2012年5月

NHK-FM 6月2日(土)・3日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~葉の音楽~』
6月2日(土)前9:00~11:00

この時期、日本では木々に若い葉が育つころ。さまざまな国の木の葉に耳で触れてみよう!ということで、6月2日(土)の『世界の快適音楽セレクション』は「葉の音楽」をテーマにお送りします。番組ならではの選曲を、どうぞお楽しみください。

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “ジャズ・ボーカル界新群像”』
6月2日(土)後11:00~翌前1:00

ジャズ界では、いま若い世代による新感覚のジャズの試みが大きなうねりとなりつつあリます。ボーカル界にも、そのムーヴメントに連動して、エスペランサ・スポールディングやグレチャン・パーラートをはじめ、男性陣のグレゴリー・ポーターやサッチャル・ヴァッサンダニといった、注目の新鋭が登場しています。
6月2日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は「ジャズ・ボーカル界新群像」と題し、ジャズ・ボーカルの最前線で活躍するアーティストを紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 ~LIBERA特集~』
6月3日(日)前7:20~8:10
(再)6月9日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第1週の解説は、合唱指揮者の大谷研二さんが担当します。
今回は、欧米やアジア各国でクラシック・チャートの1位に輝き、NHKのドラマや映画の主題歌でも大人気の、ロンドン在住の少年たちによるボーカル・ユニット“LIBERA”のベスト・アルバムから「You are There(あなたがいるから)」や「彼方の光」等、代表的なナンバーをお送りします。

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき ~追悼 モーリス・アンドレ~』
6月3日(日)前8:10~9:00
(再)6月9日(土)後8:10~9:00

今回の『吹奏楽のひびき』は、今年2月に亡くなったモーリス・アンドレの特集をお送りします。
モーリス・アンドレは、1933年に生まれたフランスのトランペット奏者。少年時代から父親と一緒に炭鉱で働き、12歳のときにそこで作られていた金管バンドでトランペットを始める。父親の友人であるトランペット奏者レオン・バルテルミーに見いだされて、19歳でパリ音楽院に入学。1年目でコルネット、2年目でトランペットを首席の成績で卒業する天才ぶりを発揮。その後、いくつかのオーケストラで活動した後、1967年からソリストとして活躍しました。300を超える録音を残し、トランペットのレパートリーを拡大させたことで“トランペットの神様”と呼ばれた、モーリス・アンドレの演奏をご堪能ください。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『きらクラ! ~アリス・紗良・オットを迎えて~』
6月3日(日)後2:00~4:00
(再)6月4日(月)前7:20~9:20

独特の感性を持つタレントのふかわりょうさんと、気鋭のチェリスト遠藤真理さんが繰り広げる、お気楽クラシック音楽バラエティー・ラジオ『きらクラ!』。極上の音楽と、まったりトークやさまざま人気コーナーで、気楽にクラシック音楽に触れることのできるキラキラした日曜の午後をお届けしています。
6月3日(日)の『きらクラ!』は、番組初のゲストとなる、ミュンヘン在住のピアニスト、アリス・紗良・オットさんをお迎えしてお送りします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】アリス・紗良・オット (ピアニスト)
【パーソナリティー】ふかわりょう、遠藤真理

※『きらクラ!』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
6月3日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
6月3日(日)は、プリンス及びプリンスがプロデュースしたアーティストやプリンスのバンドに在籍していたアーティスト等、プリンス・ファミリーの楽曲を特集してお送りします。また、番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、カッコいいグルーヴ感がたまらない、女性ソロアーティスト名と思われがちですが、実はバンド名のシャーデーをとりあげます。どうぞお楽しみに!
また番組では、リクエスト&メッセージを募集中!思い出やエピソードを添えて、下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております。

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~古謝美佐子~』
6月3日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
今回とりあげるミューズは、沖縄の心を唄う、元ネーネーズの沖縄民謡歌手、古謝美佐子さんです。番組のエンディングでは、今回も島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『現代の音楽 “演奏家に聞く~エレクトロニクス・有馬純寿~』
6月3・10日(日)後6:00~6:50

6月3・10日(日)の『現代の音楽』は2週にわたって、現代音楽シーンの最前線で活躍する演奏家を招き、さまざまなトークや演奏をお送りする“演奏家に聞く”シリーズをお送りします。今回は、多種多様な電子楽器を駆使して現代音楽の可能性を追求する、エレクトロニクス奏者の有馬純寿さんをお迎えします。
3日(日)の第1回は、有馬さん自身が参加したコンサート音源など、エピソードを交えながら紹介していただきます。また、スタジオでデモンストレーションも披露していただきます。

【ゲスト】有馬純寿 (エレクトロニクス奏者)
【案内】猿谷紀郎


『リサイタル・ノヴァ ~西村悟(テノール)~』
6月3日(日)後8:20~9:00

新進気鋭の演奏家の演奏を聴く疑似コンサートホール『リサイタル・ノヴァ』。“支配人”を務めるのはピアニストの本田聖嗣さん。フレッシュな演奏と、本田さんが引き出す若き演奏家たちの本音トークをお楽しみいただきます。
今回は、第80回日本音楽コンクールで第1位と聴衆賞を受賞した、テノール歌手の西村悟さんの歌声をお届けします。

【出演】西村悟(テノール)
【支配人(司会)】本田聖嗣(ピアニスト)

※『リサイタル・ノヴァ』番組ホームページはこちら


『セッション2012
~Yutaka Shiina Trio meets Killer Shrimp London Tokyo Connection~』
6月3日(日)後11:00~前0:00

今回の『セッション2012』は、世界的な活躍を続けているジャズ・ピアニスト、椎名豊が登場!
椎名豊は、1964年東京都出身。国立音楽大学作曲学科在学中からプロ活動を開始した。1996年“エルビン・ジョーンズ・ジャズ・マシーン”の一員としてヨーロッパツアーに参加。以降、精力的に国内外で活躍を続け、2003年からは頻繁に東京フィルハーモニー交響楽団とガーシュウィン作曲「ラプソディー・イン・ブルー」で共演し、好評を得ている。
今回は長年、椎名豊が活動を続けているトリオに加え、ロンドンの最先端で活躍するジャズ・ファンク・バンド“キラー・シュリンプ”の中心メンバー、サックス奏者エド・ジョーンズと、トランペットのデーモン・ブラウンが参加。国境を越えたジャズの精鋭たちのライブをお届けします。

【演奏】椎名豊(ピアノ)、デーモン・ブラウン(トランペット)、
エド・ジョーンズ(テナー・サックス)、本川悠平(ベース)、広瀬潤次(ドラムス)
【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2012』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


6月2日(土)総合テレビで放送『SONGS ~德永英明~』


『SONGS ~德永英明~』
総合テレビ 6月2日(土)後11:00~11:29
(再)総合テレビ 6月8日(金)前1:40~2:09 (7日(木)深夜)

(再)総合テレビ 12月31日(月)前2:00~2:29 (30日(日)深夜)

今回の『SONGS』は、德永英明さんが、少年時代にあこがれ、大きな影響を受けた昭和歌謡曲のカバーを披露!テレビにかじりついて覚え、口づさんだ名曲の数々は、德永さんのボーカリストとしての礎であり、意外にもその歌唱スタイルの原点となったという。
番組では、昭和40年代、高度成長の息吹をつたえる映像とともに、德永少年の原風景を体験するエピソードを紹介。また、この時代をほうふつさせるレトロなグッズやスポット等を紹介し、懐かしさの中に感じられる新鮮さを発見するロケシーンもお送りします。どうぞお楽しみに!

<曲目>
「人形の家」「虹色の湖」「夢は夜ひらく」「壊れかけのRADIO」

【出演】德永英明
【語り】守本奈実アナウンサー

tokunaga.jpg
※『SONGS』番組ホームページはこちら


<関連情報>
德永さんが“奇跡の歌”の半世紀の足跡をたどります。

『旅のチカラ “僕の歌からみんなの歌へ~德永英明 アメリカ西海岸~』
BSプレミアム 6月14日(木)後9:00~9:59
(再)BSプレミアム 6月21日(木)前8:00~8:59

各界で活躍する旅人が、今の自分を乗り越えようと、いつか訪れたいと思ってきた場所や、その地ならではの奥深い風土や文化と触れあう番組『旅のチカラ』。今回の旅人は、女性アーティストをカバーしたアルバムで、多くの人々を魅了したシンガーソングライター、德永英明さんです。
“声”の力にこだわる道を歩んできた德永さんが、チャレンジしたのは1960年代、異国の人々の心をとらえ、大ヒットした“奇跡の歌”、坂本九さんの「上を向いて歩こう」を自分の声で歌いきること。
徳永さんが向かったのは、アメリカ西海岸。歌がどのようにアメリカの人々の心をつかんだのか、坂本九さんの声にどんな力があったのか、なぜ今も歌い継がれているのか…。様々な疑問を胸に、歌が最初にブレイクした小さな町のラジオ局や、歌をカバーした歌手などを訪ねます。

※『旅のチカラ』番組ホームページはこちら

投稿時間:13:01 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


6月17日(日)放送決定『今日は一日"ザ少年倶楽部"三昧』リクエスト受付開始!


『今日は一日“ザ少年倶楽部”三昧』
6月17日(日)後0:15~11:00 (中断あり)

6月16日(土)の『今日は一日“アニソン”三昧 Z(ゼット)』に続き、6月のもうひとつの『三昧』が決定!翌17日(日)後0:15から『今日は一日“ザ少年倶楽部”三昧』をお送りします。
Hey! Say! JUMPやSexyZone、A.B.C-Zといったデビュー組から、これからの活躍が期待されるジャニーズJr.まで、まさに珠玉のアイドルたちのステージショーが楽しめるのが毎月第1・第2水曜日の午後8時から、BSプレミアムで放送中の『ザ少年倶楽部』。2000年4月に放送を開始して以来、タッキー&翼、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2など、人気グループのデビューを見届けてきました。また2006年からは『ザ少年倶楽部プレミアム』が開始、TOKIO、KinKi Kids、V6、嵐など、大人のジャニーズアイドルが登場し、他では聞けない本音トークやセッションを繰り広げています。
振り返ればNHKでは、93年から中居正広さんなどが司会を務めた『アイドル・オン・ステージ』、そしてV6などが巣立っていった『ミュージック・ジャンプ』、2000年代からは現在に続く『ザ少年倶楽部』『ザ少年倶楽部プレミアム』と、長きにわたって男性アイドルが活躍する音楽番組を放送してきた歴史があります。こうした番組を振り返りながら、番組から聞こえてきた名曲の数々を、リスナーの皆さんからのリクエストを中心に、一日たっぷり楽しんでいきたいと思います。番組では現在、下記の番組ホームページからリクエスト&メッセージを募集中!どしどしお寄せください。お待ちしております!

【ゲスト(五十音順)】植草克秀、加藤シゲアキ(NEWS)、小山慶一郎(NEWS)、長野博(V6)、A.B.C-Z
【司会】西堀裕美アナウンサー

※『今日は一日“ザ少年倶楽部”三昧』番組ホームページはこちら

※BSプレミアムで放送中!『ザ少年倶楽部』番組ホームページはこちら
 

※NHK-FMは、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:12:22 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム6月2日(土)深夜放送!『J-MELO"ダンスミュージックスペシャル"』


『J-MELO“ダンスミュージックスペシャル”』
BSプレミアム 6月3日(日)前3:00~3:28 (2日(土)深夜)

日本と世界を結ぶ音楽の懸け橋として、NHKワールドが約180の国と地域に向けて放送している、全編英語の日本の音楽シーンを紹介する番組『J-MELO』。毎回、日本の最新ヒット曲に注目するだけではなく、ポップス、ロック、ジャズ、ヒップホップ、クラシックなど、ジャンルを超えたゲストを招きながら、日本の音楽とアーティストを全世界へ発信しています。日本国内でも、毎週土曜の深夜にBSプレミアムで絶賛放送中です! 
今回BSプレミアム6月2日(土)深夜放送の『J-MELO』は、日本に開局した初のダンスミュージック専門ラジオ局「block fm」とのコラボ企画をON AIR!このラジオ局を主宰する、チーム『J-MELO』の☆Taku Takahashi(m-flo)と共に、日本のダンスミュージックの魅力を紐解いていきます。また、準レギュラーのモーニング娘。のメンバーは「Japan Dance Music Adventure」で、日本の伝統的ダンスミュージックである神楽を、広島県安芸高田市に赴き体感します。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】☆Taku Takahashi、きゃりーぱみゅぱみゅ、DJ YUMMY ほか
【リポーター】モーニング娘。(鞘師里保、譜久村聖、生田衣梨奈、工藤遥)
【司会】May J.

※『J-MELO』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:53 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム6月2日(土)深夜にアンコール放送!『COLDPLAY LIVE at NHK』


『COLDPLAY LIVE at NHK』
BSプレミアム 6月3日(日)前0:00~0:43 (2日(土)深夜)

昨年開催された「フジロック・フェスティバル2011」出演のため来日したコールドプレイ。そのコールドプレイが、NHK101スタジオで行なったスタジオ・ライブの模様をアンコール放送!
このスタジオ・ライブには約600名の観客が招待され、アルバム『マイロ・ザイロト』の中からの大ヒットシングル「ウォーターフォール~一粒の涙は滝のごとく」や、世界的なアンセム・ソングとなった「VIVA LA VIDA(美しき生命)」など全9曲を披露しました。世界的にみても、コールドプレイがこのようなスタジオ・ライブで、これだけの楽曲数を収録するのは稀なケースでした。インタビューも含め、貴重なスタジオ・ライブを、今一度お楽しみください! (初回放送:総合テレビ 2011年12月28日)

<曲目>
「Every Teardrop Is a Waterfall」
「Charlie Brown」
「Viva La Vida」
「Clocks」
ほか全9曲

投稿時間:10:49 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム6月2日(土)放送!『ザ・プロデューサー ~ビートルズサウンドを支えた男 ジョージ・マーティン~』


『ザ・プロデューサー 
 ~ビートルズサウンドを支えた男 ジョージ・マーティン~』
BSプレミアム 6月2日(土)後10:00~10:59

(再)BSプレミアム 8月10日(金)後10:00~10:59
(再)BSプレミアム 2014年5月1日(木)後10:00~10:59

イギリスが生んだ音楽史上最高のロックバンド「ビートルズ」。まったくの無名だった4人組が、栄光のスターダムへ駆け上がった影には“5人目のビートルズ”と呼ばれた、プロデューサーのジョージ・マーティンという存在があった―。メンバーたちの自由奔放で常識外れのアイデアを、ジョージ・マーティンは豊富な音楽知識と最先端の録音技術を駆使し、オリジナリティーあふれるビートルズサウンドへとまとめあげていった。初期のヒット曲「キャント・バイ・ミー・ラブ」では、マーティンは、イントロをなくし、もっともインパクトのあるサビを冒頭から連呼するように指示、迫力のある楽曲を完成させた。テープの逆回転、さまざまな効果音、そして多重録音など、メンバーとマーティンによって編み出されたビートルズサウンドは、永遠に歌い継がれる名曲となっていった。
番組では、これまで全く知られていなかったビートルズの楽曲づくりの舞台裏を、ジョージ・マーティン自ら制作した90分のドキュメンタリーフィルム(日本未公開)を中心に、ジョージ・マーティン・オフィスが保有する、ポールやリンゴとのインタビューなどの未編集素材などを織り交ぜて解明していきます。どうぞお楽しみに!

【出演】綾野剛
【語り】瀧川剛史アナウンサー

120530S01-001.jpgのサムネイル画像 120530S02-001.jpg

投稿時間:10:26 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエイターズファイル』6月のマンスリーDJは、ヒャダイン/前山田健一さんが担当します!


『サウンドクリエイターズファイル ~ヒャダイン/前山田健一~』
6月3・10日(日)後9:00~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。
6月のマンスリーDJは、ももいろクローバーZや私立恵比寿中学など、アイドルへの精力的な楽曲提供や音楽プロデューサーとして活躍する一方、2011年、歌手としてヒャダイン名義でもメジャー・デビューした、ヒャダイン/前山田健一さんが2週にわたって登場!ルーツミュージックをはじめ、いかにしてヒャダイン/前山田健一が形成されたのか、バラエティあふれる楽曲と共にお送りします。どうぞお楽しみに!
現在番組では、ヒャダイン/前山田健一さんへの“リアルでストレート”な質問を募集しています。音楽に関すること、それ以外のことでも何でも結構です。下記の番組ホームページの質問フォームか、twitterからお送りください。お待ちしております!(twitterの場合、@返信形式でおねがいします。アカウント名以外のペンネームをご希望の方は、明記ください。また、いただいた質問は番組で紹介させていただくことがありますので、ご了承ください)

【DJ】ヒャダイン/前山田健一

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです


<関連情報>
◆ヒャダインさんが南波志帆さんとMCを担当中!
『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:50

携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で放送中の『ワンセグ☆ふぁんみ』。毎回、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、公開生放送でお送りしています。

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

◆ヒャダインさんが主題歌(OP)を担当しているアニメ『日常』(Eテレ版・全12話)が6月に集中再放送決定!
『日常』
Eテレ 6月2・9・16日(土)後3:00~4:38
(近畿地方は6月2・9日の放送時間が変更となります。各地域の番組表または下記の番組ホームページの“近畿ブロックでの放送のお知らせ”等でご確認ください)

※『日常』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:27 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


6月1日(金)放送『DJクラシック 茂木大輔の"オーケストラをやってきた!"~1発目の音~』


『DJクラシック
 茂木大輔の“オーケストラをやってきた!”~1発目の音~』
6月1日(金)後9:10~10:00

第一線で活躍するクラシックのアーティストによる、クラシックファンのための、クラシック番組『DJクラシック』。各ジャンルのトップアーティストによる経験に裏打ちされた説得力あるトークと、評論家とはちがうユニークな視点、その人となりを感じる語り口で、これまでのクラシック番組とはひと味違うひとときを、4人のアーティストが週替わりでお送りします。
6月1日(金)は、NHK交響楽団首席オーボエ奏者の茂木大輔さんが、名曲を1曲取り上げ、長年オーケストラを内側から眺め続けてきた独特の視点で、その本当の魅力を、楽しくわかりやすくレクチャーする「茂木大輔の“オーケストラをやってきた!”」をお送りします。今回は「1発目の音」と題して、音楽の始め方…作曲家たちは、どんなふうに音楽を開始しているのか、名曲の最初に注目してお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】茂木大輔 (NHK交響楽団オーボエ奏者)
【きき手】岡本由季 (フリーアナウンサー)

※『DJクラシック』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:04 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


吉田秀和氏の死去にあたって


日本の音楽評論の草分けとして大きな足跡を残し、NHKの番組にも多数ご出演された吉田秀和氏が、5月22日に98歳で亡くなられました。NHKでは、吉田秀和氏をしのんで、以下の番組を予定しています。

『吉田秀和さんをしのんで』
Eテレ 6月2日(土)前0:00~1:45(1日(金)深夜)

吉田秀和氏のゆかりの方々のお話を伺いながら、吉田氏の業績を振りかえるとともに、2007年7月に放送して大きな反響を得た、『ETV特集“言葉で奏でる音楽~吉田秀和の軌跡~”』(89分)をノーカットでアンコール放送します。

【スタジオゲスト】堀伝(バイオリニスト)、白石美雪(音楽評論家・武蔵野美術大学教授)
【VTR出演】小澤征爾、中村紘子、茂木健一郎 ほか
【司会】桜井洋子アナウンサー


また、1971年の番組開始以来、吉田秀和氏が41年にわたって解説を務められたNHK-FMの番組『名曲のたのしみ』につきましては、生前に収録済みの音源や、既に執筆済みの原稿が多数残されているため、その遺志を尊重し、年内いっぱい放送を続けていく予定です。

『名曲のたのしみ』
FM 毎週土曜 後9:00~10:00
(再)翌週木曜 前10:00~11:00

あらためて吉田秀和氏のご冥福をお祈りするとともに、その深い音楽世界に触れていただければ幸いです。

投稿時間:19:02 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終週に放送!明日29日(火)『くるり電波』、明後日30日(水)『小西康陽 これからの人生。』


『くるり電波』
5月29日(火)後11:00~前0:00
(再)6月5日(火)前10:00~11:00

毎月最終火曜日、常に新しいサウンドを求めて活動をつづける“くるり”がお届けする番組『くるり電波』。
クラシックからオルタナティブロックまで、網羅していないジャンルのない彼らが占う、日本の音楽の未来。そして、いろいろな音楽と一緒に、心のアイドリングを調整する60分。ここでしか聴けない、こだわりの選曲でお届けするとともに、新聞記事を岸田さんならではの視点で読み解く“ダーキシ新聞”コーナーや、“お悩み相談”コーナー等を、お送りします。どうぞお楽しみに!
また、番組では皆さまからのご意見&お悩みなどを募集中!下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております。

【DJ】岸田繁 (くるり)
 
※『くるり電波』番組ホームページはこちら


『小西康陽 これからの人生。』
5月30日(水)後11:00~前0:00
(再)6月6日(水)前10:00~11:00

毎月最終水曜日の夜に、小西康陽さんが「いま、本当に聴きたい音楽」を、月替わりのテーマでお送りしている『小西康陽 これからの人生。』。
5月30日(水)は、ゲストに作曲家の宮川彬良さんをお迎えし、「小西康陽と宮川彬良のレコード大視聴会」と題して、小西さんが持参したイージーリスニング等のレコードを2人で聞きながら、アレンジャーならではの視点で「音楽」について語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】宮川彬良(作曲家)
【DJ】小西康陽

※『小西康陽 これからの人生。』番組ホームページはこちら


※NHK-FMは、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:18:31 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『とことん○○』来週28日(月)深夜からは『とことん ふたりは仲良し?』をお送りします!


『とことん ふたりは仲良し?』
5月29日(火)~6月2日(土)
前0:00~0:50 (5月28日(月)~6月1日(金)深夜)
6月5日(火)~9日(土)
前0:00~0:50 (4日(月)~8日(金)深夜)
6月12日(火)~16日(土)
前0:00~0:50 (11日(月)~15日(金)深夜)
6月19日(火)~23日(土)
前0:00~0:50 (18日(月)~22日(金)深夜)

こだわりの音楽を毎日、毎週聞きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。5月28日(月)深夜からは、50年代から今日まで、音楽シーンを賑わせたデュオや、デュエットソングにフォーカスをあてる『とことん ふたりは仲良し?』をお送りします。
果たして、その曲を生み出した“ふたり”は、本当に仲良しだったのか…。夫婦やカップルで活躍するアーティスト、師弟関係のミュージシャン、はたまた、不仲でもただ自分たちの音楽のために活動する、訳ありなビジネスパートナー等々。そこには、共同作業をするには最少人数ゆえに、愛、友情、すれ違い、にらみ合いなど、様々な感情が縺れ合います。番組では、ヒット曲の裏に隠れたそんな“ふたり”のストーリーも、ひも解きながらお届けします。
ご案内役は、『クロスオーバーイレブン』の選曲や『土曜日レディ』でお馴染みの、音楽評論家・大伴良則さんです。どうぞお楽しみに!

【案内】大伴良則(音楽評論家)

※『とことん ふたりは仲良し?』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 5月28日(月)~5月31日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

5月28日(月) 5月29日(火)
ml_20120528.jpg ml_20120529.jpg
エレファントカシマシ しおり

5月30日(水) 5月31日(木)
ml_20120530.jpg ml_20120531.jpg
mihimaru GT HALCALI

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

 

<関連番組>
◆5月29日(火)のゲスト しおりさんが出演!
『土曜日レディ』
FM 6月2日(土)後2:00~4:00

※『土曜日レディ』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:44 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週28日(月)からの『歌謡スクランブル』は"70年代フォーク・ニューミュージック集"をお送りします!


『歌謡スクランブル
 “70年代フォーク・ニューミュージック集”』(1)~(6)
5月28日(月)~6月2日(土)後1:00~2:00

毎週月曜日から土曜日まで、演歌や懐メロ、J-POPや歌謡曲などをまとめて紹介している『歌謡スクランブル』。
5月28日(月)~6月1日(金)は「70年代フォーク・ニューミュージック集」(1)~(5)と題して、現在も活躍中のシンガーソングライターたちが多く輩出された70年代から80年代初頭の、日本の音楽シーンを彩ってきたフォーク&ニューミュージックの楽曲をまとめてお送りします。また、6月2日(土)は「70年代フォーク・ニューミュージック集(6) ~イルカ作品集~」と題して、1時間まるまるイルカさんを特集します。どうぞお楽しみに!

5月28日(月) 70年代フォーク・ニューミュージック集(1)
「結婚しようよ」(よしだたくろう)
「夢の中へ」(井上陽水)
「雪」(猫) ほか

5月29日(火) 70年代フォーク・ニューミュージック集(2)
「神田川」(かぐや姫)
「母に捧げるバラード」(海援隊)
「精霊流し」(グレープ) ほか

5月30日(水) 70年代フォーク・ニューミュージック集(3)
「22才の別れ」(風)
「あの日にかえりたい」(荒井由実)
「時代」(中島みゆき)ほか

5月31日(木) 70年代フォーク・ニューミュージック集(4)
「マイ・ピュア・レディ」(尾崎亜美)
「帰らざる日々」(アリス)
「季節の中で」(松山千春) ほか

6月1日(金) 70年代フォーク・ニューミュージック集(5)
「みずいろの雨」(八神純子)
「やさしさにさようなら」(オフコース)
「異邦人」(久保田早紀) ほか

6月2日(土) 70年代フォーク・ニューミュージック集(6)~イルカ作品集~
「なごり雪」
「雨の物語」
「海岸通」 ほか

【司会】逢地真理子

※『歌謡スクランブル』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:22 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


27日(日)総合テレビで放送!シンガーソングライターYUIさんと中学生たちの交流を描く『YUIのテレビ"fight"』


『YUIのテレビ“fight”』
総合テレビ 5月27日(日)後5:30~6:00
(再)総合テレビ 6月11日(月)前1:35~2:05 (10日(日)深夜)

(再)Eテレ 7月22日(日)後4:00~4:30

今年のNHK全国学校音楽コンクール・Nコンの、中学校の部の課題曲「fight(ファイト)」は、青春時代の心の葛藤をストレートに歌いあげ、10代を中心に幅広い世代から人気を集めている、シンガーソングライターのYUIさんが作詞作曲を手がけています。Nコンのホームページには、中高生を中心に2000通以上の投稿が寄せられ、その一つ一つから、10代の若者が悩み・迷い、さまざまな思いを「fight(ファイト)」の歌詞に重ねる様子が見えてきます。番組では、YUIさんと歌詞に心を寄せる中学生たちの交流の物語をお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】YUI

※『YUIのテレビ“fight”』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:10 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


5月28日(月)~6月3日(日) 今週のおすすめ番組


捉えどころがないけど、噛むほどに味が出るような奥深さがある。
そんなグループが、NHK-FMで番組を始めています。
それが「くるり」の『くるり電波』。
最初にプロデューサーから番組名を明かされたとき、
ややプロデューサーの滑舌が甘かったこともあり、
「えっ、くるりんぱ?」
と聞き間違え、ダチョー倶楽部の番組かと思いました(笑)

pickup_quruli.jpg『くるり電波』
毎月最終火曜日 後11:00~前0:00
(再)翌週火曜 前10:00~11:00


グループ名もそうですが、とにかく捉えどころがありません。
番組ホームページの写真を一度ご覧ください。
さらに捉えどころがなくなります!  

ある意味で、それが彼らの魅力でもあると思います。
メジャーデビューは1998年。
国内外のさまざまなアーティストとコラボレーションし、ロックだけなくて、テクノやジャズ、クラシックの要素も感じさせます。
幅広い音楽性が特徴ですが、最近は、ふわっとした優しさを感じさせる楽曲も目立ち、CMでもしばしば耳にするようになりました。

4月の1回目の放送では、ボーカル&ギターの岸田繁さんが、いろんな音楽を吸収してきた彼らしい幅広い選曲を披露してくれました。
正直、筆者の知らないアーティストも少なくありませんでしたが、さすがの岸田さんチョイス。
聴いてみると自分だけ得をした気持ちになるような曲ばかり。
そんな未知の魅力的な楽曲との出会いが楽しめる番組となりそうです。

29日(火)の放送では、岸田さんのお悩み相談コーナーや、新聞記事を岸田さんならではの視点で読み解くコーナーなど、音楽とまったく関係ない(笑)ひとひねり効いたトークも楽しめます。
ちなみに「くるり」のメンバーは、全員が京都出身。
いまだに活動の中心は、京都なんだそうです。
(メジャーでビュー曲が「東京」だったのは逆説的ですが・・)
今後は、彼らの「京都愛」に満ちた話も期待してください。


Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:10:00 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終日曜放送『インディーズファイル』&『ライブビート』5月27日(日)のゲスト決定!(加藤いづみ、DOACOCK)


『インディーズファイル ~加藤いづみ~』
5月27日(日)後9:00~11:00

アマチュア・インディーズアーティストの新たな才能を応援する番組『インディーズファイル』。5月のピックアップアーティストは、加藤いづみさんです!シンガーとして、また数多くのアーティストへのコーラス参加などでも幅広く活躍されている加藤さん。デビュー20周年を迎え、ベーシストの上田健司さんとのユニット「浪漫舎」を結成した加藤いづみさんに、お話をうかがいます。

【ゲスト】加藤いづみ
   【MC】森若香織

※『インディーズファイル』番組ホームページはこちら

『ライブビート ~DOACOCK~』
5月27日(日)後11:00~前0:00
(再)6月1日(金)前10:00~11:00

5月の『ライブビート』は、DOACOCK(ドアコック)が登場!
1999年結成し、地元千葉を拠点に活動。2008年にギターのHOSSYが新メンバーとして加わり、ボサノヴァやテクノ、エレクトロニカなど、それまでとはちょっと違ったテイストの音楽にも触れ、さらには2011年からDaiki(パーカッション)が加わり「枠にとらわれない自由なスタンスで音楽を楽しむ!」をモットーに唯一無二の音楽活動を探究している。
パンクの疾走感にボッサのさわやかさを加えた懐深いサウンドで、歌って踊れて“パーティー”という形容が似合うDOACOCKの演奏を、どうぞお楽しみに!

【ゲスト】DOACOCK
    【DJ】古閑裕

※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 5月26日(土)・27日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~カルテットの音楽~』
5月26日(土)前9:00~11:00

『世界の快適音楽セレクション』26日(土)のテーマは「カルテットの音楽」。個性的な4人が1つにまとまって繰り広げる、豊かな音楽の世界に浸ってください。

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “ジャズ・クラブ巡り(5)ヴィレッジ・ゲイト”』
5月26日(土)後11:00~翌前1:00

26日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、毎月1回、シリーズでお届けしている伝説の“ジャズ・クラブ巡り”の5回目。今回は60年代から90年代初頭にかけて、ジャズとラテン音楽の殿堂として人気を誇った「ヴィレッジ・ゲイト」をとりあげます。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 ~アカペラ・混声ハーモニーの魅力~』
5月27日(日)前7:20~8:10
(再)6月2日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第4週の解説は、アカペラ・グループ「TRY-ONE」のメンバー、多胡淳さんが担当します。
今回は、欧米で高い人気と実力を誇る混声アカペラ・グループの代表的なナンバーを紹介します。どうぞお楽しみに!

【案内】多胡淳

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
5月27日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
27日(日)は、80'sハードポップと題して、文字どおりハードでポップなロックバンドのヒット曲を特集してお送りします。番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、スウェーデン出身のハードロックバンド、ヨーロッパを特集します。どうぞお楽しみに!
また番組では、リクエスト&メッセージを募集中!思い出やエピソードを添えて、下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております。

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~マドンナ~』
5月27日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
今回のミューズは、多くの女性アーティストからリスペクトされているポップス界の女王、マドンナをとりあげます。また、番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『ブラボー!オーケストラ ~大阪フィルハーモニー交響楽団定期演奏会から~』
5月27日(日)後7:20~8:20

27日(日)の『ブラボー!オーケストラ』は、4月に続き、2012年2月に大阪市のザ・シンフォニーホールで行われた、大植英次さん指揮の大阪フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会をお送りします。
朝比奈隆さんの没後、2003年から音楽監督を務めてきた大植英次さん。現在、桂冠指揮者を務める大植さんの、音楽監督時代最後の定期演奏会をどうぞご堪能ください。

【案内】伊東信宏(大阪大学教授)

※『ブラボー!オーケストラ』番組ホームページはこちら


『リサイタル・ノヴァ ~三浦一馬(バンドネオン)~』
5月27日(日)後8:20~9:00
(再)6月1日(金)前9:20~10:00

新進気鋭の演奏家の演奏を聴く疑似コンサートホール『リサイタル・ノヴァ』。“支配人”を務めるのはピアニストの本田聖嗣さん。フレッシュな演奏と、本田さんが引き出す若き演奏家たちの本音トークをお楽しみいただきます。
今回は、2008年イタリアで開催された国際ピアソラ・コンクールで、日本人では初の史上最年少で準優勝を果たした、三浦一馬さんのバンドネオン演奏をお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】三浦一馬(バンドネオン)
【支配人(司会)】本田聖嗣(ピアニスト)

※『リサイタル・ノヴァ』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:56 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』5/26(土)のゲストは渡部篤郎さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 5月26
日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 5月29日(火)後9:05~9:55

脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。今回は、岡田さん脚本ドラマ『恋文 ~私たちが愛した男~』に出演され、その出会いから、初監督映画『コトバのない冬』の脚本を岡田さんにお願いをしたという間柄でもある渡部篤郎さんです。

0526_rockbar.jpg渡部さんは都会育ちで、近所のお兄さん達の影響もあって、洋楽を聞いていたりと、少しませていた子供だったとのこと。一番最初に買ったレコードや、親しい仲間の中に歌手がいるという渡部さんの選曲を聴きながら、これまで数多く出演された作品の中から、印象深いお仕事のエピソードや、ご自身が思う俳優としてのあり方、人生観などを語っていただきます。そして、6月2日(土)に公開される映画、『外事警察 その男に騙されるな』のお話も伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】渡部篤郎
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。



<関連情報>
◆渡部さんが出演されたドラマ『外事警察』、BSプレミアムにて再放送中!
『外事警察』
BSプレミアム 毎週水曜 後10:00~10:55

※番組ホームページはこちら

※NHK-FMは、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:15:46 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム26日(土)深夜放送!『音楽熱帯夜 "HY LIVE ARENA TOUR 2012 at 武道館"』


『音楽熱帯夜 “HY LIVE ARENA TOUR 2012 at 武道館”』
BSプレミアム 5月27日(日)前0:00~1:29 (26日(土)深夜)

(再) BSプレミアム 6月14日(木)前1:50~3:19 (13日(水)深夜)

アリーナやスタジアムで行なわれるビッグアーティストのライブを中心に、今一番旬なステージを紹介する番組『音楽熱帯夜』。26日(土)深夜は、沖縄を拠点に活動するHYが登場!
通算7枚目のアルバム「PARADE」を引っ提げ、自身4年ぶりとなるアリーナツアー「TI-CHI TA-CHI MI-CHI PARADE TOUR 2012」を開催した、HY。番組では、2012年3月31日に東京・日本武道館で行われた公演の模様をオンエア。結成11年目を迎え、新たな音楽性にトライし続ける姿を、最新インタビューなどを交えてお送りします。どうぞお楽しみに!

【出演】HY

120524S02-001.jpg 120524S03-001.jpg


※『音楽熱帯夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:50 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日25日(金)放送の『DJクラシック 清水和音の"痛快ピアニスト列伝"』は、マルタ・アルゲリッチをとりあげます!


『DJクラシック
 清水和音の“痛快ピアニスト列伝”~マルタ・アルゲリッチ~』
5月25日(金)後9:10~10:00

第一線で活躍するクラシックのアーティストによる、クラシックファンのための、クラシック番組『DJクラシック』。各ジャンルのトップアーティストによる経験に裏打ちされた説得力あるトークと、評論家とはちがうユニークな視点、その人となりを感じる語り口で、これまでのクラシック番組とはひと味違うひとときを、4人のアーティストが週替わりでお送りします。
25日(金)は、ピアニストの清水和音さんが選りすぐりの名ピアニストたちの名演を痛快トークで紹介する「清水和音の“痛快ピアニスト列伝”」をお送りします。今回は、個性あふれる演奏と豊かな表現力で人気を誇るマルタ・アルゲリッチをとりあげ、彼の名演奏をお届けすると共に、清水さんならではの視点で、アルゲリッチの人間的魅力を紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】清水和音 (ピアニスト)
【きき手】花澄 (俳優・ナレーター)

※『DJクラシック』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:44 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ25日(金)から2週にわたって放送!『ミュージック・ポートレイト"山本耀司×高橋幸宏"』


『ミュージック・ポートレイト』
Eテレ 毎週金曜 後11:00~11:30
(再)Eテレ 翌週木曜 前0:30~1:00 (水曜深夜)
(再)総合テレビ 翌週木曜 後10:55~11:25

2人のクリエーターが「人生で大切な10曲」を持ち寄り、時代を彩った音楽が、いかに彼らの人生に結びついていたのかを探る、音楽で綴るふたりの自叙伝番組『ミュージック・ポートレイト』。Eテレ5月25日(金)と6月1日(金)は、2週にわたって、ファッションデザイナーの山本耀司さんとミュージシャンの高橋幸宏さんのお二人が「人生で大切な10曲」を持ち寄って語り合います。

■山本耀司×高橋幸宏 第1夜
Eテレ 5月25日(金)後11:00~11:30
(再)Eテレ 5月31日(木)前0:30~1:00 (30日(水)深夜)
(再)総合テレビ 5月31日(木)後10:55~11:25

※東海北陸地方は別途放送予定。(総合テレビ 金曜 後3:15~3:45) 詳しくは各地域局の番組表をご確認ください。

東京・新宿で洋裁店を営む母のもとで育った山本耀司さんは、1972年に自身のブランドを設立し、1981年にはパリのプレタポルテ・コレクションに参加。ファッション業界の常識を破った斬新な服は、世界で「黒の衝撃」と評されました。一方、音楽とファッションに囲まれて育ち、小学5年生からドラムを始めた高橋幸宏さんは若くしてサディスティック・ミカバンドに加入し、イギリス・ツアーに参加。続いて結成したイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)では、79年から80年にかけて2度にわたるワールド・ツアーを敢行し、彼らが作りだす音楽=テクノ・ポップは世界を席巻しました。そんな日本を代表する2人の少年時代&青春時代を彩った、エルヴィス・プレスリー、ザ・ベンチャーズ、ボブ・ディラン、ザ・ビートルズなどの音楽を、トークと共に紹介します。

■山本耀司×高橋幸宏 第2夜
Eテレ 6月1日(金)後11:00~11:30
(再)Eテレ 6月7日(木)前0:30~1:00 (6日(水)深夜)
(再)総合テレビ 6月7日(木)後10:55~11:25

※東海北陸地方は別途放送予定。(総合テレビ 金曜 後3:15~3:45) 詳しくは各地域局の番組表をご確認ください。

80年代、パリコレクションでファッション界に「黒の衝撃」を与えた山本耀司さん。細野晴臣さん・坂本龍一さんと結成したYMOでテクノポップを世界に広めた高橋幸宏さん。しかし、成功の影で、彼らの内面には葛藤が生まれたという。90年代、そして21世紀と時代が進むなかで、彼らがどのように社会と向き合い、創造を続けてきたのか?そして、大きな困難に直面したなかで、どのように乗り越えたのか? 今も世界的に活躍する2人の人生の深部を、その時代を彩った、長渕剛、中島みゆき、サイモン&ガーファンクル、ランディ・ニューマン、プロコル・ハルム等の音楽を紹介すると共に、語り合います。

【出演】山本耀司、高橋幸宏
【語り】原田知世

mpy_t_03.jpg※『ミュージック・ポートレイト』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:13 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


本日22日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』は「ナイアガラDJトライアングル特別編」をお送りします!


『元春レイディオ・ショー ~ナイアガラDJトライアングル特別編~
5月22日(火)後11:00~前0:00
(再)5月29日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
22日(火)はエクストラウィーク!抱腹絶倒が記憶にも新しい、1月10日にお送りした「ナイアガラDJトライアングル」の特別編をお届けします。大瀧詠一さん、杉真理さん、そして佐野元春さん、3人がDJバトルをくりひろげた「ナイアガラDJトライアングル」。今回は、そのアウトテイクをお送りします。お聴き逃しなく!

【DJ】佐野元春、大瀧詠一、杉真理

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:41 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM番組変更のお知らせ 5月25日(金)『フィッシャー・ディースカウをしのんで』を放送


『フィッシャー・ディースカウをしのんで』
5月25日(金)後2:00~6:00

“20世紀最高の歌手の1人”とも称され、シューベルトの「冬の旅」など、ドイツ歌曲の名演で知られる、ドイツのバリトン歌手、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ氏が、18日、ドイツ南部の自宅で死去されました。86歳でした。
NHK-FMでは、5月25日(金)後2:00から放送予定でした『オペラ・ファンタスティカ ~カルメン(ビゼー)』をお休みし、『フィッシャー・ディースカウをしのんで』と題し、後2:00から4時間にわたって、追悼番組を放送することとなりました。番組では、ディースカウさんの遺したさまざまな録音を聴き、大芸術家をしのびます。

【ゲスト】河野克典 (バリトン歌手)
【司会】山田美也子 

なお、25日(金)に放送を予定していました『オペラ・ファンタスティカ ~カルメン(ビゼー)』は、7月27日(金)にお送りする予定です。ご了承ください。

投稿時間:15:57 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


これで完璧!? 6月16日(土)放送『今日は一日"アニソン"三昧Z(ゼット)』傾向と対策


『今日は一日“アニソン”三昧Z(ゼット)』
6月16日(土)前9:00~翌前1:00 (中断あり)

先週、リクエストの受付を開始をした6月16日(土)放送の『今日は一日“アニソン”三昧Z(ゼット)』。早くもたくさんのリクエストをいただいております。ありがとうございます。そこで、FMポータルサイトでは、より番組を楽しんでいただけるよう、その傾向と対策として、“アニソン三昧”過去4回でおかけした楽曲リストのリンク集や関連記事をまとめてみました。これをご覧いただければ、同じ曲が何回もかかっていたり、かけ間違いやバージョン違いがあったりと…なんとなく『アニソン三昧』が分かるはずです!? これを参考にしていただき、下記の番組ホームページから、どしどしリクエストをお寄せください。お待ちしております!

★“全てはここから始まった”…2006年5月3日に放送された
第1回『今日は一日“アニソン”三昧』で
おかけした曲はこちら

★“ヤツらが帰ってきた”…2007年4月30日に放送された
『今日は一日“アニソン”三昧SS(セカンドステージ)』で
おかけした曲はこちら

★ 紅白歌合戦と対決し、NHK-FMに“アニソン三昧あり”と言わしめた
2008年12月31日放送『今日は一日“アニソン”三昧ファイナル』で
おかけした曲はこちら

★伝説は終わらない…熱いリクエストにより、沈黙を破って再降臨となった2010年5月5日放送『今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧』で
おかけした曲はこちら



■2008年12月31日放送『今日は一日“アニソン”三昧ファイナル』時に掲載された関連記事『“アニソン”三昧 3回の軌跡』はこちらから

また、『今日は一日“アニソン”三昧ファイナル』当日のブログ記事はこちらから


※『今日は一日“アニソン”三昧Z(ゼット)』番組ホームページはこちら

※NHK-FMは、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:15:27 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 5月21日(月)~5月24日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

5月21日(月) 5月22日(火)
ml_20120521.jpg ml_20120522.jpg
清春 SONOMI

5月23日(水) 5月24日(木)
ml_20120523.jpg ml_20120524.jpg
YU-A たむらぱん

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

投稿時間:18:47 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週21日(月)からの『ベストオブクラシック』は、ヴァント生誕100年・北ドイツ放送交響楽団との貴重な音源をお送りします!


『ベストオブクラシック “北ドイツ放送交響楽団の貴重音源~ヴァント生誕100年~”』
5月21日(月)~25日(金)後7:30~9:10

今年、生誕100年を迎えたドイツの指揮者ギュンター・ヴァント。5月21日(月)~25日(金)の『ベストオブクラシック』は、首席指揮者を務めるなど、ヴァントが揺るぎない関係を築いた北ドイツ放送交響楽団との、貴重な音源をお送りします。どうぞお楽しみに!

21日(月)「ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23」(チャイコフスキー)、
      「交響曲 第4番 変ロ長調 作品60』(ベートーベン) ほか
22日(火)「交響曲 第3番 変ホ長調 作品97“ライン”」(シューマン)、
      「交響曲 第8番 ハ長調 D.944』(シューベルト) 
23日(水)「交響曲 第40番 ト短調 K.550」(モーツァルト)、
      「交響曲 第7番 ホ長調」(ブルックナー)
24日(木)「交響曲 第8番 ハ短調」(ブルックナー) ほか
25日(金)「交響曲 第3番 ニ長調 D.200』(シューベルト)、
      「交響曲 第9番 ニ短調」(ブルックナー)

【案内】広瀬大介(青山学院大学准教授)

※『ベストオブクラシック』各日のラインナップ一覧はこちら

投稿時間:17:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週21日(月)からの『音楽遊覧飛行』は「映画音楽ワールドツアー」、女優の中川安奈さんがお送りします!


『音楽遊覧飛行 ~映画音楽ワールドツアー~』
5月21日(月)~24日(木)前9:20~10:00
(再)5月28日(月)~31日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできるような音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。
21日(月)からの週は、女優の中川安奈さんが「映画音楽ワールドツアー」と題して、映画のストーリーやロケの舞台になった風景などを、皆さまに思い浮かべていただけるような内容で、各日、以下のテーマでお送りします。

21日(月)「子供たちのいる風景」
22日(火)「大地~大地に吹く風~」
23日(水)「太陽と海のヨーロッパ映画」
24日(木)「ロードムービー~自分探しの旅~」

また24日(木)は、皆さまからお寄せいただいたリクエストにもお応えします。どうぞお楽しみに!

【DJ】中川安奈

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:46 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


サカナクション山口一郎さんがお送りしてきた『サウンドクリエイターズファイル ~サカナクション~』最終回は、20日(日)放送!


『サウンドクリエイターズファイル ~サカナクション~』
5月20日(日)後9:00~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。5月のマンスリーDJは、文学性の高い歌詞、郷愁感あふれるフォーキーなメロディ、クラブミュージック、ロックという様々な要素を混在させた独自のスタイルを持つロックバンド、サカナクションの山口一郎さんが担当しています!
山口さん担当の最終回となる20日(日)は、先週に引き続き、若手レコード会社社員とこれからの音楽業界を語り合う座談会の後編や、皆さまからお寄せいただいた質問に、山口さんがお応えしていきます。どうぞお楽しみに!

【DJ】山口一郎 (サカナクション)

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

※NHK-FMは、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:17:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


6月16日(土)放送『今日は一日"アニソン"三昧Z(ゼット)』リクエスト募集中!


『今日は一日“アニソン”三昧Z(ゼット)』
6月16日(土)前9:00~翌前1:00 (中断あり)

5月3日の『今日は一日“特撮”三昧』内で、お知らせしたとおり、6月16日(土)前9:00から翌前1:00まで、『アニソン三昧』史上、過去最長の約16時間にわたって(途中ニュース等中断あり)『今日は一日“アニソン”三昧Z(ゼット)』を生放送でお送りします!
2006年大型連休の特集番組として、また、NHK-FM三昧シリーズの第2弾として放送された『今日は一日“アニソン三昧”』。予想をはるかに超える反響、リスナーからの強い要望で、2007年『今日は一日“アニソン”三昧SS(セカンド・ステージ)』、2008年『今日は一日“アニソン”三昧ファイナル』、2010年『今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧』と、放送してきました。回を重ねるごとにリクエスト数、番組サイトへのアクセス数は加速度的に倍加。前回、2010年に放送した『今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧』では、リクエスト総数が約15万通、そしてTwitter上では「#anisonzanmai」が一時、世界で一番使われているハッシュタグになるなど、モンスター番組と化した『アニソン三昧』。満を持して、三昧シリーズ最多・5度目の登場です!司会は『“アニソン”三昧』といえばこの方たち― 水木一郎さん、緒方恵美さん、藤崎弘士アナウンサーでお送りします。
また、今回はNHKネットラジオ“らじる★らじる”で、PCおよびスマートフォンでもお聴きいただけるようになり、今まで聴けなかった方もお楽しみいただけます!
番組では現在、下記のホームページからリクエストを募集中!テレビ、映画、キャラソンなどなど……あなたの大好きなアニソンを、そのアニソンへの思いやエピソード、思い出などのメッセージを書き添えてお送りください。たくさんのリクエスト、お待ちしています!

【司会】水木一郎、緒方恵美、藤崎弘士アナウンサー

anisonzanmai_name.jpg

※『今日は一日“アニソン”三昧Z(ゼット)』番組ホームページはこちら

※NHK-FMは、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

また、“らじる★らじる”のスマートフォンアプリがバージョンアップしています!(Androidは2012/4/2更新、iPhone&iPod touchは2012/5/10に更新、共にバージョン1.1.0)予約機能やソーシャルボタンも新たに加わり、ますます充実。アップデートして、新しい“らじる★らじる”をお楽しみください。

投稿時間:17:42 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


20日(日)ラジオ第1で放送の『渋谷アニメランド』ゲストは、やなぎなぎさんです!


『渋谷アニメランド ~やなぎなぎ~』
ラジオ第1 5月20日(日)後8:05~8:55

ラジオ第1で毎週日曜(最終週は除く)にお送りしている『渋谷アニメランド』。番組では、アニメに携わる声優やアーティスト、クリエイター等、毎週豪華なゲストをお迎えしてお送りしています。
20日(日)の『渋谷アニメランド』は、supercellのゲスト・ボーカルとして『化物語』のエンディングテーマ「君の知らない物語」で注目され、『あの夏で待ってる』のエンディングテーマ「ビードロ模様」でメジャーソロデビューを果たした、やなぎなぎさんをゲストにお迎えします。繊細な歌声の秘密と、麻枝准さんとのコラボレーションなどについてお話を伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】やなぎなぎ
【パーソナリティー】冨田明宏

※『渋谷アニメランド』番組ホームページはこちら

※ラジオ第1もNHK-FM同様、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:14:32 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 5月19日(土)・20日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~ビーバーとワニの音楽~』
5月19日(土)前9:00~11:00

19日(土)のテーマは「ビーバーとワニの音楽」。さて、どんな楽曲が紹介されるのか?動物好きのゴンチチと一緒に、かわいい川の住人たちと出会おう!

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『FMシアター “ヘブンズコール”』
5月19日(土)後10:00~10:50

19日(土)の『FMシアター』は、大切な人を亡くした喪失感が、癒しへと向かい始める瞬間を“声の物語”をとおして描く「ヘブンズコール」をお送りします。
トビ職の増田徹は、建築現場で足場を踏みはずし、救急車で病院に運び込まれた。その夜、亡くなった父・正の夢を見る。彼には、父親への辛い想い出があった。夢の中の父の声にうなされ、飛び起きると、その声は、まだカーテンの向こう側から聞こえている。思わずカーテンを開けると、手術後の腕の痛みを訴える笹山学がいた。彼の声は父・正にソックリだった。似ているのは声だけで、性格も違えば、話し方も違い、方言もない。しかし、その笑い方は、まさに「父そのもの」だった…。

【作】櫻井智也
【出演】小林ユウキチ、斉藤暁、藤本喜久子、佐藤直子、萩原利映、重松収、橋本美紀

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “マル・ウォルドロン特集”』
5月19日(土)後11:00~翌前1:00

19日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、リスナーの皆さまからもリクエストをいただいていた、2002年ベルギーのブリュッセルにて76歳で亡くなった、今年没後10年にあたるピアニスト、マル・ウォルドロンを特集します。ビリー・ホリデイの晩年の伴奏者だった彼が、44歳という若さで亡くなった彼女に捧げた「レフト・アローン」。
番組では、マル・ウォルドロンとビリー・ホリデイの共演曲や、人気を不動にした、アルト・サックスにジャッキー・マクリーンを迎えての「レフト・アローン」等、マル・ウォルドロンが残した名盤にスポットを当ててお送りします。

【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 ~フランス管弦楽作品の合唱曲~』
5月20日(日)前7:20~8:10
(再)5月26日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第3週の解説は、合唱指揮者の大谷研二さんが担当します。
20日(日)は、ドビュッシーやラヴェルといったフランスの作曲家が、精緻なオーケストレーションの中に生かした合唱の魅力をお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき ~アルボラダ木管五重奏団コンサート・ライブ(2)~』
5月20日(日)前8:10~9:00
(再)5月26日(土)後8:10~9:00

5月20日(日)の『吹奏楽のひびき』は、先週に引き続き、2010年にデビューしたアルボラタ木管五重奏団の演奏をお届けします。メンバーは全員、関西のプロオーケストラに在籍している演奏家たち。「アルボラダ Alborada」というグループ名は、メンバーが好んでいる作曲家ラヴェルのピアノ曲集「鏡」の中の「道化師の朝の歌(Alborada del gacioso)」にちなんでいます。
20日(日)の放送では、安土桃山時代、九州にもたらされていた「天草版 伊曾保(イソップ)物語」を題材に、京都在住の平野一郎さんが書き下ろした「いそぽのふゎぶらす」を、人気狂言師・茂山童司さんの語りでお送りします。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
5月20日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
今回は、名前が曲名のヒット曲を特集してお送りします。番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、女性スライド・ギタリストの草分け的存在で、ブルージーながらもしなやかな歌声のボニー・レイットを特集します。どうぞお楽しみに!番組では、リクエスト&メッセージを募集中!思い出やエピソードを添えて、下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております。

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


<関連情報>
『とことんアナタの名前で出ています』
5月15日(火)~19日(土)
前0:00~0:50 (14日(月)~18日(金)深夜)
5月22日(火)~26日(土)
前0:00~0:50 (21日(月)~25日(金)深夜)

現在、NHK-FM平日深夜に放送中の『とことん○○』。5月25日(金)深夜まで、今回の『洋楽80'sファン倶楽部』の特集と同様に、名前が使われている楽曲にスポットをあててお送りしている『とことんアナタの名前で出ています』を絶賛放送中!こちらも合わせてお楽しみください。

※『とことん○○』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~山口百恵~』
5月20日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
今回のミューズは、14歳でデビューし、7年半の芸能生活を経て、21歳で引退した伝説のアイドル、山口百恵さんをとりあげます。また番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『リサイタル・ノヴァ ~日橋辰朗(ホルン)~』
5月20日(日)後8:20~9:00
(再)5月25日(金)前9:20~10:00

新進気鋭の演奏家の演奏家を聴く疑似コンサートホール『リサイタル・ノヴァ』。“支配人”を務めるのはピアニストの本田聖嗣さん。フレッシュな演奏と、本田さんが引き出す若き演奏家たちの本音トークをお楽しみいただきます。
今回は、2011年、第80回日本音楽コンクールホルン部門第1位の、日橋辰朗さんのホルン演奏をお届けします。

【出演】日橋辰朗(ホルン奏者)
【支配人(司会)】本田聖嗣(ピアニスト)

※『リサイタル・ノヴァ』番組ホームページはこちら


『セッション2012 ~堀秀彰トリオ~』
5月20日(日)後11:00~前0:00
(再)5月25日(金)前10:00~11:00

20日(日)の『セッション2012』は、若手実力派ピアニストの中でも特に高い人気を得ている、堀秀彰が登場!端整なピアノの音色から生まれるセンスあふれる音の運びで、多くの人を魅了しています。
堀は、1978年千葉県出身。高校生の時、ジャズに感動して本格的にピアノを始める。大学からはプロとして活動を開始。これまでに、エディ・ヘンダーソン、ジーン・ジャクソン、大坂昌彦、原朋直、向井滋春、安カ川大樹などと共演している。現在、自己のトリオや、同世代のサックス奏者、浜崎航とのユニット「Encounter」をはじめ、市原ひかり、安カ川大樹、山口真文、河原秀夫、山下弘治など多くのグループでも活動している。今回は、堀秀彰の繊細かつ情熱的なプレイを、レギュラー・メンバーとのライブでお楽しみいただきます。

【演奏】堀秀彰(ピアノ)、高瀬裕(ベース)、長谷川ガク(ドラムス)
【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2012』番組ホームページはこちら


『ワールドミュージックタイム ~セネガル特集~』
5月21日(月)前0:00~1:00 (20日(日)深夜)
(再)5月28日(月)前10:00~11:00

アジア、アフリカ、アメリカ大陸、ヨーロッパ…世界各地のさまざまな音楽をお届けしている『ワールドミュージックタイム』。
今回の『ワールドミュージックタイム』は、セネガルの音楽を特集してお送りします。セネガル(セネガル共和国)は、国土が日本の半分ほどで、人口約1200万人の西アフリカの国。番組では、キューバ音楽に影響を受けたオーケストラ・バオバブや、大統領選で話題を呼んだユッスー・ンドゥール等、セネガルの現代ポップスを中心にお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】北中正和

※『ワールドミュージックタイム』番組ホームページはこちら

投稿時間:13:43 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』5/19(土)のゲストは谷原章介さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
FM 5月19
日(土)後6:00~6:50
ラジオ第1 5月22日(火)後9:05~9:55

脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』。今回は、岡田さん企画の映画、『深呼吸の必要』にご出演された谷原章介さんです。

0519_rockbar.jpg洋楽全般が好きで、音楽に興味を持ち始めた頃に買ったレコードが「スティング」という谷原さんは、ルーツをたどりながらいろんなジャンルの音楽を聞いてきたとのこと。そんな谷原さんの選曲を聴きながら、当時どういう学生だったのか?そして、モデルのお仕事から俳優へと転向されたいきさつや、俳優としてターニングポイントとなったドラマなども語っていただきます。また、4月より総合テレビでレギュラー放送中の『頭がしびれるテレビ』の番組についてもお伺いします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】谷原章介
【パーソナリティー】岡田惠和


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』
番組ホームページは
こちら

rockbar_hagaki.jpg

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。



<関連情報>
◆谷原さんが、魅惑の数学の世界へ、皆さんを誘います!
『頭がしびれるテレビ』
総合テレビ 毎週月曜(日曜深夜) 前0:40~1:10

※番組ホームページはこちら

◆『テンペスト』総合テレビで現在放送中!
NHK BS時代劇『テンペスト』
総合テレビ 毎週木曜 後10:00~10:45


※番組ホームページはこちら

※NHK-FMは、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:11:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム19日(土)深夜放送!『音楽熱帯夜 "MIKUNOPOLIS in LOS ANGELS~はじめまして、初音ミクです~"』


『音楽熱帯夜 “MIKUNOPOLIS in LOS ANGELS~はじめまして、初音ミクです~”』
BSプレミアム 5月20日(日)前0:15~1:39 (19日(土)深夜)

アリーナやスタジアムで行なわれるビッグアーティストのライブを中心に、今一番旬なステージを紹介する番組『音楽熱帯夜』。19日(土)深夜は、日本のみならず、世界で人気急上昇中の初音ミクのライブをテレビで初めてON AIR!
2011年7月にロサンゼルスで開催されたアニメとマンガの祭典「Anime Expo 2011」の一環として行われた、世界のクリエイターが注目した初音ミクのコンサート。会場となったロサンゼルス・ノキアシアターには、約5000人を超える観客を動員した。番組では、伝説のパフォーマンスとなった初音ミクの、海外初の単独ライブの模様をたっぷりとお送りします。どうぞお楽しみに!

120516_miku.jpg※『音楽熱帯夜』番組ホームページはこちら


<関連情報>
ラジオ第1で、音楽合成ソフト楽曲を紹介する番組を放送中!
『エレうた!』
ラジオ第1 毎月最終日曜日 後8:00~8:55

ラジオ第1で毎月最終日曜日にお送りしている(次回は5月27日(日)に放送)、音声合成ソフトが奏でる楽曲を紹介する音楽番組『エレうた!』。番組では、下記の番組ホームページでリクエストとオリジナル曲を募集中です!また、ホームページの「オリジナル曲BOX」コーナーでは、投稿されたオリジナル曲がお聴きになれます。

【パーソナリティー】桃井はるこ、小倉唯

※『エレうた!』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:26 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


18日(金)放送『オペラ・ファンタスティカ ~湖上の美人~』、『DJクラシック 小林十市の"喋って・歌って・恋をして"~僕的ストラヴィンスキー~』


『オペラ・ファンタスティカ ~湖上の美人(ロッシーニ)~』
5月18日(金)後2:00~6:00

18日(金)の『オペラ・ファンタスティカ』は、ウォルター・スコットの原作をロッシーニがオペラ化した「湖上の美人」をお送りします。
スコットランドの湖のほとりに住む貴族の娘エレナをめぐり、国王ら三人の男たちが恋と武勇を競い合います。果たして、エレナは恋する相手と結ばれるのか? 今回の「湖上の美人」は、フアン・ディエゴ・フローレス、ジョイス・ディドナート、ダニエラ・バルチェルローナ、そしてジョン・オズボーンといった素晴らしいメンバーが揃った、昨年、ミラノ・スカラ座で行なわれた公演からお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】堀内修 (音楽評論家)

※『オペラ・ファンタスティカ』番組ホームページはこちら


『DJクラシック
小林十市の“喋って・歌って・恋をして”~僕的ストラヴィンスキー~』
5月18日(金)後9:10~10:00

第一線で活躍するクラシックのアーティストによる、クラシックファンのための、クラシック新番組『DJクラシック』。各ジャンルのトップアーティストによる経験に裏打ちされた説得力あるトークと、評論家とはちがうユニークな視点、その人となりを感じる語り口で、これまでのクラシック番組とはひと味違うひとときを、4人のアーティストが週替わりでお送りします。
18日(金)は、バレエダンサーの小林十市さんがお送りする「小林十市の“喋って・歌って・恋をして”」の2回目。今回は「僕的ストラヴィンスキー」と題して、「春の祭典」や「火の鳥」等、革新的なバレエ音楽をつくったロシアの作曲家、ストラヴィンスキーを紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】小林十市 (バレエダンサー、俳優)

※『DJクラシック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:46 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


陽光あふれるマイアミ発のソウルミュージックを4週にわたって放送中!17日(木)『ザ・ソウルミュージック ~マイアミ・ソウル特集~』


『ザ・ソウルミュージック ~マイアミ・ソウル特集~』
5月17・24日(木)後11:00~前0:00


日本では緑薫るこの季節…5月の『ザ・ソウルミュージック』は4週にわたって、雨入り前のつかの間の初夏の季節感にもピッタリな、陽光あふれるフロリダ州マイアミ発のソウルミュージックを特集してお届けしています。
サザンソウルにモータウン、ニューヨークのモダンソウルに、カリビアンやラテンと、その多様な音楽性を自然な形で融合させつつ、独特な魅力を放つソウルミュージックがしっかりと育まれ、世界中のソウル・ファンやファンク・ファン等を魅了してやまないマイアミ・ソウル。第3夜となる17日(木)は、クラレンス・リードとリトル・ビーヴァーの2人にスポットをあててお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『とことん○○』6月末から始まるテーマが早くも決定!その名も『とことん お酒のつまみ歌』リクエスト募集中


『とことん お酒のつまみ歌』
6月26日(火)~30日(土)前0:00~0:50
(25日(月)深夜~29日(金)深夜)
7月3日(火)~7日(土)前0:00~0:50
(2日(月)深夜~6日(金)深夜)
7月10日(火)~14日(土)前0:00~0:50
(9日(月)深夜~13日(金)深夜)
7月17日(火)~21日(土)前0:00~0:50
(16日(月・祝)深夜~20日(金)深夜)

現在放送中の『とことんアナタの名前で出ています』、そして5月28日(月)深夜から、60年代から今日までの音楽シーンを賑わせた、デュオやデュエットソングにフォーカスをあてる『とことん ふたりは仲良し?』をお送りする『とことん○○』。なんと、早くも6月25日(月)深夜から始まる次の企画が決定しました!その名も『とことん お酒のつまみ歌』。
ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキー、カクテル…お酒によって合うつまみ=肴はそれぞれ違います。同様に「この歌を聴きながら、このお酒を飲むと、お酒の味がぐっと良くなる!」「このお酒を飲みながら、この曲を聴くと、歌の良さが倍増する!」といった具合に、お酒と音楽にも相性があるはず! そんな、歌=お酒に合う歌の数々を大特集します。番組では、下記の番組ホームページからリクエストを募集中!あなたが、お酒とマッチしていると思う曲とその理由、エピソードをお寄せください。お酒そのものの歌でなくても、なるほど!と納得するもの、ワザありの選曲も大歓迎。お待ちしております!

【案内】立川志の吉 (落語家)

※『とことん お酒のつまみ歌』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:47 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


5月14日(月)~5月20日(日) 今週のおすすめ番組


24年度、NHK-FMは、日曜午後の番組ラインナップが変わりました。
pickup_fan80.jpgのサムネイル画像そのうちの1つが、午後4時からの

『洋楽80'sファン倶楽部』
ご好評の声を数多く頂いています。
時を経ても輝きを失わない、80年代の洋楽ポップスやロック。今なお、ドラマの主題歌やCMでさかんに使われています。そんな80年代のヒット曲をたっぷり堪能して頂く番組です。


どんなにいい食材でも、料理人の腕が良くないと台無しになるもの。
この番組には、いい食材(=80年代ヒット曲)だけでなく、
いい料理人(=MCのシャーリー冨岡さん)のどちらも揃っています。

シャーリーさんと言えば、80年代、テレビの洋楽番組の司会を務め、その美貌もあいまって脚光を浴びました。
スティングやマドンナ、ボン・ジョヴィ、デビッド・ボウイなど、大物アーティストにインタビューした経験も豊富です。
洋楽ヒット曲を集めた「コンピレーションCD」の編集にも携っています。
まさに、誰もが認める洋楽ナビゲーターの1人です。
ちなみに、タレントのマイケル冨岡さんのお姉さんでもいらっしゃいます。

番組では、そんなシャーリーさんの魅力が全開です。
チャーミングな声、ゆっくりと聞き取りやすいトーク。
自身の思い出やアーティストの知らざる素顔などのエピソードを挟みながら、80年代の洋楽ヒット曲の魅力を教えてくれます。
番組の中では、「自分はミーハーなんです!」と語っているシャーリーさん。専門家ぶらずに、楽曲やアーティストへの愛情を率直に語る司会ぶりが、何とも心地よく感じられます。肩の凝らない、あっという間の1時間です。

さて、次回5月20日(日)の放送では、後半のコーナー「80's Now&Then」で、ボニー・レイットに注目!
80年代にヒット曲を連発したブルース・ギターの女王。
指に筒のようなものをはめて弾く、スライドギターの名手でもあります。
クールなルックスから繰り出す演奏には、熱き魂がこもっています。最近はオリジナルアルバムを発表するなど、今なお活躍を続けています。
シャーリー富岡さんが、そんなボニーの魅力をどのように語ってくれるのか。お楽しみに!


Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:10:00 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 5月14日(月)~5月17日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

5月14日(月) 5月15日(火)
ml_20120514.jpg ml_20120515.jpg
FLiP NICO Touches the Walls

5月16日(水) 5月17日(木)
ml_20120516.jpg ml_20120517.jpg
家入レオ シシド・カフカ

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

 

<関連番組>
◆5月16日(水)のゲスト 家入レオさんが新曲「Shine」を披露!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 5月13日(日)後6:10~6:39

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:53 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHKワンセグ放送(携帯)、12日(土)放送『ワンセグ☆ふぁんみ』ゲストは、ももいろクローバーZの皆さんです!


『ワンセグ☆ふぁんみ』
ワンセグ2 5月12日(土)後1:00~1:50

毎週土曜日の後1:00から、携帯・移動端末向けサービス「ワンセグ2」で、熱狂的なファンを持つアイドルやミュージシャン、俳優たちを、東京・青山にあるNHK@CAMPUSスタジオに招き、公開生放送でお送りしている『ワンセグ☆ふぁんみ』。5月12日(土)のゲストは、4月からEテレで放送中の『青山ワンセグ開発』で、MCとして活躍中のももいろクローバーZが登場!MCのヒャダインさんと南波志帆さんと共に、何をするにも全力な彼女たち5人の魅力を徹底分析します。どうぞお楽しみに!
また、番組生放送中には、毎回ワンセグデータ放送でゲストにまつわる2択アンケートを実施。投票は受け付け中何度でも可能で、皆さんの投票がリアルタイムで反映され、番組中に途中経過を表示されます。最終結果は番組後半に発表。番組を見ながら、是非参加してください!

【ゲスト】ももいろクローバーZ
【MC】ヒャダイン、南波志帆

※『ワンセグ☆ふぁんみ』番組ホームページはこちら

※ワンセグ2放送の視聴の仕方や放送についての詳しい情報はこちら


<関連情報>
ももいろクローバーZがMCを担当!
『青山ワンセグ開発』
Eテレ 毎週金曜 前0:30~0:55 (木曜深夜)

ももクロがMCを務める、視聴者が“見たい番組”を決める企画オーディション番組『青山ワンセグ開発』。
番組では、NHK内外から10代~20代向けの新鮮な「5分番組」の企画を募集。厳選された9企画の中から、各月3企画が4週間にわたって対決を行い、視聴者投票で勝ち残った最終3企画が、ワンセグ2でのレギュラー枠を目指し決戦に挑みます。あなたの投票でレギュラー番組が決まります!

※ももクロ五月期こぼれ話動画も掲載中!『青山ワンセグ開発』番組ホームページはこちら


ももいろクローバーZがゲスト出演します!
『J-MELO“Music Discovery Special”』
BSプレミアム 5月13日(日)前3:00~3:28 (12日(土)深夜)

日本と世界を結ぶ音楽の懸け橋として、NHKワールドが約180の国と地域に向けて放送している、全編英語の日本の音楽シーンを紹介する番組『J-MELO』。日本国内でも、毎週土曜の深夜にBSプレミアムで絶賛放送中です!
12日(土)深夜の『J-MELO』は、ミュージシャンが“音楽の現場”に赴き、“発見”していく「ミュージック・ディスカバリー」をお送りします。今回Kyleeが、ももいろクローバーZにインタビューします。

※『J-MELO』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:58 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


5月11日(金)放送『クラシックカフェ』放送内容についてのお詫び


【お詫び】
5月11日(金)午前7:20から放送した『クラシックカフェ』の中で、すでに放送が終了している『今日は一日“名曲アルバム”三昧』へのリクエストの募集を誤って放送してしまいました。
現在、リクエストの募集は行っていません。お詫びして訂正いたします。

投稿時間:12:44 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


『音楽遊覧飛行』来週14日(月)からの週は「エイジアンクルーズ」、サラーム海上さんがアジアや中東の音楽を中心に紹介します!


『音楽遊覧飛行 ~エイジアンクルーズ~』
5月14日(月)~17日(木)前9:20~10:00
(再)5月21日(月)~24日(木)後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、毎週月曜から木曜の朝9:20から(再放送は翌週月曜~木曜 後5:20から)、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできるような音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。また、ちょっとしたお役立ちミニ情報も盛り込んで、世界中を遊覧飛行した気分になれるような名曲の数々をお届けします。
14日(月)からの週は「エイジアンクルーズ」。音楽評論家のサラーム海上さんが、アジアや中東のエキゾチックな音楽を中心にお送りします。今週は「ドライビング・ワールドミュージック」をテーマに、テンポのよいアジアの音楽をお届けします。国境を越え、文化と文化が混ざり合って紡ぎだされてきたエイジアン・ミュージックを探し求め、音楽遊覧飛行へと一緒に出かけましょう。

【DJ】サラーム海上

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


13日(日)の『サウンドクリエイターズファイル ~サカナクション~』は、ゲストに星野源さんをお迎えしてお送りします!


『サウンドクリエイターズファイル ~サカナクション~』
5月13・20日(日)後9:00~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。5月のマンスリーDJは、文学性の高い歌詞、郷愁感あふれるフォーキーなメロディ、クラブミュージック、ロックという様々な要素を混在させた独自のスタイルを持つロックバンド、サカナクションの山口一郎さんが担当しています!
2回目となる13日(日)は、山口さんと星野源さんによる対談が実現!ラジオ版サケノサカナ状態に?また、若手レコード会社社員とこれからの音楽業界を語り合う座談会も行います。どうぞお楽しみに!
番組では、サカナクション・山口一郎さんへの“リアルでストレート”な質問を募集しています。音楽に関すること、それ以外のことでも結構です。下記の番組ホームページの質問フォームか、twitterからお送りください。お待ちしております!(twitterの場合、@返信形式でおねがいします。アカウント名以外のペンネームをご希望の方は、明記ください。また、いただいた質問は番組で紹介させていただくことがありますので、ご了承ください)

【ゲスト】星野源
【DJ】山口一郎 (サカナクション)

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです


※NHK-FMは、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

また、“らじる★らじる”のスマートフォンアプリがバージョンアップしました!予約機能やソーシャルボタンも新たに加わり、ますます充実。アップデートして、新しい“らじる★らじる”をお楽しみください。

投稿時間:11:06 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 5月12日(土)~13日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~ママの音楽~』
5月12日(土)前9:00~11:00

放送翌日の13日(日)は、母の日。というわけで今回のテーマは、世界各国の「ママの音楽」。番組ならではの選曲でお送りします。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『ガットのしらべ ~マヌエル・バルエコのギター~』
5月12日(土)後8:15~9:00

今回の『ガットのしらべ』は、世界のギター・シーンをリードするマヌエル・バルエコのギターのしらべをお届けします。
1952年キューバに生まれ、1967年に家族とともにアメリカに移住したマヌエル・バルエコは、1974年カーネギーホールで衝撃的なデビューを飾りました。ギター音楽のレパートリー拡大に意欲的で、現代の作曲家たちとのコラボレーションも多いバルエコですが、今回はバルエコのルーツであるキューバの音楽を中心にお送りします。どうぞお楽しみに!

【案内】大林奈津子

※次回の『ガットのしらべ』は、6月9日(土)後8:15から予定しています。


『FMシアター “金魚鉢の教室”』
5月12日(土)後10:00~10:50

12日(土)の『FMシアター』は、公立中学の支援教室で起きた事故の対応をめぐり迷走する学校関係者の姿を通して、閉塞した小社会の中でもがく人々を描く「金魚鉢の教室」をお送りします。
公立中学校の教室で、学習支援員・井口と校長・岩田が、向き合って座っている。金魚鉢を割ってしまったことを謝罪し、恐縮する井口。そこへ教育委員会の磯川、三年一組担任・小林がくる。五十嵐聡太の保護者から、井口が担当している特別教室「オアシス」で、聡太が怪我をしたことについて、教育委員会にクレームをよこし、慰謝料を要求しているという。その対処のための話し合いが、金魚鉢をめぐり迷走し始めて…。
わずか時給千円と引き換えに重い責任を背負いこむことになった「学習支援員」の姿を通して、閉塞した小社会の中でもがく人々を描きます。

【作】今井雅子
【出演】石村みか、磯部勉、西山水木、亀田佳明、大内厚雄、田中雄土、戎怜菜

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “ギル・エヴァンス生誕100年”』
5月12日(土)後11:00~翌前1:00

今回の『ジャズ・トゥナイト』は、ゲストにトランペッターのマイク・プライスさんをお迎えし、サウンドの魔術師と呼ばれた天才アレンジャー、ギル・エヴァンスの生誕100年を記念して、有名なマイルス・デイヴィスとのコラボレーション等、ギル・エヴァンスの足跡をたどっていきます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】マイク・プライス
【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 ~グレゴリオ聖歌と典礼の様式美~』
5月13日(日)前7:20~8:10
(再)5月19日(土)後7:20~8:10

『ビバ!合唱』第2週の案内役は、指揮者・鍵盤楽器奏者の花井哲郎さんが担当し、中世・ルネサンス、バロックの代表的な合唱作品を紹介します。13日(日)は、西洋音楽の源泉であるグレゴリオ聖歌を特集。ヨーロッパの一番古い楽譜に記された祈りの歌・グレゴリオ聖歌とは、どのような場で歌われ、どのような種類があるのか、そしてどのように聴けばいいのか?花井さんのわかりやすい解説でお送りします。

【案内】花井哲郎

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『名演奏ライブラリー ~現代屈指のマエストロ ハイティンク~』
5月13日(日)前9:00~11:00

過去の録音遺産の中から 新しき発見と感動を、諸石幸生さんの案内でお届けしている『名演奏ライブラリー』。
13日(日)は、現在83歳のオランダの名指揮者ベルナルト・ハイティンクの、ドビュッシーやバルトーク、ブラームスなど、若き日の演奏を中心にお届けします。どうぞお楽しみに!

【案内】諸石幸生

※『名演奏ライブラリー』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
5月13日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
今回は、映画やテレビドラマから生まれたヒット曲を特集してお送りします。番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、ポール・ウェラーを特集します。どうぞお楽しみに! 現在番組では、リクエスト&メッセージを募集中!思い出やエピソードを添えて、下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております。

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~バーブラ・ストライサンド~』
5月13日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
今回のミューズは、島袋さんが歌の先生に教えてもらったという、エンターテイメント界の女王、バーブラ・ストライサンドをとりあげます。先週お送りしたダイアナ・クラールがプロデュースに参加し、カルテットとオーケストラの2種類の編成で同じ演目を楽しめる、ジャズのスタンダード・ナンバーを集めた2枚組アルバム「Love Is the Answer」からや、代表曲を中心にお送りします。また番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『リサイタル・ノヴァ ~平野花子(ハープ)~』
5月13日(日)後8:20~9:00
(再)5月18日(金)前9:20~10:00

新進気鋭の演奏家の演奏を聴く疑似コンサートホール『リサイタル・ノヴァ』。“支配人”を務めるのはピアニストの本田聖嗣さん。フレッシュな演奏と、本田さんが引き出す若き演奏家たちの本音トークをお楽しみいただきます。
今回は、2007年、世界二大ハープコンクールの一つ、USA国際ハープコンクールで、日本人として初めて本選に残り、銀メダルと特別賞を受賞した平野花子さんのハープ演奏をお送りします。どうぞお楽しみに!

【出演】平野花子(ハーピスト)
【支配人(司会)】本田聖嗣(ピアニスト)

※『リサイタル・ノヴァ』番組ホームページはこちら


『セッション2012 ~石崎忍カルテット~』
5月13日(日)後11:00~前0:00
(再)5月18日(金)前10:00~11:00

13日(日)の『セッション2012』は、力強さと華やかさを兼ね備えるアルト・サックス奏者、石崎忍が登場!
石崎忍は1973年、東京生まれ。中学のころ、渡辺貞夫にあこがれてアルト・サックスを始め、高校3年生の時に、浅草ジャズコンテストで金賞を受賞。1992年、バークリー音楽院に入学し、ビル・ピアース、ジョージ・ガゾーンに師事。1996年からはニューヨークに移り、ジェームス・ハート、クラーレンス・ベン、アルベスター・ガーネット、中村健吾らと共演し、さまざまなセッションで経験を積んだ。1997年に帰国後は、大口純一郎、大野雄二、辛島文雄、山本剛、寺井尚子、大坂昌彦などと共演。1999年からはBIGAPPLE in NONOICHIに参加し、バリー・ハリス、秋吉敏子、ジョン・ファデス、ジュニア・マンスなどと共演している。池田篤、寺井尚子、原朋直、日野賢二のバンドを経て、現在は自己のユニットや、渋谷穀、鈴木勲、TOKU、SOIL&PIMP SESSIONSなどと幅広い活動を続けている。今回は、自己のカルテットで、アグレッシブなプレイを披露する。

【演奏】石崎忍(アルト・サックス)、熊谷ヤスマサ(ピアノ)、
安東昇(ベース)、小森耕造(ドラムス)
【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2012』番組ホームページはこちら


『ワールドミュージックタイム ~チーフタンズとワールドミュージック~』
5月14日(月)前0:00~1:00 (13日(日)深夜)
(再)5月21日(月)前10:00~11:00

アジア、アフリカ、アメリカ大陸、ヨーロッパ…世界各地のさまざまな音楽をお届けしている『ワールドミュージックタイム』。
今回は、番組のテーマ曲「Finale」の演奏でも知られる、アイルランドの伝統音楽を近代的なアレンジを施し、スタンリー・キューブリック監督の映画「バリー・リンドン」で音楽を担当して、アカデミー賞も受賞したことのある「ザ・チーフタンズ」を特集します。番組では、映画で愛のテーマとして使用された「Women Of Ireland」や、ヴァン・モリソンと共演した「Have I Told You Lately That I Love You?」等をお送りします。

【DJ】北中正和

※『ワールドミュージックタイム』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:44 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHKネットラジオ"らじる★らじる"サーバーメンテナンスのお知らせ


ラジオ第1(R1)・ラジオ第2(R2)・NHK-FMの番組を、インターネットを通して放送と同時に提供するサービス、NHKネットラジオ“らじる★らじる”。もう、皆さんはご利用いただいてますか? PC及びスマートフォンで、ノイズの少ないクリアな音声で、NHKのラジオ放送がお楽しみいただけます。(ラジオ第1は関東地方の放送を、FMは東京都域の放送を提供しています)
この度、NHKネットラジオ“らじる★らじる”では、下記の日程で、機材の保守・点検をためのサーバーメンテナンスを行ないます。この期間は、音声が一時的に途切れることがありますので、あらかじめご了承ください。

5月14日(月)前1:00~5:00【13日(日)深夜】
5月16日(水)前1:00~5:00【15日(火)深夜】
5月21日(月)前1:00~5:00【20日(日)深夜】

※NHKネットラジオ“らじる★らじる”はこちら

投稿時間:14:50 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


毎週日曜放送『きらクラ!』収録スタジオにお邪魔しました!


『きらクラ!』
日曜 後2:00~4:00
(再)翌 月曜 前7:20~9:20

この4月にスタートしたクラシック音楽バラエティー『きらクラ!』。クラシック初心者でも、気楽にクラシック音楽を楽しめる番組です。
番組を盛り上げるのは、パーソナリティーを務めるタレントのふかわりょうさんとチェリストの遠藤真理さん。音楽だけでなく、2人の楽しいトークの掛け合いも聴きどころです。さっそく収録スタジオにお邪魔して、ふかわさん、遠藤さんに話をうかがいました。

kira_1.jpgのサムネイル画像
Q:番組がスタートして約1か月が経ちましたが、手ごたえはいかがですか?
[ふかわ]
『きらクラ!』はこちらから一方的に発信するのではなく、リスナーの皆さんとのやりとりの中で生まれていく番組です。そういう意味では、今はとてもいいハーモニーが生まれていると思いますよ。
今後もリスナーの皆さんとのコミュニケーションを大切にしながら番組を進めていけたらいいなと思います。

Q:番組リスナーからはたくさんの反響がきているようですね?
[ふかわ]
 「番組が待ち遠しいです」といった感想はすごくうれしいですね。わくわくすることって大人になると少なくなるものですけど、『きらクラ!』を待ち望んでくれている人がいる、とういうのが励みになりますね。
[遠藤] リスナーの方々は、本当に番組をよく聴いてくださっていて、ご自身の考えを文字にして送ってくださるんですけど、「送る」という作業は実は結構勇気がいることだと思うんです。それがこうしてたくさんの方から反響をいただけるのというのは、それだけでもうれしいですよね。

Q:リスナーが参加できるコーナーがたくさんあるのが楽しいですよね。
kira_2.jpgのサムネイル画像[ふかわ] 『BGM選手権』というコーナーは、もともと僕が「やりたい」とスタッフに提案して始まったコーナーで、僕の本を題材にリスナーの皆さんにBGMをつけてもらうということから始まりました。単純に1人の引き出しでは浮かばないような楽曲が全国から寄せられてきて、「どんな化学反応が起こるんだろう」と、すごくわくわくするコーナーです。番組ではどうしても3曲くらいしか紹介できませんが、ほんとうはすべての曲を試してみたいくらいなんです。スタッフは大変ですけどね(笑)

Q:音楽だけでなくお2人のトークを楽しみにしているリスナーの方もたくさんいると思いますが、この1か月でお互いのキャラクターがわかってきましたか?
[遠藤]
わたしはふかわさんのことすごく頼りにしています!しっかり受け止めてくれる、“いいお兄さん”という感じですね。
[ふかわ] 真理ちゃんはチェリストという立場がありながらも、まったく硬い雰囲気がないですよね。自然で、なんだか“ぬいぐるみ”のような柔らかい感じで前に座っていてくれるので、出会ってまだ日が浅いですが、とても話しやすいです。
[遠藤] ふかわさんはテレビで見ていた印象が強かったんですけど、テレビでは見せない一面をこのラジオで存分に出されていて、それがなんだかカルチャーショックでしたね(笑)。たぶん、リスナーの皆さんの中にもそう感じている人はいるんじゃないでしょうか?

Q:この番組を通して新たに感じたクラシック音楽の魅力とはなんですか?
[ふかわ]
世の中は本当にたくさんのクラシック音楽が溢れているんだな、というのは改めて感じました。また、「曲は知っているけどタイトルは知らない」とか、「よく耳にするフレーズだけど、この曲だったんだ」というような再発見が毎回あるので、“気づく喜び”というのはありますね。
kira_3.jpgのサムネイル画像[遠藤] 私は、音楽を演奏する立場から、音楽を言葉で伝える立場に変わることで、「もっと勉強しなくては」と感じましたね。今までは「この曲ってなんだっけ?後で勉強すればいいや」と、後回しにしていたものが、ラジオを始めたことで「いつでも出せるようにしておかなければ」という風に変わりました。こうして勉強することで、演奏者としても幅が広がるのではないでしょうか。

Q:リスナーの方々も、お2人と一緒にクラシックを楽しみながら勉強している感じがしますよね。
[遠藤]
お便りを見ると、(クラシック番組の)リスナー歴がすごく長い感じが伝わってきますよね。もちろん若いリスナーの方もたくさんいると思うんですけど。
[ふかわ] クラシックに造詣の深い方も、クラシック初心者の人も、いろんな人たちで音楽を楽しめたらいいなと思いますね。

Q:今後番組の中でこんなことやってみたいということはありますか?
[ふかわ] 僕は番組でシューマンの「トロイメライ」を聴いたときに、一生懸命ピアノを練習したあの頃を思い出して、ちょっと番組で弾きたいなと思っています。
[遠藤] 聴いてみたいですよね~!
Q:そのときは遠藤さんも是非いっしょに!
[遠藤]
そうですね。私も「ちゃんとチェロを弾いてるんだぞ!」というところをいつかアピールできたら。
[ふかわ] いやいや、僕が弾くのとプロの真理ちゃんが弾くのでは意味合いが違うからね。(笑)
[遠藤] でも、一緒に弾いてください!
Q:以前に「屋外で放送してみたい」ということもおっしゃっていましたよね。
[ふかわ]
そうですね。太陽光が届かないスタジオの中で収録していますので、太陽の光を感じながらやってみたいですね~。ほら、ヨーロッパではクラシックの屋外コンサートってあるじゃないですか。あんな雰囲気を2時間まるまる届けられたら。ラデツキ―行進曲をかけたりしてね。

Q:最後にリスナーの皆さんにメッセージをお願いします。
[遠藤]
クラシックっていうと、一瞬構えてしまうところもあると思うんですけど、スタッフの皆さんの力添えと、リスナーの皆さんのアイデアで、楽しくくだけた感じで『きらクラ!』をやっていきたいです。聴きやすいメロディーもたくさん出てきますから、日曜の午後に2時間ずっとでなくても、ほんの一瞬でもいいので、クラシック音楽に触れてもらえたら嬉しいです。
[ふかわ] 僕自身がそうなんですが、週に1度クラシックに浸れる時間があることで、それ以外の時間も潤う気がするんです。リスナーの皆さんにもそんな風に生活のリズムにクラシックを取り入れてほしいな。皆さんのちょっとした言葉が番組に色を添えてくれるものだと思っているので、気軽に声を届けてください!


『きらクラ!』パーソナリティーのふかわりょうさんと遠藤真理さんへのインタビュー、“リスナーと一緒に番組を作っていきたい”という強い気持ちが伝わってきました。
リスナー参加のコーナーに加えて、毎週お2人が選ぶ「好きな曲」もおすすめです。お2人の個性が光る1曲、次回は何がかかるのでしょうか。曲にまつわる思い出のエピソードなども飛び出します。お聴き逃しなく!

kira_4.jpgのサムネイル画像※『きらクラ!』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


12日(土)総合テレビで放送!『SONGS ~長谷川きよし~』


『SONGS ~長谷川きよし~』
総合テレビ 5月12日(土)後11:00~11:29
(再)総合テレビ 5月18日(金)前1:40~2:09 (17日(木)深夜)

1969年「別れのサンバ」での鮮烈のデビューから40年余、現在も圧倒的な歌唱力と比類なきギタースタイルでライブ活動を精力的に続ける長谷川きよしさんが『SONGS』初登場!シャンソン・サンバ・ラテン・ジャズなど、さまざまな音楽の要素をとりいれたその作品世界と、彼の歌声の魅力を紹介します。
番組では、これまで発表した代表作の歌唱はもちろん、長谷川さんが愛してやまない京都・清水寺でのロケを通じて、活動の拠点としている京都への思いなど、孤高のシンガーソングライターの素顔に迫ります。

【出演】長谷川きよし

hasegawakiyoshi.jpg
※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:38 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


11日(金)・18日(金)の2週にわたって放送『邦楽ジョッキー"壱太郎ラウンジ 綾戸智恵さん"』


『邦楽ジョッキー“壱太郎ラウンジ 綾戸智恵さん”』
5月11・18日(金)前11:00~11:50
(再)5月12・19日(土)前5:00~5:50


舞台では若手女形として可憐な娘役などを演じ、民放のバラエティー番組やドラマにも出演している、人気歌舞伎俳優・中村壱太郎さんがディスクジョッキーを担当している『邦楽ジョッキー』。心理学者や数学者、パティシエや探検家など、歌舞伎以外の分野からゲストをお招きしたり、現役大学生の壱太郎さんの大学でのエピソードや、舞台での体験談などをお話したりしながら、本格的な古典演奏から、和楽器を使ったロックやポップスまで、邦楽の奥行きの広さと新たなる魅力をご紹介している番組です。
5月11・18日(金)の『邦楽ジョッキー』は、2週にわたって、ジャズシンガーの綾戸智恵さんをゲストにお迎えしてお送りします。自らの病や母の介護など、様々な経験を経てきた綾戸さん。そんな彼女が音楽を通じて伝えたいこととは? 聴く人に元気と感動を与える綾戸さんの歌の魅力に、壱太郎さんが迫ります。

【ゲスト】綾戸智恵 (ジャズシンガー)
【DJ】中村壱太郎

※『邦楽ジョッキー』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:21 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


後11時、お気に入りの音楽を探そう...8日(火)『元春レイディオ・ショー』、9日(水)『松尾潔のメロウな夜』


『元春レイディオ・ショー』
5月8日(火)後11:00~前0:00
(再)5月15日(火)前10:00~11:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
8日(火)は、先週おかけした佐野さんと雪村いづみさん共演による新曲「トーキョー・シック」のレコーディング秘話などが語られるとのこと。どうぞお楽しみに!また番組では、「トーキョー・シック」への感想や、DJへのメッセージをお待ちしています。下記の番組ホームページからお寄せください。

【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

『松尾潔のメロウな夜』
5月9日(水)後11:00~前0:00
(再)5月16日(水)前10:00~11:00

EXILE、平井堅、ケミストリー、JUJUなどのプロデュースで知られる音楽プロデューサーであり、R&Bの研究家としても知られる松尾潔さんがお送りしている、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム『松尾潔のメロウな夜』。
5月9日(水)は、先週に引き続きレギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」をお送りします。今回は、グッと大人度をまして、非常にマチュアなメロウ界の定番アーティストたちの新譜をご紹介します。番組後半は、松尾さんがこれまでにライナーノーツを手がけてきたアルバムの中から、『メロウな夜』にふさわしいアルバムをピックアップしてお送りする「耳で楽しむライナーノーツ」をお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:24 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 5月7日(月)~5月10日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

5月7日(月) 5月8日(火)
ml_20120507.jpg ml_20120508.jpg
山崎まさよし 井手綾香

5月9日(水) 5月10日(木)
ml_20120509.jpg ml_20120510.jpg
JUN SKY WALKER(S) ラムジ

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子


<関連番組>
◆5月7日(月)のゲスト 山崎まさよしさんが出演!
『ロックの学園・総集編』(再)
-前編・愛し合ってるかい?- (初回放送:2月18日放送)
BSプレミアム 5月3日(木・祝)前1:05~2:04 (2日(水)深夜)

-後編・盛り上がってるかい?-(初回放送:2月19日放送)
BSプレミアム 5月3日(木・祝)前2:05~3:04 (2日(水)深夜)


2007年から3回にわたり、神奈川県の廃校で行われた音楽イベント「ロックの学園」の総集編を再放送。

また、山崎さんの新曲「太陽の約束」が、総合テレビ『スタジオパークからこんにちは』のテーマ曲してON AIR中!
『スタジオパークからこんにちは』
総合テレビ 月曜~金曜 後1:27~2:00

※『スタジオパークからこんにちは』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:48 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエイターズファイル』5月のマンスリーDJは、サカナクションの山口一郎さんが担当します!


『サウンドクリエイターズファイル ~サカナクション~』
5月6・13・20日(日)後9:00~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。5月のマンスリーDJは、文学性の高い歌詞、郷愁感あふれるフォーキーなメロディ、クラブミュージック、ロックという様々な要素を混在させた独自のスタイルを持つロックバンド、サカナクションの山口一郎さんが3週にわたって担当します!
自身のルーツとなった音楽・文学をはじめ、サカナクションの歴史をアルバムごとに振り返りつつ、最新曲についてもお話いただきます。さらに特別企画として、これからの音楽業界を担う若手スタッフとの座談会や、スペシャルゲストとの対談も予定しています。どうぞお楽しみに!
また番組では、サカナクション・山口一郎さんへの“リアルでストレート”な質問を募集しています。音楽に関すること、それ以外のことでも結構です。下記の番組ホームページの質問フォームか、twitterからお送りください。お待ちしております!(twitterの場合、@返信形式でおねがいします。アカウント名以外のペンネームをご希望の方は、明記ください。また、いただいた質問は番組で紹介させていただくことがありますので、ご了承ください)

【DJ】山口一郎 (サカナクション)

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:15:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


みんなの投稿にYUIさんが答えます!5月5日(土・祝)放送『YUIのラジオ fight』


『YUIのラジオ fight』
5月5日(土・祝)後11:00~翌前1:00

0505_yuiradio.jpg青春時代の心の葛藤をストレートに歌いあげ、10代を中心に幅広い世代から人気を集めている、シンガーソングライターのYUIさん。そんなYUIさんが、今年のNHK全国学校音楽コンクール・Nコンの、中学校の部の課題曲「fight(ファイト)」の作詞作曲を手がけています。下記のNコンホームページの特設サイト「YUIのインターネット fight」では、「私のファイト」と題して「今、がんばっていること」「応援していること」など、投稿を募集しています。
NHK-FM 5月5日(土・祝)放送の『YUIのラジオ fight』では、YUIさんが寄せられた投稿ひとつひとつを受け止め答えていきます。そして自身の中学校時代もふり返りながら、「fight(ファイト)」に込めた思いや、いま考えていることなどを語ります。スタジオにはゲストとしてはんにゃのお二人が登場するほか、昨年の課題曲を作ったflumpool(フランプール)からのメッセージも紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】YUI
【ゲスト】はんにゃ
【コメントゲスト】flumpool

※『YUIのラジオ fight』番組ホームページはこちら

※NHK-FMは、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:14:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 5月3日(木・祝)~6日(日)のおすすめ番組


『今日は一日“特撮”三昧』
5月3日(木・祝)後0:15~10:45 (中断あり)


今年誕生45年を迎える「ウルトラマン」シリーズや、去年誕生40年を迎えた「仮面ライダー」シリーズなど、日本の“特撮”は、子どもたちから大人まで幅広いファンに愛されています。今回、記念すべき『三昧』100本目は“特撮”番組のテーマ曲や挿入歌を中心に、10時間にわたってお届けする『今日は一日“特撮”三昧』を放送します!
ゲストに「宇宙刑事ギャバン」などで知られる俳優の大葉健二さんや、数々の特撮ソングを歌ってきた歌手の串田アキラさん等をお招きし、“特撮”の魅力にあらゆる角度から迫ります。子どもたちに、そしてかつて子どもだった大人たちに、正義と勇気、そしてなによりも今の日本に必要な元気をお届けします。番組では現在、リクエスト&メッセージを募集中!下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております!また、放送中に『三昧』から重大発表が…。


 【ゲスト】大葉健二(俳優)
      串田アキラ(歌手)
      鈴木美潮(特撮コメンテーター)
      長澤奈央(俳優)
【電話出演】稲田徹(声優)
      海老名保(イベント会社経営者)
      満田かずほ(円谷プロダクション特別顧問)
      池田憲章(特撮評論家)
  【司会】斎藤政直アナウンサー


※『今日は一日“特撮”三昧』番組ホームページはこちら


『今日は一日“ラ・フォル・ジュルネ”三昧』
5月4日(金・祝)後0:15~10:45 (中断あり)


「ラ・フォル・ジュルネ」は、フランスの港町ナントで1995年に始まったクラシック音楽祭。フランス語で“熱狂の日”を意味します。この音楽祭は、2005年、日本に上陸、以後「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」として毎年開催され、延べ480万人ものクラシックファンを楽しませています。
番組では、このイベントのメイン会場である東京国際フォーラムに、サテライトスタジオを設置。ホールA、ホールB7、とホールCの3つの会場で行われるコンサートの生中継のほか、様々なアーティストたちをゲストに招いての楽しいトークを交え、音楽祭の魅力を存分にお伝えまします。
「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」今回のテーマは、「ロシアの祭典」を意味する<サクル・リュス>。19世紀から現代までの激動のロシアで革新的でスピリチュアルな音楽潮流を生み出した作曲家たちをとりあげます。グリンカ、「ロシア5人組」(バラキレフ、キュイ、リムスキー=コルサコフ、ボロディン、ムソルグスキー)にはじまり、ロシアが誇る大作曲家であるチャイコフスキー、ラフマニノフ、20世紀の音楽界を飾るストラヴィンスキー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、そしてシュニトケ、グバイドゥーリナ、アルヴォ・ペルトまで。ロシア音楽の変遷をたどる、驚きと感動に満ちた広大なパノラマをお届けします。番組では、メッセージを募集中!(リクエストは受け付けておりません)下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております。


【案内】野本由紀夫(音楽評論家)、渡邊佐和子アナウンサー
【中継レポーター】東涼子


※『今日は一日“ラ・フォル・ジュルネ”三昧』番組ホームページはこちら

※「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」公式サイトはこちら
(クリックするとNHKサイトを離れます)


『世界の快適音楽セレクション ~子供の音楽 パート2~』
5月5日(土・祝)前9:00~11:00

5月5日は端午の節句、こどもの日。今回の『世界の快適音楽セレクション』のテーマは、「子供の音楽 パート2」。大人から子供まで楽しめる、子供の音楽をお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』番組ホームページはこちら


『今日は一日“爆笑コミックソング”三昧 IN 福岡』
5月5日(土・祝)後0:15~10:00 (中断あり)


「電線音頭」に「恋のぼんちシ―ト」、「ハイスクールララバイ」に「いい湯だな」…コミックバンドやお笑いタレントが歌ったコミックソング。5月5日(土・祝)のNHK-FMは、芸どころ・福岡から公開生放送で、皆さまのリクエストにお応えしながら9時間以上にわたり、『今日は一日“爆笑コミックソング”三昧 IN 福岡』をお送りします!
ドリフターズにクレイジーキャッツ、欽ちゃんファミリー、小松政夫、ビートたけし、明石家さんま、所ジョージ、嘉門達夫、つボイノリオ、とんねるず等々、コミックソングの歴史を振り返りながら幅広く選曲。アーティスト自身に直撃インタビューを敢行し、曲への思いもふんだんに語っていただきます。番組は、東西対抗形式で曲を紹介。東西それぞれのキャプテンは、コロッケさんと小松政夫さんが担当します。そして、スペシャルゲストとして「ハイスクールララバイ」で160万枚の大ヒットを記録したイモ欽トリオが、一日限りの復活を果たします。現在番組では、リクエスト&メッセージを募集中!下記の番組ホームページからお寄せください。
また、公開生放送の会場となるNHK福岡放送局では、1階テレビホールに会場を設け、一緒に番組をお楽しみいただけます!(入場無料。事前申し込み不要、観覧希望の方は直接NHK福岡放送局にお越しください)全国から寄せられるtwitterのつぶやきが見られるスクリーンの設置や、会場にお越しの方のみ、コミックソングのCD持ち込みリクエストも受付します。(持ち込みリクエスト受付は当日後4:00迄。コピー音源不可、市販CDに限ります) お近くの方は、ぜひ会場にお越しください!

【司会】コロッケ(東軍キャプテン)
    小松政夫(西軍キャプテン)
【ゲスト】イモ欽トリオ、入山学
【解説】合田道人(歌謡曲評論家)
【演奏】吉田隆(ギター)、成田玲(キーボード)
【DJ】曽田孝アナウンサー
   伊達正隆アナウンサー(発掘コミックソングコーナー)
   柴田拓アナウンサー(ツイッター速報)
   三輪秀香アナウンサー(場内アナウンス)

※『今日は一日“爆笑コミックソング”三昧 IN 福岡』番組ホームページはこちら

※当日、NHK福岡放送局にお越しになる方は、こちらをご覧ください。


『FMシアター “チョッキー”』
5月5日(土・祝)後10:00~11:00


5月5日(土・祝)の『FMシアター』は、通常より放送時間を10分拡大して、イギリスSF界の巨匠ジョン・ウィンダムが、死の前年に出版した著者最後の傑作SF小説「チョッキー」をお送りします。
純粋で繊細な少年と、彼にだけ声が聴こえる謎の人物“チョッキー”との心の交信。そして、それを見守る両親や大人社会におよぼす心の波紋。少年は苛立ち、心で叫びながらもチョッキーと交信し続ける。はたして、チョッキーは、少年の妄想か? それとも多重人格の所産なのか? 21世紀の今日でもまだ明らかになっていない“地球外生命体”をモチーフにして、「信じる」ことの大切さを描くハートフルSFを、少年の父親の目線からあたたかく描きます。

【原作】ジョン・ウィンダム
【訳】金利光
【脚色】樋口ミユ
【出演】吉見一豊、モモタロウ、春日井静奈、藤崎花音、三村聡、住田隆、田上ひろし、鈴木一功、服部ひろとし、小豆畑雅一、清水瑛一

※『FMシアター』番組ホームページはこちら


『ビバ!合唱 ~バルト海沿岸の合唱曲 パート1~』
5月6日(日)前7:20~8:10


『ビバ!合唱』月の第1週は、合唱指揮者の大谷研二さんの解説でお送りします。
共通の気候・風土を持ちながら、それぞれ多様な文化を育んできたバルト海沿岸諸国。合唱の盛んなこの地域からは、ラウタヴァーラやヴァスクスといった現代作曲家の手によって、優れた合唱作品が数多く生み出されています。今回は、そうしたバルト海沿岸の合唱曲を集めてお送りします。

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『きらクラ!』
5月6日(日)後2:00~4:00
(再)5月7日(月)前7:20~9:20


独特の感性を持つタレントのふかわりょうさんと、気鋭のチェリスト遠藤真理さんが繰り広げる、お気楽クラシック音楽バラエティー・ラジオ『きらクラ!』。極上の音楽と、まったりトークやさまざま人気コーナーで、気楽にクラシック音楽に触れることのできるキラキラした日曜の午後をお届けします。老いも若きも、マニアもビギナーも、気楽に番組に参加できるお楽しみいっぱいの2時間です。なんと今回、遠藤真理さんゆかりのあの方からもリクエストが!どうぞお楽しみに。

【パーソナリティー】ふかわりょう、遠藤真理

※『きらクラ!』番組ホームページはこちら


『洋楽80'sファン倶楽部』
5月6日(日)後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組『洋楽80'sファン倶楽部』。
今回は、「ワン・ヒット・ワンダー」奇跡の一曲をもつアーティスト(いわゆる一発屋アーティスト)を特集してお送りします。番組後半の80年代に活躍したアーティストの今をお伝えする「NOW AND THEN」のコーナーでは、ライオネル・リッチーを特集します。どうぞお楽しみに! 現在番組では、リクエスト&メッセージを募集中!思い出やエピソードを添えて、下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております。

【DJ】シャーリー富岡

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


『ミューズノート ~ダイアナ・クラール~』
5月6日(日)後5:00~6:00

ミューズノート、それは「女神たちの音色」。ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた、SPEEDの島袋寛子さんの個性的なチョイスとトークで、古今東西の女性ボーカルを紹介します。
今回とりあげるミューズは、ピアニストとしても評価が高いジャズシンガー、ダイアナ・クラールです。島袋さんの視点で、ハスキーで、それでいて温かみのある“シルキーボイス”のダイアナ・クラールをご紹介します。また番組のエンディングでは、島袋さんが生歌を披露。どうぞお楽しみに!

【DJ】島袋寛子

※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


『リサイタル・ノヴァ ~岡本侑也(チェロ)~』
5月6日(日)後8:20~9:00
(再)5月11日(金)前9:20~10:00

新進気鋭の演奏家の演奏を聴く疑似コンサートホール『リサイタル・ノヴァ』。“支配人”を務めるのはピアニストの本田聖嗣さん。フレッシュな演奏と、本田さんが引き出す若き演奏家たちの本音トークをお楽しみいただきます。
5月6日(日)は、2011年「第80回日本音楽コンクール」チェロ部門で第1位を受賞した岡本侑也さんの演奏をお届けします。

【出演】岡本侑也(チェリスト)
【支配人(司会)】本田聖嗣(ピアニスト)

※『リサイタル・ノヴァ』番組ホームページはこちら


『セッション2012 ~吉岡秀晃トリオ~』
5月6日(日)後11:00~前0:00
(再)5月11日(金)前10:00~11:00

今回の『セッション2012』は、モダン・ジャズの薫りを色濃く表現するピアニスト、吉岡秀晃が登場。
吉岡は1960年、宮崎県出身。18才の時から、バド・パウエル、エロール・ガーナー、レッド・ガーランドなどを独学で探究し、1979年に来日したレッド・ガーランド・トリオのメンバー、ジャミール・ナッサー、ジミー・コブと共演。その後、宮之上貴昭や、鈴木勲のグループで活動をはじめ、多くのミュージシャンと共演し、数々のレコーディングに参加。吉岡のファンキーでバップテイストあふれる演奏は、国内外で高い評価を得ている。身体から音楽があふれ出るようなプレイで、聴く人を魅了する吉岡秀晃のトリオ・ライブをどうぞお楽しみください。

【演奏】吉岡秀晃(ピアノ)、横山裕(ベース)、小泉高之(ドラムス)
【案内】濱中博久アナウンサー

 ※『セッション2012』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


青春時代のサントラ(映画音楽)をかけて、男気たっぷりに語ります『みうらじゅんのサントラくん』5月4日(金・祝)ラジオ第1で放送!


『みうらじゅんのサントラくん』
ラジオ第1 5月4日(金・祝)後9:05~11:00 (中断あり)

映画音楽(サントラ)を、マイブームの旗手みうらじゅんさんが語るトークコラム番組『みうらじゅんのサントラくん』。
みうらさん曰く、体育会系モテ男たちのデートムービーは「敵の映画」で、文科系男子が映画館へ逃げ込んで観ていたのは「味方の映画」とのこと。 番組では、みうらさん原作の映画を監督している俳優の田口トモロヲさんと共に、映画マニアを自認する同世代の二人が、青春時代に夢中になった映画のレコードをかけながら、おバカでエロでカッコよかった「味方の映画」を語り合います。さて、どんな内容になるのか?どうぞお楽しみに!

【出演】みうらじゅん、田口トモロヲ

※『みうらじゅんのサントラくん』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:09 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


4日(金・祝)総合テレビで放送『心を鍛える音楽道場 ~指揮者・広上淳一と弟子たち~』


『心を鍛える音楽道場 ~指揮者・広上淳一と弟子たち~』
総合テレビ 5月4日(金・祝)前10:05~10:48

1振りでオーケストラを動かし、極上の音楽に仕上げる指揮者。指揮者は何を見て、何を感じ、どうオーケストラをまとめ上げるのか? 今、東京音楽大学の指揮科が、ユニークな指揮者養成カリキュラムで注目されている。指導するのは、世界の舞台で活躍する広上淳一さん。広上さんが何より重視するのは、指揮者本人の「人間力」。学生に実際のオケを指揮させる“合同レッスン”では、「どんな音楽にしたいのか」「指揮とは何か」を徹底的に考えさせる。番組では、世界のマエストロと若き指揮者との真剣勝負の現場を密着する。

【出演】東京音楽大学教授…広上淳一

20120501_120504hirokami1.jpg

投稿時間:13:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


U.M.U(=ご当地アイドル)たちが大集合!5月3日(木・祝)ラジオ第1で公開ナマ放送『U.M.U ご当地アイドルフェスティバル ジモラブNo.1決定戦』


『U.M.U ご当地アイドルフェスティバル ジモラブNo.1決定戦』
ラジオ第1 5月3日(木・祝)後1:05~2:55(中断あり)

東京・渋谷のNHK放送センターでは、5月3日(木・祝)から6日(日)まで「渋谷DEどーも2012~NHKげんきランド~」と題して、番組の公開収録やステージショー等、さまざまなイベントを開催します。
5月3日(木・祝)には、地域で活躍するU.M.U(アンダー・メジャー・ユニットアイドル=ご当地アイドル)たちが大集合する番組『U.M.U ご当地アイドルフェスティバル ジモラブNo.1決定戦』を、NHK放送センター正面口前・特設ステージ(雨天時は、ふれあいホール)から公開ナマ放送でお送りします。(入場には入場整理券が必要となります。詳しくは下記の「渋谷DEどーも2012~NHKげんきランド~」ホームページをご確認ください)
日ごろより愛してやまない地元愛(=ジモラブ)度№1の座をかけ、イベント当日までの地元PR、そして当日のステージパフォーマンスなど、Web上で、会場でと、いかに地元をPRできるのかを競い合います。No.1は、皆さまからの投票で決まります。現在番組では、下記の番組ホームページやtwitterから投票を受付中!たくさんの投票お待ちしております。

【ゲスト】アイドリング!!!
【ゲストMC】春香クリスティーン
【会場リポーター】ななめ45、Girl<s>ACTRY
【出演】フルーティー(北海道)、りんご娘(青森)、とちおとめ25(栃木)、
     CANDY GO!GO!(東京)、ミラクル(静岡)、OS☆U(愛知)、
     OSAKA翔GANGS(大阪)、Mary Angel(大阪)、
     ポンバシwktkメイツ(大阪)、まなみのりさ(広島)、
     S★UTHERN CROSS(鹿児島)

※『U.M.U ご当地アイドルフェスティバル ジモラブNo.1決定戦』番組ホームページはこちら

※「渋谷DEどーも2012~NHKげんきランド~」ホームページはこちら

投稿時間:11:38 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


後11時、お気に入りの音楽を探そう...2日(水)『松尾潔のメロウな夜』、3日(木・祝)『ザ・ソウルミュージック』


『松尾潔のメロウな夜』
5月2日(水)後11:00~前0:00
(再)5月9日(水)前10:00~11:00

EXILE、平井堅、ケミストリー、JUJUなどのプロデュースで知られる音楽プロデューサーであり、R&Bの研究家としても知られる松尾潔さんがお送りしている、“メロウ”をキーワードにした大人のためのミュージックプログラム『松尾潔のメロウな夜』。
5月2日(水)にお送りするのは、レギュラー・プログラム「メロウな風まかせ」。今回も選りすぐりの新譜をご紹介します。番組後半は、松尾さんがこれまでにライナーノーツを手がけてきたアルバムの中から、『メロウな夜』にふさわしいアルバムをピックアップしてお送りする「耳で楽しむライナーノーツ」をお届けします。どうぞお楽しみに!

【DJ】松尾潔

※『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

『ザ・ソウルミュージック ~マイアミ・ソウル特集~』
5月3日(木・祝)・10・17・24日(木)後11:00~前0:00

日本では緑薫るこの季節…5月3・10・17・24日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は4週にわたって、梅雨入り前のつかの間の初夏の季節感にもピッタリな、マイアミ・ソウル特集をお届けします。陽光あふれるフロリダ州マイアミ発のソウルを、新旧一堂にまとめてお楽しみいただきます。

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:29 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


4月30日(月・祝)~5月6日(日) 今週のおすすめ番組


あたかもギターをかき鳴らしているようなパフォーマンス、「エアギター」。
ある資料によれば・・・
「ロックバンドのボーカリストが、間奏のときに手持ち無沙汰になるために、マイクスタンドを使って始めたパフォーマンス」と説明されています。
最近では、エアギターのコンテストも開催されたりして、すっかりお馴染みになりました。

こうした「あたかも楽器を弾いているかのように見せるパフォーマンス」。
筆者が最初に見た記憶は、今から30年あまり前のテレビ番組でした。
それが「イモ欽トリオ」。
萩本欽一さんが出演する民放のバラエティー番組で結成されました。
“ワルオ”こと西山浩司さん、“フツオ”こと長江健次さん、“ヨシオ”こと山口良一さんの3人です。
デビュー曲の「ハイスクールララバイ」。
メインボーカルの長江さんの脇で、西山さんと山口さんがドラムとキーボードを弾いている「ふり」をするパフォーマンスを見せました。
シャープでコミカルな「エアドラム」「エアキーボード」が、大人から子どもまで大人気となり、こぞって真似をしたものです。
当時、160万枚のミリオンセラーとなりました。

あの「イモ欽トリオ」がNHK-FMのために再結成されて、伝説となっているパフォーマンスを披露します。

pickup_zanmai.jpg『今日は一日“爆笑コミックソング”三昧 IN 福岡』
5月5日(土)後0:15~10:00

【司会】小松政夫 コロッケ
【ゲスト】 イモ欽トリオ 入山学
【解説】合田道人
【DJ】曽田孝アナウンサー ほか


「イモ欽」の3人もリハーサルを重ねているそうです。
ラジオでは音だけでしかお楽しみ頂けませんが、番組はNHK福岡放送局から公開生放送ですので、会場ではあのパフォーマンスを見られるはずです。

同番組では、その他にも、「電線音頭」や「恋のぼんちシート」など、
懐かしいコミックソングの数々を東西対抗形式でお届けします。
コミカルな振り付けの数々も、身体の奥底の記憶から蘇るかも知れません。大型連休終盤の一日、肩の力を抜いてお楽しみください。

Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

 

投稿時間:10:58 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません