2014年2月

『とことん○○』来週3月3日(月)深夜からは、『とことん本物が聴きたくなるビートル・ソングス』をアンコール放送!


『とことん本物が聴きたくなるビートル・ソングス』(再)
3月4日(火)~8日(土)前0:00~0:50
(3月3日(月)深夜~7日(金)深夜)
3月11日(火)~15日(土)前0:00~0:50
(3月10日(月)深夜~14日(金)深夜)
3月18日(火)~22日(土)前0:00~0:50
(3月17日(月)深夜~21日(金・祝)深夜)
3月25日(火)~29日(土)前0:00~0:50
(3月24日(月)深夜~28日(金)深夜)

こだわりの音楽を毎日、毎週聴きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。3月3日(月)からは、『とことん○○』レギュラー放送第1弾として2011年にお送りした「とことん本物が聴きたくなるビートル・ソングス」をアンコール放送!
番組では、ザ・ビートルズが公式に発表したオリジナル作品の全てをカバー・ヴァージョンだけで4週(20日間)にわたってお送りします。どうぞお楽しみに! (初回放送:2011年3月29日~4月2日、4月5日~9日、4月12日~16日、4月19日~23日)

【案内】あおい洋一郎


※『とことん本物が聴きたくなるビートル・ソングス』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:02 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週3月3日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今さら訊けないABC」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
3月3日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りします。
3月3日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、クリス・ブラウンやアッシャーなど、人気アーティストの楽曲を手掛けてきたソングライター、エリック・ベリンジャーのデビュー・アルバム「The ReBirth」から「Kiss Goodnight(feat.Kid Ink)」などをお届けします。また番組後半では、R&Bファンの間でよく使われる音楽専門用語を、ABC順にピックアップして、分かりやすく解説するコーナー「今さら訊けないABC」をお送りします。今回はその15回目“O(オー)”から始まる専門用語を楽曲と共に紹介していきます。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:58 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週3月3日(月)からの『青春アドベンチャー』は、有栖川有栖・原作の七つの"坂"にまつわるオムニバス作品「幻坂」をお送りします!


『青春アドベンチャー“幻坂”』<全10回>
3月3日(月)~7日(金)後10:45~11:00
3月10日(月)~14日(金)後10:45~11:00

3月3日(月)からのオーディオ・ドラマ『青春アドベンチャー』は、大阪・天王寺七坂を舞台に、心にしみる“不思議”な物語「幻坂」をお送りします。
真言坂、源聖寺坂、口縄坂、愛染坂、清水坂、天神坂、逢坂。谷町九丁目から四天王寺にかけての七つの坂を天王寺七坂という。生國魂神社など寺社の多いこの地域は、聖と俗の境が身近にあり、また江戸時代には松尾芭蕉が、終焉の地となったところでもある。この七つの坂をオムニバスに、ちょっぴり不思議な現代の怪談物語をシリーズ化。そして、俳聖芭蕉の大阪での最期の日々を合わせて描く。人気ミステリー作家・有栖川有栖氏の描く時代と幻影の行き交う「坂」にまつわる人間模様をオーディオドラマ化。どうぞお楽しみに!

3日(月) (1)「清水坂」
4日(火) (2)「愛染坂」
5日(水) (3)「源聖寺坂」
6日(木) (4)「逢坂」前編
7日(金) (5)「逢坂」後編
10日(月) (6)「口縄坂」
11日(火) (7)「真言坂」
12日(水) (8)「天神坂」
13日(木) (9)「枯野」前編
14日(金) (10)「枯野」後編

【原作】有栖川有栖
【脚色】山本雄史(1・4・5・7・9・10)
    蔭岡翔(2)
    凪司工房(3)
    武市亜由美(6)
    西村有加(8)
【出演】山野史人(1・9・10)、大路恵美(3・7・8)、堀内正美(3・8)、
    川本美由紀(1)、屋島昂太(1)、古城戸雄多(1)、本郷颯(1)、
    瀬尾真優(1)、内山絢貴(2・8)、上田康人(2・6)、湯浅崇(2・7)、
    飯島順子(3)、福寿淳(3)、宇仁菅真(3~5)、中道裕子(4・5)、
    城土井大智(4・5)、榎園実穂(4・5)、岸本華和(6)、福留彩加(6)、
    梅田千絵(6)、西村頼子(6)、木内義一(7~9)、小松健悦(8・9)、
    寿大聡(9・10)、藤本幸広(9・10)、鍋島浩(9・10)

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:49 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 3月3日(月)~3月6日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

3月3日(月) 3月4日(火)
ml_20140303.jpg ml_20140304.jpg
ねごと 真空ホロウ

3月5日(水) 3月6日(木)
ml_20140305.jpg ml_20140306.jpg
MAY'S 甲斐バンド

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

投稿時間:18:43 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週3月3日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「ふるさとのうた 心の旅」、ダ・カーポの榊原広子さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~ふるさとのうた 心の旅~』
3月3日(月)~6日(木)前9:20~10:00
(再)3月10(月)~13日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできるような音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
3月3日(月)からの週は、ダ・カーポの榊原広子さんが「ふるさとのうた 心の旅」と題して、童謡や懐かしい日本の歌、そして世界の愛唱歌など、各日、以下のテーマでお送りします。どうぞお楽しみに!

3日(月) 春のささやき
(東京少年少女合唱隊「春の小川」、
ウィーン少年合唱団「ワルツ“美しく青きドナウ”」 ほか)

4日(火) 旅立ちの季節に
(杉並児童合唱団「Stand Alone」、ダ・カーポ「仰げば尊し」 ほか)

5日(水) なつかしのメロディー
(ダークダックス「雪山讃歌」、ボニージャックス「カチューシャ」 ほか)

6日(木) リクエストを中心に
(アントニオ古賀「その名はフジヤマ」、中島美嘉「雪の華」 ほか)

【DJ】榊原広子


※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:39 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム3月2日(日)放送!『RADWIMPS 野外ライブ2013"青とメメメ"』


『RADWIMPS 野外ライブ2013“青とメメメ”』
BSプレミアム 3月2日(日)後11:00~11:59
 
(再)BSプレミアム 4月18日(金)前0:00~0:59 (17日(木)深夜)

2005年のメジャーデビュー以来、高い演奏力を武器に幅広いジャンルを取り入れた音楽性と、多くのリスナーの心をとらえるメッセージ性の高い歌詞で、絶大な共感を得てきたRADWIMPS。2011年には「君と羊と青」が、NHKサッカー中継のテーマソングに起用されました。
そのRADWIMPSが、2013年9月15日、宮城・国営みちのく杜の湖畔公園で、野外ワンマンライブ「青とメメメ」を開催。東北地方でライブを行うのは、2011年に東日本大震災の影響でライブツアーを延期し、同年夏に開催して以来のこと。ふたたび東北のファンに歌を届けたいと願い続けたメンバーの熱い思いが、2年越しに今回実現。当日は、被災地のファンを中心に2万2千人が会場に駆けつけ、感動的なパフォーマンスに多くの観客が涙しました。
番組では、震災から3年という節目を前に、メンバーのメッセージとともに、そのライブの模様をお届けします。どうぞお楽しみに!

<曲目>
「One man live」「05410-(ん)」「ヒキコモリロリン」
「セプテンバーさん」「シュプレヒコール」「ブレス」「螢」
「ブリキ」「DADA」「君と羊と青」「オーダーメイド」「有心論」

【出演】RADWIMPS

140228file_0004os.jpg

投稿時間:18:36 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエーターズ・ファイル』3月のマンスリーDJは、the HIATUS 細美武士さんが担当します!


『サウンドクリエーターズ・ファイル ~the HIATUS~』
3月2・9・16・23・30日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する番組『サウンドクリエーターズ・ファイル』。
3月のマンスリーDJは、3月末に4thアルバム「Keeper Of The Flame」をリリースするthe HIATUSの細美武士さんが、5週にわたって担当! 細美さん自身による選曲とメッセージを紹介していきます。番組では現在、細美さんにこんな話をして欲しい、こんなゲストを呼んで欲しい、こんな曲をかけて欲しいなど、下記の番組ホームページでメッセージを募集中!お待ちしております。

【DJ】細美武士 (the HIATUS)

※『サウンドクリエーターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

※NHK-FMはスマートフォン&タブレットでもお聴きになれます。ご試聴する場合は、無料アプリのインストールが必要となりますので、詳しくは下記のNHKネットラジオ“らじる★らじる”アプリサイトをご覧ください。

・NHKネットラジオ“らじる★らじる”アプリサイトはこちら

投稿時間:18:27 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BS1で外国人からみた日本の歌を紹介する2番組を3月2日(日)に放送!『COOL JAPAN』&『世界をつなげ!ニッポンのうた』


『COOL JAPAN~発掘!かっこいいニッポン~“歌”』
BS1 3月2日(日)後6:00~6:44
(再)BS1 3月6日(木)後2:00~2:44

外国人の感性から、ファッションやアニメ、ゲーム、料理などの日本の文化の魅力と秘密を探ろうという番組『COOL JAPAN』。
3月2日(日)のテーマは「歌」。日本人は、幼いときから童謡を歌い、学校には校歌があり、誰もが青春時代の思い出の歌を持っています。外国人はそんな日本人の歌好きに感心し、演歌や歌謡曲、アニソンなど、日本の歌のジャンルの豊富さに驚いています。番組では、野球場で歌い、バッターを鼓舞する応援歌の制作現場に密着。さらに、日本の歌に魅せられて日本文化を学び、全曲日本語のオリジナルアルバムを完成させた2人組のアメリカ人に迫ります。どうぞお楽しみに!

【ご意見番】荒俣宏(作家)
【司会】鴻上尚史、リサ・ステッグマイヤー
【語り】中井和哉、日高のり子

※『COOL JAPAN』番組ホームページはこちら

 

『世界をつなげ!ニッポンのうた
 We love Japanese songs! 2014』
BS1 3月2日(日)後7:00~7:50

   
世界の人々が日本の歌を熱唱する姿を紹介する、国際版のど自慢番組『世界をつなげ!ニッポンのうた』。スタジオには、恋する女ごころを歌い人気のBENIさんと、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」などの主題歌で知られるKalafinaの皆さんをゲストにお迎えし、世界中から寄せられた選りすぐりの熱唱を一挙紹介します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】BENI、Kalafina
【司会】ジョージ・ウィリアムズ、吉野三香

※『世界をつなげ!ニッポンのうた We love Japanese songs! 2014』番組ホームページ(英語版)はこちら

投稿時間:10:03 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』3/1(土)のゲストは松坂桃李さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 3月1日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 3月4日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さんが脚本を手がけたドラマ『尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~』『チキンレース』に出演された松坂桃李さんをお迎えします。


0301_rockber.jpg作品に取り組むときは、毎回役柄をイメージした楽曲を決め、移動中や撮影直前に気持ちのコントロールをしているという松坂さん。これまで出演した作品のエピソードとともに、思い出の楽曲を紹介していただきます。また、役者としてデビューした戦隊シリーズや転機となった作品、ことし出演した舞台『真田十勇士』についても語っていただきます。さらに、大河ドラマ『軍師官兵衛』では黒田長政役を演じる松坂さん。初挑戦となる、映像での時代劇への意気込みを伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】松坂桃李
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆松坂さんが黒田長政役で出演予定の大河ドラマ『軍師官兵衛』
大河ドラマ『軍師官兵衛』
総合 毎週日曜 後8:00~8:45
BSプレミアム 毎週日曜 後6:00~6:45
(再)総合 毎週土曜 後1:05~1:50


※『軍師官兵衛』番組ホームページはこちら

◆岡田さんが脚本を手がけた『ちゅらさん』再放送中!
『連続テレビ小説 ちゅらさん』
BSプレミアム 毎週月曜~土曜 後7:00~7:15


※『ちゅらさん』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:03 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 3月1日(土)・2日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~女心勉学講座 パート4~』
3月1日(土)前9:00~11:00

3月1日(土)の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは「女心勉学講座 パート4」。不思議な人気を誇る、この講座。はたして4回目にして、女心の謎は解明されるのでしょうか? どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
3月1日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。今回の講師(ゲスト)は、4月から放送予定のTVアニメ「ブレイク ブレイド」のエンディング主題歌の歌唱が決まっている、歌手の結城アイラさんが来校! また、アニソンランキング部では、1989年のアニソンを調査中(締切は2月28日(金)23:59迄)。今回は、初の試みとして2週にわたってベスト20を発表! 3月1日(土)は20位~11位を、そして次週3月8日(土)にベスト10を発表します。どうぞお楽しみに!

【講師(ゲスト)】結城アイラ
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


<関連番組>
◆アニメから“健康”が見える!? Eテレで中川翔子さんのレギュラー番組放送中!

『名作ホスピタル』
Eテレ 毎週土曜 前0:00~0:15 (金曜深夜)
(再)Eテレ 翌週月曜 前5:50~6:05

あなたは信じますか?名作アニメの中に健康へのヒントがかくされていることを…いつの時代でも感動を与える「名作アニメ」。そこに込められた“ふかーい!”メッセージについて日本の名医たちと“貪欲”トークする番組『名作ホスピタル』。次回2月28日(金)深夜は、今年1月にお送りした、泉質の違いで効能が異なる温泉や、のぼせや湯あたりを防ぐ入浴法などを紹介した「温泉の秘密ד楽しいムーミン一家”」を再放送!(初回放送:1月18日)

※『名作ホスピタル』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮 ~岩手県に捧ぐ~』
3月1日(土)後9:00~10:00
(再)3月3日(月)前10:00~11:00

東日本大震災から3年。昨年、福島県ゆかりの作曲家・古閑裕而氏や、詩人・草野心平氏の作品を中心にお届けしましたが、今回は「岩手県に捧ぐ」と題して、岩手県ゆかりの宮沢賢治にスポットを当ててお送りします。
クラシック音楽を愛好していた宮沢賢治は、数多くのSPレコードを所有していました。『セロ弾きのゴーシュ』には「第六交響曲」が、『銀河鉄道の夜』には「新世界交響楽」が登場します。番組では、そうした宮沢賢治の創作活動に影響を与えたと思われるクラシックの名曲に加え、宮沢賢治に影響を受けた作曲家・林光さんの「オーケストラのための童話“セロ弾きのゴーシュ”」や、冨田勲さんの「イーハトーヴ交響曲」など、宮沢賢治作品に関連する楽曲を集めてお届けします。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “火山灰狂騒曲~天からオタカラ~”』
3月1日(土)後10:00~10:50

3月1日(土)の『FMシアター』は、東京から左遷されてきた男と、地元住民たちの繰り広げるドタバタ劇を通じ“幸せのありか”を模索する人々の姿を描く「火山灰狂騒曲~天からオタカラ~」をお送りします。
頑固で融通の利かない性格が災いして、東京から鹿児島へと単身赴任することになった商社マンの泉谷。桜島が毎日のように降らせる火山灰に辟易した泉谷は、火山灰対策グッズを開発し売り込むが不評。そんなある日、本社の友人からある秘密情報を知らされる。桜島の火山灰に、貴重なレアメタルが含まれることが判ったというのだ。昨日までやっかいものだった火山灰が一夜にしてお宝に。降り積もる火山灰を大量に確保するため土地の買い占めに奔走始めた泉谷。大手柄をたてて本社に舞い戻ろうという腹積もりだったが…。

【作】藤井香織
【出演】正名僕蔵、青木さやか、萩原純、たぬき、
    西山生樹、辻正明、森紀子、ながのちえ

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト
 “トランペット師弟:原朋直&曽根麻央を迎えて”』
3月1日(土)後11:00~翌前1:00

3月1日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は「トランペット師弟:原朋直&曽根麻央を迎えて」と題して、トランペットの実力第一人者・原朋直さんと、彼の愛弟子で、米バークリー音大マスター・クラス在学中の曽根麻央さんをゲストにお迎えし、ジャズ談議に花を咲かせます。
曽根麻央さんは小学生の時、来日したピアニスト、レイ・ブライアントと共演して驚かせたトランペットの神童。番組では、師弟の即興演奏も披露していただきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】原朋直、曽根麻央
【DJ】児山紀芳


※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “20世紀のレイクエムの名作”』
3月2日(日)前7:20~8:10
(再)3月8日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第1週の解説は、合唱指揮者の大谷研二さんが担当されます。
3月2日(日)は「20世紀のレイクエムの名作」と題して、20世紀に書かれたレクイエムの代表的名曲、モーリス・デュリュフレ(1902~1986)の「レクイエム」をじっくりとお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “作曲家 長尾淳の世界”』
3月2日(日)前8:10~9:00
(再)3月8日(土)後8:10~9:00

3月2日(日)の『吹奏楽のひびき』は、この3月1日が50歳の誕生日となる作曲家・長生淳さんを特集します。
長生淳さんは1964年に生まれ。東京藝術大学で学び、武満徹作曲賞第1位、日本音楽コンクール2位など受賞。29歳のとき(1993年)には、NHK大河ドラマ「琉球の風」の音楽を担当するなど、多方面において活躍している作曲家です。番組では、2012年度全日本吹奏楽コンクールの課題曲となった「香り立つ刹那」などの大編成で演奏される吹奏楽のほか、演奏家たちのために書かれた室内楽曲などをお届けします。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “イギリスの名ギター奏者 ジュリアン・ブリーム”』
3月2日(日)前9:00~11:00

3月2日(日)の『名演奏ライブラリー』は、イギリスの名ギター奏者、ジュリアン・ブリームを特集。
ジュリアン・ブリームは、1933年ロンドン生まれ。幼くしてギターにめざめ、スペインのギターの巨匠アンドレス・セゴビアからも指導を受け、14歳でギター奏者としてデビュー。その後、ロンドンの王立音楽院に進み、ピアノ、和声、作曲、チェロなどを学び、同時に独学でリュートの奏法も習得しました。そして兵役後は、ヨーロッパ全土でリサイタルや録音に取り組み、緻密で丹念に作り込まれた演奏は「ギターといえばスペイン!」という当時のイメージを覆し、ギター演奏の新境地を世界に知らしめました。
番組では、ロドリーゴやアルベニス、ソルなどのスペインの作曲家による作品に加え、バッハや武満徹の作品も、ブリームの名演でお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂 ~没後15年 桂枝雀を語る~』
3月2日(日)後0:15~2:00

二代目・桂枝雀さんが亡くなったのは、1999年4月19日。今年は没後15年を迎えます。今もDVDやCD、関連本が数多く発売され、その人気は衰えることがありません。
3月2日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「没後15年 桂枝雀を語る」と題して、ゲストに桂枝雀さんの長男でミュージシャンの前田一知さんと、落語作家の小佐田定雄さんをお迎えし、今なお多くの人を魅了し続ける桂枝雀の魅力、その落語理論、さらに知られざるエピソードを語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】前田一知 (ミュージシャン)
     小佐田定雄 (落語作家)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『課題曲を歌おう
 ~第81回NHK全国学校音楽コンクールに向けて~』
3月2日(日)後4:00~5:00

全国10万人の子どもたちが参加する、国内最大規模の合唱コンクール「NHK全国学校音楽コンクール」、通称Nコン。今まで、アンジェラ・アキさんの「手紙」、いきものがかりの「YELL」、flumpoolの「証」、ゆずの「友 ~旅立ちの時~」など、旬のアーティストによる課題曲制作などで、子どもたちに寄り添ってきました。
第81回を迎えた今年の課題曲のテーマは「勇気」。小学校の部では、絵本「ぐりとぐら」で知られる中川李枝子さんが書き下ろした詩に、人気ドラマの音楽で知られる村松崇継さんが曲をつけました。中学校の部は、EXILEのボーカリスト・ATSUSHIさんが、書き下ろしの楽曲を提供。高等学校の部では、舞台演出家の小林香さんがドラマティックな詩を制作し、数々の合唱曲で、合唱ファンに愛されている横山潤子さんが曲をつけました。
番組では、それぞれの制作者が詩やメロディーに託した、子どもたちへの思いに迫るとともに、初演指揮者による演奏のポイントなど、第81回Nコンの課題曲の魅力を余すところなくお届けします。どうぞお楽しみに!

※『Nコン』番組ホームページはこちら


『セッション2014 ~中林薫平カルテット~』
3月2日(日)後10:30~11:30
(再)3月7日(金)前10:00~11:00

3月2日(日)の『セッション2014』は、テクニック、アイデアともに高い評価を得ているベーシスト、中林薫平が登場!
番組では「現代を生きる、等身大のジャズ」を大切にしている32歳の中林が、同世代の実力派ミュージシャンとともにオリジナル・サウンドを追求するカルテットのライブをお届けします。どうぞお楽しみに!

【演奏】中林薫平 (ベース)
    西口明宏 (テナー・サックス)
    田窪寛之 (ピアノ)
    海野俊輔 (ドラムス)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ 3月1日(土)の『SONGS』は、ゆずのお二人が「ごちそうさん」のスタジオを訪問&中学生200人と合唱!


『SONGS “ゆず”』
総合テレビ 3月1日(土)後11:00~11:29
(再)総合テレビ 3月7日(金)前1:30~1:59 (6日(木)深夜)

3月1日(土)の『SONGS』は、ゆずが登場! 東日本大震災後、歌で人々を勇気づけたいと考えていたゆずのお二人。去年、NHK合唱コンクールの課題曲として「友~旅立ちの時~」を作りました。番組では、コンクールに参加した都内の中学生200人と再会。歌への思いなどを語り合い、合唱を披露します。また、逆境に負けず勇気を持って強く生きる主人公の姿を歌っている、現在放送中の連続テレビ小説「ごちそうさん」の主題歌「雨のち晴レルヤ」。お二人は撮影が行われている大阪のスタジオに、主演の杏さんを訪ね、セットなどドラマの世界観に触れます。どうぞお楽しみに!

<曲目>
「雨のち晴レルヤ」「友 ~旅立ちの時~」「ヒカレ」

【出演】ゆず、杏
【語り】守本奈実アナウンサー

140226song.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ゆずがゲスト出演!

『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 2月27日(木)後10:55~11:20

新曲「ヒカレ」を披露!

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

◆ゆずも出演予定!
『震災から3年“明日へ”コンサート』
総合テレビ 3月10日(月)後7:30~8:45
BSプレミアム 3月10日(月)後8:45~10:00

総合テレビ&BSプレミアムでは、東日本大震災から3年の節目に、ビッグアーティストが一堂に集結し“音楽の力”を通じて復興のメッセージを届ける『震災から3年“明日へ”コンサート』を、NHKホールから生放送でお送りします。

※『震災から3年“明日へ”コンサート』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:13 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


平成25年度(第68回)文化庁芸術祭"テレビ・ドラマ部門"大賞受賞『特集ドラマ"ラジオ"』、89分版を3月1日(土)BSプレミアムで再放送!


『特集ドラマ“ラジオ”』(再)
BSプレミアム 3月1日(土)後2:00~3:29

総合テレビ2013年3月に放送された“女川さいがいFM”をモデルにした『特集ドラマ“ラジオ”』が、平成25年度(第68回)文化庁芸術祭の“テレビ・ドラマ部門”大賞を受賞しました。BSプレミアムでは3月1日(土)に、総合テレビで放送した73分版では入らなかった場面を追加した完全版(89分版)を、再びお送りします!
震災から10か月。仮設住宅に引きこもる女子高生「某ちゃん」(刈谷友衣子)を心配した兄貴分の蒲鉾店四代目・國枝(吉田栄作)は、半ば強制的に彼女を女川さいがいFMに参加させる。しかし、ほとんど何もしゃべれない、何も伝えられない、某ちゃん…。落ち込む彼女に、父親(豊原功補)が「話すのが苦手ならば、文字で表現したらいい…」とブログを勧める。そして彼女は、自分自身の心情を少しずつブログに綴り始め、さいがいFMの仲間たち(安藤サクラ、新井浩文)にも支えられながら、次第に元気を取り戻し、未来に希望を持ち始めていく。そんな時、瓦礫の受け入れについて書いた某ちゃんのブログが突然炎上する! いったい何が起こったのか? 窮地に立たされる某ちゃん、そして仲間たち…。被災地・女川で「ラジオ」と「ブログ」を経験し、自分自身を取り戻していく女子高生と仲間たちの物語。(89分版初回放送:BSプレミアム 2013年10月12日)

【原作】某ちゃん。
【脚本】一色伸幸
【音楽】松本俊明
【演出】岸善幸
【出演】刈谷友衣子、安藤サクラ、新井浩文、山本浩司、
    藤原薫、夏居瑠奈、吉田栄作、西田尚美、豊原功補、
    リリー・フランキー ほか


140226radio.jpg※『特集ドラマ“ラジオ”』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:08 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


陽水式発想法の極意とは? 28日(金)深夜、地上波初放送!『井上陽水 マニアックカタログ』


『井上陽水 マニアックカタログ』
総合テレビ 3月1日(土)前0:10~1:09 (2月28日(金)深夜)

昨年BSプレミアムでお送りした『井上陽水 マニアックカタログ』を、28日(金)深夜に総合テレビで放送!
稀代のアーティスト、井上陽水さん。彼は、なぜ40年以上も名曲を生み出せたのか? その秘密は、脳内の「マニアックカタログ」にあると言います。番組では、それは一体何なのか? 評論家・山田五郎さんやジャーナリストの津田大介さんが、陽水式発想法の極意を探っていきます。山田五郎さんとの会話で出てきたキーワードは「原節子」「ボブ・ディラン」等々。また、津田大介さんが鋭く迫ることで見えてきたのは、陽水さんのジャーナリズムへの濃厚なまでの目線と、驚くべき観察眼による現代ジャーナリズム時評でした―。陽水さんの脳内「マニアックカタログ」が、斬新な創作にどう結びつくのか? カメラが追うなかで新曲も生まれ、特設スタジオで披露。どうぞお楽しみに! (初回放送:BSプレミアム 2013年4月7日)

<曲目>
「ダンスはうまく踊れない」「とまどうペリカン」
「What's You're Doing」「青いフラミンゴ」
「積荷のない船」「新しいラプソディー」

【出演】井上陽水、山田五郎、津田大介、森田美由紀アナウンサー

130403file_0001dw.jpg


<関連番組>
井上陽水さんの「氷の世界」誕生の秘密を探る番組もBSプレミアムで再放送決定!

『井上陽水 ドキュメント“氷の世界40年”
 ~日本初ミリオンセラーアルバムの衝撃とその時代~』(再)
BSプレミアム 3月9日(日)後11:00~翌前0:14

今から40年前、日本で初めて売り上げ100万枚を達成した伝説のアルバムが発表された。当時25歳だった井上陽水さんの3枚目のアルバム「氷の世界」だ。その爆発的な売れ行きの凄さは、発売日の早朝からレコード店に行列ができ、段ボール箱を開けては直接お客にレコードを手渡すような状況だったという―。
そして先ごろ長年行方が分からなかった、このアルバムのマルチトラックテープが、レコード会社の倉庫で発見された。中には若き日の陽水さんの声とともに、さまざまな楽器の演奏が入っていた。番組では、このアルバムの制作に加わったミュージシャンやスタッフが集まり、音声トラック一つ一つに込められた思いや秘話を、40年の時を越えて掘り起こしていく。そして、陽水さん本人が40年前の自分と向き合い、収録曲を演奏。果たして65歳の陽水さんはどんな「氷の世界」を描くのか? (初回放送:2013年12月28日)

【出演】井上陽水、伊集院静、井上悟、川瀬泰雄、小室等、
榊原英資、塩瀬修充、スガシカオ、多賀英典(音声のみ)、
谷村新司、中沢新一、なかにし礼、中村冬夫、野見山實、
星勝、みうらじゅん、森本レオ、山口隆(サンボマスター)、
リリー・フランキー ほか
【語り】久保田祐佳アナウンサー

投稿時間:10:46 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


28日(金)の『AKB48の"私たちの物語"』は、HKT48の矢吹奈子さん、田中美久さん、兒玉遥さん、村重杏奈さん、中西智代梨さん原案・出演作をお届けします!


『AKB48の“私たちの物語”』
2月28日(金)後10:00~10:45

28日(金)の『AKB48の“私たちの物語”』は、HKT48の矢吹奈子さん、田中美久さん、兒玉遥さん、村重杏奈さん、中西智代梨さん原案・出演作「サンキュー・ベイビー」をお届けします!

「サンキュー・ベイビー」
ここは博多で大人気のラーメン屋「明太子ラーメンむらしげ」。店主の村重には、3人の娘がいた。5歳になる遥と、生後6か月の双子、奈子と美久。ラーメン屋の2階にある子ども部屋では、母親が買い物に行っている間、遥はひよこの絵を描いて遊び、奈子と美久はベビーベッドで寝ていた。お店が忙しく、なかなか娘の様子を見に行けない、店主の村重。そんな中、3姉妹がいる2階の子ども部屋に泥棒が忍び込んできてしまい…。
 
【原案】矢吹奈子、田中美久、兒玉遥、村重杏奈、中西智代梨
【脚本】北阪昌人
【出演】矢吹奈子、田中美久、兒玉遥、村重杏奈、中西智代梨、山寺宏一

※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆HKT48がゲスト出演予定!

『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 3月20日(木)後10:55~11:20

※「総理記者会見」のため、放送時間が変更になりました。
総合テレビ 3月20日(木)後11:15~11:40

ニューシングル「桜、みんなで食べた」を披露!

mj2014032002.jpg※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:28 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


28日(金)の『オペラ・ファンタスティカ』は、カルロス・クライバー指揮「喜歌劇"こうもり"」をお送りします!


『オペラ・ファンタスティカ
 ~歴史的名盤 クライバーが指揮する“こうもり”~』
2月28日(金)後2:00~6:00

世界のトップクラスのオペラハウスで上演された最新の公演や、日本国内で収録された話題の公演。また、今なお語り継がれているオペラの名盤などを厳選して紹介している番組『オペラ・ファンタスティカ』。2月28日(金)は、1月24日に“名指揮者クラウディオ・アバド”追悼番組放送のため、急遽変更となった「歴史的名盤 クライバーが指揮する“こうもり”」をお届けします。
ウィンナ・オペレッタの代表作といわれるヨハン・シュトラウスの「喜歌劇“こうもり”」は、日本でも大人気で、劇場で上演されることも多い作品です。ウィーンを舞台に裕福なアイゼンシュタインとその妻ロザリンデを中心に、召使のアデーレ、亡命貴族のオルロフスキー公爵など、一癖もふた癖もありそうな人物が入り乱れ、恋のあれこれが繰り広げられていきます。番組では、1975年にミュンヘンのヘルクレス・ザールで録音された、バイエルン国立管弦楽団、カルロス・クライバー指揮による「喜歌劇“こうもり”」をお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】室田尚子(音楽評論家)

※『オペラ・ファンタスティカ』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ27日(木)放送『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4"日本の伝統音楽"編(4)』今回もゲスト講師に野村萬斎さんをお迎えしてお送りします!


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4
 “日本の伝統音楽”編(4)』
Eテレ 2月27日(木)後11:25~11:55 
(再)Eテレ 3月6日(木)前0:30~1:00 (5日(水)深夜)

5回にわたって「日本の伝統音楽」をテーマに、雅楽、能・狂言、浄瑠璃などをピックアップし、日本独特の音や音楽を、その成立や特徴とともに紐解いている『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』。
27日(木)の「日本の伝統音楽」4回目の講義では、中世の武士の庇護(ひご)を受け大成した、能・狂言の後編をお送りします。今回は、ともに演劇である能・狂言両者の「言葉」に注目し、それと一体となって奏でられる音楽のなりたちを紐解いていきます。ワークショップでは、子どもたちが狂言「蝸牛(かぎゅう)」に挑戦。言葉に音楽や体の動きが加わることでどう変化するのかを学びます。また、野村萬斎さんが「三番叟」を披露。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)、
        星川京児(音楽プロデューサー)、
        松岡心平(東京大学教授)、
        野村萬斎(狂言師)
【ワークショップ講師】野村萬斎(狂言師) ほか
【講師】坂本龍一
【ナレーション】伊東敏恵アナウンサー

140225file_0004eu.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら


<関連番組>
ゲスト講師の野村萬斎さんが出演!

『SWITCHインタビュー 達人達
 “野村萬斎×市川猿之助~出る杭(くい)となれ 時代の華となれ”』
Eテレ 3月1日(土)後10:00~11:00

異なる分野で活躍する二組の“達人”が出会った時、どんな化学反応のSWITCHが入るのか? 聞き手と語り手をSWITCH(交代)しながら、それぞれの仕事の極意を語り合う、トーク・ドキュメント番組『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』。3月1日(土)は、狂言界の永遠の貴公子・野村萬斎さんと、歌舞伎界異端の花形・市川猿之助さんの初顔合わせが、ついに実現!現代ドラマ出演時の爆笑秘話から、名作のディープな舞台裏まで、縦横無尽に語り尽くします。どうぞお楽しみに!

※『SWITCHインタビュー 達人達』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:11 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


27日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、偶数月の月末恒例リクエスト特集をお送りします!


『ザ・ソウルミュージック ~リスナーズ・チョイス・スペシャル~』
2月27日(木)後11:00~前0:00
(再)3月6日(木)前10:00~11:00

27日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、偶数月の月末恒例リクエスト特集「リスナーズ・チョイス・スペシャル」をお送りします。新曲紹介とエンディング以外の全てのコーナーを取り払って、日本全国からお葉書とメールでお寄せいただいている、メッセージやリクエストを一堂に集めてご紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ


※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:38 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


26日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は、"引越し"をテーマに3人で語り合います。1974年の音楽はジェネシスをとりあげます!


『THE ALFEE 終わらない夢』
2月26日(水)後11:00~前0:00
(再) 3月5日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。26日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、先週に引き続き3人でお送りします。皆さまからお寄せいただいた“夢”にまつわるエピソードを紹介すると共に、THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる今回の「THE ALFEE はじめて物語」は、“はじめての引越し”をテーマに、メンバーそれぞれの住居の引越しや、所属レコード会社の引越し(移籍)など、さまざまな“引越し”について語り合います。さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、74年に「The Lamb Lies Down On Broadway (眩惑のブロードウェイ)」を発表したイギリスのロックバンド、ジェネシスをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】THE ALFEE

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら


<関連番組>
THE ALFEEが出演!

『歌のあとさき“THE ALFEE~未来~”』
BSプレミアム 2月28日(金)後8:45~9:00

(再)BSプレミアム 3月22日(土)後4:45~5:00

一組のアーティストの音楽人生を曲でたどる番組『歌のあとさき』。今回は、THE ALFEEの音楽ヒストリーを4週にわたって、「飛翔」「個性」「原点」「未来」4つのキーワードで紐解いていきます。4週目の28日(金)は、「未来」をキーワードにお送りします。どうぞお楽しみに!

※『歌のあとさき』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:26 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終火曜日放送『くるり電波』明日28日(火)は新コーナー登場!あの名曲を徹底解剖します


『くるり電波』
2月25日(火)後11:00~前0:00
(再)3月4日(火)前10:00~11:00

※記事初出時に掲載していた内容を一部変更しました。

常に新しいサウンドを求めて活動をつづける“くるり”が、毎月最終火曜日にお届けしている番組『くるり電波』。クラシックからオルタナティブロックまで、網羅していないジャンルのない彼らが占う、日本の音楽の未来。そして、さまざまな音楽を、心のエンジン全開でお届けする60分。
今回から、コーナーをリニューアル! 昨年15周年を迎えたくるりの、これまでの楽曲の中から毎月1曲を選び、その楽曲がどのようにして作られたのかを紐解いていく新コーナー“くるりの一曲入魂”がスタート! 初回は、あの名曲を徹底解剖。どうぞお楽しみに!

【出演】岸田繁、佐藤征史、ファンファン

※『くるり電波』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:56 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ラジオ第1で毎月最終火曜日放送『みうらじゅんのサントラくん』明日25日(火)は怪獣映画のサントラをハイライトでお届けします!


『みうらじゅんのサントラくん“怪獣映画ハイライト”』
ラジオ第1 2月25日(火)後9:05~9:55

ラジオ第1で毎月最終火曜日、イラストレーターのみうらじゅんさんが、思い出の映画とそのサウンドトラックを熱く語る番組『みうらじゅんのサントラくん』。1960~80年代を中心に「怪獣」「スパイ」「カンフー」「マカロニ・ウエスタン」「パニック」「美少女」などなど、メジャーからいわゆるB級映画と言われるものまで、みうらじゅんさんがDJとして「サントラ盤」をかけながら、マニアックなトークをお届けしています。
2014年は、怪獣の王者・ゴジラの生誕60周年、そしてゴジラをはじめ、数多くの怪獣映画の音楽を手掛けた作曲家・伊福部昭氏の生誕100周年にあたります。この歴史的な節目にちなんで、2月25日(火)は過去の放送分から、怪獣映画のサントラをハイライトでご紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】みうらじゅん


※『みうらじゅんのサントラくん』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:54 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日25日(火)Eテレで放送!『Rの法則 "ライブ&トーク 加藤ミリヤ"』


『Rの法則 “ライブ&トーク 加藤ミリヤ”』
Eテレ 2月25日(火)後6:55~7:25
(再)Eテレ 2月26日(水)前0:00~0:30 (25日(火)深夜)

旬の話題やニュース、すぐに役立つ勉強法やさまざまなノウハウ、世界の高校生事情など、中高生が「気になる話題」をピックアップし、ランキング&リサーチしてお届けしている視聴者参加番組『Rの法則』。
25日(火)の『Rの法則』は、女子高校生から10代の悩みの代弁者として人気の加藤ミリヤさんをゲストにお迎えしてお送りします。番組では、女子高校生たちが、加藤さんが綴る歌詞をどう受け止めているのかを徹底調査。「Aitai」や「Lonely Hearts」など、女子高校生がグッとくる歌詞を深く掘り下げ、10代の抱える恋愛や人間関係の悩みを探ります。また、スタジオでのスペシャルライブも披露していただきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】加藤ミリヤ
【司会】山口達也、二宮直輝アナウンサー

140224S01-001.jpg※『Rの法則』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:45 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


2月24日(月)放送の『MINMIのレディオMAMA』構成作家の播田さんからメッセージをいただきました!


『MINMIのレディオMAMA』
2月24日(月)後11:00~前0:00

こんにちは!構成作家の播田です。
仕事にアルバイトに家事・育児に
頑張ったり悩んだりしている全ての人に、
“癒しと元気を届けたい!”と始まった
『MINMIのレディオMAMA』

バレンタインデーには
スイートな出来事はありましたか?
2月のレディオMAMAは甘く、
そして刺激的かつ情熱的な内容でお届けします。

まずは番組内でご紹介していく楽曲は
「愛」をテーマに集めました。
MINMIが今、メロメロになっている
あの曲もあります(^^)

“気まぐれゼミナール”のコーナーには、
世界で活躍中の
タップダンサー 熊谷和徳さんが登場。
次の20周年に向けて燃えているMINMIは、
熊谷さんと盛り上がりすぎて予想外の展開に!!
一体なにが起こったのか…!?

20140224_1.jpg











番組最後までお楽しみください。

また来月の楽曲テーマも発表します。
テーマにそった皆さんのオススメ曲と、
“気まぐれゼミナール”への情報も募集しています。
番組ホームページまでメールをお寄せください♪
(番組構成/播田)

※『MINMIのレディオMAMA』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:56 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週24日(月)からの『青春アドベンチャー』は、ひとつのテーマのもとに、5人の新進作家が15分の一話完結ドラマを競作する「秘密の花園」をお送りします!


『青春アドベンチャー“秘密の花園”』<全5回>
2月24日(月)~28日(金)後10:45~11:00

24日(月)からのオーディオ・ドラマ『青春アドベンチャー』は、ひとつのテーマのもとに、5人の新進作家が15分の一話完結ドラマを競作する「秘密の花園」をお送りします。共通のテーマは“秘密”。そして、各話それぞれ“花”をモティーフにし、毒と優しさが咲く世界を、優美かつ滑稽に描いていきます。どうぞお楽しみに!

24日(月)<ひとつめの秘密>
「曼珠沙華の音」 作:仲井美樹
曼珠沙華が咲き乱れる世界で、女は愛する人を見つけたのだが、男の様子がおかしく…。
25日(火)<ふたつめの秘密>
「崖っぷちに咲くバラ」 作:鹿目由紀
自殺を一切禁じられた日本。最後の自殺者が花を片手に最後の賭けに出る。ある秘密を胸に…。
26日(水)<みっつめの秘密>
「クロッカスは主張する」 作:桜井稔
旅行記作家・赤崎は、隣に引っ越してきた美人に心躍らせる。その日から壁の向こう側から声が聞こえるようになり…。
27日(木)<よっつめの秘密>
「俺×コスモス=世界滅亡?」 作:朝倉寛
神の数式を見つけた女と、人生を変えたい男。二人は世界を救えるのか!?
28日(金)<最後の秘密>
「つつじ丘公園」 作:西脇良典
孤独な女優・サツキ。名前を巡る、喪失と再生の物語。

【作】仲井美樹、鹿目由紀、桜井稔、朝倉寛、西脇良典
【出演】中村ゆり、眞島秀和、棚橋真典、鬼頭卓見、
    カズ祥、松井真人、藤沢理子、中井伸弥、
    堀邦夫、舟橋香里、沢田靖一、戸田葵

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:34 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月24日(月)~2月27日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月24日(月) 2月25日(火)
ml_20140224.jpg ml_20140225.jpg
TK from 凛として時雨 HY

2月26日(水) 2月27日(木)
ml_20140226.jpg ml_20140227.jpg
坂本美雨 宇宙まお

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

投稿時間:17:26 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週24日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「映画音楽ワールドツアー」、女優の中川安奈さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~映画音楽ワールドツアー~』
2月24日(月)~27日(木)前9:20~10:00
(再)3月3日(月)~6日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできるような音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。24日(月)からの週は、女優の中川安奈さんが「映画音楽ワールドツアー」と題して、映画のストーリーやロケの舞台になった風景などを、皆さまに思い浮かべていただけるような内容で、各日、以下のテーマでお送りします。どうぞお楽しみに!

24日(月) 馬が主役!
(映画「戦火の馬」「シービスケット」等から)

25日(火) サクセスストーリー
(映画「摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に」「ワーキング・ガール」等から)

26日(水) 懐かしきハリウッドの香り
(映画「オズの魔法使」「エデンの東」等から)

27日(木) リクエスト特集
(映画「世界残酷物語」「イル・ポスティーノ」等から)

【DJ】中川安奈

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:52 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終日曜日放送『ライブビート』2月23日(日)は、orange pekoeが登場!


『ライブビート ~orange pekoe~』
2月23日(日)後10:30~11:30
(再)2月28日(金)前10:00~11:00

毎月最終日曜日、ロックを中心に、メジャーやインディーズを問わず“鋭利な音”にこだわって、旬なバンドやミュージシャンのライブを紹介する番組『ライブビート』。
2月23日(日)は、ナガシマトモコ と藤本一馬により1998年に結成され、関西で活動を開始したユニット“orange pekoe”が登場! クラブやカフェを中心にライブを展開し、DJやクリエイターなどを中心に大きな支持を受けて、2002年にメジャーデビュー。以後、ナガシマトモコの深く甘美な歌声と、藤本一馬の独創的なギター、ジャズやブラジル音楽などの様々なジャンルの音楽を、確固たるオリジナリティで昇華した自作自演のスタイルで、日本のオーガニック・ミュージックシーンをリードする存在として圧倒的な支持を受けています。昨年10月には、前作から4年ぶりとなる7thアルバム「Oriental Jazz Mode」をリリース。このアルバムでは、バイオリンや中近東のパーカッションを取り入れ、オリエンタル・サウンドを打ち出しています。番組では、そんな新たなるサウンドを手に入れたOrange Pekoeのライブをお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】orange pekoe
 【DJ】古閑裕

※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:42 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


23日(日)放送の『サウンドクリエーターズ・ファイル』は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONがDJを担当!


『サウンドクリエーターズ・ファイル
 ~ASIAN KUNG-FU GENERATION~』
2月23日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する番組『サウンドクリエーターズ・ファイル』。
2月23日(日)は、2009年に発表された「新世紀のラブソング」以降のシングル曲のカップリングなどを収録した、コンピレーションアルバム「フィードバックファイル2」をリリース予定の、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんと喜多建介さんがDJを担当! 番組では、10周年にまつわるクジ引きトークを展開。ニューアルバムや昨年9月に横浜スタジアムで行われた10周年記念ライブについてなど、たっぷりと語っていただきます。どうぞお楽しみに!

【DJ】ASIAN KUNG-FU GENERATION (後藤正文、喜多建介)

※『サウンドクリエーターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです


<関連番組>
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの特集を放送!
『ミュージックプラザ
 ~アーティスト特集 ASIAN KUNG-FU GENERATION~』
2月26日(水)後4:00~5:20

2月26日(水)の『ミュージックプラザ』は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが放送当日にリリースする、コンピレーションアルバム「フィードバックファイル2」を特集! 皆様からのリクエスト&メッセージをお待ちしています!(ASIAN KUNG-FU GENERATIONのメンバーはご出演されません)

【DJ】鈴木万由香

※『ミュージックプラザ』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月22日(土)・23日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~2の音楽~』
2月22日(土)前9:00~11:00

放送日の2月22日は、2並びの日ということで、今回の『世界の快適音楽セレクション』は、素直に「2の音楽」をテーマにお送りします。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
2月22日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。今回22日(土)の講師(ゲスト)は、アニメ「ストライク・ザ・ブラッド」のエンディングテーマ「signal」をリリースされたばかりのシンガーソングライター・分島花音さんが来校! また、アニソンランキング部では、1989年のアニソンを調査中。下記の番組ホームページのリクエスト&メッセージから、テーマ部分のプルダウンメニューで“アニソンランキング部”を選んで、どしどしお寄せください。お待ちしております!

【講師(ゲスト)】分島花音
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソンアカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!

<関連番組>
アニメから“健康”が見える!? Eテレで中川翔子さんのレギュラー番組放送中!

『名作ホスピタル』
Eテレ 毎週土曜 前0:00~0:15 (金曜深夜)
(再)Eテレ 翌週月曜 前5:50~6:05

あなたは信じますか?名作アニメの中に健康へのヒントがかくされていることを…いつの時代でも感動を与える「名作アニメ」。そこに込められた“ふかーい!”メッセージについて日本の名医たちと“貪欲”トークする番組『名作ホスピタル』。次回21日(金)深夜は、2013年12月にお送りした、ヘアカラーやヘアマニキュア、ブリーチ等の違いや使用上の注意など、髪のカラーリングについて学ぶ「上手に染めたい ד世界名作劇場 赤毛のアン”」を再放送。どうぞお楽しみに!

※『名作ホスピタル』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮 ~三善晃の歴史的録音~』
2月22日(土)後9:00~10:00
(再)2月24日(月)前10:00~11:00

毎月最終週の『クラシックの迷宮』は、NHK所蔵の貴重なヒストリカル音源を使用してお送りします。2月22日(土)は、1月25日に引き続き、2013年10月になくなった作曲家・三善晃さんの作品を特集。前回は「音楽物語“幸福な王子”」など、放送用の珍しい作品を取り上げましたが、今回は「交響三章」など演奏会用作品の歴史的な録音をお届けします。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “遺影俳優”』
2月22日(土)後10:00~10:50

22日(土)の『FMシアター』は、タナカカツキさんとの共著「バカドリル」シリーズ等で知られる漫画家・イラストレーターの天久聖一さんが描く、“遺影俳優”をめぐる親子の物語「遺影俳優」をお送りします。
瀬戸内の島育ちの青年・岡島桃太郎は、母の死に際に、いまだ一度も会ったことのない父親が、東京で役者をしていることを告げられる。桃太郎は父を探しだすため上京し、自身も役者の世界に飛び込むのだが、父はすでに亡き人に…。そして、同時に父は、劇中の葬儀シーンなどに遺影として出演する“遺影俳優”となっていた。すでに死んだ父。芝居の世界では俳優として生き続ける父。桃太郎はわけがわからず、呆然自失となるが、一方で、亡き父の築いた人間関係を利用し、役者として活躍し始める。だが、更に思わぬ事実が明らかになり…。

【作】天久聖一
【出演】少路勇介、平岩紙、オクイシュージ、村松利史、
    下迫幸恵、山岸玲音、奥野てっぺい、板倉勝久

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト
 日本のジャズ~伝説のライヴ(2)“南里文雄とデキシー仲間たち”~』
2月22日(土)後11:00~翌前1:00

ジャズ・トゥナイト恒例の“伝説”シリーズ。2014年は「日本のジャズ~伝説のライヴ」にスポットを当ててお送りしていきます。その第2回となる22日(土)は、50年代から60年代初頭にかけて録音された日本のディキシーランド・ジャズを特集。“日本のサッチモ”と呼ばれたジャズ・トランペット奏者の南里文雄が率いる、南里文雄とホット・ペッパーズを中心に、薗田憲一とデキシー・キングス、渡辺正典とクレオール・シックスなどの演奏をお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “5声・6声・多声コーラスの魅力”』
2月23日(日)前7:20~8:10
(再)3月1日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第4週の解説は、アカペラグループ「TRY‐TONE」の多胡淳さんが担当します。
23日(日)の『ビバ!合唱』は、1月26日(日)の「3声・4声コーラスの魅力」に続いて、「5声・6声・多声コーラスの魅力」と題して、多胡さんとも関わりが深く、幅広い音楽性で人気を集める5声ヴォーカルグループのゴスペラーズや、6声の複雑な和音で聴かせるアメリカのアカペラ・コーラス・グループの最高峰・Take6など、さまざまな国の多声コーラスをとりあげ、それぞれの声部の魅力に迫ります。どうぞお楽しみに!

【案内】多胡淳

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『Run Beat!! ~ウィンタースペシャル~』
2月23日(日)前9:00~11:50

ランニングに適した音楽“ランニングミュージック”をお送りする音楽番組『RunBeat!!』。
今回はマラソンのトップシーズンに合わせて『Run Beat!! ウィンタースペシャル』と題して全国のランナーを音楽で応援!!東京・一ツ橋の人気マラソンコースが見えるランニングステーションからおよそ3時間の公開生放送でお送りします。番組では有森裕子さんや道端カレンさんのランニングワンポイントアドバイスなど、聞きどころ満載。スマホや携帯ラジオで放送を聞きながら一緒にランビートしましょう!!

【ゲスト】有森裕子(オリンピック女子マラソンメダリスト)、
     道端カレンさん(モデル)
【司会】中倉隆道アナウンサー

※『Run Beat!! ~ウィンタースペシャル~』番組ホームページはこちら

※NHK-FMはスマートフォン&タブレットでもお聴きになれます。ご試聴する場合は、無料アプリのインストールが必要となりますので、詳しくは下記のNHKネットラジオ“らじる★らじる”アプリサイトをご覧ください。
※NHKネットラジオ“らじる★らじる”アプリサイトはこちら


『日曜喫茶室 “時代を動かす 男のロマン”』
2月23日(日)後0:15~2:00

夢を追うことが難しい時代。だが、いつの時代も困難や逆境を切り開くことで、人は時代を動かしてきました。今回の『日曜喫茶室』は「時代を動かす 男のロマン」と題して、ゲストに作家の童門冬二さんと、海底無人探査機「江戸っ子1号」プロジェクト推進委員会委員長の杉野行雄さんをお迎えし、厳しい現実と向き合い、挑み、成し遂げていく方々の姿と強い思いを伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】童門冬二(作家)、杉野行雄(江戸っ子1号プロジェクト推進委員会委員長)
【ご常連】轡田隆史 (ジャーナリスト)
【司会】(マスター)はかま満緒、(ウェイトレス)小泉裕美子

※『日曜喫茶室』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月23日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、70年代後半のパンク/ニューウェイブ全盛期にデビューし、80年代に活躍したイギリスの個性派アーティスト、ジョー・ジャクソンを特集。また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、85年のデビュー以降、児童虐待をテーマにした「Luka」など社会的なメッセージソングを歌いヒットを飛ばしたスザンヌ・ヴェガをとりあげ、7年ぶりのニュー・アルバム「Tales From the Realm of the Queen of Pentacles」からのナンバーもお届けします。どうぞお楽しみに!
なお、次週3月2日(日)は特集番組のため『洋楽80'sファン倶楽部』はお休みとなります。ご了承ください。

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』2/22(土)のゲストは森下佳子さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 2月22日(土)後6:00~6:50
※2月25日(火)ラジオ第1での再放送は休止となります。ご了承ください。

(再)FM 3月22日(土)後6:00~6:50
※3月22日(土)は、ラジオ第1で放送が予定されている『第86回選抜高校野球大会』が延伸した場合、後5:00以降、NHK-FMで『第86回選抜高校野球大会』をお送りする場合があります。ご了承ください。


rockbar_okada.jpg脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、現在放送中の連続テレビ小説『ごちそうさん』の脚本を手がけている森下佳子さんをお迎えします。


演劇が好きで、学生時代は役者として舞台に立っていたという森下さん。作・演出にも興味があり、本格的な演劇活動にとりくんでいた頃のエピソードや、脚本家としてデビューするきっかけをつかんだお話をうかがいます。また、『ごちそうさん』について、今後の展開とともに、キャラクター設定や、作品が出来上がるまでなど、同じ脚本家ならではの視点から岡田さんと語りあっていただきます。どうぞお楽しみに。

【ゲスト】森下佳子
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆森下さんが脚本を務めた連続テレビ小説『ごちそうさん』
連続テレビ小説『ごちそうさん』
総合  毎週月曜~土曜 前8:00~8:15
(再)毎週月曜~土曜 後0:45~1:00

BSプレミアム  毎週月曜~土曜 前7:30~7:45
(再)毎週月曜~土曜 後11:00~11:15
(再)毎週土曜 前9:30~11:00<1週間分>


※『ごちそうさん』番組ホームページはこちら

◆岡田さんが脚本を手がけた『ちゅらさん』再放送中!
『連続テレビ小説 ちゅらさん』
BSプレミアム 毎週月曜~土曜 後7:00~7:15


※『ちゅらさん』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日21日(金)の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストに歌手のMay'nさんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”
  ~シンガーMay'nが語るガールズポップス~』
2月21日(金)後10:00~10:45

隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
21日(金)の『ヒャダインの“ガルポプ!”』は、自身もボーカリストとして活躍しながら、アイドルソングやボカロ楽曲など、幅広いジャンルのガールズポップスを聴き込んでいるというMay'nさんをお迎えして、「シンガーMay'nが語るガールズポップス」をテーマにお送りします!
番組では、出世作となったアニメ「マクロスF」劇中歌のレコーディング時のエピソードや、作曲家・菅野よう子さんとのエピソード、さらに現在注目しているアイドルやソングライターについても熱く語っていただきます!そして、これまでで最大の公演数になるという今年のツアーを前に、国内外でのライブの裏話もご紹介します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】May'n
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!

『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回2月22日(土)は、ゲストに透き通るような歌声が唯一無二の存在感を生み出しているアーティストYun*chiさんをお迎えします。番組では、音楽活動やモデルと、マルチな才能を発揮するアーティストしての魅力と、コスプレと料理が趣味だという意外な素顔にも迫ります。どうぞお楽しみに!

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ23日(日)放送『発表!Nコン2014課題曲』今年の中学生の部の課題曲は、EXILEのATSUSHIさんの書き下ろし曲!


『発表!Nコン2014課題曲』
Eテレ 2月23日(日)後4:00~4:59.30

(再)Eテレ 3月21日(金)前9:00~9:59.30

全国の小・中・高校生を合唱で結ぶ「NHK全国学校音楽コンクール」、通称“Nコン”は、全国2600校、10万人が参加する国内最大規模の合唱コンクールです。
第81回となる今年も魅力的な課題曲が完成。小学校の部は、絵本「ぐりとぐら」の作者で「となりのトトロ」のオープニングテーマ「さんぽ」の作詞でも知られる児童文学作家の中川李枝子さんが作詞を担当。中学校の部は、EXILEのATSUSHIさんが中学生のために書き下ろしの楽曲を提供。そして高等学校の部の作詞には、今注目の舞台演出家・小林香さんを迎え、「勇気」をテーマにした各課題曲が誕生しました。番組では、2014年の課題曲を発表するとともに、ATSUSHIさんをはじめ制作者が、曲に込めた思いなどを語ります。さらに、今年のNコンを応援することが決まった芦田愛菜ちゃんからの応援メッセージも紹介します。どうぞお楽しみに!

<課題曲>
・小学校の部「ゆうき」(同声二部)
 作詞:中川李枝子 作曲:村松崇継

・中学校の部「桜の季節」(混声三部)(女声三部)
 作詞:ATSUSHI 作曲:ATSUSHI/マシコタツロウ 編曲:加藤昌則

・高等学校の部「共演者」(混声四部)(女声三部)(男声四部)
 作詞:小林香 作曲:横山潤子

【出演】ATSUSHI(EXILE)、芦田愛菜、中川李枝子、
    村松崇継、小林香、横山潤子 ほか
【語り】TARAKO

130219S02-001.jpg※『Nコン』番組ホームページはこちら


<関連番組>
NHK-FMでもNコンに向けての番組を放送!
『課題曲を歌おう
 ~第81回NHK全国学校音楽コンクールに向けて~』
FM 3月2日(日)後4:00~5:00

投稿時間:18:12 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム23日(日)再放送!『谷村新司のショータイム"ジェーン・バーキン"』


『谷村新司のショータイム“ジェーン・バーキン”』
BSプレミアム 2月23日(日)後4:00~5:27

とっておきの秘蔵映像とともに、世界の一流ミュージシャンの人生と音楽の原点を探る『谷村新司のショータイム』。今回は、女性たちのカリスマ、ジェーン・バーキンさんがゲスト出演した回を再放送!
セクシーな歌声と奔放な恋…歌手で女優のジェーン・バーキンさん。2度目の結婚相手であるセルジュ・ゲンズブールとのデュエットソング「ジュ・テーム・モア・ノン・プリュ」は、2人のあえぐような歌声で話題に。スキャンダラスな私生活も相まって、ジェーン・バーキンさんは、70年代カウンターカルチャーのシンボルともなりました。そんな彼女は、東日本大震災から1か月も経たない2011年4月、日本への渡航が自粛勧告されたフランスから、マネージャーも同伴せずに自費で、家族の反対をも押し切り突然来日。震災支援のチャリティーライブを行いました。番組では、2011年11月に東京で開いたライブ映像を交えながら、ジェーン・バーキンさんが自ら、波乱の人生を語ったインタビューをお届けします。(初回放送:2012年1月14日)

【ゲスト】ジェーン・バーキン
【司会】谷村新司

投稿時間:18:05 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム21日(金)放送『プレミアムアーカイブス BSエンターテインメント"歌伝説 愛の讃歌 作詞家 岩谷時子の世界"』


『プレミアムアーカイブス BSエンターテインメント
 “歌伝説 愛の讃歌 作詞家 岩谷時子の世界”』
BSプレミアム 2月21日(金)前9:00~10:35.30
(再)BSプレミアム 3月2日(日)後3:00~4:35.30

2013年10月25日、97歳で亡くなった作詞家の岩谷時子さん。“あなたの燃える手で 私をだきしめて”のフレーズで知られる「愛の讃歌」の訳詞を手がけた岩谷さんは、1960年代から70年代にかけて数多くの名曲を、作詞家として世に送り出しました。女性ならではの作品世界は、時代を代表する歌手によって歌われ、今もなお愛され続けています。番組では、91歳の時の岩谷さん本人へのインタビューや関係者たちの証言を織り交ぜ、岩谷さんが手掛けられた名曲をたっぷり紹介します。 (初回放送:BS2 2008年2月17日)

【出演】岩谷時子、加山雄三、今陽子、島田歌穂
【プレミアムアーカイブス・キャスター】内藤裕子アナウンサー


※『プレミアムアーカイブス』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:31 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


3月の特集番組決定!


『課題曲を歌おう
 ~第81回NHK全国学校音楽コンクールに向けて~』
3月2日(日)後4:00~5:00

2014ncon.jpg「NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)」は、全国10万人の小中高校生が参加する日本最大規模の合唱コンクールです。Nコンの特徴は、毎年豪華なメンバーで課題曲が新作されること。これまで数多くの合唱の名曲が生まれてきました。
81回を迎える今回の課題曲のテーマは「勇気」。一歩を踏み出したいときに必要な「勇気」。歌うことで「勇気」が出る。歌うことで誰かを勇気づけることができる。合唱を通してそんな体験をして欲しい、という願いをこめたテーマです。 番組では、小学校・中学校・高等学校の課題曲を披露するとともに、作詞・作曲者が曲に託した思いを語ります。また、指揮者による演奏上のアドバイスもご紹介します。

<課題曲>
★小学校の部「ゆうき」
【作詞】中川李枝子【作曲】村松崇継
★中学校の部「桜の季節」
【作詞】ATSUSHI【作曲】ATSUSHI/マシコタツロウ【編曲】加藤昌則
★高等学校の部「共演者」
【作詞】小林香【作曲】横山潤子

【出演】
中川李枝子(児童文学作家)/村松崇継(作曲家)
EXILE ATSUSHI/加藤昌則(作曲家)
小林香(舞台演出家)/横山潤子(作曲家)

小学校の部 初演指揮者 戸崎文葉
中学校の部(女声) 初演指揮者 名島啓太
中学校の部(混声) 初演指揮者 大谷研二
高等学校の部(女声) 初演指揮者 相澤直人
高等学校の部(混声・男声) 初演指揮者 清水敬一

【語り】田上美香

2014ncon_1.jpg

※『Nコン2014』ホームページはこちら

投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ20日(木)放送『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4"日本の伝統音楽"編(3)』ゲスト講師に野村萬斎さんをお迎えしてお送りします!


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4
 “日本の伝統音楽”編(3)』
Eテレ 2月20日(木)後11:25~11:55 
(再)Eテレ 2月27日(木)前0:30~1:00 (26日(水)深夜)

5回にわたって「日本の伝統音楽」をテーマに、雅楽、能・狂言、浄瑠璃などをピックアップし、日本独特の音や音楽を、その成立や特徴とともに紐解いている『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』。
20日(木)の「日本の伝統音楽」3回目の講義では、能・狂言を前後編に分けて学ぶ前編をお送りします。そもそも能・狂言はどのような芸能なのか? その違いと共通点について考察し、音楽的な特徴を学びます。またワークショップでは、野村萬斎さんの指導で、子どもたちが能と狂言に共通する基本の所作を体験します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)、
        星川京児(音楽プロデューサー)、
        松岡心平(東京大学教授)、
        野村萬斎(狂言師)
【ワークショップ講師】野村萬斎(狂言師) ほか
【講師】坂本龍一
【ナレーション】伊東敏恵アナウンサー

140218file_0004es.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:24 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


20日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、「アフター・ザ・ヴァレンタイン」特集をお送りします!


『ザ・ソウルミュージック “アフター・ザ・ヴァレンタイン”』
2月20日(木)後11:00~前0:00
(再)2月27日(木)前10:00~11:00

20日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、前回のスイート&メロウな「スウィート・ソウル・ヴァレンタイン」特集に続いて、「アフター・ザ・ヴァレンタイン」と題して、ヴァレンタインの“その後” を彩る官能的な愛の歌の世界を特集します。Sexy & Groovyな楽曲をお届けする大人向けのセレクションを、どうぞお楽しみください!

【DJ】オダイジュンコ


※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:11 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


19日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は、3人で語り合うバラエティ番組の思い出。1974年の音楽はニール・ヤングをとりあげます!


『THE ALFEE 終わらない夢』
2月19日(水)後11:00~前0:00
(再) 2月26日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。19日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、先週に引き続き3人でお送りします。皆さまからお寄せいただいた“夢”にまつわるエピソードを紹介すると共に、THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる今回の「THE ALFEE はじめて物語」は、“はじめてのバラエティ番組”をテーマに、ヒット曲がまだ無い頃に出演し、コントにも挑戦したバラエティ番組から、現在も出演している音楽バラエティまで語り合います。さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、バッファロー・スプリングフィールドや、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(CSN&Y)などのグループでも活躍し、1972年のソロアルバム「ハーヴェスト」で人気を確立した後、74年には「ON THE BEACH (渚にて)」を発表したニール・ヤングをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】THE ALFEE

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら


<関連番組>
THE ALFEEが出演!

『歌のあとさき“THE ALFEE”』
BSプレミアム 2月21・28日(金)後8:45~9:00

(再)BSプレミアム 3月14日(金)後0:45~1:00、
            22日(土)後4:45~5:00

一組のアーティストの音楽人生を曲でたどる番組『歌のあとさき』。今回は、THE ALFEEの音楽ヒストリーを4週にわたって、「飛翔」「個性」「原点」「未来」4つのキーワードで紐解いていきます。3週目の21日(金)は、「原点」をキーワードにお送りします。どうぞお楽しみに!どうぞお楽しみに!

※『歌のあとさき』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:06 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日18日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は、大滝詠一・追悼特別番組「ありがとう、大滝さん」最終回をお送りします


『元春レイディオ・ショー』
2月18日(火)後11:00~前0:00
(再)2月25日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
18日(火)の『元春レイディオ・ショー』は、80年代の『元春レイディオ・ショー』から現在まで、30年間にわたる貴重なアーカイブから4回にわたってお送りしてきた、大滝詠一・追悼特別番組「ありがとう、大滝さん」の最終回をお届けします。今回も前回に引き続き、大滝さんをゲストにお迎えした放送などから、“はっぴいえんど”のことや、曲作りのことなど、ミュージシャンとして、またソングライターとしての大滝さんを、肉声や音楽を織り交ぜて振り返ります。

【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週17日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今さら訊けないABC」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
2月17日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りします。
17日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、J.ホリデイが先月リリースした5年ぶりとなるニュー・アルバム「Guilty Conscience」から「Thinkin About You」など、新譜を中心にお届けします。また番組後半では、R&Bファンの間でよく使われる音楽専門用語を、ABC順にピックアップして、分かりやすく解説するコーナー「今さら訊けないABC」をお送りします。今回はその14回目“N”から始まる専門用語を楽曲と共に紹介していきます。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:44 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週17日(月)からの『青春アドベンチャー』は、業田良家さんによるコミック作品をオーディオドラマ化した「機械仕掛けの愛」を5回にわたって放送!


『青春アドベンチャー“機械仕掛けの愛”』<全5回>
2月17日(月)~21日(金)後10:45~11:00

2月17日(月)からのオーディオ・ドラマ『青春アドベンチャー』は、第17回手塚治虫文化賞短編賞受賞の業田良家さんによるコミック作品「機械仕掛けの愛」を、5回にわたってお送りします!
ロボットが当たり前に人間とともに暮らす世界。女の子型“ペットロボ”が、本当に愛してくれた最初の持ち主を探す旅へ。ロボットなのに何故かドジでマヌケな“劣等くん”は、プログラムを書き替えて優秀なロボットになるかで悩み。ベテラン育児ロボ“マーシー”は子どもと別れる日を迎える…等、ココロを持たないはずのロボットが味わう喜びや悲しみを通じて、本当の“心”とは何かを問いかける5つのショートストーリーをお届けします。どうぞお楽しみに!

17日(月) 第1話「ペットロボ」
18日(火) 第2話「劣等くん」
19日(水) 第3話「子育てマーシー」
20日(木) 第4話「家族増員法」
21日(金) 最終話「リックの思い出」

【原作】業田良家
【脚色】長谷川彩
【出演】新山千春、石田卓也、熊谷杏音、棚橋真典、
    岡田詢矢、石河美幸、黒田啓之、戸田葵、
    外山文孝、内田藍子、湯浅浩史、大屋愉快、
    鬼頭卓見、木村庄之助、西山諒、南部綜汰、
    中井伸弥 ほか

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:31 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月17日(月)~2月20日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月17日(月) 2月18日(火)
ml_20140217.jpg ml_20140218.jpg
小林太郎 赤い公園

2月19日(水) 2月20日(木)
ml_20140219.jpg ml_20140220.jpg
KANA-BOON 松本英子

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

投稿時間:15:26 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週17日(月)からの『歌謡スクランブル』は「青春歌謡集」&「バンド・コレクション」、そして「くるり作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル』
2月17(月)~22日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
17日(月)・18日(火)は「青春歌謡集(1)・(2)」と題して、昭和30年から40年代はじめにかけて当時の若者たちの心をつかんだ作品を、19日(水)~21日(金)は「バンド・コレクション(1)~(3)」と題して、洋楽の影響を受けながら日本の音楽シーンにロックが根付いていった1960年代終わりから1980年代はじめにかけての作品をお届けします。そして22日(土)は「くるり作品集」と題して、1時間まるまる“くるり”を特集します。どうぞお楽しみに!

17日(月) 青春歌謡集(1)
(守屋浩「僕は泣いちっち」、舟木一夫「その人は昔」ほか)

18日(火) 青春歌謡集(2)
(高田美和「十七才は一度だけ」、青山和子「愛と死をみつめて」ほか)

19日(水) バンド・コレクション(1)
(はっぴいえんど「風をあつめて」、
サディスティック・ミカ・バンド「サイクリング・ブギ」ほか)

20日(木) バンド・コレクション(2)
(RCサクセション「スローバラード」、THE BLUE HEARTS 「ラブレター」ほか)

21日(金) バンド・コレクション(3)
(UNICORN「すばらしい日々」、BLANKEY JET CITY「ダンデライオン」ほか)

22日(土) くるり作品集
(くるり「東京」、「ワンダーフォーゲル」ほか)

【司会】深沢彩子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『音楽遊覧飛行』来週17日(月)からの週は、サラーム海上さんが"伝統音楽、さらなる奥地へ"をテーマにお送りします!


『音楽遊覧飛行
 “エイジアンクルーズ~伝統音楽、さらなる奥地へ~”』
2月17日(月)~20日(木)前9:20~10:00
(再)2月24日(月)~27日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできるような音楽番組です。週替わりのDJが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。また、ちょっとしたお役立ちミニ情報も盛り込んで、世界中を遊覧飛行した気分になれるような名曲の数々をお届けします。
17日(月)からの週は「エイジアンクルーズ」。音楽評論家のサラーム海上さんが、アジアや中東など世界のエキゾチックな音楽を中心にご紹介します。今週は“伝統音楽、さらなる奥地へ”をテーマに、アジアや世界の伝統音楽を中心にお届けします。また、各日の日替わりコーナーも下記のラインナップでお送りします。どうぞお楽しみに!

17日(月)今月のエイジアン・スター
「シャバン・バイラモヴィッチ」

18日(火)古典音楽 A to Z
「中東、アフリカ北部・東部に伝わる
精霊や儀礼を中心とした民間信仰から生まれた“ザール”」

19日(水)アジアの名盤マスターピース
「小泉文夫没後30年記念企画
“Fethno”FUMIO KOIZUMI MEMORIAL CONCERTから」

20日(木)アジアの街
「テヘラン」

【DJ】サラーム海上

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:28 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


16日(日)の『サウンドクリエーターズ・ファイル ~androp~』最終日は、ゲストに作詞家・音楽プロデューサーのいしわたり淳治さんをお迎えしてお送りします!


『サウンドクリエーターズ・ファイル ~androp~』
2月16日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する番組『サウンドクリエーターズ・ファイル』。
来月3rdフルアルバム「period」のリリースや、初のアリーナ単独公演が決定している、andropのDJ最終日となる2月16日(日)は、リスナーの皆さまからお寄せいただいたお便りを紹介するほか、ゲストにSUPERCAR解散後、作詞家・音楽プロデューサーとして活躍中のいしわたり淳治さんをお迎えして、作詞の極意などを伺います。
なお次週2月23日(日)の『サウンドクリエーターズ・ファイル』は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの皆さんがDJを担当。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】いしわたり淳治
【DJ】androp

※『サウンドクリエーターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:10:29 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』2/15(土)のゲストは井上鑑さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 2月15日(土)後6:00~6:50
※2月18日(火)ラジオ第1での再放送は休止となります。ご了承ください。


rockbar_okada.jpg脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さんが脚本を手がけたドラマ『泣くな、はらちゃん』の劇中歌「私の世界」をはじめ音楽を担当された井上鑑さんです。



チェロ奏者の父親をもつ井上さん。自ら音楽を始めたのは、意外にも高校生の頃とのこと。それから、どのようにしてキーボード奏者、作・編曲家になっていったのか経緯を伺います。また、これまでに印象を受けた音楽や、昨年発売したアルバム『井山大今 II』(井上鑑(Key)、山木秀夫(Ds)、高水“大仏”健司(B)、今剛(Gt))の中から、大瀧詠一さんの「Speech Balloon」のカバー曲を紹介。一緒に仕事をする事も多かった大瀧さんから影響を受けたお話なども語っていただきます。さらに、「私の世界」(作詞:岡田惠和 / 作曲・編曲:井上鑑)についても語りあいます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】井上鑑
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆岡田さんが脚本を手がけた『ちゅらさん』再放送中!
『連続テレビ小説 ちゅらさん』
BSプレミアム 毎週月曜~土曜 後7:00~7:15


※『ちゅらさん』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:47 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月15日(土)・16日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~チョコレートの音楽~』
2月15日(土)前9:00~11:00

15日(土)の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは「チョコレートの音楽」。昨日(14日に)あげたチョコレートがどうなったか気になって仕方がない方も、昨日もらったチョコレートを前に様々な思いに駆られている方も、全くチョコレートと関係ない方も、甘くてほろ苦い音楽のチョコレートを仲良く分け合いませんか?

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら

<関連情報>
◆ゴンチチのお二人が出演した回をアンコール放送!

『かんさい土曜ほっとタイム』
ラジオ第1 2月15日(土)後1:05~3:55 (中断あり)

後2:00台の「ほっと人物ファイル」コーナーで、昨年7月にゴンチチのお二人が出演した回をアンコール放送!(初回放送:2013年7月6日)

※『かんさい土曜ほっとタイム』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
2月15日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。今回15日(土)の講師(ゲスト)は、「タイムボカンシリーズ」など数多くのアニメ主題歌や劇伴音楽を担当されている、シンガーソングライターの山本正之さんが来校!また、アニソンランキング部では、1989年のアニソンを調査中。下記の番組ホームページのリクエスト&メッセージから、テーマ部分のプルダウンメニューで“アニソンランキング部”を選んで、どしどしお寄せください。お待ちしております!

【講師(ゲスト)】山本正之
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソンアカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!

<関連番組>
◆アニメから“健康”が見える!? Eテレで中川翔子さんのレギュラー番組放送中!

『名作ホスピタル』
Eテレ 毎週土曜 前0:00~0:15 (金曜深夜)
(再)Eテレ 翌週月曜 前5:50~6:05

あなたは信じますか?名作アニメの中に健康へのヒントがかくされていることを…いつの時代でも感動を与える「名作アニメ」。そこに込められた“ふかーい!”メッセージについて日本の名医たちと“貪欲”トークする番組『名作ホスピタル』。次回14日(金)深夜は2013年11月にお送りした、くせ毛と縮毛矯正のメカニズムと注意点を学ぶ「髪の悩みד世界名作劇場 赤毛のアン”」を再放送。(初回放送:2013年11月30日)

※『名作ホスピタル』番組ホームページはこちら

◆中川翔子さんとゲストの山本正之さんもご出演された「アニメロ サマーライブ2013」を再放送!
『アニメソング史上最大の祭典~アニメロ サマーライブ2013~』(再)
BSプレミアム 2月16・23日・3月2日(日)前0:25~2:24 (2月15・22日・3月1日(土)深夜)

アニメソング界のトップアーティストたちが一同に揃う、アニメソングコンサートの最高峰「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」の模様を3週にわたって再放送! 中川翔子さんは2月15日(土)深夜放送の第1夜で、NoBさんとともに「ペガサス幻想 ver.Ω」を熱唱。山本正之さんは2月22日(土)深夜放送の第2夜で、七森中☆ごらく部とともに「逆転イッパツマン」を披露。どうぞお楽しみに!

※『アニメソング史上最大の祭典~アニメロ サマーライブ2013~』番組ホームページはこちら

◆山本正之さんがコーナーテーマ曲を担当!
『おとうさんといっしょ』
BSプレミアム 毎週日曜日 前8:00~8:29
(再)BSプレミアム 翌週土曜日 後5:30~5:59

3~6歳の子どもとその家族向けの幼児番組『おとうさんといっしょ』。番組内で、週末のお父さんを応援するために、親子であそぶヒントを紹介する「イチジョウマン7」コーナーのテーマ曲を、山本正之さんが担当(作詞・作曲・歌唱)!

※『おとうさんといっしょ』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮
 “私の試聴室~ネマニャ・ラドゥロヴィチ~”』
2月15日(土)後9:00~10:00
(再)2月17日(月)前10:00~11:00

15日(土)の『クラシックの迷宮』は、最新録音を中心に、片山杜秀さんが選んだ名盤を紹介する「私の試聴室」をお送りします。今回は、セルビア(旧ユーゴスラビア)の若手バイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチの新譜「パガニーニ・ファンタジー」を紹介。ラドゥロヴィチの超絶技巧と多彩な表現力が堪能できるパガニーニの「バイオリン協奏曲」や「24の奇想曲」などをお送りします。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター 平成25年度文化庁芸術祭大賞受賞“2233歳”』(再)
2月15日(土)後10:00~10:50

15日(土)の『FMシアター』は、先日お亡くなりになった永井一郎さんもご出演された、自称2233歳の不思議な老人と介護職員のおかしくも愛しい日々を描く、平成25年度(第68回)文化庁芸術祭“ラジオ・ドラマ部門”大賞受賞作品「2233歳」をお送りします。
真由子は、長期療養型老人病院に介護職員として勤め始めたばかり。元教師の厳格な母親からは「きっと今度も長くもたない」と言われている。ノロい、不器用、気が利かないで先輩職員にあきれられ、徘徊癖のある患者・久永のお守り係を押しつけられる。久永は、自称、2233歳。真由子は、ウソかマコトかわからない人生の打ち明け話を長々と聞かされるはめになり…。長寿大国・日本。その只中で若い女性が、身近な人と生きる時間を見つめなおしていく姿を描く。(初回放送日:2013年3月16日)

【作】小松與志子
【音楽】徳永洋明
【出演】星野真里、永井一郎、倉野章子、岡田さつき、
    吉野実紗、藤川修二、有馬自由、金沢映子、
    大森美紀子、細見大輔、井原幹雄、二宮弘子

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト ~松永貴志(ピアノ)を迎えて~』
2月15日(土)後11:00~翌前1:00

17歳でアルバム「TAKASHI」でメジャーデビューし、ジャズ・ピアノの神童と騒がれた松永貴志さんが、昨年デビュー10年を迎えました。この間、多彩な作曲活動でも成功。2013年12月には、パリのルーヴル美術館での国際親善記念コンサートにもご出演されました。15日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、ゲストに松永貴志さんをお迎えし、5年半振りとなる新作「GOOD NEWS!」を中心に聴きながらこれまでの活動を振り返りつつ、今後の抱負などを伺います。また、スタジオで生演奏も披露していただきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】松永貴志
【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “世界の女声合唱団(1)”』
2月16日(日)前7:20~8:10
(再)2月22日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第3週の解説は、合唱指揮者・の大谷研二さんが担当します。
16日(日)の『ビバ!合唱』は、世界各地の代表的な女声合唱団の中から、カナダ・バンクーバーを中心に活動しているエレクトラ女声合唱団を取り上げます。番組では、少し季節はずれですが、クリスマスの歌を集めたアルバム「チャイルド・オブ・グレース」からの楽曲をお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき
  “公開録音 ユーフォニアム・アンサンブル・フェニックス2”』
2月16日(日)前8:10~9:00
(再)2月22日(土)後8:10~9:00

16日(日)の『吹奏楽のひびき』は、前週に引き続き、2013年11月30日京都府・八幡市文化センターで行われた公開録音の模様をお届けします。演奏は、ユーフォニアム奏者で大阪音楽大学准教授の木村寛二を音楽監督とする、若手のユーフォニアム奏者たちで構成された、関西地方を中心に活動しているアンサンブル、ユーフォニアム・アンサンブル・フェニックス。番組では、現代作曲家の作品から、なつかしい日本の唱歌やイタリア民謡など、ユーフォニアムのためにアレンジされたさまざまな楽曲をお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “世界が愛したマエストロ クラウディオ・アバドをしのんで”』
2月16日(日)前9:00~11:00

16日(日)の『名演奏ライブラリー』は、今年の1月20日に逝去された名指揮者クラウディオ・アバド氏をしのび、彼の名演をお届けします。
1933年イタリア・ミラノの音楽一家に生まれたアバド氏。ヴェルディ音楽院、ウィーン国立音楽アカデミー(現ウィーン国立音楽大学)で学び、1959年に指揮者デビュー。その後、大指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンに見出され、名門ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮し、センセーションを巻き起こしました。以後、同オーケストラをはじめミラノ・スカラ座、ロンドン交響楽団、ウィーン国立歌劇場で主要なポストに就き、輝かしい成功を収めています。1990年、カラヤンの後任としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督・首席指揮者に指名され、一時代を築きました。2000年には病に倒ましたが、手術の末に演奏活動を再開し、ルツェルン祝祭管弦楽団やマーラー室内管弦楽団などと共演を重ねました。世界トップクラスの指揮者として高い評価と人気を集めましたが、2014年1月20日、80歳の生涯を閉じました。アバド氏は、軽やかなイタリア音楽から重厚なドイツ音楽までレパートリーは幅広く、またオペラの分野でも多くのファンを獲得。番組では、アバド氏が残した数多くの名演の中から、シューベルトの「ロザムンデ」や、メンデルスゾーンの「交響曲“イタリア”」、そしてマーラーの「交響曲 第1番“巨人”」などの作品をお送りします。
なお、次週2月23日(日)は特集番組のため『名演奏ライブラリー』はお休みとなります。ご了承ください。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂 ~“和”を世界に広げる~』
2月16日(日)後0:15~2:00

東京五輪のキーワードは“おもてなし”の精神。“和食”もユネスコ無形文化遺産に登録されて、“和の文化”があらためて世界の注目を集めています。16日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「“和”を世界に広げる」と題して、華道や作庭を通じて海外に日本人の精神性を伝えてきた、華道家の假屋崎省吾さんと僧侶・庭園デザイナーの枡野俊明さんをゲストにお迎えし、文化芸術立国を目指す日本に期待される点や、日本の伝統文化を正しく世界にアピールする方法を伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】假屋崎省吾 (華道家)
     枡野俊明 (僧侶・庭園デザイナー)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら

<関連番組>
ゲストの假屋崎省吾さんが出演!

『世界らん展 日本大賞2014 ~花が舞う 都会の楽園~』
BSプレミアム 2月16日(日)前11:30~後0:15

2月15日(土)から東京ドームで開催される、世界20か国以上が参加し、10万株、250万輪もの“らん”で彩られる国内最大級の“らん”の祭典「世界らん展 日本大賞2014」。番組では、ラン愛好者のドキュメントを交えて、展示の見どころを紹介します。


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月16日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、80年代初めのイギリスのネオ・サイケブームをリードした、エコー&バニーメンを特集。また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、2月下旬から8年ぶりの来日公演を行うローリング・ストーンズをとりあげ、80年代のヒットナンバーなどをお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら 

<関連番組>
ローリング・ストーンズの来日を記念して「ローリング・ストーンズ」関連の2番組を再放送!

『ローリング・ストーンズ・スペシャル“ストーンズ・ベスト50”』(再)
BSプレミアム 2月18日(火)後11:45~翌前0:45

NHK-FMで2013年6月9日放送にお送りした『今日は一日“ザ・ローリング・ストーンズ”三昧』に寄せられたリクエスト数によって決定した「ローリング・ストーンズ・ソング・ベスト50」を発表。クリス・ペプラーさんのナビゲートで、50曲を一気にカウントダウンしていきます。上位にランクインした楽曲は、懐かしいプロモーションビデオやライブ映像など映像付きで紹介。(初回放送:2013年6月30日)

【ナビゲーター】クリス・ペプラー

『ワールド・プレミアム・ライブ“ストーンズ・イン・ハイドパーク”』(再)
BSプレミアム 2月25日(火)後11:45~翌前0:44

1969年7月5日に行われた伝説のハイドパーク・コンサートの模様を、ハイビジョン・リマスター版で放送! 44年前に行われたこのフリーコンサートは、2代目ギタリスト、ミック・テイラーのお披露目コンサートとして予定されていたが、直前に創立メンバーのブライアン・ジョーンズが死去し、急きょ追悼ライブに切り替えられたといういわくつきのもの。番組では、ミック・ジャガーのインタビューや「(I Can't Get No)Satisfaction 」「Jumpin' Jack Flash 」などの名曲をお届けします。(初回放送:2013年6月30日)

※「ローリング・ストーンズ・スペシャル」関連サイトはこちら


『セッション2014 ~Keijin Shu Original Trio~』
2月16日(日)後10:30~11:30
(再)2月21日(金)前10:00~11:00

16日(日)の『セッション2014』は、ジャズ、ラテンを中心に、ボーダーレスな感性とその実力で聴衆を魅了している、関西で活躍する若手ピアニスト・朱恵仁が登場!
朱恵仁は、1977年生まれの兵庫県神戸市出身。幼い頃からハモンドオルガンを始め、その後、小曽根真などに、ピアノを師事。甲南中学校、甲南高等学校、甲南大学で、ビッグ・バンドに参加し、数々の賞を受賞。その後、渡米し、バークリー音楽大学ジャズ作曲科を卒業。現在は、ジャズ、ラテン・ピアノをメインとして編成の異なる自己のユニット、クインテットのVermilion Fieldと、ピアノ・トリオのKeijin Shu Original Trioを持ちライブ活動を展開している。番組では、新たな世代の感性による、若手ミュージシャンのエネルギーがほとばしるKeijin Shu Original Trio のライブをお届けします。どうぞお楽しみに!

【演奏】朱恵仁 (ピアノ)
    長谷川晃 (ベース)
    吉川昭仁 (ドラムス)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


14日(金)の『AKB48の"私たちの物語"』は、AKB48の大島優子さん、横山由依さん、島崎遥香さん、峯岸みなみさん原案・出演作をお届けします!


『AKB48の“私たちの物語”』
2月14日(金)後10:00~10:45

14日(金)の『AKB48の“私たちの物語”』は、AKB48の大島優子さん、横山由依さん、島崎遥香さん、峯岸みなみさん原案・出演作「前しか向かねえ」をお届けします!

「前しか向かねえ」
時は戦国時代、秋葉の国に栄毛美村という小さな村があった。この村の人々は「ちょこ」という食べ物を作り、それを売ることで生計を立てていた。「ちょこ」は茶の湯の菓子や、体と心を直す薬として珍重された。この村の村長の娘で、女ながらちょこ職人頭をつとめるお優は、職人のお由依・おぱるから姉のように慕われる存在。お優は祖父の言葉に従い村の人々を守るため、イケメン侍の峯岸みなみ衛門から剣術も習っていたが、ある時この村に悪の手が忍び寄り…。
 
【原案】大島優子、横山由依、島崎遥香、峯岸みなみ
【脚本】北阪昌人
【出演】大島優子、横山由依、島崎遥香、峯岸みなみ、山寺宏一

※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆BSプレミアムで放送中、AKB48レギュラー番組!

『AKB48 SHOW』
BSプレミアム 毎週土曜日 後11:30~11:59

次回2月15日(土)は「バレンタイン曲」特集!また新作コントでは、大島優子さんが奇抜な振り付け師に!? さらに、AKB48グループ・インフルエンザ予防接種の潜入映像もお届けします。どうぞお楽しみに!

140212file_0004q2.jpg※『AKB48 SHOW』番組ホームページはこちら

※『AKB48 SHOW』ブログ記事はこちら

◆AKB48がゲスト出演予定!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 2月27日(木)後10:55~11:20

大島優子さんがセンターを務める新曲「前しか向かねえ」を披露!

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

◆AKB48も出演予定!
『震災から3年“明日へ”コンサート』
総合テレビ 3月10日(月)後7:30~8:45
BSプレミアム 3月10日(月)後8:45~10:00

総合テレビ&BSプレミアムでは、東日本大震災から3年の節目に、ビッグアーティストが一堂に集結し“音楽の力”を通じて復興のメッセージを届ける『震災から3年“明日へ”コンサート』を、NHKホールから生放送でお送りします。

※『震災から3年“明日へ”コンサート』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:06 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


14日(金)放送!『DJクラシック 首藤康之の"踊る旋律"~白鳥の湖でダンサーと指揮者が葛藤する~』


『DJクラシック 首藤康之の“踊る旋律”
 ~白鳥の湖でダンサーと指揮者が葛藤する~』
2月14日(金)後9:10~10:00

各ジャンルのトップアーティストによる経験に裏打ちされた説得力あるトークと、評論家とはちがうユニークな視点、そして、その人となりを感じる語り口で、4人のアーティストが週替わりで、これまでのクラシック番組とはひと味違うひとときをお届けする番組『DJクラシック』。第2週は、古典から現代作品まで幅広い表現力を備え、国際的に活躍するバレエダンサー・首藤康之さんがDJを務める「首藤康之の“踊る旋律”」をお送りします。
今回は、バレエ作品の中でも最も有名で長く愛され続けている「白鳥の湖」をとりあげます。さまざまな演出ヴァージョンが存在する「白鳥の湖」の中でも、首藤さん自身も踊られたマシュー・ボーン版の斬新な演出についてや、ダンサーと指揮者とのやり取りの中で生まれる葛藤についてのエピソードを、チャイコフスキーの音楽とともにお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】首藤康之(バレエダンサー)
【きき手】田添菜穂子(フリー・アナウンサー)

※『DJクラシック』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆BSプレミアムで、マリインスキー・バレエ団の「白鳥の湖」を放送!
『プレミアムシアター
 ~マリインスキー・バレエ公演 バレエ音楽「白鳥の湖」/
  モナコ公国モンテカルロ・バレエ公演 「ダフニスとクロエ」~』
BSプレミアム 2月17日(月)前0:30~4:00 (16日(日)深夜)

2月16日(日)深夜の『プレミアムシアター』は、世界的バレエ団の公演を2本立てでお送りします。
前半は、2013年春にロシアの名門、マリインスキー・バレエ団が行った公演から「白鳥の湖」をお届けします。マリインスキー・バレエの新時代を担う若きプリンシパル、エカテリーナ・コンダウーロワが白鳥(オデット)と黒鳥(オディール)を華麗なステップで披露。後半は、名振付家ジャン・クリストフ・マイヨーが芸術監督を務める、モンテカルロ・バレエ団による2008年の公演から「ダフニスとクロエ」を、2010年の公演から「シェエラザード」をお届けします。どうぞお楽しみに!

※『プレミアムシアター』番組ホームページはこちら

◆将来性を見出された若い日本人ダンサーたちの無限の可能性を紹介!
『世界に挑む 若き日本人ダンサーたち
 ~第42回ローザンヌ国際バレエコンクール~』
Eテレ 2月16日(日)後4:00~4:30
(再)総合テレビ 2月22日(土)前10:50~11:20

※22日(土)の再放送は、近畿・中部地方は別番組となります。ご了承ください。

吉田都さんや熊川哲也さんなど世界的に活躍する日本人ダンサーの多くが挑戦し、優秀な成績を収めてきた若手バレエダンサーの登竜門「ローザンヌ国際バレエコンクール」。先月2月1日に行われた決選で、日本人3人が第1位、第2位、第6位に入賞するという快挙を成し遂げました。第1位は松本市の二山治雄さん17歳。日本人の男性ダンサーが最高位になるのは、1989年に熊川哲也さんがゴールドメダルを受賞して以来25年ぶりとなりました。
番組では、3人の決選でのパフォーマンス(クラシックおよびコンテンポラリー)をノーカットで紹介するほか、詳細な解説をつけて、演技のポイントを分かりやすくお届けします。また、決選に至る5日間の選考の模様も紹介。これまであまり紹介されることのなかった、コンクールの“育成”の側面にも迫ります。どうぞお楽しみに!

1402lausanne.jpg※番組を紹介している「NHKクラシックサイト」はこちら

投稿時間:17:58 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム14日(金)に再放送!『プレミアムアーカイブス ハイビジョン特集"この手にメロディーを~ピアノの詩人・加古隆の世界~"』


『プレミアムアーカイブス ハイビジョン特集
 “この手にメロディーを~ピアノの詩人・加古隆の世界~”』(再)
BSプレミアム 2月14日(金)前9:00~10:21.30
BSプレミアム 2月22日(土)前1:55~3:16.30 (21日(金)深夜)

2月14日(金)の『プレミアムアーカイブス』は、昨年(2013年)デビュー40周年を迎えられた、NHKスペシャル『映像の世紀』のテーマ音楽「パリは燃えているか」などで知られる、作曲家・ピアニストの加古隆さんの世界をとりあげた「ハイビジョン特集“この手にメロディーを~ピアノの詩人・加古隆の世界~”」をお送りします。
番組では、初回放送当時(2006年)に初演された「熊野古道~神々の道~」全4楽章のコンサート映像をはじめ、主な作品の演奏風景や幼少時代からパリ留学時代などを回想しつつ、作品の系譜を加古さん自身のインタビューを交えてたどっていきます。ジャンルを超えて愛されている加古さんの音楽と演奏の核心に迫ります。どうぞお楽しみに! (初回放送:BShi 2006年11月23日)

【出演】加古隆 (作曲家・ピアニスト)
【プレミアムアーカイブス・キャスター】桜井洋子アナウンサー

※『プレミアムアーカイブス』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:39 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ明日13日(木)放送『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4"日本の伝統音楽"編(2)』


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4
 “日本の伝統音楽”編(2)』
Eテレ 2月13日(木)後11:25~11:55 
(再)Eテレ 2月20日(木)前0:30~1:00 (19日(水)深夜)

前週から5回にわたって「日本の伝統音楽」をテーマに、雅楽、能・狂言、浄瑠璃などをピックアップし、日本独特の音や音楽を、その成立や特徴とともに紐解いていく『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』。
13日(木)の「日本の伝統音楽」2回目の講義では、国家の成立から平安時代に確立した“雅楽”をとりあげます。中国から伝来した宮廷音楽“雅楽”が、いかにして日本で発展をとげたのかを掘り下げていきます。ワークショップでは、子どもたちが笙(しょう)や鉦鼓(しょうこ)など、雅楽の各楽器がどんな音を出し、どんな役割を持っているのかを学びます。また、雅楽の伝承方法の口唱歌も体験。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)、
        小島美子(国立歴史民俗博物館名誉教授)、
        星川京児(音楽プロデューサー)、
        芝祐靖 (国立音楽大学教授、東京芸術大学講師)
【ワークショップ講師】芝祐靖、伶楽舎
【講師・演奏】坂本龍一
【ナレーション】伊東敏恵アナウンサー

140212file_0004dr.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:53 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日13日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、「スウィート・ソウル・ヴァレンタイン」特集をお送りします!


『ザ・ソウルミュージック “スウィート・ソウル・ヴァレンタイン”』
2月13日(木)後11:00~前0:00
(再)2月20日(木)前10:00~11:00

13日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、翌日(14日)のヴァレンタインデーをひかえた夜のひと時を、告白ソングはもちろんのこと、とびきりスイート&メロウに彩ってくれる珠玉のバラードなどをお送りする「スウィート・ソウル・ヴァレンタイン」特集をお届けします。この時季にこそ聴きたいソウルミュージックを、細かなジャンルや新旧を問わない、幅広いセレクションで紹介する恒例のシーズン特集。どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


12日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は、今回も3人でお送りします。1974年の音楽は高見沢さんが初来日コンサートを観に行ったデイヴ・メイソンをとりあげます!


『THE ALFEE 終わらない夢』
2月12日(水)後11:00~前0:00
(再) 2月19日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。12日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、先週に引き続き3人でお送りします。皆さまからお寄せいただいた“夢”にまつわるエピソードを紹介すると共に、THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる今回の「THE ALFEE はじめて物語」は、“はじめてのスキー”をテーマに、寒さに苦労したスキー場でのコンサートの思い出などを語り合います。さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、イギリスのバンド、トラフィックの元メンバーで、1974年に6枚目のソロアルバム「Dave Mason」を発表、高見沢さんが初来日コンサートを観に行ったというデイヴ・メイソンをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】THE ALFEE

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら


<関連番組>
THE ALFEEが出演!

『歌のあとさき“THE ALFEE”』
BSプレミアム 2月14・21・28日(金)後8:45~9:00

(再)BSプレミアム 3月11日(火)・14日(金)後0:45~1:00、
            22日(土)後4:45~5:00

一組のアーティストの音楽人生を曲でたどる番組『歌のあとさき』。今回は、THE ALFEEの音楽ヒストリーを4週にわたって、「飛翔」「個性」「原点」「未来」4つのキーワードで紐解いていきます。2週目の14日(金)は、「個性」をキーワードにお送りします。どうぞお楽しみに!どうぞお楽しみに!

※『歌のあとさき』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:52 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日11日(火・祝)放送の『元春レイディオ・ショー』は、大滝詠一・追悼特別番組「ありがとう、大滝さん」第3回をお送りします


『元春レイディオ・ショー』
2月11日(火・祝)後11:00~前0:00
(再)2月18日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
11日(火・祝)の『元春レイディオ・ショー』は、大滝詠一・追悼特別番組「ありがとう、大滝さん」の第3回をお送りします。前回までは『元春レイディオ・ショー』アーカイブから抜粋して、DJ・大滝詠一の名調子の数々をお届けしましたが、今回は2011年4月に大滝さんをゲストにお迎えした放送などから、ミュージシャンとして、またソングライターとしての大滝さんを、肉声や音楽を織り交ぜて振り返ります。

【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:43 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


あの熱血教師や名シーンを思い出す名曲たちをお届け!明日11日(火・祝)放送『今日は一日"学園ドラマソング"三昧』


『今日は一日“学園ドラマソング”三昧』
2月11日(火・祝)後0:15~10:45(中断あり)

NHK-FMでは、2月11日(火・祝)に『今日は一日“学園ドラマソング”三昧』を放送!
「さらば涙と言おう」(おれは男だ!)、「太陽がくれた季節」(飛び出せ!青春)、「贈る言葉」(3年B組金八先生)、「HERO」(スクール☆ウォーズ)、「抱きしめてTonight」(教師びんびん物語)、「空も飛べるはず」(白線流し)などなど、曲を聴くだけで名シーンと共に当時の自分を思い出す、学園ドラマに関係する主題歌や挿入歌、そして珍曲などをたっぷりとお届けします。
司会は「3年B組金八先生」や「スクール☆ウォーズ」など、ドラマの名セリフをものまねで再現するほどの学園ドラマフリークの松村邦洋さんと、柘植恵水アナウンサー。ゲストには、「スクール☆ウォーズ」の大木大助役をはじめ「アリエスの乙女たち」など、様々な学園ドラマで不良役を演じた松村雄基さん、「高校教師」でヒロイン・二宮繭の親友役・相沢直子を演じた持田真樹さん、「3年B組金八先生」第6シリーズで、チューの愛称で親しまれた山越崇行役を演じた中尾明慶さん、そして「3年B組金八先生」第2シリーズにて、加藤優役を演じた直江喜一さんをお迎えし、当時の思い出を語っていただきます。
また、「おれは男だ!」で主人公・小林弘二を演じた森田健作さんや「白線流し」でヒロイン・七倉園子役を演じた酒井美紀さん、そして1979年から2011年まで約32年間にわたって制作された「3年B組金八先生」の坂本金八役を熱演された武田鉄矢さん、中尾明慶さんと同じく「3年B組金八先生」第6シリーズで長谷川賢役を演じられたNEWSの加藤シゲアキさんらが、コメントゲストで登場。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】松村雄基、持田真樹、中尾明慶、直江喜一
【コメントゲスト】森田健作、酒井美紀、武田鉄矢、加藤シゲアキ
【司会】松村邦洋、柘植恵水アナウンサー

※『今日は一日 “学園ドラマソング”三昧』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:37 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週10日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今さら訊けないABC」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
2月10日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りします。
10日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、ジョセリン・ブラウンの1984年のヒット曲「Somebody Else's Guy」など、さまざまな燃えるような楽曲を集めてお届けします。また番組後半では、R&Bファンの間でよく使われる音楽専門用語を、ABC順にピックアップして、分かりやすく解説するコーナー「今さら訊けないABC」をお送りします。今回はその13回目“M”から始まる専門用語を楽曲と共に紹介していきます。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:37 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月10日(月)~2月13日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月10日(月) 2月11日(火・祝)
ml_20140210.jpg ml_kuhaku.jpg
ファンキー加藤 特集番組のため休止

2月12日(水) 2月13日(木)
ml_20140212.jpg ml_20140213.jpg
KREVA Silent Siren

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

投稿時間:17:28 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム9日(日)深夜放送『プレミアムシアター ~指揮者 クラウディオ・アバドをしのんで~』


『プレミアムシアター ~指揮者 クラウディオ・アバドをしのんで~』
BSプレミアム 2月10日(月)前0:00~3:15 (9日(日)深夜)

イタリアの名指揮者クラウディオ・アバド氏が1月20日に亡くなられました。
クラウディオ・アバド氏は、1933年6月26日ミラノの音楽一家に生まれ。ヴェルディ音楽院、ウィーン音楽院(現ウィーン国立音楽大学)で指揮を学び、1959年に指揮者デビュー。1968年ミラノ・スカラ座の首席指揮者、1977年芸術監督に就任。1986年にウィーン国立歌劇場音楽監督、そして1990年にはカラヤンの後任としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督に就任し、2002年まで在任しました。2000年に胃癌で倒れましたが、手術後も積極的な活動を続け、2003年からはスイス・ルツェルン音楽祭で、ルツェルン音楽祭管弦楽団を新たに結成。若手の教育にも熱心で、自身が組織した若手中心のオーケストラ(ECユース・オーケストラ、グスタフ・マーラー・ユーゲン管弦楽団、モーツァルト管弦楽団等)との活動も積極的に行っていましたが、2014年1月20日ボローニャの自宅で80年の生涯を閉じました。
今回、BSプレミアム9日(日)深夜の『プレミアムシアター』では「指揮者 クラウディオ・アバドをしのんで」と題して、アバド氏が力を入れていたルツェルン音楽祭の2012年の演奏会から、全曲が演奏される機会が少ない、ベートーベンの劇付随音楽「エグモント」を、スイス出身の名優ブルーノ・ガンツの語りと、ユリアーネ・バンゼのソプラノでお届けします。さらに、Eテレ2月2日に放送した『クラシック音楽館』内の「コンサートプラス」で紹介した、モーツァルトの「レクイエム」全曲もお送りします。
また、「アバド指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団1994年 日本公演」と題して、1990年にカラヤンの後任としてベルリンフィルの首席指揮者・芸術監督となったアバド氏が、1994年に行った日本公演から、アバド氏が得意とするムソルグスキーなどオール・ロシアプログラムの演奏会も併せてお届けします。

『プレミアムシアター ~指揮者 クラウディオ・アバドをしのんで~』
2月10日(月)
前0:00~

「ルツェルン音楽祭2012
  クラウディオ・アバド指揮 ルツェルン音楽祭管弦楽団演奏会」
 (5.1chサラウンド)

前1:40~ <インターミッション>

前1:43.30~3:15
「クラウディオ・アバド指揮
   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1994年日本公演」

※『プレミアムシアター』番組ホームページはこちら


<関連番組>
NHK-FMでもクラウディオ・アバド氏の追悼関連番組をお送りします。

『名演奏ライブラリー
 “世界が愛したマエストロ クラウディオ・アバドをしのんで”』
FM 2月16日(日)前9:00~11:00

番組では、アバド氏が残した数多くの名演の中から、オーケストラのための作品を中心に紹介。きわめて広範であったレパートリーの中から、マーラーの「交響曲 第1番“巨人”」をはじめ、メンデルスゾーンの「交響曲 第4番“イタリア”」などをお届けする予定です。

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:35 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


9日(日)の『サウンドクリエーターズ・ファイル ~androp~』は、ゲストにお笑いトリオ・パンサーの菅良太郎さんをお迎えしてお送りします!


『サウンドクリエーターズ・ファイル ~androp~』
2月9・16日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する番組『サウンドクリエーターズ・ファイル』。
2月は3週にわたって、来月3rdフルアルバム「period」のリリースや、初のアリーナ単独公演が決定しているandropの皆さんがDJを担当しています。9日(日)の第2回は、ゲストにandropの大ファンという、お笑いトリオ・パンサーの菅良太郎さんをお迎えして、andropの魅力をたっぷりと伺います。さらに、ボーカル・ギターの内澤さんとの共通の趣味の話題で盛り上がります。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】菅良太郎 (パンサー)
【DJ】androp

※『サウンドクリエーターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:10:19 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月8日(土)・9日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~前向きの音楽~』
2月8日(土)前9:00~11:00

冬の寒さに負けて、うつむきがちになったり、肩をすぼめている、あなた! 前向きな姿勢を忘れていませんか? 8日(土)の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは、「前向きの音楽」。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
2月8日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。今回の講師(ゲスト)は、TVアニメ「咲-Saki-全国編」のオープニングテーマ「New SPARKS!」をリリースされた、シンガーソングライターの橋本みゆきさんが来校! また、アニソンランキング部では、ついに2001年の名曲ベスト10を発表します。どうぞお楽しみに!

【講師(ゲスト)】橋本みゆき
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら、藤崎弘士アナウンサー

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!

<関連番組>
◆アニメから“健康”が見える!? Eテレで中川翔子さんのレギュラー番組放送中!

『名作ホスピタル』
Eテレ 毎週土曜 前0:00~0:15 (金曜深夜)
(再)Eテレ 翌週月曜 前5:50~6:05

あなたは信じますか?名作アニメの中に健康へのヒントがかくされていることを…いつの時代でも感動を与える「名作アニメ」。そこに込められた“ふかーい!”メッセージについて日本の名医たちと“貪欲”トークする番組『名作ホスピタル』。次回7日(金)深夜は、「要注意!低体温症 ד世界名作劇場 あらいぐまラスカル”」と題して、低体温症の対処法を学びます。

※『名作ホスピタル』番組ホームページはこちら

◆『アニソン・アカデミー』放送前に、中川翔子さん出演の大河ドラマが再放送!
『軍師官兵衛(5)“死闘の果て”』(再)
総合テレビ 2月8日(土)後1:05~1:50

岡田准一さん主演の大河ドラマ『軍師官兵衛』第5話に、中川翔子さんが出演。官兵衛(岡田准一)と光(中谷美紀)の間に嫡男・松寿丸が生まれ、武兵衛(永井大)も侍女のお国(中川翔子)と恋仲に。そんな中、姫路を宿敵・赤松家の大軍が襲う!

※『軍師官兵衛』番組ホームページはこちら


『ガットのしらべ ~マヌエル・バルエコのギター~』(再)
2月8日(土)後8:15~9:00

今回の『ガットのしらべ』は、世界のギター・シーンをリードするマヌエル・バルエコのギターのしらべをお届けします。
1952年キューバに生まれ、1967年に家族とともにアメリカに移住したマヌエル・バルエコは、1974年カーネギーホールで衝撃的なデビューを飾りました。ギター音楽のレパートリー拡大に意欲的で、現代の作曲家たちとのコラボレーションも多いバルエコですが、今回はバルエコのルーツであるキューバの音楽を中心にお送りします。どうぞお楽しみに! (初回放送:2012年5月12日)

【案内】大林奈津子


『クラシックの迷宮 ~シェーンベルクの“家庭交響曲”?~』
2月8日(土)後9:00~10:00
(再)2月10日(月)前10:00~11:00

2014年は、リヒャルト・シュトラウス(1864~1949)の生誕150年にあたります。彼の作品「家庭交響曲」は、子どもの遊ぶ様子や夫婦喧嘩など、作曲者が自身の家庭を描写した音楽と言われていますが、他にもこれを意識して生まれた傑作があるといいます。意外なことにそれは、現代音楽の先駆例といわれるシェーンベルク作曲「5つの管弦楽曲」。番組では、この両作品の共通点を探っていきます。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “井戸に吠える”』
2月8日(土)後10:00~10:50

8日(土)の『FMシアター』は、大切な人を喪い、傷ついた友人と真摯に向き合おうともがく不器用な若者の心の軌跡を描く「井戸に吠える」をお送りします。
勇助と幼なじみで、同じ吹奏楽部の明日香の父親が亡くなる。葬儀の日からしばらく経って、明日香が吹奏楽部に退部届けを出したことを顧問の教師から知らされる。何よりも熱心にフルートに取り組んでいたはずの明日香。周囲の人々は「時間が経てば、自然と癒してくれる」「友だちだからこそ、そっと見守ってあげるべき」と距離を置くが、勇助はそういう姿勢に納得がいかない。こんな時、少しでも励ましたい、何とか力になりたい、そう思うのは間違っているのだろうか? あなたは、大切な人をなくして悲しみの底にいる友に、どう声をかけますか?

【作】大河内聡
【音楽】小林洋平
【出演】林大樹、今泉舞、大場泰正、佐藤誓、
    山﨑千惠子、藤松祥子、高橋紀恵、和田真季乃、
    多根周作、清水明彦、坂口理恵、本城雄太郎

※山﨑さんの「ざき」の字が、環境によって正しく表示されないことがあります。

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト ~名曲“マイ・ファニー・ヴァレンタイン”特集~』
2月8日(土)後11:00~翌前1:00

8日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、2月14日の“ヴァレンタイン・デー”にちなんで、 ロジャース&ハートの不朽の名曲「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を特集します。番組では、マイルス・デイビス、ビル・エバンス、チェット・ベイカー、エラ・フィッツジェラルドなどの名演奏をお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “シメオンの歌”』
2月9日(日)前7:20~8:10
(再)2月15日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第2週の解説は、指揮者・鍵盤楽器奏者の花井哲郎さんが担当します。
新約聖書のルカによる福音書に記された「シメオンの歌」は、2月2日聖母マリアの浄めの祝日のテーマとして、中世以来さまざまな音楽作品を生み出してきました。9日(日)の『ビバ!合唱』は「シメオンの歌」と題して、ドイツ語による教会カンタータなどを中心にお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】花井哲郎

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき
 “公開録音 ユーフォニアム・アンサンブル・フェニックス1”』
2月9日(日)前8:10~9:00
(再)2月15日(土)後8:10~9:00

2月9・16日(日)の『吹奏楽のひびき』は、2週にわたって、2013年11月30日京都府・八幡市文化センターで行われた公開録音の模様をお届けします。演奏は、ユーフォニアム奏者で大阪音楽大学准教授の木村寛二を音楽監督とする、若手のユーフォニアム奏者たちで構成された、関西地方を中心に活動しているアンサンブル、ユーフォニアム・アンサンブル・フェニックス。9日(日)は、シャブリエの「狂詩曲スペイン」やアイルランド民謡「ロンドンデリーの歌」などをお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “ロシアが生んだ巨匠バイオリニスト レオニード・コーガン”』
2月9日(日)前9:00~11:00

9日(日)の『名演奏ライブラリー』は、旧ソ連で活躍したバイオリニスト、レオニード・コーガンの名演奏をお届けします。
レオニード・コーガンは、1924年ウクライナ生まれ。1951年エリーザベト王妃国際コンクールで第1位となり、国際的に知られるようになりました。レパートリーは、バロックから現代まで広範囲におよび、その技巧の高さと、美しい音色を生かした繊細な表現で高く評価されています。番組では、バッハやブラームスのバイオリンソナタ、そしてハチャトゥリアンやショスタコーヴィチのバイオリン協奏曲などをお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂 ~今どきの結婚観を探る~』
2月9日(日)後0:15~2:00

人口統計によれば、男性は5人に1人、女性は10人に1人が生涯独身を通すと予測されています。9日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「今どきの結婚観を探る」と題して、エッセイストの酒井順子さんと九州大学大学院助教の佐藤剛史さんをゲストにお迎えし、人付き合いが苦手で面倒くさがり、リスクを恐れて恋愛も友情も育めないといった現代若者像を分析しながら、バブル崩壊を境に未婚率が高まった理由、結婚観の変容と時代背景を解き明かしていきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】酒井順子 (エッセイスト)
     佐藤剛史 (九州大学大学院助教)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月9日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、デビュー曲「Gloria」以降、80年代に多くのヒット曲を放った女性シンガー、ローラ・ブラニガンを特集。また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、この2月に行われる通算20回目のジャパンツアーが、1974年の初来日から40周年となるエリック・クラプトンをとりあげ、おなじみの80'sナンバーや昨年行われたチャリティーフェスティバルからのライブ音源もお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2014 ~谷口英治セクステット+1~』
2月9日(日)後10:30~11:30
(再)2月14日(金)前10:00~11:00

9日(日)の『セッション2014』は、現代のスイング・ジャズを聴かせる、谷口英治セクステットが登場!
谷口英治は、1968年福岡県北九州市生まれ。早稲田大学卒業後、プロ活動を開始。オーソドックスなジャズのスタイルを根底に持ちながら、ラテン、ビッグ・バンド、吹奏楽、民俗音楽、クラシックにいたるまで国内外の様々なアーティストのセッションに参加し、クラリネットの可能性を広げています。今回は、結成8年となる、ベテラン・ジャズ・ミュージシャン達による谷口英治セクステ ットに、リズム・ギターの有田純弘を加えた+1(プラス・ワン)として、正統派かつ、現代的なアレンジを施したスウィンギーな演奏をお届けします。どうぞお楽しみに!

【演奏】谷口英治 (クラリネット)
    右近茂 (テナー・サックス)
    片岡雄三 (トロンボーン)
    袴塚淳 (ピアノ)
    ジャンボ小野 (ベース)
    山下暢彦 (ドラムス)
    有田純弘(ギター)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:49 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日7日(金)の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストにCDショップの社長であり、アイドル専門レーベル代表でもある嶺脇育夫さんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”
  ~CDショップ社長が見るガールズポップス~』
2月7日(金)後10:00~10:45

隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
7日(金)の『ヒャダインの“ガルポプ!”』は、誰もが知ってるあの大手CDショップの社長であり、アイドル専門レーベル代表でもある嶺脇育夫さんをお迎えして、「CDショップ社長が見るガールズポップス」をテーマにお送りします!
自らもアイドルの大ファンとしてライブやイベントに参加されるという嶺脇さん。長年ウォッチしつづけてきたモーニング娘。やPerfumeへの愛を語るとともに、新世代アイドルたちの際立つ個性や魅力について、専門家の視点から解き明かしていきます。また、アイドル専門レーベルから発信する音楽へのこだわりや各グループのキャラクターなど、プロデューサーとして聴きどころを熱く語っていただきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】嶺脇育夫
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!

『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回2月8日(土)は、結成1年、来月には待望のデビューシングルをリリースする、「国民的美少女コンテスト」ファイナリスト21名から結成された次世代ガールズユニット“X21”の最新情報を紹介! さらに“X21”がヒャダインに直談判!アイドル界で生き抜く極意をスタジオで伝授してもらいます。その名も「アイドル☆ヒャダの門」いよいよ開講です。どうぞお楽しみに!
※なお、出演メンバーは吉本実憂さん、小澤奈々花さん、籠谷さくらさん、若山あやのさんとなります。


※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


7日(金)放送!『DJクラシック 錦織健の"しゃべくりオペラハウス"~歌劇"ばらの騎士"~』


『DJクラシック
 錦織健の“しゃべくりオペラハウス”~歌劇“ばらの騎士”~』
2月7日(金)後9:10~10:00

第一線で活躍するクラシックのアーティストによる、クラシックファンのための、クラシック番組『DJクラシック』。各ジャンルのトップアーティストによる経験に裏打ちされた説得力あるトークと、評論家とはちがうユニークな視点、その人となりを感じる語り口で、これまでのクラシック番組とはひと味違うひとときを、4人のアーティストが週替わりでお届けしています。
2月7日(金)は、テノール歌手の錦織健さんがオペラの醍醐味を紹介する「しゃべくりオペラハウス」。今回は、18世紀ウィーンの貴族たちを主人公とする、かなりきわどい恋愛劇、今年生誕150周年にあたるリヒャルト・シュトラウスの「歌劇“ばらの騎士”」を、来月3月7日(金)と2回にわたってとりあげます。番組では、パーソナリティーのお二人による“なりきりオペラシアター”で、今回も分かりやすく物語を解説。さらに“オペラにQ”コーナーでは、「ばらの騎士」やリヒャルト・シュトラウスに関するクイズも出題、皆さんも水落さんと一緒にお考えください。また番組では、リクエストや番組の感想など、下記の番組ホームページから募集中です。たくさんのメッセージお待ちしております!

【DJ】錦織健
【きき手】水落幸子

※『DJクラシック』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:53 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ明日6日(木)放送『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4"日本の伝統音楽"編(1)』


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4
 “日本の伝統音楽”編(1)』
Eテレ 2月6日(木)後11:25~11:55 
(再)Eテレ 2月13日(木)前0:30~1:00 (12日(水)深夜)

2月6日(木)からの『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』は、5回にわたって「日本の伝統音楽」をテーマに、雅楽や能・狂言、浄瑠璃などをピックアップし、日本独特の音や音楽を、その成立や特徴とともに紐解いていきます。
6日(木)の「日本の伝統音楽」1回目の講義では、日本列島に縄文時代から現代まで通底する“音の響き”を取り上げます。各地に出土する楽器に注目し、石笛、土鈴、土笛などがどのような響きをもっていたのかを紹介。先史時代の音楽を“想像”していきます。またワークショップでは、子供たちが竹笛作りに挑戦。自作の竹笛で合奏し、先史時代の人々の音楽を追体験します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)、
       小島美子(国立歴史民俗博物館名誉教授)、
       星川京児(音楽プロデューサー)
【ワークショップ講師】関根秀樹(和光大学非常勤講師)
【講師・演奏】坂本龍一
【ナレーション】伊東敏恵アナウンサー

140205file_0004dm.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:39 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日6日(木)放送『ザ・ソウルミュージック』毎月第1週は"Star Of The Month"2月生まれのソウルスターNo.1は誰か?


『ザ・ソウルミュージック “Star Of The Month~February~”』
2月6日(木)後11:00~前0:00
(再)2月13日(木)前10:00~11:00

毎月第1週の『ザ・ソウルミュージック』は、番組厳選のその月生まれのアーティスト3人の中から、リスナーの皆さんの投票で一番人気を獲得したアーティストを取り上げ、その足跡をリクエスト曲とともに振り返る生誕祝賀祭“Star Of The Month”をお送りします。今回番組が選んだ2月生まれのアーティストは、オーティス・クレイ(1942年2月11日生)、リック・ジェームス(1948年2月1日生)、ディアンジェロ(1974年2月11日生)の3人。さて、ソウルスターNo.1は誰か?どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


5日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は、「はじめてのサイン」をテーマに、メンバーのサイン誕生秘話や、初めてもらったサインについて3人が語り合います


『THE ALFEE 終わらない夢』
2月5日(水)後11:00~前0:00
(再) 2月12日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。
5日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、久しぶりに3人でお送りします。皆さまからお寄せいただいた“夢”にまつわるエピソードを紹介すると共に、THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる今回の「THE ALFEE はじめて物語」は、“はじめてのサイン”をテーマに、デビューしてから数え切れないほど書いてきたサインの誕生秘話や、アルフィーのミーハー(?)な一面が垣間見える、数々の有名人からもらったサインのエピソードなどが飛び出します。さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、1974年にデビューアルバム「Bad Company」を発表し、全世界で1200万枚を超える大ヒットを記録したスーパーバンド、バッド・カンパニーをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】THE ALFEE

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら


<関連番組>
THE ALFEEが出演!

『歌のあとさき“THE ALFEE”』
BSプレミアム 2月7・14・21・28日(金)後8:45~9:00

(再)BSプレミアム 3月4・11日(火)・14日(金)後0:45~1:00、
            22日(土)後4:45~5:00

一組のアーティストの音楽人生を曲でたどる番組『歌のあとさき』。今回は、THE ALFEEの音楽ヒストリーを4週にわたって、「飛翔」「個性」「原点」「未来」4つのキーワードで紐解いていきます。どうぞお楽しみに!

※『歌のあとさき』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:06 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日4日(火)BSプレミアムで再放送!『いきものがかり in 日本武道館 2013』


『いきものがかり in 日本武道館 2013』(再)
BSプレミアム 2014年2月4日(火)後11:45~翌前1:14

いきものがかりが、昨年11月に行った日本武道館でのライブの模様を再放送!
2013年9月から12月にかけて、いきものがかりが行ってきた全国アリーナツアー「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2013 ~ I ~」。番組では、2013年11月23日に行われた日本武道館公演の模様をお届けします。アルバム「I」に収録されている「1 2 3 ~恋がはじまる~」「笑顔」「風が吹いている」や「気まぐれロマンティック」「ありがとう」など、ヒット曲満載のライブを1時間半にわたってお送りします。どうぞお楽しみに! (初回放送:2013年12月29日)

<曲目>
「1 2 3 ~恋がはじまる~」「気まぐれロマンティック」
「マイサンシャインストーリー」「風が吹いている」「あしたのそら」
「なんで」「月とあたしと冷蔵庫」「東京」「MONSTAR」「ぱぱぱ~や」
「うるわしきひと」「キミがいる」「笑顔」「ありがとう」「ぬくもり」

【出演】いきものがかり

14ikimonogakari.jpg※『いきものがかり in 日本武道館 2013』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:05 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日4日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は、大滝詠一・追悼特別番組「ありがとう、大滝さん」第2回をお送りします


『元春レイディオ・ショー』
2月4日(火)後11:00~前0:00
(再)2月11日(火・祝)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
2月4日(火)の『元春レイディオ・ショー』は、前回に引き続き、大滝詠一・追悼特別番組「ありがとう、大滝さん」の第2回をお送りします。今回も、80年代の『元春レイディオ・ショー』から現在まで、30年間にわたる貴重なアーカイブから、DJ佐野元春さんが編集・構成。故人の想い出を振りかえりながら、大滝さんの肉声と音楽を織り交ぜての追悼特別番組をお届けします。

【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:41 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません