2013年2月

NHK-FM 3月2日(土)・3日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~ハートの音楽~』
3月2日(土)前9:00~11:00

生命をつかさどる心臓。それをかたどったハートマークは、心や愛を象徴します。3月2日(土)の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは「ハートの音楽」。私たちにとって最も身近で大切な、ハートの音楽を楽しみましょう。

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮 “寒い国から来たフーガ”』
3月2日(土)後9:00~10:00
(再)3月7日(木)前10:00~11:00

3月2日(土)の『クラシックの迷宮』は、中国出身の在仏女性ピアニスト、シュ・シャオメイの演奏でバッハの作品をお送りします。
シュ・シャオメイは文革時代、内モンゴルに下放された際、寒さの中、指慣らしにぴったりだったのが、バッハのフーガだったといいます。単純なテーマから徐々に錯綜してゆくフーガ。指に血が通い始めると、ともに音符の数も増えてゆく―。そこで登場するのが、フーガは寒さゆえに発達したのでは?という仮説。北ドイツでフーガが隆盛をきわめた時期は、「17世紀ヨーロッパ危機」の最中にあたり、その重大要素の一つは「小氷河期」と呼ばれるほどの寒冷化でした…。番組では、フーガと寒さには果たして関係があるのか?を紐解いていきます。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)


『FMシアター “祈られる者たち”』
3月2日(土)後10:00~10:50

3月2日(土)の『FMシアター』は、NHK宮崎放送局制作の「祈られる者たち」をお送りします。
働くことに実感がわかず“のんびり”就職活動をする、宮崎の私立大学生・黒木琢磨。面接では、バイトにサークルと“ありきたり”な話で「祈られて」(不合格)ばかり。福岡の企業面接からの帰りの高速バスで、琢磨は県外で“バリバリ”就活する国立大学の日高みなみと出会う。彼女に誘われ、やってきたのは“スパルタ”就活塾。塾長の権藤による面接の猛特訓が始まる。「なぜ働くのか?」「自分の個性とは?」琢磨とみなみは答えを見つけ、内定を勝ち取ることができるのか?笑いあり涙あり、恋愛あり?の青春“スポコン”ドラマ。

 【作】大河内聡
【出演】須賀健太、武田真依、藤本隆宏、中山ヨシロヲ、
    かしのともこ、植村友紀、鶴賀皇史朗、山下晶、 
    中嶋さと、高見慎一郎、柴田聖矢、幸俊也

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “寺井尚子を迎えて”』
3月2日(土)後11:00~翌前1:00

今年、ジャズ・ヴァイオリンの第一人者、寺井尚子さんはプロデビュー25周年、CDデビュー15周年を迎えます。3月2日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、寺井尚子さんをスタジオにお招きし、デビュー25周年記念アルバム「C’est La Vie」を聴きながら、近年の活躍ぶりや、東京JAZZでも共演されたアコーディオン奏者のリシャール・ガリアーノ氏や、アルバムで共演されたピアニストのケニー・バロン氏との出会いや共演時のお話などを伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】寺井尚子 (ヴァイオリニスト)
【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 ~松平敬のワンマン・アカペラ~』
3月3日(日)前7:20~8:10
(再)3月9日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第1週は、合唱指揮者・大谷研二さんの解説でお送りします。
今回は、作曲や指揮でも活躍する若手声楽家、松平敬さんを特集。1人の声で最大16声部を歌い分けた多重録音が話題となり、2010年文化庁芸術祭レコード部門の優秀賞を受賞したアルバム「MONO=POLI」を中心にお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき ~パリを訪ねて~』
3月3日(日)前8:10~9:00
(再)3月9日(土)後8:10~9:00

3月3日(日)の『吹奏楽のひびき』は、フランス以外の作曲家たちがパリを描いた作品をお届けします。
古くから「芸術の都」と賞されていたパリは、音楽家たちにとっても憧れの街であり、ガーシュウィンの「パリのアメリカ人」をはじめ、多くの作曲家が集い作品を書いてきました。また、現代の吹奏楽の作曲家の中にもパリに憧れ、その印象を作品にしたものが多くあります。今回番組では、それらの作品とガーシュウィンの作品とをあわせて聴き、その感じ方の違いを味わいます。どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “孤高のマエストロ ジュゼッペ・シノーポリ”』
3月3日(日)前9:00~11:00

過去の録音遺産の中から 新しき発見と感動を、諸石幸生さんの案内でお届けしている『名演奏ライブラリー』。3月3日(日)の『名演奏ライブラリー』は、イタリアの個性派指揮者ジュゼッペ・シノーポリを特集します。
ジュゼッペ・シノーポリは、1946年ヴェネツィアで生まれ、作曲と指揮の他に、大学で心理学や脳外科なども修めており、それらの影響を受けたとされる知的なアプローチで注目を集めました。その鋭い分析による個性的な解釈から、熱烈な崇拝と批判を同時に呼び起こし、スター指揮者としての名声を高めました。1984年フィルハーモニア管弦楽団、1992年にシュターツカペレ・ドレスデンの常任指揮者になり、2001年4月ベルリン・ドイツ・オペラでヴェルディの歌劇「アイーダ」を指揮中に倒れ、帰らぬ人となりました。番組では、シノーポリが得意としたリヒャルト・シュトラウスやシューマンの作品をはじめ、オペラなどをお届けします。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
3月3日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
3日(日)は「ひなまつり」にちなんで、「シー・デビュードゥ・イン・ジ・80's」と題し、80年代に数多くデビューした女性アーティストの中から、特に80年代後半のヒットチャートをにぎわせたアーティストにスポットを当ててお送りします。
また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、トーキング・ヘッズのメンバーから生まれたダンス・ポップバンド、トム・トム・クラブをとりあげます。先日12年ぶりにリリースしたニュー・アルバム「ダウンタウン・ロッカーズ」からのナンバーもお届け。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~安室奈美恵~』
3月3・10日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
3・10日(日)の『ミューズノート』は、昨年デビュー20周年を迎え、全国5大ドームツアーを成功させた日本の歌姫、安室奈美恵さんを2週にわたって特集します。島袋さんにとって身近な先輩であり憧れの存在である安室さんの楽曲やファッション、歌声の魅力などについてたっぷりと語ります。1週目の3日(日)は、ユーロビートの洋楽カバーや小室哲哉氏プロデュースの楽曲など、初期のヒット曲を中心にお届けします。また番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『セッション2013 ~浅井良将セプテット~』
3月3日(日)後11:00~前0:00
(再)3月8日(金)前10:00~11:00

3月3日(日)の『セッション2013』は、関西を拠点に活躍している実力派若手アルト・サックス奏者、浅井良将が率いるセプテットのライブをお届けします。
浅井良将は、1985年兵庫県神戸市生まれ。甲南中学・高校のビッグバンドでアルト・サックスを演奏し、2002年Student Jazz Festivalでは兵庫県知事賞を受賞。2004年11月、Left Aloneアマチュアバンドオーディションで最優秀ソリスト賞を受賞し、関西を中心に演奏活動を始めました。現在は、関西のみならず、名古屋、東京にも活動範囲を広げ、自己のカルテット、セプテットをはじめ、市原ひかりグループ、Frontpage Orchestra、Gingerbread Boys、宮川純グループ、Kyoto Composers Jazz Orchestraなどでも精力的に演奏活動を行っています。関西を中心に活動する、才能溢れる若手ミュージシャン7人によるステージを、どうぞお楽しみに!

【演奏】浅井良将(アルト・サックス)、吉本章紘(テナー・サックス)、
    横尾昌二郎(トランペット)、今西佑介(トロンボーン)、
    加納新吾(ピアノ)、宮上啓仁(ベース)、
    定岡弘将(ドラムス)
【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2013』番組ホームページはこちら


『ワールドミュージックタイム~春によせて~』
3月4日(月)前0:00~1:00 (3日(日)深夜)
(再)3月11日(月)前10:00~11:00

地球上で春夏秋冬、四季の区別がはっきりとしている地域というのは決して多くありませんが、寒い地域でも、大地に春の訪れを感じることはあります。3月3日(日)深夜の『ワールドミュージックタイム』は「春によせて」と題して、ロシアの復活祭の前の、春の到来を待つ時期のお祭りや行儀などでよく歌われる、モスクワ女声民謡アンサンブルの歌など、巡り来る春に因んだ曲を選曲してお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】北中正和

※『ワールドミュージックタイム』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ことし結成40周年! 3月2日(土)総合テレビで放送『SONGS ~安全地帯~』


『SONGS ~安全地帯~』
総合テレビ 3月2日(土)後11:00~11:29
(再)総合テレビ 3月8日(金)前1:15~1:44 (7日(木)深夜)

3月2日(土)の『SONGS』は、安全地帯が登場! 2013年は、玉置浩二さんが武沢豊さんと共に、地元・旭川の中学時代に安全地帯を結成して40周年となります。今回番組では、彼らがデビューを夢見て日夜練習にはげんだという旭川市でロケを敢行。音楽活動を支え続け、今年ダイヤモンド婚を迎えたという玉置さんの両親とのふれあいや、後輩である地元の中学生に向けて歌をプレゼントする場面も。また、かつてメンバーでリハーサル合宿を行った思い出の場所を訪ね、知られざるエピソードや感動秘話を紹介します。どうぞお楽しみに!

【出演】安全地帯
【語り】守本奈実アナウンサー

130228file_00012u.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら


<関連番組>
ソロアーティスト玉置浩二と安全地帯、2つの魅力を紹介!
『武田鉄矢のショータイム“~玉置浩二&安全地帯~”』
BSプレミアム 3月12日(火)後9:00~10:29

(再)BSプレミアム 3月31日(日)後1:30~2:59

各分野一流のゲストを招き、その人の至芸や作品を十分に堪能しながら、話術の名手・ホストの武田鉄矢さんがそのすごさと魅力に迫る『武田鉄矢のショータイム』。
3月12日(火)は、玉置浩二さんと結成40周年を迎えた安全地帯がゲスト。ソロアーティストの玉置浩二とバンドとしての安全地帯の魅力を存分に紹介します。猛烈に忙しかった1980年代のエピソードや、40年にわたりいっしょに活動してきたバンドとしての喜び、秘話などふだんは聞けないトークを展開。また、安全地帯のヒット曲はもちろんのこと、玉置さんの最新曲「純情」など、バンドとソロの名曲の数々を披露します。玉置浩二と安全地帯の魅力がいっぱい詰まった89分。どうぞお楽しみに!

【出演】玉置浩二、安全地帯
【司会】武田鉄矢、はしのえみ

※『ショータイム』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:45 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ3月1日(金)放送の『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 "アフリカの音楽"(3)』は、「アフリカの言葉と歌」をテーマにお送りします


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 “アフリカの音楽”(3)』
Eテレ 3月1日(金)後11:00~11:30 
(再)Eテレ 3月7日(木)前0:30~1:00 (6日(水)深夜)

音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成した音楽全集の制作。人類の生み出した偉大なる文化“音楽”の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』です。(スコラとはラテン語で「学校」の意味)
3月1日(金)は“アフリカの音楽編”の3回目、「アフリカの言葉と歌」をテーマに、言葉と音楽の境界があいまいなアフリカの音楽を、豊富な現地での録音を基にひも解きます。また、生活とともにある歌を紹介しながら、そのいきいきとした表現を体感します。ワークショップでは、小学生たちが前回に引き続き、ポリリズムをマスターすることに挑戦。番組最後の演奏では、アフリカのミュージシャンが、伝統音楽を番組のためにスペシャルアレンジで披露。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】塚田健一(広島市立大学教授)、
          小沼純一(早稲田大学教授)、
          川瀬慈
    【演奏】ラティール・シー、ウスマン・ジェジュー、
          ダウール・ユッスー・ンジャイ、ウィンチェスター・ニ・テテ
【講師・演奏】坂本龍一
     【語り】小林千恵アナウンサー

130227file_0000su.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:23 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


3月1日(金)BSプレミアムで放送!『旅のチカラ "私のピアノ"が生まれた町へ~矢野顕子 ドイツ・ハンブルク~』


『旅のチカラ
 “私のピアノ”が生まれた町へ~矢野顕子 ドイツ・ハンブルク~』
BSプレミアム 3月1日(金)後10:00~10:59
(再)BSプレミアム 4月25日(木)前8:00~8:59

(再)BSプレミアム 8月15日(木)前8:00~8:59

各界で活躍する旅人が、今の自分を乗り越えようと、いつか訪れたいと思ってきた場所や、その地ならではの奥深い風土や文化と触れあう番組『旅のチカラ』。今回の『旅のチカラ』は、音楽家・矢野顕子さんが20年以上愛用しているピアノが作られた、ドイツ・ハンブルクを訪れ、“豊かな音”の秘密を探る旅をお送りします。
矢野さんが“自分にぴたっとくるピアノ”を探し続けて出会ったのが、スタインウェイ&サンズ社のハンブルグ工場で作られたピアノでした。「誰が、どのようにしてこの素敵なピアノを生み出したのか?」 矢野さんは、自分の分身でもあるピアノの生まれ故郷ドイツ・ハンブルクを訪れ、響きへのこだわりを育み、先代から受け継いできた伝統を守り続けているピアノ作りに携わる職人たちや、スタインウェイの創業者ヘンリー・スタインウェイ氏が、1830年代に妻のために作った最初のピアノと出会います。さらに、スタインウェイ氏の生まれ故郷・ハルツ地方の豊かな森へと向かい、ピアノという楽器が、職人、樹木、そして膨大な時間からの贈り物だと実感する旅を追います。どうぞお楽しみに!

【出演】矢野顕子
【語り】宗方脩

130227file_00010d.jpg

投稿時間:17:12 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム28日(木)放送!『プレミアムアーカイブス ハイビジョン特集"ピアノの詩人ショパンのミステリー"』


『プレミアムアーカイブス ハイビジョン特集
 “ピアノの詩人ショパンのミステリー”』
BSプレミアム 2月28日(木)前9:00~10:34.30

(再)BSプレミアム 3月9日(土)前1:15~2:49.30 (8日(金)深夜)
(再)BSプレミアム 8月29日(木)前9:00~10:34.30
(再)BSプレミアム 9月6日(金)前1:00~2:34.30 (5日(木)深夜)

ピアノの詩人ショパンが作り出した独自の世界。今もピアノファンを魅了する音楽はどこから生まれたのか? 死後160年以上を経た今も広く親しまれ、第一線のアーティストまで魅了し続けるショパンの名曲たち。その尽きせぬ魅力の源には何があるのか? 番組では、日本を代表するピアニスト・仲道郁代さんが、ショパンの音楽を育んだポーランドやフランスを訪れ、ショパンの直筆譜やポーランドの民族音楽に触れたり、ショパンが愛用していた“プレイエル社製のピアノ”と出会い、ロマンティックな印象を与えるショパンの記譜法の秘密や、ペダルの指示記号の位置の疑問、不思議な運指の理由など、ショパンの音楽の魅力に迫ります。どうぞお楽しみに! (初回放送:BShi 2007年11月28日)

【出演】仲道郁代 (ピアニスト)
【プレミアムアーカイブス・キャスター】内藤裕子アナウンサー


bshi_2013.jpg※『プレミアムアーカイブス』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:42 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『小西康陽 これからの人生。』明日27日(水)は「おおたえみり これからの人生。」を放送!


『小西康陽 これからの人生。』
2月27日(水)後11:00~前0:00
(再)3月6日(水)前10:00~11:00

毎月最終水曜日の夜に、小西康陽さんが「いま、本当に聴きたい音楽」を、月替わりのテーマでお送りしている『小西康陽 これからの人生。』。
27日(水)の『小西康陽 これからの人生。』は、2010年の常盤響さん、2011年のカジヒデキさんに続いて、選曲・構成・出演と「番組まるごとお任せしてしまうシリーズ」の第3弾。先月、通算3作目のDVD+CD作品「セカイの皆さんへ3 / かごめかごめ'12」をリリースした、シンガーソングライターのおおたえみりさんによる「おおたええみり これからの人生。」をお送りします。
小西さんとおおたさんの出会いは、2007年の音楽コンテスト「The 1st Music Revolution JAPAN FINAL」で、小西さんがゲスト審査員を務めた際、グランプリを受賞したのが、おおたえみりさんでした。番組では、おおたさんとその才能に惹かれた小西さんとの共演がついに実現! お2人によるスタジオでのセッションもオンエア。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】おおたえみり
【DJ】小西康陽


※『小西康陽 これからの人生。』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:21 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


3月1日(金)番組変更のお知らせ、追悼番組『指揮者サヴァリッシュをしのんで』を放送


ドイツを代表する巨匠指揮者の1人で、日本ともゆかりの深いウォルフガング・サヴァリッシュ氏が2月22日、89歳で死去されました。
NHK-FMでは、NHK交響楽団の桂冠名誉指揮者でもあるウォルフガング・サヴァリッシュ氏をしのんで、3月1日(金)後2:00~6:00のレギュラー番組『オペラ・ファンタスティカ』を休止し、追悼番組『指揮者サヴァリッシュをしのんで』をお送りします。

なお、当初放送予定でした『オペラ・ファンタスティカ “パリ・オペラ座公演 歌劇「連隊の娘」(ドニゼッティ)”』は、4月12日(金)に改めてお送りする予定です。ご了承ください。

『指揮者サヴァリッシュをしのんで』
3月1日(金)後2:00~6:00

【ゲスト】奥田佳道(音楽評論家)
【司会】田中奈緒子

200607Sawallisch3.jpg
<関連番組>
その他、NHKでは以下のような、サヴァリッシュ氏追悼関連番組の放送を予定しています。

『ウォルフガング・サヴァリッシュさんを偲(しの)んで
 マエストロの肖像“ウォルフガング・サヴァリッシュ~音楽に愛された男~”』
BSプレミアム 3月5日(火)前0:45~1:46 (4日(月)深夜)

『サヴァリッシュ追悼特集
 バイエルン国立歌劇場 楽劇“ワルキューレ”』
BSプレミアム 3月8日(金)前0:00~3:47 (7日(木)深夜)

『N響指揮者 サヴァリッシュをしのんで』
Eテレ 3月10日(日)後3:00~4:30

また、3月24日(日)前9:00~11:00のNHK-FM『名演奏ライブラリー』でも「サヴァリッシュ特集」をお送りする予定です。

投稿時間:14:25 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム『プレミアムシネマ』枠内で「グレン・ミラー物語」など音楽映画を放送!


『プレミアムシネマ
 “グレン・ミラー物語”』<字幕・レターボックスサイズ>
BSプレミアム 2月27日(水)後1:00~2:57

BSプレミアム27日(水)の『プレミアムシネマ』は、スイング・ジャズのスタイルを確立し、全米屈指の人気を誇るバンド・リーダーとして活躍中に不慮の事故で亡くなったグレン・ミラーを描いた心温まる感動作「グレン・ミラー物語」をお送りします。
貧しい中で自分だけの音楽を追い求めるミラーは、愛妻ヘレンの助けもあって、自ら楽団を結成し巡業へ。やがて楽団は大成功を収めるが、ミラーは戦場に音楽を届けたいと陸軍に志願する…。さまざまなエピソードに溶け込む「イン・ザ・ムード」「茶色の小瓶」などの名曲の数々。そして、ルイ・アームストロングやジーン・クルーパ、ベン・ポラックら有名ジャズメンも出演し「ベイズン・ストリート・ブルース」など、彼らの演奏も楽しめる作品。(1954年 アメリカ)

【監督】アンソニー・マン
【脚本】バレンタイン・デイビス、オスカー・ブロドニー
【音楽】ヘンリー・マンシーニ、ジョセフ・ガーシェンソン
【出演】ジェームズ・スチュワート、ジューン・アリスン、
    ルイ・アームストロング ほか

 

『プレミアムシネマ
 “クレイジー・ハート”』<字幕・レターボックスサイズ>
BSプレミアム 3月1日(金)後11:45~翌前1:37.30

BSプレミアム3月1日(金)深夜の『プレミアムシネマ』は、落ちぶれた孤独なカントリー歌手の人生の再生を描いたヒューマン・ドラマ「クレイジー・ハート」をお送りします。
酒におぼれ、結婚にも失敗したったひとりで地方をドサ周りする日々を送るかつての大スター、バッド・ブレイク。地元紙の記者として働くシングルマザーと出会い、家庭の温かさを知ったバッドは彼女とともに生きたいと願うが…。見事な歌声を披露したジェフ・ブリッジスがアカデミー主演男優賞に輝き、ほかに歌曲賞も受賞した作品。(2009年 アメリカ)

【製作・音楽】T・ボーン・バーネット
【製作・監督・脚本】スコット・クーパー
【原作】トーマス・コッブ
【音楽】スティーブン・ブルトン
【出演】ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、
    ロバート・デュバル ほか


『プレミアムシネマ “シャイン”』<字幕・レターボックスサイズ>
BSプレミアム 3月4日(月)後1:00~2:46

BSプレミアム3月4日(月)の『プレミアムシネマ』は、実在の天才ピアニスト、デビッド・ヘルフゴッドが心の病を乗り越えて演奏家として再起するまでを、父子の愛憎を軸に描いた感動ドラマ「シャイン」をお送りします。
威圧的な父から夢を託され、過剰な愛情と厳しい指導を受けたデビッドは、父の反対を押し切り海外へ留学。だが演奏中に倒れ、その後十数年間ピアノから離れることとなる。本編中のピアノ演奏の大半は、ヘルフゴッド本人によるもの。ジェフリー・ラッシュが、アカデミー主演男優賞に輝いた作品。(1995年 オーストラリア)

【監督】スコット・ヒックス
【脚本】ジャン・サルディ
【音楽】デビッド・ハーシュフェルダー
【出演】ジェフリー・ラッシュ、アーミン・ミューラー・スタール、
    ノア・テイラー ほか


※BSオンライン映画カレンダーはこちら

投稿時間:10:11 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


2月25日(月)~3月3日(日) 編成のイチ押し!


沖縄出身の類まれなボーカリストについて、
もう1人の沖縄出身の類まれなボーカリストが語り、歌います。
日曜日放送の「ミューズノート」で実現するコラボレーションです。

pickup_muse.jpg『ミューズノート』
~安室奈美恵~(2週連続放送)
3月3日(日)・10日(日)後5:00~6:00


【DJ】島袋寛子


安室奈美恵さんのデビューは1992年。
当時は、SUPER MONKEY'S のメンバーでした。
(この頃、筆者も公開番組で生パフォーマンスを見たことがあり、2~3メートルの至近距離で見た歌唱とダンスに感動し、 “これはブレイク間違いない”と確信した思い出あります・・はい)
1995年からはソロ活動を開始。
その後のめざましい活躍は、改めて説明するまでもありません。
かつてはバラエティー番組などにも出演していましたが、最近はアーティストとして存在感をさらに研ぎ澄ませているように見えます。

番組パーソナリティーの島袋寛子さんは、沖縄アクターズスクールの後輩で、現在同じ事務所に所属しています。
安室さんから遅れること4年、1996年にSPEEDのメンバーとしてデビューしました。
数々のヒット曲を飛ばした後、2000年に電撃解散。
しかし、2008年に再結成して、グループそしてソロとしての活動の幅を広げています。

そんな2人のボーカリストのコラボレーション。
今回、多くの番組リスナーからの熱い要望を受けて実現しました。
1回目は、各年代の安室さんのヒット曲を中心に。
2回目は、アルバムなどに収められている「知る人ぞ知る」の曲を島袋さん自らセレクトしました。
安室さんのことを「身近でありながら最も憧れているミューズ」と尊敬してやまない島袋さん。
そのトークは、相当熱いものとなりそうです。
もちろん、2週とも、島袋さんが安室ソングを歌います。
このコラボ、聴き逃したらもったいない!

 

Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:11:05 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終火曜日放送!『くるり電波』明日26日(火) 後11:00から


『くるり電波』
2月26日(火)後11:00~前0:00
(再)3月5日(火)前10:00~11:00

毎月最終火曜日、常に新しいサウンドを求めて活動をつづける“くるり”がお届けする番組『くるり電波』。
クラシックからオルタナティブロックまで、網羅していないジャンルのない彼らが占う、日本の音楽の未来。そして、いろいろな音楽と一緒に、心のアイドリングを調整する60分。ここでしか聴けない、こだわりの選曲とともに、新聞記事を岸田さんならではの視点で読み解くコーナー“だーきし新聞”や、“お悩み相談”コーナー等をお送りします。どうぞお楽しみに! また、番組では皆さまからのご意見&お悩みなどを募集中!下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております。

【DJ】岸田繁 (くるり)

※『くるり電波』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週25日(月)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は、「まるごと1本"ノートルダム・ド・パリ"特集」をお送りします!


『石丸幹二のシアターへようこそ
 ~まるごと1本“ノートルダム・ド・パリ”特集~』
2月25日(月)後11:00~前0:00
(再)ラジオ第1 3月4日(月)後9:05~9:55 (50分サイズ)

ミュージカルナンバーからスタンダード、そして隠れた名曲など、こだわりの選曲と豊富な舞台の知識を交えて、俳優の石丸幹二さんがお届けしている『石丸幹二のシアターヘようこそ』。世界の劇場音楽と共に、あなたを物語の世界へと誘います。
25日(月)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は、「まるごと1本“ノートルダム・ド・パリ”特集」と題して、石丸さんもディズニー映画「ノートルダムの鐘」で、カジモド役の吹き替えを担当されたこともある、ヴィクトル・ユーゴーの小説を基にした、1998年パリで初演されたミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」を特集します。
「ノートルダム・ド・パリ」は、15世紀のパリ、教会が絶大な権力を持っていた時代のノートルダム大聖堂を舞台に、醜い鐘つき男のカジモドと、大聖堂の副司教のフロロ、近衛兵隊長のフェビュスという、3人の男と美しいロマの娘エスメラルダの、愛と憎しみの物語。番組では、フランス・オリジナルキャスト版から、名曲の数々をお届けします。どうぞお楽しみに!

【パーソナリティー】石丸幹二

※『石丸幹二のシアターへようこそ』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:41 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週25日(月)からの『青春アドベンチャー』は、平山夢明・原作の「DINER(ダイナー)」を放送!


『青春アドベンチャー “DINER(ダイナー)”』<全10回>
2月25日(月)~3月1日(金)、3月4日(月)~8日(金) 後10:45~11:00

2月25日(月)からのオーディオ・ドラマ『青春アドベンチャー』は、プロの殺し屋が集う会員制ダイナー(食堂)でウェイトレスとして働くことになった主人公が、危険な出来事に翻弄されつつ、生きるすべを見いだしていく、第28回日本冒険小説協会大賞と第13回大藪春彦賞をW受賞した、平山夢明・原作の「DINER(ダイナー)」をお送りします!
携帯の闇サイトで怪しげなバイトに手を出したオオバカナコ。報酬額に目がくらみ軽い気持ちで始めたアルバイトだったが、怪しげな事件に巻き込まれ、殺されそうになるが、なんとか助けられ、代わりに店で働かされることに…。なんとその店は、プロの殺し屋しか来ないダイナーだった! 極限状態に追い込まれたカナコは次々に現れる奇妙な悪人たちと渡り合って次第にタフな女性へと変貌を遂げていく…。人生の目的がなかった女性が、種主様々な人間や奇妙な出来事に翻弄されながらも、生きるすべを見いだし困難に立ち向かいながら生き延び、成長していく物語を、エンターテインメント性豊かに描きます。どうぞお楽しみに!

【原作】平山夢明
【脚色】ますもとたくや
【音楽】内山修作
【出演】原田夏希、小杉十郎太、山崎銀之丞、伊藤えん魔、
後藤ひろひと、藤沢としや、川下大洋、栗本有紀子、
石田剛太、有村茉佐子、筒井敬子、蟷螂襲、亀井賢二

※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:39 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月25日(月)~2月28日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月25日(月) 2月26日(火)
ml_20130225.jpg ml_20130226.jpg
LEO MONKEY MAJIK

2月27日(水) 2月28日(木)
ml_20130227.jpg ml_20130228.jpg
ACIDMAN 雅-MIYAVI-

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

投稿時間:18:37 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終日曜放送『インディーズファイル』&『ライブビート』2月24日(日)のゲスト決定!


『インディーズファイル ~谷中敦~』
2月24日(日)後9:00~11:00

アマチュア・インディーズアーティストの新たな才能を応援する番組『インディーズファイル』。
2月のピックアップ・アーティストは、東京スカパラダイスオーケストラのバリトンサックスプレーヤーにして、作詞家、俳優の顔も持つ谷中敦さんが登場! 俳優業、そして独特な方法で生み出される詩のことや、日本だけでなく海外でも活躍する東京スカパラダイスオーケストラの活動などのお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】谷中敦 (東京スカパラダイスオーケストラ)
  【MC】森若香織

※『インディーズファイル』番組ホームページはこちら


『ライブビート ~前野健太~』
2月24日(日)後11:00~前0:00
(再)3月1日(金)前10:00~11:00

2月の『ライブビート』は、音楽シーンだけにとどまらず、松江哲明監督「ライブテープ」「トーキョードリフター」と2本のドキュメンタリー映画に主演。またCM出演や、みうらじゅん賞を受賞するなど、強烈なグラサン姿を含め、生き様自体が前代未聞のシンガーソングライター、前野健太が登場! 今回は、先月リリースされた4枚目となるオリジナルアルバム「オレらは肉の歩く朝」と共に結成された新バンド“前野健太とソープランダーズ”のメンバー、ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明も参加した、バンド編成でのライブをお届けします。3月から始まるワンマンツアーを前に、どうぞお楽しみください!

【出演】前野健太、
     ソープランダーズ(ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明)
 【DJ】古閑裕

※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


デュトワ&N響によるレスピーギ"ローマ三部作"を放送! 24日(日)BSプレミアム『特選 オーケストラ・ライブ"N響コンサート~第1743回定期公演~"』


『特選 オーケストラ・ライブ
 “N響コンサート~第1743回定期公演~”』
BSプレミアム 2月24日(日)前6:00~7:54

昨年12月7日にNHK-FMでも生放送でお送りしましたが、津波注意報により途中中断した「NHK交響楽団 第1743回 定期公演」(後日1月14日に改めて放送済)を、BSプレミアム24日(日)早朝の『特選 オーケストラ・ライブ』の枠内で放送!
ベルリオーズの序曲「ローマの謝肉祭」から始まり、ルイ・ロルティのピアノによるリスト「ピアノ協奏曲 第2番」、そして交響詩「ローマの祭り」「ローマの噴水」「ローマの松」のレスピーギ“ローマ三部作”と、指揮者シャルル・デュトワ十八番の、聴きごたえのある演目で会場を沸かせたコンサートの模様をお届けします。どうぞお楽しみに!

<曲目>
「序曲“ローマの謝肉祭”」
「ピアノ協奏曲 第2番 イ長調」
「交響詩“ローマの祭り”“ローマの噴水”“ローマの松”」

【ピアノ】ルイ・ロルティ (M2のみ)
【管弦楽】NHK交響楽団
【指揮】シャルル・デュトワ
(2012年12月7日 NHKホールで収録) 

【司会】渡邊佐和子アナウンサー


※『特選 オーケストラ・ライブ』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:48 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月23日(土)・24日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~続・猫の音楽~』
2月23日(土)前9:00~11:00

先週(16日)は「続・犬の音楽」をテーマにお送りした『世界の快適音楽セレクション』。やはり、猫も放ってはおけません。ということで23日(土)のテーマは「続・猫の音楽」。猫とともに人生を歩む湯浅学氏が、心をこめて選曲します。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『課題曲を歌おう
 ~第80回NHK全国学校音楽コンクールにむけて~』
2月23日(土)前11:00~11:50

これまで数多くの合唱の名曲を生み出してきた、今年で80回を迎える「NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)」は、全国10万人の小中高校生が参加する日本最大の合唱コンクール。今回の課題曲のテーマは「スタート!」。仲間と一緒に歌い始める瞬間。それは毎回が新しいスタートです。希望を抱き、思いを表現しながら、前へ前へと進んでいく。そして新しい一歩を踏み出す勇気に変わっていく。一人でも多くの子供たちがそんな喜びに出会うように願いを込めたテーマです。
各部の課題曲は、小学校の部を、放送作家・脚本家の小山薫堂さんが作詞をし、嵐が『NHK紅白歌合戦』で歌った「ふるさと」。中学校の部は、ゆずの北川悠仁さんが書き下ろした「友~旅立ちの時~」。そして高等学校の部は、新進気鋭の詩人・文月悠光さんが高校生のために書いた作品が合唱曲になります。番組では、80回という記念すべきコンクールにふさわしい課題曲を披露するとともに、作詞・作曲者が曲に託した思いを語ります。また、初演指揮者による演奏上のアドバイスもご紹介します。

<課題曲>
★小学校の部「ふるさと」
【作詞】小山薫堂【作曲】youth case【編曲】桜田直子
★中学校の部「友 ~旅立ちの時~」
【作詞・作曲】北川悠仁(ゆず)【編曲】相澤直人
★高等学校の部「ここにいる」
【作詞】文月悠光【作曲】新実徳英

【出演】小山薫堂、桜田直子、北川悠仁(ゆず)、文月悠光、新実徳英 ほか

※『Nコン2013』ホームページはこちら


『クラシックの迷宮
 “シュヒター指揮のN響定期”~NHKのライブラリーから~』
2月23日(土)後9:00~10:00
(再)2月28日(木)前10:00~11:00

毎月最終週の『クラシックの迷宮』は、NHK所蔵の貴重なヒストリカル音源を使用してお送りします。
今回は、往年のN響常任指揮者、ウィルヘルム・シュヒターとN響による、1959年の定期演奏会をとりあげます。N響の実力を飛躍的に高め、世界一周演奏旅行にも同行したシュヒター。日比谷公会堂で行われた第408回定期演奏会は、ジャズバンドとの共演が評判を呼んだ公演で、これまで発売されたことのない貴重な録音です。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)


『FMシアター 
 平成24年度中四国ラジオドラマ脚本コンクール佳作“イナナギ”』
2月23日(土)後10:00~10:50

23日(土)の『FMシアター』は、平成24年度中四国ラジオドラマ脚本コンクール佳作「イナナギ」をお送りします。
「馬鹿者!これは稲刈りではない。稲薙ぎ(イナナギ)を命じておる!」敵の兵糧を断つために、刈り入れ前の稲を薙ぎ払ってしまう『稲薙ぎ』。戦国時代、百姓であることを嫌い侍になることを夢見て戦に出た源助は、戦場で『稲薙ぎ』を命じられる。生きるか死ぬか…人生の選択を迫られた源助が選んだ道とは。先行きが見えない戦乱の中国地方を舞台に展開するエンターテインメント作品。

【作】三井隆
【出演】本郷奏多、宅間孝行、大門真紀、小川隆市、
    檀臣幸、本多新也、岩崎正寛、前田一世、佐々木敏

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “伝説の名演(2)トランペット編”』
2月23日(土)後11:00~翌前1:00

23日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、毎月1回、一つの楽器にスポットを当てるシリーズ「伝説の名演」の2回目、“トランペット編”をお届けします。
ジャズの花形楽器の一つトランペットは、ルイ・アームストロングに始まって、ディジー・ガレスピーからチェット・ベイカー、マイルス・デイビス、クリフォード・ブラウンら人気プレイヤーがひしめいています。番組では、名プレイヤーたちの歴史に残る名演奏に改めてスポットを当ててお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 ~日本のポップコーラス(2)~』
2月24日(日)前7:20~8:10
(再)3月2日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第4週の解説は、アカペラグループ「TRY‐TONE」の多胡淳さんが担当します。
24日(日)の『ビバ!合唱』は、先月(1月27日)に引き続き、日本のコーラスグループをとりあげます。今回は、TRY‐TONEをはじめ、INSPi、ゴスペラーズ、ダイナマイトしゃかりきサーカス、AJIなど、エネルギッシュな若きコーラスグループのサウンドを中心にお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】多胡淳

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “生誕100年 フランスのエスプリ ジャン・フルネ”』
2月24日(日)前9:00~11:00

過去の録音遺産の中から 新しき発見と感動を、諸石幸生さんの案内でお届けしている『名演奏ライブラリー』。24日(日)の『名演奏ライブラリー』は、フランスに生まれた名指揮者、ジャン・フルネの演奏を特集します。
今年、生誕100年を迎えるフルネは、パリ音楽院に学び、パリ・オペラコミック管弦楽団音楽監督を経て、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督などを歴任。フランスの伝統の継承者としてエスプリをたたえた格調高い演奏で知られ、NHK交響楽団を始め日本の楽団にもたびたび客演しました。
番組では、グノー、フォーレ、ドビュッシー、ビゼー、ショーソンなど、フルネが最も得意としたフランスの作品を中心にお届けます。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月24日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
80年代の日本の音楽シーンは、アイドル歌謡の全盛期であった一方で、多くの洋楽ポップス&ロックが日本でカバーされ、ドラマの主題歌に使われるなどして、大ヒットしました。そこで、24日(日)は「80's洋楽カバー・J-POP元ネタ曲集」と題して、日本でカバーされた80年代ヒット曲のオリジナル版をピックアップしてお送りします。
また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、TOTOのギタリストとして活躍、先月2年ぶりのニュー・アルバム「TRANSITION」をリリースした、スティーヴ・ルカサーをとりあげます。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~クリスティーナ・アギレラ~』
2月24日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
24日(日)の『ミューズノート』は、2000年代の実力派ディーバ、クリスティーナ・アギレラをとりあげます。デビュー以来、圧倒的なボーカル力でグラミー賞最優秀新人賞を獲得し、アイドルから一流のエンターテイナーへと進化していったクリスティーナ・アギレラの魅力を、島袋さんこだわりの選曲でお届けします。また番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『現代の音楽 “演奏家に聞く~サクソフォン・須川展也”』
2月24日・3月3日(日)後6:00~6:50

現代音楽シーンの最前線で活躍する演奏家をお招きし、さまざまなトークや生演奏をお届けするシリーズ「演奏家に聞く」。2月24日(日)と3月3日(日)は、2週にわたってサクソフォン奏者の須川展也さんをお招きしてお送りします。
須川さんは1961年生まれ。東京芸術大学卒業。サクソフォンを大室勇一氏に師事。第51回日本音楽コンクール管楽器部門で1位なしの2位、第1回日本管打楽器コンクール・サクソフォン部門において第1位を獲得、大きな注目を集めてデビューしました。そしてテレビCMやドラマ主題歌の演奏、CD録音など多彩な活動を展開し、日本を代表するサクソフォン奏者として多くのファンを獲得しています。最近は、作曲家への委嘱も積極的に行なっており、吉松隆氏や本多俊之氏、エドワード・グレグソンなどに委嘱作品を依頼し、サクソフォン音楽の発展に力を注いでいます。
2月24日(日)の1回目は、須川さん自身が演奏、参加する現代音楽の録音から紹介。3月3日(日)の2回目は、須川さん自身が影響を受けた音楽や日常的に愛聴する音楽を、エピソードとともに紹介します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】須川展也(サクソフォン奏者)
【案内】猿谷紀郎

投稿時間:16:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』2/23(土)のゲストは甲本雅裕さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 2月23日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 2月26日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さん脚本の映画『スペーストラベラーズ』、5月公開予定の『県庁おもてなし課』、そして現在民放で放送中のドラマ『泣くな、はらちゃん』にご主演された甲本雅裕さんをお迎えします。


0223_rockbar.jpg小学1年生の時、野球部に入部するつもりが間違えて剣道部の申込書を出し、辞めたいと思いながらも、大学生まで剣道の道を極め、何かを始めてしまうとなかなか辞められない性格だと語る甲本さん。そんな甲本さんが役者になるまでの道筋や想いを、これまでに印象深かった思い出の曲とともに伺います。また、現在放送中の岡田さん脚本の民放ドラマ『泣くな、はらちゃん』、5月公開予定の岡田さん脚本の映画『県庁おもてなし課』についても岡田さんと語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】甲本雅裕
【パーソナリティー】岡田惠和



『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら

 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。



<関連情報>
◆まもなく放送!甲本さんが出演されるプレミアムドラマ
『ただいま母さん』
BSプレミアム 2月24日(日)後10:00~10:59


『ただいま母さん』番組ホームページはこちら
※試写会での会見の模様を動画で紹介!「コレ見て!MOVIE」サイトはこちら

 

投稿時間:14:03 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


皆さまのリクエストにお応えして、明日22日(金)深夜 Eテレ『Eテレセレクション・お願い!編集長』枠内で「トップランナー"スキマスイッチ"」を再放送!


『Eテレセレクション・お願い!編集長 特集“トップランナー”』
Eテレ 2月23日(土)前0:00~1:26.30 (22日(金)深夜)

視聴者のリクエストにお応えし、Eテレ(教育テレビ)の過去の放送の中から、もう一度見たい番組をお届けする『Eテレセレクション』。22日(金)深夜は、Eテレホームページ内の「お願い!編集長」に寄せられたリクエスト上位に名を連ねる番組『トップランナー』の中から、スキマスイッチとラーメンズが出演した回を2本立でお送りします。どうぞお楽しみに!

「トップランナー“スキマスイッチ”」
今年デビュー10周年を迎えるスキマスイッチが、2004年に出演した回を放送! 番組では「奏」「冬の口笛」「ふれて未来を」を披露するほか、生い立ちから結成に至るまでの道のり、そして曲作りについてなどを伺い、スキマスイッチの軌跡をたどります。(初回放送:教育テレビ 2004年11月28日)

【ゲスト】スキマスイッチ
【司会】武田真治、本上まなみ
【語り】田中敦子

※「お願い!編集長“スキマスイッチ”」関連サイトはこちら

「トップランナー“ラーメンズ”」
トップランナー版・「現代片桐概論」と「たかしと父さん」を披露した、ラーメンズが2001年に出演した貴重な回を放送!(初回放送:総合テレビ 2001年10月4日)

【ゲスト】ラーメンズ
【司会】田辺誠一、はな
【語り】クリス智子

※「お願い!編集長“ラーメンズ”」関連サイトはこちら 

投稿時間:12:00 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日22日(金)放送のEテレ『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 "アフリカの音楽"(2)』は、「ハーモニーの多様性と楽器」をテーマにお送りします


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 “アフリカの音楽”(2)』
Eテレ 2月22日(金)後11:00~11:30 
(再)Eテレ 2月28日(木)前0:30~1:00 (27日(水)深夜)

音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成した音楽全集の制作。人類の生み出した偉大なる文化“音楽”の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』です。(スコラとはラテン語で「学校」の意味)
22日(金)は“アフリカの音楽編”の2回目、「ハーモニーの多様性と楽器」をテーマにお送りします。アフリカに広く見られる、美しいハーモニーを貴重な音源とともに体験。さまざまな民族集団固有のハーモニーが存在することを学びます。また、土や石、水といった自然を楽器にする事例を紹介し、アフリカの楽器の本質に迫ります。ワークショップでは、小学生たちが、ポリリズムの原則を体験。番組最後の演奏は、アフリカのミュージシャンによる民族楽器の演奏を紹介します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】塚田健一(広島市立大学教授)、
        小沼純一(早稲田大学教授)、
        分藤大翼
     【演奏】ラティール・シー、ウスマン・ジェジュー、
        ダウール・ユッスー・ンジャイ、ウィンチェスター・ニ・テテ
【講師・演奏】坂本龍一
    【語り】小林千恵アナウンサー

130221file_0000wg.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:20 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 3月の特集番組ラインナップ決定!


-3月の特集番組ラインナップ-
※詳細は決まり次第お知らせします。

『とことんアニソンアカデミー前夜祭』

3月5日(火)~9日(土)前0:00~0:50(4日(月)~8日(金)深夜)
3月12日(火)~16日(土)前0:00~0:50(11日(月)~15日(金)深夜)


4月から始まるアニソン番組『アニソンアカデミー』。放送開始に先立ち、前夜祭的番組を放送!

※番組ホームページはこちら

『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012 パート2 アンコール』
3月19日(火)~23日(土)前0:00~0:50
(18日(月)~22日(金)深夜)

幻の第5夜も聴ける!昨年8月にお送りしたパート2をアンコール放送

『今日はとことんラジオ祭り!“春だから、出会いラジオ”』
3月20日(水・祝)後4:00~6:50

4月から始まる新番組やNHKネットラジオ“らじる★らじる”をPRする、ラジオ第1と連動した特集番組!


『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝 パート3』
3月26日(火)~3月30日(土)前0:00~0:50
(25日(月)~29日(金)深夜)


皆さまからの熱い声にお応えして、新作(第3弾)が登場!

『AKB48の“私たちの物語”春休みスペシャル』
3月29日(金)後9:10~10:45
※ラジオ第1での再放送はございません。


放送時間を拡大してスペシャル版を放送!


『土曜日レディ 最終回スペシャル』
3月30日(土)後2:00~6:00

放送時間を拡大して、さまざまな企画で有終の美を飾ります!


『ミューズノート・シークレットライブ』
3月30日(土)後7:20~9:00

さまざまなミューズたちのナンバーをhiroさんがライブで披露!


『ライブビート 沖縄スペシャル』
3月31日(日)後11:00~翌前1:00

ライブ音源にこだわった番組のスペシャル版を放送!

投稿時間:16:19 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


初来日時の貴重な映像も公開! 23日(土)総合テレビで放送『SONGS ~サンタナ~』


『SONGS ~サンタナ~』
総合テレビ 2月23日(土)後11:00~11:29
(再)総合テレビ 3月1日(金)前1:15~1:44 (2月28日(木)深夜)

23日(土)の『SONGS』は、激しいラテンのリズム、そして官能的にむせび泣くギターで、ここ日本でも影響を受けたミュージシャンも数多い、カルロス・サンタナが登場! サンタナは1960年代から活躍。「ブラック・マジック・ウーマン」「哀愁のヨーロッパ」などは、いまなおロック史に残る屈指の名曲として愛されています。2000年には、アルバム「スーパーナチュラル」が記録的大ヒット、グラミー賞の主要部門を独占したことも記憶に新しいところです。そして、衝撃を呼んだ初来日から今年でちょうど40年。日本を愛してやまないサンタナが3月、再び日本にやって来ます。
番組では、彼の独占インタビューに加え、近年発見された1973年初来日時の貴重な映像や、1991年のライブでの渡辺貞夫さんとの共演映像などをお送りします。また、1973年大阪厚生年金会館でのライブの模様を収録したアルバム「ロータスの伝説」の22面体ジャケットのデザインを手がけた横尾忠則さんをはじめ、縁の深いゲストが、サンタナの魅力を熱く語ります。どうぞお楽しみに!

【出演】サンタナ、野口五郎、横尾忠則、マーティ・フリードマン
【語り】守本奈実アナウンサー

130220file_0000wi.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:11 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


22日(金)放送『DJクラシック 茂木大輔の"オーケストラをやってきた!"~珠玉すぎるスイーツ~』


『DJクラシック
 茂木大輔の“オーケストラをやってきた!”~珠玉すぎるスイーツ~』
2月22日(金)後9:10~10:00

第一線で活躍するクラシックのアーティストによる、クラシックファンのための、クラシック番組『DJクラシック』。各ジャンルのトップアーティストによる経験に裏打ちされた説得力あるトークと、評論家とはちがうユニークな視点、その人となりを感じる語り口で、これまでのクラシック番組とはひと味違うひとときを、4人のアーティストが週替わりでお送りします。
22日(金)は、NHK交響楽団首席オーボエ奏者の茂木大輔さんが、長年オーケストラを内側から眺め続けてきた独特の視点で、オーケストラの魅力を、楽しくわかりやすくレクチャーする「茂木大輔の“オーケストラをやってきた!”」をお届けします。
今回は“珠玉すぎるスイーツ”と題して、チャイコフスキーの「組曲 くるみ割り人形から こんぺい糖の踊り」など、甘く、うっとりする音楽を集めてお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】茂木大輔 (NHK交響楽団オーボエ奏者)
【きき手】岡本由季 (フリーアナウンサー)


※『DJクラシック』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム 21日(木)放送!『旅のチカラ 移民たちの"島唄"~宮沢和史 ペルー』


『旅のチカラ 移民たちの“島唄”~宮沢和史 ペルー~』
BSプレミアム 2月21日(木)後9:00~10:00
(再)BSプレミアム 2月28日(木)前8:00~8:59

各界で活躍する旅人が、今の自分を乗り越えようと、いつか訪れたいと思ってきた場所や、その地ならではの奥深い風土や文化と触れあう番組『旅のチカラ』。今回は、「島唄」や「風になりたい」などのヒット曲で知られるTHE BOOMの宮沢和史さんが、ペルーの首都リマをたずねて日系人たちと出会い、彼らが日本の歌に対して抱いてきた深い思いに触れる旅をお送りします。
宮沢さんは、90年代にペルー出身の歌手・アルベルト城間さんと出会って以来、日系移民の苦難の歴史に強い関心を抱いていた。しかし、今回初めて旅したペルーで実際に目にしたのは、宮沢さんが日本で想像していたものを遥かに越える現実だった。日本人が110年前に最初に入植した砂漠の地・カニエテの殺伐とした風景と、そこで彼らを待っていた壮絶な運命の記録。戦前戦後に敵対国・敗戦国の民として日系人が受けた壮絶な苦難の実態。そこでは、言葉や歌さえ放棄せざるを得なかった…。そして今、言葉の意味がわからなくても、その“響き”を愛して日本の歌を口ずさみ、歌を通じてなんとか祖国と繋がっていたいと願う若者世代たちがいた―。番組では、自分の歌の道を探求する宮沢さんが、今も元気に生きる1世から日本語を話さない4世の若者まで、移民たちが日本の歌に託してきた思いに触れ、それぞれの人生を支えた「島唄」を見つける旅を追う。

【出演】宮沢和史、アルベルト城間

130219S06-001.jpg※『旅のチカラ』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:45 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


後11時、お気に入りの音楽を探そう...明日20日(水)放送『松尾潔のメロウな夜』、明後日21日(木)放送『ザ・ソウルミュージック』


『松尾潔のメロウな夜』
2月20日(水)後11:00~前0:00
(再)2月27日(水)前10:00~11:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きな、R&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお届けしています。
20日(水)の『松尾潔のメロウな夜』は、「メロウなデュエット特集」をお送りします。デュエットと言っても形態はさまざま。それぞれ自分のフィールドで活躍しているアーティスト同士が、ある楽曲のためにデュオを結成するインスタント・デュオから、デュオという形態で作品を出し続けているパーマネント・デュオまで…。番組では、男性だけ、女性だけ、男女混成など、さまざまな形態を取り混ぜて、メロウなデュエット・ソングをお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら


『ザ・ソウルミュージック 
 ~アーティスト・アンケート特集 feat. Leon Ware~』
2月21日(木)後11:00~前0:00

21日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、「アーティスト・アンケート特集 feat. Leon Ware」をお送りします。
ソウルシーンで活躍中のアーティストやミュージシャンをキャッチして、「貴方にとってのソウルこの1曲」のほか近況などのインタビューをお届けしているアーティスト・アンケート。今回は、60年代から現在に至るまで、ソングライターとして、プロデューサーとして、そしてシンガーとして、数多の名曲を放ち続け、今なお活躍中のリヴィング・レジェンド、Leon Wareをフィーチャーします。Marvin Gayeと創り上げた不朽の名作「I Want You」にまつわる制作秘話をはじめ、レジェンドならではの貴重なエピソードなど、極めてディープなソウル譚と共に、Leon Wareならではの愛と官能の音楽世界、その魅力に迫ります。どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:18 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日19日(火)深夜 BSプレミアムで放送!『ワールド・プレミアム・ライブ "ノラ・ジョーンズ"』


『ワールド・プレミアム・ライブ “ノラ・ジョーンズ”』
BSプレミアム 2月19日(火)後11:45~翌前0:44

(再)BSプレミアム 7月19日(金)前0:00~0:59 (18日(木)深夜)
(再)BSプレミアム 2014年1月5日(日)前1:30~2:29 (4日(土)深夜)

海外のビッグアーティストの最新ライブを最高画質、最高音質でお届けする『ワールド・プレミアム・ライブ』。
19日(火)深夜の『ワールド・プレミアム・ライブ』は、2003年のグラミー賞で8冠を達成、昨年デビュー10周年を迎えた世界の歌姫、ノラ・ジョーンズが、グラミー・プロデューサーのデンジャー・マウスと組んだ意欲作「リトル・ブロークン・ハーツ」発表後に行ったライブ“LIVE AT DEN”の模様をお届けします。ニューヨーク・ブルックリン在住のノラが、地元の小さなライブハウスで繰り広げるハートフルなステージ。どうぞお楽しみに!

【出演】ノラ・ジョーンズ
【ナビゲーター】クリス・ペプラ-

130218S01-001.jpg※『ワールド・プレミアム・ライブ』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:51 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日19日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は、今年最初の「リクエスト特集」をお送りします


『元春レイディオ・ショー』
2月19日(火)後11:00~前0:00
(再)2月26日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
19日(火)の『元春レイディオ・ショー』は、今年最初の「リクエスト特集」をお送りします。皆さまから寄せられた、最近気になっている新譜、久しぶりにじっくり聴きたい曲、誰かにプレゼントしたいナンバーなど、たくさんのリクエスト曲の中から、DJ・佐野元春さんが選りすぐってお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】佐野元春


※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:26 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週18日(月)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は、「"脇役の素敵な歌"特集」をお送りします!


『石丸幹二のシアターへようこそ ~“脇役の素敵な歌”特集~』
2月18日(月)後11:00~前0:00
(再)ラジオ第1 2月25日(月)後9:05~9:55 (50分サイズ)

ミュージカルナンバーからスタンダード、そして隠れた名曲など、こだわりの選曲と豊富な舞台の知識を交えて、俳優の石丸幹二さんがお届けしている『石丸幹二のシアターヘようこそ』。世界の劇場音楽と共に、あなたを物語の世界へと誘います。
ミュージカルの素敵な楽曲は、主役だけが歌うものばかりではありません。脇を固める大事な役の人たちが歌う楽曲の中にも、素晴らしい歌が山のようにあります。18日(月)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は「“脇役の素敵な歌”特集」と題して、ミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」や「ジーザス・クライスト・スーパースター」などから、石丸さん厳選のナンバーをお送りします。どうぞお楽しみに!

【パーソナリティー】石丸幹二


※『石丸幹二のシアターへようこそ』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:44 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月18日(月)~2月21日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月18日(月) 2月19日(火)
ml_noguest.jpg ml_20130219.jpg
ゲストなし SUPER☆GiRLS

2月20日(水) 2月21日(木)
ml_20130220.jpg ml_20130221.jpg
Every Little Thing The Mirraz

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子


<関連番組>
◆19日(火)のゲスト SUPER☆GiRLSが出演!
『wktkラヂオ学園』
ラジオ第1 2月17日(日)後9:05~11:00(中断あり)

 
後9:00台の「サキドリソング♪」コーナーに、メンバーの渡邉ひかるさんと宮崎理奈さんがゲスト出演!
 
※『wktkラヂオ学園』番組ホームページはこちら

◆20日(水)のゲスト Every Little Thingが出演!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 2月17日(日)後6:10~6:39

 
ニュー・シングル「ON AND ON」熱唱と、Perfumeの楽屋訪問に登場!
 
※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:39 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『音楽遊覧飛行』来週18日(月)からの週は「食と音楽で巡る地球の旅」と題して、作家・吉村喜彦さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~食と音楽で巡る地球の旅~』
2月18日(月)~21日(木)前9:20~10:00
(再)2月25日(月)~28日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできるような音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。ちょっとしたお役立ちミニ情報も盛り込んで、世界中を遊覧飛行した気分になれるような名曲の数々をお送りします。
18日(月)からの週は、作家の吉村喜彦さんが「食と音楽で巡る地球の旅」と題して、食べ物から連想する世界中の音楽を、料理や文化と共にご紹介します。今週テーマは「鍋」。以下のようなラインナップで、世界各地の鍋と関連する音楽をお届けします。どうぞお楽しみに!

18日(月) ヨーロッパの鍋 (フランスのブイヤベース 他)
19日(火) 北アフリカとアメリカ大陸の鍋 (メキシコのケソ・フンディート 他)
20日(水) アジアの鍋 (韓国のチゲ、タイのプラー・チョン・ペッ・サ 他)
21日(木) 日本の鍋 (ねぎま鍋、おでん 他)

【DJ】吉村喜彦


※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:14 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月6日(水)津波注意報により途中中断となった『ベストオブクラシック "ウィーン芸術週間(3)"』についてのお知らせ


NHK-FM 2月6日(水)津波注意報に伴う緊急ニュースで途中中断となった『ベストオブクラシック “ウィーン芸術週間(3)”』は、3月11日(月)後7:30~9:10の『ベストオブクラシック』枠内で改めてお送りします。どうぞお楽しみに!


『ベストオブクラシック “ウィーン芸術週間(3)”』
3月11日(月)後7:30~9:10

    
「セレナード ニ長調“セレナータ・ノットゥルナ”K.239」(モーツァルト)
「バイオリン協奏曲 第4番 ニ長調 K.218」(モーツァルト)
「無伴奏バイオリン・パルティータ 第3番 ホ長調      
            BWV.1006から 第3楽章」(バッハ)
「交響曲 第40番 ト短調 K.550」(モーツァルト)
「歌劇“イドメネオ”K.366 第3幕から 行進曲」(モーツァルト)

【バイオリン】ニコライ・ズナイダー(M2・M3のみ)
【管弦楽】ドレスデン国立管弦楽団
【指揮】コリン・デーヴィス

~オーストリア ウィーン楽友協会で収録~
<オーストリア放送協会提供:2012/5/15収録>
                              
「交響曲 第31番 ニ長調 K.297“パリ”」(モーツァルト)
【管弦楽】ドレスデン国立管弦楽団
【指揮】コリン・デーヴィス
<PHILIPS PHCP-5064>

【案内】岩井理江

投稿時間:15:07 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


17日(日)放送の『サウンドクリエイターズファイル~電気グルーヴ~』最終日は、ゲストに伊集院光さんをお迎えしてお送りします!


『サウンドクリエイターズファイル~電気グルーヴ~』
2月17日(日)後9:00~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。2月のマンスリーDJは、今月末に通算13枚目となるニューアルバム「人間と動物」をリリースする、電気グルーヴが3週にわたって担当しています!
前回(10日)お送りした激レア音源、石野文敏くん(17)によるニューオーダーのカバー「586」は、楽しんでいただけたでしょうか? 17日(日)放送の電気グルーヴ・マンスリーDJ最終日は、ゲストに伊集院光さんをお迎えしてお送りします。抱腹絶倒の昭和42年生まれの同学年トークは、NHK-FMでどこまで放送できるのか? どうぞお楽しみに!

【ゲスト】伊集院光
【DJ】電気グルーヴ
【進行】伊藤亜希 (音楽ライター)

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです


<関連番組>
ゲストの伊集院光さんがMCを担当中!
『100分de名著』
Eテレ 毎週水曜 後11:00~11:25
(再)Eテレ 翌週水曜 前5:30~5:55/後0:25~0:50

一度は読みたいと思いながらも、手に取ることをためらってしまったり、途中で挫折してしまった古今東西の“名著”。この番組では難解な1冊の名著を、25分×4回、つまり100分で読み解いていきます。プレゼン上手なゲストによるわかりやすい解説に加え、アニメーション、紙芝居、コントなどなど、あの手この手の演出を駆使して、奥深い“名著”の世界に迫ります。

※『100分de名著』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:13 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


力士が、ももクロに挑戦!17日(日)総合テレビで放送『第46回NHK福祉大相撲 <第2部> お楽しみ歌くらべ』


『第46回NHK福祉大相撲』
総合テレビ 2月17日(日)
<第1部>後4:00~5:14
<第2部>後5:14~5:59 「お楽しみ歌くらべ」

今年も2月11日に国技館で開催された、46回目となる『NHK福祉大相撲』。後4:00からの第1部は、子供力士が関取に挑戦したり、白鵬と日馬富士の横綱対談など、普段の大相撲中継では見られない関取の表情が楽しめるプログラムをお届けします。また、相撲の禁じ手をユニークに演じる初切(しょっきり)や、横綱・日馬富士の綱締め実演、相撲甚句や太鼓の打ち分けなど、相撲の伝統文化を紹介します。
そして、後5:14からの第2部は、人気力士5人が、女性歌手の応援を得ながら自慢ののどを競い合い、意外な素顔も見せてくれる「お楽しみ歌くらべ」をお送りします。定番のデュエットソングあり、十八番の歌ありと、愉快で楽しいステージを披露。特に、ももクロのメンバーと5人の力士によるパフォーマンスは必見。 どうぞお楽しみに!

<曲目>
「行くぜっ!怪盗少女」(旭日松ほか&ももいろクローバーZ)
「居酒屋」(勢&森山愛子)
「LA・LA・LA Love SONG」(舛ノ山&香西かおり)
「3年目の浮気」(松鳳山&藤あや子)
「別れても好きな人」(錦戸親方&坂本冬美)
「サラバ、愛しき悲しみたちよ」(ももいろクローバーZ)
「春夏秋冬」(旭日松)
「ありがとう…感謝」(勢)
「約束」(森山愛子)
「また逢う日まで」(舛ノ山)
「酒のやど」(香西かおり)
「道」(松鳳山)
「浮雲ふたつ」(藤あや子)
「わが人生に悔いなし」(錦戸親方)
「花はただ咲く」(坂本冬美)

【出演力士】旭日松、勢、舛ノ山、松鳳山、錦戸親方
【出演女性歌手】香西かおり、坂本冬美、藤あや子、
            ももいろクローバーZ、森山愛子

投稿時間:11:11 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


今年の中学校の部は、ゆずの北川悠仁さんが作詞・作曲!17日(日)総合テレビで放送『発表!Nコン2013課題曲』


『発表!Nコン2013課題曲』
総合テレビ 2月17日(日)後3:05~4:00
※宮城県地方は別番組。『発表!Nコン2013課題曲』は、同日17日(日)Eテレ後3:05~4:00に放送。
Eテレ 3月20日(水・祝)前9:00~10:00

今年で80回を迎える「NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)」は、全国10万人の小中高校生が参加する日本最大の合唱コンクール。今回の課題曲のテーマは「スタート!」。仲間と一緒に歌い始める瞬間。それは毎回が新しいスタートです。希望を抱き、思いを表現しながら、前へ前へと進んでいく。そして新しい一歩を踏み出す勇気に変わっていく。一人でも多くの子供たちがそんな喜びに出会うように願いを込めたテーマです。
各部の課題曲は、小学校の部を、放送作家・脚本家の小山薫堂さんが作詞をし、嵐が『NHK紅白歌合戦』で歌った「ふるさと」。中学校の部は、ゆずの北川悠仁さんが書き下ろした「友~旅立ちの時~」。そして高等学校の部は、新進気鋭の詩人・文月悠光さんが高校生のために書いた作品が合唱曲になります。番組では、80回という記念すべきコンクールにふさわしい課題曲を初公開。どうぞお楽しみに!

<課題曲>
★小学校の部「ふるさと」
【作詞】小山薫堂【作曲】youth case【編曲】桜田直子
★中学校の部「友 ~旅立ちの時~」
【作詞・作曲】北川悠仁(ゆず)【編曲】相澤直人
★高等学校の部「ここにいる」
【作詞】文月悠光【作曲】新実徳英

【出演】嵐、ゆず、小山薫堂、新実徳英、文月悠光 ほか

※『Nコン』関連サイトはこちら


<関連番組>
NHK-FMでも音コン関連番組を放送!
『課題曲を歌おう
 ~第80回NHK全国学校音楽コンクールにむけて~』
2月23日(土)前11:00~11:50

課題曲を披露するとともに、作詞・作曲者が曲に託した思いを語ります。また、初演指揮者による演奏上のアドバイスもご紹介します。

投稿時間:11:10 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月16日(土)・17日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~続・犬の音楽~』
2月16日(土)前9:00~11:00

いろいろな動物をテーマにお送りしてきた『世界の快適音楽セレクション』。16日(土)のテーマは「続・犬の音楽」。最も身近な「犬の音楽」は、番組開始当初に紹介しましたが、このたび湯浅学氏の、よりパワーアップした選曲でお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮
 “私の試聴室~トリスターノのブクステフーデとバッハ~”』
2月16日(土)後9:00~10:00
(再)2月21日(木)前10:00~11:00

(再)8月12日(月)前10:00~11:00

毎月第3週の『クラシックの迷宮』は、最新録音を中心に、片山杜秀さんが選んだ名盤を紹介する「私の試聴室」をお送りします。
16日(土)は「トリスターノのブクステフーデとバッハ」と題して、17世紀北ドイツの作曲家・オルガン奏者のブクステフーデと、彼に大きな影響を受けたバッハの曲を、ルクセンブルクの若きピアニスト、フランチェスコ・トリスターノの演奏でお届けします。1705年、若き日のバッハは、リューベックの教会オルガニストをしていたブクステフーデの演奏を聴くために、約400kmもの長い道のりを歩いていった―。そんな偉大な音楽家二人の関係をもとに編まれ、昨年京都コンサートホールで録音されたトリスターノの最新アルバム「ロング・ウォーク」からの演奏です。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)


『FMシアター
 平成24年度文化庁芸術祭優秀賞受賞“ヘブンズコール”』(再)
2月16日(土)後10:00~10:50

16日(土)の『FMシアター』は、“平成24年度文化庁芸術祭ラジオ部門優秀賞”を受賞した「ヘブンズコール」をお送りします。
トビ職の増田徹は、建築現場で足場を踏みはずし、救急車で病院に運び込まれた。その夜、亡くなった父・正の夢を見る。彼には、父親への辛い想い出があった。夢の中の父の声にうなされ、飛び起きると、その声は、まだカーテンの向こう側から聞こえている。思わずカーテンを開けると、手術後の腕の痛みを訴える笹山学がいた。彼の声は父・正にソックリだった。似ているのは声だけで、性格も違えば、話し方も違い、方言もない。しかし、その笑い方は、まさに「父そのもの」だった…。大切な人を亡くした喪失感が、癒しへと向かい始める瞬間を「声の物語」をとおして、描いていく―。(初回放送:2012年5月19日)

  【作】櫻井智也
【音楽】菅谷昌弘
【出演】小林ユウキチ、斉藤暁、藤本喜久子、佐藤直子、
     萩原利映、重松収、橋本美紀

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


<関連番組>
作者の櫻井智也さんが初めてテレビドラマの脚本を手がけた作品を放送!

『BSプレミアムドラマ“ただいま母さん”』
BSプレミアム 2月24日(日)後10:00~10:59

※BSプレミアムドラマ「ただいま母さん」番組ホームページはこちら

※試写会での会見の模様を動画で紹介!「コレ見て!MOVIE」サイトはこちら


『ビバ!合唱 ~作曲家ファイル 三善晃(1)~』
2月17日(日)前7:20~8:10
(再)2月23日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第3週は、合唱指揮者・大谷研二さんの解説でお送りします。
17日(日)の『ビバ!合唱』は、特定の作曲家に焦点を当てる「作曲家ファイル」。今月と来月は、2回にわたって現代日本を代表する作曲家・三善晃氏の合唱作品を紹介します。どうぞお楽しみに!

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき ~電子音と吹奏楽の出会い~』
2月17日(日)前8:10~9:00
(再)2月23日(土)後8:10~9:00

17日(日)の『吹奏楽のひびき』は、電子音を用いた吹奏楽作品を特集。シンセサイザーに代表される電子音は さまざまな新しい響きを生みだすことができます。それらを用いた吹奏楽作品は、他の音楽にはないサウンドが楽しめるため、近年多くの作品が作曲され親しまれています。今回番組では、そんな電子音を用いた吹奏楽作品を集めてお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
  “実り豊かなバイオリンの巨匠 アイザック・スターン”』
2月17日(日)前9:00~11:00

過去の録音遺産の中から 新しき発見と感動を、諸石幸生さんの案内でお届けしている『名演奏ライブラリー』。17日(日)の『名演奏ライブラリー』は、アメリカ育ちの名バイオリン奏者、アイザック・スターンを特集します。
アイザック・スターンは、1920年ウクライナ生まれ。生後まもなくサンフランシスコに移住し、サンフランシスコ音楽院に学びました。15歳でデビュー、翌年モントゥー指揮サンフランシスコ交響楽団、さらにクレンペラー指揮ロサンゼルス交響楽団と共演して注目を集めました。1943年カーネギーホールのリサイタルで大成功をおさめ、以降国際的に活躍。パールマン、ズーカーマンなどの後進を育てるなど、教育面でも功績を残しました。2001年、81歳で亡くなりましたが、その完全無欠と言いたくなるテクニックと、見事な風格あふれる演奏で、多くのファンを魅了しました。今回は、サラサーテ、シューベルト、チャイコフスキー、そしてモーツァルトの作品をお送りします。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月17日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
17日(日)は、「イン・ジ・80's・ゼイ・ワー・アラウンド40」と題して、80年代に活躍していた当時、40代を迎えたアーティスト、今でいう“アラフォー”アーティストをピックアップしてお送りします。
また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、シャーリーさんも大ファンだという、イギリスを代表するロックアーティスト、デヴィッド・ボウイをとりあげます。10年ぶりのニュー・アルバム「The Next Day」のリリースを3月に控え、急遽全世界119か国に一斉配信された最新シングル「Where Are We Now?」もお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~中島みゆき~』
2月17日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
17日(日)の『ミューズノート』は、昨年39枚目のオリジナル・アルバム「常夜灯」をリリースした、中島みゆきさんをとりあげます。デビューした70年代から2000年代にかけて4つの世代でチャートの1位に輝き、世代を越えて支持されている中島みゆきさんの、各時代のアルバムの名曲を中心にお届けします。また番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『セッション2013 ~オバタラ・セグンド~』
2月17日(日)後11:00~前0:00
(再)2月22日(金)前10:00~11:00

17日(日)の『セッション2013』は、日本を代表するラテン・バンド、オルケスタ・デラルスを経て、現在は熱帯JAZZ楽団などで活躍しているトロンボーン奏者・中路英明が、2007年に立ち上げたラテン・ジャズ・コンボ“オバタラ・セグンド”が登場! 真冬のラテン・ジャズを、どうぞお楽しみください。

【演奏】中路英明(トロンボーン)、鈴木よしひさ(ギター)、
     伊藤志宏(ピアノ)、やぢまゆうぢ(エレクトリック・ベース)、
     大儀見 元(パーカッション)、平川象士(ドラムス)
【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2013』番組ホームページはこちら


『ワールドミュージックタイム
~アメリカのルーツ・ミュージックをたどって(6)ケイジャンとザディコ~』
2月18日(月)前0:00~1:00 (17日(日)深夜)
(再)2月25日(月)前10:00~11:00

アメリカにはポップスやロックやR&Bやジャズだけでなく、多様な文化的背景を持ったルーツ・ミュージックがたくさんあり、主流の音楽にも影響を与えてきました。17日(日)深夜の『ワールドミュージックタイム』は、そのアメリカのルーツ・ミュージックをたどるシリーズの第6弾をお送りします。今回は、アメリカの南部ルイジアナ州などに伝わる、ケイジャン(フランス系住民のカントリー)と、ザディコ(フランス系住民のR&B)を紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】北中正和

※『ワールドミュージックタイム』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ドリカム・中村正人さんが語りつくす!16日(土)深夜放送『DREAMS COME TRUE 裏ベストを語る!』


『DREAMS COME TRUE 裏ベストを語る!』
2月16日(土)後11:00~翌前1:00

nakamura_201302.jpgヒット曲や代表曲を封印し、普段ライヴで演奏されることの少ない“隠れた名曲”を披露する、裏ベストライブ「DREAMS COME TRUE 裏ドリワンダーランド 2012/2013」を開催中の来年25周年を迎えるDREAMS COME TRUE。そのツアーの合間を縫って、中村正人さんがライヴの舞台裏やドリカムの隠れた名曲への思い、新曲の制作秘話、そしてドリカムの今と未来にについて語る『DREAMS COME TRUE 裏ベストを語る!』を16日(土)深夜に放送! 先日、ラジオ第1で先行放送された番組では、放送できなかった部分も含め完全版でお届けします。また、皆さまからいただいた「裏ベスト10」も発表。どうぞお楽しみに!

【出演】中村正人(DREAMS COME TRUE)
【ゲスト】FUZZY CONTROL
【進行】鈴木桂一郎アナウンサー


※『DREAMS COME TRUE 裏ベストを語る!』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:01 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』2/16(土)のゲストは長瀬智也さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 2月16日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 2月19日(火)後9:05~9:55


pickup_rockbarokada_.jpg脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、現在民放で放送中の岡田さん脚本ドラマ『泣くな、はらちゃん』にご出演されている、長瀬智也さんをお迎えします。


14歳のころ、岡田さんも脚本を手掛けた『ツインズ教師』でドラマ初出演をし、翌年にTOKIOのボーカルとしてデビューした長瀬さんは、それまでプロスケーターを目指していたとのこと。そして、20歳のころからギター・ボーカルとして、ギターを取り入れることとなった長瀬さんのギターとの出会いについて伺います。また、現在放送中の民放ドラマ『泣くな、はらちゃん』での制作秘話や現場の様子はもちろん、TVドラマの魅力なども岡田さんと語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】長瀬智也
【パーソナリティー】岡田惠和



『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら

 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。



<関連情報>
◆TOKIOが『MUSIC JAPAN』に出演!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 2月17日(日)後6:10~6:39


長瀬さん主演のドラマの主題歌「リリック」を熱唱!
また、思わず笑えるバーベキュー面白グッズを体験!?


『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら
 

投稿時間:12:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


16日(土)深夜 BSプレミアムで放送! 『音楽熱帯夜 "くるり・日本武道館ライブ"』


『音楽熱帯夜 “くるり・日本武道館ライブ”』
BSプレミアム 2月17日(日)前0:10~1:39 (16日(土)深夜)

アリーナやスタジアムで行なわれるビッグアーティストのライブを中心に、今一番旬なステージを紹介する番組『音楽熱帯夜』。16日(土)の『音楽熱帯夜』は、今年デビュー15周年を迎えるロックバンド、くるりが登場! 1月17日、日本武道館で行われた「くるりワンマンライブツアー2012/13 特別公演 ~国民の成長が第一~」の模様をお送りします。
至高のサウンドを目指し幾多のメンバーチェンジを繰り返してきた彼らがたどり着いた、最新のライブパフォーマンスを新旧代表曲を交えてたっぷりとお届けします。また、活動の拠点を京都に置く彼らの思いを「ブラくるり」と題して、京都で密着ロケを敢行。京都人ならではの視点で選んだ、ユニークなロケ地を取材します。どうぞお楽しみに!

<曲目>
「everybody feels the same」「ロックンロール」「赤い電車」
「WORLD'S END SUPERNOVA」「惑星づくり」
「pluto」「crab,reactor,future」「soma」
「ばらの花」「太陽のブルース」「Baby I Love You」
「ワンダーフォーゲル」「東京」「Remember me」
「glory days」

【出演】くるり

130214S01-001.jpg※『音楽熱帯夜』番組ホームページはこちら


<関連番組>
くるりのNHK-FMレギュラー番組、

『くるり電波』
毎月最終火曜日 後11:00~前0:00
(再)翌週火曜 前10:00~11:00

次回放送は2月26日(火)になります。どうぞお聴き逃しなく!

※『くるり電波』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:18 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ16日(土)放送の『SONGS』は、今年で結成15周年を迎えたMONGOL800が初登場!


『SONGS ~MONGOL800~』
総合テレビ 2月16日(土)後11:00~11:29
(再)総合テレビ 2月22日(金)前1:15~1:44 (21日(木)深夜)

16日(土)の『SONGS』は、メジャーレーベルに所属するアーティストとは一線を画すインディーズ・シーンで、先頭を走り続けてきたロックバンド、MONGOL800が初登場!
高校の同級生3人で結成したバンドは、2001年に発表したアルバム「MESSAGE」で300万枚以上のセールスを記録するなど大きな話題を呼びました。番組では、今年で結成15周年を迎えた彼らの故郷・沖縄を訪ね、母校でのバンド練習を支えてくれた恩師からの心温まるメッセージや、沖縄の音楽シーンを形作ってきたライブハウスでの演奏の日々などエピソードを交えながら、地元を拠点に活躍を続ける彼らのこだわりに迫ります。また、今も琉球王国の歴史を色濃く残す風景をバックに熱唱。どうぞお楽しみに!

<曲目>
「小さな恋のうた」「琉球愛歌」「Love song」

【出演】MONGOL800
【語り】守本奈実アナウンサー

M800_Asya_1s.jpg
※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:05 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


15日(金)の『ワールドロックナウ』は、放送開始が15分繰り下がり、後11:15からの放送!


『ワールドロックナウ』
2月15日(金)後11:15~翌前0:15

毎週金曜日後11:00からお届けしている、音楽評論家・渋谷陽一さんの厳しく鋭い批評で、大きな支持を集めている番組『ワールドロックナウ』。2月15日(金)は、先日の南太平洋のソロモン諸島でおきた地震に伴い発令された、津波注意報により中断した番組の措置のため、放送開始時間が15分繰り下がり、後11:15からの放送となります。
今回は、UKの誇るメタルヒーロー“ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン”の3年ぶり4thアルバムや、ドラム、ギター/ヴォーカル、そしてチェロから成る3ピース・クラシック・ポップ・バンド“ザ・ルミニアーズ”のデビュー作などを紹介する予定です。どうぞお楽しみに!

【DJ】渋谷陽一

投稿時間:17:11 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ15日(金)からの『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』は、4週にわたって「アフリカの音楽編」をお送りします


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 “アフリカの音楽”(1)』
Eテレ 2月15日(金)後11:00~11:30 
(再)Eテレ 2月21日(木)前0:30~1:00 (20日(水)深夜)

音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成した音楽全集の制作。人類の生み出した偉大なる文化“音楽”の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』です。(スコラとはラテン語で「学校」の意味)
2月15日(金)からは、4週にわたって「アフリカの音楽編」をお届けします。現在あるポップスやロックの礎ともなっているアフリカの音楽。それがどんな形で誕生し、そして現在、どんな形で存在しているのかを検証。研究者たちの豊富なフィールドワークをもとに、生活と密着した音楽の有り様を講義します。
15日(金)の「アフリカの音楽」1回目は、アフリカの音楽の多様性と同質性。民族集団により多種多様な音楽があることを紹介。またリズムに着目し、その同質性を解説。アフリカ全土に見られるスタンダードなリズムパターンと、複数のリズムがからみあう「ポリリズム」を学びます。ワークショップは、小学生がアフリカの「森の音」を体験。また番組最後の演奏では、坂本龍一さんが、アフリカのミュージシャンとともに伝統音楽を、番組のスペシャルアレンジでお送りします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】塚田健一(広島市立大学教授)、
         小沼純一(早稲田大学教授)、
【ワークショップサポート】矢野原佑史
    【演奏】ラティール・シー、ウスマン・ジェジュー、
         ダウール・ユッスー・ンジャイ、ウィンチェスター・ニ・テテ
【講師・演奏】坂本龍一
     【語り】小林千恵アナウンサー


130213file_0000ss.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:05 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム15日(金)放送『プレミアムアーカイブス "驚異のバイオリニスト~ロビー・ラカトシュ、超絶技巧の世界"』


『プレミアムアーカイブス 
 “驚異のバイオリニスト~ロビー・ラカトシュ、超絶技巧の世界”』
BSプレミアム 2月15日(金)前9:00~10:37
(再)BSプレミアム 2月23日(土)前1:45~3:22 (22日(金)深夜)
(再)BSプレミアム 8月2日(金)前9:00~10:37
(再)BSプレミアム 8月10日(土)前1:45~3:22 (9日(金)深夜)

15日(金)の『プレミアムアーカイブス』は、1999年にお送りした「驚異のバイオリニスト~ロビー・ラカトシュ、超絶技巧の世界」をお届けします。ハンガリーに古くから伝わるロマ音楽をベースとし、超絶テクニックと自由奔放な即興演奏で、聴く者の心を魅了するバイオリニスト、ロビー・ラカトシュ。番組では、司会のアコーディオン奏者、cobaさんとのセッションや、津軽三味線奏者の木乃下真市さん(当時:木下伸市)との即興バトルなどをお送りします。どうぞお楽しみに!(初回放送:BS2 1999年8月22日)

【出演】ロビー・ラカトシュ(バイオリニスト)、
    木下伸市(津軽三味線奏者)
【司会】coba(アコーディオン奏者)
【プレミアムアーカイブス・キャスター】内藤裕子アナウンサー


※『プレミアムアーカイブス』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:25 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム 14日(木)放送!『旅のチカラ "パリは未だ燃えているか~加古隆・フランス~"』


『旅のチカラ “パリは未だ燃えているか~加古隆・フランス~”』
BSプレミアム 2月14日(木)後9:00~9:59
(再)BSプレミアム 2月21日(木)前8:00~8:59

各界で活躍する旅人が、今の自分を乗り越えようと、いつか訪れたいと思ってきた場所や、その地ならではの奥深い風土や文化と触れあう番組『旅のチカラ』。今回の旅人は、1995年に放送された『NHKスペシャル“映像の世紀”』のメインテーマ「パリは燃えているか」で知られる、作曲家の加古隆さんです。
加古さんは20代後半、作曲家を目指して名門パリ国立音楽院に留学。畏敬する現代音楽の巨匠、オリヴィエ・メシアン教授に自信作を披露するが「過去の模倣に過ぎない」「自分のスタイルを見つけよ」と一蹴される。そして加古さんは初心に戻り、クラシック音楽の伝統を学ぶと同時に、自らの殻を破ろうと封印してきたジャズに再挑戦。音楽院の仲間と斬新なフリージャズを創作しデビュー。そこから“ピアノの画家”と称される、ジャズ・クラシック・現代音楽を融合させた独自の作風が誕生しました。
今年デビュー40周年を迎える加古さんは、今回、再びパリ国立音楽院を訪ねます。かつての仲間達は今どんな音楽に挑戦しているのか? 若き後輩たちとの演奏で加古さんはどんな刺激を分かち合うのか? 番組では、青春時代の創作の原点を訪ね、音楽への新たな思いに燃える加古さんのパリの旅に密着します。

【出演】加古隆 (作曲家)

130213S03-001.jpg※『旅のチカラ』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:10 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


後11時、お気に入りの音楽を探そう...明日13日(水)放送『松尾潔のメロウな夜』、明後日14日(木)放送『ザ・ソウルミュージック』


『松尾潔のメロウな夜』
2月13日(水)後11:00~前0:00
(再)2月20日(水)前10:00~11:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きな、R&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお届けしています。
13日(水)の『松尾潔のメロウな夜』はレギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。来月、ソロとして初来日を果たす、ソウルフルなバリトン・ボイスが魅力のグレゴリー・ポーターなどを紹介します。番組後半は、松尾さんがこれまでにライナーノーツを手がけてきたアルバムの中から、『メロウな夜』にふさわしいアルバムをピックアップしてお送りする「耳で楽しむライナーノーツ」をお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら


『ザ・ソウルミュージック
 ~トリビュート・トゥー・シュガーフット特集~』
2月14日(木)後11:00~前0:00
※記事初出時から、番組内容が変更となりました。ご了承ください。

14日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、予定を変更して「トリビュート・トゥー・シュガーフット特集」をお送りします。
去る1月26日に他界したシュガーフット。名ファンクバンド、オハイオプレイヤーズでギタリスト/リード・シンガーとして活躍。2010年にも来日したばかりでしたが、がんのため69歳で逝去しました。番組では、オハイオならではのファンク・チューンに加えて、ヴァレンタインの夜にふさわしいメロウな曲で、追悼特集をお届けします。

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日13日(水)BSプレミアムで放送!『追跡者 ザ・プロファイラー フレディ・マーキュリー"ロックという名の仮面"』


『追跡者 ザ・プロファイラー
 フレディ・マーキュリー“ロックという名の仮面”』
BSプレミアム 2月13日(水)後9:00~9:59

世界の激動のなかで生きたさまざまな人物や事件を“プロファイル=輪郭を描き直す”番組『追跡者 ザ・プロファイラー』。13日(水)の『追跡者 ザ・プロファイラー』は、出自の秘密、マーキュリーという名の不思議、ゲイの告白…45年の生涯を駆け抜けた伝説の男、フレディ・マーキュリーの仮面性に迫ります。
ロック・バンド、クイーンのヴォーカル、フレディ・マーキュリー。世界最高のヴォーカリストと称賛され、ジャンプスーツや、バレエのレオタードなどの奇抜な衣装で、度肝を抜くパフォーマンスを次々披露する一方で、自身を語る事が限られた人物でした。発売当初“絶対に売れない”と酷評された「ボヘミアン・ラプソディ」への特別な思いとは? ペルシャの血を引く独特な出自とその音楽の不思議な縁とは? ビジュアルにこだわった男が、エイズの症状が重くなってもビデオから訴えた最後のメッセージとは? フレディ・マーキュリーは、仮面をかぶり続けたのか否か…番組では、そんなロックを歌舞いた彼の波乱の人生をプロファイルします。

【ゲスト】クリス・ペプラー、デーモン閣下、佐藤良明
【MC】岡田准一(V6)
【語り】大海吾郎

投稿時間:10:53 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


12日(火)深夜 BSプレミアムで放送!『ワールド・プレミアム・ライブ "コールドプレイ"』


『ワールド・プレミアム・ライブ “コールドプレイ”』
BSプレミアム 2月12日(火)後11:45~翌前0:44

(再)BSプレミアム 6月23日(日)前1:40~2:39 (22日(土)深夜)

海外のビッグアーティストの最新ライブを最高画質、最高音質でお届けする『ワールド・プレミアム・ライブ』。12日(火)深夜の『ワールド・プレミアム・ライブ』は、2009年のグラミー賞3部門受賞によって、世界のトップバンドに上り詰めたコールドプレイの最新ライブを放送! 2011年6月にスタートし、300万人以上を動員した“マイロ・ザイロト・ツアー”から、パリ、グラストンベリー他で行われた圧巻のパフォーマンスをお届けします。世界34カ国でチャートNo.1を記録したアルバム「マイロ・ザイロト」からの曲を中心に、日本でもおなじみのヒットチューンを織り交ぜ、客席と一体となったステージの模様を、どうぞお楽しみに!

<曲目>
「MYLO XYLOTO」
「HURTS LIKE HEAVEN」
「YELLOW」
「GOT PUT A SMILE UPON YOUR FACE」
「PRINCESS OF CHINA feat.RIHANNA」
「VIVA LA VIDA」
「CHARLIE BROWN」
「PARADICE」
「CLOCKS」
「FIX YOU」
「EVERY TEARDROP IS A WATERFALL」

(2012年9月フランス・パリ スタッド・ドゥ・フランスで収録。 但し、「VIVA LA VIDA」は、2011年6月イギリス・ピルトン グラストンベリー・フェスティバル、「CLOCKS」は、2012年7月カナダ・モントリオール ベル・センターで収録)

<ミュージックビデオ>
「LOVERS IN JAPAN」

【出演】コールドプレイ
【ナビゲーター】クリス・ペプラ-

130208file_0000w0.jpg

※『ワールド・プレミアム・ライブ』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:10 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


来週12日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は、ブルーノート・レーベルの最近の作品を集めてお送りします


『元春レイディオ・ショー』
2月12日(火)後11:00~前0:00
(再)2月19日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
最近、若くて才能あるアーティストたちの作品を発表している、ジャズのレーベルとして古くからある名門レーベル“ブルーノート・レーベル”。12日(火)の『元春レイディオ・ショー』は「ブルーノート・レーベル新時代」と題して、ホセ・ジェイムズをはじめとする、ブルーノート・レーベルの最近の作品にスポットを当ててお送りします。どうぞお楽しみに!
また番組では、翌週19日(火)の放送で、今年最初のリクエスト特集を企画しています。最近気になっている新譜や、久々にじっくり聴きたい曲、誰かにプレゼントしたいナンバーなど、メッセージを添えて下記の番組ホームページから、どしどしお寄せください。お待ちしております。

【DJ】佐野元春


※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週11日(月・祝)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は、「"私の一押し、タカラヅカ"リクエスト特集」をお送りします!


『石丸幹二のシアターへようこそ
 ~“私の一押し、タカラヅカ”リクエスト特集~』
2月11日(月・祝)後11:00~前0:00
(再)ラジオ第1 2月18日(月)後9:05~9:55 (50分サイズ)

ミュージカルナンバーからスタンダード、そして隠れた名曲など、こだわりの選曲と豊富な舞台の知識を交えて、俳優の石丸幹二さんがお届けしている『石丸幹二のシアターヘようこそ』。世界の劇場音楽と共に、あなたを物語の世界へと誘います。
親子三世代にわたり愛され続けている宝塚歌劇団は、来年で100周年を迎えます。11日(月・祝)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は「“私の一押し、タカラヅカ”リクエスト特集」と題して、リスナーの皆さまからいただいた熱いリクエストにお応えして、さまざまな楽曲をお届けします。最多リクエストを獲得したのは、誰のどの曲か? そして、あなたがリクエストした楽曲はかかるのか? どうぞお楽しみに!

【パーソナリティー】石丸幹二


※『石丸幹二のシアターへようこそ』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:58 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月11日(月・祝)~2月14日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月11日(月・祝) 2月12日(火)
ml_20130211.jpg ml_20130212.jpg
東京カランコロン SCANDAL

2月13日(水) 2月14日(木)
ml_20130213.jpg ml_20130214.jpg
ねごと Base Ball Bear

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

投稿時間:15:44 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週11日(月・祝)いよいよ全国放送!『FUKUIアニソンまつり!』


『FUKUIアニソンまつり!』
2月11日(月・祝)後5:20~6:50

NHK福井放送局80周年のプレイベントとして、昨年12月22日、福井県・みくに文化未来館で行われた『FUKUIアニソンまつり!』の公開収録の模様を、2月11日(月・祝)に全国放送!
今回のイベントには、先月末に1stフルアルバム「BLAU」をリリースした藍井エイルさん、1月から始まった『ちはやふる2』でも主演の綾瀬千早役とエンディングテーマを担当している瀬戸麻沙美さん、昨年末『ソードアート・オンライン』フェアリィ・ダンス編エンディングテーマ「Overfly」がヒットした春奈るなさん、そして数々のアニメ、ゲーム主題歌を担当し、昨年11月に3rdアルバム「For My Dear...」をリリースした結城アイラさんらが集結!番組では、白熱のライブの模様をお届けします。どうぞお楽しみに! (初回放送:福井放送局 1月19日)

【出演】藍井エイル、瀬戸麻沙美、春奈るな、結城アイラ
【司会】今道琢也アナウンサー

fukui2_201302.jpg※『FUKUIアニソンまつり』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週11日(月・祝)放送!『音の魔術師 冨田勲の世界 ~初音ミクとのコラボを終えて~』


『音の魔術師 冨田勲の世界 ~初音ミクとのコラボを終えて~』
2月11日(月・祝)後1:00~4:00

昨年11月18日にお送りした『音の魔術師 冨田勲の世界』。皆さまからの熱いリクエストにお応えして、新録のコメント&トークを含んだ3時間の再構成版を2月11日(月・祝)にお送りします!
シンセサイザー音楽のパイオニアとして常に最先端を走り、世界的な評価を得ている冨田勲さん。昨年4月22日に80歳を迎えても、なお、新しい音への貪欲さを失うことなく、生のオーケストラサウンドを生かした壮大な音楽への追求心を持ち、創作意欲がまったく衰えることなく活動を続けています。そして昨年11月23日には、久々にオーケストラスコアを書き上げ、初音ミクとのコラボでも話題となった「イーハトーヴ交響曲」の世界初演を行いました。
番組では、「新日本紀行」「きょうの料理」「文五捕物絵図」「大河ドラマ“徳川家康”」などNHKの番組テーマ曲や、「マイティジャック」「ジャングル大帝」などの特撮やアニメの主題歌、そして、冨田さんが初めてシンセサイザーで制作した「銀河鉄道の夜」など、これまで冨田さんが発表された楽曲を紹介しながら足跡をたどりつつ“冨田勲の世界”の魅力に迫ります。また、今月末にリリースされる「イーハトーヴ交響曲」の一部も放送予定と、前回お聴きになった方にもお楽しみいただける内容でお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】冨田勲
【きき手】吉松隆 (作曲家)


tomitaisaosekai.jpg

投稿時間:15:22 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


10日(日)放送の『サウンドクリエイターズファイル~電気グルーヴ~』は、激レア!デモテープ音源を公開


『サウンドクリエイターズファイル~電気グルーヴ~』
2月10・17日(日)後9:00~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。2月のマンスリーDJは、今月末に通算13枚目となるニューアルバム「人間と動物」をリリースする、電気グルーヴが3週にわたって担当しています!
2回目となる10日(日)は、先週に引き続き、メンバーとは古くからの付き合いの音楽ライター伊藤亜希さんを進行役に迎え、激レア!デモテープ音源を公開。また、お気に入りの映画とその映画にまつわる音楽や、電気グルーヴの関連書籍の話などをお送りします。どうぞお楽しみに!

 
【DJ】電気グルーヴ
【進行】伊藤亜希 (音楽ライター)

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:15:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月9日(土)・10日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~こみ上げる音楽~』
2月9日(土)前9:00~11:00

9日(土)の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは「こみ上げる音楽」。こみ上げる感情、こみ上げる涙…胸をつくようなナンバーをお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『ガットのしらべ ~アヌーシュカ・シャンカールのシタール~』(再)
2月9日(土)後8:15~9:00

今回の『ガットのしらべ』は、アヌーシュカ・シャンカールのシタールの音色をお送りします。シタールは、北インドの代表的な弦楽器で、「20世紀最大の楽聖」と称されたラヴィ・シャンカールによって世界的に知られるようになり、ジャズやロックなどにも影響を与えました。ラヴィ・シャンカールの薫陶を受けた愛娘アヌーシュカは、その後継者の地位を確立しつつ、若い感性で他ジャンルの音楽とのクロスオーバーにも取り組んでいます。19弦から奏でられるシタールの不思議な音色をどうぞお楽しみください。(初回放送:2012年2月11日)

【案内】大林奈津子


『クラシックの迷宮 “ワーグナーとマイヤベーア”』
2月9日(土)後9:00~10:00
(再)2月14日(木)前10:00~11:00

2013年は、大作曲家ワーグナーの生誕200年にあたります。9日(土)の『クラシックの迷宮』は、ワーグナーが同じオペラ作曲家としてライバル視し、美意識や音楽表現の点で、激しく対立したマイアベーアにスポットを当ててお送りします。ワーグナーとはどんな存在だったのか? マイヤベーアを語ることで、その特質があぶり出します。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)


『FMシアター “妻の知らない夫のいくつかのこと”』
2月9日(土)後10:00~10:50

9日(土)の『FMシアター』は、秋吉久美子さん、赤木春恵さん出演の「妻の知らない夫のいくつかのこと」をお送りします。
どんな夫婦でも互いに何かヒミツを隠し持っている。パートナーには知られたくないヒミツ。出来れば墓場まで抱えて持ち去りたいヒミツ。だが、予測のつかない出来事で、隠しておきたかったヒミツが露顕することもある…。
サキは精神科医で、ラジオのパーソナリティーを勤める才気溢れる女性。ところがある日、夫が急逝。その夫に愛人がいた。サキはしずという女に会う。その女は、サキに瓜二つだった。夫婦は何年一緒にいようとも、全てを知っているわけではない。知らない部分があることを暗黙のうちに了解しつつ生きている。しかし、それが明かされてしまった時、残されたものは傷つく。このドラマは新しい人生を一歩踏み出すための“知らないということを知る”物語―。

【作】梶本惠美
【音楽】大島ミチル
【出演】秋吉久美子、赤木春恵、小宮久美子、渡辺瞳、
     三宅貴大、矢田一路、星野園美、渡辺樹里、
     山﨑千惠子、真以美、田中奈緒子

※『FMシアター』番組ホームページはこちら

※作者の梶本惠美さんからのメッセージを掲載中、制作スタッフブログ①はこちら

※赤木春恵さんについて語る、制作スタッフブログ②はこちら


『ジャズ・トゥナイト “ホセ・ジェイムズ&黒田卓也を迎えて”』
2月9日(土)後11:00~翌前1:00

9日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、ホセ・ジェイムズさんと黒田卓也さんをお迎えしてお送りします。
来週、大阪と東京で来日公演を行う、いまや時代の寵児となったボーカル界の新星ホセ・ジェイムズ。先月リリースされたアルバム「No Beginning No End」の楽曲を聴きながら、アルバムについてお話を伺います。また、昨年4月ベルギーで行われた「ビリー・ホリデイ・トリビュート」公演での貴重なライヴ演奏もお届けします。
番組後半は、ホセ・ジェイムズの来日公演にも参加している、内外で注目を集める日本人トランペッター・黒田卓也さんをお迎えし、ホセ・ジェイムズとの出会いや、2003年に渡ったニューヨークのニュースクール時代のお話などを伺います。どうぞお楽しみに!
なお次週16日(土)は、特集番組のためお休みとなります。ご了承ください。

【ゲスト】ホセ・ジェイムズ(ジャズ・シンガー)、黒田卓也(トランペッター)
【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 ~ドイツ初期バロックの3大S~』
2月10日(日)前7:20~8:10
(再)2月16日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第2週の解説は、指揮者・鍵盤楽器奏者の花井哲郎さんの解説でお送りします。
10日(日)の『ビバ!合唱』は、17世紀初頭、「Sch」で始まるほぼ同年代の作曲家、ハインリヒ・シュッツ、ヨハン・ヘルマン・シャイン、ザムエル・シャイトの3人を特集します。番組では、イタリア・バロックの様式を導入し、ドイツ・バロックの最初の花を咲かせた3人の宗教音楽を聴き比べます。どうぞお楽しみに!

【案内】花井哲郎

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき ~陸上自衛隊中央音楽隊ライヴ~』
2月10日(日)前8:10~9:00
(再)2月16日(土)後8:10~9:00

10日(日)の『吹奏楽のひびき』は、2012年に東京芸術劇場で開催された「ブラスウィーク2012」の一環として行われた、陸上自衛隊中央音楽隊のコンサートからお送りします。今回の指揮は、初登壇の飯森範親さん。このバンドが、コンサート全体を外部の指揮者にゆだねることは、史上初とのこと。どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー “チェコ室内楽の伝統 スメタナ弦楽四重奏団”』
2月10日(日)前9:00~11:00

過去の録音遺産の中から 新しき発見と感動を、諸石幸生さんの案内でお届けしている『名演奏ライブラリー』。
10日(日)の『名演奏ライブラリー』は、弦の国チェコの誇る名カルテット、スメタナ弦楽四重奏団を特集します。
1945年、プラハ音楽院で学んだヤロスラフ・リベンスキー、ルボミール・コステッキー、ヴァーツラフ・ノイマン、アントニーン・コホウトにより結成されたスメタナ弦楽四重奏団。その後、メンバーの変更もありながら、1989年まで活動を続け、独自の暗譜によるきめ細かいアンサンブルで、完成度の高い演奏を数々残しています。番組ではハイドン、スメタナ、シューマン、ベートーベンの作品を中心にお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月10日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
10日(日)は、「ア・サクセス・フォー・ニュー・ラインナップ」と題して、80年代に活躍したバンドの中から、メンバーチェンジをきっかけに大きく飛躍し、成功を収めたバンドをピックアップしてお送りします。
また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、アメリカを代表するモンスターバンド、ボン・ジョヴィをとりあげます。3月発売の4年ぶりのアルバム「What About Now」から先行発売されたシングル「BECAUSE WE CAN」もお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~ジャネット・ジャクソン~』
2月10日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
10日(日)の『ミューズノート』は、ジャクソン家の末っ子として生まれ、幼少時代からテレビ番組で活躍、今では世界を代表するポップスターの一人であるジャネット・ジャクソンをとりあげます。日本でもカバーされヒットした「Doesn't Really Matter」、兄マイケル・ジャクソンとの共演が話題となった「Scream」など、ヒット曲の数々をお届けします。また番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『セッション2013 ~アーロン・パークス・トリオ~』
2月10日(日)後11:00~前0:00
(再)2月15日(金)前10:00~11:00

10日(日)の『セッション2013』は、10代の頃からニューヨーク・ジャズ界にて注目を集めてきたピアニスト、アーロン・パークスが登場!
アーロン・パークスは、1983年シアトル生まれの29歳。17才でトランペッター、テレンス・ブランチャードのバンドに参加し、本格的な活動を始めました。これまでにジョシュア・レッドマン、カート・ローゼンウィンケル、クリスチャン・スコットなどの名だたるミュージシャンのレギュラーメンバーとしても活躍し、そのメンバーとして度々日本にも来日しています。
今回は、アーロン・パークス自身がリーダーとして同世代のメンバーとともに来日。彼らが紡ぎ出すニューヨーク・ジャズを、どうぞお楽しみください。

【演奏】アーロン・パークス(ピアノ)、トーマス・モーガン(ベース)、R.J.ミラー(ドラムス)
【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2013』番組ホームページはこちら


『ワールドミュージックタイム ~真冬にホットな音楽を~』
2月11日(月・祝)前0:00~1:00 (10日(日)深夜)
(再)2月18日(月)前10:00~11:00

1月に「北国の音楽」を特集したので、10日(日)深夜の『ワールドミュージックタイム』は「真冬にホットな音楽を」と題して、逆に音楽で暖かくなろうという企画をお送りします。ドキュメンタリー映画で一躍有名になったキューバのブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブや、独特のチューニング奏法のスラックキーギターによるハワイの楽曲など、常夏の国々の音楽をお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】北中正和

※『ワールドミュージックタイム』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:28 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月15日(金)深夜の放送時間変更のお知らせ


NHK-FM 2月15日(金)深夜は、2月6日(水)南太平洋のソロモン諸島でおきた地震に伴い発令された津波注意報により、中断した番組の措置のため、以下のように放送時間が変更となります。ご了承ください

<NHK-FM 2月15日(金)後10:45~翌前5:00 放送時間変更>
後10:45~『青春アドベンチャー“新・動物園物語”(9)』
後11:00~『青春アドベンチャー“新・動物園物語”(10)<終>』
後11:15~『ワールドロックナウ』
前 0:15~『とことん○○ “同名異曲 い~曲いっぱい!”』
前 1:05~『ミチの調べ』
前 1:10~5:00『関西発ラジオ深夜便』

投稿時間:14:13 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月6日(水)津波注意報により途中中断となった『青春アドベンチャー"新・動物園物語"』についてのお知らせ


NHK-FM 2月6日(水)津波注意報に伴う緊急ニュースで途中中断となった『青春アドベンチャー“新・動物園物語”(3)』は、本日7日(木)に改めてお送りします。そして以降は順送りをし、2月15日(金)は2本立でお届けします。

『青春アドベンチャー“新・動物園物語”』

2月7日(木)後10:45~  第3回「ネズミのパラダイス」(後編)
2月8日(金)後10:45~  第4回「河馬が棲んでいる」(前編)
2月11日(月・祝)後10:45~第5回「河馬が棲んでいる」(後編)
2月12日(火)後10:45~  第6回「人魚の肉」(前編)
2月13日(水)後10:45~  第7回「人魚の肉」(後編)
2月14日(木)後10:45~   第8回「トイレから蛇」(前編)
2月15日(金)後10:45~   第9回「トイレから蛇」(後編)
2月15日(金)後11:00~   第10回「仮名手本 蛙之王様」<終>

また、『青春アドベンチャー』が2本立になったことにより、2月15日(金)後11:00以降の番組の放送時間が以下のように変更となります。ご了承ください。

<NHK-FM 2月15日(金)後10:45~翌前5:00 放送時間変更>
後10:45~『青春アドベンチャー“新・動物園物語”(9)』
後11:00~『青春アドベンチャー“新・動物園物語”(10)<終>』
後11:15~『ワールドロックナウ』
前 0:15~『とことん○○ “同名異曲 い~曲いっぱい!”』
前 1:05~『ミチの調べ』
前 1:10~5:00『関西発ラジオ深夜便』

投稿時間:14:07 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


『とことん○○』3月4日(月)深夜からは『とことんアニソンアカデミー前夜祭』を放送!リクエスト募集中


『とことんアニソンアカデミー前夜祭』
3月5日(火)~9日(土)前0:00~0:50
(4日(月)深夜~8日(金)深夜)
3月12日(火)~16日(土)前0:00~0:50
(11日(月)深夜~15日(金)深夜)

こだわりの音楽を毎日、毎週聞きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。3月4日(月)深夜からは、4月6日(土)後2:00から始まるNHK-FM初のアニソンレギュラー番組『アニソンアカデミー』の放送開始に先立ち、『とことんアニソンアカデミー前夜祭』をお送りします!
リクエストを中心に、創成記から現代まで、幅広い楽曲を取り上げ、子供から大人まで楽しめるプログラムでお届けする『アニソンアカデミー』。メインパーソナリティーはアニソン大好き、サブカルチャーに造詣の深い中川翔子さんが担当します。
今回の『とことんアニソンアカデミー前夜祭』では、好きなアニソンのリクエストはもちろんのこと、『アニソンアカデミー』に来てほしいゲストや下記の一部コーナーのお便りを、下記の番組ホームページで先行募集! たくさんのリクエストお待ちしております。 

<コーナー別・募集内容>
「マイ・ターニングアニソン」
あなたの転機となったアニソンとそのエピソードを募集。

「アニソン遺産」
未来に残したい懐かしのアニソンとその思い。

「アニソン前口上」
あなたの好きなアニソンと、その魅力を引き立たせる曲紹介のナレーションやユニークな前口上をお寄せください。


【案内】中川翔子、あべあきら(放送作家・シンガーソングライター)


※『とことんアニソンアカデミー前夜祭』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:54 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム 9日(土)深夜放送!『音楽熱帯夜 "斉藤和義 弾き語り SOLO VISION TOUR 12月~2012"』


『音楽熱帯夜
 “斉藤和義 弾き語り SOLO VISION TOUR 12月~2012”』
BSプレミアム 2月10日(日)前0:10~1:39 (9日(土)深夜)

(再)BSプレミアム 7月21日(日)前1:10~2:39 (20日(土)深夜)

アリーナやスタジアムで行なわれるビッグアーティストのライブを中心に、今一番旬なステージを紹介する番組『音楽熱帯夜』。
9日(土)深夜放送の『音楽熱帯夜』は、2012年紅白歌合戦初出場を果たした、斉藤和義さんの弾き語りライブツアー“KAZUYOSHI SAITO SOLO VISION TOUR DECEMBER~2012”のツアーファイナルとなった、2012年12月29日中野サンプラザでのライブの模様をお届けします。大ヒット曲「やさしくなりたい」「ずっと好きだった」「メトロに乗って」から90年代の名曲、そしてザ・クロマニヨンズのカバー曲まで、貴重なナンバーをたっぷりとお送りします。ハードなギタープレーとは裏腹に、ゆったりと楽器愛を語るMCや、番組独自のスペシャルインタビューを交え、斉藤さんならではの弾き語りの世界を、どうぞお楽しみに!

<曲目>
「何処へ行こう」「砂漠に赤い花」「メトロに乗って」「ウサギとカメ」
「Are you ready?」「雷雨決行」「月影」「ずっと好きだった」
「君が百回嘘ついても」「僕の踵はなかなか減らない」「LOVE&PEACE」
「I Love Me」「やさしくなりたい」「月光」「ひまわりの夢」

【出演】斉藤和義

130206S01-001.jpg

投稿時間:13:08 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


美しいソプラノで名曲を披露! 9日(土)総合テレビで放送『SONGS ~サラ・ブライトマン~』


『SONGS ~サラ・ブライトマン~』
総合テレビ 2月9日(土)後11:00~11:29
※近畿地方のみ2月9日(土)は別番組となり、総合テレビ 2月11日(月・祝)後3:30~3:59にお送りします。
(再)総合テレビ 2月15日(金)前1:15~1:44 (14日(木)深夜)

9日(土)の『SONGS』は、ロンドンのミュージカル界を振り出しに、世界を代表する歌姫として活躍し、日本でも多くのファンに支持されている女性歌手サラ・ブライトマンが登場! 番組では、大ヒット曲「Time To Say Goodbye」をはじめ、美しいソプラノで名曲の数々を披露。また、日本の文化に興味があるというサラ・ブライトマンが、浅草寺や仲見世商店街など、浅草の名所を巡り、昔ながらのにぎわいを見せる人気観光スポットで、伝統的な和のこころを体感します。どうぞお楽しみに!

【出演】サラ・ブライトマン
【語り】守本奈実アナウンサー

130206file_0000uj.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:13:00 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム 9日(土)放送!『吉田拓郎の千夜一夜 "沢田研二~41年ぶりの対談~"』


『吉田拓郎の千夜一夜 “沢田研二~41年ぶりの対談~”』
BSプレミアム 2月9日(土)後10:00~10:59

(再)BSプレミアム 3月31日(日)後11:00~11:59
(再)BSプレミアム 6月8日(土)後2:00~2:59

9日(土)BSプレミアムで、吉田拓郎さんが独特の語りでゲストの魅力を引き出す番組『吉田拓郎の千夜一夜』を放送!
ゲストは、拓郎さんが若いころからバックでギターを演奏したかったというほど憧れていた、沢田研二さん。2人きりの対談は、1972年の雑誌での対談以来41年ぶり。番組は、拓郎さんがどんなに沢田さんに憧れていたかという話からスタート。ともに女優を妻に持つプライベートの話や、音楽の話など、ふだん明かされない貴重な話が続々と展開。さらに、「唇をかみしめて」「僕達(たち)はそうやって生きてきた」など、拓郎さんによる歌唱もお届けします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】沢田研二
【司会】吉田拓郎
【語り】高見沢俊彦 (THE ALFEE)

投稿時間:12:41 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ8日(金)放送の『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』は、坂本さんが自作を解説「映画音楽編(5)」をお送りします


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 “映画音楽”(5)』
Eテレ 2月8日(金)後11:00~11:30 
(再)Eテレ 2月14日(木)前0:30~1:00 (13日(水)深夜)

音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成した音楽全集の制作。人類の生み出した偉大なる文化“音楽”の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』です。(スコラとはラテン語で「学校」の意味)
“映画音楽編”の最終回となる2月8日(金)は、坂本さんが手がけた作品を紹介し、ご本人による詳細な解説を披露。「戦場のメリークリスマス」「シェルタリング・スカイ」「リトル・ブッダ」などの作品について、監督との関わり方など、音楽制作秘話を公開します。また、ワークショップでは、岩井俊二監督が手がけた課題映像「猛暑物語」に、いよいよ坂本さんが音楽をつけ、番組最後の演奏では、先月惜しまれつつ逝去した大島渚監督にささげる「戦場のメリークリスマス」をお届けします。
なお、次週からは4週にわたって“アフリカの音楽編”をお送りします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】浅田彰(京都造形芸術大学大学院長)、
       小沼純一(早稲田大学教授)、
       岸野雄一(映画批評家)、岩井俊二(映画監督)
【講師・演奏】坂本龍一
【語り】森山春香アナウンサー

eigaongakuhen04.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:35 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


2月2日(土)途中中断となった『ジャズ・トゥナイト "渡辺貞夫80歳!"』についてのお知らせ


2月2日(土)北海道地方でおきた地震にともなうニュースのため、途中中断となった『ジャズ・トゥナイト “渡辺貞夫80歳!”』。アルト・サックス奏者の渡辺貞夫さんをゲストにお迎えしたコーナーは、4月6日(土)放送の『ジャズ・トゥナイト』内で改めてお送りします。どうぞお楽しみに! (なお番組後半の、ジャズ界の最新ニュースや内外のニューディスクを紹介する「ホット・ピックス」のコーナーは、新たなものとなります。ご了承ください)

『ジャズ・トゥナイト “渡辺貞夫80歳!”』
4月6日(土)後11:00~翌前1:00

2月1日で80歳を迎えられた、日本ジャズ界の第一人者でアルト・サックス奏者の渡辺貞夫さんをゲストにお迎えしてお送りします。半世紀を超える音楽活動を通じて、常に時代を牽引し、数々のヒット作を放ってきた渡辺さん。番組では、1961年リリースの初リーダー・アルバム「渡辺貞夫」から、2011年の音楽活動60周年記念アルバム「カム・トゥデイ」までの中から、セレクションした楽曲を、当時のお話や録音秘話などを伺いながらご紹介します。

【ゲスト】渡辺貞夫 (アルト・サックス奏者)
【DJ】児山紀芳


※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:31 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


8日・15日(金)放送の『邦楽ジョッキー"壱太郎ラウンジ"』は、ゲストに映画コメンテーターのLiLiCoさんをお迎えします


『邦楽ジョッキー“壱太郎ラウンジ LiLiCoさん”』
2月8・15日(金)前11:00~11:50
(再)2月9・16日(土)前5:00~5:50

舞台では若手女形として可憐な娘役などを演じ、民放のバラエティー番組やドラマにも出演している、人気歌舞伎俳優・中村壱太郎さんがディスクジョッキーを担当している『邦楽ジョッキー』。ゲストをお招きしたり、現役大学生の壱太郎さんの大学でのエピソードや、舞台での体験談などをお話したりしながら、本格的な古典演奏から、和楽器を使ったロックやポップスまで、邦楽の奥行きの広さと新たなる魅力をご紹介している番組です。
2月8・15日(金)の『邦楽ジョッキー』は“壱太郎ラウンジ”。2週にわたって、映画コメンテーターのLiLiCoさんをお迎えしてお送りします。LiLiCoさんの波瀾万丈な人生や、海外の有名俳優にも心を開かせるインタビューテクニック、そしてオススメの恋愛映画などをお伺いします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】LiLiCo (映画コメンテーター)
【DJ】中村壱太郎

※『邦楽ジョッキー』番組ホームページはこちら


<関連番組>
祝日の朝にラジオ第1で、LiLiCoさんと西寺郷太さんがお届けする音楽トーク番組を放送中!

『LiLi & GoのReady go♪』
ラジオ第1 2月11日(月・祝)前8:05~9:55 (中断あり)

次回2月11日(月・祝)の『LiLi & GoのReady go♪』は、時代を彩る女性ポップシンガーたちを取り上げる「歌姫・ディーバ特集」をお送りします。ダイアナ・ロス、ホイットニー・ヒューストン、マドンナ、レディー・ガガ、アデル…などなど、あなたにとっての歌姫は誰ですか?番組ではリクエストを募集中!下記の番組ホームページから、好きな歌姫の聴きたい一曲、また好きな理由などをお寄せください。お待ちしております!

【パーソナリティー】西寺郷太、LiLiCo

※『LiLi & GoのReady go♪』番組ホームページはこちら

※ラジオ第1もNHK-FM同様、パソコン&スマートフォンでお聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:17:57 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム 7日(木)放送!『旅のチカラ "記憶の音"が響く大地へ~GOMA オーストラリア~』


『旅のチカラ “記憶の音”が響く大地へ~GOMA オーストラリア~』
BSプレミアム 2月7日(木)後9:00~9:59
(再)BSプレミアム 2月14日(木)前8:00~8:59

各界で活躍する旅人が、今の自分を乗り越えようと、いつか訪れたいと思ってきた場所や、その地ならではの奥深い風土や文化と触れあう番組『旅のチカラ』。今回の旅人は、不慮の事故により、記憶の一部が消えてしまったり、新しいことを覚えづらくなるという高次脳機能障害の症状が後遺し、のちに軽度外傷性脳損傷であることが発覚、現在、自身のリハビリの苦悩の日々と復帰後のライブをとらえた3Dドキュメンタリー映画が公開中のディジュリドゥ奏者のGOMAさんです。
オーストラリアの原住民アボリジニに太古から伝わる世界最古の管楽器といわれるディジュリドゥ。ミュージシャンのGOMAさんは、15年前、単身オーストラリアに渡り、ディジュリドゥとアボリジニの世界を学んだ。しかし3年前、事故で外傷性脳損傷と診断され、修業時代の大事な記憶が思い出せなくなっていた―。なぜ、あの楽器に魅せられたのか? 自分は何者なのか? GOMAさんが、生き方を模索して再びオーストラリアへ向かう。

【出演】GOMA (ディジュリドゥ奏者)
【語り】新井浩文 (俳優)

130205S01-001.jpg※『旅のチカラ』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:44 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


後11時、お気に入りの音楽を探そう...明日6日(水)放送『松尾潔のメロウな夜』、明後日7日(木)放送『ザ・ソウルミュージック』


『松尾潔のメロウな夜』
2月6日(水)後11:00~前0:00
(再)2月13日(水)前10:00~11:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きな、R&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお届けしています。
6日(水)の『松尾潔のメロウな夜』はレギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。来週、来日公演を控えているホセ・ジェイムズwithエミリー・キングなどを紹介します。番組後半は、松尾さんがこれまでにライナーノーツを手がけてきたアルバムの中から、『メロウな夜』にふさわしいアルバムをピックアップしてお送りする「耳で楽しむライナーノーツ」をお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

 
『ザ・ソウルミュージック ~Star Of The Month~』
2月7日(木)後11:00~前0:00

7日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、毎月第1週、番組厳選のその月生まれのアーティスト3人の中から、リスナーの皆さんの投票で一番人気を獲得したアーティストを取り上げ、その足跡をリクエスト曲とともに振り返る生誕祝賀祭“Star Of The Month”をお送りします。今回、番組が選んだ2月生まれのアーティストは、オーティス・クレイ(1942年2月11日生)、スモーキー・ロビンソン(1940年2月19日生)、リック・ジェームス(1948年2月1日生)。さて、ソウルスターNo.1は誰か?どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月4日(月)~2月10日(日) 編成のイチ押し!


さて、問題です。
河口恭吾、森山直太朗、ケツメイシ、いきものがかり。
このアーティストたちに共通するものと言ったら何でしょう?

簡単すぎますよね。
答えは、もちろん“桜”です。
表記は漢字だったり、カタカナだったり、アルファベットだったりしますが、いずれも、“桜”というタイトルのヒット曲があるアーティストです。
この方々だけではありません。
“桜”という歌は、その他にも数えきれないほど。
もしかしたら、今年もまた加わるかもしれません。

まったく同じではないのですが、
2011年のAKB48のヒット曲「風は吹いている」と、2012年のいきものがかりのオリンピックテーマ曲「風が吹いている」。
この2つのヒット曲もタイトルがよく似ています。
発表された時期も近かっただけに、どちらがどちらだか分らなくなることも。
(カラオケでオーダーしたら、思っていたのと違う曲が流れた、なんて話もよく耳にします)
世界的にも語彙が豊かと言われる日本語ですが、アーティストたちの創作意欲をかきたてる言葉は、意外と限られているのかもしれませんね。

pickup_tokoton.jpg今週の『とことん○○』は、
『とことん同名異曲 い~曲いっぱい!』
2月5日(火)~3月2日(土)前0:00~0:50
(前0:00~0:50(月曜~金曜・深夜))

司会は、『とことん』2回目の登場となるヒロシさんです。
ヒロシという芸名は、生島ヒロシさんに由来するとか。
でも、同名であっても、芸風はかなり違います。この2人のように(?)、名前が同じでもまったく異なる曲が、世の中には数多く存在します。
4週に渡って、そんな曲をコレクションします。
さあ、あなたが「同名異曲」と聞いて思い起こす曲がいったい何曲流れるでしょうか。



Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

 

投稿時間:18:49 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


5日(火)深夜、BSプレミアムで放送!『笑う洋楽展 (3) ロック編』


『笑う洋楽展 (3) ロック編』
BSプレミアム 2月5日(火)後11:45~翌前0:44

(再)BSプレミアム 4月26日(金)前0:00~0:59 (25日(木)深夜)
(再)BSプレミアム 2014年1月4日(土)前0:15~1:14 (3日(金)深夜)

MTVが全盛を迎える1980年代以前にも、英米のアーティストたちは、様々な形で自らの姿を記録してきました。コンサート映像、テレビ出演、映像ジュークボックス用フィルムなどなど…。それらの映像は、ポピュラー音楽の歴史を物語る貴重な資料であり、一流のエンターテインメントには違いないのですが、中には、今から見ると、何となく笑えてしまうものも少なくありません。そんな“笑える”映像の中から、50年代から60年代に作られた秘蔵VTRを厳選。「ポップス編」「ソウル編」「ロック編」と、3回にわたって約40作品以上の作品を鑑賞していき、みうらじゅんさんと安齋肇さんが、縦横無尽にツッコミを入れていく音楽トーク番組『笑う洋楽展』。
先月お送りした「ポップス編」「ソウル編」に続いて、シリーズ最後となる2月5日(火)の深夜は「ロック編」をお送りします。ザ・フー、ヤードバーズ、ドアーズ、ビージーズ、プロコル・ハルム等、1960年代のロック・ミュージックのビデオを鑑賞します。どうぞお楽しみに!

【出演】みうらじゅん、安齋肇

121130warauyougaku_02.jpg※『笑う洋楽展』番組ホームページはこちら

※スタジオ取材会の模様を動画で紹介!「コレ見て!MOVIE」サイトはこちら

投稿時間:11:58 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日5日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は"HOME"をテーマにした楽曲を集めてお送りします


『元春レイディオ・ショー』
2月5日(火)後11:00~前0:00
(再)2月12日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
寒い日が続いています、こんな季節は家にいるのが一番!?ということで、5日(火)の『元春レイディオ・ショー』は「冬は続くよ、家(うち)がいい」と題して、“HOME”をテーマにした楽曲を集めてお送りします。そして、毎月3枚の番組推薦アルバムを紹介する“3PICKS”2月分を発表。また、3月にリリースされる佐野さんのニューアルバム「ZOOEY」から、新曲を初公開。どうぞお楽しみに!

【DJ】佐野元春


※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:51 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『とことん○○』来週4日(月)深夜からは『とことん同名異曲 い~曲いっぱい!』をお送りします!


『とことん同名異曲 い~曲いっぱい!』
2月5日(火)~9日(土)前0:00~0:50
(4日(月)深夜~8日(金)深夜)
2月12日(火)~15日(金)前0:00~0:50
(11日(月・祝)深夜~14日(木)深夜)
2月16日(土)前0:15~1:05
(15日(金)深夜)
2月19日(火)~23日(土)前0:00~0:50
(18日(月)深夜~22日(金)深夜)
2月26日(火)~3月2日(土)前0:00~0:50
(2月25日(月)深夜~3月1日(金)深夜)
※なお、一部の地域を除き、翌週の後6:00~6:50にお送りしている再放送ですが、3月1日(金)深夜放送の最終回の再放送はございません。ご了承ください。

こだわりの音楽を毎日、毎週聞きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。来週2月4日(月)深夜からは『とことん同名異曲 い~曲いっぱい!』をお送りします。
「同名異曲」とは、もちろん“同じタイトルで違う曲”。そんな同名異曲で50分の番組が20回もできると思いますか?…それが、探せば結構あるんです。そこで今回は、音楽を「同名異曲」という切り口で、とことん楽しみます。案内役は、昨年3月にお送りした『とことん教科書に載っているポップス』を担当された、お笑いタレントのヒロシさん。お馴染みのヒット曲から隠れた名曲まで、ポップス、フォーク、ロック、演歌、邦楽、洋楽と、さまざまなジャンルが入り乱れる同名異曲の博覧会。どうぞお楽しみに!

【案内】ヒロシ


※『とことん同名異曲 い~曲いっぱい!』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週4日(月)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は、「児童文学が原作のミュージカル特集」をお送りします!


『石丸幹二のシアターへようこそ
 ~児童文学が原作のミュージカル特集~』
2月4日(月)後11:00~前0:00
※ラジオ第1での再放送の予定はございません。ご了承ください。

ミュージカルナンバーからスタンダード、そして隠れた名曲など、こだわりの選曲と豊富な舞台の知識を交えて、俳優の石丸幹二さんがお届けしている『石丸幹二のシアターヘようこそ』。世界の劇場音楽と共に、あなたを物語の世界へと誘います。
前回の「まるごと1本“レ・ミゼラブル”特集」は、お楽しみいただけましたでしょうか? 今回の『石丸幹二のシアターへようこそ』は、「児童文学が原作のミュージカル特集」と題して、「ピーターパン」や「秘密の花園」など、昔大事にしていた挿絵がいっぱいの児童文学や絵本が原作のミュージカルから、名曲の数々をお届けします。どうぞお楽しみに!

【パーソナリティー】石丸幹二


※『石丸幹二のシアターへようこそ』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 2月4日(月)~2月7日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月4日(月) 2月5日(火)
ml_20130204.jpg ml_20130205.jpg
GILLE kainatsu

2月6日(水) 2月7日(木)
ml_20130206.jpg ml_20130207.jpg
ソナーポケット moumoon

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子


<関連番組>
◆6日(水)のゲスト ソナーポケットがゲスト出演!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 2月3日(日)後6:10~6:39


「花」を熱唱!

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

『Rの法則 “ライブ&トーク ソナーポケット”』
Eテレ 2月7日(木)後6:55~7:25
(再)Eテレ 2月8日(金)前0:00~0:30 (7日(木)深夜)


ソナーポケットが歌詞に込めた思いやリアルな男の恋心をたっぷりと語ります。また、ライブでは「好きだよ。~100回の後悔~」「365日のラブストーリー。」「花」の3曲を披露!

※『Rの法則』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:31 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週4日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「映画音楽ワールドツアー」、女優の中川安奈さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~映画音楽ワールドツアー~』
2月4日(月)~7日(木)前9:20~10:00
(再)2月12日(火)~14日(木)後5:20~6:00
※11日(月・祝)の再放送枠は、特集番組のためお休みです。

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできるような音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
4日(月)からの週は、女優の中川安奈さんが「映画音楽ワールドツアー」と題して、映画のストーリーやロケの舞台になった風景などを、皆さまに思い浮かべていただけるような内容で、各日、以下のテーマでお送りします。どうぞお楽しみに!

4日(月)「ロックミュージカル」
5日(火)「愛…それぞれの行方」
6日(水)「ハートフル・ムービー」
7日(木)「リクエスト特集」

【DJ】中川安奈


※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週4日(月)BS1で放送『第47回スーパーボウル』今年のハーフタイム・ショーにはビヨンセが登場!


『NFL・アメリカンフットボール~第47回スーパーボウル~』
BS1 2月4日(月)前8:00~(後0:25) ※延伸の場合あり

アメリカでは毎年、テレビ中継が年間最高視聴率をたたきだす、もはや単なるスポーツイベントという枠を越えた、NFL・アメリカンフットボールの優勝決勝戦“スーパーボウル”。今年もNHKではBS1で、ルイジアナ州ニューオーリンズのメルセデスベンツ・スーパードームから、「ボルティモア・レイブンズ」対「サンフランシスコ・49ers」戦を、4日(月)前8:00から生中継でお送りします。
アメリカンフットボールは、よく分からないという方、スーパーボウルの見どころは、ゲームだけではありません!音楽ファンにとっては、試合前に行われる“国家斉唱”と、試合の前半と後半との間でゲームを彩る“ハーフタイム・ショー”は見逃せません! 国歌斉唱は、今までにもビリー・ジョエルやホイットニー・ヒューストン、マライア・キャリー、クリスティーナ・アギレラ、そして昨年はケリー・クラークソンが務めてきました。今年は、アリシア・キーズが厳かに歌い上げます。
また、ハーフタイム・ショーのパフォーマンスは、過去にマイケル・ジャクソン、U2、ジャネット・ジャクソン、ポール・マッカートニー、ローリング・ストーンズ、ブルース・スプリングスティーン、ブラック・アイド・ピーズ、そして昨年はマドンナと、錚々たるアーティストが行ってきましたが、今年はビヨンセが登場! そしてなんと、ケリー・ローランド、ミシェル・ウィリアムズらも参加し、8年ぶりに再結成したデスティニーズ・チャイルドとして、過去のヒットメドレーも披露するのではないかと言われています。たった十数分間ですが、どんなステージを披露してくれるのか? どうぞお見逃しなく!

なお、同日(6日)BS1後7:00からの『NFL・アメリカンフットボール~第47回スーパーボウル~』再放送枠では、ハーフタイム・ショーはダイジェスト版になる予定です。また、6日(水)前2:00から(5日(火)深夜)の再放送枠は、ゲームのみの放送となり、ハーフタイム・ショー等の放送はございませんので、ご了承ください。


※『NFL・アメリカンフットボール』関連サイトはこちら

投稿時間:14:50 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


2月3日(日)Eテレで放送!『ETV特集 "音で描く賢治の宇宙 ~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~"』


『ETV特集
 “音で描く賢治の宇宙 ~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~”』
Eテレ 2月3日(日)後10:00~11:00
(再)Eテレ 2月10日(日)前0:50~1:50 (9日(土)深夜)
(再)Eテレ 4月27日(土)後11:00~前0:00

日本を代表する作曲家の一人、冨田勲さん。昨年秋、作家・宮沢賢治の世界をテーマに「イーハトーヴ交響曲」を発表しました。その宮沢賢治の独特な世界観を表現するため、冨田さんがソリストに起用したのは、なんとインターネットの動画サイトで大人気のバーチャル・シンガー“初音ミク”でした。そしてオーケストラと初音ミク、200人の合唱が奏でる、前代未聞の壮大な交響曲が生まれることに―。しかし、初音ミクとオーケストラが初共演する舞台に、大きな壁がたちはだかる…。
番組では、その5か月に及ぶ制作過程に密着。なぜ、宮沢賢治の世界に初音ミクなのか? そして、交響曲誕生の裏に秘められた、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」をめぐる10年越しの約束とは。自らも少年時代に大地震で被災したという冨田さんが交響曲に託した、東北の被災者への思いとは。人生の集大成だ、という「イーハトーヴ交響曲」に込められた冨田さんの思いに迫ります。

【出演】冨田勲(作曲家)、吉松隆(作曲家)、
    大友直人(指揮)、日本フィルハーモニー交響楽団(管弦楽)、
    篠田元一(シンセサイザー)、ことぶき光(エレクトロニクス)、
    慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団(合唱)、
    慶應義塾ワグネル・ソサィエティーOB合唱団(合唱)、
    聖心女子大学グリークラブ(合唱)、
    シンフォニーヒルズ少年少女合唱団(合唱)
【語り】加賀美幸子

130131S01-001.jpg※『ETV特集』番組ホームページはこちら


<関連番組>
◆冨田勲さんがトークゲストで出演予定!

『地球テレビ エル・ムンド』
BS1 2月4日(月)後11:00~11:48

※『地球テレビ エル・ムンド』番組ホームページはこちら


◆昨年、NHK-FMでお送りした『音の魔術師 冨田勲の世界』に、新たなコメント&トークを追加した再構成版を放送!
『音の魔術師 冨田勲の世界 ~初音ミクとのコラボを終えて~』
FM 2月11日(月・祝)後1:00~4:00

番組では、NHKの番組テーマ曲や特撮&アニメの主題歌、冨田さんが初めてシンセサイザーで制作した「銀河鉄道の夜」など、これまで冨田さんが発表された楽曲を紹介しながら足跡をたどりつつ“冨田勲の世界”の魅力に迫ります。

【出演】冨田勲
【きき手】吉松隆 (作曲家)

投稿時間:14:39 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエイターズファイル』2月のマンスリーDJは、電気グルーヴが担当します!


『サウンドクリエイターズファイル~電気グルーヴ~』
2月3・10・17日(日)後9:00~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。
2月のマンスリーDJは、先月9カ月ぶりとなるシングル「Missing Beatz」をリリースした、電気グルーヴが3週にわたって担当します! 番組では、メンバーとは古くからの付き合いの音楽ライター伊藤亜希さんを進行役に迎え、2月末にリリースされる通算13枚目となるニューアルバム「人間と動物」の制作秘話とともに楽曲の数々をお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】電気グルーヴ
【進行】伊藤亜希 (音楽ライター)


※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:14:17 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月2日(土)・3日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~解釈の音楽~』
2月2日(土)前9:00~11:00

同じ曲を聴いても「寂しそう」と感じる人がいれば、「静かで癒される」と 感じる人もいます。2月2日(土)の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは「解釈の音楽」。アートと同じように、人によってさまざまに変化する音楽の解釈についてお話しします。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮 ~“春の祭典”100年~』
2月2日(土)後9:00~10:00
(再)2月7日(木)前10:00~11:00

2013年はストラヴィンスキーの傑作、バレエ音楽「春の祭典」初演からちょうど100年。この“変拍子の名曲”は、作品史のみならず、オーケストラの性能や指揮者の技術にパラダイムの転換をもたらしました。指揮者は、変拍子が振れないと仕事に差しさわりが出るようになり、指揮者に求められる技術が、この曲の出現以降、変わってしまいました。指揮者の当たり年といわれる前年の1912年に生まれたイーゴリ・マルケヴィッチ、ギュンター・ヴァントらは、揃ってストラヴィンスキーを得意としています。番組では、彼らの演奏を聴きながら「春の祭典」の歴史的意味を考えます。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)


『FMシアター “映画を聴きに行きませんか?”』
2月2日(土)後10:00~10:50

2月2日(土)の『FMシアター』は、昨年『FMシアター』内で放送し、“平成24年度文化庁芸術祭ラジオ部門優秀賞”を受賞した「ヘブンズコール」の作者、劇団MCR主宰・劇作家の櫻井智也さんによる「映画を聴きにいきませんか?」をお送りします。
徳島和人は、歯科医業務の合間をぬって映画を聴きに来ていた。目をつぶって映画を聴いている間、物語の人物たちが自分に話しかけてくるように思え、映画の主人公になれるからだ。彼は、自分には歯科医とは別の人生があったと思っていた。歯科医師業は父からの家業を継がされたものだった。目をつぶっている徳島に興味をもったのが、岩田信二。リストラされ、次の仕事を見つけるまでの時間つぶしに寄ったのだ…。全くタイプの違う男二人の出会いと交流を「音の世界」の遊びを通して描きながら、私たちの日常に隠されたささやかな幸せについて考える物語。

  【作】櫻井智也
【音楽】菅谷昌弘
【出演】高橋一生、川島潤哉、浅茅陽子、中野英樹、
    下塚誠、萩原利映、池田優音、高橋理恵子、
    宋英徳、清田智彦

※『FMシアター』番組ホームページはこちら

<関連番組>
作者の櫻井智也さんが初めてテレビドラマの脚本を手がけた作品を放送!

『BSプレミアムドラマ“ただいま母さん”』
BSプレミアム 2月24日(日)後10:00~10:59

※BSプレミアムドラマ「ただいま母さん」関連サイトはこちら


『ジャズ・トゥナイト “渡辺貞夫80歳!”』
2月2日(土)後11:00~翌前1:00

2月2日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、2月1日で80歳を迎えられた、日本ジャズ界の第一人者でアルト・サックス奏者の渡辺貞夫さんをゲストにお迎えしてお送りします。半世紀を超える音楽活動を通じて、常に時代を牽引し、数々のヒット作を放ってきた渡辺さん。番組では、1961年リリースの初リーダー・アルバム「渡辺貞夫」から、2011年の音楽活動60周年記念アルバム「カム・トゥデイ」までの中から、セレクションした楽曲を、当時のお話や録音秘話などを伺いながらご紹介します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】渡辺貞夫 (アルト・サックス奏者)
【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 ~北の響き~』
2月3日(日)前7:20~8:10

※2月9日(土)の再放送枠は『N響演奏会』のため休止となります。ご了承ください。

『ビバ!合唱』第1週の解説は、合唱指揮者・大谷研二さんが担当します。
2月3日(日)のテーマは「北の響き」。トイヴォ・クーラ(フィンランド)、アンダーシュ・ヒルボリ(フィンランド)といった北欧の作曲家による合唱曲を特集します。どうぞお楽しみに!

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき ~作曲家ノーマン・デロ・ジョイオの世界~』
2月3日(日)前8:10~9:00
※2月9日(土)の再放送枠は『N響演奏会』のため休止となります。ご了承ください。

2月3日(日)の『吹奏楽のひびき』は、今年生誕100年を迎えたアメリカの作曲家、ノーマン・デロ・ジョイオの音楽を特集。ノーマン・デロ・ジョイオは、ジュリアード音楽院とイエール大学で学び、後にはパウル・ヒンデミットにも師事。1957年にピュリッツアー賞を受賞するなど、アメリカ音楽史において、重要な作曲家として位置づけられています。合唱や舞台のための音楽が特に有名ですが、吹奏楽の曲も数多く作曲しており、今回は彼の作品を集めてお送りします。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “ルーマニアの天才ピアニスト クララ・ハスキル”』
2月3日(日)前9:00~11:00

過去の録音遺産の中から 新しき発見と感動を、諸石幸生さんの案内でお届けしている『名演奏ライブラリー』。2月3日(日)の『名演奏ライブラリー』は、ブカレストに生まれた天才ピアニスト、クララ・ハスキルを特集します。
クララ・ハスキルは、1895年ブカレスト生まれ。パリ音楽院に入学し、わずか15歳で首席で卒業しました。度重なる病で演奏活動を中断することもありましたが、冴え渡るタッチと万人の心に染み渡る音楽表現で、特にモーツァルトの演奏では高く評価されています。今回は、スカルラッティやベートーベン、そしてシューマンなどの作品を中心にお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
2月3日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
3日(日)は先週に引き続き、日本時間の2月11日(月・祝)に開催される「第55回グラミー賞授賞式」にちなんで、80年代のグラミー賞受賞作品をご紹介する「ア・ジャーニー・バック・トゥ・ザ・グラミー・アウォード・イン・ジ・80's」2回目をお届けします。今回は、チャリティ・ソングの先駆けとなった「We Are The World」を筆頭に、85年~89年のグラミー賞“レコード・オブ・ザ・イヤー”に輝いたヒットソングを振り返ります。
また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、昨年末、ソロ・アルバム「アメリカン・ソウル」をリリースした、かつてシンプリー・レッドのフロントマンで、最近ではフェイシズのボーカリストとして活躍するミック・ハックネルをとりあげます。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら

<関連番組>
『ミュージックプラザ』で「第55回グラミー賞」を特集!
2月5日(火)後4:00~5:20

日本時間2月11日、アメリカ・ロサンゼルスのステープルズ・センターで開催される「第55回グラミー賞」に先駆け、ノミネートされた楽曲をたっぷりと紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】ルーシー・ケント

※『ミュージックプラザ』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~アリシア・キーズ~』
2月3日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
3日(日)の『ミューズノート』は、これまでグラミー賞14冠に輝き、昨年2年ぶりのニューアルバム『Girl On Fire』をリリースしたR&Bシンガー、アリシア・キーズをとりあげます。「No One」「Fallin'」などのヒット曲や最新アルバム曲など、アリシアのパワフルでソウルフルな歌声をお届けします。また番組のエンディングでは、島袋さんがニューヨークでボーカルトレーニングを受けた時に歌ったという、思い出の曲を生歌で披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら

<関連番組>
アリシア・キーズが国歌斉唱を務めます!

『NFL・アメリカンフットボール~第47回スーパーボウル~』
BS1 2月4日(月)前8:00~(後0:25) ※延長の場合あり

なお、同日(4日)BS1後7:00からの再放送枠、6日(水)前2:00から(5日(火)深夜)の再放送枠では、国家斉唱の放送はございませんので、ご了承ください。


『セッション2013 ~WIM plus ONE~』
2月3日(日)後11:00~前0:00
(再)2月8日(金)前10:00~11:00

3日(日)の『セッション2013』は、瞑想のピアニストと呼ばれる、ウォン・ウィンツァンが率いるジャズ・トリオ“WIM”の演奏をお届けします。
ウォン・ウィンツァンは、19歳からキャリアをスタート。ジャズ、前衛音楽、フュージョン、ソウルなどを演奏し、その後、作編曲家として活動を続ける中、自らの音楽を模索してきたピアニスト。今回は、19歳の時から共演しているドラムスの市原康と、現在、スウェーデン在住のベース、森泰人の頭文字を取ったジャズ・トリオ“WIM”として登場。息子でもあるギターのウォン・美音志も参加したセッションを、どうぞお楽しみに!

【演奏】ウォン・ウィンツァン(ピアノ)、市原康(ドラムス)、
    森泰人(ベース)、ウォン・美音志(ギター)
【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2013』番組ホームページはこちら


『ワールドミュージックタイム
 ~シルヴィ・バルタンとフレンチ・ポップス~』
2月4日(月)前0:00~1:00 (3日(日)深夜)
(再)2月11日(月・祝)前10:00~11:00

2月上旬、シルヴィ・バルタンが来日予定。そこで、2月3日(日)深夜の『ワールドミュージックタイム』は「シルヴィ・バルタンとフレンチ・ポップス」と題して、フレンチ・ポップスの女王シルヴィ・バルタンや、彼女と同世代のジョニー・アリデイ、フランソワーズ・アルディなど、フレンチ・ポップスのアーティストの代表曲や新曲をご紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】北中正和

※『ワールドミュージックタイム』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません