2014年1月

『とことん○○』来週2月3日(月)深夜からは、『とことん 暑苦しい音楽』をお送りします!


『とことん 暑苦しい音楽』
2月4日(火)~8日(土)前0:00~0:50
(2月3日(月)深夜~7日(金)深夜)
2月11日(火・祝)~15日(土)前0:00~0:50
(2月10日(月)深夜~14日(金)深夜)
2月18日(火)~22日(土)前0:00~0:50
(2月17日(月)深夜~21日(金)深夜)
2月25日(火)~3月1日(土)前0:00~0:50
(2月24日(月)深夜~28日(金)深夜)

こだわりの音楽を毎日、毎週聴きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。『とことん 真冬のラテン』に続いて2月3日(月)深夜からは、4週にわたって『とことん 暑苦しい音楽』をお送りします。
うっとうしいほどのロックン・ロールやネバネバしたソウル、そしてギトギトしたポップスなど、暑苦しい音楽をたっぷりと紹介していきます。案内役は、NHK-FM 毎週土曜日放送中の『ラジオマンジャック』に登場していた!?、あのDJホットマンが暑苦しくお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】DJホットマン

※『とことん 暑苦しい音楽』番組ホームページはこちら


<関連番組>
『ラジオマンジャック』
毎週土曜 後4:00~6:00

毎週土曜日の後4:00から、赤坂泰彦さんと時東ぁみさんがコンビを組み、毎回テーマを変えてリスナ-からのメールによるリクエストを募りながら、ショートコントや豪華な常連ゲストたちによる生演奏などを絡めて放送中の『ラジオマンジャック』。 2月1日(土)のテーマは「贅沢」でお送りします。どうぞお楽しみに!

※『ラジオマンジャック』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:21 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週2月3日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今さら訊けないABC」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
2月3日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りします。
2月3日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回は、デジタルリリースされたボビー・VのEP「PEACH MOON」から「Back To Love」など、ハートウォーミングな楽曲を集めてお送りします。また番組後半では、R&Bファンの間でよく使われる音楽専門用語を、ABC順にピックアップして、分かりやすく解説するコーナー「今さら訊けないABC」をお送りします。今回はその12回目、“L”から始まる専門用語を楽曲と共に紹介していきます。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週2月3日(月)からの『青春アドベンチャー』は、名探偵・明智小五郎と恐怖の"魔術師"との手に汗握る攻防を描いた江戸川乱歩・原作「魔術師」を再放送!


『青春アドベンチャー“魔術師”』(再)<全10回>
2月3日(月)~7日(金)後10:45~11:00
2月10日(月)~14日(金)後10:45~11:00

2月3日(月)からのオーディオ・ドラマ『青春アドベンチャー』は、呪われた富豪一族の周辺で起きる凄惨な殺人事件に明智小五郎が挑む「魔術師」を再放送!
昭和5年の秋。東京の大宝石商・玉村善太郎の実弟で資産家の福田得二郎のもとに、脅迫とも犯行予告ともとれるメモが毎日届けられた。恐怖を感じた福田は、警察に捜査を求める。警視庁の鬼警部・波越は難事件と直感し、信州で休暇中の明智小五郎に急遽帰京を促す。保養先にいた玉村家令嬢の妙子にほのかな恋情を抱いていた矢先ではあったが、急ぎ明智は帰京する…。名探偵・明智小五郎と、犯行予告通りに次々に殺人事件を起こす、恐怖の“魔術師”との手に汗握る攻防を描いた、江戸川乱歩の「魔術師」をラジオドラマ化。(初回放送:2012年2月6日~10日、2月13日~17日)

【原作】江戸川乱歩
【脚色】芳﨑洋子
【出演】篠井英介、橋爪功、粟田麗、春日井静奈、
    冷泉公裕、佐藤輝、水野龍司、小林親弘、
    北川響、山崎直樹、竹内春樹、久保酎吉、
    伊藤昌一、吉田久美、手塚祐介、村上かず、
    平野貴大、石原由宇、近藤フク、加藤圭、
    モモタロウ、渡邊蓮央、長谷川大陸

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:54 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月3日(月)~2月6日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月3日(月) 2月4日(火)
ml_20140203.jpg ml_20140204.jpg
板野友美 NICO Touches the Walls

2月5日(水) 2月6日(木)
ml_20140205.jpg ml_20140206.jpg
Tiara Every Little Thing

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

<関連番組>
◆2月3日(月)のゲスト 板野友美さんが出演!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 2月6日(木)後10:55~11:20

AKB48卒業後初のシングルとなる「little」を披露!

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:48 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週2月3日(月)BS1で放送『第48回スーパーボウル』今年のハーフタイム・ショーにはブルーノ・マーズが登場!さらにレッチリも参戦


『NFL・アメリカンフットボール~第48回スーパーボウル~』
BS1 2月3日(月)前8:00~(後0:25) ※延伸の場合あり

アメリカでは毎年、テレビ中継が年間最高視聴率をたたきだす、もはや単なるスポーツイベントという枠を越えた、NFL・アメリカンフットボールの優勝決勝戦“スーパーボウル”。今年もNHKではBS1で、ニュージャージー州イーストラザフォードのメットライフ・スタジアムから、「シアトル・シーホークス」対「デンバー・ブロンコス」戦を、2月3日(月)前8:00から生中継でお送りします。
アメリカンフットボールは、よく分からないという方、スーパーボウルの見どころは、ゲームだけではありません!音楽ファンにとっては、試合前に行われる“国家斉唱”と、試合の前半と後半との間でゲームを彩る“ハーフタイム・ショー”は見逃せません! 国歌斉唱は今まで、ビリー・ジョエルやホイットニー・ヒューストン、マライア・キャリー、クリスティーナ・アギレラ、ケリー・クラークソン、そして昨年はアリシア・キーズが務めてきました。今年は、4度のグラミー賞に輝いているソプラノ歌手のルネ・フレミングが、オペラ歌手としては初めて大役を務め、厳かに歌い上げます。
また、ハーフタイム・ショーのパフォーマンスは、過去にマイケル・ジャクソン、U2、ジャネット・ジャクソン、ポール・マッカートニー、ローリング・ストーンズ、ブルース・スプリングスティーン、ブラック・アイド・ピーズ、マドンナ、そして昨年はビヨンセと、錚々たるアーティストが行ってきましたが、今年は先日の「第56回グラミー賞」でBEST POP VOCAL ALBUMを受賞し、4月には待望のジャパン・ツアーを控えているブルーノ・マーズが登場! さらに客演として、レッド・ホット・チリ・ペッパーズが参戦します。たった十数分間ですが、どんなステージを披露してくれるのか? どうぞお見逃しなく!
なお、同日(3日)BS1後7:00からの『NFL・アメリカンフットボール~第48回スーパーボウル~』再放送枠では、ハーフタイム・ショーはダイジェスト版になる予定です。ご了承ください。


※『NFL・アメリカンフットボール』関連サイトはこちら

投稿時間:12:09 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエーターズ・ファイル』2月2日(日)からは3週にわたって、andropがDJを担当します!


『サウンドクリエーターズ・ファイル ~androp~』
2月2・9・16日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する番組『サウンドクリエーターズ・ファイル』。
2月2日(日)からは、3月に3rdフルアルバム「period」のリリースや初のアリーナ単独公演が決定しているandropの皆さんが、3週にわたってDJを担当します! 番組では、メンバーの知られざる音楽歴を振り返ると共に、ニューアルバムの制作秘話などを紹介。どうぞお楽しみに!

【DJ】androp

※『サウンドクリエーターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:11:11 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月1日(土)・2日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~1の音楽~』
2月1日(土)前9:00~11:00

2月1日(土)の『世界の快適音楽セレクション』は、2月1日にちなんで「1の音楽」をテーマにお送りします。数を表す1、最初を意味する1、ナンバーワンの1など、1にも色々あります。さて、どんな楽曲がかかるのか? どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
2月1日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。今回の講師(ゲスト)は、宮崎駿監督作品「ルパン三世 カリオストロの城」のクラリス役や「風の谷のナウシカ」のナウシカ役、そして「めぞん一刻」の音無響子役などでおなじみの、声優の島本須美さんが来校! また、アニソンランキング部では、2001年のアニソンを調査開始。下記の番組ホームページのリクエスト&メッセージから、テーマ部分のプルダウンメニューで“アニソンランキング部”を選んで、どしどしお寄せください。お待ちしております!

【講師(ゲスト)】島本須美
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソン・アカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


<関連番組>
◆アニメから“健康”が見える!? Eテレで中川翔子さんのレギュラー番組放送中!

『名作ホスピタル』
Eテレ 毎週土曜 前0:00~0:15 (金曜深夜)
(再)Eテレ 翌週月曜 前5:50~6:05

あなたは信じますか?名作アニメの中に健康へのヒントがかくされていることを…いつの時代でも感動を与える「名作アニメ」。そこに込められた“ふかーい!”メッセージについて日本の名医たちと“貪欲”トークする番組『名作ホスピタル』。次回1月31日(金)深夜は、「がん検診を受けよう ד世界名作劇場 あらいぐまラスカル”」と題して、がん健診の大切さを学びます。

※『名作ホスピタル』番組ホームページはこちら

◆中川翔子さんが大河ドラマに出演!
『軍師官兵衛(5)“死闘の果て”』
総合テレビ 2月2日(日)後8:00~8:44
BSプレミアム 2月2日(日)後6:00~6:44
(再)総合テレビ 2月8日(土)後1:05~1:49

岡田准一さん主演の大河ドラマ『軍師官兵衛』第5話に、中川翔子さんが出演。官兵衛(岡田准一)と光(中谷美紀)の間に嫡男・松寿丸が生まれ、武兵衛(永井大)も侍女のお国(中川翔子)と恋仲に。そんな中、姫路を宿敵・赤松家の大軍が襲う!

※『軍師官兵衛』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮 ~ホルスト・“惑星”・日本~』
2月1日(土)後9:00~10:00
(再)2月3日(月)前10:00~11:00

2月1日(土)の『クラシックの迷宮』は「ホルスト・“惑星”・日本」と題してお送りします。
イギリスの作曲家グスターヴ・ホルスト(1874~1934)が、組曲「惑星」の作曲に着手したのは今からちょうど100年前の1914年。占星術や神秘主義への深い関心が東洋趣味につながり、彼は間もなく「日本組曲」を手がけることに…。また、ホルストの日本への関心に負けず劣らず、日本人は「惑星」を愛好していますが、そのきっかけになったのが、冨田勲さんによるシンセサイザー版「惑星」でした。番組では、ホルスト・“惑星”・日本の関連をたどっていきます。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “うるさいサウルス”』
2月1日(土)後10:00~10:50

2月1日(土)の『FMシアター』は、たくましい開拓と町づくりの歴史を持つ旧穂別町を舞台に、恐竜の化石とのコミカルな交流を通して、恋に進路に悩みながら成長していく女の子の姿を描くファンタジードラマ「うるさいサウルス」をお送りします。
首長竜やアンモナイトの化石が見つかることで有名な北海道むかわ町穂別。そこに暮らす高校3年生の真琴は、夏休みの終わりになっても、進学して町を出るか、このまま町に残るか、決められずにいた。そんな中、祖父の部屋にあった7200万年前の恐竜の化石が、突如関西弁で言葉をしゃべり始める。ぐうたらな化石は、真琴の心に土足で踏み込み、恋路にまで首を突っ込む。しかも真琴は間違って、しゃべるアンモナイトの化石まで掘り出してしまう。最初は鬱陶しく思っていた真琴だったが、恐竜の化石やアンモナイトの化石の話を聞く内に、忘れていた化石好きの祖父の思い出が蘇ってきて…。

【作】清水友陽
【出演】高田里穂、加藤虎ノ介、能登英輔、小島達子、
    小林なるみ、松本直人、大川敬介、樽見苺

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト
 “2014年度ジャズ・マスター賞~キース・ジャレット”』
2月1日(土)後11:00~翌前1:00

米ジャズ界最高の名誉とされる米国立芸術基金が授与する“ジャズ・マスター”賞の2014年度受賞者が決まり、1月にはニューヨークのジャズの殿堂“ジャズ・アット・リンカーン・センター(ローズ・ホール)”で、授賞式と記念のコンサートが行われました。そこで、2月1日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、今回受賞が決まり、4月末にはソロ・ピアノで来日予定のピアニスト、キース・ジャレットの成果を振り返ります。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “作曲家ファイル 新実徳英(2)”』
2月2日(日)前7:20~8:10
※2月8日(土)の再放送は「N響演奏会」のためお休みとなります。ご了承ください。

『ビバ!合唱』第1週の解説は、合唱指揮者の大谷研二さんが担当されます。
2月2日(日)は、特定の作曲家に焦点を当てる「作曲家ファイル」。今回は、2013年5月にお送りした新実徳英・特集の第2弾をお送りします。「“をとこ・をんな”女声合唱、三絃、コントラバスのために」など、数々の合唱曲を手がける現代日本の作曲家・新実徳英さんの作品を紹介します。どうぞお楽しみに!

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき
 “名アレンジャー、サミー・ネスティコの世界”』
2月2日(日)前8:10~9:00

※2月8日(土)の再放送は「N響演奏会」のためお休みとなります。ご了承ください。

2月2日(日)の『吹奏楽のひびき』は、2月6日が90歳の誕生日となるアメリカのミュージシャン、サミー・ネスティコを特集します。
ネスティコは、ジャズ史に輝かしく名を残す名門ビッグ・バンド「カウント・ベイシー・オーケストラ」の専属アレンジャーとして活躍しました。一般的には、ジャズ・ミュージシャンとして知られていますが、吹奏楽とも接点が多く、たくさんの作曲や編曲で、ジャズと吹奏楽とのかけ橋となっていることは意外と知られていません。今回番組では、改めてその業績を振り返ります。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “名クラリネット奏者 浜中浩一をしのんで”』
2月2日(日)前9:00~11:00

2月2日(日)の『名演奏ライブラリー』は、2013年11月に亡くなった名クラリネット奏者・浜中浩一さんを偲んで、彼の遺した演奏をお届けします。
浜中浩一さんは、1937年生まれ。東京芸術大学を首席で卒業。在学中に第28回日本音楽コンクール優勝。クラリネット奏者ジャック・ランスロの演奏に深く感銘を受け1962年渡仏。そしてフランス国立ルーアン音楽院に学び、1964年クラリネットで最高栄誉賞を得て卒業しました。
帰国後は、NHK交響楽団首席クラリネット奏者として24年にわたって活躍。また、ソロ、室内楽などでも活躍し、1989年イギリスで「今日のクラリネット巨匠達~世界55人」に選ばれました。
番組では、彼の遺した名録音からブラームスのクラリネット・ソナタや、モーツァルトのクラリネット五重奏曲などを紹介します。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂 ~海外小説と翻訳の妙を語る~』(再)
2月2日(日)後0:15~2:00

2月2日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は、1月12日にお送りした「海外小説と翻訳の妙を語る」を再放送! 今、古典の新訳・超訳本が次々に出版され、従来、読みにくいと敬遠されていた海外小説が人気を集めています。その面白さをどうわかりやすい日本語に置き換えて、感動と共感を与えるのか、著作もエッセーも若い女性を中心に絶大な人気を得ている、作家の西加奈子さんと翻訳家の岸本佐知子さんをゲストにお迎えし、海外小説の魅力や創作における言葉の紡ぎ方を伺います。(初回放送:1月12日)

【ゲスト】西加奈子 (作家)
     岸本佐知子 (翻訳家)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月2日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、クールなイメージで80年代のUKポップ界を沸かせた女性シンガー、キム・ワイルドを特集。また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、80年代のブリティッシュ・インヴェイジョンを代表するバンド、カルチャー・クラブをとりあげ、完全オリジナルアルバムとしては、昨年18年ぶりに新作を発表したボーイ・ジョージの「This Is What I Do」からのナンバーもお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2013 ~SOund of JAzZ~』
2月2日(日)後10:30~11:30
(再)2月7日(金)前10:00~11:00

2月2日(日)の『セッション2013』は、モダン・ジャズの系譜を歩んでいるドラマー、広瀬潤次が登場!
広瀬潤次は、1969年長崎県生まれ。東京学芸大学在学中からプロ活動を開始。これまでに、国内外でハンク・ジョーンズ、マーカス・ベルグレイブ、穐吉敏子、渡辺貞夫などの多くのミュージシャンと共演を重ねてきました。現在は、SOund of JAzZのリーダーとして活躍のほか、Encounter、椎名豊トリオ、松島啓之クインテットなどのレギュラーメンバーとして演奏活動を行なっています。
今回のセッションでは、広瀬が培ってきたスイングとグルーヴ感に加え、現代的な感覚を織り交ぜた自己のカルテット、SOund of JAzZのライブをお届けします。どうぞお楽しみに!

【演奏】広瀬潤次 (ドラムス)
    太田朱美 (フルート)
    堀秀彰 (ピアノ)
    本川悠平 (ベース)
【案内】濱中博久

※『セッション2013』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』2/1(土)のゲストは石橋冠さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 2月1日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 2月4日(火)後9:05~9:55
※4日(火)は、鳥取県では別番組を放送します。ご了承ください。


rockbar_okada.jpg脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、テレビドラマ『池中玄太80キロ』『新宿鮫』など数多くの作品を手がけ、岡田さんがずっと憧れていたという演出家の石橋冠さんをお迎えします。



北海道出身で、子供のころはロシア民謡とクラシック音楽を聴いていたという石橋さん。その後、大学に進学するために上京し、どのように音楽を楽しんでいたのか伺います。また、大学では政治学科を専攻し、新聞記者を志したこともあったという石橋さんが、テレビ局に就職し演出家になった経緯を語ります。さらに、ドラマの音楽をどのように選曲していくかなど、岡田さんと語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】石橋冠
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆岡田さんが脚本を手がけた『ちゅらさん』再放送中!
『連続テレビ小説 ちゅらさん』
BSプレミアム 毎週月曜~土曜 後7:00~7:15


※『ちゅらさん』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:43 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日31日(金)放送『DJクラシック 広上淳一の"音楽ってステキ"~大河のクラシック~』


『DJクラシック 
 広上淳一の“音楽ってステキ”~大河のクラシック~』
1月31日(金)後9:10~10:00

第一線で活躍するクラシックのアーティストによる、クラシックファンのためのクラシック番組『DJクラシック』。各ジャンルのトップアーティストによる経験に裏打ちされた説得力あるトークと、評論家とはちがうユニークな視点、その人となりを感じる語り口で、これまでのクラシック番組とはひと味違うひとときを、4人のアーティストが週替わりでお送りしています。
31日(金)は、指揮者の広上淳一さんがこれまで見聞した愉快な話や、オンステージ&バックステージでのこぼれ話など、音楽とともにお届けする「広上淳一の“音楽ってステキ”」をお送りします。今回は“大河のクラシック”と題して、広上さんが指揮を務めている現在放送中のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」のテーマ音楽をはじめ、冨田勲さんや武満徹さんが作曲された歴代のNHK大河ドラマのテーマ音楽などを紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】広上淳一 (指揮者)
【きき手】鎌倉みどり (フリー・アナウンサー)

※『DJクラシック』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:53 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ 2月1日(土)の『SONGS』は、浜田麻里さんが初登場!


『SONGS “浜田麻里”』
総合テレビ 2月1日(土)後11:00~11:29
(再)総合テレビ 2月28日(金)前1:30~1:59 (27日(木)深夜)

2月1日(土)の『SONGS』は、昨年メジャーデビュー30周年を迎えた、浜田麻里さんが初登場!
浜田麻里さんは1983年デビュー。女性ロックシンガーのパイオニアとして、常に新しい表現を模索してきました。1988年NHKソウルオリンピックの放送テーマソング「Heart and Soul」のヒットなどで人気を博しましたが、80年代後半から活動の拠点をアメリカ・ロサンゼルスへ移し、1993年には日本でのライブ活動を休止しました。そんな時、歌で生きることの厳しさや、自分と向き合うことの大切さを教えてくれたのが、アメリカ・ロサンゼルスで出会った人々でした。今回は、そんな音楽活動の心を学んだロサンゼルスを再訪。現地の友人と再会し、決意を新たにします。また「Return to myself~しない、しない、ナツ。」をはじめ、80年代に大ヒットした楽曲も披露。どうぞお楽しみに!

【出演】浜田麻里
【語り】守本奈実アナウンサー

__MH_INCLI_a-sha_sizeL.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:31 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ31日(金)放送!『課外授業 ようこそ先輩 "ヒーローソングを作ろう~アニメソング歌手・水木一郎~"』


『課外授業 ようこそ先輩
 “ヒーローソングを作ろう~アニメソング歌手・水木一郎~”』
Eテレ 1月31日(金)後7:25~7:48
(再)Eテレ 2月6日(木)後3:00~3:23

『課外授業 ようこそ先輩』は、さまざまなジャンルの第一線で活躍する著名人が、ふるさとの母校を訪ね、後輩たちのためにとっておきの授業を行います。授業は通常2日間、リハーサルなし、内容や仕掛けは、先輩によって実に多彩。人生で得たこと、創造の秘密、専門分野の面白さなどを、独自の方法で解き明かしていきます。
今回、東京・世田谷区の母校を訪ねた先輩は、アニメソング界の帝王・水木一郎さん。水木さんが授業で出した課題は、自分の学校のヒーローソングを作ること。みんなで、自分たちの通う小学校オリジナルのヒーローを考え、そのヒーローのためのアニソン、ヒーローソングを創りあげることに挑戦。学校を良くするためのヒーローって何が必要なんだろう? ヒーローが守るべき学校の魅力って何だろう? さまざまな角度からヒーロー像を生み出し、そのオマージュの歌詞を子どもたちが作り上げていきます。どうぞお楽しみに!

【出演】水木一郎 (歌手)
【語り】林原めぐみ (声優・歌手)

140129file_0004gq.jpg※『課外授業 ようこそ先輩』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:16 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ30日(木)放送『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4"電子音楽"編(4)』


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4“電子音楽”編(4)』
Eテレ 1月30日(木)後11:25~11:55
(再)Eテレ 2月6日(木)前0:30~1:00 (5日(水)深夜)

30日(木)の「電子音楽編」第4回は、録音の本質と電子音楽の今後を学びます。空気の振動を電気の信号に変換し記録する録音とは、どのような作業なのか?そして「正しい録音」と「良い録音」は、何が異なるのかを紹介します。また、電子技術が切り開いたメディアの世界が、今後どうなっていくのかも検証します。ワークショップは、オノ セイゲンさんを講師に迎え、実際に坂本さんのピアノ演奏を様々なマイクで録音し、音の違いを体験します。スタジオライブでは、真鍋大度さんが最新のテクノロジーを使った演奏を披露。どうぞお楽しみに!
なお、次週2月6日(木)からは「“日本の伝統音楽”編」を5回にわたってお送りしていきます。※記事初出時、次回シリーズの回数に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

【ゲスト講師】
小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)、
川崎弘二(電子音楽研究)、
三輪眞弘(作曲家、メディアアーティスト、情報科学芸術大学院大学教授)
【ワークショップ講師】オノ セイゲン
【スタジオライブ】真鍋大度+和田永・吉田悠 (OPEN REEL ENSEMBLE)
【講師】坂本龍一
【ナレーション】兼清麻美アナウンサー

140107file_00043r.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:27 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


30日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、ゴスペラーズの村上てつやさんをお迎えして、隔月末恒例の「ソウル・ラヴァーズ・ナイト」をお送りします!


『ザ・ソウルミュージック ~ソウル・ラヴァーズ・ナイト~』
1月30日(木)後11:00~前0:00
(再)2月6日(木)前10:00~11:00

30日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、隔月最終週恒例のソウル・ラヴァーズ・ナイト! ゴスペラーズの村上てつやさんをゲストにお迎えして、ソウル愛好家が集う「ミッドナイト・ソウル・カフェ」をお送りします。今回は“ライブ音源”をテーマに、2006年11月にお送りした『今日は一日“ソウル”三昧』から、村上さんが“村上涙香”名義で披露されたライブ・パフォーマンスなどをお届けします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】村上てつや (ゴスペラーズ)
【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:11 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


29日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は高見沢さんが担当。ゲストにリリー・フランキーさんをお迎えしてお送りします!


『THE ALFEE 終わらない夢』
1月29日(水)後11:00~前0:00
(再) 2月5日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。
29日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、先週に引き続き、高見沢さんがプライベートでも一緒にお酒を酌み交わす仲だという、リリー・フランキーさんをゲストにお迎えしてお送りします。お酒の話はもちろんのこと、高見沢さんのソロ楽曲に、リリーさんが作詞家として参加されたエピソードや、昨年出演した映画『凶悪』『そして父になる』の2作品で、日本アカデミー賞優秀助演男優賞に輝くなど、リリーさんの役者としての活躍についても語り合います。さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、ビートルズをとりあげます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】リリー・フランキー
【DJ】高見沢俊彦

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら


<関連番組>
THE ALFEEが出演!

『歌のあとさき“アルフィー”』
BSプレミアム 2月7・14・21・28日(金)後8:45~9:00

一組のアーティストの音楽人生を曲でたどる番組『歌のあとさき』。今回は、THE ALFEEの音楽ヒストリーを、4回にわたって各キーワードで紐解いていきます。どうぞお楽しみに!

※『歌のあとさき』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終火曜日放送『くるり電波』明日28日(火)はメンバー3人でお届けします!


『くるり電波』
1月28日(火)後11:00~前0:00
(再)2月4日(火)前10:00~11:00

常に新しいサウンドを求めて活動をつづける“くるり”が、毎月最終火曜日にお届けしている番組『くるり電波』。クラシックからオルタナティブロックまで、網羅していないジャンルのない彼らが占う、日本の音楽の未来。そして、いろいろな音楽と一緒に、心のアイドリングを調整する60分。
28日(火)の『くるり電波』は、メンバーの佐藤さんとファンファンさんとともに、ここでしか聴けないこだわりの楽曲や、新聞記事を岸田さんならではの視点で読み解く“だーきし新聞”コーナー、そして皆様から寄せられたお悩みにお応えしていく“お悩み相談”コーナー等をお送りします。どうぞお楽しみに!

【出演】岸田繁、佐藤征史、ファンファン

※『くるり電波』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK交響楽団 2月定期公演の聴きどころ


2月の定期公演は、N響正指揮者の尾高忠明がオール・シベリウス・プログラムを、イギリスの巨匠ネヴィル・マリナーが、モーツァルト、ドヴォルザークを特集した2つのプログラムを指揮する。

壮大で鮮やかなシベリウスに期待

201402_nkyo1.jpg多彩なレパートリーを誇る尾高は、英国音楽のスペシャリストとして知られるが、近年は北欧の音楽にも力を入れている。なかでもシベリウスは、音楽監督を務める札幌交響楽団と2015年の作曲家生誕150年に向けて交響曲全曲演奏を開始するなど、研究を深めている作曲家だ。Aプロは、民族叙事詩『カレワラ』を題材に作られた《交響詩「四つの伝説」》を中心に、シベリウスの音楽の魅力が伝わる選曲となっている。

主人公の冒険や数々の勇敢な挑戦、人々の生活や喜怒哀楽などが描かれた『カレワラ』は、フィンランド民族の高い精神性を打ち出し、フィンランド人の民族意識を目覚めさせ、シベリウスをはじめ、多くの芸術家たちの創作意欲をかきたててきた。

《四つの伝説》は、有名な〈トゥオネラの白鳥〉を含む4曲から成る交響詩で、まさに、シベリウスの真髄といえる作品。尾高は、音楽を丹念に磨き上げる指揮者だが、壮大な物語を背景にもつこの作品も、鮮やかに作り上げてくれるだろう。弦楽合奏中心の《アンダンテ・フェスティヴォ》は、厳かで、美しい小品である。

名曲《ヴァイオリン協奏曲》では、中国出身のワン・ジジョンがソリストを務める。巨匠メニューインに才能を見出され、数々のコンクールの優勝を経て、現在はベルリンで研鑽を積む。クレーメルやテミルカーノフら、著名演奏家や指揮者と共演を重ね、2012年にルツェルン音楽祭でリサイタル・デビューを果たした。「アジアの若手」として欧州で注目される彼女のフレッシュな演奏も楽しみだ。

マリナーの十八番、
モーツァルトを特集したプログラム

201401_nkyo2.jpgネヴィル・マリナーの指揮者としてのキャリアは、1958年に創設したアカデミー室内管弦楽団と深く結びついている。バロック音楽の演奏を目的に設立され、やがて古典派からロマン派へとレパートリーを拡大し、同団体とともに世界的に名を広めた。またマリナーのスコアを忠実に再現する、スマートな音楽作りは、数多くの録音でも親しまれている。

Bプロはモーツァルトを特集する。映画『アマデウス』の音楽を担当し、交響曲とピアノ協奏曲の全集録音を完成させるなど、モーツァルト演奏に定評があるマリナー。本年2014年には90歳を迎えるが、端正で品格のある音楽作りは、往時のままで、今回披露される《ハフナー交響曲》とモーツァルトの三大交響曲のひとつ《第39番》も、忘れ難い演奏となるだろう。

《ピアノ協奏曲第22番》のソリストは、1993年にクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールでオーストリア人として初めて優勝したティル・フェルナー。師のブレンデルが「知性と感性をもつピアニスト」と褒め、新時代の正統派として期待を集める俊英だ。モーツァルトがウィーンの聴衆のために書いたこのピアノ協奏曲では、彼の瑞々しく温かみのある音色をじっくり聴きたい。

豊かな色彩と叙情性あふれる
ドヴォルザーク・プロ


Cプロでは、ドヴォルザークの2曲の交響曲を取り上げる。ドヴォルザークの作品は、作曲当時からイギリスでも高く評価され、1891年にケンブリッジ大学から名誉博士号を授与された。その記念演奏会で自ら指揮した《第7番》と、第3楽章の甘くロマンティックなワルツが人気の《第8番》を組み合わせた。

2010年9月定期と2011年NHK音楽祭、2年連続でN響とブラームス《交響曲第1番》で名演を聴かせたマリナーは、ドヴォルザークの交響曲でも、明晰な指揮で作り上げた豊かな色彩と叙情性、旋律の美しさが際立つ音楽で、ホールを満たしてくれるだろう。 

(柴辻純子)

NHK交響楽団2月のコンサート情報はこちら
(クリックするとNHKサイトを離れます)

投稿時間:10:13 | カテゴリ:N響の聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 1月27日(月)~1月30日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

1月27日(月) 1月28日(火)
ml_20140127.jpg ml_20140128.jpg
moumoon 黒夢

1月29日(水) 1月30日(木)
ml_20140129.jpg ml_20140130.jpg
SEKAI NO OWARI シシド・カフカ

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

<関連番組>

30日(木)のゲスト シシド・カフカさんが出演!
『写ねーる』
BSプレミアム 2月24日(月)後11:15~11:44

女性たちが知りたい、知らせたいモノをテーマに、自分が撮った「写真」に「ひとひねりしたつぶやき」を添えた投稿を募集。投稿をもとに「あるある!」と共感したり、そこに隠された意外な記憶や歴史にもトークをふくらませたり、その人ならではの生き方を感じ取ったり…ちょっと心がリッチになるためのこだわりを発見・共有していく、冨永愛さんの司会でお届けしている番組『写ねーる』。2月24日(月)はゲストにシシド・カフカさんをお迎えして、「鍋」をテーマにお送りする予定です。どうぞお楽しみに!

※『写ねーる』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月の特集番組ラインナップ決定!


『今日は一日“学園ドラマソング”三昧』
2月11日(火・祝)後0:15~10:45(中断あり)

NHK-FMでは、2月11日(火・祝)に『今日は一日“学園ドラマソング”三昧』を放送!
「さらば涙と言おう」(おれは男だ!)、「太陽がくれた季節」(飛び出せ!青春)、「贈る言葉」(3年B組金八先生)、「HERO」(スクール☆ウォーズ)、「抱きしめてTonight」(教師びんびん物語)、「空も飛べるはず」(白線流し)などなど、曲を聴くだけで名シーンと共に当時の自分を思い出す、学園ドラマに関係する主題歌や挿入歌、そして珍曲などをたっぷりとお届けします。
司会は「3年B組金八先生」や「スクール☆ウォーズ」など、ドラマの名セリフをものまねで再現するほどの学園ドラマフリークの松村邦洋さんと、柘植恵水アナウンサー。ゲストには、「スクール☆ウォーズ」の大木大助役をはじめ「アリエスの乙女たち」など、様々な学園ドラマで不良役を演じた松村雄基さん、「高校教師」でヒロイン・二宮繭の親友役・相沢直子を演じた持田真樹さん、「3年B組金八先生」第6シリーズで、チューの愛称で親しまれた山越崇行役を演じた中尾明慶さん、そして「3年B組金八先生」第2シリーズにて、加藤優役を演じた直江喜一さんをお迎えし、当時の思い出を語っていただきます。

番組では現在、下記のホームページで皆様からのリクエスト&メッセージを募集中!皆さんの学園ドラマの思い出と共にお寄せください。お待ちしております!

【ゲスト】松村雄基、持田真樹、中尾明慶、直江喜一
【コメントゲスト】森田健作、酒井美紀、武田鉄矢、加藤シゲアキ
【司会】松村邦洋、柘植恵水アナウンサー

※『今日は一日 “学園ドラマソング”三昧』番組ホームページはこちら


『Run Beat!! ~ウィンタースペシャル~』
2月23日(日)前9:00~11:50

ランニングに適した音楽“ランニングミュージック”をお送りする音楽番組『RunBeat!!』
今回はマラソンのトップシーズンに合わせて『Run Beat!! ウィンタースペシャル』と題して全国のランナーを音楽で応援!!
東京・一ツ橋の人気マラソンコースが見えるランニングステーションからおよそ3時間公開生放送でお送りします。マラソン大会参加ランナーの方で、番組中に電話リポートをしてくれるRUNリポーターも募集中!!有森裕子さんや道端カレンさんのランニングワンポイントアドバイスなど聞きどころ満載。スマホや携帯ラジオで放送を聞きながら一緒にランビートしましょう!!

0223runbeat.jpg
【出演】有森裕子さん(オリンピック女子マラソンメダリスト)、 道端カレンさん(モデル)、中倉隆道アナウンサー

※番組ホームページはこちら

※NHK-FMはスマートフォン&タブレットでもお聴きになれます。ご試聴する場合は、無料アプリのインストールが必要となりますので、詳しくは下記のNHKネットラジオ“らじる★らじる”アプリサイトをご覧ください。

・NHKネットラジオ“らじる★らじる”アプリサイトはこちら

投稿時間:17:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


1月27日(月)放送の『MINMIのレディオMAMA』構成作家の播田さんからメッセージをいただきました!


『MINMIのレディオMAMA』
1月27日(月)後11:00~前0:00


こんにちは!構成作家の播田です。
仕事にアルバイトに家事・育児に
頑張ったり悩んだりしている全ての人に、
“癒しと元気を届けたい!”と始まった
『MINMIのレディオMAMA』

2014年から番組が大幅にリニューアルしました!

まずは、番組内で流れる曲は、
毎回テーマを決めて、お届けします!
1月のテーマは「夢」。
ということで、
MINMIの今年の夢(目標)を語って頂きました。
また全国各地で成人式が行われたばかりですので、
MINMI自身の成人式の思い出話や
新成人の皆さんへのメッセージも頂きました!

そしてもう1つ、新しく企画が始動しました!
それは
「レディオMAMAプレゼンツ 気まぐれゼミナール」
というコーナーです。
ある時はサプライズ、ある時はアカデミック、
またある時は…みたいな気まぐれ展開をしていきます。
ということで、
1月は景気よく笑ってスタートを切ろう…と思い、
MINMIにはナイショで、ある師匠にお越し頂きました。

minmi_140127.jpg



















師匠の意外なプロフィールから、その芸の奥深さ、
またアーティストMINMIとの共通点など、
いろんな話題で盛り上がりました。
どなたが来られたのかは、
ぜひ聞いてチェックしてください。

番組最後に、今後の月ごとの楽曲テーマを発表します。
皆さんのオススメ曲の募集と、
「気まぐれゼミナール」への情報も募集しています。
番組ホームページまでメールをお寄せくださいませ。

それでは今年1年も
どうぞよろしくお願いいたします☆
(番組構成/播田)

※『MINMIのレディオMAMA』番組ホームページはこちら

投稿時間:13:29 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週27日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「映画音楽ワールドツアー」、女優の中川安奈さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~映画音楽ワールドツアー~』
1月27日(月)~30日(木)前9:20~10:00
(再)2月3日(火)~6日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできるような音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。27日(月)からの週は、女優の中川安奈さんが「映画音楽ワールドツアー」と題して、映画のストーリーやロケの舞台になった風景などを、皆さまに思い浮かべていただけるような内容で、各日、以下のテーマでお送りします。どうぞお楽しみに!

27日(月) マイファミリー 愛と絆の物語
(映画「ファミリー・ツリー」「ビューティフル・マインド」等から)

28日(火) 美しき音楽と人生
(映画「シャイン」「ブラス!」等から)

29日(水) ピーター・オトゥール作品集
(映画「アラビアのロレンス」「チップス先生さようなら」等から)

30日(木) リクエスト特集
(映画「ゴッドファーザー」「竹取物語」等から)

【DJ】中川安奈

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:39 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終日曜日放送『ライブビート』1月26日(日)は、YOUR SONG IS GOODが登場!


『ライブビート ~YOUR SONG IS GOOD~』
1月26日(日)後10:30~11:30
(再)1月31日(金)前10:00~11:00

毎月最終日曜日、ロックを中心に、メジャーやインディーズを問わず“鋭利な音”にこだわって、旬なバンドやミュージシャンのライブを紹介する番組『ライブビート』。1月26日(日)は、結成15周年にあたる昨年11月に、5枚目のアルバム「OUT」をリリースした、リーダーのサイトウ“JxJx”ジュンを中心とした6人組バンド、YOUR SONG IS GOODが登場!
結成当初はハードコア・パンクだったものの、時を経るうちにさまざまなジャンルとサウンドを貪欲に取り込み進化していき、ついに現在では、華やかなリズムと強靭なグルーブをまとった、ダンスミュージック・インストゥルメンタルバンドとなったYOUR SONG IS GOOD。番組では、作品の素晴らしさもさることながら、ライブに重きを置くバンドだけあっての、高い演奏技術による熱いパフォーマンスの模様をお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】YOUR SONG IS GOOD
 【DJ】古閑裕

※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:33 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


26日(日)の『サウンドクリエーターズファイル ~TOKYO No.1 SOUL SET~』は、ゲストにリリー・フランキーさんをお迎えしてお送りします!


『サウンドクリエーターズ・ファイル ~TOKYO No.1 SOUL SET~』
1月26日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する番組『サウンドクリエーターズ・ファイル』。1月のマンスリーDJは、昨年12月に前作「Grinding Sound」から約1年9か月ぶりにニューアルバム「try∴angle」をリリースされたTOKYO No.1 SOUL SETの皆さんが担当しています!
TOKYO No.1 SOUL SETの皆さんのDJ最終日となる26日(日)は、イラストレーター・俳優など多種多才な顔を持ち、TOKYO No.1 SOUL SETの事務所の代表でもある、リリー・フランキーさんをゲストにお迎えし、映画の話などたっぷりと伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】リリー・フランキー
【DJ】TOKYO No.1 SOUL SET

※『サウンドクリエーターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです


<関連番組>
リリー・フランキーさんがゲスト出演!

『THE ALFEE 終わらない夢』
1月29日(水)後11:00~前0:00
(再) 2月5日(水)前10:00~11:00

毎週水曜日NHK-FMで放送中のTHE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。1月29日(水)は、ゲストにリリー・フランキーさんをお迎えしてお送りします。プライベートでもお酒を酌み交わす仲という高見沢さんと、お酒の話はもちろんのこと、役者としての活躍などについて語り合います。

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月25日(土)・26日(日)のおすすめ番組


『ウィークエンドサンシャイン』
1月25日(土)前7:20~9:00

独特の嗅覚とこだわりの哲学でセレクトしたグッド・サウンドとワールドワイドな音楽情報を、ブロードキャスター、ピーター・バラカンさんのナビゲートでお届けしている番組『ウィークエンドサンシャイン』。25日(土)の『ウィークエンドサンシャイン』は「大滝詠一さん追悼特集」をお送りします。番組では、皆さまからお寄せいただいたリクエストを中心に、大滝さん関連の楽曲をお届けしていきます。
なお、当初併せてとりあげる予定だった、The Bandの「Live at the Academy of Music 1971」につきましては、次週2月1日(土)にお送りする予定です。

【DJ】ピーター・バラカン

※『ウィークエンドサンシャイン』番組ホームページはこちら


『世界の快適音楽セレクション ~続・尻の音楽~』
1月25日(土)前9:00~11:00

25日(土)の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは「続・尻の音楽」。かわいいお尻、大きなお尻、固いお尻に軟らかいお尻…ラブリーな音楽で、月末を乗り切りましょう。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
1月25日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。今回25日(土)の講師(ゲスト)は、アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」のオープニングテーマとなっているニューシングル「今日に恋色」と、前作「HEAT」から約2年ぶりとなるニューアルバム「NEW WORLD」を同時リリースされる、May'nさんが来校! また、アニソンランキング部では、2001年のアニソンを調査中。下記の番組ホームページのリクエスト&メッセージから、テーマ部分のプルダウンメニューで“アニソンランキング部”を選んで、どしどしお寄せください。お待ちしております!

【講師(ゲスト)】May'n
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソンアカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!

<関連番組>
◆ゲストのMay'nさんが出演予定!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 1月30日(木)後10:55~11:20
※但し、関東一都六県(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・群馬・栃木)は、1月31日(金)前2:00~2:25(30日(木)深夜)の放送となります。ご了承ください

新曲「今日に恋色」を披露。どうぞお楽しみに!

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

◆アニメから“健康”が見える!? Eテレで中川翔子さんのレギュラー番組放送中!
『名作ホスピタル』
Eテレ 毎週土曜 前0:00~0:15 (金曜深夜)
(再)Eテレ 翌週月曜 前5:50~6:05

あなたは信じますか?名作アニメの中に健康へのヒントがかくされていることを…いつの時代でも感動を与える「名作アニメ」。そこに込められた“ふかーい!”メッセージについて日本の名医たちと“貪欲”トークする番組『名作ホスピタル』。次回24日(金)深夜は、「腰が痛いד楽しいムーミン一家 冒険日記”」と題して、アニメ「楽しいムーミン一家 冒険日記」から、ムーミンパパの友人ジェーンおばさんが腰痛になるエピソードを題材に、最近注目されている腰痛の意外な原因を紹介。どうぞお楽しみに!

※『名作ホスピタル』番組ホームページはこちら


『ガットのしらべ ~ヨーヨー・マのチェロ~』(再)
1月25日(土)後8:15~9:00

古楽器によるルネッサンス・バロックから、ガットギターによるジャズまで、さまざまな“ガットのしらべ”をお送りしている番組『ガットのしらべ』。
今回の『ガットのしらべ』は、その演奏活動はジャンルの境界線を超越し、非常に広いジャンルのアーティストと共演している、世界的チェリスト、ヨーヨー・マさんによるチェロの音色をお楽しみいただきます。どうぞお楽しみに! (初回放送:2012年6月9日)

【案内】大林奈津子


『クラシックの迷宮 ~三善晃の“幸福な王子”~』
1月25日(土)後9:00~10:00
(再)1月27日(月)前10:00~11:00

毎月最終週の『クラシックの迷宮』は、NHK所蔵の貴重なヒストリカル音源を使用してお送りします。1月25日(土)は、昨年10月に亡くなった作曲家・三善晃さんが手掛けた、1959年NHK-FM『現代の音楽』で放送された、オスカー・ワイルド原作、谷川俊太郎・台本の「音楽物語“幸福な王子”」や、エドガー・アラン・ポー原作による「赤き死の仮面2」など、三善さんがNHKのラジオのために作った作品を集めてお届けします。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “婚礼、葬礼、その他”』
1月25日(土)後10:00~10:50

25日(土)の『FMシアター』は、芥川賞作家・津村記久子さんの軽妙な小説をオーディオドラマ化した「婚礼、葬礼、その他」をお送りします。
「人を呼ぶことは天分。自分にその才能はない」と思い込んでいる女性・ヨシノは、呼ぶことはできなくても頻繁に呼ばれる人生を送っている。ある日、楽しみにしていた旅行をキャンセルしてまで臨んだ結婚式当日、今度は会社の通夜に来るよう命ぜられてしまう…。婚礼と葬礼という二大行事に「召喚」、つまり呼び出され、そして振り回される主人公の怒涛の一日をユーモラスに描きながら、人生の哀しさと楽しさ、生きることの実感を浮かび上がらせる作品。

【原作】津村記久子
【脚色】中澤香織
【音楽】谷川賢作
【出演】貫地谷しほり、山中崇、市原朋彦、木下あかり、
    山下容莉枝、佐藤直子、下池沙知、山下真琴、
    小杉幸彦、夏川加奈子、新名杏梨、田中奈緒子

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト
 日本のジャズ~伝説のライヴ“ジョージ川口&ビッグ4”~』
1月25日(土)後11:00~翌前1:00

ジャズ・トゥナイト恒例の“伝説”シリーズ。2014年は「日本のジャズ~伝説のライヴ」にスポットを当ててお送りしていきます。その第1回となる25日(土)は、戦後の日本に空前のジャズ・ブームをもたらしたドラムスの王者・ジョージ川口とビッグ4の不滅のライヴ演奏を特集します。1953年に松本英彦(ts)、中村八大(p)、小野満(b)と共に結成されたビッグ4。1958年に加入した渡辺貞夫(as)など、名プレイヤーたちの演奏をお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “3声・4声コーラスの魅力”』
1月26日(日)前7:20~8:10
(再)2月1日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第4週の解説は、アカペラグループ「TRY‐TONE」の多胡淳さんが担当します。
26日(日)は「3声・4声コーラスの魅力」と題して、それぞれの声部の特性に着目しつつ、ディクシー・チックスの「ホワイト・トラッシュ・ウェディング」など、巧みに作曲された作品で声部の魅力に迫ります。どうぞお楽しみに!

【案内】多胡淳

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “フランスが誇る名指揮者 ジャン・マルティノン”』
1月26日(日)前9:00~11:00

26日(日)の『名演奏ライブラリー』は、フランスの名指揮者マルティノンを特集します。
マルティノンは、1910年リヨン生まれ。パリ音楽院に進み、バイオリン・作曲・指揮を学びました。彼の音楽家人生はバイオリン奏者として始まりましたが、後に指揮者への転身を遂げ、フランス国内を中心にキャリアを重ね、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、デュッセルドルフ交響楽団、シカゴ交響楽団などのポストに就き、世界を舞台に活躍しました。1968年からは、フランス国立放送管弦楽団の音楽監督となり、フランス指揮界をけん引しましたが、1976年66歳で他界しました。
番組では、数多くの名演をのこしたラヴェルやドビュッシー、サン・サーンスといったフランスの作曲家の作品を中心に紹介。明せきかつ色彩豊かなマルティノンの音楽をお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『日曜喫茶室 “スイーツ男子の甘いお話”』
1月26日(日)後0:15~2:00

バレンタインデーの時期は、チョコレートに限らず、甘い物が行き交うシーズン。昔は、女性のものと思われた甘い物ですが、今ではすっかりスイーツ好きの男性の存在が市民権を得ています。今回の『日曜喫茶室』は「スイーツ男子の甘いお話」と題して、ゲストに落語家の柳家三三さんと、お菓子の歴史研究をしている猫井登さんをお迎えし、スイーツの効用、甘い物に秘められた物語などについてお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】柳家三三(落語家)、猫井登(お菓子の歴史研究家)
【ご常連】荻野アンナ (作家・慶応義塾大学教授)
【司会】(マスター)はかま満緒、(ウェイトレス)小泉裕美子

※『日曜喫茶室』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
1月26日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、70年代後半にロンドンのパンクバンド、ジェネレーションXのリード・ボーカリストとしてデビューし、その後ソロでも大活躍したビリー・アイドルを特集。また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、86年の映画「トップガン」の挿入歌「愛は吐息のように」が全米No.1の大ヒットを記録したアメリカのニューウェーイブバンド、ベルリンをとりあげ、昨年発表されたニューアルバム「ANIMAL」からのナンバーもお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:17 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ 25日(土)の『SONGS』は、エレファントカシマシが初登場!


『SONGS “エレファントカシマシ”』
総合テレビ 1月25日(土)後11:00~11:29
(再)総合テレビ 1月31日(金)前1:30~1:59 (30日(木)深夜)

25日(土)の『SONGS』は、エレファントカシマシが初登場!
ボーカル・宮本浩次さんが急性難聴から復帰し、昨年9月に活動を再開した、エレファントカシマシ。今年1月11日に、バンド史上初・過去最大規模となる、さいたまスーパーアリーナでのデビュー25周年記念ライブも実現し、完全復活を果たしました。番組では、毎年欠かさずライブを行ってきた日比谷野外大音楽堂や、バンド誕生の地、東京・赤羽をメンバー全員で訪ね、苦難の連続だったエレカシの25年間を振り返ります。またスタジオでは、「今宵の月のように」「悲しみの果て」など名曲を披露。どうぞお楽しみに!

【出演】エレファントカシマシ
【語り】守本奈実アナウンサー

140123file_0004g1.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:12 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


歴代NHKオリンピック放送テーマソングを一挙紹介するミニ番組『オリンピック 感動は歌にのって』総合テレビ&BSで24日(金)深夜から随時放送!


『オリンピック 感動は歌にのって』
総合テレビ 1月25日(土)前1:00~1:10 (24日(金)深夜)
BSプレミアム 1月27日(月)後4:50~5:00
総合テレビ 1月31日(金)後4:50~5:00
BS1 2月1日(土)前3:40~3:50 (1月31日(金)深夜)
総合テレビ 2月1日(土)後10:40~10:50
BS1 2月2日(日)前5:30~5:40
総合テレビ 2月2日(日)後5:20~5:30
BS1 2月3日(月)後3:15~3:25
BS1 2月5日(水)前3:20~3:30 (4日(火)深夜)
総合テレビ 2月7日(金)前3:55~4:05 (6日(木)深夜)
BS1 2月7日(金)後2:40~2:50
総合テレビ 2月8日(土)後4:05~4:15

※編成上により、休止または時間変更の場合があります。ご了承ください。

1972年札幌オリンピックのトワ・エ・モワ「虹と雪のバラード」から、ゆずの「栄光の架橋」、ミスチルの「GIFT」、ラルクの「BLESS」、いきものがかりの「風が吹いている」など、歴代のNHKオリンピック放送テーマソングを、感動のオリンピック名場面とともにダイジェストで紹介。また、2月7日(金)深夜に開会式が行われるソチオリンピックのNHK放送テーマソング、コブクロの「今、咲き誇る花たちよ」をフルコーラスでお届けします。どうぞお楽しみに!

<NHKオリンピック放送テーマソングの歩み>
・1972年(冬) 札幌
 トワ・エ・モワ「虹と雪のバラード」
・1988年 ソウル
 浜田麻里「Heart and Soul」
・1992年 バルセロナ
 寺田恵子「PARADISE WIND」
・1994年(冬) リレハンメル
 髙橋真梨子「遙かな人へ」
・1996年 アトランタ
 大黒摩季「熱くなれ」
・1998年(冬) 長野
 F-BLOOD「SHOOTING STAR」
・2000年 シドニー
 ZARD「Get U're Dream」
・2002年(冬) ソルトレークシティ
 MISIA「果てなく続くストーリー」
・2004年 アテネ
 ゆず「栄光の架橋」
・2006年(冬) トリノ
 平原綾香「誓い」
・2008年 北京
 Mr.Children「GIFT」
・2010年(冬) バンクーバー
 L'Arc~en~Ciel「BLESS」
・2012年 ロンドン
 いきものがかり「風が吹いている」
・2014年(冬) ソチ
 コブクロ「今、咲き誇る花たちよ」


※「NHKオリンピック放送」テーマソング関連サイトはこちら

投稿時間:17:07 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日24日(金)の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストにアニメやゲームの主題歌など数多く手掛けられている畑亜貴さんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”
  ~アニソン目線で切り取るガールズポップス~』
1月24日(金)後10:00~10:45

隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
24日(金)の『ヒャダインの“ガルポプ!”』は、数多くのアニメ作品やアイドル歌手に楽曲を提供するのみならず、自らもシンガー、ミュージシャンとして活躍中の畑亜貴さんをお迎えして、「アニソン目線で切り取るガールズポップス」をテーマにお送りします! 番組では長年にわたってヒット曲を手掛けられてきた畑さんのルーツや作詞論、さらには携わったアニメ作品への愛をたっぷりと語っていただきます。「女の子を輝かせる歌詞を書いたら天下一品!」の畑さんとヒャダインが熱~く語り合う45分。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】畑亜貴
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!

『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回1月25日(土)は、昨年11月23日にお送りした、ゲストに歌謡グループ・はやぶさをお迎えした回をアンコール放送。どうぞお楽しみに!

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


24日(金)放送の『DJクラシック 清水和音の"痛快ピアニスト列伝"』は、フランスを代表するピアニスト、ミシェル・ベロフを特集!


『DJクラシック
 清水和音の“痛快ピアニスト列伝”~ミシェル・ベロフ~』
1月24日(金)後9:10~10:00

第一線で活躍するクラシックのアーティストによる、クラシックファンのためのクラシック番組『DJクラシック』。各ジャンルのトップアーティストによる経験に裏打ちされた説得力あるトークと、評論家とはちがうユニークな視点、その人となりを感じる語り口で、これまでのクラシック番組とはひと味違うひとときを、4人のアーティストが週替わりでお送りします。24日(金)は、ピアニストの清水和音さんが選りすぐりの名ピアニストたちの名演を痛快トークでお届けする『清水和音の“痛快ピアニスト列伝”』。今回はフランスを代表するピアニスト、ミシェル・ベロフを特集します。
番組では、ベロフが11歳の時に、作曲者メシアンの前で演奏したといわれている「みどりごイエスにそそぐ二十のまなざし」(メシアン)などとともに、清水さんならではの視点で、ミシェル・ベロフの演奏の魅力をお届けします。また番組後半の、今後活躍が楽しみなピアニストや今まさに旬のピアニストを紹介する「先取り21世紀の名演奏」コーナーでは、1964年南仏エクサン・プロヴァンス生まれのエリック・ル・サージュをとりあげます。どうぞお楽しみに!

【DJ】清水和音 (ピアニスト)
【きき手】新井鴎子

※『DJクラシック』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


24日(金)の『オペラ・ファンタスティカ』は内容を変更して、追悼番組「名指揮者クラウディオ・アバドをしのんで」をお送りします


『オペラ・ファンタスティカ
 “名指揮者クラウディオ・アバドをしのんで”』
1月24日(金)後2:00~6:00

イタリアの世界的名指揮者クラウディオ・アバド氏が1月20日、80歳で死去されました。NHK-FMでは、1月24日(金)の『オペラ・ファンタスティカ』の内容を変更し、クラウディオ・アバド氏をしのんで、追悼番組「名指揮者クラウディオ・アバドをしのんで」をお送りします。
クラウディオ・アバド氏は、1933年イタリア・ミラノ生まれ。ミラノ・スカラ座音楽・芸術監督、ロンドン交響楽団首席指揮者、ウィーン国立歌劇場音楽監督などを歴任し、90年からはカラヤンの後任としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督を務めました。軽やかなイタリア音楽から重厚なドイツ音楽まで幅広いレパートリーを持ち、現代音楽にも精力的に取り組みました。日本にもたびたび来日し、多くのファンに親しまれてきました。2003年には、世界の優れた芸術家に贈られる「高松宮殿下記念世界文化賞」を受賞。後進の指導にも情熱を注ぎ、ヨーロッパ各地で若手の音楽家を育成するためのオーケストラの創設にも尽力しました。そして、長年にわたる功績により2013年イタリア議会上院の終身上院議員に任命されました。
番組では、ヨーロッパ室内管弦楽団との「歌劇“ランスへの旅”から」(ロッシーニ)や、ベルリン・フィルとの「“レクイエム”から」(ヴェルディ)など、クラウディオ・アバド氏の遺したさまざまな録音を聴き、名指揮者をしのびます。
なお、当初放送予定でした『オペラ・ファンタスティカ“歴史的名盤・クライバーが指揮する「こうもり」”』は、2月以降に改めてお送りする予定です。ご了承ください。

【解説】奥田佳道(音楽評論家)
【きき手】東涼子

※『オペラ・ファンタスティカ』番組ホームページはこちら
 

<関連番組>
その他、NHKでは以下のクラウディオ・アバド氏 追悼関連番組を予定しています。
『クラシック音楽館』
Eテレ 2月2日(日)後9:00~

※『クラシック音楽館』枠内、後10:46以降の「コンサート・プラス」で放送

『プレミアムシアター“指揮者 クラウディオ・アバドをしのんで”』
BSプレミアム 2月10日(月)前0:00~(9日(日)深夜)

「ルツェルン音楽祭2012」から、クラウディオ・アバド指揮、ルツェルン音楽祭管弦楽団演奏会の模様をお届けする予定です。アバド氏が力を入れていたルツェルン音楽祭。近年の演奏会のなかから、全曲が演奏される機会が少ない、ベートーベンの劇付随音楽「エグモント」を、スイス出身の名優ブルーノ・ガンツの語りとソプラノのユリアーネ・バンゼの歌でお送りします。そして、2月2日(日)Eテレ「コンサートプラス」で放送したモーツァルトの「レクイエム」全曲お送りします。

『名演奏ライブラリー
 “世界が愛したマエストロ クラウディオ・アバドをしのんで”』
FM 2月16日(日)前9:00~11:00


※詳しくはNHKクラシックサイトのトピックスをご覧ください。

投稿時間:13:52 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


44年ぶりにオリジナルメンバーで再結成!BSプレミアム24日(金)放送『ザ・タイガース 2013 LIVE in 東京ドーム』


『ザ・タイガース 2013 LIVE in 東京ドーム』
BSプレミアム 1月24日(金)後9:00~10:29
(再)BSプレミアム 3月16日(日)後4:00~5:29

1967年にデビュー、「花の首飾り」「君だけに愛を」などの大ヒットを飛ばしGS(グループサウンズ)ブームをリードしたバンド、ザ・タイガース。1971年1月24日に日本武道館で行われた「ザ・タイガース ビューティフル・コンサート」が事実上の解散コンサートとなり、その後、一部メンバーによる再結成の機会はあったものの、オリジナルメンバー全員がそろって、ステージに立つことはなかった…。
そして2013年12月、ジュリーこと沢田研二、サリーこと岸部一徳(修三)、タローこと森本太郎、ピーこと瞳みのるに加え、ザ・タイガース最大のヒット曲「花の首飾り」のリードボーカルでもあるトッポこと加橋かつみが参加し、1969年の加藤かつみ脱退以来、じつに44年ぶりとなるオリジナルメンバー5人によるライブ・ツアーが実現! 番組では、日本武道館を皮切りに全国8か所をまわったツアー「THE TIGERS 2013」から、シローこと岸部四郎(シロー)もゲスト出演し、初めて6人のメンバーが一堂に会することとなった、12月27日東京ドームで行われたツアーファイナルの模様をお届けします。どうぞお楽しみに!

<曲目>
「DO YOU LOVE ME」「(I CAN'T GET NO)SATISFACTION」
「I STARTED A JOKE」「YELLOW RIVER」「YESTERDAY」
「TELL ME(YOU'RE COMING BACK)」「I'M HENRY THE EIGHTH,I AM」
「UNDER MY THUMB」「十年ロマンス」「僕のマリー」「落葉の物語」
「忘れかけた子守唄」「モナリザの微笑」「銀河のロマンス」
「青い鳥」「花の首飾り」「君だけに愛を」「シーサイド・バウンド」
「I UNDERSTAND(JUST HOW YOU FEEL)」「ラヴ・ラヴ・ラヴ」
「タイガースのテーマ」「美しき愛の掟」「色つきの女でいてくれよ」

【出演】ザ・タイガース

140122noko4.jpg

投稿時間:11:07 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


アジアの音楽をナビゲートする番組『アジア・ミュージック・ネットワーク』24日(金)BS1で放送!


『アジア・ミュージック・ネットワーク ♯3』
BS1 1月24日(金)後7:25~7:50
(再)BS1 1月27日(月)前2:00~2:25 (26日(日)深夜)

(再)BS1 3月29日(土)前0:00~0:25 (28日(金)深夜)

アジアの音楽シーンをナビゲートする新しいタイプの音楽情報番組『アジア・ミュージック・ネットワーク』の第3弾を、1月24日(金)BS1で放送!
今回は、台湾のスーパーバンドMaydayと一青窈さんとのスペシャルトークや、東南アジア最大級フェス「Big Mountain Music Festival」の会場から、オーガナイザー・TEDがお薦めタイ・ポップスを直送!また、MTV台湾の人気VJ・路嘉怡(ミランダ・ルー)が注目C-POPを紹介するほか、韓国Mnetの人気番組「M COUNTDOWN」チャートの人気K-POPも紹介します。どうぞお楽しみに!

【出演】Mayday
【ナビゲーター】マーティ・フリードマン、一青窈

131127S01-001.jpg※『アジア・ミュージック・ネットワーク』番組ホームページはこちら


<関連番組>
昨年11月にお送りした『アジア・ミュージック・ネットワーク ♯2』を再放送!
『アジア・ミュージック・ネットワーク ♯2』(再)
BS1 1月24日(金)後7:00~7:25

今回は「台湾原住民音楽のルーツへ」と題して、クラムボンの原田郁子さん&圖騰樂團(TOTEM)の舒米恩(スミン)さんによる音楽交流旅をはじめ、 台湾の中国語圏トップ女性シンガー・蔡依林(ジョリン・ツァイ)、インドネシアの男女6人組のポップバンド、White Shoes & The Couples Companyのサリー、韓国の新進気鋭のK-POP評論家・キム作家など、アジア各国のキュレーターが現地の最新おススメ楽曲を紹介します。(初回放送:2013年11月30日)

投稿時間:10:55 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ23日(木)放送『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4"電子音楽"編(3)』松武秀樹さんをお迎えしてお送りします!


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4“電子音楽”編(3)』
Eテレ 1月23日(木)後11:25~11:55 
(再)Eテレ 1月30日(木)前0:30~1:00 (29日(水)深夜)

音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成した音楽全集の制作。人類の生み出した偉大なる文化“音楽”の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』です。(スコラとはラテン語で「学校」の意味)
23日(木)の「電子音楽編」第3回は、60年代以降の音楽シーンに大きな影響を与えたシンセサイザーの誕生とその後の電子楽器の進化を学びます。モーグ博士が開発したモーグ・シンセサイザーの原理や、坂本さんが実際に、それらの楽器をどのように使って作品を作ったのかを紹介。ワークショップでは、4人目のYMOと言われた松武秀樹さんを迎え、実際に音作りを体験します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】
小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)、
川崎弘二(電子音楽研究)、
三輪眞弘(作曲家、メディアアーティスト、情報科学芸術大学院大学教授)
【ワークショップ講師・スタジオライブ】松武秀樹
【講師・演奏】坂本龍一
【ナレーション】兼清麻美アナウンサー

20140121file_00043q.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:17 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


22日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は高見沢さんが担当。ゲストにみうらじゅんさんをお迎えしてお送りします!


『THE ALFEE 終わらない夢』
1月22日(水)後11:00~前0:00
(再) 1月29日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。
22日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、高見沢さんが、公私ともに親しい間柄のみうらじゅんさんをゲストにお迎えしてお送りします。共に制作した楽曲の裏話や、高見沢さんが2006年に受賞した「みうらじゅん賞」について、そして共通点の多い趣味の話題などを語り合います。さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、みうらじゅんさんが愛してやまないボブ・ディランをとりあげます。どうぞお楽しみに!
なお次週29日(水)は、ゲストにリリー・フランキーさんをお招きしてお送りします。

【ゲスト】みうらじゅん
【DJ】高見沢俊彦

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら


<関連番組>
ゲストのみうらじゅんさんのレギュラー番組が、ラジオ第1で毎月最終火曜日に放送中!

『みうらじゅんのサントラくん』
ラジオ第1 1月28日(火)後9:05~9:55

マイブームの旗手みうらじゅんさんが、今も大切に保存している映画音楽(サントラ)のアナログレコードをかけながら、映画や当時の青春の思い出を熱く語るトークコラム番組『みうらじゅんのサントラくん』。1960~80年代を中心に「怪獣」「スパイ」「カンフー」「マカロニ・ウエスタン」「パニック」「美少女」などなど、メジャーからいわゆるB級映画と言われるものまで、みうらじゅんさんがDJとして「サントラ盤」をかけながら、マニアックなトークをお届けします。

※『みうらじゅんのサントラくん』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日21日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は、大滝詠一さん追悼特別番組「ありがとう、大滝さん」をお送りします


『元春レイディオ・ショー』
1月21日(火)後11:00~前0:00
(再)1月28日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
1月21日(火)から2月4日(火)、11日(火・祝)、18日(火)までの『元春レイディオ・ショー』は、4週にわたって、大滝詠一・追悼特別番組「ありがとう、大滝さん」をお送りします。80年代の『元春レイディオ・ショー』から現在まで、30年間にわたる貴重なアーカイブから、DJ佐野元春さんが編集・構成。故人の想い出を振りかえりながら、大滝さんの肉声と音楽を織り交ぜての追悼特別番組をお届けします。

【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら


<関連番組>
『ウィークエンドサンシャイン』
1月25日(土)前7:20~9:00

毎週土曜日、ピーター・バラカンさんがお届けしている『ウィークエンドサンシャイン』。25日(土)の番組内で、大滝さんを偲ぶ内容をお送りする予定です。

※『ウィークエンドサンシャイン』番組ホームページはこちら

『ミュージックプラザ “第50回 昭和のヒット・メイカー 大瀧詠一”』
1月27日(月)後4:00~5:20

つのだ☆ひろさんがお送りする27日(月)の『ミュージックプラザ』は、「第50回 昭和のヒット・メイカー 大瀧詠一」と題して、昨年12月30日に惜しくも他界された大瀧さんを偲んで、大瀧さんの楽曲はもちろんのこと、他の歌手に提供した素晴らしい作品の数々をお送りします。なお番組では、下記の番組ホームページから、皆さまからのリクエストもお待ちしております。

※『ミュージックプラザ』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:08 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週20日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今さら訊けないABC」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
1月20日(月)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りします。
20日(月)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。先週の「メロウな風まかせ」は、新譜を中心にお届けしましたが、今週はベイビーフェイスの実兄ケヴォン・エドモンズが2009年にリリースした「Who Knew」から「Oh」など、懐かしいナンバーも織り交ぜてお送りします。また番組後半では、R&Bファンの間でよく使われる音楽専門用語を、ABC順にピックアップして、分かりやすく解説するコーナー「今さら訊けないABC」をお送りします。今回はその11回目、“K”から始まる専門用語を楽曲と共に紹介していきます。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:31 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週20日(月)からの『青春アドベンチャー』は、佐々木譲さん原作の「獅子の城塞」をお送りします!


『青春アドベンチャー“獅子の城塞”』<全10回>
1月20日(月)~24日(金)後10:45~11:00
1月27日(月)~31日(金)後10:45~11:00

1月20日(月)からのオーディオ・ドラマ『青春アドベンチャー』は、信長の命で渡欧した石積み職人の遍歴を描いた「獅子の城塞」をお送りします。
地球の東西がつながりはじめた戦国時代、一人の石積み職人の若者が欧州へ渡る。いつか「不落の城」を築きたいという父譲りの大望を胸に抱き、巨大な石造建築の技術を学ぶため…。だが、欧州もまた戦乱と激動の時代の只中にあった。戦いとは?技術とは?人間の自由とは? 佐々木譲氏の時代小説をオーディオドラマ化。どうぞお楽しみに!

【原作】佐々木譲
【脚色】小林克彰
【出演】石橋徹郎、樋口泰子、吉見一豊、大内厚雄、
    末次美沙緒、真那胡敬二、三木敏彦、
    青山伊津美、石住昭彦、酒向芳、廣田高志、
    関貴昭、粟野史浩、村上新悟、亀田佳明、
    井口成人、高橋克明、廣田行生、外山誠二、
    多根周作、箱田暁史、林大樹、遠藤章史、
    井内勇希、ラヴェルヌ拓海

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:24 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 1月20日(月)~1月23日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

1月20日(月) 1月21日(火)
ml_20140120.jpg ml_20140121.jpg
吉田山田 家入レオ

1月22日(水) 1月23日(木)
ml_20140122.jpg ml_20140123.jpg
風男塾 DIR EN GREY

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子
 

投稿時間:15:18 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


19日(日)の『サウンドクリエーターズ・ファイル ~TOKYO No.1 SOUL SET~』は、ゲストに映画監督・大根仁さんをお迎えしてお送りします!


『サウンドクリエーターズ・ファイル ~TOKYO No.1 SOUL SET~』
1月19・26日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する番組『サウンドクリエーターズ・ファイル』。
1月のマンスリーDJは、TOKYO No.1 SOUL SETの皆さんが担当しています! 19日(日)の第2回は、「モテキ」や「恋の渦」の監督、大根仁さんをゲストにお迎えしてお送りします。TOKYO No.1 SOUL SETと大根監督といえば、「モテキ」の主人公がTOKYO No.1 SOUL SETのTシャツを着ていたり、テレビ版では「Change My Mind」が、映画版では「ヤード」の演奏がフェス・シーンで登場しました。番組では、大根監督に「モテキ」の制作秘話などを伺います。どうぞお楽しみに!
なお次週26日(日)は、ゲストにリリー・フランキーさんをお招きしてお送りします。

【ゲスト】大根仁 (映画監督)
【DJ】TOKYO No.1 SOUL SET

※『サウンドクリエーターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:14:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』1/18(土)のゲストは和久井映見さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 1月18日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 1月21日(火)後9:05~9:55
※21日(火)は、愛知、岐阜、三重県は別番組を放送します。ご了承ください。


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、2011年10月以来2年ぶりのご出演、和久井映見さんをゲストにお迎えします。


0118_rockber.jpg長野・木曽を舞台にオールロケで撮影が行われた、岡田さん脚本のドラマ『木曽オリオン』(BSプレミアム1月22日(水)放送)。撮影現場でのエピソードはもちろん、和久井さんがヒロイン・征矢秀子役を演じるにあたって心がけた点など伺います。また、ジャンル問わず音楽が大好きな和久井さん。ドラマ同様、満天の星空を思い浮かべてしまうという楽曲も紹介していただきます。どうぞお楽しみに!


【ゲスト】和久井映見
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆岡田さん脚本&和久井さんが出演するプレミアムドラマ!
『木曽オリオン』
BSプレミアム 1月22日(水)後10:00~10:58


※『木曽オリオン』番組ホームページはこちら

※長野放送局ドラマスタッフ日記はこちら

※試写会などの会見の模様を動画で紹介!「コレ見て!MOVIE」サイトはこちら

◆和久井さんが出演の『ちりとてちん』再放送中!
『連続テレビ小説 ちりとてちん』
BSプレミアム 毎週月曜~土曜 前7:15~7:30


※『ちりとてちん』番組ホームページはこちら

◆岡田さんが脚本を手がけた『ちゅらさん』再放送中!
『連続テレビ小説 ちゅらさん』
BSプレミアム 毎週月曜~土曜 後7:00~7:15


※『ちゅらさん』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月18日(土)・19日(日)のおすすめ番組


『ウィークエンドサンシャイン“リスナーズ年間ベスト・2013”』
1月18日(土)前7:20~9:00

独特の嗅覚とこだわりの哲学でセレクトしたグッド・サウンドとワールドワイドな音楽情報を、ブロードキャスター、ピーター・バラカンさんのナビゲートでお届けしている番組『ウィークエンドサンシャイン』。
2014年最初の放送となる18日(土)の『ウィークエンドサンシャイン』は、「リスナーズ年間ベスト・2013」をお送りします。リスナーの皆さまからお寄せいただいた2013年の年間ベストから、バラカンさんの年間ベストや、昨年末の『ジャズ・サンシャイン』で選曲されていないものを中心にお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】ピーター・バラカン

※『ウィークエンドサンシャイン』番組ホームページはこちら


『世界の快適音楽セレクション ~12年ぶりの馬の音楽~』
1月18日(土)前9:00~11:00

18日(土)の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは「12年ぶりの馬の音楽」。午年生まれでありながら、ちょっと馬が苦手のチチ松村さんに、馬の可愛らしさ、カッコ良さを、藤川パパQさんが音楽でアピール…みなさんもどうぞお楽しみください。

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
1月18日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。今回18日(土)の講師(ゲスト)は、アニメ「デジモンアドベンチャー」オープニング主題歌「Butter-Fly」をはじめ、デジモンシリーズの主題歌を数多く担当された歌手の和田光司さんが来校!また、アニソンランキング部では、2001年のアニソンを調査中。下記の番組ホームページのリクエスト&メッセージから、テーマ部分のプルダウンメニューで“アニソンランキング部”を選んで、どしどしお寄せください。お待ちしております!

【講師(ゲスト)】和田光司
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら

※『アニソンアカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!

<関連番組>
◆アニメから“健康”が見える!? Eテレで中川翔子さんのレギュラー番組放送中!

『名作ホスピタル』
Eテレ 毎週土曜 前0:00~0:15 (金曜深夜)
(再)Eテレ 翌週月曜 前5:50~6:05

あなたは信じますか?名作アニメの中に健康へのヒントがかくされていることを…いつの時代でも感動を与える「名作アニメ」。そこに込められた“ふかーい!”メッセージについて日本の名医たちと“貪欲”トークする番組『名作ホスピタル』。次回17日(金)深夜は「温泉の秘密ד楽しいムーミン一家”」と題して、泉質の違いで効能が異なる温泉や、のぼせや湯あたりを防ぐ入浴法などを紹介します。

※『名作ホスピタル』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮
“私の試聴室~アリーナ・イブラギモヴァ~”』
1月18日(土)後9:00~10:00
(再)1月20日(月)前10:00~11:00

18日(土)の『クラシックの迷宮』は、最新録音を中心に、片山杜秀さんが選んだ名盤を紹介する「私の試聴室」をお送りします。今回は、今、最も輝いている若手バイオリニスト、アリーナ・イブラギモヴァの最近の作品を中心にお届けします。アリーナ・イブラギモヴァは1985年ロシア生まれ。4歳でバイオリンを始め、1996年に家族と共にイギリスに転居。1997年からメニューイン音楽学校、その後ロンドン王立音楽院で研鑽を積みました。古楽奏法とモダン奏法の両方を学び、どちらの分野にも見事な表現力を示すバイオリニストとして活躍中です。番組では、名門音楽堂ウィグモア・ホールで収録され、昨年リリースされた「ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集」から「バイオリン・ソナタ 第9番 イ長調 作品47“クロイツェル”」などをお届けします。軽快な弓さばきと、必要最低限のビブラートによる、柔軟かつ開放的な演奏をどうぞお楽しみください。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

※『クラシックの迷宮』番組ホームページはこちら


『FMシアター “残穢(ざんえ)”』
1月18日(土)後10:00~10:50

※この番組はバイノーラル音声で収録されており、ヘッドフォンを着用してお聴きいただくと、さらにお楽しみいただけます。

18日(土)の『FMシアター』は“音”だからこそ怖い、究極のジャパニーズ・ホラー! 小野不由美さんのホラー小説をラジオドラマ化した「残穢(ざんえ)」をお送りします。
現代のマンションの一室から聞こえた、かすかな“物音”が、やがて時代を遡り、戦時中の鋳物工場を吹き抜ける風の音と重なり、さらにもっと前、明治期の炭鉱で働く男たちの熱い息遣いの“音”へと行き着く…。次々と浮かび上がる「音」のイメージ。それを辿るうちに、かつてこの土地に暮らした日本人たちの心の“闇”や“狂気”の歴史が浮かび上がり、今や忘れ去られてしまった、日本人の土俗的な死生観が明らかになってゆく―。

【原作】小野不由美
【脚色】井出真理
【音楽】清水靖晃
【出演】南果歩、平岩紙、伊藤友乃、石河美幸、
    内田藍子、外山文孝、鈴木惠理、登澤良平、
    原みなほ、高川裕也

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト ~“あまちゃん”とジャズ:大友良英を迎えて~』
1月18日(土)後11:00~翌前1:00

18日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、昨年、連続テレビ小説「あまちゃん」の音楽を担当して大ブレークした作曲家でギタリストの大友良英さんをお迎えしてお送りします。大友さんは、90年代の開幕と共に日本ジャズ界に登場した型破りなサウンドを追求する前衛派ミュージシャンでした。番組では、「あまちゃん」の音楽に到るまでの大友さんの遍歴を、多彩な音楽作品を聴きながら語っていただきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】大友良英
【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


<関連番組>
4月からスタートする新ドラマの音楽を大友さんが担当!

『土曜ドラマ“ロング・グッドバイ”』<全5回>
総合テレビ 毎週土曜日 後9:00~9:58 (4月19日(土)スタート) 

ハードボイルドの最高傑作と呼ばれ、フィリップ・マーロウという名探偵を世に送り出した「ロング・グッドバイ」(レイモンド・チャンドラー作)をドラマ化。主演はデビューから25年をむかえ、連続ドラマ初主演となる浅野忠信さん。脚本は「火の魚」や「その街のこども」、そして連続テレビ小説「カーネーション」以来、2年ぶりのドラマ執筆となる渡辺あやさん。音楽は「白洲次郎」や「その街のこども」、連続テレビ小説「あまちゃん」の大友良英さんが担当します。どうぞお楽しみに!

※『土曜ドラマ“ロング・グッドバイ”』関連サイトはこちら


『ビバ!合唱 “北欧の作曲家(2)”』
1月19日(日)前7:20~8:10
(再)1月25日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第3週の解説は、合唱指揮者・の大谷研二さんが担当します。
19日(日)の『ビバ!合唱』は、昨年12月1日の放送に引き続き「北欧の作曲家」(2)と題して、寒い季節に、その寒さも魅力の北欧の透明な空気と響きをお届けします。今回は、デンマークの現代を代表する作曲家ノアゴーと、ノルウェーで現在98歳になるニーステッドの楽曲をお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “作曲家マーク・キャンプハウスの世界”』
1月19日(日)前8:10~9:00
(再)1月25日(土)後8:10~9:00

19日(日)の『吹奏楽のひびき』は、今年還暦を迎えるアメリカの作曲家マーク・キャンプハウスの作品を特集。世界的に有名なトランペット奏者アドルフ・ハーセスに師事した後、トランペット奏者として活動していたキャンプハウスは、その傍らで作曲も早くから行いその才能を発揮、17歳のときには初の管弦楽のための交響曲が初演されました。現在は、音楽教育者として大学で教授を務める一方で、指揮者や、本を出版するなど同時代のほかの作曲家の吹奏楽作品の紹介にも尽力。また作曲家としては、社会的なメッセージの強い作品や、宗教を題材にした作品が特に高い評価を受けており、世界中で演奏されています。番組では、そうしたキャンプハウスの特徴的な作品や日本でも知られる代表曲などをお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “ハンガリーの伝説的マエストロ イシュトヴァン・ケルテス”』
1月19日(日)前9:00~11:00

19日(日)の『名演奏ライブラリー』は、ハンガリーの指揮者イシュトヴァン・ケルテスを特集します。
ケルテスは、1929年ブダペスト生まれ。同地の音楽院で学び、歌劇場の指揮者となりました。若くしてその実力が評価され、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やロンドン交響楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団など世界の一流オーケストラに客演。真摯な音楽作りへの姿勢と温かい人柄で、オーケストラ団員から絶大な支持を集め、各国のオーケストラへのポスト就任が期待されるなか、43歳で急逝。色彩豊かでありながら華美になりすぎない演奏は多くの聴衆を魅了し、演奏家からも厚い支持を得ていました。
番組では、若くして亡くなったケルテスの遺した録音の中から、バルトークやモーツァルト、ドボルザークなどの作品をお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂 ~紙と本を愛(め)でる~』
1月19日(日)後0:15~2:00

電子書籍が普及し、原稿もパソコン入力、連絡や便りもメールで済ませる時代。だが、紙に書かれた文字のぬくもりと感触は、捨てがたいものがあります。19日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は、「紙と本を愛(め)でる」と題して、ゲストに書道家の武田双雲さんと雑誌編集長・エッセイストの松浦弥太郎さんをお迎えし、“紙文化”の素晴らしさを愛するお二方にお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】武田双雲 (書道家)
     松浦弥太郎 (雑誌編集長・エッセイスト)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
1月19日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80'sを象徴するアーティストを通じて、80年代に戻ったような気分を味わう「Artist of the day」のコーナーでは、80's UKロックのカリスマバンド、ザ・スミスを特集。また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、アメリカの国民的ロックアーティスト、ブルース・スプリングスティーンをとりあげ、通算19作目となるスタジオレコーディングアルバム「HIGH HOPES」からのナンバーもお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~スザンヌ・ヴェガ~』
1月19日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。こだわりの選曲と、アーティストCharaさんの独自の世界観で、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
19日(日)は、まもなく7年ぶりとなるニュー・アルバム「Tales from the Realm of the Queen of Pentacles」をリリースする、スザンヌ・ヴェガを特集します。番組では、1987年のセカンド・アルバム「Solitude Standing / 孤独(ひとり)」からシングル・カットされ、大ヒットした「ルカ」をはじめ、Charaさんの選曲でお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】Chara

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『セッション2014 ~川村竜トリオ~』
1月19日(日)後10:30~11:30
(再)1月24日(金)前10:00~11:00

19日(日)の『セッション2014』は、これからの日本JAZZ界を担う若手ベーシストという呼び声が高く、重厚な音色とベース・ワークに磨きを掛け続け、国内外の実力派ミュージシャンから信頼を置かれている、川村竜が登場!
現在31歳の川村は、高校生の時にエレクトリック・ベースを始め、大学入学と同時にウッド・ベースに転向。水谷浩章、ロバート・ハースト、ボリス・コズロフの各氏に師事。2004年に、ハワイで開催された国際コントラバス・フェスティバルのジャズ部門で最優秀賞を獲得。これまでに、小曽根真、辛島文雄、原朋直、大坂昌彦、タイガー大越、ダスコ・ゴイコビッチ、ビル・メイズ、ジーン・ジャクソン、ジョー・ラ・バーベラなど多くのミュージシャンと共演。現在は、本多俊之バーニングウェイブ・カルテット、奥平真吾THE FORCEなどのレギュラー・ベーシストとして活躍しています。
今回のセッションは、川村が長年共演を続けているドラムスの岩瀬立飛、ピアニストの熊谷ヤスマサとともに自己のトリオで登場。若い感性が光る、川村のアレンジによるスタンダード・ナンバーを中心としたライブをお届けします。どうぞお楽しみに!

【演奏】川村竜 (ベース)
    熊谷ヤスマサ (ピアノ)
    岩瀬立飛 (ドラムス)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ 18日(土)の『SONGS』は、南こうせつさんと伊勢正三さんが新ユニット"ひめ風"で登場!


『SONGS “南こうせつ・伊勢正三~ひめ風~”』
総合テレビ 1月18日(土)後11:00~11:29
(再)総合テレビ 1月24日(金)前1:30~1:59 (23日(木)深夜)

18日(土)の『SONGS』は、南こうせつさんと伊勢正三さんが新ユニット“ひめ風”で登場!
1970年代前半、“かぐや姫”として数多くの大ヒット曲を生み出した南こうせつさんと伊勢正三さん。二人は大分の同じ高校の合唱部出身。かぐや姫解散後、それぞれソロや別ユニットで活動をしていましたが、去年、再び同郷の二人で“ひめ風”というユニットを組み、音楽活動を始めました。番組では、仲間で集まってバンドの練習に励んだ南こうせつさんの実家のお寺や、コンサートをよく行った大分市民会館などを二人で再訪。なぜいま一緒に歌おうとしているのか、同年代へのメッセージを語ります。またスタジオライブでは、古くからよく知るお二人が、互いに語り合いながら演奏するスタイルで、「神田川」「22歳の別れ」「好きだった人」などを披露します。どうぞお楽しみに!

【出演】南こうせつ、伊勢正三
【語り】守本奈実アナウンサー

140116file_0004b7.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆南こうせつさんが出演された「フォークソング大全集」を再放送!

『プレミアムアーカイブス
 BS永遠の音楽“フォークソング大全集”』(再)
BSプレミアム 1月17日(金)前9:00~11:09.30
BSプレミアム 1月27日(月)後2:30~4:39.30

1月17日(金)の『プレミアムアーカイブス』は、世代を超え愛される珠玉の名曲を、テーマごとに特集する番組『BS永遠の音楽』から「フォークソング大全集」をお送りします。60年代から70年代前半にかけ、多くの人を魅了し、多くの人が共に口ずさんできた日本を代表するフォークの名曲の数々をお届けします。どうぞお楽しみに! (初回放送:BS2 2006年2月25日)

<曲目>
「あの素晴らしい愛をもう一度」(出演者全員)
「学生街の喫茶店」(大野真澄)
「地下鉄にのって」(猫)
「雪」(猫)
「サルビアの花」(早川義夫)
「岬めぐり」(山本コータロー)
「ひとり寝の子守唄」(加藤登紀子)
「バラが咲いた」(マイク真木)
「恋人もいないのに」(シモンズ)
「白いブランコ」(ビリーバンバン)
「この広い野原いっぱい」(森山良子)
「夕暮れ時はさびしそう」(Song For Memories)
「自転車にのって」(Song For Memories)
「翼をください」(Song For Memories)
「天使のハンマー」(森山良子、白鳥英美子、モダン・フォーク・カルテット)
「花はどこへ行った」(森山良子、白鳥英美子、モダン・フォーク・カルテット)
「パフ」(森山良子、白鳥英美子、モダン・フォーク・カルテット)
「グリーンフィールズ」(ブラザーズ・フォア)
「トライ・トゥ・リメンバー」(ブラザーズ・フォア)
「悲しきカンガルー」(ブラザーズ・フォア)
「そんぐ・ふぉあ・ゆう」(海援隊)
「青空と土と緑と」(山本コータロー)
「さよならの街」(南こうせつ)
「思えば遠くへ来たもんだ」(海援隊)
「妹」(南こうせつ)
「遠い世界に」(五つの赤い風船)
「或る日突然」(トワ・エ・モワ)
「さとうきび畑」(森山良子)
「戦争を知らない子供たち」(杉田二郎)
「わが祖国」(出演者全員)

【出演(五十音順)】
五つの赤い風船、大野真澄、海援隊、加藤登紀子、シモンズ、
杉田二郎、Song for Memories (鈴木康博・細坪基佳・山本潤子) 、
トワ・エ・モワ、猫、早川義夫、ビリーバンバン、ブラザーズ・フォア、
マイク眞木、南こうせつ、モダン・フォーク・カルテット、森山良子、
山本コウタロー
【演奏】The Drunkards、HONZI、コラール弦楽四重奏団、岩井眞一
【司会】阿部渉アナウンサー
【スタジオキャスター】森山春香アナウンサー

※『プレミアムアーカイブス』番組ホームページはこちら

◆南こうせつさんがゲスト出演!
『スタジオパークからこんにちは』
1月17日(金)後1:27~2:00

南こうせつさんが提供された島倉千代子さんのラストソング「からたちの小径」の録音秘話や、5年ぶりに開催予定の野外コンサート「サマーピクニック LOVE&PEACE」について語っていただきます。

※『スタジオパークからこんにちは』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:52 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


その創造の舞台裏とは? 18日(土)Eテレで放送『SWITCHインタビュー 達人達"蜷川実花×渋谷慶一郎~色彩は誘う 死は歌う"』


『SWITCHインタビュー 達人達
 “蜷川実花×渋谷慶一郎~色彩は誘う 死は歌う”』
Eテレ 1月18日(土)後10:00~11:00

異なる分野で活躍する二組の“達人”が出会った時、どんな化学反応のSWITCHが入るのか? 聞き手と語り手をSWITCH(交代)しながら、それぞれの仕事の極意を語り合う、トーク・ドキュメント番組『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』。18日(土)は、鮮烈な色彩と独自の世界観で絶大な人気を集める写真家・映画監督の蜷川実花さんと、昨年、初音ミクが主演するボーカロイド・オペラ「THE END」の上演を成功させ、世界的注目を集めている渋谷慶一郎さんが、表現とは、クリエーションとは何か?二人だから話せることがあるはずと、互いの仕事場を訪ね語り合います。
AKB48や綾野剛さんなど、500人を超える旬の著名人を撮影してきた蜷川実花さん。被写体から本人も見たことのない表情を引き出す極意とは? 連日、沢尻エリカさんと格闘し、自らの心の奥底をのぞきこみながら映画を撮った理由とは? また、アポなしでパリの名門劇場に飛び込み、世界初のボーカロイド・オペラ「THE END」上演を成功させた渋谷慶一郎さんに密着。最愛の妻の死、その絶望の中から、蜷川さんが「よくここまでさらけ出した」と驚く作品を生み出した背景とは? どうぞお楽しみに!

【出演】蜷川実花(写真家・映画監督)、渋谷慶一郎(音楽家)
    豊川悦司(俳優)、沢尻エリカ(女優)
【語り】吉田羊(女優)、六角精児(俳優)

140116S01-001.jpg※『SWITCHインタビュー 達人達』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:44 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


17日(金)の『AKB48の"私たちの物語"』は、SKE48の須田亜香里さん、木﨑ゆりあさん、古川愛李さん、木本花音さん、古畑奈和さん原案・出演作をお届けします!


『AKB48の“私たちの物語”』
1月17日(金)後10:00~10:45

17日(金)の『AKB48の“私たちの物語”』は、SKE48の須田亜香里さん、木﨑ゆりあさん、古川愛李さん、木本花音さん、古畑奈和さん原案・出演作「すっごくカラッとあがったエビフライ!」をお届けします!

「すっごくカラッとあがったエビフライ!」
ここは名古屋の栄にある、一軒のエビフライ専門店『SKE』。SKEとは、すっごくカラッとあがったエビフライ、の略。店長の須田亜香里は、お店の売り上げが5か月連続赤字で焦っていた。そんなとき突然、内閣総理大臣の秘書、古畑奈和がお店にやって来た。今度名古屋で行われるサミット、その晩さん会で出される食事を、名古屋名物にするとのこと。そして、そのエビフライ部門にエントリーしてみないかと提案され…。
 
【原案】須田亜香里、木﨑ゆりあ、古川愛李、木本花音、古畑奈和
【脚本】北阪昌人
【出演】須田亜香里、木﨑ゆりあ、古川愛李、木本花音、古畑奈和、山寺宏一

※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆中部地方(7県)向けにお送りしている音楽番組『Uta-Tube』を全国放送!

『Uta-Tube“SKE48 紅白密着SP”』
総合テレビ 1月18日(土)前2:35~2:59.30 (17日(金)深夜)

中部地方(7県)向けにお送りしている音楽番組『Uta-Tube』。総合テレビ17日(金)深夜に『Uta-Tube“SKE48 紅白密着SP”』を全国放送でお届けします! 番組では「紅白歌合戦」に2年連続の単独出場を果たしたSKE48に密着。憧れのステージに向けての直前練習や楽屋での素顔をMCの鉄平さんのリポートでお送りします。さらにSKE48のメンバーをスタジオに招き、紅白の舞台裏やステージのVTRを見ながら、今だから話せる紅白秘話をたっぷりと伺います。どうぞお楽しみに!(初回放送:中部地方 1月13日)

【ゲスト】SKE48
【MC】鉄平、池田伸子アナウンサー

140106_uta_01.jpg※『Uta-Tube』番組ホームページはこちら

◆BSプレミアムで放送中、AKB48レギュラー番組!
『AKB48 SHOW』
BSプレミアム 毎週土曜日 後11:30~11:59

次回1月18日(土)は、AKB48・SKE48・NMB48・HKT48の元日公演の様子をお届けします。どうぞお楽しみに!

※『AKB48 SHOW』番組ホームページはこちら

※『AKB48 SHOW』ブログ記事はこちら

投稿時間:18:38 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ明日16日(木)放送!『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4"電子音楽"編(2)』


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4“電子音楽”編(2)』
Eテレ 1月16日(木)後11:25~11:55 
(再)Eテレ 1月23日(木)前0:30~1:00 (22日(水)深夜)

音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成した音楽全集の制作。人類の生み出した偉大なる文化“音楽”の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』です。(スコラとはラテン語で「学校」の意味)
16日(木)の「電子音楽編」第2回は、第二次大戦時に大きく発達した録音・再生技術により可能になった電子音楽を学びます。フランスの技師・シェフェールによる“ミュージック・コンクレート”やドイツの放送局の電子音楽スタジオでシュトック・ハウゼンらが作った音楽を紹介。ワークショップでは、テープレコーダーの録音・編集をし、そこから音楽を生み出す体験。またスタジオライブは、時代の表舞台から姿を消した古いオープンリール式のテープレコーダーを改造して楽器にし、音楽を奏でるグループOPEN REEL ENSEMBLEと坂本さんによるパフォーマンスをお届けします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】
小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)、
川崎弘二(電子音楽研究)、
三輪眞弘(作曲家、メディアアーティスト、情報科学芸術大学院大学教授)
【ワークショップ講師】能美亮士
【スタジオライブ】OPEN REEL ENSEMBLE
【講師・演奏】坂本龍一
【ナレーション】兼清麻美アナウンサー

140115file_00043l.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:20 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


1月16・23日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は「新春ライヴ音源スペシャル」を2週にわたって放送!


『ザ・ソウルミュージック “新春ライヴ音源スペシャル”』
1月16・23日(木)後11:00~前0:00
(再)1月23・30日(木)前10:00~11:00

1月16・23日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、新年恒例のソウル・ライヴ音源スペシャルを2週にわたってお送りします。『ザ・ソウルミュージック』の人気特集「新春ライヴ音源スペシャル」。番組では、歴史的名演から最新音源まで、ソウル・ミュージックにおける熱いライヴ録音の数々を一堂に集めてお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ


※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:13 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ16日(木)の『MUSIC JAPAN』は、ワン・ダイレクション スペシャルをお送りします!


『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 1月16日(木)後10:55~11:20 

※総合テレビ『MUSIC JAPAN』で放送された内容に、
 未公開映像と歌唱シーンを1曲加えた59分の特別版を放送!
『MJ presents ワン・ダイレクション ストーリー』
BSプレミアム 3月4日(火)後11:45~翌前0:44

16日(木)の『MUSIC JAPAN』は、1Dこと“ワン・ダイレクション”を大特集!
番組では、英語が堪能なAKB48の平田梨奈さんがMJロンドン特派員として1Dに突撃インタビュー! 2011年のデビューシングル「What Makes You Beautiful」や、昨年11月にリリースされた通算3作目となるオリジナル・アルバム「MIDNIGHT MEMORIES」から「Story of My Life」「Best Song Ever」など、番組のためだけに、ロンドンで新たに撮影された最新パフォーマンスとスペシャルトークを紹介します。また、継続的に紹介しているAKB48の被災地訪問も併せてお届けします。

【出演】ONE DIRECTION、AKB48
【司会】Perfume、吉田一貴アナウンサー
【ナレーション】水樹奈々

1401141D_1.jpg

投稿時間:11:00 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


15日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』今回も桜井さん&高見沢さんのコンビが担当。「はじめて物語」では、桜井さんがこれまで飲んだ焼酎を記した「焼酎手帳」を初披露!


『THE ALFEE 終わらない夢』
1月15日(水)後11:00~前0:00
(再) 1月22日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。
15日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は先週に引き続き、桜井さん&高見沢さんのコンビでお送りします。皆さまからお寄せいただいた“夢”にまつわるエピソードを紹介すると共に、THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる今回の「THE ALFEE はじめて物語」は、“はじめてのカレンダー・手帳”をテーマに、収録やコンサートなど仕事の内容を記した手帳や、これまで飲んだ焼酎の種類や感想を記した「焼酎手帳」など、桜井さんのマメな性格がわかる手帳にまつわるエピソードを紹介。さらに、THE ALFEEがデビューした1974年の邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、1974年に日本で初めてミリオンセラーを記録したアルバム「氷の世界」発表した井上陽水さんをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】桜井賢、高見沢俊彦

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:38 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週14日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は、前回に引き続き、佐野さんによる恋愛相談をお送りします


『元春レイディオ・ショー』
1月14日(火)後11:00~前0:00
(再)1月21日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
14日(火)の『元春レイディオ・ショー』は、前回に引き続き、佐野さんが昨年4月から女性誌で連載している恋愛相談を番組で再現する、ラジオ版「街空ハ高ク晴レテ」をお送りします。 また、毎月3枚の番組推薦アルバムを紹介する“3PICKS”では、スティングなど豪華アーティストが参加した、エルヴィス・コステロのバンド“アトラクションズ”のキーボード奏者として知られる、スティーヴ・ナイーヴのアルバム「Together」をとりあげます。どうぞお楽しみに!

※なお、1月14日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は昨年中に収録されたものです。『元春レイディオ・ショー』では、1月21日(火)・2月4日(火)・11日(火・祝)・18日(火)の4週にわたって、大滝詠一追悼特別番組「ありがとう、大滝さん」をお送りする予定です。80年代の『元春レイディオ・ショー』から現在まで、30年間にわたる貴重なアーカイブから、DJ佐野元春さんが編集・構成。故人の想い出を振りかえりながら、大滝さんの肉声と音楽を織り交ぜての追悼特別番組をお届けします。

【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:32 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 1月13日(月・祝)~1月16日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

1月13日(月・祝) 1月14日(火)
ml_kuhaku.jpg ml_20140114.jpg
特集番組のため休止 河西智美

1月15日(水) 1月16日(木)
ml_20140115.jpg ml_20140116.jpg
アイドリング!!! AZU

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

投稿時間:18:21 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週14日(火)からの『歌謡スクランブル』は「70年代フォーク・ニューミュージック集」をお送りします!


『歌謡スクランブル ~70年代フォーク・ニューミュージック集~』
1月14日(火)~18日(土)後1:00~2:00

※13日(月・祝)は特集番組のためお休みです。

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。
70年代前半、自分自身の内面を綴った曲で、フォークソングは幅広い世代に支持を集めました。そして、70年代後半になると、生活感を廃し、おしゃれなポップスの要素が盛り込まれたニューミュージックが人気となっていきました。1月14日(火)~17日(金)の『歌謡スクランブル』は「70年代フォーク・ニューミュージック集(1)~(4)」と題して、70年代幅広い世代に愛されたフォーク・ニューミュージックの作品を集めてお送りします。また、18日(土)は「山本潤子作品集」と題して、「翼をください」(赤い鳥)や「卒業写真」(ハイ・ファイ・セット)など、山本潤子さんがメンバーの一員だったグループのヒット曲をはじめソロ・ナンバーなど、1時間まるまる山本潤子さんを特集します。どうぞお楽しみに!
なお『歌謡スクランブル』では、3月6日(木)~8日(土)にリクエスト特集をお送りする予定です。今回のテーマは、「あの日 あの時 あの人と」。曲目と「あの時、こんな歌を聴いた」や「あの人と、もう一度この曲を聴きたい」など、具体的なエピソードを添えて、2月15日(土)迄におハガキでお寄せください。宛先は、〒150-8001 NHK-FM「歌謡スクランブル」リクエスト特集係まで。たくさんのご応募お待ちしています。※リクエストの募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

14日(火) 70年代フォーク・ニューミュージック集(1)
(よしだたくろう「旅の宿」、井上陽水「心もよう」ほか)

15日(水) 70年代フォーク・ニューミュージック集(2)
(ふきのとう「白い冬」、風「22才の別れ」ほか)

16日(木) 70年代フォーク・ニューミュージック集(3)
(オフコース「眠れぬ夜」、原田真二「てぃーんず ぶるーす」ほか)

17日(金) 70年代フォーク・ニューミュージック集(4)
(八神純子「みずいろの雨」、久保田早紀「異邦人」ほか)

18日(土) 山本潤子作品集
(山本潤子「いつでも夢に花束を」、「童神~天の子守唄~(みんなのうたバージョン)」ほか)

【司会】逢地真理子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:02 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週13日(月・祝)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」&「今さら訊けないABC」をお送りします!


『松尾潔のメロウな夜』
1月13日(月・祝)後11:00~前0:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きなR&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお送りします。
2014年最初の放送となる13日(月・祝)の『松尾潔のメロウな夜』は、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」をお届けします。新譜からは、昨年12月突如、配信先行リリースされたビヨンセの通算5作目となるオリジナル・アルバム『BEYONCÉ』から「Blow」などを紹介。また番組後半では、R&Bファンの間でよく使われる音楽専門用語を、ABC順にピックアップして、分かりやすく解説するコーナー「今さら訊けないABC」をお送りします。今回はその10回目“J”から始まる専門用語を楽曲と共に紹介していきます。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:57 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


昭和の音楽シーンを彩った美しいハーモニーをたっぷりとお届け!来週13日(月・祝)放送『今日は一日"昭和のコーラス・グループ"三昧』


『今日は一日“昭和のコーラス・グループ”三昧』
1月13日(月・祝)後0:15~10:45(中断あり)

歌謡曲、ジャズ、童謡唱歌、ポップス、フォーク、TV主題歌、CMソングなど、日本経済が飛躍的に成長をとげた昭和の時代には、常に心揺さぶるコーラス・グループ、そして、思い出に残る名曲たちが数多くありました。NHK-FMでは、1月13日(月・祝)後0:15から約10時間にわたって『今日は一日“昭和のコーラス・グループ”三昧』を放送! デューク・エイセス、ダーク・ダックス、ボニー・ジャックス…日本が生んだ“三大コーラス・グループ”から、フォーク、ニューミュージックのコーラス・グループまで、昭和の音楽シーンを彩ったコーラス・グループによる名曲の数々をお送りします。
ゲストには、イラストレーターの和田誠さんをお迎えするほか、タイムファイブによるスペシャル生ライブも披露していただきます。さらに、コーラスを愛するシンガーや著名人の皆さんがコメントで登場。コーラスの魅力とオススメのナンバーを紹介していただきます。また、皆さまからお寄せいただいた「あなたが聴きたい昭和を彩った思い出のコーラス」もたっぷりとお届け!「私の青春時代、思い出の一曲」「もう一度聴きたいあの一曲」「私が歌った、あの一曲」「ついつい口ずさんでしまうこの一曲」「あなたが思うNO.1コーラス・グループは?」などなど、美しいハーモニーであなたを昭和の時代へと誘います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】和田誠
【ライブゲスト】タイムファイブ
【コメントゲスト(五十音順)】
 阿佐ヶ谷姉妹、泉麻人、加藤いづみ、国分友里恵、
 しゅうさえこ、中西圭三、村井邦彦、山上路夫
【司会】濱田高志(アンソロジスト)、鈴木啓之(アーカイヴァー)、
     岩槻里子アナウンサー


chorus1.jpgchorus2.jpg ※『今日は一日 “昭和のコーラス・グループ”三昧』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:53 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエーターズ・ファイル』1月のマンスリーDJは、TOKYO No.1 SOUL SETが担当します!


『サウンドクリエーターズ・ファイル ~TOKYO No.1 SOUL SET~』
1月12・19・26日(日)後9:00~10:30

さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する番組『サウンドクリエーターズ・ファイル』。
1月のマンスリーDJは、昨年12月、前作「Grinding Sound」から約1年9か月ぶりにニューアルバム「try∴angle」をリリースされたTOKYO No.1 SOUL SETの皆さんが担当します!番組では、ニューアルバムのお話はもちろんのこと、メンバー自ら音楽歴を振り返ります。どうぞお楽しみに!

【DJ】TOKYO No.1 SOUL SET

※『サウンドクリエーターズ・ファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:17:41 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月11日(土)・12日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション 2014新年スペシャル ゴンチチ60歳』
1月11日(土)前7:20~11:00

アコースティック・ギターデュオのゴンチチ(ゴンザレス三上&チチ松村)が「快適音楽」をノンジャンルで紹介している『世界の快適音楽セレクション』のスペシャル版を、11日(土)前7:20から放送時間を拡大してお送りします。
毎回、意表を突くテーマに沿って繰り広げられる多彩な音楽とひょうひょうとしたおしゃべりはリスナーの皆様の絶大な支持を得ていますが、恒例の“新年スペシャル”では、番組開始から15年目を迎え、ゴンチチのお二人も2014年に60歳になるという節目の年を迎えるにあたり、人生における“60歳”について、ミュージシャンや他分野のプロフェッショナルな方々のインタビューを交えながら、追求していきます。さらに、番組開始当初の秘蔵録音や、毎年年末に沖縄で行っているライブ音源などもお届けします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】旦匡子、フジタマサヨシ
【出演】ゴンチチ、藤川パパQ、湯浅学、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『アニソン・アカデミー』
1月11日(土)後2:00~4:00

創成期から現代までの幅広いアニソンを取り上げ、皆さんのリクエストを中心にお送りしている『アニソン・アカデミー』。パーソナリティーは、アカデミーの生徒会長役として、アニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当しています。今回の講師(ゲスト)は、コンテンツメディアプロデューサーの櫻井孝昌さんが来校! また、アニソンランキング部では、ついに2003年の名曲ベスト10を発表。どうぞお楽しみに!

【講師(ゲスト)】櫻井孝昌
【司会(生徒会長、書記)】中川翔子、あべあきら、藤崎弘士アナウンサー

※『アニソンアカデミー』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは@nhk_anison
 公式ハッシュタグは#aniacaです!


<関連番組>
◆アニメから“健康”が見える!? Eテレで中川翔子さんのレギュラー番組放送中!

『名作ホスピタル』
Eテレ 毎週土曜 前0:00~0:15 (金曜深夜)
(再)Eテレ 翌週月曜 前5:50~6:05

あなたは信じますか?名作アニメの中に健康へのヒントがかくされていることを…いつの時代でも感動を与える「名作アニメ」。そこに込められた“ふかーい!”メッセージについて日本の名医たちと“貪欲”トークする番組『名作ホスピタル』。次回10日(金)深夜は、2013年11月にお送りした、公開収録 in 日本科学未来館「しょこたん宇宙へ行く・こころ編」を再放送!宇宙空間で起きるメンタルな問題に迫ります。どうぞお楽しみに!(初回放送:2013年11月9日)

※『名作ホスピタル』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮 “日本のワルツでニューイヤーコンサート”』
1月11日(土)後9:00~10:00
(再)1月13日(月・祝)前10:00~11:00

新年の初回となる11日(土)の『クラシックの迷宮』は、日本のワルツをお送りします。
日本の伝統音楽では、3拍子とは元々あまり縁がないものですが、武満徹氏、芥川也寸志氏、 黛敏郎氏などの日本を代表する作曲家たちは、さまざまなワルツを残しました。番組では、日本人とワルツの歴史を紹介しつつ、武満徹の「映画“他人の顔”挿入歌“ワルツ”」や、芥川也寸志の「映画“八つ墓村”から“道行のテーマ”」など、さまざまなワルツやワルツ風の音楽を集めてお届けします。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)


『FMシアター “ハードボイルド・ボギー”』
1月11日(土)後10:00~10:50

11日(土)の『FMシアター』は、ハードボイルドの世界に浸り、往年の俳優ボギーに心酔する真面目なサラリーマンが、中3、小5、小1の三人の子供たちと何日も共にする「2013年度 第34回BKラジオドラマ脚本賞」で最優秀賞に選ばれた「ハードボイルド・ボギー」をお送りします。
「ハードボイルドの美学」と称して、損得抜きの生き方を実践する主人公が、子供たちと暮らすうち最良の保護者のようになってくる(?) 現実では考えにくい状況を、あたかもファンタジーのような軽やかさで描き、大人と子供たちとの絆について問い直す作品。

【作】鈴木絵麻
【出演】蟹江一平、川添公二、関本聖、杉本湖凛、
    松田崚佑、斎藤稜、谷広子、丸元凌輔、
    伊藤えん魔、藤本幸広、山﨑千惠子、野田晋一、
    本郷颯、脇塚優

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト
 ~新春特別企画 三木俊雄フロント・ページ・オーケストラを迎えて~』
1月11日(土)後11:00~翌前1:00

11日(土)新年第1回目の『ジャズ・トゥナイト』は、お正月特別企画として、本邦ビッグ・バンド界に新風を吹き込む三木俊雄フロント・ページ・オーケストラ(10人編成)をスタジオに迎えてお送りします。番組では、リーダーの作・編曲にかける意欲などを伺いながら、オーケストラのライヴ演奏を楽しむという豪華版でお届けします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】三木俊雄
【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “宮廷の祝婚歌”』
1月12日(日)前7:20~8:10
(再)1月18日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第2週の解説は、指揮者・鍵盤楽器奏者の花井哲郎さんが担当します。
ルネサンスの時代、イタリアなどヨーロッパでの貴族の婚礼は、音楽や劇で壮麗に祝われました。12日(日)の『ビバ!合唱』は「宮廷の祝婚歌」と題して、そのような機会に上演された晴れやかな音楽作品をお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】花井哲郎

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “吹奏楽で描く戦国時代”』
1月12日(日)前8:10~9:00
(再)1月18日(土)後8:10~9:00

たくさんの戦国武将たちが天下を取ろうとしのぎを削った16世紀の日本。その戦乱の時代を表現するのに、力強い響きを持つ管楽器がたくさん集まった吹奏楽を多くの作曲家が使っています。12日(日)の『吹奏楽のひびき』は「吹奏楽で描く戦国時代」と題して、“戦国時代”を描いたタイプの違う4曲をお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “指揮者 アンドレ・クリュイタンスの至芸”』
1月12日(日)前9:00~11:00

1月の『名演奏ライブラリー』は、各国の個性派指揮者に焦点をあてたラインナップをお送りします。12日(日)は、ベルギーの名指揮者アンドレ・クリュイタンスをとりあげます。
クリュイタンスは、1905年アントワープの代々音楽家の家系に生まれ、ピアノや音楽理論、指揮を学びました。指揮者であった父親の教育方針もあって、幼い頃からフランスとドイツ、両方の文化に触れて育ち、そうした背景から、クリュイタンスは、フランス語圏出身でありながらドイツ人作曲家の作品も得意とする指揮者となりました。
番組では、そんなクリュイタンスの二つの大きなレパートリーに注目。ラヴェルとフォーレの作品で流麗なフランス音楽を、ベートーベンの交響曲で重厚なドイツ音楽をそれぞれお届けします。フランス音楽とドイツ音楽という、一般的には相反すると思われがちな二つのジャンルで、それぞれの定評をもつクリュイタンスの演奏をお楽しみください。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂 ~海外小説と翻訳の妙を語る~』
1月12日(日)後0:15~2:00

古典の新訳、超訳本が次々に出版され、従来、読みにくいと敬遠されていた海外小説が人気を集めています。12日(日)の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「海外小説と翻訳の妙を語る」と題して、その面白さをどうわかりやすい日本語に置き換えて感動と共感を与えるのか、著作もエッセーも若い女性を中心に絶大な人気を得ている、作家の西加奈子さんと翻訳家の岸本佐知子さんをゲストにお迎えし、海外小説の魅力や創作における言葉の紡ぎ方を伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】西加奈子 (作家)
     岸本佐知子 (翻訳家)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
1月12日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
12日(日)の『洋楽80'sファン倶楽部』は、シャーリー富岡さんが新年1回目の放送にふさわしい80'sナンバーを選曲、そして、そのナンバーの歌詞や曲のイメージから連想されるナンバーを次々と紹介していくニュー・イヤー・ヴァージョンでお送りします。また、リクエストを交えて80年代の隠れた名曲を紹介する「マイ・ミュージック・ギャラリー」のコーナーや、新しい一週間に向けて気分をリフレッシュできる曲をお届けする「ミュージック・フォー・トワイライト・タイム」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『セッション2014 ~テッド・ローゼンタール・トリオ~』
1月12日(日)後10:30~11:30
(再)1月17日(金)前10:00~11:00

12日(日)の『セッション2014』は、確かな実力に裏打ちされた、豊富なアイデアと多彩なタッチで、聴く人を魅了するピアニスト、テッド・ローゼンタールが登場!
テッド・ローゼンタールは1959年、ニューヨーク郊外のグレート・ネック生まれ。12才からピアノを始め、トニー・アレスに師事。高校生の時には、レニー・トリスターノやジャッキー・バイアードからジャズの教えを受けた後、マンハッタン音楽院でクラシック・ピアノを学びました。1988年、第2回セロニアス・モンク・ピアノ・コンペティションで優勝。1990年代には、ジェリー・マリガン・カルテットのレギュラー・ピアニストとして活躍し、マリガンの死後には、リー・コニッツやランディ・ブレッカーらとジェリー・マリガン・オールスター・トリビュート・バンドを結成。その録音は、グラミー賞にノミネートされました。近年は、ジュリアード音楽院とマンハッタン音楽院で教授を務め、後進の指導を行うほか、クラシック音楽をジャズにアレンジするという独自の取り組みに力を入れています。
今回は、自己のピアノ・トリオでスウィンギーなアレンジを施した、ガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」を携えて来日。どうぞお楽しみに!

【演奏】テッド・ローゼンタール (ピアノ)
    植田典子 (ベース)
    クインシー・デイビス (ドラムス)
【案内】濱中博久

※『セッション2014』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』1/11(土)のゲストは大東駿介さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 1月11日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 1月14日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
岡田さんが脚本を手がけたドラマ『木曽オリオン』(1月22日(水)後10:00~放送)に出演される大東駿介さんをお迎えします。


0111_rockber.jpg大東さんが学生時代に熱中した楽曲を中心に影響を受けた音楽を紹介していただきます。また、クリープハイプの尾崎世界観さん原案による映画『自分の事ばかりで情けなくなるよ』の制作秘話も伺います。さらに『木曽オリオン』では、木曽町と星の魅力にとりつかれたという大東さん。満天の星空のもとで働く天文台の研究者という役どころなど、岡田さんと語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】大東駿介
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら
 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「番組へのメッセージ」から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください



<関連番組>
◆岡田さん脚本&大東さんが出演するプレミアムドラマ!
『木曽オリオン』
BSプレミアム 1月22日(水)後10:00~10:58


※『木曽オリオン』番組ホームページはこちら

※長野放送局ドラマスタッフ日記はこちら

◆岡田さんが脚本を手がけた『ちゅらさん』再放送中!
『連続テレビ小説 ちゅらさん』
BSプレミアム 毎週月曜~土曜 後7:00~7:15


※『ちゅらさん』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日10日(金)の『ヒャダインの"ガルポプ!"』は、ゲストに元AKB48・元SDN48の大堀恵さんをお迎えしてお送りします!


『ヒャダインの“ガルポプ!”
  ~アイドルの裏側から見たガールズポップス~』
1月10日(金)後10:00~10:45

隔週金曜日の後10:00からお送りしている、ヒャダイン(前山田健一)さんが、新世代のアイドルグループやガールズポップスについて語り尽くす音楽番組『ヒャダインの“ガルポプ!”』。
10日(金)の『ヒャダインの“ガルポプ!”』は、ゲストに元AKB48・元SDN48のメンバー、そして現在は“人妻アイドル”として活躍する大堀恵さんをお迎えし、「アイドルの裏側から見たガールズポップス」というテーマでお送りします。アイドルを夢見て専用劇場のオープン直前にAKB48メンバー募集に応募した大堀さん。秋葉原で彼女を待っていたものは…? また、晴れて正式メンバーとなった後にふりかかってくる激動の日々、その波瀾万丈のアイドル人生とは!? さまざまな経験を乗り越えて、行き着いた“め~たん流人生哲学”に、ヒャダインさんも脱帽の45分。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】大堀恵
【DJ】ヒャダイン

※『ヒャダインの“ガルポプ!”』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!
『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:45

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の番組『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、お送りしています。次回1月11日(土)は、大阪堀江系ガールズグループ、Especiaがゲスト出演。グループ結成秘話や知られざる苦労話をはじめ、大阪独特のファッションに身を包む彼女たちのプライベート・ファッションの全貌も明らかに!恋愛OKという異例のアイドルEspeciaだからこそできる企画など盛りだくさんでお送りします。どうぞお楽しみに!

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

◆ヒャダインさんがゲスト出演!
『ワラッチャオ!』
BSプレミアム 1月12日(日)後5:30~5:59
(再)BSプレミアム 1月16日(木)後6:00~6:29

今回は、番組テーマ曲「ヘンテコリン」を提供してくれた前山田健一(ヒャダイン)さんがゲスト出演!テコリンタウンに住む売れない音楽プロデューサーとして、新人アーティストの曲をドックンたちに聞いてもらおうと試みる。果たしてどんな結果になるのやら…。どうぞお楽しみに!

※『ワラッチャオ!』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:32 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


10日(金)放送!『DJクラシック 錦織健の"しゃべくりオペラハウス"~フィデリオ~』


『DJクラシック
 錦織健の“しゃべくりオペラハウス”~フィデリオ~』
1月10日(金)後9:10~10:00

第一線で活躍するクラシックのアーティストによる、クラシックファンのための、クラシック番組『DJクラシック』。各ジャンルのトップアーティストによる経験に裏打ちされた説得力あるトークと、評論家とはちがうユニークな視点、その人となりを感じる語り口で、これまでのクラシック番組とはひと味違うひとときを、4人のアーティストが週替わりでお届けしています。
新年最初の放送となる1月10日(金)は、テノール歌手の錦織健さんがオペラの醍醐味を紹介する「しゃべくりオペラハウス」。今回は、ベートーベンが完成させた唯一のオペラ「フィデリオ」をとりあげます。番組では、パーソナリティーのお二人による“なりきりオペラシアター”で、今回も分かりやすく物語を解説。さらに“オペラにQ”コーナーでは、「フィデリオ」やベートーベンに関するクイズも出題、皆さんも水落さんと一緒にお考えください。また番組では、リクエストや番組の感想など、下記の番組ホームページから募集中です。たくさんのメッセージお待ちしております!

【DJ】錦織健
【きき手】水落幸子

※『DJクラシック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:12 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ9日(木)いよいよシーズン4がスタート!『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4“電子音楽”編(1)』
Eテレ 1月9日(木)後11:25~11:55 
(再)Eテレ 1月16日(木)前0:30~1:00 (15日(水)深夜)

2010年、2011年、2013年とお送りしてきた『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』の新シーズンが、Eテレ1月9日(木)からスタートします!
音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成した音楽全集の制作。人類の生み出した偉大なる文化“音楽”の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』です。(スコラとはラテン語で「学校」の意味) 今回のシーズン4では「電子音楽」「日本の伝統音楽」「20世紀の音楽」の3テーマをとりあげていきます。
1月9日(木)からのシーズン4、最初のテーマは「電子音楽」。テクノロジーの急速な発展はどのように音楽に影響したのか?という視点で、20世紀の音楽史を4回にわたって紐解いていきます。第1回は、電子音楽の夜明けについて。電子音楽が生まれる背景と、新しく登場した電子楽器を学びます。また、ワークショップでは、生徒たちが世界初の電子楽器であるテルミンの演奏に挑戦。さらにフランスで生まれたオンド・マルトノの仕組みも学びます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】
小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)、
川崎弘二(電子音楽研究)、
三輪眞弘(作曲家、メディアアーティスト、情報科学芸術大学院大学教授)
【ワークショップ講師】
竹内正実(テルミン奏者)、
大矢素子(オンド・マルトノ奏者、東京芸術大学楽理科教育研究助手)
【講師】坂本龍一
【ナレーション】兼清麻美アナウンサー

140107file_00043r.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:50 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


9日(木)放送『ザ・ソウルミュージック』毎月第1週は"Star Of The Month"1月生まれのソウルスターNo.1は誰か?


『ザ・ソウルミュージック “Star Of The Month~January~”』
1月9日(木)後11:00~前0:00
(再)1月16日(木)前10:00~11:00

毎月第1週の『ザ・ソウルミュージック』は、番組厳選のその月生まれのアーティスト3人の中から、リスナーの皆さんの投票で一番人気を獲得したアーティストを取り上げ、その足跡をリクエスト曲とともに振り返る生誕祝賀祭“Star Of The Month”をお送りします。今回番組が選んだ1月生まれのアーティストは、R・ケリー(1967年1月8日生)、メアリー・J.ブライジ(1971年1月11日生)、アリシア・キーズ(1981年1月25日生)の3人。さて、ソウルスターNo.1は誰か?どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:31 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


新年1月8日(水)放送『THE ALFEE 終わらない夢』は、桜井さん&高見沢さんのコンビが担当。「はじめて物語」では、書き初めの思い出を語ります!


『THE ALFEE 終わらない夢』
1月8日(水)後11:00~前0:00
(再) 1月15日(水)前10:00~11:00

全国のリスナーと一緒に大好きな音楽、愛すべき仲間たちとつながっていく、THE ALFEEのレギュラー番組『THE ALFEE 終わらない夢』。
新年1回目の放送となる8日(水)の『THE ALFEE 終わらない夢』は、桜井さん&高見沢さんのコンビでお送りします。皆さまからお寄せいただいた“夢”にまつわるエピソードを紹介すると共に、THE ALFEEがチャレンジし続けてきた数々の活動にスポットをあてる今回の「THE ALFEE はじめて物語」は、“はじめての書き初め”をテーマに、高見沢さんが教師だった父の影響で習字が苦手になってしまったエピソードなどを語ります。「2014年書き初めをするなら?」という質問で二人が選んだ言葉とは?
さらに、邦・洋問わず名曲・ヒット曲を振り返るコーナーでは、今回からTHE ALFEEデビュー年の“1974年”にスポットを当ててお送りします。今回は、1974年にアルバム「461 Ocean Boulevard」発表したエリック・クラプトンをとりあげます。また、今さら聞けない質問や、今だから聞きたい質問など、皆さまからの3人に対する質問にお応えする「目安箱」のコーナーや、時に心を癒し、時に背中を押すTHE ALFEEのナンバーを紹介する「THE ALFEE処方箋」のコーナーもお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】桜井賢、高見沢俊彦

※『THE ALFEE 終わらない夢』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:52 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日7日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は、佐野さんによる恋愛相談をお送りします


『元春レイディオ・ショー』
1月7日(火)後11:00~前0:00
(再)1月14日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
佐野さんが2013年4月から女性誌で連載している恋愛相談。新年最初となる7日(火)の『元春レイディオ・ショー』は、その読者とのやりとりを番組で再現する、ラジオ版「街空ハ高ク晴レテ」をお送りします。 また、毎月3枚の番組推薦アルバムを紹介する“3PICKS”1月分も発表します。


※なお、1月7日(火)・14日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は昨年中に収録されたものです。『元春レイディオ・ショー』では、1月21日(火)・2月4日(火)の2週にわたって、大滝詠一追悼特別番組「ありがとう、大滝さん」をお送りする予定です。80年代の『元春レイディオ・ショー』から現在まで、30年間にわたる貴重なアーカイブから、DJ佐野元春さんが編集・構成。故人の想い出を振りかえりながら、大滝さんの肉声と音楽を織り交ぜての追悼特別番組をお届けします。

【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:39 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません