:38 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日11日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、"ムーン&スターズ特集 第1回"です!


『ザ・ソウルミュージック “ムーン&スターズ特集 第1回”』
9月11日(木)後11:00~前0:00
(再)9月18日(木)前10:00~11:00

9月8日は中秋の名月ということで、ムーン&スターズをテーマにタップリと2週にわたって特集します。ソウルシーンに残された月や星を綴ったナンバーを一堂にお届けします。いよいよ澄んでくる空気の中で、秋の夜空の月や星を愛でながらお楽しみください。

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:14 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ11日(木)『SONGS』はサザンオールスターズが登場!スペシャル版でお届けします!


『SONGSスペシャル
 "時を駆けるサザンオールスターズ 変わりゆくニッポン"』
総合テレビ 9月11日(木)後10:00~10:48
(再)総合テレビ 10月11日(木)後4:00~4:48

昨年デビュー35周年を機に活動再開したサザンオールスターズ。移り変わる時代の中で絶えず日本人に寄り添い、社会に鋭いメッセージや軽妙なエロスをも投げ掛けながら、数々のヒット曲を生み出し続けてきました。
番組では、桑田佳祐さんへのスペシャルインタビューを折り込みながら、時を超えて輝き続けるサザンオールスターズの楽曲のルーツと魅力に迫るとともに、最新曲「東京VICTORY」、「天国オン・ザ・ビーチ」誕生秘話もお送りします。さらに、スタジオでの超豪華スペシャルパフォーマンスも!桑田佳祐さんがお気に入りのポップソングを歌ったこの夏のライブから、意外なあの名曲をお届けします!サザンの新しい歌で“未来の日本”へエールを贈ります!お楽しみに!

Tokyo-.04.jpg

※『SONGS』の番組ホームページはこちら

投稿時間:14:07 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日10日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は、竹内まりやさんをゲストに迎えてお送りします。THE ALFEEの3人とスタジオで生歌も披露!


『THE ALFEE 終わらない夢』
9月10日(水)後11:00~前0:00
(再)9月17日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。9月10日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、久しぶりに3人が揃い、ゲストに竹内まりやさんを迎えしてお送りします!
放送日当日に7年ぶりのオリジナル・アルバム「TRAD」を発表し、11月からは33年ぶりとなる全国ツアーもスタートされる竹内まりやさんと、音楽談義で盛り上がります。また、スタジオでTHE ALFEEの3人とともに生歌を披露します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】竹内まりや
【DJ】THE ALFEE

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら


<関連番組>
ゲストの竹内まりやさんがマンスリーDJを担当!
『サウンドクリエイターズ・ファイル ~竹内まりや~』
9月14・21・28日(日)後9:00~10:30

※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:10:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


15日(月・祝)放送『布袋寅泰 "マイ・レジェンド・アーティスト"』布袋さんが語りつくします!


『布袋寅泰 “マイ・レジェンド・アーティスト”』
9月15日(月・祝)後9:10~10:45

ロンドンを拠点にワールドワイドな音楽シーンで活躍しているギタリスト・布袋寅泰さんのスペシャル番組をお送りします。
50歳を節目に英国に移住し、新たな挑戦に向かうこと2年、やっとスタートラインに立つことができたと布袋さん。番組では、英国ロックに魅了され、ギタリストを目指すきっかけとなったバンドの存在や、リスペクトし続けるレジェンド・アーティストとその楽曲を紹介しながら、布袋さんがどのように影響を受けギタリストとして活動してきたのか、また、記憶に新しい、ザ・ローリング・ストーンズとの共演をはじめ、数々のレジェンド・アーティストとのエピソードも満載です。そして、これまでの日本での音楽活動からは一変した、ロンドンでの生活やニューアルバム「New Beginnings」について、曲はもちろん、初の試みとなった4人のプロデューサーを迎えての制作秘話も語ります。さらにオンエア初公開のライブ音源も!お聞き逃しのないように!

【出演】布袋寅泰

20140915_legend.jpg

※『布袋寅泰 “マイ・レジェンド・アーティスト”』番組ホームページはこちら

投稿時間:13:38 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日9日(火)放送『MISIA アフリカの風』は、大御所アーティストを特集します!


『MISIA アフリカの風 ~大御所アーティスト特集~』 
9月9日(火)後11:00~前0:00
(再) 9月16日(火)前10:00~11:00

世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーは、敬老の日にちなんで大御所アーティストの特集です。長年、音楽の世界で活躍し名曲を残し続けているアーティスト3組をお届けします。そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーでは、先週に引き続きボツワナ共和国をとりあげ、青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、ボツワナでの休日の過ごし方や食事など、暮らし方を中心にボツワナの魅力について伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:03 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週8日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今でも聴きたいナンバーワン」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
9月8日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りしています。
8日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、デュエット曲をお届けします。ジェニファー・ハドソン、カミーラ・ウィリアムズことミーラ、デスティニーズ・チャイルドのミッシェル・ウィリアムスなどをお届けします。後半は、「今でも聴きたいナンバーワン」。今回は1991年のNo.1をお送りします。38曲ものNo.1ソングが生まれた中から2曲をお送りします。ヒップホップの影響がそれほどなく、オーセンティックでメロウなR&Bが、まだ多くの人たちを魅了していた時代のすてきな楽曲です。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週8日(月)からの『青春アドベンチャー』は、赤い瞳の王子が、真の幸福を求めて闘う冒険ファンタジー、足立明・原作「砂漠の王子とタンムズの樹」をお送りします!


『青春アドベンチャー “砂漠の王子とタンムズの樹”』<全10回>
9月8日(月)~12日(金)後10:45~11:00
9月15日(月)~19日(金)後10:45~11:00

8日(月)からの『青春アドベンチャー』は、赤い瞳の王子が、真の幸福を求めて闘う冒険ファンタジー、足立明・原作「砂漠の王子とタンムズの樹」をお送りします!
「黒の心」に支配された砂漠の国「タンムズ」。15歳の王子グー・タイニャスは、亡き母から託された「白の心」を胸に、この国に本当の幸せをもたらすために闘います。立ちはだかるのは父である大王と、「タンムズの樹」の秘密…。『妖怪人間ベム』の原案・脚本家が遺した小説のオーディオドラマ化。深く切ない親子の情、友情、人間愛が心を揺さぶる冒険ファンタジー作品です。

【原作】足立明
【脚色】オカモト國ヒコ
【出演】冠野智美小山茉美、浅野雅博、
大谷美貴、高橋長英、
     石田圭祐、廣田行生高橋理恵子京田尚子本郷弦
    
権藤昌弘坂部文昭田村勝彦串間保杉浦慶子

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:31 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 9月8日(月)~9月11日(木)』 ラインナップ


ml_blog.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

9月8日(月) 9月9日(火)
ml_20140908.jpg ml_20140909.jpg
フジファブリック karte

9月10日(水) 9月11日(木)
ml_20140910.jpg ml_20140911.jpg
植村花菜 SCREW

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】平田裕香

投稿時間:15:03 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週8日(月)からの『歌謡スクランブル』は「ふたりで歌を」&「ビリー・バンバン作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
9月8日(月)~13日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
8日(月)からの『歌謡スクランブル』は「ふたりで歌を」と題して、聴いて良し、歌ってもなお良しのデュエット曲を、演歌から歌謡曲、ポップスまで幅広くセレクトしてお送りします。そして13日(土)は、「ビリー・バンバン作品集」と題して、1時間まるまるビリー・バンバンの作品を特集します。どうぞお楽しみに!

9月8日(月) ふたりで歌を(1)
(ヒロシ&キーボー「3年目の浮気」、平尾昌晃、畑中葉子「カナダからの手紙」ほか)

9月9日(火) ふたりで歌を(2)
(さくらと一郎「昭和枯れすすき」、憲三郎&ジョージ山本「ロマン-ROMAN-」ほか)

9月10日(水) ふたりで歌を(3)
(ザ・ピーナッツ「恋のフーガ」、紙ふうせん「冬が来る前に」ほか)

9月11日(木) ふたりで歌を(4)
(あみん「待つわ」、藤谷美和子、大内義昭「愛が生まれた日」ほか)

9月12日(金) ふたりで歌を(5)
(ゆず「雨のち晴レルや」、タッキー&翼「僕のそばには星がある」ほか)

9月13日(土) ビリー・バンバン作品集
(「白いブランコ」、「また君に恋してる」ほか)

【司会】逢地真理子

※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:28 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週8日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「エキゾチッククルーズ」、サラーム海上がお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~エキゾチッククルーズ~』
9月8日(月)~11日(木)前9:20~10:00
(再)9月16日(火)~9月18日(木)後5:20~6:00 
※15日(月・祝)は特集番組のため、再放送はお休みにします。ご了承ください。

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできるような音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
8日(月)からの週は、音楽評論家のサラーム海上さんが担当する「エキゾチッククルーズ」。放送3年目を迎えた番組は、アジアの音楽だけではなく、アフリカやヨーロッパ、中南米など、世界中の音楽を紹介する“エキゾチッククルーズ”へと変わりました。今月は「ワールド・ジャズ」をテーマにお送りします。アメリカにルーツがあると言われるジャズは、国境や人種を越えてさまざまな民族音楽をも取り込んで、一言ではくくることができないほどに多様な音楽性を持ったジャンルとして発展しています。今週の『音楽遊覧飛行』では、世界各国のミュージシャンが奏でる多彩なジャズをお聞きいただきます。どうぞお楽しみに!

【DJ】サラーム海上

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


7日(日)からの『サウンドクリエイターズ・ファイル』は、竹内まりやさんが4週にわたってDJを担当します!


『サウンドクリエイターズ・ファイル ~竹内まりや~』
9月7・14・21・28日(日)後9:00~10:30

※7日は神奈川県域では野球中継のため、番組の途中からお聞きいただく場合があります。ご了承ください。

さまざまな世代のサウンドクリエイターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながら紹介する番組『サウンドクリエイターズ・ファイル』。今月のマンスリーDJは竹内まりやさんです。7年ぶりのニューアルバムを今月発表し、33年ぶりの全国ツアーが11月に控えている現在の心境はもちろん、これまでの音楽人生、山下達郎さんをはじめとするさまざまな出会いを振り返ります。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】竹内まりや
【きき手】有働由美子アナウンサー
   
※『サウンドクリエイターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:11:22 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


7日(日)放送、加藤ミリヤさんの『ミューズノート』はローリン・ヒルをフィーチャー


『ミューズノート ~Lauryn Hill~』
9月7日(日)後5:00~6:00

毎週ひとりの歌のミューズ=女性シンガーにスポットをあて、独自の視点でその魅力を紹介している『ミューズノート』。7日(日)に加藤ミリヤさんがフィーチャーするミューズは、ローリン・ヒルです。フージーズ解散後ソロとして1枚目のアルバムとなった「MISEDUCATION」で衝撃的なデビューを飾り、1999年のグラミー賞では女性アーティスト史上最多の5部門を受賞する快挙を成し遂げた、まさしくミューズです。黒人女性としての自分と、自分の身の周りについて美しいことも汚いところも赤裸々にさらけだした歌詞と圧倒的な歌唱力は、日本の多くの女性アーティストにも強烈なインパクトを与えました。加藤ミリヤさんがローリン・ヒルの魅力や自身が受けた影響について語ります。お楽しみに!

【DJ】加藤ミリヤ

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


<関連番組>
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 9月8日(月)前0:10~0:49(7日(日)深夜)
※また放送前に、その日に登場するアーティストをいち早く紹介するミニ番組『MUSIC JAPAN 5min』を前0:05~0:10に放送

7日(日)深夜の『MUSIC JAPAN』に、『ミューズノート』のDJ加藤ミリヤさんが登場します!
HYの仲宗根泉を迎えてのせつない片思いソング「You… feat.仲宗根泉(HY)」を披露します。お楽しみに!

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


6日(土)生放送の『第13回 東京JAZZ』9時間45分リアルタイムでお届けします


20140906tokyojazz.jpg『第13回 東京JAZZ』
9月6日(土)後0:15~10:00

日本を代表する国際的ジャズ・フェスティバル『東京JAZZ』。ジャズの王道を歩む世界の一流アーティストだけでなく、ジャンルを超えた多彩なミュージシャンが、年に一度東京に集結! 世代や国境を超えたゴージャスなラインナップが、音楽ファンから熱く支持されるワールドクラスの大イベントです。番組では『東京JAZZ』初日の模様を、コンサートの中継のみならず、舞台裏の様子やアーティストのインタビューなども交え、たっぷり9時間45分、リアルタイムでお届けします。至高のライブをどうぞお楽しみに!

-主なラインナップ-
● JAGA JAZZIST
● ミシェル・カミロ × 上原ひろみ
● ランディ・ブレッカー、 マイク・スターン、 小曽根真
● 高中正義
  with 斉藤ノヴ、 宮崎まさひろ、 小島良喜、 青柳誠 、 松原秀樹、 稲葉ナルヒ
● ケニー “ベイビーフェイス” エドモンズ
● チャカ・カーン
           ...and more


【ゲスト】

20140906tjazz1.jpg 20140906tjazz2.jpg
村井康司(音楽評論家) 吉岡正晴(音楽評論家、DJ)


【司会】

20140906tjazz3.jpg 20140906tjazz4.jpg
伊藤雄彦アナウンサー 鹿島綾乃アナウンサー


※『第13回 東京JAZZ』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 9月6日(土)・7日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~真ん中と中間の音楽~』
9月6日(土)前9:00~11:00

「真ん中」と「中間」。この似たような二つの言葉には、どんな意味の違いがあるのでしょうか?今回の『世界の快適音楽セレクション』では、音楽を通して探っていきます。「中間」色といわれるパープルにまつわる楽曲、道のど「真ん中」を闊歩する気持ちよさとこころざしをつづった曲など、今回もゴンチチのお二人ならではのセレクトでさまざまな快適音楽をお楽しみください。

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『FMシアター “ママはがんなの”』
9月6日(土)後10:00~10:50

6日(土)の『FMシアター』は、「ママはがんなの」を放送!。2人に1人がかかると言われる病気・がん。中でも、‘子育て’と‘働き盛り’が一緒になった30~40代の女性患者が急増しています。
白石真由美(41)はがんだと診断されたとたん、仕事場では「重病だから休みなさい」と言われ、家庭では「子どもに辛い思いをさせたくない」からと薬の副作用を隠しながら、子どもに嘘をつく日々が始まります。がんになった時、真に向き合うのは‘病’だけでなく、生きるために必要な‘仕事’であり‘親子関係’なのです。がんになった患者が抱えるリアルな現実と、向き合う親子の心の葛藤を実際のエピソードも交えて描きます。

【作】石原理恵子
【出演】長谷川真弓、マギー、稲葉菜月、山口愛
    勝倉けい子、大原康裕、太宰美緒、大滝寛
    中川雅子、合田絢子、頼経明子、藤﨑あかね

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “サッチモ・アット・ニューポート”』
9月6日(土)後11:00~翌前1:00

6日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、 "サッチモ”の愛称で世界中のファンから親しまれたジャズの王様、ルイ・アームストロングがオールスターズを率いて「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」に出演した時の貴重な未発表ライヴ録音が大量に発掘されました。1956年と1958年の同フェスティバルでの歴史的なライヴ録音を中心に黄金期“サッチモ”の輝かしいトランペット・プレイとボーカルを特集します。

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “大作曲家の合唱曲~ベルリオーズ~(1)”』
9月7日(日)前7:20~8:10
(再)9月13日(土)後7:20~8:10


定番の作品に加え、中世・ルネサンスの音楽から、ジャズ・コーラス、中南米の合唱曲まで、幅広いジャンルの世界中の様々な合唱曲をお届けする『ビバ!合唱』。7日(日)は、合唱指揮者の大谷研二さんがお送りします。今回と21日の2回にわたって、大谷研二さんの解説でベルリオーズの優れた合唱作品を聴きます。小澤征爾さんが今年、サイトウ・キネン・フェスティバル松本でも指揮を執った「幻想交響曲」で知られるベルリオーズは、数多くの合唱作品を残していますが、多くは極めて大きなオーケストラ編成を必要とします。中でも、「レクイエム」のオーケストラ編成はきわめて大きく、今日の演奏会で取り上げられる機会が少ない作品です。今回はこの貴重な「レクイエム」を紹介します。

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき
 “バルカン・ブラスの楽しみ~ファンファーレ・チョカリーア~”』
9月7日(日)前8:10~9:00
(再)9月13日(土)後8:10~9:00

9月7日(日)の『吹奏楽のひびき』は、 ルーマニア北西部の村「ゼチェ・プラジニ」で生まれた「世界最速ブラス」の異名をとる「ファンファーレ・チョカリーア」を特集します。バルカン半島には、トルコやオーストリア・ハンガリー帝国の軍楽隊の影響を受けて、一般に浸透した楽団が多数存在して「バルカン・ブラス」と呼ばれています。「ファンファーレ・チョカリーア」はその中で最も有名なグループで、日本でもドキュメンタリー映画「地図にない村から炎のジプシー・ブラス」が話題となり、今年のフジ・ロックフェスティバルにも出場しました。トランペットにテナーホルン(卵形の丸みを帯びた金管楽器)、サックスにクラリネットに打楽器、という独自の編成による刺激的な音楽を聴きます。お楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “世界を魅了する女流チェリスト ナターリャ・グートマン”』
9月7日(日)前9:00~11:00

9月7日(日)の『名演奏ライブラリー』は、今回は、旧ソ連出身のチェリスト ナターリャ・グートマンをとりあげます。
グートマンは1942年、旧ソ連の音楽一家に生まれました。
5才でチェロを始め、音楽院卒業後に名チェリスト ロストロポーヴィチの助手になったことをきっかけとして、精力的に演奏活動を展開します。モスクワをはじめ、ベルリン、ウィーン、ロンドン、バルセロナなど各国の主要都市で演奏会を行い、現在に至るまで、ソロや室内楽、さらには教育の分野でも、国際的に活躍しています。
人間味あふれる素朴な表現が持ち味のグートマン。今回は、彼女が得意とした近現代の作品を中心に紹介します。指揮のクラウディオ・アバドやピアノのエフゲニー・キーシン、バイオリンのアイザック・スターンなど、彼女の音楽に魅せられた巨匠たちとの共演を、たっぷりとお届けします。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキングウィズ松尾堂』
9月7日(日)後0:15~2:00

9月7日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「雑誌の過去と未来を語る」と題して、精神科医の香山リカさん、作家で元雑誌編集長の椎根和さんをお迎えします。“雑誌受難の時代”と言われる昨今。しかし過去には、例えば“Hanako世代”など、雑誌が若者をはじめ人々の流行を作り出し、新しい風俗を生み出してきました。雑誌が持つエネルギーや可能性、読者層に与える影響などについて語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】香山リカ(精神科医・立教大学教授)
  椎根和(作家・元雑誌編集長)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
9月7日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、83年にデビューし、いきなり大ブレイクしたUKポップバンド、カジャグーグーを特集。また、音楽や映画、ファッション、小説、ムーブメントなどさまざまなキーワードにスポットを当てる「ELEMENTS OF THE 80's」のコーナーでは、ラズベリーズのボーカリストを経て、70年代から80年代にかけて多くのヒット曲を生み出したエリック・カルメンを取り上げ、80'sの代表曲と、名曲の数々が収められ、7月に日本盤がリリースされたベストアルバムからの新曲もお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2014 “高橋信之介 Blues 4 Us”』
9月7日(日)後10:30~11:30
(再)9月12日(金)前10:00~11:00

9月7日(日)の『セッション2014』は、高橋信之介 Blues 4 Usです。2002年から12年にわたってニューヨークで活躍する若きドラマー、高橋信之介が率いるカルテットです。これまでに、エリック・ルイス・トリオのレギュラー・ドラマーとして活動するほか、ラヴィ・コルトレーン、セシル・マクビーなど数々のバンドで活躍しています。
今回は、長年、交流を続けている山下洋輔、アルト・サックスの池田篤、そしてニューヨークでずっと共演しているベースの中村健吾との緊密なセッションをご堪能ください。どうぞお楽しみに!

【演奏】高橋信之介(ドラムス)
    山下洋輔(ピアノ)
    池田篤(アルト・サックス)
    中村健吾(ベース)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:59 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


5日(金)の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストに加藤ミリヤさんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”  ~加藤ミリヤが語るガールズポップス~』
9月5日(金)後10:00~10:45

隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
5日(金)は、加藤ミリヤさんをゲストにお迎えしてお送りします。番組では、“女子高生のカリスマ”としてあこがれの対象だったミリヤさん自身が憧れたのは誰?ヒャダインさんと“ガールズポップス”について熱く語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】加藤ミリヤ
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆加藤ミリヤさんがDJを担当!

『ミューズノート』
FM 毎週日曜 後5:00~6:00

毎週ひとりの歌のミューズ=女性シンガーにスポットをあて、独自の視点でその魅力を紹介している『ミューズノート』。加藤ミリヤさんは、4月から番組のDJを担当しています!これまでに、メアリー・J・ブライジ、アリシア・キーズ、安室奈美恵など洋楽邦楽問わず、多くの人々を魅了する時代の“ミューズ”たちです。
今後も誰が、加藤ミリヤさんの感性で“ミューズ”に選ばれるのか?そして、どの曲をセレクトするのか?毎回聞き逃せません!次回は9月7日(日)の放送です。お楽しみに!

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら

◆ヒャダインさんがMCを担当!
『オトナのトビラTV』
Eテレ 毎週木曜 後7:25~7:55
(再)Eテレ 翌週火曜 前0:25~0:55 (月曜深夜)

ヒャダインさんがMCを担当し、社会の入り口に立つ10代の若者に向けた“お役立ち情報満載”の番組『オトナのトビラTV』。9月4日(木)は「今こそ?コミュニケーション力!」と題して、対面コミュニケーション力アップのノウハウを楽しく学びます。

※『オトナのトビラTV』番組ホームページはこちら

◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!
『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回、9月6日(土)の放送では、ゲストにカスタマイZが登場!高水準のアニソンバンドをめざすアイドルロックバンド「カスタマイZ」をお迎えして地道な活動やアニソンに対する情熱など、その素顔と魅力に迫ります。どうぞお楽しみに!

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:44 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


5日(金)放送!『DJクラシック 錦織健の"しゃべくりオペラハウス"~歌劇"アルバート・ヘリング"~』


『DJクラシック
 錦織健の“しゃべくりオペラハウス”~歌劇“アルバート・ヘリング”~』
9月5日(金)後9:10~10:00

第一線で活躍するクラシックのアーティストによる、クラシックファンのための、クラシック番組『DJクラシック』。各ジャンルのトップアーティストによる経験に裏打ちされた説得力あるトークと、評論家とはちがうユニークな視点、その人となりを感じる語り口で、これまでのクラシック番組とはひと味違うひとときを、4人のアーティストが週替わりでお届けしています。
5日(金)は、テノール歌手の錦織健さんがオペラの醍醐味を紹介する「しゃべくりオペラハウス」。今回は、イギリスの作曲家・指揮者・ピアニスト、ベンジャミン・ブリテンによる「歌劇“アルバート・ヘリング”」をとりあげます。番組では、パーソナリティーのお二人による“なりきりオペラシアター”で、今回も分かりやすく物語を解説。番組初のイギリスのオペラ作品で、錦織さんが人生で初めてタイトルロールを演じた想い出深い作品とのこと。今回は“オペラにQ”コーナーはお休みして、第1幕~3幕たっぷりと物語をお届けします。また番組では、リクエストや番組の感想など、下記の番組ホームページから募集中です。たくさんのメッセージお待ちしております!


【DJ】錦織健
【きき手】水落幸子

※『DJクラシック』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


5日(金)放送『生誕百年 伊福部昭の偉業』代表作とともに生涯をたどります


『生誕百年 伊福部昭の偉業』
9月5日(金)後2:00~6:00

2014年に生誕100年を迎えた作曲家、伊福部昭さん。戦前にフランスの作曲コンクールで第1位を獲得して注目を集め、「ゴジラ」をはじめとする数多くの映画音楽を手がけるとともに、日本の文化に根ざした独自の作品を発表し続けました。番組では、今年各地で行われた生誕100年を祝うコンサートの模様を始め、NHKの貴重なアーカイブス音源や、スタジオ・ライブを交えながら、伊福部さんの代表作を紹介し、その生涯をたどります。どうぞお楽しみに!

【曲目】
「日本狂詩曲」
  指揮:高関 健
  管弦楽:札幌交響楽団 (2014年5月30・31日のライブから)
「ギリヤーク族の古き吟誦歌」
  アルト:内田るり子
  ピアノ:大島正泰 (1958年放送NHKアーカイブスから)
「バロックリュートのためのファンタジア」
  編曲・ギター:鈴木大介 (スタジオ・ライブ)
交響頌偈「釈迦」
  指揮:大植英次
  管弦楽:東京交響楽団
  合唱:東響コーラス (2014年5月31日のライブから)
ほか

20140905ifukube_.jpg

【出演】和田薫(作曲家)、岩瀬政雄(音楽プロデューサー)、
            鈴木大介(ギタリスト)、松井治伸アナウンサー


<関連番組>
91年の生涯と創作の軌跡をEテレでも放送!
『伊福部昭の世界~「ゴジラ」を生んだ作曲家の軌跡~』
(再)Eテレ 9月6日(土) 前0:00~1:00(5日(金)深夜)

※『伊福部昭の世界~「ゴジラ」を生んだ作曲家の軌跡~』番組ホームはこちら

投稿時間:12:04 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


4日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、"Star Of The Month"をお届け! 9月生まれのソウルスターNo.1は誰か?


『ザ・ソウルミュージック “Star Of The Month~September~”』
9月4日(木)後11:00~前0:00
(再)9月11日(木)前10:00~11:00

毎月第1週の『ザ・ソウルミュージック』は、番組が厳選したその月生まれのアーティスト3人の中から、リスナーの皆さんの投票で一番人気を獲得したアーティストを取り上げ、その足跡をリクエスト曲とともに振り返る生誕祝賀祭“Star Of The Month”をお送りします。
今回番組が選んだ9月生まれのアーティストは、カリフォルニア州出身ロイ・エアーズ(1940年9月10日生)、ニューヨーク州出身マリーナ・ショウ(1942年9月22日生)、ザ・テンプテーションズの元リード・シンガー、デトロイト出身アリ・オリ・ウッドソン(1951年9月12日生)の3人。さて、ソウルスターNo.1は誰か?どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:43 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日3日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は、桜井さんと坂崎さんが担当します!「はじめて物語」ではケガや病気のエピソードを語ります


『THE ALFEE 終わらない夢』
9月3日(水)後11:00~前0:00
(再)9月10日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。9月3日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、先週に引き続き桜井さんと坂崎さんのコンビでお送りします。THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる「THE ALFEE はじめて物語」は“ケガ、病気”がテーマ。子どもの頃の忘れられないケガの思い出や、デビュー後の、楽器を演奏するミュージシャンにとっては辛い手や指のケガについても語ります。
さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、ハワイで結成され、74年にデビューアルバム「Cecilio&Kapono」を発表した、セシリオ&カポノをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】桜井賢、坂崎幸之助

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月2日(火)放送『MISIA アフリカの風』は、エンドレスサマーを特集します!


『MISIA アフリカの風 ~エンドレスサマー~』 
9月2日(火)後11:00~前0:00
(再) 9月9日(火)前10:00~11:00

世界を舞台に活躍するMISIAさんが、自身の音楽のルーツでもあるアフリカの魅力を紐解きながら、世界中の素晴らしい音楽をお届けする番組『MISIA アフリカの風』。
DJ NORIさんとともにお送りする「MUSIC ROOM」のコーナーは、エンドレスサマーを特集。70年代のディスコ・サウンドのカバー曲を中心にお届けします。そして、50か国以上の国々からなるアフリカの多様な文化や、そこに住む人たちの魅力をお伝えする「AMAZING AFRICA」のコーナーでは、ボツワナ共和国をとりあげ、青年海外協力隊として赴任している方と電話を繋ぎ、ボツワナ共和国での生活や普及活動についてお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【出演】MISIA、DJ NORI

※『MISIA アフリカの風』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:12 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません