2013年1月

『岡田惠和 今宵、ロックバーで』2/2(土)のゲストは國村隼さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 2月2日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 2月5日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さん脚本ドラマ『造花の蜜』『尾根の彼方に~父と息子の日航機墜落事故~』にご出演された國村隼さんをお迎えします。


0202_rockbar.jpg音楽を好んで聞くようになったのは、工業高等専門学校の入学祝いにレコードプレイヤーを買ってもらってからとのこと。車や機械が好きで、将来はエンジニアとして車の設計者を目指していた國村さんが、俳優になったいきさつや、これまで多数のハリウッド映画に出演され、日本映画とハリウッド映画の違いや台本についてなど、岡田さんと語り合います。そして、現在総合テレビで放送中のテレビ60周年記念ドラマ『メイドインジャパン』のお話も伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】國村隼
【パーソナリティー】岡田惠和



『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら

 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。



<関連情報>
◆國村さんが出演中のドラマ!
テレビ60周年記念ドラマ『メイドインジャパン』<連続3回>
総合テレビ 毎週土曜 後9:00~10:13

第1回 1月26日放送
第2回 2月2日放送
第3回 2月9日放送(最終回)


『メイドインジャパン』番組ホームページはこちら

◆國村隼さんがゲスト出演されます!
『土曜スタジオパーク』
総合テレビ 2月2日(土)後2:00~3:00

※『土曜スタジオパーク』番組ホームページはこちら

◆東京・渋谷のNHK放送センター内で開催されるイベント『テレビ60年感謝祭~これまでも これからも~』(入場無料)のトークイベントに登場!
『メイドインジャパン』トークショー/國村隼(西山慶吾 役)
2月2日(土) 後3:15~4:00


※『テレビ60年感謝祭』ホームページはこちら
※イベントの詳細はこちら

投稿時間:15:56 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月2日(土)深夜、BSプレミアムで放送!『音楽熱帯夜 "布袋寅泰@LONDON"』


『音楽熱帯夜 “布袋寅泰@LONDON”』
BSプレミアム 2月3日(日)前0:10~1:39 (2日(土)深夜)

アリーナやスタジアムで行なわれるビッグアーティストのライブを中心に、今一番旬なステージを紹介する番組『音楽熱帯夜』。
2月2日(土)深夜放送の『音楽熱帯夜』は、日本を代表するギタリスト、布袋寅泰さんが登場! 50歳を迎え、去年8月から家族とともにロンドンに移住。何度となくレコーディングで訪れた同地を拠点に、世界を舞台にした音楽活動に乗り出しました。番組では、ロンドンでの布袋さんの生活に密着。50歳という人生の転機に新たな生き方を模索する姿に迫るとともに、12月にロンドン・ラウンドハウスで行われたソロライブの模様をたっぷりとお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】布袋寅泰

130130S01-001.jpg※『音楽熱帯夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:40 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


今だからこそ語れる心境を綴る...2月2日(土)総合テレビで放送『SONGS ~中島美嘉~』


『SONGS ~中島美嘉~』
総合テレビ 2月2日(土)後11:00~11:29
※地震関連ニュースのため途中中断
総合テレビ 2月8日(金)前1:15~1:44 (7日(木)深夜)

(再)総合テレビ 2月11日(月・祝)後3:05~3:34
※近畿地方のみ、総合テレビ 2月12日(火)前1:15~1:44(11日(月・祝)深夜)にお送りします。

2月2日(土)の『SONGS』は、中島美嘉さんが初登場!
番組では、初出演作となったドラマの撮影時に訪れた思い出の場所や、デビューのきっかけとなったプロデューサーとの初めてのレコーディングのエピソードなどを紹介。改めて、初心にかえって歌と向き合おうとする思いを語っていただきます。また、3年前活動休止の決断をした際に中止を余儀なくされた幻の日本武道館公演を振り返ります。コンサートが行われるはずだった武道館のアリーナを訪れ、今だからこそ語れる心境を綴ります。

【出演】中島美嘉
【語り】守本奈実アナウンサー

130130file_0000uk.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:30 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ2月1日(金)放送の『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』は、「映画音楽編(4)第二次大戦後の発展」をお送りします


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 “映画音楽”(4)』
Eテレ 2月1日(金)後11:00~11:30 
(再)Eテレ 2月7日(木)前0:30~1:00 (6日(水)深夜)

音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成した音楽全集の制作。人類の生み出した偉大なる文化“音楽”の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』です。(スコラとはラテン語で「学校」の意味)
2月1日(金)は“映画音楽編”の4回目、第二次大戦後の発展を学びます。ジャズやロックに影響を受けた作品から、ゴダールに代表されるアートシネマまで、さまざまな手法を取り上げます。ワークショップでは、岩井俊二監督が撮り下ろした課題映像「猛暑物語」に、生徒がつけた音楽を披露。その作品を題材に、映画音楽の効果を掘り下げます。また番組最後には、坂本龍一さん演奏による、ベルナルド・ベルトルッチ監督作「1900年」のメインテーマ(エンニオ・モリコーネ作曲)をお届けします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】浅田彰(京都造形芸術大学大学院長)、
        小沼純一(早稲田大学教授)、
        岸野雄一(映画批評家)、岩井俊二(映画監督)
【講師・演奏】坂本龍一
【語り】森山春香アナウンサー

※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:09 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ31日(木)深夜にAKB48ドキュメンタリー第3弾『AKB48+10+1』と、中部地方向け番組『Uta-Tubeスペシャル "SKE48紅白歌合戦密着スペシャル"』を放送!


『AKB48+10+1』
総合テレビ 2月1日(金)前1:46~2:45 (1月31日(木)深夜) 

総合テレビ1月31日(木)の深夜に、2月1日から公開されるAKB48ドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」とは内容が異なる、TV特別版ドキュメンタリー『AKB48+10+1』を放送!
昨年お送りした『DOCUMENTARY of AKB48“AKB48+1”』同様、AKB48の2012年をAからZまでの26文字のアルファベットで切り取り、AKB48を「AtoZ」で描きます。AKBメンバーしか知らない「トーク切り上げ」サインや、じゃんけん大会でセンターを勝ち取った島崎遥香さんの素顔、2012年のAKB48被災地訪問全記録、そして昨年8月に卒業した前田敦子さんがメンバーに向けて送ったラスト・メッセージなど、AKB48に日々密着した膨大な記録映像の中から、この番組でしか見ることができない素顔のAKB48が満載。どうぞお楽しみに!

【出演】AKB48

※制作スタッフ・ブログ記事はこちら


<関連番組>
AKB48のNHK-FMレギュラー番組、絶賛放送中!

『AKB48の“私たちの物語”』
FM 隔週金曜日 後10:00~10:40
(再)ラジオ第1 翌土曜日 後8:05~8:45

次回2月1日(金)の『AKB48の“私たちの物語”』は、研究生の大森美優さん、佐々木優佳里さん、平田梨奈さん、岩立沙穂さん、篠崎彩奈さん原案・出演作「鬼の目にも涙」をお送りします。どうぞお楽しみに!

※『AKB48の“私たちの物語”』番組ホームページはこちら


『Uta-Tubeスペシャル “SKE48紅白歌合戦密着スペシャル”』
総合テレビ 2月1日(金)前2:45~3:33 (1月31日(木)深夜)

中部地方(7県)向けにお送りしているネット連動型音楽Live番組『Uta-Tube』。総合テレビ31日(木)深夜に『Uta-Tube』のスペシャル番組「SKE48紅白歌合戦密着スペシャル」を全国放送でお届けします!
昨年末の紅白歌合戦に念願の初出場を果たしたSKE48。番組では、12月29日のリハーサルから31日の本番終了まで、NHKホールの彼女たちに完全密着。さらに、NHK名古屋が蓄積した映像を元に、紅白初出場までの軌跡を追うほか、SKE48のメンバーをスタジオに招き、初の単独出場にかけた思いや紅白出演後の心境などに迫ります。どうぞお楽しみに!(初回放送:中部地方 1月14日)

【ゲスト】SKE48
【MC】鉄平、池田伸子アナウンサー

※『Uta-Tube』番組ホームページはこちら

※スタジオ取材会の模様を動画で紹介!「コレ見て!MOVIE」サイトはこちら


<関連番組>
◆SKE48が出演予定!

『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 2月10日(日)後6:10~6:39

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:55 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


1月31日(木)・2月1日(金)の『歌謡スクランブル』は「バンド・コレクション」、2月2日(土)は「プリンセス・プリンセス作品集」をお送りします!


『歌謡スクランブル ~バンド・コレクション~』
1月31日(木)~2月2日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。1月31日(木)~2月1日(金)は「バンド・コレクション(1)~(2)」と題して、70年代から2000年代初頭まで、日本のポップス&ロックシーンを彩ってきたバンドたちの楽曲を、まとめてお送りします。また、2月2日(土)は「プリンセス・プリンセス作品集」と題して、1時間まるまるプリプリを特集します。どうぞお楽しみに!

1月31日(木) バンド・コレクション(1)
(サディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにおねがい」、
 RCサクセション「スローバラード」ほか)

2月1日(金) バンド・コレクション(2)
(JUN SKY WALKER(S)「START」、くるり「ハイウェイ」ほか)

2月2日(土) プリンセス・プリンセス作品集
(プリンセス・プリンセス「Diamonds」「M」「ジュリアン」ほか)

【司会】深沢彩子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終水曜日に放送『小西康陽 これからの人生。』明日30日(水)は、マテオ・ストーンマンさんをお迎えしてお送りします!


『小西康陽 これからの人生。』
1月30日(水)後11:00~前0:00
(再)2月6日(水)前10:00~11:00

毎月最終水曜日の夜に、小西康陽さんが「いま、本当に聴きたい音楽」を、月替わりのテーマでお送りしている『小西康陽 これからの人生。』。
1月30日(水)の『小西康陽 これからの人生。』は、前作から約9年ぶりとなる「マイ・ビューティフル・ハバナ」を昨年10月にリリースし、先日初来日を果たした、ロサンゼルスとキューバをベースに活動を続けるシンガーソングライター、マテオ・ストーンマンさんを、ゲストにお迎えしてお送りします。スペイン語で美しいボレロを歌う、シルキーヴォイスの彼の歌と、インタビューで構成する1時間。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】マテオ・ストーンマン
【ナレーション】阿部陽子アナウンサー
【DJ】小西康陽


※『小西康陽 これからの人生。』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終火曜日放送!『くるり電波』明日29日(火) 後11:00から


『くるり電波』
1月29日(火)後11:00~前0:00
(再)2月5日(火)前10:00~11:00

毎月最終火曜日、常に新しいサウンドを求めて活動をつづける“くるり”がお届けする番組『くるり電波』。
クラシックからオルタナティブロックまで、網羅していないジャンルのない彼らが占う、日本の音楽の未来。そして、いろいろな音楽と一緒に、心のアイドリングを調整する60分。ここでしか聴けない、こだわりの選曲とともに、新聞記事を岸田さんならではの視点で読み解くコーナー“だーきし新聞”や、“お悩み相談”コーナー等をお送りします。どうぞお楽しみに! また、番組では皆さまからのご意見&お悩みなどを募集中!下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております。

【DJ】岸田繁 (くるり)

※『くるり電波』番組ホームページはこちら


<関連番組>
先日行なわれた“くるり”の武道館ライブを放送予定!

『音楽熱帯夜 “くるり 武道館ライブ”』
BSプレミアム 2月17日(日)前0:10~1:39 (16日(土)深夜)

1月17日、日本武道館で開催された「くるりワンマンライブツアー2012/13 特別公演 ~国民の成長が第一~」が早くも放送。どうぞお楽しみに!

※『音楽熱帯夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK交響楽団 2月定期公演の聴きどころ


2月の定期公演ではヒュー・ウルフ、準・メルクルの2人が指揮台に立つ。N響定期初出演のヒュー・ウルフと、度重なる共演によりN響との結びつきを深めてきた準・メルクル。ともに寒空を吹きとばすような華やかなプログラムを組んでくれた。

ソリスト陣もピアノのポール・ルイス、ヘルベルト・シュフ、チェロのダニエル・ミュラー・ショットと楽しみな顔ぶれがそろっている。

実力派ウルフによる古典から現代作品まで─Aプロ

201302_1_Nkyo.jpgAプロはアメリカ人指揮者ヒュー・ウルフが登場。注目のピアニスト、ポール・ルイスを独奏に迎えるベートーヴェンの《ピアノ協奏曲第5番「皇帝」》は大きな聴きものとなりそうだ。これまでに来日公演はあるものの、ポール・ルイスがN響と共演するのは今回が初めて。アルフレート・ブレンデルから「音楽に奉仕する心」を学んだというルイスは、師同様にこれまでベートーヴェンをもっとも重要なレパートリーのひとつとして取り組んできた。レコーディングではすでにピアノ・ソナタ全集およびビエロフラーヴェク指揮BBC交響楽団とのピアノ協奏曲全集が好評を博している。自己表現を目的とするのではなく、あくまで作品本位の姿勢を貫いてピアノに向かうと語るルイスだけに、堂々たる本格派の《皇帝》を披露してくれることだろう。また、ウルフが他のオーケストラとの演奏同様にピリオド奏法を一部取り入れるかどうかも気になるところ。

現代イギリスの作曲家アデスによる《歌劇「パウダー・ハー・フェイス」》からの〈ダンス〉は日本初演となる。1995年に初演されたオペラ本編は過激な描写で物議を醸した作品だが、〈ダンス〉はその演奏会用組曲とでもいうべき作品。ベートーヴェンから一転して遊び心にあふれた作品を楽しむことになる。

最後に演奏されるのはプロコフィエフの《「ロメオとジュリエット」組曲第1番》&《第2番》からの抜粋。8曲がバレエのストーリーにおおむね従った順序で演奏される。実力者ウルフが切れ味鋭く鮮やかなプロコフィエフを聴かせてくれるにちがいない。

19世紀ヨーロッパの色彩を堪能する─Bプロ

2013022_Nkyo.jpgBプロを指揮するのは準・メルクル。リストとサン・サーンスによるロマン派プログラムが組まれた。前半はリストの《交響詩「レ・プレリュード」》と《ピアノ協奏曲第1番》。独奏は1979年ルーマニア生まれのドイツのピアニスト、ヘルベルト・シュフが務める。シュフもAプロのポール・ルイスと同じくアルフレート・ブレンデルの薫陶を受けたピアニストである。すでに古典派、ロマン派から現代音楽まで幅広いレパートリーの録音歴を持っており、次代を担う気鋭として注目を集めている。

後半はサン・サーンスの《交響曲第3番》、通称「オルガン付き」。サン・サーンスの才能をいち早く認めたリストに献呈された作品である。コンサートホールのオルガンとオーケストラが一体となって響きあう壮麗さは格別のもの。そして準・メルクルのこと、単なるスペクタクルに留まることなく、作品の豊かな詩情や色彩感まであますところなく伝えてくれるのではないか。

準・メルクルによるフランス音楽の精華─Cプロ

Cプロも準・メルクルが指揮する。前半はサン・サーンスの《チェロ協奏曲第1番》。シューマンの作品に匹敵するロマン派チェロ協奏曲の傑作である。チェロのダニエル・ミュラー・ショットは1976年ミュンヘン生まれの俊英だ。ムターとプレヴィンとトリオを組むなど、同世代でもっとも活躍するチェリストのひとりである。清新なサン・サーンスを奏でてくれることだろう。

後半はラヴェルの《バレエ音楽「ダフニスとクロエ」》全曲。《ダフニスとクロエ》は演奏頻度の高い《第2組曲》よりも、合唱(国立音楽大学)が加わる全曲版のほうが断然おもしろいと感じられる方も多いのでは。近年ドビュッシーをはじめとするフランス音楽で成果を収めてきた準・メルクルがいよいよ大曲《ダフニスとクロエ》を取りあげるということで、いやがうえにも期待が高まる。

(飯尾洋一)

NHK交響楽団2月のコンサート情報はこちら
(クリックするとNHKサイトを離れます)

投稿時間:10:10 | カテゴリ:N響の聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


壮大なステージを追体験!28日(月)BSプレミアムで放送!『ワールド・プレミアム・ライブ "AC/DC"』


『ワールド・プレミアム・ライブ “AC/DC”』
BSプレミアム 1月28日(月)後11:45~翌前0:44

(再)BSプレミアム 5月26日(日)前1:10~2:09 (25日(土)深夜)

海外のビッグアーティストの最新ライブを最高画質、最高音質でお届けする『ワールド・プレミアム・ライブ』。
今回は、長年に渡りハードロック・シーンに君臨し続けている、オーストラリア出身の最強バンドAC/DCが、約2年にわたって行った大規模なワールドツアー“BLACK ICE WORLD TOUR”から、2009年12月アルゼンチン・ブエノスアイレスのリヴァー・プレイト・スタジアムで行ったライブの模様をお送りします。暴走SL機関車、巨大な鐘、巨大ロージー人形、大砲などが登場する究極のエンタテインメント・ロックンロール・ショー。そして何よりも、世界一のライブバンドの名にふさわしく、約7万人の観客と一体となった圧巻のステージ。どうぞお楽しみに!

<曲目>
「Rock N Roll Train 」(暴走/列車)
「Hell Ain't A Bad Place To Be」(地獄は楽しい所だぜ)
「Back In Black」(バック・イン・ブラック)
「Dirty Deeds Done Dirt Cheap」(悪事と地獄)
「Thunderstruck」(サンダーストラック)
「Hells Bells」(地獄の鐘の音)
「You Shook Me All Night Long」(狂った夜)
「T.N.T.」(T.N.T.)
「Whole Lotta Rosie」(ホール・ロッタ・ロジー)
「Highway To Hell」(地獄のハイウェイ)
「For Those About To Rock (We Salute You)」(悪魔の招待状)

<ミュージックビデオ>
「Shoot To Thrill」(スリルに一撃)

【出演】AC/DC
【ナビゲーター】クリス・ペプラー

※『ワールド・プレミアム・ライブ』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:30 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


来週28日(月)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は、「まるごと1本"レ・ミゼラブル"特集」をお送りします!


『石丸幹二のシアターへようこそ
 ~まるごと1本“レ・ミゼラブル”特集~』
1月28日(月)後11:00~前0:00
(再)ラジオ第1 2月4日(月)後9:05~9:55 (50分サイズ)

ミュージカルナンバーからスタンダード、そして隠れた名曲など、こだわりの選曲と豊富な舞台の知識を交えて、俳優の石丸幹二さんがお届けしている『石丸幹二のシアターヘようこそ』。世界の劇場音楽と共に、あなたを物語の世界へと誘います。
28日(月)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は、「まるごと1本“レ・ミゼラブル”特集」と題して、ヴィクトル・ユーゴーの小説を、アラン・ブーブリル(作詞)&クロード=ミシェル・シェーンベルク(作曲)コンビによって制作された、1985年ロンドンで幕を開けたミュージカル「レ・ミゼラブル」を特集します。19世紀のフランスを舞台に、パンを一つ盗んだだけで19年の服役を強いられたジャン・ヴァルジャンの生涯を描いた、世界各国で上演されている作品。番組では、現在公開中の映画版や、ロンドン・オリジナルキャスト版などから、名曲の数々をお届けします。どうぞお楽しみに!

【パーソナリティー】石丸幹二


※『石丸幹二のシアターへようこそ』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 1月28日(月)~1月31日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

1月28日(月) 1月29日(火)
ml_20130128.jpg ml_20130129.jpg
NIKIIE ザ・クロマニヨンズ

1月30日(水) 1月31日(木)
ml_20130130.jpg ml_20130131.jpg
東京女子流 紗羅マリー

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

投稿時間:17:09 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


1月28日(月)~2月3日(日) 編成のイチ押し!


新しい年を迎えたと思ったら、もう2月になるんですね。
寒さは今が“底”ですが、「これよりも寒くなることはない」と思うと、春の暖かさに向けて心が浮き立ってくるものです。
そういえば、テレビではランドセルのCMなども目につくようになりました。
あと2か月もすれば、桜の季節です。

NHK-FMも、春に向けた準備を進めています。
1月23日(水)には、新年度に新しく加わる番組を記者発表しました。

注目番組の1つが、『アニソンアカデミー』
NHK-FMの名物特集『今日は一日○○三昧』の代名詞にもなっている『アニソン三昧』。
去年6月に放送したときには、およそ15万を超えるリクエストが寄せられ、多くのアニソンファンが集いました。
そのスタッフが満を持してお送りする、週1回の“アニソンパーティ”です。
パーソナリティーは、なんと中川翔子さん!
テレビでは大人の女性の雰囲気を漂わせるようになった中川さんですが、この番組では豊富なアニメ知識を存分に発揮して、テレビでは封印ぎみ(?)の“オタぶり”を前面に出していただきたいと思っています。
番組は皆さんからのリスクエストを中心に構成するとのこと。
さあ、みんなでパーティーを盛り上げましょう!

もう1つ編成担当者がおすすめしたいのが、
『MINMIのレディオMAMA』
ナビゲーターは、シンガーソングライターのMINMIさんです。
3人の子育てに奮闘しながら音楽活動をつづけるMINMIさん。
東日本大震災では、妊娠している女性や赤ちゃんに必要な物資を届けるなど、支援活動に熱心に取り組みました。
番組のテーマはずばり!「女性として強く生きる」。
女性のみなさんにぜひ聞いていただきたい番組です。
MINMIさんセレクトによるレゲエの名曲なども楽しめます。
そういえば、NHK-FMにはレゲエの定時番組はありませんよね。
ちょっと異色の新番組となる予感・・


その他にも、新しい番組が、春の出番を待っています。
詳細は改めて、当FMポータルサイトでご紹介しますので、チェックしてくださいね。



Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:10:45 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム27日(日)深夜放送の『プレミアムシアター』は、2つのジルヴェスター・コンサートをお送りします!


『プレミアムシアター
 “ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサート2012”/
 “ドレスデン国立管弦楽団 カールマーン・ガラ”』
BSプレミアム 1月28日(月)前0:45~4:45 (27日(日)深夜)

BSプレミアム27日(日)深夜放送の『プレミアムシアター』は、2012年の大晦日にヨーロッパで行われた2つのジルヴェスター・コンサートをお届けします。
前半は、ベルリン・フィルの公演。サイモン・ラトル指揮と、人気メゾ・ソプラノ、チェチーリア・バルトリの独唱で、ドボルザークやラヴェルなど多彩なプログラムをお送りします。後半は、オペレッタをテーマに上演されたドレスデン国立管弦楽団の公演から、今シーズン首席指揮者に就任したクリスティアン・ティーレマンの指揮でカールマーンの作品をお送りします。どうぞお楽しみに!

28日(月)
前0:45~  <オープニング>
前0:48~ 「ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサート2012」
前2:29~  <インターミッション>
前2:31~ 「ドレスデン国立管弦楽団 カールマーン・ガラ」 
前4:16~  <インターミッション>
前4:20~ 「クラシック名曲への道“モーツァルトの足跡 ウィーンからリンツへ』
前4:44.30~<エンディング>


※『プレミアムシアター』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:12 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


「歌謡曲」の魅力を世界へ...BSプレミアム27日(日)放送!『SONGSプレミアム "由紀さおり"』


『SONGSプレミアム “由紀さおり”』
BSプレミアム 1月27日(日)後11:00~11:59

1月27日(日)の『SONGSプレミアム』は、2011年、60年代の歌謡曲やポップスを歌ったアルバム「1969」が欧米でブレークし、話題を集めた由紀さおりさんが登場。アメリカ・ポートランドのジャズオーケストラ“ピンク・マルティーニ”と共演したこのアルバムは日本でも大ヒットし、昨年、NHK紅白歌合戦にソロ歌手として実に20年ぶりの出場を果たしました。
『SONGS』では、2011年12月にニューヨークで行われたコンサートを独占取材。今回は昨年放送された『SONGS』の未公開シーンを含め、拡大版でお届けします。さらに、紅白歌合戦でアメリカ・ポートランドから生中継された現場の舞台裏にも密着。「歌謡曲」の魅力を世界へ届ける由紀さんの1年間の軌跡をお送りします。

【出演】由紀さおり、ピンク・マルティーニ
【語り】守本奈実アナウンサー

130124file_0000tp.jpg※『SONGSプレミアム』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:00 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終日曜放送『インディーズファイル』&『ライブビート』1月27日(日)のゲスト決定!(白井良明、Dragon Ash、サカナクション、KREVA)


『インディーズファイル ~白井良明~』
1月27日(日)後9:00~11:00

アマチュア・インディーズアーティストの新たな才能を応援する番組『インディーズファイル』。
1月のピックアップ・アーティストは、番組2回目の登場となる、ミュージシャン、そして音楽プロデューサーとしても活躍する白井良明さんをお迎えします。音楽活動40周年を迎え、精力的に活動する白井さんから大きな影響を受けたMC森若さんが、今回はどんな“良明の世界”を聞き出すのか…どうぞお楽しみに!

【ゲスト】白井良明
  【MC】森若香織

※『インディーズファイル』番組ホームページはこちら


『ライブビート ~Dragon Ash、サカナクション、KREVA~』
1月27日(日)後11:00~前0:00
(再)2月1日(金)前10:00~11:00

アーティストが“教師”となり、白熱のライブや、ユニークな授業を通して、ロックの楽しさや素晴らしさ、そして“ロックの魂”を次世代に伝えていくことを目的とした、2007年11月にスタートしたロックイベント「ロックの学園」。
1月の『ライブビート』は、2012年10月20・21日に宮城・東北文化学園大学で行われた「ロックの学園 in 東北」から、21日に行われた『ライブビート』にふさわしい、Dragon Ash、サカナクション、KREVA、3組のアーティストによる体育館ライブの模様を抜粋してお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】Dragon Ash、サカナクション、KREVA
 【DJ】古閑裕

※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月26日(土)・27日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~南国の音楽~』
1月26日(土)前9:00~11:00

26日(土)の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは「南国の音楽」。寒い季節こそ、南国の音楽で身も心もホットになりましょう。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『ガットのしらべ ~ゲイリー・カーのコントラバス~』(再)
1月26日(土)後8:15~9:00

土曜(随時放送)の『N響演奏会』のあとに、さまざまな“ガット弦”の音色を紹介している番組『ガットのしらべ』。
1月26日(土)の『ガットのしらべ』は、“ミスター・コントラバス”の異名を持つ、ゲイリー・カーによるコントラバスのしらべをお届けします。コントラバスは、その音の低さや、くすんだ音色、俊敏な演奏の難しさから独奏には向かない楽器とされていましたが、ゲイリー・カーは、その難しさを解消し、ソロ楽器としてのコントラバスの魅力をあますところなく伝えることに成功しました。彼の膨大なレパートリーの中から、珠玉の録音をお聴きいただきます。(初回放送:2012年1月28日)

【案内】大林奈津子


『クラシックの迷宮 “没後一年・林光の「裸の王様」”』
1月26日(土)後9:00~10:00
(再)1月31日(木)前10:00~11:00

毎月最終週の『クラシックの迷宮』は、NHKアーカイブスの歴史的音源をお届けします。
26日(土)は、2012年1月5日に亡くなった作曲家、林光さんの没後一年にちなんで、林光さんの作品を特集します。林光さんといえば、日本語オペラ。この分野の最初の作品が、1955年、23歳のときに発表されたラジオ・オペラ「裸の王様」でした。長年、聴かれる機会がなく、これまでレコードとして発売されたこともなかった「裸の王様」。今回は、同じく去年亡くなったバリトン歌手・畑中良輔さんも出演された、ラジオ番組「立体音楽堂」の音源でお送りします。また、武満徹さん、林光さん、入野義朗さんが連作し、イタリア賞を受賞した「言葉と音楽のための三つの形象」から、林さんが担当した第2曲「不死馬」もお聴きいただきます。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)


『FMシアター “GIRLS(ガールズ)”』
1月26日(土)後10:00~10:50

26日(土)の『FMシアター』は、渡辺大さん、市原悦子さん、賀来千香子さんら出演の「GIRLS(ガールズ)」をお送りします。
置き薬の会社の営業マン・亀井太郎は、今日も一戸一戸、飛び込みの訪問セールスに靴の裏をすり減らす。そんな亀井が飛び込んだのは、祖母リン、母マチコ、娘・莉央子の三世代三人の住む諸星家だった。しかも、この三人、何やら、ちょうど“おとりこみ中”だったらしく、亀井はいやがおうでも巻き込まれる…。自己主張のぶつかり合いで、とにかく姦(かしま)しい「ガールズ」、一方で相手のことを懸命に思い遣っている、愛おしい「ガールズ」。そんな諸星家の「ガールズ」との出会いを通して、亀井が自らの新婚家庭を省み、妻との幸福を見つめ直す姿を描きます。

【作】樋口ミユ
【音楽】ニウナオミ
【出演】渡辺大、市原悦子、賀来千香子、富岡英里子、
    秋澤弥里、一柳みる、米倉紀之子、内田晴子、
    槙乃萌美、白石廿日

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “伝説の名演(1)ヴァイブ編”』
1月26日(土)後11:00~翌前1:00

26日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、今回から新たにスタートする、毎月1回、一つの楽器にスポットを当てるシリーズ「伝説の名演」の1回目、“ヴァイブ(ヴィブラフォン)編”をお送りします。
ベニー・グッドマンと共演して人気を高めたライオネル・ハンプトンをはじめ、スイング派のレッド・ノーヴォ、元警察官で32歳という若さで亡くなったレム・ウィンチェスター、メタリック・コルトレーンと呼ばれたウォルト・ディーカーソンなど、歴代ヴァイブ奏者の名演奏をお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 ~日本のポップコーラス(1)~』
1月27日(日)前7:20~8:10
(再)2月2日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第4週の解説は、アカペラグループ「TRY‐TONE」の多胡淳さんが担当します。
27日(日)の『ビバ!合唱』は「日本のポップコーラス(1)」と題して、ダーク・ダックスやデューク・エイセス、ザ・キング・トーンズにサーカスと、日本の新旧のコーラスグループをとりあげます。どうぞお楽しみに!
なお、2回目は2月24日(日)にお送りする予定です。

【案内】多胡淳

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
 “不滅の巨匠 トスカニーニ イタリアの音楽を中心に”』
1月27日(日)前9:00~11:00

過去の録音遺産の中から 新しき発見と感動を、諸石幸生さんの案内でお届けしている『名演奏ライブラリー』。先週と27日(日)の『名演奏ライブラリー』は、2週にわたって、スカラ座やメトロポリタン等の音楽監督を歴任し、20世紀前半を代表する指揮者、アルトゥーロ・トスカニーニの特集をお送りしています。
1867年イタリアのパルマに生まれたアルトゥーロ・トスカニーニは1886年にイタリア・オペラ団の「アイーダ」を指揮してデビュー。以後、レオンカヴァルロの「道化師」、プッチーニの「ボエーム」「トゥーランドット」など、同時代作曲家たちのオペラを次々と初演、スカラ座の首席指揮者、アメリカのメトロポリタン歌劇場の首席指揮者などを歴任して黄金時代を築きました。コンサート指揮者としてもサン・サーンスが絶賛した腕前で、ミラノスカラ座管弦楽団、ニューヨーク・フィルの改革でも知られています。晩年は、彼のために作られたNBC交響楽団でラジオ放送にも力を入れました。
今回27日(日)は、ロッシーニ、プッチーニ、ヴェルディなど、トスカニーニが得意としたイタリアの作品を中心にお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『日曜喫茶室 “さようなら小沢昭一さん 思い出を振り返る”』
1月27日(日)後0:15~2:00

毎月最終日曜日、はかま満緒マスターがゲストをお招きし、週代わりの常連客(ゲスト)とともに、旬の話題・活動をおしゃべりする番組『日曜喫茶室』。1月27日(日)は「さようなら小沢昭一さん 思い出を振り返る」と題して、昨年12月10日に亡くなられた、俳優の小沢昭一さんをしのびます。
小沢さんは『日曜喫茶室』のゲストとして、1978年5月に初来店。以来、9回と最も多く出演されている“ご常連のゲスト”でした。番組では、過去に出演された回の懐かしいテープを聴きながら、番組を愛してくださった小沢さんの、人となり、ユーモラスな語り口、そして俳優としての長い人生を、俳優の加藤武さんをゲストにお迎えして、共に振り返ります。

【ゲスト】加藤武(俳優)
【ご常連】安野光雅(画家)、池内紀(ドイツ文学者)
【過去の放送分テープでの出演】小沢昭一(俳優)、三木のり平(俳優・コメディアン)
【司会】(マスター)はかま満緒、(ウェイトレス)小泉裕美子

※『日曜喫茶室』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
1月27日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
この時期になると、どうしても話題になるのが「グラミー賞」。今年も日本時間の2月11日(月・祝)に「第55回グラミー賞授賞式」が開催されます。そこで『洋楽80'sファン倶楽部』では、「ア・ジャーニー・バック・トゥ・ザ・グラミー・アウォード・イン・ジ・80'S」と題して、1月27日(日)と2月3日(日)の2週にわたって、今と同じようにグラミー賞の発表をワクワクして待っていた、80年代のグラミー賞にタイムスリップしてお届け。80年代を彩ったヒットソングの数々をグラミー賞“レコード・オブ・ザ・イヤー”と共に振り返ります。また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、16年ぶりのオリジナル・アルバム「Someday」をリリースした、80年代の代表的ガールズ・グループ、バングルスのリード・シンガー、スザンナ・ホフスをとりあげます。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


<関連番組>
『ミュージックプラザ』で「第55回グラミー賞」を特集!
2月5日(火)後4:00~5:20

日本時間2月11日、アメリカ・ロサンゼルスのステープルズ・センターで開催される「第55回グラミー賞」に先駆け、ノミネートされた楽曲をたっぷりと紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】ルーシー・ケント

※『ミュージックプラザ』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~荒井由実~』
1月27日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
27日(日)の『ミューズノート』は、松任谷由実さんの荒井由実時代の曲をとりあげます。「やさしさに包まれたなら」や「ルージュの伝言」など、映画やCM、そしてカバーと、40年近くたった今も歌い継がれる、色褪せない名曲の数々をお送りします。また番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


26日(土)深夜BSプレミアムで放送!『音楽熱帯夜 "ももいろクリスマス2012~さいたまスーパーアリーナ大会~"』


『音楽熱帯夜
 “ももいろクリスマス2012~さいたまスーパーアリーナ大会~”』
BSプレミアム 1月27日(日)前0:10~1:39 (26日(土)深夜)

(再)BSプレミアム 3月31日(日)前0:10~1:39 (30日(土)深夜)

アリーナやスタジアムで行なわれるビッグアーティストのライブを中心に、今一番旬なステージを紹介する番組『音楽熱帯夜』。
26日(土)深夜放送の『音楽熱帯夜』は、昨年末、グループ結成以来の悲願だった紅白歌合戦出場を果たし、ますます勢いに乗る、ももいろクローバーZが登場! 2010年の東京・日本青年館公演から恒例行事となった、ももクロのクリスマスライブ、通称“ももクリ”。番組では、昨年12月24・25日の2日間にわたって、さいたまスーパーアリーナで行われたクリスマスライブ「ももいろクリスマス2012~さいたまスーパーアリーナ大会~」から、25日の模様をお届けします。エネルギッシュな彼女たちの代名詞とも言えるパワー全開のライブを、どうぞお楽しみに!

<曲目>
「サラバ、愛しき悲しみたちよ」「Wee-Tee-Wee-Tee」「黒い週末」
「僕等のセンチュリー」「CONTRADICTION」「サンタさん」
「空のカーテン」「Chai Maxx」「行くぜっ!怪盗少女」
「スターダストセレナーデ」「ももクロのニッポン万歳!」

【出演】ももいろクローバーZ

130118momoiro_03.jpg

投稿時間:12:38 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ26日(土)放送の『SONGS』は「2013注目!男性ボーカリスト特集」星野源さん、高橋優さん、大橋トリオさんが登場!


『SONGS ~2013注目!男性ボーカリスト特集~』
総合テレビ 1月26日(土)後11:00~11:29
(再)総合テレビ 2月1日(金)前1:17~1:46 (1月31日(木)深夜)

26日(土)の『SONGS』は「2013注目!男性ボーカリスト特集」と題して、今話題の男性ボーカリスト3組を特集します!
優しい歌声となにげない日常に潜む人生の機微を描いた歌世界が魅力の星野源さん。20代ならではの感性でつづるメッセージを、情熱的なサウンドにのせて歌い上げる高橋優さん。古今東西のポップス音楽に精通し、ベテランのミュージシャンからの信頼も厚い、稀代のソングライター・大橋トリオさん。三者三様の魅力を、それぞれの個性が際立つ切り口でとらえた演出で構成するオムニバス形式でお送りします。どうぞお楽しみに!

【出演】星野源、高橋優、大橋トリオ
【語り】守本奈実アナウンサー

130123songs.jpg※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:15 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ25日(金)放送の『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』は、「映画音楽編(3)ハリウッド創世記の映画音楽」をお送りします


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 “映画音楽”(3)』
Eテレ 1月25日(金)後11:00~11:30 
(再)Eテレ 1月31日(木)前0:30~1:00 (30日(水)深夜)

音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成した音楽全集の制作。人類の生み出した偉大なる文化“音楽”の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』です。(スコラとはラテン語で「学校」の意味)
25日(金)は“映画音楽編”の3回目、「ハリウッド創世記の映画音楽」をお送りします。「トーキー」が誕生し、一気に黄金時代をむかえた映画の都ハリウッド。この時期に生まれ、その後、現在にいたる手法を解説します。またワークショップでは、岩井俊二監督が『スコラ』のために撮り下ろした2分のショートフィルムを、課題映像として生徒たちに初披露。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】浅田彰(京都造形芸術大学大学院長)、
        小沼純一(早稲田大学教授)、
        岸野雄一(東京藝術大学大学院・美学校講師)、
        岩井俊二(映画監督)
【講師】坂本龍一
【語り】森山春香アナウンサー


120920_00008k.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:22 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


ピーター・バラカンさんのナビゲートでお送りしているBS1『BEGIN Japanology』24日(木)は"演歌"をとりあげます


『BEGIN Japanology “演歌”』
BS1 1月24日(木)後2:00~2:28

※この番組は、主音声は英語音声になります。日本語音声で楽しむ場合は、副音声をご利用ください。

ピーター・バラカンさんのナビゲートで、これまで伝えられてきた紋切り型の「日本人」や「日本文化」の枠を壊し、日本の魅力を新しい切り口で海外世界に発信している、海外向け放送のNHKワールドで放送中の番組『BEGIN Japanology』。日本国内でも、BS1で毎週木曜日の後2:00からお送りしています。
24日(木)BS1の放送では、日本のブルース“演歌”をとりあげます。「ファ」「シ」を抜いた5音階と、こぶしが特徴の“演歌”に魅了される外国人も今では少なくありません。また巷では、大声での熱唱とうなり節を生かした「演歌療法」というものも効果を上げているとか。
その“演歌”誕生のきっかけは、明治初期の自由民権運動でした。取り締まりが厳しくなり、歌の形で街頭演説を行ったのが始まりだったと言われ、やがて「演歌師」が登場し、政治風刺から娯楽へとシフトしていきました。番組では、“演歌”を通して、日本人が大切にしてきた心の機微に迫ります。

【ゲスト】ジェロ(歌手)、小林和彦(CDショップ店主)、周東寛(医師) ほか
【ナビゲーター】ピーター・バラカン

130122S01-001.jpg

※『BEGIN Japanology』番組ホームページ(英語表記)はこちら


<関連情報>
ピーター・バラカンさんのNHK-FMレギュラー番組、絶賛放送中!
『ウィークエンドサンシャイン』
FM 毎週土曜日 前7:20~9:00

※『ウィークエンドサンシャイン』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:08 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


後11時、お気に入りの音楽を探そう...明日23日(水)放送『松尾潔のメロウな夜』、明後日24日(木)放送『ザ・ソウルミュージック』


『松尾潔のメロウな夜』
1月23日(水)後11:00~前0:00
(再)1月30日(水)前10:00~11:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きな、R&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお届けしています。
先週の「放送100回記念リクエスト特集」は、いかがでしたでしょうか? 23日(水)の『松尾潔のメロウな夜』はレギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。番組後半は、松尾さんがこれまでにライナーノーツを手がけてきたアルバムの中から、『メロウな夜』にふさわしいアルバムをピックアップしてお送りする「耳で楽しむライナーノーツ」をお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら


『ザ・ソウルミュージック ~新春ライヴ音源スペシャル 第2夜~』
1月24日(木)後11:00~前0:00

24日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、先週に引き続き、新年恒例のソウル・ライヴ音源スペシャルをお届けします。歴史的名演から最新音源まで、ソウル・ミュージックにおける熱いライヴ録音の数々を一堂に集めてお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:42 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日22日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は「新春対談特集"音楽をもっと聴こう"(3)」ゲストに小林克也さんをお迎えしてお送りします


『元春レイディオ・ショー』
1月22日(火)後11:00~前0:00
(再)1月29日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。1月の『元春レイディオ・ショー』は、「音楽をもっと聴こう」というテーマで、各週ゲストをお招きして、新春の対談特集を3週にわたってお送りしています。
第1回は音楽評論家の小尾隆さんをお迎えし、洋楽の魅力について楽しいお話を、第2回は音楽ライター/編集者の柴那典さんをお迎えし、最近洋楽が聴かれなくなってきたと言われる、その事情について話をお伺いました。そして22日(火)の第3回は、民放FM局で9時間の生放送を行うなど活躍中の小林克也さんをお迎えし、洋楽を聴く楽しさについてなど、佐野さんとDJ同士の有意義な対談を繰り広げます。どうぞお楽しみに!
また番組では、今回の対談テーマ「音楽をもっと聴こう」への皆さんからのご意見、メッセージを募集中です。下記の番組ホームページからドシドシお寄せください。お待ちしております。

【ゲスト】小林克也 (DJ)
【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム3月放送予定『NHK洋楽倶楽部スペシャル企画 "洋楽アーティスト ベスト50"』アンケート募集中!


『NHK洋楽倶楽部スペシャル企画
 “洋楽アーティスト ベスト50”』
BSプレミアム 3月26日(火)後11:45~翌前2:44

今をさかのぼること50年。1962年は、ビートルズ、ボブ・ディラン、ビーチボーイズといったビッグアーティストのデビュー年、そしてローリング・ストーンズ結成年というメモリアルイヤーでした。さらに、ザ・ベンチャーズが初来日公演を果たしたのもこの年でした。このときのザ・ベンチャーズのコンサートは、経済的な理由から、2人しかメンバーを呼べず、残りは日本人のサポートメンバーという状況でした。それから半世紀、さまざま洋楽のビッグアーティストたちが日本を訪れ、素晴らしいパフォーマンスを繰り広げました。このたび『NHK洋楽倶楽部』では、そんな日本における洋楽史半世紀を振り返り、ベスト50アーティストを選出・紹介するスペシャル番組『洋楽アーティスト ベスト50』をお送りします。
そこで現在、下記のサイトでは皆さまからのアンケート募集中! あなたが行ってみたいコンサートや、お気に入りのコンサート、そして、この50年間に来日公演を果たした中から、『NHK洋楽倶楽部』がセレクトした、代表的なアーティストの中から好きな洋楽アーティストを選んでお寄せください。日本人が好きなアーティストは誰なのか? 秘蔵映像や関係者の声とともにベスト50を番組内で紹介します。たくさんのご応募、お待ちしております!
※募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。


※『洋楽アーティスト ベスト50』サイトはこちら

投稿時間:10:16 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


来週21日(月)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は「ラジオは友達」と題して、皆さまからのリクエストにお応えします!


『石丸幹二のシアターへようこそ ~ラジオは友達~』
1月21日(月)後11:00~前0:00
(再)ラジオ第1 1月28日(月)後9:05~9:55 (50分サイズ)

ミュージカルナンバーからスタンダード、そして隠れた名曲など、こだわりの選曲と豊富な舞台の知識を交えて、俳優の石丸幹二さんがお届けしている『石丸幹二のシアターヘようこそ』。世界の劇場音楽と共に、あなたを物語の世界へと誘います。
21日(月)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は「ラジオは友達」と題して、皆さまからお寄せいただいたお便りをご紹介しながら、リクエストにお応えしていきます。今回はミュージカル・ナンバーだけではなく、映画音楽もたっぷりとお届けします。どうぞお楽しみに!

【パーソナリティー】石丸幹二


※『石丸幹二のシアターへようこそ』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:13 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週21日(月)からの『青春アドベンチャー』は、田中芳樹・原作の冒険活劇シリーズ第二弾「髑髏城の花嫁」をお送りします!


『青春アドベンチャー “髑髏城の花嫁”』<全10回>
1月21日(月)~1月25日(金)後10:45~11:00
1月28日(月)~2月1日(金)後10:45~11:00

昨年7月にお送りした、19世紀ヴィクトリア朝の英国で、戦場帰りの心優しき主人公・ニーダムと、聡明な姪っ子・メープルが活躍する田中芳樹・原作の冒険活劇「月蝕島の魔物」。21日(月)からのオーディオドラマ『青春アドベンチャー』は、このコンビの冒険活劇シリーズ第二弾「髑髏城の花嫁」を全10回にわたってお送りします!
今回の物語は、ニーダムがクリミア戦争に出征中、野戦病院でナイチンゲールの依頼を受け、黒海近くの「髑髏城」と呼ばれる不気味な城を訪れたエピソードで幕を開ける。髑髏城に住む一族が抱える秘密に、否応なく巻き込まれてゆく主人公たちの波乱万丈の運命と痛快至極な活躍を、さらにパワーアップして描きます。どうぞお楽しみに!

【原作】田中芳樹
【脚色】小林克彰
【選曲】黒田賢一
【出演】大内厚雄、石川由依、中川晃教、高橋理恵子、
     粟野史浩、近江谷太朗、池田有希子、関輝雄、
     坂部文昭、青山伊津美、阿部丈二、原田樹里、
     藤元英樹、唐沢龍之介、中村彰男、丸岡奨詞、
     荒井志郎、枝元萌、釆澤靖起


※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:08 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 1月21日(月)~1月24日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

1月21日(月) 1月22日(火)
ml_20130121.jpg ml_20130122.jpg
THE BAWDIES 吉井和哉

1月23日(水) 1月24日(木)
ml_20130123.jpg ml_20130124.jpg
Rabbit 笹川美和

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子


<関連番組>
◆21日(月)のゲスト THE BAWDIESが出演!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 1月27日(日)後6:10~6:39


※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:03 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエイターズファイル ~MONGOL800~』20日(日)は、ゲストにILMARIさんとI-VANさんをお迎えしてお送りします!


『サウンドクリエイターズファイル ~MONGOL800~』
1月20日(日)後9:00~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。
1月のマンスリーDJは、今年結成15周年を迎え、23日(水)にはファン投票による上位15曲を収録した初のベストアルバム「800BEST -simple is the BEST!!-」をリリースする、MONGOL800が担当しています!モンパチ最終週となる20日(日)は、対談ゲストにRIP SLYMEのILMARIさんとレゲエダンサーのI-VANさんをお迎えしてお送りします。RIP SLYMEとMONGOL800の出会いやコラボ曲「Remember」などなど、色々な話が飛び出します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】ILMARI(RIP SLYME)、I-VAN
【DJ】MONGOL800


※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:12:18 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月19日(土)・20日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~REの音楽~』
1月19日(土)前9:00~11:00

最近、日常生活の中でも見かける機会の多くなった、REの文字。19日(土)の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは「REの音楽」。再び?…どうなるのか、音楽を通じて体験してみてはいかがでしょうか。

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『クラシックの迷宮
 “私の試聴室~ダルバのイザイとイザイのイザイ~”』
1月19日(土)後9:00~10:00
(再)1月24日(木)前10:00~11:00

毎月第3週の『クラシックの迷宮』は、最新録音を中心に、片山杜秀さんが選んだ名盤を紹介する「私の試聴室」をお送りします。
19日(土)は「ダルバのイザイとイザイのイザイ」と題して、ウジェーヌ・イザイの曲が多く収録された、スイスのバイオリニスト、レイチェル・コリー・ダルバのアルバム「フレンチ・インプレッションズ ~ヴァイオリンと管弦楽のための作品集」を中心にお届けします。どうぞお楽しみに!

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)


『FMシアター “春を待つ雪”』
1月19日(土)後10:00~10:50

19日(土)の『FMシアター』は、NHK福井放送局開局80周年記念として制作された「春を待つ雪」をお送りします。
中野瑠璃は、幼くして母の失踪を体験し、辛い幼少期を過ごしてきた。恋人・坂崎祐介の転勤と妊娠を機に結婚。福井での生活をスタートする。福井は、実は瑠璃の出生地。今まで裕介にも隠し続けてきた瑠璃の過去が、否応なしに突き付けられる。そんな中、天真爛漫な17歳の妊婦・愛と出会う。愛から繋がる福井の人々との出会い、そして“家族が生まれる瞬間”を写した「出産写真」がきっかけとなって、瑠璃は初めて家族の絆を感じてゆく。

【作】伊佐治弥生
【出演】西原亜希、小島藤子、中尾達也、西堀有美、
    内嶋淳浩、田所龍臣、斎藤美由紀、中川美穂、
    三上光代、津田あず美、和歌莉乃愛、酒井海音、
    菊池咲良  

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト
  “キース・ジャレット スタンダード・トリオ30周年特集”』
1月19日(土)後11:00~翌前1:00

19日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は「キース・ジャレット スタンダード・トリオ30周年特集」をお届けします。
ジャズ・ピアノ界に君臨する巨匠キース・ジャレットが、ベースのゲイリー・ピーコック、ドラムスのジャック・ディジョネットと組んで、スタンダード・ナンバーばかりの名盤「スタンダーズVol.1」「スタンダーズVol.2」を録音したのは1983年1月のことで、このアルバムの画期的な成功を機に人気トリオ“スタンダード・トリオ”が誕生しました。そして今年、結成30周年を迎えるトリオは、その記念来日公演を5月に開催予定。番組では、この機会にトリオ30年の魅力をライブ演奏を中心に振り返ります。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 ~アメリカの合唱曲~』
1月20日(日)前7:20~8:10

※1月26日(土)の再放送枠は『N響演奏会』のため休止となります。ご了承ください。

『ビバ!合唱』第3週の解説は、合唱指揮者・大谷研二さんが担当します。
20日(日)の『ビバ!合唱』は、有名な「弦楽のためのアダージョ」を合唱用に編曲したバーバーの「アニュス・デイ」や黒人霊歌など、アメリカの合唱曲の数々をお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき ~吹奏楽と和太鼓の饗宴~』
1月20日(日)前8:10~9:00

※1月26日(土)の再放送枠は『N響演奏会』のため休止となります。ご了承ください。

20日(日)の『吹奏楽のひびき』は、和太鼓が活躍する吹奏楽作品をとりあげます。大きなものから締太鼓のような小型のものまで、さまざまな種類がある和太鼓。その多彩な音色と吹奏楽とが織りなす世界を、どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
  “不滅の巨匠 トスカニーニ 管弦楽を中心に”』
1月20日(日)前9:00~11:00

過去の録音遺産の中から 新しき発見と感動を、諸石幸生さんの案内でお届けしている『名演奏ライブラリー』。
20日(日)と翌週27日(日)の『名演奏ライブラリー』は、2週にわたって、スカラ座やメトロポリタン等の音楽監督を歴任し、20世紀前半を代表する指揮者、アルトゥーロ・トスカニーニを特集します。
1867年イタリアのパルマに生まれたアルトゥーロ・トスカニーニは1886年にイタリア・オペラ団の「アイーダ」を指揮してデビュー。以後、レオンカヴァルロの「道化師」、プッチーニの「ボエーム」「トゥーランドット」など、同時代作曲家たちのオペラを次々と初演、スカラ座の首席指揮者、アメリカのメトロポリタン歌劇場の首席指揮者などを歴任して黄金時代を築きました。コンサート指揮者としてもサン・サーンスが絶賛した腕前で、ミラノスカラ座管弦楽団、ニューヨーク・フィルの改革でも知られています。晩年は、彼のために作られたNBC交響楽団でラジオ放送にも力を入れました。
今回20日(日)は、ムソルグスキー作曲、ラヴェル編曲の「組曲“展覧会の絵”」やエルガーの「変奏曲“謎”」、そしてベートーベンの「交響曲 第7番」など、管弦楽を中心にお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
1月20日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
20日(日)のテーマは「ゲスト・アーティスト・ファイル・イン・ジ・80'S」と題して、デュエットやフィーチャリングとも記載されていないが、ビッグ・アーティストがゲスト・ミュージシャンとして参加している、意外なナンバーを集めてお送りします。番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、昨年11月に約11年ぶりにソロ・アルバム「The Calling」をリリースした、ジャーニーのギタリストとして知られるニール・ショーンをとりあげます。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~アデル~』
1月20日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
20日(日)の『ミューズノート』は、イギリスの若き実力派ディーバ、アデルをとりあげます。2011年1月にリリースしたセカンドアルバム『21』は、全世界で2500万枚のセールスを記録し、第54回グラミー賞では主要3部門を含む6部門を受賞しました。番組では、デビューアルバム『19』から「Cold Shoulder」や「Chasing Pavements」、『21』から「Rolling In the Deep」などをお届けします。また番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『セッション2013 ~ENCOUNTER~』
1月20日(日)後11:00~前0:00
(再)1月25日(金)前10:00~11:00

20日(日)の『セッション2013』は、日本ジャズの新時代を担う若手サックス奏者浜崎航とピアニスト堀秀彰による双頭カルテット“ENCOUNTER (エンカウンター)”が登場!
2012年9月にはアメリカのカリフォルニア州で行われている歴史あるジャズ・フェスティバル“Monterey Jazz Festival”に出演し注目を集めたENCOUNTER。グルーヴ感溢れる注目のライブを、どうぞお楽しみに!

【演奏】浜崎航(テナー・サックス、ソプラノ・サックス)、堀秀彰(ピアノ)、
    高瀬裕(ベース)、広瀬潤次(ドラムス)
【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2013』番組ホームページはこちら


『ワールドミュージックタイム ~北国の音楽~』
1月21日(月)前0:00~1:00 (20日(日)深夜)
(再)1月28日(月)前10:00~11:00

20日(日)深夜の『ワールドミュージックタイム』は「北国の音楽」と題して、カナダの先住民のアーティスト、サンディ・スコフィールドや、フィンランドのヴァルティナ、ノルウェーのシュステン・ブローテン・ベルクなど北欧を中心に、冬に聴く寒い国の音楽を特集します。どうぞお楽しみに!

【DJ】北中正和

※『ワールドミュージックタイム』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:12 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』1/19(土)のゲストは黒沢かずこさんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 1月19日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 1月22日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、当番組で初対面となる、森三中の黒沢かずこさんをお迎えします。


0119_rockbar1.jpg80年代後半から90年代前半のアイドルと筒美京平さんの作品が大好きだった黒沢さんは、小学生の頃までアイドルになりたくて、アイドル名も考えていたとのこと。また、ご自身の主演映画である『クロサワ映画』では、主題歌「いい女には運がある?」の作詞作曲も手がけ、もの作りが好きだという一面も。そして、現在BSプレミアムで放送中の、『嘆きの美女』などで女優業もこなす黒沢さんの、これまでの歩みや森三中としての想いなどを岡田さんと語っていただきます。どうぞお楽しみに!
なお、次週26日(土)は『N響演奏会』のため、お休みとなります。ご了承ください。次回放送は2月2日(土)となります。


【ゲスト】黒沢かずこ
【パーソナリティー】岡田惠和



『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら

 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。



<関連情報>
◆現在放送中の黒沢さん主演のドラマ!
『嘆きの美女』<全8回>
BSプレミアム 毎週土曜 後11:15~11:45


※『嘆きの美女』番組ホームページはこちら

◆森三中が出演中の『ドラクロワ』第3シリーズ!
『ドラクロワ』
総合テレビ 毎週金曜 後10:55~11:24(東海・北陸地方は別番組)
(再)総合テレビ 翌週火曜 前1:40~2:09(月曜深夜・全国放送)


※『ドラクロワ』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:56 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 2月の特集番組ラインナップ決定!


『音の魔術師 冨田勲の世界 ~初音ミクとのコラボを終えて~』
2月11日(月・祝)後1:00~4:00

tomita_201302.jpg昨年11月18日にお送りした『音の魔術師 冨田勲の世界』。皆さまからの熱いリクエストにお応えして、新録のコメント&トークを含んだ3時間の再構成版を2月11日(月・祝)にお送りします!
シンセサイザー音楽のパイオニアとして常に最先端を走り、世界的な評価を得ている冨田勲さん。昨年4月22日に80歳を迎えても、なお、新しい音への貪欲さを失うことなく、生のオーケストラサウンドを生かした壮大な音楽への追求心を持ち、創作意欲がまったく衰えることなく活動を続けています。そして昨年11月23日には、久々にオーケストラスコアを書き上げ、初音ミクとのコラボでも話題となった「イーハトーヴ交響曲」の世界初演を行いました。
番組では、「新日本紀行」「きょうの料理」「文五捕物絵図」「大河ドラマ“徳川家康”」などNHKの番組テーマ曲や、「マイティジャック」「ジャングル大帝」などの特撮やアニメの主題歌、そして、冨田さんが初めてシンセサイザーで制作した「銀河鉄道の夜」など、これまで冨田さんが発表された楽曲を紹介しながら足跡をたどりつつ“冨田勲の世界”の魅力に迫ります。また、今月末にリリースされる「イーハトーヴ交響曲」の一部も放送予定と、前回お聴きになった方にもお楽しみいただける内容でお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】冨田勲
【きき手】吉松隆 (作曲家)


<関連番組>
「イーハトーヴ交響曲」の5か月に及ぶ制作過程に密着!

『ETV特集
 “音で描く賢治の宇宙 ~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~”』
Eテレ 2月3日(日)後10:00~11:00
(再)Eテレ 2月10日(日)前0:50~1:50 (9日(土)深夜)

※『ETV特集』番組ホームページはこちら


『FUKUIアニソンまつり!』
2月11日(月・祝)後5:20~6:50

NHK福井放送局80周年のプレイベントとして、昨年12月22日、福井県・みくに文化未来館で行われた『FUKUIアニソンまつり!』の公開収録の模様を、2月11日(月・祝)に全国放送!
今回のイベントには、2011年『Fate/Zero』のエンディングテーマ「MEMORIA」でデビューを果たした藍井エイルさん、今月から始まる『ちはやふる2』でも主演の綾瀬千早役とエンディングテーマを担当する瀬戸麻沙美さん、昨年末『ソードアート・オンライン』フェアリィ・ダンス編エンディングテーマ「Overfly」がヒットした春奈るなさん、そして数々のアニメ、ゲーム主題歌を担当し、昨年11月に3rdアルバム「For My Dear...」をリリースした結城アイラさんらが集結!番組では白熱のライブの模様をお届けします。どうぞお楽しみに! (初回放送:福井放送局 1月19日)

【出演】藍井エイル、瀬戸麻沙美、春奈るな、結城アイラ
【司会】今道琢也アナウンサー

fukui_201302.jpg

※『FUKUIアニソンまつり』番組ホームページはこちら


『DREAMS COME TRUE 裏ベストを語る!』
FM 2月16日(土)後11:00~翌前1:00
※ラジオ第1で2月11日(月・祝)後7:20~8:55 (中断あり)、85分版を先行放送

nakamura_201302.jpgヒット曲や代表曲を封印し、普段ライヴで演奏されることの少ない“隠れた名曲”を披露する、裏ベストライブ「DREAMS COME TRUE 裏ドリワンダーランド 2012/2013」を開催中のDREAMS COME TRUE。そのツアーの合間を縫って、中村正人さんがライヴの舞台裏やDREAMS COME TRUEの隠れた名曲について熱く語ります。
番組では現在、皆さんからメッセージを募集中!「DREAMS COME TRUEに聞きたいこと」「私だけのDREAMS COME TRUEの隠れた名曲」などなど、下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております!(締め切りは2月1日(金)迄)※募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【出演】中村正人(DREAMS COME TRUE)

※『DREAMS COME TRUE 裏ベストを語る!』番組ホームページはこちら


『課題曲を歌おう
 ~第80回NHK全国学校音楽コンクールにむけて~』
2月23日(土)前11:00~11:50

これまで数多くの合唱の名曲を生み出してきた、今年で80回を迎える「NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)」は、全国10万人の小中高校生が参加する日本最大の合唱コンクール。今回の課題曲のテーマは「スタート!」。仲間と一緒に歌い始める瞬間。それは毎回が新しいスタートです。希望を抱き、思いを表現しながら、前へ前へと進んでいく。そして新しい一歩を踏み出す勇気に変わっていく。一人でも多くの子供たちがそんな喜びに出会うように願いを込めたテーマです。
各部の課題曲は、小学校の部を、放送作家・脚本家の小山薫堂さんが作詞をし、嵐が『NHK紅白歌合戦』で歌った「ふるさと」。中学校の部は、ゆずの北川悠仁さんが書き下ろした「友~旅立ちの時~」。そして高等学校の部は、新進気鋭の詩人・文月悠光さんが高校生のために書いた作品が合唱曲になります。番組では、80回という記念すべきコンクールにふさわしい課題曲を披露するとともに、作詞・作曲者が曲に託した思いを語ります。また、初演指揮者による演奏上のアドバイスもご紹介します。

<課題曲>
★小学校の部「ふるさと」
【作詞】小山薫堂【作曲】youth case【編曲】桜田直子
★中学校の部「友 ~旅立ちの時~」
【作詞・作曲】北川悠仁(ゆず)【編曲】相澤直人
★高等学校の部「ここにいる」
【作詞】文月悠光【作曲】新実徳英

【出演】小山薫堂、桜田直子、北川悠仁(ゆず)、文月悠光、新実徳英 ほか

※『Nコン2013』ホームページはこちら

投稿時間:15:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


19日(土)深夜BSプレミアムで放送!『音楽熱帯夜 "SHINKIBA JUNCTION2012"』


『音楽熱帯夜 “SHINKIBA JUNCTION2012”』
BSプレミアム 1月20日(日)前0:10~1:39 (19日(土)深夜)

アリーナやスタジアムで行なわれるビッグアーティストのライブを中心に、今一番旬なステージを紹介する番組『音楽熱帯夜』。
19日(土)深夜放送の『音楽熱帯夜』は、昨年10月20日、東京・新木場STUDIO COASTで開催された“SHINKIBA JUNCTION2012”の模様をお送りします。このライブは、実力派3ピースバンドSPARKS GO GOが、2005年から地元北海道・倶知安を始め、横浜や渋谷など、“JUNK!JUNK!JUNK!∞”の名で行ってきたイベント。今回は、STUDIO COAST内のメインステージと野外に設置したテントステージの2ステージが設けられ、メインステージではSPARKS GO GOや、盟友・奥田民生と真心ブラザーズほかが出演。またテントステージでは、昨年7月に1stミニアルバムをリリースしたnicotenや19歳の女性シンガーUCARYのソロ・プジェクトUCARY & THE VALENTINEなど、ブレイクが予想されるニューフェイスたちがライブを披露。どうぞお楽しみに!

【出演】SPARKS GO GO、奥田民生、真心ブラザーズ、
     電大、nicoten、UCARY & THE VALENTINE
【ナビゲーター】大貫亜美 (PUFFY)


※『音楽熱帯夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:42 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ18日(金)放送の『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』は、「映画音楽編(2)トーキーの誕生とその後の発展」をお送りします


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 “映画音楽”(2)』
Eテレ 1月18日(金)後11:00~11:30 
(再)Eテレ 1月24日(木)前0:30~1:00 (23日(水)深夜)

音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成した音楽全集の制作。人類の生み出した偉大なる文化“音楽”の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』です。(スコラとはラテン語で「学校」の意味)
先週から始まったシーズン3では、「映画音楽編」「アフリカの音楽編」「オーケストラ編」の3テーマをとりあげます。18日(金)は“映画音楽編”の2回目、「トーキーの誕生とその後の発展」をお送りします。音のついた映画“トーキー”が、どのように生まれたのか、そしていかに発展していったのか? またワークショップでは、プロの音楽家を目指す生徒が、課題映像に音楽をつけ、映画音楽の具体的技法を学びます。番組最後の楽曲演奏では、坂本さん本人が手がけたベルナルド・ベルトルッチ監督の映画「リトル・ブッダ」のテーマを、藤原真理さんのチェロとの競演でお届けします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト講師】浅田彰(京都造形芸術大学大学院長)、
        小沼純一(早稲田大学教授)、
        岸野雄一(東京藝術大学大学院・美学校講師)、
        岩井俊二(映画監督)
【演奏】藤原真理 (チェリスト)
【講師・演奏】坂本龍一
【語り】森山春香アナウンサー

※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:16 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


昨年11月16日に放送予定だった『オペラ・ファンタスティカ ~歴史的名盤"マノン・レスコー"(プッチーニ)~』18日(金)放送!


『オペラ・ファンタスティカ 
 ~歴史的名盤“マノン・レスコー”(プッチーニ)~』
1月18日(金)後2:00~6:00

世界のトップクラスのオペラハウスで上演された公演や、日本国内で収録された話題の公演。また、今なお語り継がれるオペラの名盤などを厳選してお送りしている番組『オペラ・ファンタスティカ』。18日(金)の『オペラ・ファンタスティカ』は、昨年11月16日に急遽予定を変更しお届けできなかった「歴史的名盤“マノン・レスコー”(プッチーニ)」をお送りします。
「トスカ」や「蝶々夫人」などで知られるイタリアの名作曲家、ジャコモ・プッチーニの出世作「歌劇“マノン・レスコー”」。“ファム・ファタール”すなわち“運命の女”をテーマとしたオペラの典型のひとつとされる演目で、プッチーニが得意とした繊細で、陶酔を誘う曲のトーンが強く印象に残る作品です。今回は、名演を数多く遺しながら、巨匠への道なかばで、心臓発作で亡くなった、イタリアのマエストロ、ジュゼッペ・シノーポリの指揮と、ミレッラ・フレーニ、プラシド・ドミンゴといった当代きっての名歌手による演奏による名演をお聴きいただきます。どうぞお楽しみに!

【案内】吉村溪

※『オペラ・ファンタスティカ』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:13 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム18日(金)アンコール放送!『プレミアムアーカイブス BSエンターテインメント"尾崎豊に会える日 帰らざる青春の光と風"』


『プレミアムアーカイブス BSエンターテインメント
 “尾崎豊に会える日 帰らざる青春の光と風”』
BSプレミアム 1月18日(金)前9:00~10:58

※再放送はございません。

1983年「15の夜」でデビュー。85年の「卒業」が大ヒット。孤独や挫折感、やるせない不満を詩につづって10代の圧倒的な支持を受けたが、26歳という若さで亡くなった尾崎豊さん。
放送当時(2005年4月23日)生放送でお届けし、視聴者の皆さまからのメッセージとともに、尾崎さんの秘蔵ライブ映像をお送りした「尾崎豊に会える日 帰らざる青春の光と風」を『プレミアムアーカイブス』枠内でアンコール放送! 放送された全13曲の中には、1987年“TREES LINING A STREET TOUR”有明コロシアムでの「誰かのクラクション」や、1985年“LAST TEENAGE APPEARANCE TOUR”代々木第一体育館での「米軍キャンプ」など、初回放送当時では未公開だったライブ映像が満載の番組。どうぞお楽しみに!(初回放送:BS2 2005年4月23日)

<曲目>
「シェリー」(1988年9月・東京ドーム)
「Bow!」(1987年8月・広島平和コンサート)
「はじまりさえ歌えない」(1985年8月・大阪球場)
「誰かのクラクション」(1987年8月・有明コロシアム)
「Scrambling Rock'n'Roll」(1984年12月・秋田文化会館)
「核 -CORE-」(1987年8月・有明コロシアム)
「愛の消えた街」(1985年8月・大阪球場)
「米軍キャンプ」(1985年11月・代々木第一体育館)
「坂の下に見えたあの街に」(1985年11月・代々木第一体育館)
「Scrap Alley」(1985年11月・代々木第一体育館)
「卒業」(1984年12月・秋田文化会館)
「I LOVE YOU」(1985年11月・代々木第一体育館)
「僕が僕であるために」(1988年9月・東京ドーム)


【案内】松本和也アナウンサー、桂亜沙美、朝倉えりか
【プレミアムアーカイブス・キャスター】森山春香アナウンサー


※『プレミアムアーカイブス』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:07 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


17日(木)BSプレミアムで放送『旅のチカラ "人生を歌う声"を求めて~石丸幹二 パリ~』


『旅のチカラ “人生を歌う声”を求めて~石丸幹二 パリ~』
BSプレミアム 1月17日(木)後9:00~9:59
(再)BSプレミアム 1月24日(木)前8:00~8:59

(再)BSプレミアム 11月25日(月)後4:00~4:59

各界で活躍する旅人が、今の自分を乗り越えようと、いつか訪れたいと思ってきた場所や、その地ならではの奥深い風土や文化と触れあう番組『旅のチカラ』。今回の旅人は、ミュージカルを中心に20年以上活躍してきた石丸幹二さんです。
石丸さんのその最大の魅力は、“テノールの貴公子”と呼ばれる、若々しい伸びのある歌声。しかし5年前、体調不良で1年間の活動休止を余儀なくされて以来「自分もいつかテノールで歌えなくなる日がくるかも知れない。今の状況に満足していいのか…」と考えるようになったという。そんなとき、偶然手にしたCDに衝撃を受けた。フランスの歌手、アンリ・サルヴァドール(1917~2008)が83歳にして発表した「サルヴァドールからの手紙」。ミュージカルとは正反対の、枯れた、ささやくような、しかし情感がにじみ出る不思議な歌声。石丸さんはその歌声を聴いたとたん「これは“人生を歌う声”だ。これこそ自分が求めていた声だ」と悟ったという。そして、石丸さんはパリに飛び、晩年のアンリと共演したミュージシャンから彼の歌声の秘密を聞き、アンリの90年の人生をたどり、「これから自分は何のために歌うのか?」を自問自答する。石丸幹二の新しい自分を探す旅が始まる―。

【出演】石丸幹二
【語り】柴田祐規子アナウンサー

130115file_0000og.jpg

※『旅のチカラ』番組ホームページはこちら


<関連番組>
NHK-FMで石丸幹二さんのレギュラー番組、絶賛放送中!
『石丸幹二のシアターへようこそ』
FM 毎週月曜日 後11:00~前0:00
(再)ラジオ第1 翌週月曜日 後9:05~9:55 (50分サイズ)

ミュージカルナンバーからスタンダード、そして隠れた名曲など、こだわりの選曲と豊富な舞台の知識を交えて、俳優の石丸幹二さんがお届けしている『石丸幹二のシアターヘようこそ』。世界の劇場音楽と共に、あなたを物語の世界へと誘います。

※『石丸幹二のシアターへようこそ』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:20 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


後11時、お気に入りの音楽を探そう...明日16日(水)放送『松尾潔のメロウな夜』、明後日17日(木)放送『ザ・ソウルミュージック』


『松尾潔のメロウな夜』
1月16日(水)後11:00~前0:00
(再)1月23日(水)前10:00~11:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きな、R&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお届けしています。
2010年3月31日から始まり、放送100回目を迎えた16日(水)の『松尾潔のメロウな夜』は、「放送100回記念リクエスト特集」。番組に寄せられた数多くのリクエストを、まるまる1時間にわたってお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら


『ザ・ソウルミュージック ~新春ライヴ音源スペシャル~』
1月17・24日(木)後11:00~前0:00

17日(木)・24日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、新年恒例のソウル・ライヴ音源スペシャルを2週にわたってお送りします。歴史的名演から最新音源まで、ソウル・ミュージックにおける熱いライヴ録音の数々を一堂に集めてお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:28 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『とことん問答無用、19歳の歌声』に続いて2月4日(月)深夜からは『とことん同名異曲 い~曲いっぱい!』を放送!リクエスト募集中


『とことん同名異曲 い~曲いっぱい!』
2月5日(火)~9日(土)前0:00~0:50
(4日(月)深夜~8日(金)深夜)
2月12日(火)~15日(金)前0:00~0:50
(11日(月・祝)深夜~14日(木)深夜)
2月16日(土)前0:15~1:05
(15日(金)深夜)
2月19日(火)~23日(土)前0:00~0:50
(18日(月)深夜~22日(金)深夜)
2月26日(火)~3月2日(土)前0:00~0:50
(2月25日(月)深夜~3月1日(金)深夜)

※なお、一部の地域を除き、翌週の後6:00~6:50にお送りしている再放送ですが、3月1日(金)深夜放送の最終回の再放送はございません。ご了承ください。

こだわりの音楽を毎日、毎週聞きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。現在、あおい洋一郎さんがお届けしている『とことん問答無用、19歳の歌声』に続いて、2月4日(月)深夜からは『とことん同名異曲 い~曲いっぱい!』をお送りします。
「同名異曲」とは、もちろん“同じタイトルで違う曲”。そんな同名異曲で50分の番組が20回もできると思いますか?…それが、探せば結構あるんです。そこで今回は、音楽を「同名異曲」という切り口で、とことん楽しみます。案内役は、昨年3月にお送りした『とことん教科書に載っているポップス』を担当された、お笑いタレントのヒロシさん。お馴染みのヒット曲から隠れた名曲まで、ポップス、フォーク、ロック、演歌、邦楽、洋楽と、さまざまなジャンルが入り乱れる同名異曲の博覧会。どうぞお楽しみに! 番組では現在、皆さまからのリクエストを募集中! 下記の番組ホームページから、「同じタイトルで違う曲=同名異曲」を2曲以上リクエストしてください。リクエストお待ちしております!

【案内】ヒロシ


※『とことん同名異曲 い~曲いっぱい!』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:31 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週15日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は「新春対談特集"音楽をもっと聴こう"(2)」をお送りします


『元春レイディオ・ショー』
1月15日(火)後11:00~前0:00
(再)1月22日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。1月の『元春レイディオ・ショー』は、「音楽をもっと聴こう」というテーマで、各週ゲストをお招きして、新春の対談特集を3週にわたってお送りしています。
前回は、音楽評論家の小尾隆さんをお迎えし、洋楽の魅力について楽しいお話を伺いましたが、第2回となる15日(火)は、音楽ライター/編集者の柴那典さんをお迎えし、最近洋楽が聴かれなくなってきたと言われる、その事情について話をお伺いします。どうぞお楽しみに!
また番組では、今回の対談テーマ「音楽をもっと聴こう」への皆さんからのご意見、メッセージを募集中です。下記の番組ホームページからドシドシお寄せください。お待ちしております。

【ゲスト】柴那典 (音楽ライター/編集者)
【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:27 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週14日(月・祝)放送!『石丸幹二のシアターへようこそ"石丸幹二が旅する夢の物語"』


『石丸幹二のシアターへようこそ ~石丸幹二が旅する夢の物語~』
1月14日(月・祝)後11:00~前0:00
(再)ラジオ第1 1月21日(月)後9:05~9:55 (50分サイズ)

ミュージカルナンバーからスタンダード、そして隠れた名曲など、こだわりの選曲と豊富な舞台の知識を交えて、俳優の石丸幹二さんがお届けしている『石丸幹二のシアターヘようこそ』。世界の劇場音楽と共に、あなたを物語の世界へと誘います。
14日(月・祝)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は「石丸幹二が旅する夢の物語」と題して、「スターライト・エクスプレス」からタイトルソングや、「エニシング・ゴーズ」から「ボン・ボヤージュ」など、汽車や船、バスなどの乗り物にまつわるミュージカル・ナンバーをご紹介しながら、石丸さんと一緒に夢の旅行気分を味わっていただけるような内容でお送りします。どうぞお楽しみに!

【パーソナリティー】石丸幹二

※『石丸幹二のシアターへようこそ』番組ホームページはこちら


<関連番組>
BSプレミアムで放送される紀行番組に石丸幹二さんが出演!

『旅のチカラ “人生を歌う声”を求めて~石丸幹二 パリ~』
BSプレミアム 1月17日(木)後9:00~9:59
(再)BSプレミアム 1月24日(木)前8:00~8:59

ミュージカルを中心に20年以上活躍してきた俳優の石丸幹二さん。フランスの伝統的な歌手アンリ・サルヴァドールの歌と人生の秘密を探るためにパリへ向かう。

※『旅のチカラ』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 1月14日(月・祝)~1月17日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

1月14日(月・祝) 1月15日(火)
ml_20130114.jpg ml_20130115.jpg
レキシ チャラン・ポ・ランタン

1月16日(水) 1月17日(木)
ml_20130116.jpg ml_20130117.jpg
KREVA 吉川 友

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子


<関連番組>
◆16日(水)のゲスト KREVAさんが出演!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 1月20日(日)後6:10~6:39


ニューシングル「王者の休日」を披露、そしてPerfumeの楽屋訪問も!

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:18 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


14日(月・祝)ラジオ第1で放送!『特集 青春のアイドル復活祭2013』&『みうらじゅんのサントラくん 成人の日スペシャル』


『特集 青春のアイドル復活祭2013』
ラジオ第1 1月14日(月・祝)後6:05~7:55 (中断あり)

14日(月・祝) ラジオ第1の後6:05から、榊原郁恵さんと早見優さんが、70年代、80年代のアイドルたちの知られざるヒストリーを語る番組『特集 青春のアイドル復活祭2013』を放送!プライベートでも仲が良い2人のはじけたトークと、番組ならではのヒット曲のスペシャルミックスをお送りします。どうぞお楽しみに!

【出演】榊原郁恵、早見優
 

『みうらじゅんのサントラくん 成人の日スペシャル』
ラジオ第1 1月14日(月・祝)後8:05~9:55 (中断あり)

映画音楽(サントラ)を、マイブームの旗手みうらじゅんさんが語るトークコラム番組『みうらじゅんのサントラくん』。その第3弾が1月14日(月・祝)ラジオ第1で放送!今回も、みうらじゅんさんがDJとして「サントラ盤」をかけながら、マニアックなトークを生放送でお届けします。
今回は、映画フリークの大槻ケンヂさんが、自宅のレコード棚からサントラ盤をスタジオに持ち込み、みうらじゅんさんとの「思春期映画対決」が実現!さて、どんなトークが交わされるのか? どうぞお楽しみに!

【ゲスト】大槻ケンヂ (ミュージシャン)
【ナレーション(女教師役)】壇蜜
【DJ】みうらじゅん

※『みうらじゅんのサントラくん 成人の日スペシャル』番組ホームページはこちら


※ラジオ第1も、パソコン&スマートフォンでお聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:11:18 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエイターズファイル』1月のマンスリーDJは、MONGOL800が担当します!


『サウンドクリエイターズファイル~MONGOL800~』
1月13・20日(日)後9:00~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。
1月のマンスリーDJは、今年結成15周年を迎え、今月末にはファン投票による上位15曲を収録した初のベストアルバム「800BEST –simple is the BEST!!-」をリリースする、MONGOL800が2週にわたって担当します!番組では、モンパチ結成15年の秘話や、その軌跡をたっぷりと語っていただくとともに、モンパチの名曲の数々をお届けします。メンバーも知らなかった清作さんの少年期など、意外な事実が次々と判明! どうぞお楽しみに!

【DJ】MONGOL800

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:11:09 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』1/12(土)のゲストは真矢みきさんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 1月12日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 1月15日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さん脚本ドラマ『僕だけのマドンナ』『Wの悲劇』にご出演された真矢みきさんをお迎えします。


0112_rockbar.jpg幼少の頃に、よく耳にしていた音楽は歌謡曲が多く、哀愁や子供には理解できない歌詞もあった楽曲に、大人な世界を感じていたという真矢さん。歌詞を書くことが好きで、1月19日(土)から始まるコットンクラブでのライブでは、構成や洋楽の歌詞の翻訳を自ら行い、ライブ最終日には、1月16日(水)にリリースされる「雪が降る前に」でコラボした、ビリーバンバンさんもゲスト出演される予定とのこと。
また、脚本家と役者というそれぞれの立場から岡田さんとの会話も広がっていきます。どうぞお楽しみに!


【ゲスト】真矢みき
【パーソナリティー】岡田惠和



『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら

 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。



<関連情報>
◆真矢さんが生歌をご披露!
『NHK歌謡コンサート』
総合テレビ 1月17日(木)後8:00~8:45(真矢さんご出演回)
毎週火曜 後8:00~8:45


※『NHK歌謡コンサート』番組ホームページはこちら

◆オランダ大使公邸の主人として出演!
『ミステリー・ハウス~名探偵は誰だ?~』
総合テレビ 1月17日(木)後8:00~8:43


※『ミステリー・ハウス~名探偵は誰だ?~』情報こちら

投稿時間:17:53 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月12日(土)・13日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~ヘビの音楽~』
1月12日(土)前9:00~11:00

2013年は巳年ということで、12日(土)の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは「ヘビの音楽」。古今東西のヘビにまつわる音楽をお届けします。時には神秘的に、またある時は愛嬌あふれるヘビたちの生態(音楽)を、どうぞお楽しみください!

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『FMシアター
 第33回BKラジオドラマ脚本賞最優秀賞“さよなら環状線”』
1月12日(土)後10:00~10:50

12日(土)の『FMシアター』は、大阪の環状線を舞台に、定まらない思春期の男女の心情を瑞々しく描く、第33回BKラジオドラマ脚本賞最優秀賞作品「さよなら環状線」をお送りします。
大阪天満の中学3年生・坂木瞬は、写真部部長。単調な毎日に飽き飽きし、写真を撮るのをやめていた。卒業式を明日に控えても何の感情もない。そんな頃、同じ写真部の岩井瞳に「明日、思い出作りに行こう。環状線でええとこ連れてったる」と誘われ、驚くが嬉しくなる瞬。そして卒業式当日、ショックなことが待っていた…。

【作】嶋田葵
【音楽】小林洋平
【出演】森永悠希、相川結、興津正太郎、一木美貴子、
    鍋島浩、澤井里依、朝井千景 

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト
  “新春ジャズ談義 ゲスト・川嶋哲郎+大坂昌彦”』
1月12日(土)後11:00~翌前1:00

新春第1回となる12日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、日本のジャズ界をリードするドラムスの第一人者・大坂昌彦さんと、テナー・サックスの巨人・川嶋哲郎さんをゲストにお招きし、両人の昨年リリースされたアルバムを聴きながら、お二人の出会いや楽曲について、また日本のジャズに寄せる期待と抱負を語っていただきます。また、滅多に聴けないご両人のデュオ演奏も披露していただきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】川嶋哲郎、大坂昌彦
【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 “モンテヴェルディ~バロック音楽の始まり”』
1月13日(日)前7:20~8:10
(再)1月19日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第2週の解説は、指揮者・鍵盤楽器奏者の花井哲郎さんが担当します。
13日(日)の『ビバ!合唱』は、ルネサンスからバロックへの橋渡しをしたイタリアの大作曲家、クラウディオ・モンテヴェルディの代表作「歌劇“オルフェオ”」を中心にとりあげます。近代オペラの草分けといわれるこの作品の革新性は、どのあたりにあるのか?具体例と共にたどります。

【案内】花井哲郎

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき ~作曲家 三善晃の音楽~』
1月13日(日)前8:10~9:00
(再)1月19日(土)後8:10~9:00

13日(日)の『吹奏楽のひびき』は、1月10日で80歳となる作曲家・三善晃さんの音楽を特集します。三善さんは日本現代音楽界の重鎮だが、アマチュア音楽への理解もあり、温かい眼差しを向けていることでも知られています。吹奏楽の世界でも三善さんの作品は人気があり、難易度が高いにも関わらず、好まれて演奏されています。番組では、人気作はもちろんのこと、知られていない作品などもとりあげ、改めて三善さんと吹奏楽界の関わりを紹介します。どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー
  “不滅の巨匠 フルトヴェングラー ロマン派を中心に”』
1月13日(日)前9:00~11:00

過去の録音遺産の中から 新しき発見と感動を、諸石幸生さんの案内でお届けしている『名演奏ライブラリー』。1月の『名演奏ライブラリー』は、クラシック史上、不滅の巨匠にして永遠のライバルと呼ばれたふたりの指揮者、フルトヴェングラーとトスカニーニの演奏を各2週ずつ特集。13日(日)は、先週のフルトヴェングラー指揮の古典派に引き続き、フルトヴェングラー指揮のロマン派の作品を中心にお送りします。
1886年ベルリンに生まれたヴィルヘルム・フルトヴェングラーは20歳で指揮デビュー、リューベック歌劇場音楽監督を経て、1922年ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団とベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任。バイロイト音楽祭の音楽監督、ベルリン国立歌劇場の音楽監督を歴任、ベートーベン、ワーグナー、ブラームスを愛し、1954年に亡くなる直前まで英雄的な指揮者として君臨、20世紀の黄金期を築きました。今回番組では、シューマンやブラームスの名録音を中心にお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
1月13日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
ここ数年、スポーツの会場やファッション・ショー、そしてTVなど、さまざま場所で80'sナンバーを耳にすることが多くなりました。そこで13日(日)の『洋楽80'sファン倶楽部』は「80'sナンバー、リバイバル・イン・ザ・ムービー&TV」と題して、最近の海外の映画やTVドラマなどで聴かれる80'sナンバーをピックアップしてお送りします。番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、1月15・16・18日と来日公演を控える、MR.BIGのスーパー・ギタリスト、ポール・ギルバートをとりあげます。昨年9月にリリースされたアルバム「VIBRATO」からの楽曲や、本人へのインタビューも合わせてお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~カーペンターズ~』
1月13日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
13日(日)の『ミューズノート』は、兄のリチャードと見事なハーモニーを奏でたカレン・カーペンター(カーペンターズ)をとりあげます。番組では「Superstar」や「I Need To Be In Love(青春の輝き)」などのヒット曲はもちろんのこと、アルバム『Passage』から「Calling Occupants Of Interplanetary Craft(星空に愛を)」など、美しくそして切ないカレン・カーペンターの歌声をご紹介します。また番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『セッション2013
  ~The East West Alliance JAY-KOHAMA-IKEDA Sextet~』
1月13日(日)後11:00~前0:00
(再)1月18日(金)前10:00~11:00

13日(日)の『セッション2013』は、名古屋を拠点とし、ビッグ・バンドも主宰するテナー・サックスの小濱安浩が率いる実力者揃いのセクステットThe East West Alliance JAY-KOHAMA-IKEDA Sextetが登場!ジャズ・ミュージシャンから厚い信頼を得るアルト・サックス池田篤や、アメリカ在住のトランペット、ジェイ・トーマス、そして九州在住のピアニスト奥村和彦という、知る人ぞ知る名手たちの演奏を、どうぞお楽しみに!

【演奏】
ジェイ・トーマス(トランペット、フリューゲル・ホルン、ソプラノ・サックス)、
小濱安浩(テナー・サックス)、池田篤(アルト・サックス)、
奥村和彦(ピアノ)、島田剛(ベース)、倉田大輔(ドラムス)

【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2013』番組ホームページはこちら


『ワールドミュージックタイム ~ヨーロッパ各国の新作から~』
1月14日(月・祝)前0:00~1:00 (13日(日)深夜)
(再)1月21日(月)前10:00~11:00

13日(日)深夜の『ワールドミュージックタイム』は「ヨーロッパ各国の新作から」と題して、ニュー・ディスク&リクエストや特集形式では紹介できていない、北欧やフランスを除く、ヨーロッパ各地の話題のヒット曲や、ルーツ色のある楽曲を集めてお送りします。フラメンコやポップスも歌いこなすスペインのシルビア・ペレス・クルスや、ギリシャ各地のフォーク・ミュージックと60~70年代のサイケデリック・ロックの融合が特徴のデュオ、クリスティ・スタシノプール&スターディス・カリヴィオティスなどをご紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】北中正和

※『ワールドミュージックタイム』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:54 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


新番組『クラシックの迷宮』いよいよ12日(土)からスタート!


『クラシックの迷宮』<新> 
1月12日(土)後9:00~10:00
(再)1月17日(木)前10:00~11:00

吉田秀和氏の解説で長年親しまれた『名曲のたのしみ』に代わり、熱心な音楽ファンや、長年の愛好家の期待に応える、新たなクラシック音楽番組『クラシックの迷宮』が1月12日(土)後9:00からスタートします。解説は、音楽評論家の片山杜秀さん。驚異的な博覧強記を武器に、古今東西の名曲を、単なる楽曲解説にとどまらず、独創的な視点でクラシック音楽の魅力を自在に論じます。
第1回となる12日(土)は「“春の海”と“越天楽”」と題して、西洋クラシック音楽の影響下に邦楽を刷新しようとした宮城道雄の代表作「春の海」と、近衛秀麿が編曲し、日本のオーケストラ音楽を代表する1曲となった雅楽の名曲「越天楽」を通して、日本人と西洋クラシック音楽の関係性についてご紹介します。どうぞお楽しみに!

<『クラシックの迷宮』毎月の基本ラインナップ>
第1・2週=時節にまつわる話題や歴史的な視点を絡めながら、自由なテーマ設定でお送りします。
第3週=「私の試聴室」と題して、最新の音楽情報と共に、話題の新録音をお送りします。
第4週=NHKアーカイブスの稀少音源を活用しながら、日本の音楽作品を中心にお送りします。

【解説】片山杜秀 (音楽評論家)

投稿時間:10:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日11日(金)BSプレミアムで放送『プレミアムアーカイブス ハイビジョン特集"漂泊のピアニスト アファナシエフ もののあはれを弾く"』


『プレミアムアーカイブス ハイビジョン特集
 “漂泊のピアニスト アファナシエフ もののあはれを弾く”』
BSプレミアム 1月11日(金)前9:00~10:54
※再放送はございません

世界的ピアニスト、アファナシエフが創作の原点と語るのが、日本の「もののあはれ」。国が芸術家を支配する母国・旧ソ連に絶望して西側へ亡命した彼は、「徒然草」「源氏物語」を読み、“もののあはれ”の美学に大きく共感。ゆったりとしたテンポで曲の中に潜むドラマをあぶりだす独自のスタイルを確立した。モスクワ、パリそして京都に取材し、芸術家の創作過程の秘密に迫ります。どうぞお楽しみに! (初回放送:BShi 2008年3月18日)

【出演】ヴァレリー・アファナシエフ
【プレミアムアーカイブス・キャスター】滝島雅子アナウンサー


※『プレミアムアーカイブス』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:24 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


11日(金)は尾上松也さん、18日(金)は中村隼人さんがゲスト出演!『邦楽ジョッキー"壱太郎ラウンジ"』


『邦楽ジョッキー“壱太郎ラウンジ”』
- 尾上松也さん -
1月11日(金)前11:00~11:50
(再)1月12日(土)前5:00~5:50
- 中村隼人さん -
1月18日(金)前11:00~11:50
(再)1月19日(土)前5:00~5:50

舞台では若手女形として可憐な娘役などを演じ、民放のバラエティー番組やドラマにも出演している、人気歌舞伎俳優・中村壱太郎さんがディスクジョッキーを担当している『邦楽ジョッキー』。ゲストをお招きしたり、現役大学生の壱太郎さんの大学でのエピソードや、舞台での体験談などをお話したりしながら、本格的な古典演奏から、和楽器を使ったロックやポップスまで、邦楽の奥行きの広さと新たなる魅力をご紹介している番組です。
1月11・18日(金)の『邦楽ジョッキー』は“壱太郎ラウンジ 新春スペシャル”を2週にわたって放送! 11日(金)は、ゲストに『邦楽ジョッキー』先代DJでもあった尾上松也さんをお迎えし、現在、壱太郎さんと共演中の浅草歌舞伎の話題や、初の歌舞伎の予告編を2人の共演形式でお届けするなど、いつもとは違った感じでお送りします。また翌週18日(金)は、ゲストに大河ドラマ『八重の桜』に出演予定の、壱太郎さんの後輩の歌舞伎役者・中村隼人さんをお迎えし、浅草歌舞伎や家族のお話など、楽しい対談をお送りします。また、歌舞伎予告編は「寿曽我対面」をとりあげます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】尾上松也(11日)、中村隼人(18日)
【DJ】中村壱太郎

※『邦楽ジョッキー』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


14日(月・祝)関東地方のみで放送『FM特集 首都直下地震に備える』


『FM特集 首都直下地震に備える』
1月14日(月・祝)後2:00~4:00 (関東地方のみ)

※関東地方以外の地域およびNHKネットラジオ“らじる★らじる”では、通常番組『クラシックカフェ』『音の風景』を放送します。


「震度7の激しい揺れが東京を襲い、東京での死者は最大で9,700人に上がる」。これは2012年4月、東京都が発表した首都直下地震の被害想定です。想定では、震度7の揺れに加え、東京23区内の70%が震度6強の揺れに見舞われるほか、木造家屋の倒壊や火災の延焼、高層ビルの揺れ、液状化や津波など様々な災害が重なることが予想されています。この被害想定を元に、東京都は現在、地域防災計画を5年ぶりに抜本的に改訂、必要な対策を強力に推進することで、東京の防災力を高度化していくと発表しました。
番組では、首都・東京が被災地になり、支援の手も届かないという事態が予想される中、自分たちの命をどう守っていくのか。各地で始まっている新たな防災対策や取り組みを中継やリポートで紹介。さらに、NHKラジオが首都直下地震の際、どのように災害を伝えるのか、そして首都直下地震にどう向き合っていけばいいのか、リスナーと共に考えます。

【ゲスト】中林一樹 (明治大学大学院特任教授)、瀬戸カトリーヌ(女優)
【司会】吉田浩アナウンサー

投稿時間:12:24 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


12日(土)深夜BSプレミアムで放送!『J-MELO"Club J-MELO JAM Project"』


『J-MELO“Club J-MELO JAM Project”』
BSプレミアム 1月13日(日)前2:25~2:53 (12日(土)深夜)

日本と世界を結ぶ音楽の懸け橋として、NHKワールドが約180の国と地域に向けて放送している、全編英語の日本の音楽シーンを紹介する番組『J-MELO』。毎回、日本の最新ヒット曲に注目するだけではなく、ポップス、ロック、ジャズ、ヒップホップ、クラシックなど、ジャンルを超えたゲストを招きながら、日本の音楽とアーティストを全世界へ発信しています。日本国内でも、毎週土曜の深夜にBSプレミアムで絶賛放送中です!
今回BSプレミアム1月12日(土)深夜の『J-MELO』は、海外のアニソンファンに圧倒的な人気を誇るJAM Projectが、“Club J-MELO”に登場!数多くのアニメ・特撮・ゲームソングを担当し、欧州、北南南米、アジアなど、全世界でライブを行っているJAM Projectが、ヒット曲中心のライブを披露します。どうぞお楽しみに!

<曲目>
「VICTORY」「Vanguard」「レスキューファイアー」「SKILL」

【ゲスト】JAM Project
【司会】May J.

※『J-MELO』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:10 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Perfumeが日本代表で出演!12日(土)深夜BSプレミアムで放送『音楽熱帯夜"ABUソング・フェスティバル~アジア・太平洋 音楽の祭典~"』


『音楽熱帯夜
 “ABUソング・フェスティバル~アジア・太平洋 音楽の祭典~”』
BSプレミアム 1月13日(日)前0:10~1:39 (12日(土)深夜)

『第1回 ABUソング・フェスティバル』<43分版>
総合テレビ 2月10日(日)前1:20~2:03 (9日(土)深夜)

2012年10月14日、韓国・ソウルで行われた「The ABU TV SONG FESTIVAL」。「The ABU TV SONG FESTIVAL」は、ABU地域(アジア太平洋放送連合)のトップアーティストによる、国際親善を目的とする音楽の祭典のひとつで、各国から1組のアーティストが選ばれ出演。日本からはPerfumeが代表として参加しました。番組では、アジアのスターたちが一堂に会した、この豪華なステージの模様をお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】
Perfume(日本)、東方神起(韓国)、Taufik Batisah(シンガポール)、
Havana Brown(オーストラリア)、Arjuna & Shanika(スリランカ)、
Hafiz(マレーシア)、Le Viet Anh(ベトナム)、Alfred Hui(香港)、
Maria Calista(インドネシア)、Cao Fujia(中国)、
Abdul Hameed Sakhizada(アフガニスタン)
ほか


※『音楽熱帯夜』番組ホームページはこちら


<関連番組>
昨年末に放送したPerfumeの特番、本日(1/9)深夜に再放送決定!
『MJ presents Perfume ドキュメント 今 世界へ』(再)
総合テレビ 1月10日(木)前0:45~1:28 (9日(水)深夜)

今や日本を代表するアーティストの一組となったPerfumeが、初の海外ツアーとなるアジア4都市を巡るツアーを敢行。番組では、Perfumeの新しい挑戦に完全密着!10月26日の台湾を皮切りに香港、韓国、そして11月24日のシンガポール公演まで、リハーサルも含め、彼女たちの取り組みを紹介。(初回放送:2012年12月31日)

投稿時間:11:02 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


いよいよ11日(金)からシーズン3がスタート!Eテレ『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』シーズン3
<1月11日(金)スタート>
Eテレ 毎週金曜日 後11:00~11:30 
(再)Eテレ 翌週木曜日 前0:30~1:00 (水曜日深夜)

2010年、2011年とお送りしてきた『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』のシーズン3が、11日(金)から放送開始となります!
音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成した音楽全集の制作。人類の生み出した偉大なる文化“音楽”の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』です。(スコラとはラテン語で「学校」の意味)
今回のシーズン3では、「映画音楽編」「アフリカの音楽編」「オーケストラ編」の3テーマをとりあげます。1月11日(金)からは、20世紀以降の娯楽の王様「映画」の音楽にスポットをあて、映画音楽の歴史をひも解き、その技術論もわかりやすく開示していく「映画音楽編」を5回にわたってお送りします。

『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 “映画音楽”(1)』
Eテレ 1月11日(金)後11:00~11:30 
(再)Eテレ 1月17日(木)前0:30~1:00 (16日(水)深夜)

“映画音楽”編の1回目は「サイレント時代の映画音楽」。
サイレント映画に、どのように音楽があてられ、いかに発展していったかを講義で取り上げます。またワークショップでは、プロの音楽家を目指す生徒が、課題映像に即興で音楽をつけ、同じ映像が音楽のつけ方で、いかに違った印象になるかを体験。また番組最後にお届けする楽曲演奏は、チャップリンの「Smile」を、バイオリンとの競演でお届けします。

【ゲスト講師】浅田彰(京都造形芸術大学大学院長)、
        小沼純一(早稲田大学教授)、
        岸野雄一(東京藝術大学大学院・美学校講師)、
        岩井俊二(映画監督)
【演奏】花井悠希 (バイオリニスト)
【講師・演奏】坂本龍一
【語り】森山春香アナウンサー

eigaongakuhen03.jpg※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら


<関連番組>
坂本龍一さんが『日曜美術館』に出演!

『日曜美術館 “アートと音楽 坂本龍一×日比野克彦”』
Eテレ 1月13日(日)前9:00~9:45
(再)Eテレ 1月20日(日)後8:00~8:45

坂本龍一さんが監修を務めたユニークな展覧会が、東京都現代美術館で開催されている。タイトルは「アートと音楽」。会場には、坂本さんが国内外から集めた最先端の現代アートが並び、ビジュアルアートと音楽の境界線、そして融合を探るユニークな試みを行っている。番組では、坂本さんが会場にアーティストの日比野克彦さんを招き、一つ一つの作品を鑑賞しながら「アートと音楽」の過去・現在・未来について、じっくりと語り合います。

【出演】坂本龍一、日比野克彦、大友良英、大西景太


※『日曜美術館』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:49 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


11日(金)放送『オペラ・ファンタスティカ~歴史的名盤"トロヴァトーレ"(ヴェルディ)~』


『オペラ・ファンタスティカ 
 ~歴史的名盤“トロヴァトーレ”(ヴェルディ)~』
1月11日(金)後2:00~6:00

生誕200年のヴェルディ・イヤーである2013年最初の放送となる11日(金)の『オペラ・ファンタスティカ』は、ヴェルディ中期の傑作「トロヴァトーレ」を、サザーランド、パヴァロッティといった、1976年当時最高の組み合わせによるライブ録音ほかをお送りします。どうぞお楽しみに!

「歌劇“トロヴァトーレ”」(ヴェルディ)
レオノーラ…(ソプラノ)ジョーン・サザーランド
ルーナ伯爵…(バリトン)イングヴァル・ヴィクセル
マンリーコ…(テノール)ルチアーノ・パヴァロッティ
アズチェーナ…(メゾ・ソプラノ)マリリン・ホーン
ほか
【合唱】ロンドン・オペラ・コーラス
【管弦楽】ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団
【指揮】リチャード・ボニング
(1976年9月 ロンドン キングスウェイ・ホール)

【案内】奥田佳道 (音楽評論家)


※『オペラ・ファンタスティカ』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


10日(木)深夜、BSプレミアムで放送!『笑う洋楽展 (2) ソウル編』


『笑う洋楽展 (2) ソウル編』
BSプレミアム 1月11日(金)前0:00~0:59 (10日(木)深夜)

(再)BSプレミアム 4月12日(金)前0:00~0:59 (11日(木)深夜)
(再)BSプレミアム 2014年1月2日(木)後11:00~11:59

MTVが全盛を迎える1980年代以前にも、英米のアーティストたちは、様々な形で自らの姿を記録してきました。コンサート映像、テレビ出演、映像ジュークボックス用フィルムなどなど…。それらの映像は、ポピュラー音楽の歴史を物語る貴重な資料であり、一流のエンターテインメントには違いないのですが、中には、今から見ると、何となく笑えてしまうものも少なくありません。そんな“笑える”映像の中から、50年代から60年代に作られた秘蔵VTRを厳選。「ポップス編」「ソウル編」「ロック編」と、3回にわたって約40作品以上の作品を鑑賞していき、みうらじゅんさんと安齋肇さんが、縦横無尽にツッコミを入れていく音楽トーク番組『笑う洋楽展』。
先週の「ポップス編」に続いて、10日(木)深夜の第2回は「ソウル編」をお送りします。ジェームス・ブラウン、スティービー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、シュープリームスほか、1960年代のソウルミュージックのビデオを鑑賞します。どうぞお楽しみに!

【出演】みうらじゅん、安齋肇

121130warauyougaku_01.jpg
※『笑う洋楽展』番組ホームページはこちら

※スタジオ取材会の模様を動画で紹介!「コレ見て!MOVIE」サイトはこちら


<関連番組>
第3弾の放送が決定!
『みうらじゅんのサントラくん』
ラジオ第1 1月14日(月・祝)後8:05~9:55 (中断あり)

今回は大槻ケンヂさんをゲストにお迎えしてお送りします。どうぞお楽しみ!

※『みうらじゅんのサントラくん』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:48 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


後11時、お気に入りの音楽を探そう...明日9日(水)放送『松尾潔のメロウな夜』、明後日10日(木)放送『ザ・ソウルミュージック』


『松尾潔のメロウな夜』
1月9日(水)後11:00~前0:00
(再)1月16日(水)前10:00~11:00

『松尾潔のメロウな夜』は、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム。音楽プロデューサー・松尾潔さんが好きな、R&Bを中心に、豊かで、芳醇で、色っぽい…そんな大人のための音楽を、1時間たっぷりとお届けしています。
新年最初の放送、そして99回目の放送となる9日(水)の『松尾潔のメロウな夜』は「新春メロウな風まかせ」。“新春”と付きますが、レギュラープログラムの「メロウな風まかせ」です。昨年末にもお届けした男女デュエット曲や昨年の暮れにリリースされた新譜などを中心にお送りします。番組後半は、松尾さんがこれまでにライナーノーツを手がけてきたアルバムの中から、『メロウな夜』にふさわしいアルバムをピックアップしてお送りする「耳で楽しむライナーノーツ」をお届けします。どうぞお楽しみに!
なお、次回16日(木)は放送100回記念のリクエスト特集をお送りする予定です。下記の番組ホームページからリクエストをお待ちしております! また、番組ホームページでは現在、1月1日更新のメロウな番外編“新春メロウなメッセージ”をストリーミング中です。

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら


『ザ・ソウルミュージック ~Star of JANUARY~』
1月10日(木)後11:00~前0:00

10日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、リスナーズ・ポール、Star Of The Month、1月生まれ分の投票結果とリクエスト曲で、Star Of JANUARYに輝いたアーティストの生誕を祝います。どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:37 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日8日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は「新春対談特集"音楽をもっと聴こう"(1)」をお送りします


『元春レイディオ・ショー』
1月8日(火)後11:00~前0:00
(再)1月15日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
1月の『元春レイディオ・ショー』は、「音楽をもっと聴こう」というテーマで、各週ゲストをお招きして、新春の対談特集を3週にわたってお送りします。1月8日(火)、1回目のゲストとしてお迎えするのは、音楽評論家の小尾隆さん。洋楽の魅力について楽しいお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】小尾隆 (音楽評論家)
【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:28 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


夢と希望を忘れずに...来週7日(月)放送!『石丸幹二のシアターへようこそ"いつも夢を持って"』


『石丸幹二のシアターへようこそ ~いつも夢を持って~』
1月7日(月)後11:00~前0:00
※ラジオ第1での再放送の予定はございません。ご了承ください。

ミュージカルナンバーからスタンダード、そして隠れた名曲など、こだわりの選曲と豊富な舞台の知識を交えて、俳優の石丸幹二さんがお届けしている『石丸幹二のシアターヘようこそ』。世界の劇場音楽と共に、あなたを物語の世界へと誘います。
1月7日(月)の『石丸幹二のシアターへようこそ』は「いつも夢を持って」と題して、どんな時も夢と希望を忘れないひとりの少女の物語「アニー」から「Tomorrow」や、大人の男女が歌う夢の歌「ラグタイム」から「Wheels of a Dream」など、夢を忘れずにいようと思わせる歌を集めてお送りします。どうぞお楽しみに!

【パーソナリティー】石丸幹二

※『石丸幹二のシアターへようこそ』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週7日(月)からの『青春アドベンチャー』は、ダンプ松本さん&ジャガー横田さんも本人役で参戦「1985年のクラッシュ・ギャルズ」を放送!


『青春アドベンチャー “1985年のクラッシュ・ギャルズ”』<全10回>
1月7日(月)~11日(金)、14日(月・祝)~18日(金)後10:45~11:00

1月7日(月)から始まる2013年最初の『青春アドベンチャー』は、柳澤健氏のノンフィクション「1985年のクラッシュ・ギャルズ」を、全10回にわたってお送りします! 長与千種役を鈴木杏さん、ライオネス飛鳥役を佐藤仁美さんがそれぞれ演じ、極悪同盟のダンプ松本さんと、先輩レスラーのジャガー横田さんが本人役で出演します。どうぞお楽しみに!
日本中がバブルに沸き上がっていた80年代、プロレス界に突如現れ一躍少女たちのアイドルとなった二人の女性レスラーがいた…。その名はクラッシュ・ギャルズ。長与千種とライオネス飛鳥という若き天才レスラーは、その頑強な肉体と不屈の闘志を武器にリングを縦横無尽に暴れまわり、新しい時代の強い女性像を鮮烈に印象付けた。この物語は、女子プロレスラー“千種と飛鳥”の友情と対立をドラマチックに描きながら、その二人がチャンピオン目指して懸命に走り続ける姿を感動的に描く、スポ根オーディオドラマである―。

【原作】柳澤健
【脚色】横田理恵
【選曲】石原慎介
【出演】鈴木杏、佐藤仁美、金田明夫、石田太郎、
    朝加真由美、ダンプ松本、ジャガー横田、久下恵美、
    富田麻帆、吉田桂子、後藤哲夫、平林靖子、
    Sharo、小久保寿人、荻野みかん、菊地真之、志生野温夫


※『青春アドベンチャー』番組ホームページはこちら

※制作スタッフブログ記事はこちら

投稿時間:16:01 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 1月7日(月)~1月10日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

1月7日(月) 1月8日(火)
ml_20130107.jpg ml_20131008.jpg
童子-T 山中さわお

1月9日(水) 1月10日(木)
ml_20131009.jpg ml_201310010.jpg
小林太郎 南波志帆

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子


<関連番組>
◆10日(木)のゲスト 南波志帆さんがヒャダインさんとMCを担当中!
『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:50

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、公開生放送でお送りしています。
次回1月5日(土)は、ヒャダインさんと夢のコラボを実現し、シングル2曲をリリースした吉木りささんをゲストにお迎えしてお送りします。

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:54 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週7日(月)から4日連続放送!『ラフマニノフ変奏曲 ~名盤を通して知る大芸術家~』


『ラフマニノフ変奏曲 ~名盤を通して知る大芸術家~』<全4回>
1月7日(月)~10日(木)後2:00~3:55
(再)1月15日(火)~18日(金)前7:20~9:15

ロシアの生んだ大芸術家、セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)。NHK-FMでは今年、ラフマニノフ生誕140年・没後70年を記念して、1月7日(月)から4日連続で『ラフマニノフ変奏曲 ~名盤を通して知る大芸術家~』をお送りします。
「ピアノ協奏曲 第2番」の切なく、甘美なメロディ。映画音楽やフィギュアスケート、そして『のだめカンタービレ』などでフィーチャーされ、作曲家セルゲイ・ラフマニノフの曲は、必ずしもクラシック音楽に明るくない人々にも浸透しています。そんなラフマニノフですが、実は作曲家以前に、空前の大ピアニストであり、指揮者としても超一流の大芸術家だったことは、クラシック・ファン以外にはあまり知られていません。
帝政末期のロシアで音楽家として立ち、やがて祖国を離れ、米国で亡くなったラフマニノフ。現代の名声とは裏腹に、その生涯は必ずしも成功と勝利に満たされていたわけではありませんでした。作曲家として遺した作品、演奏家として遺した録音、そして今に伝わる人物伝は漂泊の芸術家ラフマニノフの複雑性・多面性を色濃く映し出しています。
番組では、セルゲイ・ラフマニノフをテーマ(主題)に、さまざまに織りなされる変奏曲=ラフマニノフの多様な録音とそのエピソードをじっくりと取り上げていきます。どうぞお楽しみに!

7日(月) 第1変奏
「大ピアニスト、ラフマニノフの肖像~ラフマニノフってどんな人?」
8日(火) 第2変奏
「最後のロマン派~哀愁の作曲家ラフマニノフ」
9日(水) 第3変奏
「ピアニストと作曲家のはざまで」
10日(木) 第4変奏
「ラフマニノフの魅力満載“ピアノ協奏曲 第3番”を聴きまくる」


【ゲスト】満津岡信育(音楽評論家)、小山実稚恵(ピアニスト)
【司会】東涼子

投稿時間:15:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週7日(月)からの『歌謡スクランブル』は「90年代J-POPコレクション」をお送りします!


『歌謡スクランブル ~90年代J-POPコレクション~』
1月7日(月)~12日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している番組『歌謡スクランブル』。来週1月7日(月)~11日(金)は「90年代J-POPコレクション(1)~(5)」と題して、バンドブームやTKサウンド等、ミリオンヒットが当たり前だった90年代のJ-POPをまとめてお送りします。また、12日(土)は「90年代J-POPコレクション(6)~Every Little Thing作品集~」と題して、1時間まるまるEvery Little Thingを特集します。どうぞお楽しみに!
また番組では、2月27日(水)~3月2日(土)に「リクエスト特集」をお送りする予定です。テーマは「大切な一曲」。あなたにとっての「大切な一曲」と、具体的なエピソード(例:青春時代に友達とよく歌った)などの思い出を添えて、 1月中に、おハガキでお寄せください。宛先は、〒150-8001 NHK-FM「歌謡スクランブル」リクエスト特集係まで。たくさんのご応募お待ちしています。


7日(月) 90年代J-POPコレクション(1)
(KAN「愛は勝つ」、小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」ほか)

8日(火) 90年代J-POPコレクション(2)
(ZARD「負けないで」、CHAGE&ASKA「YAH YAH YAH」ほか)

9日(水) 90年代J-POPコレクション(3)
(篠原涼子 with t.komuro「恋しさと せつなさと 心強さと」 、
 DREAMS COME TRUE「LOVE LOVE LOVE」ほか)

10日(木) 90年代J-POPコレクション(4)
(久保田利伸 with ナオミ・キャンベル「LA・LA・LA LOVE SONG」、
 SPEED「WHITE LOVE」ほか)

11日(金) 90年代J-POPコレクション(5)
(GLAY「誘惑」、宇多田ヒカル「Automatic」ほか)

12日(土) 90年代J-POPコレクション(6)~Every Little Thing作品集~
(Every Little Thing「For the moment」「Time goes by」ほか)

【司会】逢地真理子


※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:34 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


番組も中目黒からお引っ越し!? 6日(日)深夜放送『小山田圭吾の新町ラジオ』


『小山田圭吾の新町ラジオ』
1月7日(月)前0:00~1:00 (6日(日)深夜)

いまや、日本のみならず、世界の若者にも絶大な人気を誇る「コーネリアス」こと小山田圭吾さん。近年は、オノ・ヨーコさんの音楽制作に参加するほか、salyuさんとのプロジェクトsalyu×salyuで活躍中です。
今回、小山田さんのスタジオが中目黒から世田谷区新町に移転したため、タイトルも「新町ラジオ」にリニューアル。番組では「新町ラジオ」開設を記念して、昨年12月26日NHK509スタジオで行われた、salyu×salyuとTAIKUH JIKANGのライブセッション音源を中心に、世界中から手に入れた秘蔵音源などをたっぷりとご紹介します。どうぞお楽しみに!

【出演】小山田圭吾、salyu×salyu、TAIKUH JIKANG


<関連番組>
小山田圭吾さんが音楽を担当!
『デザインあ』
Eテレ 毎週土曜日 前7:00~7:15
(再)Eテレ 翌週金曜日 後3:45~4:00

※『デザインあ』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


6日(日)BSプレミアムで放送!『高橋真梨子コンサート2012』


『高橋真梨子コンサート2012』
BSプレミアム 1月6日(日)後11:15~翌前1:14

今年レコードデビュー40周年を迎える高橋真梨子さんの2012年コンサートツアー「MARIKO TAKAHASHI CONCERT VOL.36 2012 Re:So fine」から、11月17日東京国際フォーラムで行われたコンサートの模様をお送りします。
「五番街のマリーへ」「桃色吐息」「for you…」といったヒット曲から「You'd Be So Nice to Come Home to」「Unforgettable」「Smile」など、高橋さんが子どもの頃から影響を受けてきた、いわばルーツと呼べる洋楽の名曲カバーもお届けします。さらに、これまでの洋楽カバー秘蔵映像も合わせてお送りします。どうぞお楽しみに!

<曲目>
「You'd Be So Nice to Come Home to」「Unforgettable」

「Besame Mucho」「桃色吐息」「五番街のマリーへ」
「crazy for you -愛しすぎて-」「LIFE」
「Come Prima ~出逢った頃のように~」「蜃気楼」
「EVERYTIME I FEEL YOUR HEART ~君と生きたい~」
「In This Life」「Smile」「Oh! Carol」「勝手にしやがれ」
「オレンヂ」「Heart Breaker -波紋の渦-」
「ワンダフルナイトcinema」「グランパ」
「Superstar」「ごめんね…」「for you …」ほか

【出演】高橋真梨子、HENRY BAND

※高橋さんの「高」は、正しくは「はしご高」です。環境によって正しく表示できないため、本文中では「高」を使用しています。

130104takahashi.jpg

投稿時間:15:21 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 1月6日(日)のおすすめ番組


『ビバ!合唱 ~新年に贈る日本の歌~』
1月6日(日)前7:20~8:10
(再)1月12日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第1週の解説は、合唱指揮者・大谷研二さんが担当します。
新年最初の放送となる6日(日)の『ビバ!合唱』は、東北地方のわらべ歌をもとに、小倉朗作曲「お正月はええもんだ」など、日本の合唱曲を、正月にふさわしい選曲でお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき ~吹奏楽でつづる日本の四季~』
1月6日(日)前8:10~9:00
(再)1月12日(土)後8:10~9:00

6日(日)の『吹奏楽のひびき』は、新しい年を迎え、改めて日本の四季のすばらしさを描いた吹奏楽作品を特集します。どうぞお楽しみに!

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー ~不滅の巨匠 フルトヴェングラー 古典派の名演を中心に~』
1月6日(日)前9:00~11:00

過去の録音遺産の中から 新しき発見と感動を、諸石幸生さんの案内でお届けしている『名演奏ライブラリー』。1月の『名演奏ライブラリー』は、クラシック史上、不滅の巨匠にして永遠のライバルと呼ばれたふたりの指揮者、フルトヴェングラーとトスカニーニの演奏を各2週ずつ特集。6日(日)は、フルトヴェングラー指揮の古典派の作品を中心にお送りします。
1886年ベルリンに生まれたヴィルヘルム・フルトヴェングラーは20歳で指揮デビュー、リューベック歌劇場音楽監督を経て、1922年ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団とベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任。バイロイト音楽祭の音楽監督、ベルリン国立歌劇場の音楽監督を歴任、ベートーベン、ワーグナー、ブラームスを愛し、1954年に亡くなる直前まで英雄的な指揮者として君臨、20世紀の黄金期を築きました。番組ではまさに「英雄」の名にふさわしい演奏の、ベートーベン作曲「交響曲 第3番“英雄”」を中心にお届けします。どうぞお楽しみに!
なお、次回(13日)は「フルトヴェングラー ロマン派の名演を中心に」をお送りする予定です。

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『トーキング ウィズ 松尾堂 ~餅好き・日本人の秘密を明かす~』
1月6日(日)後0:15~2:00

年末年始は餅をついたり、食べたりするなど、餅に接する機会が多いですよね。餅米をついて作られる餅は世界でも珍しく、日本は世界に冠たる餅王国です。例えば、各地方によって様々な餅文化があり、雑煮に入れる餅の形などはその一例だと思います。今回の『トーキング ウィズ 松尾堂』は「餅好き・日本人の秘密を明かす」と題して、餅を通じて日本を考えていきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】森公美子(歌手)、奥村彪生(伝承料理・食文化研究家)
【司会】松尾貴史、加藤紀子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら


『きらクラ!』
1月6日(日)後2:00~4:00
(再)1月7日(月)前7:20~9:20

独特の感性を持つタレントのふかわりょうさんと、気鋭のチェリスト遠藤真理さんが繰り広げる、お気楽クラシック音楽バラエティー番組『きらクラ!』。
6日(日)の『きらクラ!』は「BGM選手権スペシャル」をお送りします。人気コーナー「BGM選手権」過去の最優秀作品をもう一度お聴きいただくほか、幻のBGMと題して、特に応募数が多かったお題:カフカ著「変身」の回で、惜しくも採用されなかった曲を、敗者復活としてご紹介します。また、今回のスペシャルのお題:太宰治著「富嶽百景」と浜田廣介著「童話“泣いた赤鬼”」のBGMも発表と、2時間たっぷり「BGM選手権」をお届けします。どうぞお楽しみに!
なお、今回の放送をもってパーソナリティーの遠藤真理さんは産休に入られます。次回は、ピアニストの三浦友理枝さんをお迎えしてお送りする予定です。

【パーソナリティー】ふかわりょう、遠藤真理

※『きらクラ!』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
1月6日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
今年最初の放送となる6日(日)の『洋楽80'sファン倶楽部』は「2013 シャーリーズ・ニューイヤー・ミュージック・リアクション」と題して、シャーリーさんが音楽の連想感覚をイメージした選曲でお届けします。スタートは番組エンディング曲のボーイズ・タウン・ギャングの「CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU (君の瞳に恋してる)」から、さてシャーリーさんが次に連想する曲とは…。また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、昨年結成50周年を迎え、11月にオールタイム・ベスト・アルバム「GRRR!」をリリースしたザ・ローリング・ストーンズをとりあげます。どうぞお楽しみに!

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~松田聖子~』
1月6日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
6日(日)の『ミューズノート』は、永遠のアイドル・松田聖子さんをとりあげます。「青い珊瑚礁」をはじめとするシングル曲はもちろんのこと、アルバム「Silhouette」から「ナイーブ~傷つきやすい午後~」など、80年代の作品を中心に、島袋さんの選曲で松田聖子さんの魅力をたっぷりとお届けします。また番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『インディーズファイル ~武内享~』
1月6日(日)後9:00~11:00

アマチュア・インディーズアーティストの新たな才能を応援する番組『インディーズファイル』。1月6日(日)のピックアップ・アーティストは、元チェッカーズのリーダー武内享さんです。
チェッカーズは、83年「ギザギザハートの子守唄」でメジャーデビュー。そして92年『第43回紅白歌合戦』を最後に解散。解散後、武内さんはCHEMISTRYや武田真治さんなど、アーティストのサポートのみならず、プロデュース分野にも進出。2003年には藤井尚之さん、大土井裕二さん、徳永善也さんとともにアブラーズ結成。また、昭和歌謡を中心としたDJイベントや、ハイチ大地震へのチャリティ活動などを行っています。
今回は、武内さんに番組スタートから最後までお付き合いいただき、MCの森若さんとNo.1ソングの選考や「ロック講座」コーナーにも参加して頂きます。さらにチェッカーズファン号泣のレア音源もお届けする予定です。どうぞお楽しみに!
なお、1月の『インディーズファイル』は、先月放送できなかったため、今回と通常どおりの最終日曜日(27日)にも放送があります。お忘れなく!

【ゲスト】武内享
  【MC】森若香織

※『インディーズファイル』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』1/5(土)のゲストは高嶋政宏さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 1月5日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 1月8日(火)後9:05~9:55


脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。
今回は、岡田さん脚本ドラマ『クジラを見た日』『ツインズ教師』(4・9話岡田さん担当)にご出演された高嶋政宏さんをお迎えします。

0105_rockbar.jpg8歳のころ、近所のレコード屋さんのお勧めで出会ったという“KISS”。当時、衝撃を受けた高嶋さんの頭の中はKISSでいっぱいなっていたと熱く語ります。そして、最初に買った楽器は意外にもエレキギターではなく、エレキベースだったという高嶋家の面白エピソードや、ロックだけに限らず幅広いジャンルの音楽を聴き、たくさんの知識をお持ちの高嶋さんのルーツを探ります。また、来年から放送される、BS時代劇『火怨・北の英雄 アテルイ伝』、NHK大河ドラマ『八重の桜』のお話なども伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】高嶋政宏
【パーソナリティー】岡田惠和
※高嶋さんの「高」は、正しくは「はしご高」です。環境によって正しく表示できないため、本文中では「高」を使用しています。


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら

 

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。



<関連情報>
◆高嶋さんがご出演の2013年度大河ドラマ
大河ドラマ『八重の桜』(1月6日(日)スタート)
総合テレビ 毎週日曜 後8:00~8:45
(再)総合テレビ 翌週土曜 後1:05~1:50
BSプレミアム 毎週日曜 後6:00~6:45

第1回「ならぬことはならぬ」は、75分の拡大版でお送りします。

※『八重の桜』番組ホームページはこちら

◆坂上田村麻呂として出演予定のBS時代劇
BS時代劇『火怨・北の英雄 アテルイ伝』<全4回>(1月11日(金)スタート)
BSプレミアム 毎週金曜 後8:00~8:43


※BS時代劇『火怨・北の英雄 アテルイ伝』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日5日(土)放送!『ミュージックライン~寒い!とか言ってないでラジオで温まろう!スタジオはおしくらまんじゅう状態ですよ!~ウィンタースペシャル』


『ミュージックライン~寒い!とか言ってないでラジオで温まろう!スタジオはおしくらまんじゅう状態ですよ!~ウィンタースペシャル』
1月5日(土)後0:15~6:00

毎週月曜日から木曜日の後9:10から、文字通りライン(帯)でビビッドな音楽を全国にお送りしている『ミュージックライン』。1月5日(土)のお昼から『ミュージックライン~寒い!とか言ってないでラジオで温まろう!スタジオはおしくらまんじゅう状態ですよ!~ウィンタースペシャル』と題して、公開生放送のスペシャル番組をお送りします! 前半はアイドルをはじめとする「歌手系」、後半は「アーティスト系」の2部構成で、生ライブやトークを交えて賑やかにお届けします。どうぞお楽しみに! (観覧募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました)

~ゲスト~

『前半』

ml_20131005_1.jpg ml_20131005_2.jpg
PASSPO☆
[根岸愛・増井みお・槙田紗子 トーク出演]
Yun*chi[トーク出演]
ml_20131005_4.jpg  
小桃音まい[ライブ出演]  


『後半』

ml_20131005_5.jpg ml_20131005_6.jpg
WEAVER[トーク出演] 堂珍 嘉邦[トーク出演]
ml_20131005_7.jpg ml_20131005_8.jpg
秦 基博[トーク出演] MERRY
[ガラ(Vocal) トーク出演]
ml_20131005_9.jpg ml_20131005_10.jpg
ARIA[ライブ出演] 東京カランコロン [ライブ出演]
ml_20131005_11.jpg ml_20131005_12.jpg
HIP HOPサポーターズ+
SUPER SONICS[ライブ出演]

※写真はSUPER SONICS
YAK.[ライブ出演]


~パーソナリティ~

utokukeiko.jpg  
                  宇徳敬子  

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

投稿時間:14:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません