2012年3月

『ミュージックライン 4月2日(月)~4月5日(木)』 ラインナップ


pickup_ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 


4月2日(月)からの『ミュージックライン』は、2009年から3年間にわたってDJを担当してきた鮎貝健さんに代わり、B.B.クィーンズ、Mi-Ke、ソロ活動と幅広く活躍中の宇徳敬子さんがDJを担当します!

~ゲスト~

4月2日(月) 4月3日(火)
ml_20120402.jpg ml_20120403.jpg
B.B.かまってちゃん 安藤裕子

4月4日(水) 4月5日(木)
ml_20120404.jpg ml_20120405.jpg
NIKIIE 平原綾香

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】宇徳敬子

投稿時間:19:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


4月2日(月)NHK-FM 番組変更のお知らせ


4月2日(月)のNHK-FMは、ラジオ第1での「国会中継」にともない、予定を変更して以下の番組を放送します。ご了承ください。(3月31日、雨天のため「選抜高校野球大会」の日程が順延しましたので、当初(3/30)掲載時と変わっています)

<4月2日(月)NHK-FM 前11:00~11:55/後0:20~4:00 番組変更>

前11:00~11:55「第84回選抜高校野球大会」
後0:20~(4:00)「第84回選抜高校野球大会」
          (延伸のとき以降の番組に変更あり)

投稿時間:18:23 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエイターズファイル』4月のマンスリーDJは、真心ブラザーズが担当します!


『サウンドクリエイターズファイル ~真心ブラザーズ~』
4月1日(日)後9:30~11:00
4月8・15・22日(日)後9:00~11:00


月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。
4月のマンスリーDJは、真心ブラザーズが担当します!最近、ますます仲が良いというお二人。幼少期から触れてきた音楽や、昨年行なったアコースティックツアーで生まれた曲について等、4週にわたってたっぷりとお話いただきます。どうぞお楽しみに!


【DJ】真心ブラザーズ

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

なお、4月8日(日)からは、放送開始時間が30分繰り上がり、後9:00から11:00までの2時間枠となりますので、お間違えないように!

投稿時間:18:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『とことん○○』新年度第1弾は、『とことんFMだから聴きたいモノラル盤』来週4月2日(月)深夜から放送!


『とことんFMだから聴きたいモノラル盤』
4月3日(火)~7日(土)
前0:00~0:50 (2日(月)~6日(金)深夜)
4月10日(火)~14日(土)
前0:00~0:50 (9日(月)~13日(金)深夜)
4月17日(火)~21日(土)
前0:00~0:50 (16日(月)~20日(金)深夜)
4月24日(火)~28日(土)
前0:00~0:50 (23日(月)~27日(金)深夜)


こだわりの音楽を毎日、毎週聞きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。4月2日(月)深夜からは、案内役にNHK-FM『クロスオーバーイレブン』の選曲者でおなじみの、音楽評論家・小倉エージさんをお迎えしてお送りする『とことんFMだから聴きたいモノラル盤』を20日間にわたって放送!
音像に広がりがあり、臨場感にあふれるステレオ盤。それとは対照的に、音がひと塊に融合したモノラル盤。その独特の迫力やインパクトを与える60~70年代ロックのモノラル盤が、今、音楽ファンの間で密かに話題を呼んでいます。今回、ステレオ放送が当たり前のFMで、あえてモノラル録音の魅力を探ります。どうぞお楽しみに!


【案内】小倉エージ(音楽評論家)

※『とことんFMだから聴きたいモノラル盤』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


月曜の後11:00にお引っ越し!4月2日(月)放送『石丸幹二のシアターへようこそ ~"シアターへようこそ"ってこんな番組~』


『石丸幹二のシアターへようこそ
 ~“シアターへようこそ”ってこんな番組~』
4月2日(月)後11:00~前0:00
(再)ラジオ第1 4月9日(月)後9:05~9:55 (50分サイズ)


ミュージカルナンバーからスタンダード、そして隠れた名曲など、こだわりの選曲と豊富な舞台の知識を交えて、俳優の石丸幹二さんがお届けしている『石丸幹二のシアターヘようこそ』。4月から2ndシーズンに突入し、放送時間も月曜の後11:00からとなります。(翌週月曜日にはラジオ第1で50分サイズでの再放送も始まります)
テレビCMや映画などで流れ、いまやスタンダードナンバーと呼ばれている名曲の中には、元がミュージカルナンバーだったというものも少なくありません。今回の放送では、石丸さんもビースト(野獣)役を演じた「美女と野獣」からのナンバー等、ミュージカルを見たことのない方にも楽しめる楽曲を中心にお送りします。どうぞお楽しみに!


【パーソナリティー】石丸幹二

※『石丸幹二のシアターへようこそ』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:47 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週(4/2(月)~5(木))の『ミュージックプラザ』は、各曜日ゲストをお迎えして2時間の拡大スペシャルでお送りします!


『ミュージックプラザ スペシャル』
4月2日(月)~5日(木)後4:00~6:00


新年度最初の週となる4月2日(月)~5日(木)の『ミュージックプラザ』は、各曜日ゲストをお迎えし、いつもより放送時間を拡大してのスペシャル版でお送りします。どうぞお楽しみに!

月曜日は「J-POP HIT GRAFFITI」つのだ☆ひろのこだわり昭和歌謡!
4月2日(月)は、ゲストに野口五郎さんをお迎えします。つのだ☆ひろさんと野口五郎さんは、古くからの友人と言う事なので、普段聞くことのできない裏話も聞けるかもしれません!
【DJ】つのだ☆ひろ

火曜日は「洋楽 MUSIC TODAY」ルーシー・ケントの90年代以降の洋楽ヒッツ・セレクション!
4月3日(火)は、ゲストにジャズ・ユニット“フライド・プライド”のボーカル、シホさんと、ギターの横田明紀男さんのお二人をお招きしてお送りいたします。
【DJ】ルーシー・ケント

水曜日は「J-POP MUSIC TODAY」鈴木万由香のJ-POP ナウヒッツ・セレクション!
4月4日(水)は、ゲストに新世代クラシックギターデュオ“いちむじん”の宇高靖人さん、山下俊輔さんをお迎えします。
【DJ】鈴木万由香

木曜日は「洋楽 HIT GRAFFITI」矢口清治が懐かしの洋楽ヒットをたっぷりと!
4月5日(木)は、ゲストに音楽評論家の木崎義二さんをお迎えして、洋楽ポップスのエッセンスをたっぷりとお届けします。
【DJ】矢口清治

番組では各曜日、リクエスト&メッセージを募集中!下記の番組ホームページから、どしどしお寄せください。

※『ミュージックプラザ』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週4月2日(月)スタート『音楽遊覧飛行』週替わりでさまざまな音楽をご紹介します!


『音楽遊覧飛行』<新>(4月2日(月)スタート)
月曜~木曜 前9:20~10:00
(再)翌週月曜~木曜 後5:20~6:00

『音楽遊覧飛行』は、仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできるような音楽番組です。週替わりのパーソナリティが、さまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。ちょっとしたお役立ちミニ情報も盛り込んで、世界中を遊覧飛行した気分になれるような名曲の数々をお届けします。4月2日(月)からの週は、榊原広子さんが「ふるさとのうた 心の旅」と題して、日本人なら誰でも一度は聞いたことのあるような歌を中心にお送りします。どうぞお楽しみに!

「ふるさとのうた 心の旅」【DJ】榊原広子
ダ・カーポの榊原広子さんが、日本人なら誰でも一度は聞いたことのあるような歌を中心にお送りします。

「食と音楽で巡る地球の旅」【DJ】吉村喜彦
作家の吉村喜彦さんが、食べ物から連想する世界中の音楽を料理や文化と共に紹介します。

「エイジアンクルーズ」【DJ】サラーム海上
よろずエキゾ風物ライターのサラーム海上さんが、アジアや中東のエキゾチックな音楽を中心に紹介します。

「映画音楽ワールドツアー」【DJ】中川安奈
女優の中川安奈さんが、映画のストーリーやロケの舞台になった風景を想像しながらお送りします。

※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:42 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


4月2日(月)~4月8日(日) 今週のおすすめ番組


どんなに辛いことがあっても、桜は花を咲かせます。
東日本大震災のさなかでも、そうでした。
そして・・
再び、桜の季節がやってきました。
今年は開花が遅れたことも手伝って、東京では、新年度のスタートに文字通り桜が花を添える格好となりました。

NHK-FMも、新年度、新番組の花が咲きます。
今年の編成のポイントは、日曜日午後の改編です。
行楽地にでかける車の中で、気軽に楽しめる番組を集めました。

pickup_kira.jpgのサムネイル画像★カジュアルにクラシックを楽しめる
「きらクラ!」
日曜 後2:00~4:00
(再)翌 月曜 前7:20~9:20

【レギュラー・パーソナリティー】
ふかわりょう、遠藤真理

pickup_fan80.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像★洋楽黄金期の80年代ポップスをお届けする
「洋楽80’sファン倶楽部」
日曜 後4:00~5:00

【DJ】
シャーリー富岡

pickup_muse.jpg★SPEEDの島袋寛子さんがおすすめの女性ボーカルを紹介する
「ミューズノート」
日曜 後5:00~6:00

【DJ】島袋寛子


この3つの番組をラインナップしました。
もう1つの編成ポイントは、クラシック番組の刷新です。

pickup_dj.jpg★4人のクラシックの一流アーティストたちが、それぞれの視点で
お伝えする
「DJクラシック」
金曜 後9:10~10:00

【出演】
錦織健、小林十市、清水和音、茂木大輔

pickup_bravo.jpgのサムネイル画像
★オーケストラ鑑賞の入門番組
「ブラボー!オーケストラ」
金曜 後2:00~6:00

【出演】
奥田佳道、堀内修、吉村溪 ほか

pickup_nova.jpg★クラシック界の新星たちのフレッシュな演奏をお楽しみいただく
「リサイタル・ノヴァ」
日曜 後8:20~9:00
(再)翌週金曜 前9:20~10:00

【支配人(司会)】本田聖嗣


などを新設しました。
ピリッとスパイスの効いた、キラッと光る番組を目指します。

新年度、私たちNHK-FMのさまざまな番組が、みなさんの暮らしに少しでも彩を添えることができれば幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

 

Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

 

投稿時間:14:35 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


東北にそして日本全国にエールを!4月1日(日)BSプレミアムで放送『音楽熱帯夜スペシャル"福山雅治ライブ~MEET THE MUSIC in 宮城"』


『音楽熱帯夜スペシャル
“福山雅治ライブ~MEET THE MUSIC in 宮城”』
BSプレミアム 4月1日(日)後10:00~11:29
(再)BSプレミアム 5月4日(金・祝)前0:48~2:16 (3日(木・祝)深夜)

総合テレビ 6月10日(日)前1:20~2:48 (9日(土)深夜)

東日本大震災から1年。3月18日に福山雅治さんが、被災地・宮城県石巻市の中学校で“スペシャルライブ”を開きました。今回のこの企画は、福山さんが20年以上パーソナリティーを続けるFM放送を通じて、全国に同時生放送もされ、東北にそして日本全国にエールを送りました。番組では、福山さんが1年間にわたって“声”を通じて被災地を支援し続けてきたことで実現したこのライブの模様を、周辺取材も含めて、たっぷりとお送りします。

<曲目>
「虹」「HELLO」「Around the world」「fighting pose」「家族になろうよ」
「生きてる生きてく」「桜坂」「蜜柑色の夏休み」「少年」「道標」

【出演】福山雅治


<関連情報>
福山さん出演の3月28日に放送された『SONGS』を再放送!
『SONGS ~福山雅治~』(再)
総合テレビ 4月6日(金)前2:25~2:59 (5日(木)深夜)

BSプレミアム 5月4日(金・祝)前0:15~0:48 (3日(木・祝)深夜)

※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:14 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


クラシックをより身近に...新番組『ららら♪クラシック』Eテレ4月1日(日)スタート!


『ららら♪クラシック
 “ベルリン・フィルの樫本大進 登場!”』<新>
Eテレ 4月1日(日)後9:00~10:00


「クラシックを聞いてみたいけど、何から始めたらいいの?」というビギナーの方からクラシック通の方々へ…クラシックの魅力を、作家の石田衣良さんと作曲家の加羽沢美濃さんの軽妙なトークを交えてお届けする音楽番組『ららら♪クラシック』が、Eテレで4月1日(日)後9:00からスタートします。
記念すべき第1回は、ソロ、オーケストラのコンサートマスター、室内楽、そして音楽祭の音楽監督と、1人で何役もこなしてしまうバイオリニストの樫本大進さんをゲストにお招きします。その活動を追っていくだけで、クラシックのいろいろな楽しみ方に出会えるほど、幅広く活動する樫本さんの活躍に光を当てながら、スタジオでは、現在デュオを組むウクライナの気鋭のピアニスト、コンスタンチン・リフシッツさんとのライブ演奏も披露していただきます。どうぞお楽しみに!


【ゲスト】樫本大進 (バイオリニスト)
【司会】石田衣良、加羽沢美濃


※『ららら♪クラシック』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:59 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 3月31日(土)4月1日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~振り返る音楽~』
3月31日(土) 前9:00~10:55


新年度が迫ってきた!今回のテーマは「振り返る音楽」。皆さまとご一緒に番組のこれまでを振り返り、ついでに自分たちの過去も振り返り、心に残る音楽を集めようという内容でお送りする予定です。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、湯浅学

※『世界の快適音楽セレクション』ホームページはこちら


『蓄音機で聞くSPレコードの魅力』
<第1部> まろのSP日記 第6集
3月31日(土)後2:00~4:00
<第2部> SP日記 軽音楽派大集合
3月31日(土)後4:00~6:00

31日(土)後2:00からは、浜松市制100周年を記念して、静岡放送局と浜松支局が開催した「浜松レコード展」の一環として行った、軽妙な語りでSPレコードの魅力をお伝えする番組「まろのSP日記 第6集」の公開収録の模様と、SPレコードをこよなく愛するゴスペラーズのリーダー・村上てつやさんが、同じくアナログ好きなモアリズムのメンバーとともに、クラシック以外の分野のSPレコードを取り上げた公開収録「SP日記 軽音楽派大集合」の模様を、2部形式でお送りします。どうぞお楽しみに!

<出演者>
第1部 -まろのSP日記 第6集-
【出演】篠崎史紀(NHK交響楽団コンサートマスター)、
桑田 歩(NHK交響楽団チェロ奏者)、山本佳澄(ピアニスト)
【司会】中山庸介アナウンサー

第2部 -SP日記 軽音楽派大集合-
【出演】村上てつや(ゴスペラーズ)、ナカムラ(モアリズム)、
アントニオ佐々木(モアリズム)
【司会】中山庸介アナウンサー

※『まろのSP日記』番組ホームページはこちら


『gleeな夜をアナタに…
~音楽でとことん楽しむ!話題のミュージカルコメディー~』
3月31日(土)後7:20~10:00


4月7日(土)から、Eテレで放送される海外人気ドラマ「glee」(シーズン1&2)。学園ドラマに“合唱”という音楽要素を入れ、最新ヒットから懐かしのポップスまで洋楽ポップス・ロックをカバーし、新たなアレンジでキャストが歌ったバージョンがヒットチャートに乗るという、本国アメリカでは大ブームになっている新機軸のドラマです。
今回番組では、まだ「glee」を見ていない人のために、「glee」内の人間関係などキャストやストーリーの解説といった基本線の紹介や、「glee」の個性的なキャストの声を担当する人気声優のトーク、さらには「glee」でカバーされるオールディーズから80's洋楽、最新ヒット曲まで幅広い洋楽ポップス・ロックを紹介し、音楽番組としても充分に楽しんでいただける内容でお送りします。どうぞお楽しみに!


【司会】クリス・ペプラー、ステファニー
【ゲスト】 野沢由香里、日髙のり子
【コメントゲスト】森川智之、小野大輔、坂本真綾、水樹奈々、石井真


<関連情報>
上記の『gleeな夜をアナタに…』が終わったあとは、Eテレで「glee」のナビゲート番組を放送!合わせてお楽しみください。
『いよいよ始まるglee! ~ドラマ×音楽 魅力大解剖~』
Eテレ 3月31日(土)後11:25~11:54
(再)Eテレ 4月4日(水)前0:30~0:59 (3日(火)深夜)
(再)Eテレ 4月7日(土)後4:30~4:59


これから初めて『glee(グリー)』を見る人にオススメ番組。「ドラマと音楽のハイブリッド」と言われる新感覚エンターテインメントとして、世界中を魅了した話題作『glee(グリー)』の人気の秘密とは!? ドラマの魅力、音楽の魅力の両面から、作品を紹介するナビゲーション番組。

【ナビゲーター】クリス・ペプラー

※『glee』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “ジャズ・クラブ巡り(3)ファイヴ・スポット”』
3月31日(土)後11:00~翌前1:00


今回の『ジャズ・トゥナイト』は、毎月1回、シリーズでお届けしている伝説の“ジャズ・クラブ巡り”の第3回、セロニアス・モンクが長期にわたって出演し、歴史的なライブ録音を残したことで有名の、ニューヨークの「ファイヴ・スポット」を取り上げます。番組では、「ファイヴ・スポット」で録音された、エリック・ドルフィー・クインテット、ケニー・バレク・クインテット、ペッパー・アダムス・クインテット等のライブ演奏をお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき ~スーザを讃えて~』
4月1日(日)前8:15~9:00


4月1日(日)の『吹奏楽のひびき』は、今年が没後80年にあたる、“マーチ王”として知られる作曲家、ジョン・フィリップス・スーザを特集します。代表作「星条旗よ永遠なれ」やアメリカ海兵隊の公式行進曲「忠誠」を、海兵隊バンドの演奏で紹介するなど、“マーチ王”スーザの珠玉の作品を取り上げます。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら

なお、『吹奏楽のひびき』は、次週4月8日(日)から放送開始時間が繰り上がり、前8:10~9:00の放送となります。お聴き逃しなく!


『サンデークラシックワイド
 ~特選アラカルト 歌劇“古事記”~』<終>
4月1日(日)後2:00~6:00


4月1日(日)の『サンデークラシックワイド』最終回は、黛敏郎・作曲の歌劇「古事記」をお送りします。
「古事記」は、黛さん晩年のオペラ作品。オーストリア・リンツ州立劇場の委嘱により作曲され、1996年に世界初演、2001年10月に、演奏会形式で日本初演されました。この楽曲は、あえて和楽器の使用を避け、オーソドックスなオーケストラ編成で書かれました。現代音楽の手法が随所に用いられていますが、それらが黛さんならではの見事なオーケストレーションによってまとめあげられています。今回は、2011年に行われた舞台版日本初演での収録をお届けします。
また、1997年に大阪音楽大学 ザ・カレッジ・オペラハウスで収録された、黛敏郎・作曲の歌劇「金閣寺」も合わせてお送りします。どうぞお楽しみに!


【ゲスト】中島悠爾
【司会】東涼子


『FMシンフォニーコンサート
 ~東京フィル第50回午後のコンサート~』<終>
4月1日(日)後7:20~9:00


4月1日(日)今回で最終回となる『FMシンフォニーコンサート』は、東京フィルハーモニー交響楽団第50回午後のコンサートの模様をお送りします。

<曲目>
「行進曲“ウィーンからようこそ”」(シュトルツ)
「ワルツ“酒、女、歌”」(ヨハン・シュトラウス)
「ワルツ“ウィーンの森の物語”」(ヨハン・シュトラウス)
「映画“第三の男”から」(アントン・カラス)
ハリー・ライムのテーマ
カフェ・モーツァルト・ワルツ
「交響曲 第6番 ヘ長調 作品68“田園”」(ベートーベン)
「おお、わが祖国オーストリア」(スッペ)


【ツィター】河野直人(3・4)
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団
【指揮】大町陽一郎
(2011年10月16日 東京オペラシティ・コンサートホールで収録) 

【案内】吉松隆


『セッション2012 ~荒武裕一朗トリオ~』
4月1日(日)後11:00~前0:00
(再)4月6日(金)前10:00~11:00


4月1日(日)の『セッション2012』は、切なくも美しいメロディーと、パワフルなプレイを兼ね備えるピアニスト、荒武裕一朗トリオが登場!
荒武裕一朗は、1974年宮崎県生まれ。立教大学時代に本田竹広のピアノに陶酔し、プロミュージシャンになるため、作・編曲法を福村博に2年間師事した。その後、渡米しニューヨークで研鑽を積み、菊池雅章にピアノを学んだ。帰国後、98年、TA-TA SEPTETを結成し、都内を中心に演奏活動を開始。これまでに、金井英人、小山彰太、林栄一、外山明、クリス・シルバースタインなどと共演している。現在は、自己のトリオのほか、本田珠也クインテット等に参加し、活動している。ビクター音楽コンクールで優秀賞受賞。ピアニストとして都内各所で精力的に活動中。
今回は、長年共演するレギュラー・メンバーのベース、安東昇と故・本田竹広の息子、本田珠也のドラムスで紡ぎ出される、繊細かつ情熱的なステージをお楽しみください。


【演奏】荒武裕一朗(ピアノ)、安東昇(ベース)、本田珠也(ドラムス)
【案内】濱中博久アナウンサー


※『セッション2012』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:26 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


30日(金)BSプレミアムで放送『大集合!J-POP青春の'80』特別コーナーとして、あの伝説のアイドル番組「レッツゴーヤング」も復活!


『大集合!J-POP青春の'80』
BSプレミアム 3月30日(金)後10:00~11:59
(再)BSプレミアム 4月1日(日)後1:00~2:59

昨年、BSプレミアムで放送していた『J-POP青春の'80』が4月から再登場!そのレギュラー放送を前に、3月30日(金)に特別版『大集合!J-POP青春の'80』を放送します。
1980年代から2000年代初頭は、J-POPにとって「黄金時代」。新しいポップスターが次々と彗星のごとく現われ、数々のヒット曲・名曲が生まれました。日本が戦後最大の困難に直面しているといわれる今、多くの人の心を動かした名曲・ヒット曲の数々によって「苦しみ」や「悲しみ」を一瞬でも忘れてもらえたら…という気持ちのアーティストたちが、NHKホールで大熱唱!また、特別コーナーとして伝説のアイドル番組『レッツゴーヤング』も26年ぶりに復活!どうぞお楽しみに。


【ゲスト(五十音順)】
 相川七瀬、石川ひとみ、石野真子、五輪真弓、岩崎宏美、岩崎良美、
 
大橋純子、荻野目洋子、柏原芳恵、小比類巻かほる、鈴木亜美、
 鈴木雅之、世良公則、ハウンドドッグ、バブルガムブラザーズ、
 早見優、八神純子、山根康弘、渡辺美里
【特別ゲスト】太川陽介
【司会】大友康平、西堀裕美アナウンサー


120328letsgo.jpg

<関連情報>
『J-POP青春の'80』新年度のレギュラー放送時間は以下のとおり
BSプレミアム 毎週金曜 後10:00~10:59 (4月6日スタート)
(再)BSプレミアム 毎週日曜 後1:00~1:59
(再)BSプレミアム 毎週火曜 後11:45~翌前0:44


4月6日(金)は、ゲストに八神純子さん、世良公則さん、GAOさんをお迎えしてお送りします。司会は大友康平さんと西堀裕美アナウンサー。

※『J-POP青春の'80』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:00 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


30日(金) 放送の『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ』最終回は、白鳥の湖を中心にお送りします


『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ ~白鳥の湖を中心に~』<終>
3月30日(金)後9:10~10:00


バレエダンサーの熊川哲也さんが選りすぐりのバレエ音楽を紹介する、ラジオによるバレエ番組『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ』。今回30日(金)の放送をもって終了となります。最終回となる今回は、バレエの代名詞ともなっている不朽の名作「白鳥の湖」をとりあげます。

「白鳥の湖」は、悪魔の力で白鳥の姿に変えられたオデットと王子ジークフリートの美しくも悲しい恋の物語。オデットを救えるのは王子の愛の力のみだが、悪魔ロットバルトのたくらみで、王子はオデットそっくりの黒鳥オディールに愛を誓ってしまう…。チャイコフスキーの名旋律の数々を、熊川さんのトークとともにお楽しみください。

【出演】熊川哲也 新井鴎子

※『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:14 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ28日(水)の『SONGS』は、豪華2本立!『SONGS ~松任谷由実 2012春スペシャル~』&『SONGS ~福山雅治~』


『SONGS ~松任谷由実 2012春スペシャル~』
総合テレビ 3月28日(水)後10:00~10:45
(再)総合テレビ 4月6日(金)前1:40~2:25(5日(木)深夜)


昨年3月11日の東日本大震災を受けて、松任谷由実さんと『SONGS』が、1年にわたって行ってきた「(みんなの)春よ、来い」プロジェクト。『SONGS』投稿サイトにお寄せられた歌声、松任谷さんの大規模な全国ツアーや、そのファイナル・仙台会場での大合唱シーン、さらには『紅白歌合戦』での熱唱などを経て、ついにプロジェクトの大団円をむかえます。今回のスペシャル番組では、これまでに参加したすべての方々の合唱を含む決定版「(みんなの)春よ、来い」をお送りします。さらに、松任谷さんの音楽創作のルーツともいえる母校・立教女学院や、今年舞台公演に初挑戦する日比谷の帝国劇場などを訪ね、2011年から2012年にかけての松任谷さん活動を、さまざまな角度から紹介します。

<松任谷由実さんからのコメント>
大震災から1年が経ちました。この間に世界中から寄せられた全ての歌声を乗せて「(みんなの)春よ、来い」が完成しました。あの日を忘れないように、そしてあの日から1日も早く一歩踏み出せるようにとの想いを込めて“みんな”でつくった歌です。もっと多くの人に聴いてもらい、少しでも厳しい日々を送る人たちの手助けになって欲しい、そう願っています。本当のゴールは(春は)、まだまだ先にあると思っています。


【出演】松任谷由実
【ゲスト】貫地谷しほり
【ナレーション】守本奈実アナウンサー


※「(みんなの)春よ、来い」プロジェクトのホームページはこちら


そして、引き続き後10:45からは、『SONGS ~福山雅治~』をお送りします。

『SONGS ~福山雅治~』
総合テレビ 3月28日(水)後10:45~11:19
(再)総合テレビ 4月6日(金)前2:25~2:59(5日(木)深夜)
BSプレミアム 5月4日(金・祝)前0:15~0:48 (3日(木・祝)深夜)


震災直後から、パーソナリティーを務めるラジオ番組を通じ、さまざまな支援を被災地に対して行ってきた福山雅治さん。今回は、福山さんにとって重要なツールといえる“ラジオ”を通じて、リスナーと交わしてきたコミュニケーションにスポットをあてます。3月に宮城で行ったライブで、東北にそして全国にエールを送る姿、そして、この1年間に生まれた楽曲をスタジオで熱唱する姿など、今、福山さんが伝えたいメッセージを豊富なドキュメント映像とともにお送りします。

【出演】福山雅治

※『SONGS』番組ホームページはこちら


<関連情報>
『音楽熱帯夜スペシャル“福山雅治ライブ~MEET THE MUSIC in 宮城”』
BSプレミアム 4月1日(日)後10:00~11:29
(再)BSプレミアム 5月4日(金・祝)前0:48~2:16 (3日(木・祝)深夜)
総合テレビ 6月10日(日)前1:20~2:48 (9日(土)深夜)


東日本大震災から1年。福山雅治さんが、3月18日に宮城で行ったスペシャルライブの模様をお送りします。

投稿時間:11:13 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


次回の『今日は一日"○○"三昧』は、4月29日(日・祝)放送『今日は一日"戦後歌謡"三昧』リクエスト募集中!


『今日は一日“戦後歌謡”三昧』
4月29日(日・祝)後0:15~9:00 (中断あり)


“戦後歌謡”、その膨大な歌の数々は、いま私たちの周囲を満たしている多彩な音楽の原点です。戦後の廃墟の中から立ち上がるために、新しい時代を作るために、大きな励ましとなり活力の元となった“戦後歌謡”の数々。嬉しいにつけ、悲しいにつけ、歌は「よし、明日は頑張るぞ」と、聞く人に勇気を伝えてくれました。ある年代の人にとっては青春を象徴する精神の支柱であり、戦後の日本の文化の大きな根幹でもあります。
今回4回目を迎えた『戦後歌謡三昧』は、私たちを励まし勇気づけてくれた歌の数々に焦点をしぼり、更に明日に向かって生きるめの糧にしようと計画しています。番組では現在、リクエスト&メッセージを募集中!下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております。

募集は終了しました。たくさんのリクエスト&メッセージありがとうございました。

【ゲスト】水谷八重子、仲畑貴志、柳亭市馬
【司会】立川志らく、加賀美幸子


※『今日は一日“戦後歌謡”三昧』番組ホームページはこちら

<過去3回の『今日は一日“戦後歌謡”三昧』プレイリスト>
2011年4月29日放送の第3回のプレイリストはこちら
2010年4月29日放送の第2回のプレイリストはこちら
2009年4月29日放送の第1回のプレイリストはこちら

※より多くの方に『今日は一日“○○”三昧』を楽しんでいただこうと、Twitterを始めました!
番組Twitterアカウントは @nhk_zanmaiです

投稿時間:11:06 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


小西さんの詞を、石坂浩二さんの"語り"でお届けする『小西康陽 これからの人生。』明後日28日(水)放送!


『小西康陽 これからの人生。』
3月28日(水)後11:00~前0:00
(再)4月4日(水)前10:00~11:00

毎月最終水曜日の夜に、小西康陽さんが「いま、本当に聴きたい音楽」を、月替わりのテーマでお送りしている『小西康陽 これからの人生。』。

3月28日(水)は、ゲストに俳優の石坂浩二さんをお迎えします。
小西さんが今回のために書き下ろした詩、そして小西さんのピチカート・ファイヴの作品の歌詞を、石坂さんの“語り”で、まるごと一時間たっぷりお送りします。
そして音楽は、アニタ・カーのレアな作品ばかりを、屈指のコレクター・大江田信(おおえだ まこと)さんよりお借りしての選曲で送ります。
実は今回のテーマは、昨年の3月30日にオンエアする予定で進行していた企画でした。しかし東日本大震災のため収録が延期となり、一年越しに実現したプログラムとなります。もちろん昨年作ろうとしていたものとは少し違った内容になっています。

小西康陽さん曰く
「この番組で必ずやり遂げたかった企画。誰よりも聴きたいのは、この僕です」。
2001年にピチカート・ファイヴが解散して、この3月31日で11年。ピチカート・ファイヴのファンだった方にもぜひ聴いて戴きたい一時間です。

【ゲスト】石坂浩二 (俳優)
【DJ】小西康陽

※『小西康陽 これからの人生。』番組ホームページはこちら

NHK-FMは、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:11:49 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日27日(火)最終回を迎える『大貫妙子 ~懐かしい未来~』ゲストに、作家・池澤夏樹さんをお迎えしてお送りします


『大貫妙子 ~懐かしい未来~』<終>
3月27日(火)後11:00~前0:00
(再)4月3日(火)前10:00~11:00


『大貫妙子~懐かしい未来~』は、毎月1回、シンガーソングライター大貫妙子さんが「いま、ほどよいライフスタイル」をキーワードにお送りしている番組。大貫さんが注目しているアーティスト、作家、活動家をゲストに招き、お話をうかがいます。
2009年4月28日からスタートし、3年にわたってお送りしてきた『大貫妙子~懐かしい未来~』。今回の放送をもって終了となります。最終回となる27日(火)は、現在札幌在住の作家・池澤夏樹さんをNHK札幌放送局にお迎えし、震災を含めた社会全般の関心事について語り合います。

【ゲスト】池澤夏樹 (作家)
【メインパーソナリティ】大貫妙子

※『大貫妙子~懐かしい未来~』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:02 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


4月2日(月)『華麗なるドラマの序曲~大河ドラマとオペラの音楽』、4月7日(土)『吹奏楽&合唱 新年度スペシャル』放送決定!


『華麗なるドラマの序曲~大河ドラマとオペラの音楽』
4月2日(月)前7:20~9:20

2月4日(土)に、群馬音楽センター(群馬県高崎市)で公開収録した「華麗なるドラマの序曲~大河ドラマとオペラの音楽」の模様をお届けします。今年50年目を迎えた「大河ドラマ」のテーマ曲と、オペラのテーマ音楽ともいえる序曲の数々で構成し、クラシックファンのみならず、より多くの方にお楽しみいただけます。ゲストには、2012年大河ドラマ「平清盛」の出演者やテーマ音楽の作曲家を迎え、役作りや曲作りについてなど、会場でしか聞けないお話も伺いました。

gunkyou.jpg

<曲目>
「歌劇“ウィリアム・テル”序曲」
「赤穂浪士」「黄金の日日」「功名が辻」「篤姫」
「秀吉」「武田信玄」「独眼竜政宗」
「歌劇“カヴァレリア・ルスティカーナ”間奏曲」
「歌劇“フィガロの結婚”序曲」
「天地人」「喜歌劇“天国と地獄”序曲」
「楽劇“ニュルンベルクのマイスタージンガー”第1幕への前奏曲」
「江~姫たちの戦国」
「歌劇“カルメン”前奏曲~第4幕への間奏曲“アラゴネーズ”」
「平清盛」
ほか

【ゲスト】玉木 宏さん(俳優・歌手)、吉松 隆さん(作曲家)
原田 節さん(オンド・マルトノ奏者)、舘野 泉さん(ピアニスト)
【指揮】坂本和彦さん
【演奏】群馬交響楽団
【司会】黒崎めぐみアナウンサー


 0407_2shot.jpg『吹奏楽&合唱 新年度スペシャル』
4月7日(土)後7:20~9:00

様々な音楽のジャンルの中でも、特に愛好家が多い合唱と吹奏楽。
新年度、いずれも50分に放送時間が拡大する『ビバ合唱』と『吹奏楽のひびき』のレギュラー解説者が、それぞれの魅力を存分に語りつくします。
合唱と吹奏楽のコラボ曲紹介、同一曲の合唱版・吹奏楽版聴き比べなど、盛り沢山な趣向で、ファンが喜ぶ珍曲・名曲をたっぷりとご紹介します。

【主な曲目】
「ミサ曲第2番 ホ短調」から(ブルックナー作曲)
「クラウド・バースト」(エリック・ウィテカー 作曲)
「大地讃頌」吹奏楽版(佐藤 眞 作曲) ほか

【出演】
大谷研二(合唱指揮者)
中橋愛生(作曲家)

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら
※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


3月26日(月)NHK-FM 番組変更のお知らせ


3月26日(月)のNHK-FMは、ラジオ第1での「国会中継」にともない、予定を変更して以下の番組を放送します。ご了承ください。

<3月26日(月)NHK-FM 前9:15~11:55/後0:20~5:20 番組変更>

前9:15~11:55「第84回選抜高校野球大会」
後0:20~「第84回選抜高校野球大会」」
       (延伸のとき以降の番組に変更あり)
(5:00)~5:20「ミュージックプラザ」(短縮)

なお、上記の放送時間帯(前9:15~11:55/後0:20~5:20)に予定していた番組につきましては、「第84回選抜高校野球大会」が雨天などにより中止した場合、当初どおり放送いたします。

投稿時間:21:52 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック』最終回3/26(月)のテーマは、「別れの心理学」!


pickup_kitayama.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック 
~別れの心理学~』<終>
3月26日(月)後11:00~前0:00

2009年4月からスタートした『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック』。最終回となる今回のテーマは、「別れの心理学」。“別れ”はなぜ悲しいのか? “別れ”には必ず心の痛みがともないます。人間の何かを失うことの大半は、“別れ”……。“別れ”を迎える時の心の準備など、きたやまさんが、精神分析の視点から見た“別れ”について、番組最後のレクチャーを行います。音楽は、きたやまさんの作品から別れの歌を特集します。

【曲目】風(高石ともや) 僕の歌(きたやまおさむ) ほか
【DJ】きたやまおさむ 黒崎めぐみ

番組ホームページはこちら

投稿時間:19:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 3月26日(月)~3月29日(木)』 ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

3月26日(月) 3月27日(火)
ml_20120326.jpg ml_20120327.jpg
清水翔太 東京スカパラダイス
オーケストラ

3月28日(水) 3月29日(木)
ml_20120328.jpg ml_20120329.jpg
SHOW-YA 河口恭吾

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

投稿時間:19:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


32年間続いた『N響アワー』ついに幕をとじる...25日(日)Eテレで放送『N響アワー "最終回スペシャル(2)思い出の名場面"』


『N響アワー “最終回スペシャル(2)思い出の名場面”』<終>
Eテレ 3月25日(日)後9:00~9:57

32年にわたり放送された『N響アワー』の最終回は、1996年から6年間司会を務めた池辺晋一郎さんと檀ふみさんのコンビをゲストにお迎えして、クラシック音楽の魅力を分かりやすく伝えてきたこの番組を、リクエストと共に振り返ります。紹介する演奏も、N響サウンドを変えた名匠デュトワや、84歳にしてなお熱演を聴かせるブロムシュテット、そしてリクエストが最も多かったロシアの巨匠スヴェトラーノフの名演など、皆さまからのリクエストにお応えしてお送りします。

【ゲスト】池辺晋一郎(作曲家)、檀ふみ(女優)
【司会】西村朗、黒崎めぐみアナウンサー

※『N響アワー』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:46 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム明日24日(土)深夜から、洋楽の名曲の数々を4回にわたって放送!『BS洋楽プレミアム』


『BS洋楽プレミアム』(全4回)
BSプレミアム
<第1夜>3月25日(日)前0:30~1:29 (24日(土)深夜)
(再)4月8日(日)前3:00~3:59 (7日(土)深夜)
(再)6月15日(金)前3:15~4:14 (14日(木)深夜)
<第2夜>3月28日(水)前0:00~0:59 (27日(火)深夜)
(再)4月15日(日)前2:45~3:44 (14日(土)深夜)
(再)6月13日(水)前2:15~3:14 (12日(火)深夜)
<第3夜>3月29日(木)前0:00~0:59 (28日(水)深夜)
(再)4月22日(日)前2:45~3:44 (21日(土)深夜)
(再)11月13日(火)前2:15~3:14 (12日(月)深夜)

<第4夜>3月30日(金)前0:00~0:59 (29日(木)深夜)
(再)4月29日(日)前3:00~3:59 (28日(土)深夜)

(再)6月12日(火)前2:45~3:44 (11日(月)深夜)


BSプレミアム24日(土)深夜から、DISCOヒッツ、切なくも美しいバラード、女性アーティスト、1990年代のヒット曲と、4つのテーマで洋楽ポップス・ロックの名曲の数々を、4回にわたってお送りします。ナビゲーターは、大の洋楽ファンと公言する俳優の谷原章介さん。どうぞお楽しみに!

<第1夜>「永遠のDISCO・HITS ~DISCO GROOVE~」
第1夜は、ビージーズからアース・ウインド&ファイアー、シック、クール&ザ・ギャング、カイリー・ミノーグ、デッド・オア・アライブ等々、ソウル、ファンクからユーロビートまで、思わず身体が動いてしまう、懐かしくも楽しいDISCOヒッツをお届けします。

<第2夜>「魅惑のベスト・バラード ~BALLAD~」
第2夜は、セリーヌ・ディオン、ビリー・ジョエル、イーグルス、エアロスミス、ホイットニー・ヒューストン等々、切なくも美しい名曲の数々を紹介します。

<第3夜>「女子力UP!オンナの洋楽・ウーマンPOPスター集 ~LADY、LADY~」
第3夜は、レディー・ガガ、アデル、そして、マドンナ、シンディー・ローパー、さらにはマライア・キャリーやオリビア・ニュートン・ジョン等といった、各年代を彩った女性アーティストを特集してお送りします。

<第4夜>「90'sベストヒット ~90's~」
第4夜は、1980年代を経て洋楽シーンが大きく変わった90年代。ニルヴァーナやスパイス・ガールズといった90年代を代表するアーティストや、印象的なヒット曲などを紹介します。

【ナビゲーター】谷原章介 (俳優)


<関連情報>
BSプレミアム来週27日(火)早朝から、アメリカやヨーロッパなどで放送されたTV番組やミュージックビデオで構成された、1980年代の洋楽ポップス&ロックの映像集『BS洋楽グラフィティー80's』をお送りします。(1980年代当時の映像のため一部映像がみだれる部分があります。ご了承ください)

『BS洋楽グラフィティー80's』
<Vol.1>BSプレミアム 3月27日(火)前4:00~5:00
<Vol.2>BSプレミアム 3月27日(火)前5:00~6:00
<Vol.3>BSプレミアム 3月28日(水)前4:00~5:00
<Vol.4>BSプレミアム 3月28日(水)前5:00~6:00
<Vol.5>BSプレミアム 3月29日(木)前4:00~5:00
<Vol.6>BSプレミアム 3月29日(木)前5:00~6:00
<Vol.7>BSプレミアム 3月30日(金)前4:00~5:00
<Vol.8>BSプレミアム 3月30日(金)前5:00~6:00
<Vol.9>BSプレミアム 3月31日(土)前4:00~5:00
<Vol.10>BSプレミアム 3月31日(土)前5:00~6:00

投稿時間:10:39 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


来週26日(月)深夜から5回にわたって放送『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012』詳細決定!


『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012』
3月27日(火)~31日(土) 前0:00~0:50(26日(月)~30日(金)深夜)
(再)4月2日(月)~6日(金)後6:00~6:50
※ラジオ受信機で再放送をお聴きになる方は、各地域によって別番組の場合がありますので、各地域局の番組表でご確認ください。但し、NHKネットラジオ“らじる★らじる”では、全国どこでも、この再放送がお聴きになれますので(緊急ニュース等の場合は除く)、ラジオ受信機でお聴きになれない方も“らじる★らじる”をご利用ください。

日本音楽界の重鎮、大瀧詠一。
音楽の実力のみならず、その知識は広く深い。

今回の5回シリーズでは、エルヴィス・プレスリーを中心に1950年初頭からのアメリカン・ポップスの進化を大瀧詠一独特の視点で語っていきます。驚きのエピソードも満載!音楽好きならずとも、知識欲をかきたてられる内容です。どうぞお楽しみに!

<5回のテーマ>
第1夜 「ビフォー・エルヴィス」
第2夜 「エルヴィス・SUN時代」(1)
第3夜 「エルヴィス・SUN時代」(2)
第4夜 「エルヴィス・RCA時代」(1)
第5夜 「エルヴィス・RCA時代」(2)

【出演】大瀧詠一

投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2012年大注目のアーティストが大集合!『MUSIC JAPAN アネックス2012』総合テレビ明日23日(金)深夜放送


『MUSIC JAPAN アネックス2012
~注目ミュージャン10組集合~』
総合テレビ 3月24日(土)前1:30~2:19 (23日(金)深夜)

※「国会中継」放送のため、放送時間が変更になりました。
総合テレビ 3月24日(土)前2:10~2:59 (23日(金)深夜)

音楽好きにお送りする『MUSIC JAPAN』の別館的特別番組『MUSIC JAPAN アネックス2012』。今回は、2012年大注目のバンドやシンガーが大集合!全10組のパフォーマンスはもちろんのこと、家入レオ&南波志帆、高校生ふたりのなごみトークや、ゲスト6組とMCのフットボールアワーによる、本音トーク満載の座談会もお送りします。どうぞお楽しみに!

<曲目>
「HARUKAZE」SCANDAL
「恋」back number
「不完全Beautyfool Days」SuG
「フタリヒトツ」Rake
「sharp#」ねごと
「My World」SPYAIR
「サブリナ」家入レオ
「少女、ふたたび」南波志帆
「Be...」Ms.OOJA
「夢のENDはいつも目覚まし!」B.B.かまってちゃん

【出演】SCANDAL、back number、SuG、Rake、ねごと、
SPYAIR、家入レオ、南波志帆、Ms.OOJA、
B.B.かまってちゃん(B.B.クィーンズ+神聖かまってちゃん)
【MC】フットボールアワー
【ナレーション】水樹奈々

※『MUSIC JAPAN アネックス2012』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:36 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終日曜放送『インディーズファイル』&『ライブビート』3月25日(日)のゲスト決定!(TOKYO No.1 SOUL SET、オーサカ=モノレール)


『インディーズファイル ~TOKYO No.1 SOUL SET~』
3月25日(日)後9:30~11:00


アマチュア・インディーズアーティストの新たな才能を応援する番組『インディーズファイル』。
3月のピックアップアーティストは、BIKKE(Vo)、渡辺俊美(Vo&Gt)、川辺ヒロシ(DJ)によるトライアングルユニット、TOKYO No.1 SOUL SETが登場!独創的なサウンドと言葉で、20年を超えて歩んできた彼らのヒストリーに迫るとともに、3年ぶりとなる最新アルバムについてもお話を聞きます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】TOKYO No.1 SOUL SET
【MC】森若香織

※『インディーズファイル』番組ホームページはこちら

そして、次回4月29日(日)から『インディーズファイル』は、放送時間が繰り上がり、後9:00からスタートとなり、後11:00までの2時間番組となります。お聴き逃しなく!

『ライブビート ~オーサカ=モノレール~』
3月25日(日)後11:00~前0:00
(再)3月30日(金)前10:00~11:00


3月の『ライブビート』は、2012年、結成20周年を迎えた日本屈指のスーパーファンクバンド、オーサカ=モノレールが登場!
結成以来、“1968年から72年のファンクサウンドを現代に蘇らせる”ことに執心してきた激しいライヴアクトは必見。ジェイムズ・ブラウンを彷彿とさせるライブは、海外でも高い評価を受け、3月30日からはスペインを皮切りに、6年目となる欧州ツアーが予定されている。結成20周年で、ますます期待されるオーサカ=モノレールのライブをどうぞお楽しみに!


【ゲスト】オーサカ=モノレール
【DJ】古閑裕


※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 3月24日(土) 25日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~熊と鹿の音楽~』
3月24日(土) 前9:00~10:55
(再)3月30日(金)後4:00~5:55

24日(土)の『世界の快適音楽セレクション』は、久しぶりの動物シリーズをお送りします。今回は、広く親しまれている熊、そして愛くるしい鹿の音楽。さて、どんな曲がかかるのか、どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』ホームページはこちら


『今日は一日“GS”三昧』
3月24日(土)後0:15~10:00(中断あり)
※ラジオ第1で放送の「高校野球」が延伸した場合、後5:00以降、変更・休止の場
合あり

1960年代後半、高度経済成長時代に日本中の若者たちを熱狂させ、一大ブームを巻き起こし社会現象ともなった“GS”=グループサウンズ。その最盛期には100を超えるグループがデビューし、ヒット曲を量産するなど音楽業界を活性化させました。あれから40年…熱く燃えた“GS”の炎は消える事なく時代を超えて生き続け、新しい世代に継承されています。大人たちには懐かしく元気が蘇り、若者たちには新鮮で発見があり元気が出る“GS”。東日本大震災から1年を迎え、未だ元気の出ない日本の茶の間に一日たっぷり“GS”の元気をお届けします。

【ゲスト】三原綱木、ムッシュかまやつ、森本太郎、阿川佐和子(作家)
【司会】岩本恭省、森田美由紀アナウンサー


※『今日は一日“GS”三昧』番組ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト
“伝説の「キング・ジャズ・フェスティバル1958」”』
3月24日(土)後11:00~翌前1:00


24日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、1958年5月2日に東京・サンケイホールで行われた「キング・ジャズ・フェスティバル」の模様をライブ音源でお送りします。ゲストには、当時フェスティバルのライブ録音や演出を担当された高和元彦さんをお迎えし、フェスティバルのきっかけや、当時のお話などを伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】高和元彦 (プロデューサー)
【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『課題曲を歌おう
~第79回NHK全国学校音楽コンクールにむけて~』
3月25日(日)後2:00~3:00


これまで数多くの合唱の名曲を生み出してきた『NHK全国学校音楽コンクール』。第79回を迎える今年は、「ひかり」をテーマに、第一線で活躍するクリエーターの皆さんにより課題曲が作られました。番組では、小学校・中学校・高等学校の課題曲を披露するとともに、作詞・作曲者が曲に託した思いを語ります。また、指揮者による演奏上のアドバイスもご紹介します。

-今年の課題曲-
小学校の部
「希望のひかり」(作詞:遊佐未森/作曲:大熊崇子)


中学校の部
「fight(ファイト)」(作詞・作曲:YUI/編曲:松本望)


高等学校の部
「明日へ続く道」/「もう一度」(作詞:星野富弘/作曲:千原英喜)
※今年度の高等学校の部は二曲からの選択制です。

【合唱】NHK東京児童合唱団、早稲田高等学院グリークラブ、早稲田大学コールフリューゲル
【司会】山田賢治アナウンサー


※『Nコン2012』ホームページはこちら


『アンサンブルの楽しみ
~第50回全国学校合奏コンクールから~』
3月25日(日)後3:00~4:00


オーケストラ、ブラスバンドなど器楽合奏を行う学校が腕を競い合う、全国学校合奏コンクールは、毎年小中高合わせて2000校のアンサンブルが参加する大規模なコンクール。このコンクールでは、層の厚さを物語るすばらしい演奏が披露される。番組では、去年12月に行われた全国コンクールで優秀な成績をおさめた学校の演奏、個性的な演奏をとりあげ、全国の学校現場で培われた音楽教育の成果を紹介します。

【案内】昌子洋子

投稿時間:14:09 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


23日(金)BSプレミアムで放送『沢田研二LIVE2011~2012 ツアー・ファイナル 日本武道館 ~瞳みのる・森本太郎・岸部一徳をむかえて~ザ・タイガースを歌う~』


『沢田研二LIVE2011~2012 ツアー・ファイナル 日本武道館
 ~瞳みのる・森本太郎・岸部一徳をむかえて~ザ・タイガースを歌う~』
BSプレミアム 3月23日(金)後10:00~11:29

(再)BSプレミアム 5月4日(金・祝)後9:00~10:29

1960年代後半空前のブームを巻き起こしたグループサウンズの代表格、ザ・タイガースのメンバーが行った武道館ライブと、それまでの道のりを追ったドキュメンタリー。2011~12年の沢田研二ライブツアーに出演した瞳みのる、森本太郎、岸部一徳。彼らは1971年1月24日の日本武道館公演を最後に解散。特に、瞳は解散後、大学に進学し、教師の道を歩んだため、この41年間、いっさい芸能活動を行わなかった。番組では、そんな彼らが再会を果たし、全国38ステージで行ったコンサートツアーのファイナル公演の模様をお届けします。41年前のザ・タイガース解散のまさにその日、日本武道館のステージに立った彼らの姿を追う。

【出演】沢田研二、森本太郎、岸部一徳、瞳みのる、岸部シロー
【語り】ベンガル

 

4shot.jpg


<関連情報>
NHK-FM、特定のジャンルにこだわった特集番組『今日は一日“○○”三昧』に、「GS(グループサウンズ)三昧」が登場!
『今日は一日“GS”三昧』
FM 3月24日(土)後0:15~10:00(中断あり)
※ラジオ第1で放送の「高校野球」が延伸した場合、後5:00以降、変更・休止の場合あり


1960年代後半、高度経済成長時代に日本中の若者たちを熱狂させ、一大ブームを巻き起こし社会現象ともなった“GS”=グループサウンズ。その最盛期には100を超えるグループがデビューし、ヒット曲を量産するなど音楽業界を活性化させました。あれから40年…熱く燃えた“GS”の炎は消える事なく時代を超えて生き続け、新しい世代に継承されています。大人たちには懐かしく元気が蘇り、若者たちには新鮮で発見があり元気が出る“GS”。東日本大震災から1年を迎え、未だ元気の出ない日本の茶の間に一日たっぷり“GS”の元気をお届けします。

【ゲスト】三原綱木、ムッシュかまやつ、森本太郎、阿川佐和子(作家)
【司会】岩本恭省、森田美由紀アナウンサー


※『今日は一日“GS”三昧』番組ホームページはこちら

NHK-FMは、パソコン&スマートフォンでも、お聴きになれます。詳しくは、NHKネットラジオ“らじる★らじる”サイトをご覧ください。

投稿時間:11:54 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


放送開始から1年『石丸幹二のシアターへようこそ "総集編"』23日(金)放送!


『石丸幹二のシアターへようこそ “総集編”』
3月23日(金)後9:10~10:00
※広島県は、3月31日(土)前1:00~1:50 (30日(金)深夜)に放送


毎週金曜日(最終週は除く)、ミュージカルナンバーからスタンダード、そして隠れた名曲などを、音楽に造詣が深い俳優の石丸幹二さんが選曲し、豊富な舞台などの知識を交えてお送りしている『石丸幹二のシアターへようこそ』。
昨年の4月1日にスタートし、まる1年を迎えようとしています。今回は、総集編と題して、この1年でお送りした作品や楽曲など、当時のさまざまなエピソード等を交えながら、石丸さんの思い入れのあるナンバーを中心にお届けします。どうぞお楽しみに!


【パーソナリティー】石丸幹二

なお、『石丸幹二のシアターへようこそ』は、4月から放送時間を60分に拡大し、毎週月曜日の放送に変わります!
『石丸幹二のシアターへようこそ』
FM 毎週月曜 後11:00~前0:00 (4月2日から)


また、ラジオ第1でも放送開始。(FMでの放送を50分に再編集し、翌週月曜に放送を予定しています)
これからも『石丸幹二のシアターへようこそ』を、どうぞよろしくお願いします。


※『石丸幹二のシアターへようこそ』番組ホームページはこちら


<関連情報>
石丸幹二さん出演の、彫刻家オーギュスト・ロダンと弟子であり愛人のカミーユ・クローデルの生涯を描いたミュージカルを放送!
『プレミアムシアター“GOLD~カミーユとロダン~”』
BSプレミアム 3月26日(月)前1:00~4:10 (25日(日)深夜)

2003年のアメリカ初演以来、海外公演は日本が初めての上演となる本作。音楽は「ジキル&ハイド」「ドラキュラ」「BONNIE&CLYDE」等、日本で上演され高評価を得ている作曲家、フランク・ワイルドホーン。上演台本・演出は、俳優・演出家として多方面で活躍している白井晃さん。石丸さん演じる現代彫刻の巨匠ロダンと、新妻さん演じるカミーユ、二人の愛と情熱の果てに触れた“GOLD”とは何なのか…深い人間ドラマを壮大な美しい旋律で紡ぎ出したミュージカル作品。

【作曲】フランク・ワイルドホーン
【脚本/作詞】ナン・ナイトン
【訳詞】森雪之丞
【上演台本/演出】白井晃
【出演】新妻聖子、石丸幹二、伊礼彼方、根岸季衣、西岡德馬 ほか
(2011年12月20日 東京・シアタークリエで収録)

※『プレミアムシアター』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:46 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』3/24(土)のゲストは小泉今日子さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』
ラジオ第1 3月19日(月)後9:05~9:55
FM 3月24日(土)前1:00~1:50(23日(金)深夜)

脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』。今回のゲストは、現在、民放で放送中の岡田さん脚本ドラマ『最後から二番目の恋』吉野千明役でご出演中の小泉今日子さんです。

TVのオーディション番組に出演したことがきっかけで、歌手デビューすることになり、知らないうちに仕事がどんどん忙しくなっていった頃、バックバンドのパーカッショニストの方から勧められた1枚のアルバムによって、仕事に対する意識が変わっていったという思い出の曲や、今年デビュー30周年を迎える小泉さんの最新ベストアルバム「Kyon30~なんてったって30年!~(3月21日発売)」から、岡田さんが選曲したナンバーなどをお送りします。
また、今週木曜日に最終回を迎えるドラマ『最後から二番目の恋』について、現場の様子やドラマの流れなど、脚本家と出演者という、それぞれの視点から語り合います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】小泉今日子
【パーソナリティー】岡田惠和

『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』
番組ホームページは
こちら

rockabarhagaki.jpgのサムネール画像

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。

 

投稿時間:10:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


3月21日(水)からの「選抜高校野球大会」期間中のNHK-FM番組変更のお知らせ


3月21日(水)から4月1日(日)までの、ラジオ第1「第84回選抜高校野球大会」放送期間中、NHK-FMでも一部の番組が、休止および短縮になりますので、ご了承ください。

<3月21日(水)NHK-FM 後4:00~6:00 番組変更>
後4:00~「ミュージックプラザ」(短縮)
   5:00~(6:00)「第84回選抜高校野球大会」
      (延伸のとき以降の番組に変更あり)
※「にっぽんのうた 世界の歌」(再)は休止

<3月22日(木)NHK-FM 後4:00~5:20 番組変更>
後4:00~「ミュージックプラザ」(短縮)
          (以降、高校野球のため変更・休止の場合あり)
   5:00~「SLのある風景」
   5:15~5:20「名曲の小箱」

<3月23日(金)NHK-FM 後4:00~5:55 番組変更>

(23日(金)放送予定の「第84回選抜高校野球大会」は、雨天により中止となりました。よって、前9:15~11:55/後0:20~4:00は、通常放送となります)

後4:00~「新しい日本の歌」(再)
   5:00~「SLのある風景」
   5:15~「名曲スケッチ」
   5:25~5:55「ムーンライトシャワー~月明かりに照らされて」
※「世界の快適音楽セレクション」(再)は休止


<3月24日(土)NHK-FM 番組変更>
24日(土)は、ラジオ第1で予定されている「第84回選抜高校野球大会」が延伸した場合、後5:00以降『今日は一日“GS”三昧』を中断して、NHK-FMで「第84回選抜高校野球大会」をお送りする場合があります。

<3月25日(日)NHK-FM 後2:00~6:00 番組変更>
後2:00~「課題曲を歌おう」
   3:00~「アンサンブルの楽しみ」
   4:00~「第84回選抜高校野球大会」
     (延伸のとき以降の番組に変更あり)
  (5:00)~「とどけ いのりのうた」(再)
   5:50~6:00「名曲スケッチ」
※「サンデークラシックワイド」は休止

また、上記以外も「第84回選抜高校野球大会」期間中(~4/1(日))、高校野球延伸およびラジオ第1で「国会中継」があった場合、「第84回選抜高校野球大会」をNHK-FMで迂回放送し、一部の番組が変更または休止になる場合がございます。ご了承ください。

投稿時間:14:30 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 明日20日(火・祝)のおすすめ番組


『特集オーディオドラマ“空の防人”』(再)
3月20日(火・祝)前9:15~10:30


戦時中、視覚障害者の耳の感覚の鋭さに注目し、戦闘機の接近をいち早く察知する「聴音兵」を生み出そうとした実話をオーディオドラマ化した、NHK名古屋放送局制作の平成23年度文化庁芸術祭ラジオ部門優秀賞受賞作『特集オーディオドラマ“空の防人”』をアンコール放送。(初回放送:2011年8月13日)
太平洋戦争が激化し、日本の敗色が色濃くなっていた時代。真山健一は岐阜の盲学校に通う全盲の少年だったが、非常時に兵士になれないものは役に立たないとされ、辛い思いをしていた。そんなある日、盲学校の校長が「盲人は聴力が鋭敏で、航空機の接近をいち早く感知できる」と主張し、東条英機首相に「盲人を聴音兵に」と嘆願書を出した。健一は「聴音兵」になることで戦争に参加できる、お国の為に役立てる、と悲しい夢を持つが、実際の戦争は彼の夢も友人も奪っていった…。これまであまり知られてこなかった戦時下の視覚障害者の置かれた状況を実際のエピソードをもとに描くオーディオドラマ。

【作】原田裕文
【出演】太賀、染谷将太、馬渕英俚可、柳川花帆、稲本凌、伊沢勉、小島範子、にへいたかひろ、多田木亮佑、湯浅浩史、棚橋真典、松浦功、鬼頭卓見、木村庄之助


※『特集オーディオドラマ“空の防人”』番組ホームページはこちら


『奥会津、からむし織の響き』
3月20日(火・祝)前10:30~11:00


かたん、かたん、とん、とん…雪深い山里に遥か昔から響き続けている、音があります。福島県の南西部、奥会津にある昭和村。山で囲まれた静かな山村で、ひっそりと受け継がれてきた織物、「からむし織」。苧麻(ちょま)ともいい、さらさらとした肌触りが身上で、本州では唯一の生産地です。
番組では、春の焼畑からからむしを育て、夏に刈り取り、秋には糸を紡ぎ、そして冬には丹念に機を織るまで、1年近くにわたって取材した貴重なからむし作りを音で綴ります。移ろう季節感、心温まる山里の暮らしを想像しながら、日本の手仕事の過程にある「美」、その世界観をゆったりと味わってください。原発問題で今も揺れる福島で、普遍的な人間の営みと故郷への想いを大切にし、豊かな自然の響きを凝縮してお届けします。

【語り】大地康雄


『今日は一日“渋谷系”三昧』
3月20日(火・祝)後0:15~10:45 (中断あり)


90年代、渋谷から発信された、音楽だけでなく、ファッションやアートにも多大なる影響を及ぼした“渋谷系ムーヴメント”。そして、今も多くのアーティストからリスペクトされている渋谷系と呼ばれたミュージシャンたち。ピチカート・ファイヴ、フリッパーズ・ギター、スチャダラパー、カヒミ・カリィなどなど、海外の音楽や日本の良質なポップミュージックのエッセンスをたっぷりと吸って出来上がった渋谷系サウンドが帰ってきます。また番組では、以下のテーマでもリクエストを募集しています。リクエスト&メッセージお待ちしております!

■あなたにとってのNo.1「フリッパーズ・ギター」ソング
■渋谷系ガーリィ・ソングNo.1とは?
■今のミュージックシーンから思う「渋谷系チルドレン・ソング」とは?


【ゲスト】野宮真貴、カジヒデキ、TOKYO No.1 SOUL SET、ホフディラン
【司会】ふかわりょう、高市佳明アナウンサー


※『今日は一日“渋谷系”三昧』番組ホームページはこちら


『元春レイディオ・ショー』
3月20日(火・祝)後11:00~前0:00
(再)3月27日(火)前10:00~11:00


佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。20日(火・祝)は先週に引き続き、ゲストに雪村いづみさんをお迎えしての後半をお送りします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】雪村いづみ
【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


19日(月)深夜から5夜連続放送!『ジャズ・トゥナイト プレゼンツ ~日本のジャズ 幻のライブ~』


『ジャズ・トゥナイト プレゼンツ ~日本のジャズ 幻のライブ~』
3月20日(火・祝) ~24(土)前0:00~0:50 (19日(月)~23日(金)深夜)


19日(月)深夜から、5夜連続でお届けする『ジャズ・トゥナイト プレゼンツ ~日本のジャズ 幻のライブ~』。
50年代の黄金期に爆発的な人気を集めた日本のジャズ。モダン・ジャズが本場アメリカで花開いていた時代に、日本のジャズのビッグ・スターたちは、いち早くその手法を取り入れて素晴らしい演奏を残しました。番組では当時の貴重なライヴ録音をききながら、歴史が生まれる現場を目撃した録音エンジニアやプロデューサーをお迎えして、名演奏誕生の舞台裏に迫ります。

第1回「日比谷クラブ・ジャム・セッション」
【ゲスト】高和元彦
第2回「モカンボ・セッション '54」
【ゲスト】岩味潔
第3回「ジャズ・アット・ザ・ビデオホール」
【ゲスト】藤田潔
第4回「銀巴里セッション」
【ゲスト】内田修
第5回「JATAコンサート」
【ゲスト】雪村いづみ


【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


18日(日)放送『サウンドクリエイターズファイル ~川勝正幸トリビュート~』最終週のDJは、東京スカパラダイスオーケストラが担当します!


『サウンドクリエイターズファイル ~川勝正幸トリビュート~』
3月18日(日)後9:30~11:00


月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。3月の『サウンドクリエイターズファイル』は、1月31日に亡くなったエディター/ライターの川勝正幸さんの追悼番組「川勝正幸トリビュート」を3週にわたって、川勝さんゆかりのアーティストの方々に、週替わりでDJを担当していただきお送りしています。
第1週はクレイジーケンバンドの横山剣さん、第2週はスチャダラパーの皆さんがDJを担当されましたが、最終週となる18日(日)は、東京スカパラダイスオーケストラがDJを務めます。そして今回も、清水ミチコさん、高橋幸宏さん、緒川たまきさんら、川勝さんゆかりの方々から届いたコメントもお送りします。お聴き逃しなく。

【DJ】東京スカパラダイスオーケストラ (谷中敦、川上つよし)

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:18:09 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック』3/19(月)のテーマは、「悲しみは水に流さず」!


pickup_kitayama.jpg『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック 
~悲しみは水に流さず~』
3月19日(月)後11:00~前0:00

震災から1年がたち、日本人の心はどのような変化したのか......。きたやまおさむさんの宮城県など被災地での講演の模様を振り返りながら、日本人の心について考えていきます。音楽は、きたやまさんの作品特集です。

【曲目】男どうし(杉田二郎) 
     悲しみは言葉にならない(きたやまおさむ&坂崎幸之助)   ほか
【DJ】きたやまおさむ 黒崎めぐみ

番組ホームページはこちら

投稿時間:17:17 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアムで来週19日(月)『L'Arc~en~Ciel 20年の軌跡』、20日(火・祝)『ASIAN KUNG-FU GENERATION ライブ』を放送!


『L'Arc~en~Ciel 20年の軌跡』
BSプレミアム 3月19日(月)後11:00~11:44


今や世界中に多くのファンを持つ4人組ロックバンド L'Arc~en~Ciel。今年は、バンド結成から数えて20周年の節目にあたり、3月からは大規模なワールドツアーを行っている。番組では、常に第一線を走り続け、J-POPを象徴する存在となった彼らの、デビューからの軌跡を、貴重な映像や未公開映像を交えて振り返ります。また、20年を振り返るメンバーのインタビューや、数々の名曲もたっぷりと紹介します。(初回放送:総合テレビ 2月12日)

『ASIAN KUNG-FU GENERATION ライブ』
BSプレミアム 3月20日(火・祝)後11:00~11:59


拡大版の放送が決定!
『音楽熱帯夜
 “ASIAN KUNG‐FU GENERATION LIVE in 日本武道館”』
BSプレミアム 4月15日(日)前0:00~1:29 (14日(土)深夜)
(再)BSプレミアム 6月16日(土)前2:20~3:49 (15日(金)深夜)

※『音楽熱帯夜』番組ホームページは
こちら

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが、初のベストアルバムのリリースを記念して、今年2月に日本武道館で行ったライブの模様をお送りします。「リライト」「ループ&ループ」「君という花」「ソラニン」などヒット曲満載のステージに加え、幕張メッセで行われたリハーサルやミュージックビデオの撮影の様子もリポート。メンバーそれぞれの「音」へのこだわりや、ライブへの思いなどを、バックステージでの表情とともにお届けします。

投稿時間:16:10 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 3月19日(月)~3月22日(木)』 ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

3月19日(月) 3月20日(火・祝)
ml_20120319.jpg ml_20120320oyasumi.jpg
かりゆし58  

3月21(水) 3月22日(木)
ml_20120321.jpg ml_20120322.jpg
高橋優 DOES

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

投稿時間:15:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


3月19日(月)~3月25日(日) 今週のおすすめ番組


♪春の小川は さらさらいくよ
岸のすみれや れんげの花に
すがたやさしく 色うつくしく
咲けよ咲けよと ささやきながら・・

文部省唱歌「春の小川」。
世代を超えて受け継がれる名曲です。
ところで、この歌の舞台がどこか、ご存知ですか?
実は、NHKのある「渋谷」なんです。
「渋谷」は、その名前の通り、JR渋谷駅に向かって下る「谷」になっています。
いく筋かの川が谷を流れ下り、渋谷駅の近くで合流していました。
そんな川の1つが「宇田川」。
地名として今も残っていますよね。
その宇田川にそそぐ支流に「河骨川」という小川がありました。
この「河骨川」こそ、唱歌「春の小川」の舞台と言われています。
この川が流れていた小田急線の代々木八幡駅近くには、歌碑も立っています。
でも、駅の周りを見回しても、川らしきものは見当たりません。
ましてや、歌詞に歌われる「すみれ」や「れんげ」なんて、どこにも咲いていません。それもそのはず、この河骨川は現在暗渠となり、行き交う人たちの足の下を流れているのです。
というわけで、説明が長くなりましたが、つまり「春の小川」は「渋谷の歌」なのです。

この「春の小川」が発表されてから、今年はちょうど100年。
NHK-FMでは、渋谷にちなんだ歌の特集を放送します。
といっても、「春の小川」のように「歌詞の舞台が渋谷の歌」というわけではありません。
それなのになぜか「渋谷系」と呼ばれる楽曲の数々を紹介します。

pickup_zanmai.jpgのサムネイル画像「今日は一日“渋谷系”三昧」
3月20日(火・祝)後0:15~10:45(中断あり)
【司会】ふかわりょう 高市佳明(NHKアナウンサー)
【ゲスト】野宮真貴 カジヒデキ
TOKYO No.1 SOUL SET ホフディラン


「渋谷系」の定義には、さまざまな意見があるようです。ある説によれば、渋谷にあったレコード店や民放FMスタジオが好んで取り上げたジャンルの音楽とも言われています。と言われても、あまりピンと来ないかも知れません。 ただ、「渋谷系」と呼ばれる楽曲を聴いていると、共通の感想を抱きます。

それは「おシャレで洗練されている」ということ。ファッション最先端の街、渋谷にピッタリな空気感をまとっているのです。そこが根強い人気の秘密と言えそうです。

さあ、果たして、どんな楽曲が集まるのか。リスナーの皆さんにも、“渋谷系”を1つの確立したジャンルとして納得していただけるのか。放送は、本格的な春の訪れを告げる「春分の日」です。


Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:14:35 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


3月11日にお送りした震災FM特集『ココロウタ』リスナーの皆さんと作った楽曲は、番組HPでお聴きになれます!


東日本大震災から1年。3月11日(日)に音楽で日本をつなぐ、4時間の生放送でお送りした『ココロウタ』。
番組では、リスナーの皆さんから歌詞のフレーズを募集し、福島在住のシンガーソングライター、ave(エイヴ)さんとともに、生放送中にひとつの歌を作りました。その完成した楽曲「福の歌 ~2012年も頑張っぺver.~」は、ベースになった、aveさんが東日本大震災直後に作った「福の歌 ~頑張っぺver.~」と共に、下記の番組ホームページでお聴きになれます。

※『ココロウタ』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


32年間におよぶ貴重なアーカイブスから名演奏をお届け『N響アワー"最終回スペシャル(1) 心に残る名演奏"』Eテレ18日(日)放送


『N響アワー“最終回スペシャル(1) 心に残る名演奏”』
Eテレ 3月18日(日)後9:00~9:57

1980年以来、定期公演や特別演奏会、海外公演など、NHK交響楽団の選りすぐりの演奏をご紹介してきました『N響アワー』。この3月に最終回を迎えることとなり、今週18日(日)と来週25日(日)は、「最終回スペシャル」を2週にわたってお送りします。1回目の18日(日)は、“心に残る名演奏”と題し、番組開始の1980年代から1990年代前半の名演奏を特集します。
「最終回スペシャル」にあたり、番組に寄せられたリクエストはおよそ600通。今回は、特に人気が多かったマタチッチ、サヴァリッシュ、シュタインといった指揮者、そして芥川也寸志ほか歴代の名司会者の懐かしい映像も放送。そしてゲストには、長年N響のコンサートマスターを務めた徳永二男さんをお迎えし、『N響アワー』が伝えてきた珠玉の名演の数々をお送りします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】徳永二男 (バイオリニスト)
【司会】西村朗、黒崎めぐみアナウンサー

※『N響アワー』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:49 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『glee(グリー)シーズン2』BSプレミアムで、いよいよ今週末17日(土)深夜から7夜連続一挙放送!


『glee2』<全22回>
BSプレミアム
<第1・2回>3月18日(日)前0:00~1:30 (17日(土)深夜)
<第3~5回>3月19日(月)前0:00~2:15 (18日(日)深夜)
<第6~9回>3月20日(火・祝)前0:00~3:00 (19日(月)深夜)
<第10~12回>3月21日(水)前0:00~2:20 (20日(火・祝)深夜)
<第13~15回>3月22日(木)前0:00~2:16 (21日(水)深夜)
<第16~18回>3月23日(金)前0:00~2:30 (22日(木)深夜)
<第19~22回>3月24日(土)前0:00~3:00 (23日(金)深夜)
※緊急ニュースのため、放送時間が変更になる場合があります。ご了承ください。

昨年、BSプレミアムで『glee(グリー)』第1シーズンをご覧になっていた皆さま、お待たせしました!ついに第2シーズンの放送がスタートします。今回は、BSプレミアムで3月17日(土)深夜から7夜連続、全22回を一挙放送!
第2シーズンでは、第1回でシャリースがフィリピンからの留学生役で出演!レイチェルと、レディー・ガガ feat.ビヨンセの「Telephone」を熱唱、第2回では、ブリトニー・スピアーズが本人役で出演。第5回では『ロッキー・ホラー・ショー』を特集し、第7回では、グウィネス・パルトロウが出演!ウィル先生と映画『雨に唄えば』の「Singin’In The Rain」とリアーナ feat.Jay-Zの「Umbrella」のマッシュアップを披露するなど、第1シーズンに負けず劣らず、豪華ゲスト出演陣や見所が満載。どうぞお楽しみに!


※『glee2』番組ホームページはこちら

※『glee』担当スタッフがみどころを紹介、BSコラム記事はこちら


<関連情報>
第1シーズンをご覧になったことがないという方へお知らせ!
Eテレ4月7日(土)から毎週土曜日 後10:55~『glee』第1シーズンの放送がスタートします。また、Eテレでの第1シーズン放送を前に、EテレとNHK-FMがタッグを組み、もっとより多くの方に『glee』を楽しんでもらおうと、以下の特集番組2番組をお送りします。第1シーズンを見る前に、こちらも合わせてお楽しみください。


『gleeな夜をあなたに… ~音楽でとことん楽しむ!話題のミュージカルコメディー~』
FM 3月31日(土)後7:20~10:00


「gleeファン」の皆さんから事前に募集したリクエストや感想を盛り込みながら、『glee』というドラマの魅力や、作品内に登場する曲やそのオリジナル版の聞き比べなど、“音楽”を中心に『glee』を満喫する160分のスペシャルプログラム。どうぞお楽しみに!(リクエストは下記の番組ホームページを参照してください。締め切りは3月21日(水)12:00迄)

【司会】クリス・ペプラー、ステファニー
【ゲスト】 野沢由香里、日髙のり子
【コメントゲスト】森川智之、小野大輔、坂本真綾、水樹奈々、石井真


『いよいよ始まるglee! ~ドラマ×音楽 魅力大解剖~』
Eテレ 3月31日(土)後11:25~11:54


これから初めて『glee』を見る人にオススメの番組。「ドラマと音楽のハイブリッド」と言われる新感覚エンターテインメントとして、世界中を魅了した話題作『glee』の人気の秘密とは!?ドラマの魅力や、音楽の魅力の両面から、作品を紹介するナビゲーション番組。

【ナビゲーター】クリス・ペプラー

※各特集番組など詳しい情報は『glee』番組ホームページをご覧ください。

投稿時間:17:46 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


12年間にわたってお送りしてきた『名曲リサイタル』明後日17日(土)最終回を迎えます


『名曲リサイタル』<終>
3月17日(土)後7:20~9:00

『名曲リサイタル』、3月17日(土)の放送をもって最終回となります。2000年から12年間にわたって放送をお聞きくださいまして、ありがとうございました。
17日(土)前半は、季波(リ・ボー)さんの馬頭琴と、ピアノ・多田聡子さん、朗読・渡辺菜生子さんとの演奏をお送りします。後半2組目は、チェロ・長谷川陽子さんとピアノ・鷲宮美幸さんの演奏をお送りします。どうぞお楽しみに!

【出演】季波(馬頭琴)、渡辺菜生子(朗読)、多田聡子(ピアノ)、長谷川陽子(チェロ)、鷲宮美幸(ピアノ)
【司会】加羽沢美濃、伊藤健三アナウンサー

※『名曲リサイタル』番組ホームページはこちら


<関連情報>
3月17日(土)に最終回を迎える『名曲リサイタル』にご出演されている加羽沢美濃さんが新たにパーソナリティを務める番組『ららら♪クラシック』がEテレで4月1日(日)からスタート!

『ららら♪クラシック』
Eテレ 毎週日曜 後9:00~10:00(4月1日スタート)


「クラシックを聞いてみたいけど、何から始めたらいいの?」という人へ、クラシックの魅力を作家の石田衣良さんと作曲家の加羽沢美濃さん
の軽妙なトークを交えてお届けします。

0213_kaiken_rarara2.jpg

「音楽家は言葉に出来ない思いを音楽で表現するのが、いつも表現の根底にあるのですが、そういう音楽を聞いて、言葉の魔術師の石田さんがど
んなふうにそれを私達に届けてくれるのかな?と考える度にワクワクしています。」と番組に向けての抱負を語っていただきました。

【出演】石田衣良 加羽沢美濃

※『ららら♪クラシック』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:22 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 3月17日(土) 18日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~幸せにする音楽~』
3月17日(土)前9:00~10:55


誰もが誰かを幸せにしたい、一緒に幸せになりたいと願っているもの。ミュージシャンも誰かを幸せにするために、音楽作りに励んでいる。今回のテーマは「幸せにする音楽」。幸福感あふれるひとときをご堪能ください。
(なお、23日(金)後4:00からの再放送枠は、ラジオ第1で放送予定の「第84回選抜高校野球」対応のため、あらかじめ休止とさせていただきます。ご了承ください)

【出演】ゴンチチ、渡辺亨

※『世界の快適音楽セレクション』ホームページはこちら


『ジャズ・トゥナイト “ベシェの名曲「小さな花」誕生60周年”』
3月17日(土)後11:00~翌前1:00

17日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、ジャズの巨人でソプラノ・サックスのパイオニア、シドニー・ベシェを特集します。シドニー・ベシェの最大のヒット作「小さな花」は、結婚したばかりの夫人の誕生日に贈った曲といわれ、最初に発表したのは、60年前の1952年、パリでのことでした。番組では、「小さな花」をはじめ、ベシェが1952年パリで残した歴史的ライブ演奏を中心にお送りします。また、番組後半のホットピックスのコーナーは、チック・コリアのニューディスク等を紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『サンデークラシックワイド ~海外オペラアワー メトロポリタン歌劇場の歌劇“セビリアの理髪師”』
3月18日(日)後2:00~6:00

18日(日)の『サンデークラシックワイド』は、メトロポリタン歌劇場の2011/12シーズンから、ロッシーニの代表作である歌劇「セビリアの理髪師」をお送りします。
人気のディアナ・ダムラウをロジーナ役に据え、恋の相手であるアルマヴィーヴァ伯爵役にコリン・リー、それを助けるフィガロ役にはロディオン・ポゴソフと、現在のMETで活躍する若手を配したキャスティングが聴きものの作品です。どうぞお楽しみに!

【案内】小畑恒夫 (ロッシーニ協会理事/昭和音楽大学教授)


『ビバ!合唱 ~世界の名指揮者 フリーダー・ベルニウス~』
3月18日(日)後9:00~9:30
(再)3月23日(金)前9:20~9:50

18日(日)の『ビバ!合唱』は、ドイツ出身の指揮者フリーダー・ベルニウスの演奏をお届けします。
ベルニウスは、18世紀以前の音楽を原典に忠実に再現しようとする指揮者として注目され、シュツットガルト室内合唱団を組織して、欧米をはじめ世界各地で演奏会を開き、多くの国際的な賞を獲得しているほか、古楽アンサンブルのムジカ・フィアタ・ケルンとの活動などが高く評価されています。今回はその優れた演奏からバッハの「モテット」をお送りします。

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『セッション2012 ~M&Eプロジェクト~』
3月18日(日)後11:00~前0:00
(再)3月23日(金)前10:00~11:00

今回は、この『セッション2012』のために結成した、トロンボーンの中川英二郎、サックスの本田雅人を双頭リーダーとするセクステット、M&Eプロジェクトが出演!
中川英二郎は、1975年東京生まれ。音楽一家に育ち、3歳からピアノを始め、5歳でトロンボーンを吹き始めた。8歳からプロ活動を開始。12歳の時、アメリカにてワイルド・ビル・デビソンと共演。東京芸術大学附属音楽高等学校在学中にCDデビューし、16歳でバークリー音楽大学夏期セミナーに参加。18歳からはスタジオ・プレイヤーとして活動し、2001年活動の拠点をニューヨークに移した。現在は、金管八重奏団「侍 Brass」、また小曽根真との共演や、数々のビッグ・バンドへ参加するほか、クラシック・プレーヤーとして読売交響楽団と共演するなど、ジャズ、クラシック、吹奏楽の指導等で幅広い活動を展開している。
本田雅人は1962年高知県生まれ。小学3年生からサックスを始めた。国立音学大学でジャズ・オーケストラに所属し、山野ビッグ・バンド・ジャズ・コンテストで優勝、最優秀ソリスト賞を受賞している。在学中から「原信夫とシャープス&フラッツ」のリード・アルト・サックス奏者を務め、1991年にフュージョン・グループ「T-SQUARE」に加入し、98年退団後は、ソロ・アーティストとして活動を開始した。現在は、自己のコンボや、ビッグ・バンド「本田雅人B.B.STATION」を中心に、多くのセッションやレコーディング、アレンジャー、プロデュースなど、多岐に渡り精力的に活動している。
ジャズ、フュージョン、ファンクとさまざまなジャンルで活躍する豪華なメンバーによる、一夜限りのセッション。どうぞお楽しみに。

【演奏】中川英二郎(トロンボーン)、本田雅人(サックス/フルート)、新澤健一郎(ピアノ/シンセサイザー)、中村健吾(ベース)、梶原順(ギター)、田中栄二(ドラムス)
【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2012』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:53 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


和太鼓に魅せられたアメリカ人アーティストを紹介『BEGIN Japanology"Japanophiles~アート・リー"』16日(金)BS1で放送


『BEGIN Japanology“Japanophiles~アート・リー”』
BS1 3月16日(金)後2:00~2:28
(再)BS1 3月22日(木)前3:00~3:28 (21日(水)深夜)
※この番組は、主音声は英語音声になります。日本語音声で楽しむ場合は、副音声をご利用ください。


海外向け放送NHKワールドでお送りしている『BEGIN Japanology』。これまで伝えられてきた紋切り型の「日本人」や「日本文化」の枠を壊し、日本の魅力を新しい切り口で世界に発信している番組です。日本国内でも、BS1で毎週金曜日の後2:00から放送中です。(4月からは木曜日に変わります)
3月16日(金)BS1の放送では、日本に魅せられた外国人を紹介するシリーズ「Japanophiles」をお送りします。今回ご紹介する方は、ブロードウェイをはじめ、世界を股にかけて活躍するアメリカ人和太鼓アーティスト、アート・リーさん。長野県飯田市で暮らしながら、気迫あふれる演奏と流麗なパフォーマンスが特徴の和太鼓ユニット「TOKARA」を率い、年間200日の海外公演をこなしています。和太鼓の演奏は全身運動。そのための強じんな肉体を維持すべく、リーさんは日々の鍛錬を怠りません。番組では、そんなリーさんの迫力ある演奏とともに、それを生み出す和太鼓への情熱に迫ります。

【ゲスト】アート・リー
【出演】市瀬ゆかり
【司会】ピーター・バラカン


※『BEGIN Japanology』番組ホームページ(英語表記)はこちら


<関連情報>
『BEGIN Japanology』番組ホストを務めているピーター・バラカンのNHK-FMレギュラー番組、絶賛放送中!
『ウィークエンドサンシャイン』
FM 毎週土曜日 前7:20~9:00


※『ウィークエンドサンシャイン』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:09 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


長らく日の目を見なかった幻の「みんなのうた」が、今よみがえる!『みんなのうた発掘スペシャル』明日15日(木)深夜から総合テレビで放送


『みんなのうた発掘スペシャル』<全5回>
Vol.1 総合テレビ 3月16日(金)前1:40~2:10 (15日(木)深夜)
 ※四国地方/一部地域は、別番組をお送りします。ご了承ください。
 (再)Eテレ 11月17日(土)前1:16~1:46 (16日(金)深夜)
Vol.2 総合テレビ 3月17日(土)前1:55~2:25 (16日(金)深夜)
 ※近畿地方は、別番組をお送りします。ご了承ください。
Vol.3 総合テレビ 3月20日(火・祝)前4:30~5:00
Vol.4 総合テレビ 3月23日(金)前2:05~2:35 (22日(木)深夜)
 ※「NHK平成24年度予算審議」放送のため、放送時間が変更になりました

Vol.4 総合テレビ 3月28日(水)前2:25~2:55 (27日(火)深夜)
 (再)Eテレ 2013年10月27日(日)後3:30~4:00
Vol.5 総合テレビ 3月26日(月)前2:10~2:40 (25日(日)深夜)

 ※佐賀地方は別番組放送のため、前3:18~3:48の放送予定です。
 (再)総合テレビ 4月3日(火)後3:25~3:55


昨年、放送50周年を迎えた『みんなのうた』。過去に放送した楽曲はなんと1300曲以上を数えます。しかし、残念なことに映像や音として記録に残っているのは、そのうち800曲ほどにすぎず、500曲ほどは失われてしまって、もうお見せすることができません。これは、放送開始してしばらくの間は、今日のように過去の番組をアーカイヴ化することが前提となっておらず、放送用のビデオテープが高価で貴重だったので、放送が終わると消去してしまっていたためです。そこで、番組では“みんなのうた発掘プロジェクト”を発足。『みんなのうた』番組ホームページを通じて、これらの“失われた楽曲”の情報を、皆様からご提供いただき、一部アーカイヴ化に成功しました。今回は、5回にわたって、その発掘された過去の名曲をまとめてお送りします。どうぞお楽しみに! (なお、深夜帯放送のため、緊急ニュース等で放送時間の変更・休止の場合があります。あらかじめご了承ください。また、地域によっては、別番組の場合がありますので、各地域の番組表をご確認ください)

オンエア楽曲ラインナップは以下のとおり
<Vol.1>
「こびとのうた~“Snow-White and The Seven Dwarfs”より~」「じゃがいも」「イナレオタ~さかだちのうた~」「ラッパと少年」「あくびのむこうにとびだそう」「ツビレグ ツブレグ マーチ」「虹と雪のバラード」「ごめんなさい」「歩いて行こう」「ふるさとのヨーデル」「島原地方の子守唄」「ラ・ゴロンドリーナ(つばめ)」


<Vol.2>
「ちいさな汽車」「この広い野原いっぱい」「音のシンフォニー」「矢車草」「オブラディ オブラダ」「赤い山 青い山 白い山(北海道地方のわらべ唄)」「ながいなさんとはやいなさん」「鳩笛」「遠いまち」「緑の小馬が生まれたら」「ボクたち大阪の子どもやでェ」「風の子守歌」


<Vol.3>
「気球にのって」「巣立つ日まで」「ここは 南の島」「天使のパンツ」「シンドバッドの船」「ともだちはいいもんだ」「かな かな かな」「さびしがりやさんこんにちは」「ぼくらは三つ子の男の子」「風のうた(「交響曲第1番」より)」「切手のないおくりもの(1978年版)」「川」「夏は来ぬ(1979年版)」

<Vol.4>
「わたしは“とうふ”です」「北の旅」「だるまさんがころんだ」「大空から見れば」「夢みてるわけじゃないよ」「北国放浪」「ホロスコープ~あなたの星座~」「6ちゃんがねころんで」「道」「ビューティフル・ネーム」「まちぼうけ」「進め!しんじ君」「今夜も眠れない」

<Vol.5>
「嵯峨野巡礼」「紅葉」「ヒュルル ジンジン からっ風 (1979年版)」「雪娘」「かくれんぼ」「乙女峠へ」「グリーン・グラス」「のらねこ三度笠」「コラソンDEデート」「シャッキシャキの転校生」「灯台守」「ドン・キホーテ」「走れジョリィ」


※記事初出時に、Vol.4、Vol.5の楽曲が誤って掲載されました。ご覧になった読者の方々ならびに、関係各位に深くお詫び申し上げます。
※3月19日(月)、改めてVol.4、Vol.5の正式な楽曲を掲載し直しました。


※『みんなのうた発掘スペシャル』関連ホームページはこちら
※“みんなのうた発掘プロジェクト”ホームページはこちら
※“みんなのうた 発掘プロジェクト”担当者へのインタビュー記事が掲載中の「BSコラム」はこちら

投稿時間:11:54 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


パリで一番ホットな歌姫は誰? 14日(水)BSプレミアムで放送『輝く歌姫 "パリに咲く5つの歌声"』


『輝く歌姫 “パリに咲く5つの歌声”』
BSプレミアム 3月14日(水)後8:00~8:48


世界で活躍する歌姫に光を当てる番組『輝く歌姫』。今回は、FM局のDJや、ジャーナリスト、ライブハウスのプロデューサーら、大都会パリの音楽・流行の先端人物3人が、パリに咲く5人の歌姫の歌声を紹介してくれます。
お薦めしてくれる5人の歌姫は、モロッコからパリへ、ルーブル美術館で監視員を勤めながら音楽を創作、その優美で悲しげな歌声は“ビリー・ホリディの後継者”とも言われ、2010年フランス・ブルーノートが世界契約し、アルバムデビューを果たした、美貌のベルベル人インディ・ザーラや、ヨーロッパでオンエアされた日本車のCMに使用された「きらきら星」等で独特の世界観を表現する、スウェーデン生まれフランス育ちの美人歌姫フレドリカ・スタール、マリ共和国出身のファトゥマタ・ディアワラ、シャンソンの新しい境地を開拓するL(エル)、そしてミナ・ティンドル。
番組では、歌姫を推薦する3人の毒舌トークにも注目! 新人歌手を評し「子猫の声は長続きしないよ」と手厳しい辛口コメントも…。どうぞお楽しみに!

【パネリスト】メラニー・ボエール、グザビエ、オリビエ・ニュック
【出演】L、ファトゥマタ・ディアワラ、フレドリカ・スタール、インディ・ザーラ、ミナ・ティンドル
【語り】小出恵介 (俳優)

また、『輝く歌姫』のあとの後8:48~8:57までは、『輝く歌姫“モア” パリ・歴史編』をお送りします。
“モア”では、国立の音楽学校で大衆音楽の歴史を教えるジェローム・ルソーさんが、パリの歌姫の歴史を紹介。1930年代はジョセフィン・ベーカー、40年代はエディット・ピアフ、50年代はジュリエット・グレコ、60年代はフランソワーズ・アルディ、70年代はダリダと、ピアフやグレコの時代までは、舞台が「歌姫」の活躍の場であったが、それ以降は、テレビの時代へと移っていく…。

【出演】ジェローム・ルソー(声・梅津秀行)
【語り】恒松あゆみ

投稿時間:11:52 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』3/17(土)のゲストは飯島直子さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』
ラジオ第1 3月12日(月)後9:05~9:55
FM 3月17日(土)前1:00~1:50(16日(金)深夜)

脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』。今回は、現在民放で放送中の岡田さん脚本ドラマ、『最後から二番目の恋』で水谷典子役でご出演中の飯島直子さんです。

幼少の頃は、歌謡曲全盛の時代だったため、TVで音楽を知ることが多かったという飯島さん。2歳違いの姉の影響で、自分で初めて買った曲や、モデル時代、南の島を飛び回っていた頃の思い出の曲など語っていただきます。また、モデルから女優へと転向されたのち、お芝居の面白さを教えていただいたという田中美佐子さんと共演したドラマのお話や、出演中のドラマ『最後から二番目の恋』の撮影秘話はもちろん、最終回へ向けて、ストーリーのヒント?も交えながら、愛着たっぷりの典子のキャラクター設定など盛りだくさんな内容でお届けします。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】飯島直子
【パーソナリティー】岡田惠和

『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』
番組ホームページは
こちら

rockabarhagaki.jpgのサムネール画像

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。

 

<関連情報>
◆ゲストの飯島直子さんが出演!
『福岡発地地域ドラマ
~NHK北九州放送局開局80周年記念~“オヤジバトル!”』
総合テレビ 3月17日(土)前0:15~1:28 (16日(金)深夜)

NHKのバンドコンテスト「熱血!オヤジバトル」をドラマ化。
舞台は、北九州市若松区。元バンドマンの敏之(筧利夫)は、若いころに上京したが、希望を失って故郷に帰ってきた。そこで元の恋人、靖子(飯島直子)と結婚し、靖子の娘と3人で新しい人生を始めようとする。だが、高校時代の仲間と再会し、勢いでバンドコンテストに挑戦することに…。オヤジバトルコンテストに向けて奮闘する男たちの笑いと感動のドラマ。(初回放送:BSプレミアム 2月11日)

【脚本】羽原大介
【出演】筧利夫、飯島直子、今井雅之 ほか

※『福岡発地地域ドラマ~NHK北九州放送局開局80周年記念~“オヤジバトル!”』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ドラマの効果音作成の舞台裏にも潜入!『REAL H "Sounds so good?"』総合テレビ3月20日(火・祝)放送


『REAL H “Sounds so good?”』
総合テレビ 3月20日(火・祝)前9:35~9:59


北海道地方でお送りしている、NHK北海道の若手ディレクターが世の中の「REAL」に迫るノンフィクション番組『REAL H』。今回は“テレビの音”をテーマにした回を全国放送でお届けします!「音に耳を傾ければ、見慣れた世界も違って見える」をキーワードに、効果音の奥深い世界にリアルに迫ります。
番組では、総合テレビ 3月13・20日(火)の2週にわたって放送する『ドラマ10 “大地のファンファーレ”』の効果音作成の舞台裏にも潜入取材。また、なにげない日常生活に意外な効果音をつけて、見え方を楽しむ企画などバラエティー豊かにお送りします。(初回放送:北海道ブロック 2月24日放送)


※『REAL H』スタッフブログはこちら


<関連情報>
『REAL H』をより楽しむ前に、ドラマ本編もお楽しみください。
『ドラマ10 “大地のファンファーレ”』
総合テレビ 3月13・20日(火)後10:00~10:43


高良健吾テレビドラマ初主演作。開拓を支えた巨大な“ばん馬”が躍動する世界唯一のレース帯広ばんえい競馬で、懸命に闘う若き騎手の物語。

【作】山本むつみ
【音楽】村松崇継
【出演】高良健吾、寺脇康文、蓮佛美沙子、杉本哲太、赤木春恵、柄本佑、古村比呂ほか


※『大地のファンファーレ』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:35 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日13日(火)放送の『元春レイディオ・ショー』ゲストに雪村いづみさんをお迎えします!


『元春レイディオ・ショー』
3月13日(火)後11:00~前0:00

佐野元春さんが、毎回グッド・テイストな音楽をピックアップしてお送りしている番組『元春レイディオ・ショー』。
先週6日の放送は、「特集 ジャパニーズ・ホップミュージックの夜明け」と題して、雪村いづみさんや弘田三枝子さん等、50~60年代の国内ポップシンガーによるカバー曲をたっぷりとお届けしました。13日(火)の放送は、ゲストに雪村いづみさんをお迎えしてお送りします。どんなお話が聞けるのか?どうぞお楽しみに!(なお、この回の再放送は現在予定がございません。お聴き逃しなく)

【ゲスト】雪村いづみ
【DJ】佐野元春

※『元春レイディオ・ショー』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『とことん○○』次回のテーマが決定!『とことんFMだから聴きたいモノラル盤』4月2日(月)深夜から放送


『とことんFMだから聴きたいモノラル盤』
4月3日(火)~7日(土)
前0:00~0:50 (2日(月)~6日(金)深夜)
4月10日(火)~14日(土)
前0:00~0:50 (9日(月)~13日(金)深夜)
4月17日(火)~21日(土)
前0:00~0:50 (16日(月)~20日(金)深夜)
4月24日(火)~28日(土)
前0:00~0:50 (23日(月)~27日(金)深夜)

現在放送中の『とことん教科書に載っているポップス』に続いて、4月2日(月)深夜からの『とことん○○』は、案内役にNHK-FM『クロスオーバーイレブン』の選曲者でおなじみの、音楽評論家・小倉エージさんをお迎えしてお送りする『とことんFMだから聴きたいモノラル盤』を20日間にわたって放送!(3月19日(月)深夜から2週間は、特集番組のため『とことん○○』はお休みです)
音像に広がりがあり、臨場感にあふれるステレオ盤。それとは対照的に、音がひと塊に融合したモノラル盤。その独特の迫力やインパクトを与える60~70年代ロックのモノラル盤が、今、音楽ファンの間で密かに話題を呼んでいます。今回、ステレオ放送が当たり前のFMで、あえてモノラル録音の魅力を探ります。番組では現在、皆様からのリクエストを募集中!あなたの思い出のモノラル盤から、なかなかお耳に掛かれないレアなモノラル音源まで、エピソードとともにお寄せください。お待ちしています!

【案内】小倉エージ(音楽評論家)

※『とことんFMだから聴きたいモノラル盤』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック』3/12(月)のテーマは、「こころの医療を目指す人たちに」


pickup_kitayama.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック 
~こころの医療を目指す人たちに~』
3月12日(月)後11:00~前0:00

精神科医、臨床心理士、ケアマネージャーなど、こころの医療を取り扱う仕事もたくさんあります。今回は、きたやまさんと、北里大学医学部精神科主任教授の宮岡等さんに、こころの医療という仕事を目指す人たちに向けてのメッセージとともに、こころの医療との向き合い方、仕事の魅力などをお話いただきます。音楽は、救済・救援などを目的とし、多くのアーティストたちが参加したメッセージ・ソングを特集します。

【曲目】愛のハーモニー
      (That's What Friends Are For / Dionne Warwick&Friends)、
      ウィー・アー・ザ・ワールド・25・フォー・ハイチ
      (We Are The World 25 For Haiti / Artists For Haiti)  ほか
【ゲスト】宮岡等(北里大学医学部精神科主任教授)
【DJ】きたやまおさむ 黒崎めぐみ

番組ホームページはこちら

投稿時間:18:08 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 3月12日(月)~3月15日(木)』 ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

3月12日(月) 3月13日(火)
ml_20120312.jpg ml_20120313__.jpg
m-flo Rake

3月14日(水) 3月15日(木)
ml_20120314.jpg ml_20120315.jpg
つるの剛士 miwa

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健


<関連情報>
◆13日(火)のゲスト Rakeさんが出演!
『震災から1年“明日へ”コンサート』
BSプレミアム 3月10日(土)後4:00~10:00(中断あり)
(後7:00~10:00の間に出演予定です)


※『震災から1年“明日へ”コンサート』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


11日(日)BS1で放送『TOMORROW beyond 3.11 スペシャル"心をひとつに ~ボブ・ジェームスからの贈りもの~"』


『TOMORROW beyond 3.11 スペシャル
“心をひとつに ~ボブ・ジェームスからの贈りもの~”』
BS1 3月11日(日)後9:00~9:49
(再)BS1 3月17日(土)後3:00~3:49

世界的ジャズピアニスト、ボブ・ジェームスさんは、2011年9月の「いわてJAZZ2011」に参加。新曲を大船渡市のアマチュアビッグバンドと披露した。両者は、その後も固い絆で結ばれ、この交流から誕生した楽曲は、それまでにない人々のつながりや新たな支援の輪を生み出している。番組では、音楽を通して日本を励ます世界的ジャズピアニスト、ボブ・ジェームスさんと、被災地の人々との心温まる交流を、4月2日(火)からBS1で始まる新番組『TOMORROW beyond 3.11』のスペシャル番組としてお送りします。

【ゲスト】ボブ・ジェームス

投稿時間:18:02 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


3月12日(月)~3月18日(日) 今週のおすすめ番組


音楽の教科書に載っている曲で、印象に残っているものは何ですか?
編成担当の筆者が真っ先に思い出すのは「ドナドナ」。
子牛が売られていく、あの歌です。
この曲で初めて「ファ#」という音に遭遇しました。
リコーダーの指づかいが難しく、吹くたびに音色が違ってしまいます。
自らのテクニックは棚に上げて、「中途半端で妙な音だな」と思っていました。
しかし、「ドナドナ」のメロディーでは、この「ファ#」の力は絶大です。
子牛が売られていく物悲しさを見事に表現してくれます。
あれから××年。
ふとした拍子に頭の中に流れる、ヘビーローテーションの曲となっています。

ところで、最近の音楽の教科書には、ポップスのヒット曲が掲載されています。
ご存知でしたか?
そんな「教科書ポップス」にスポットライトを当てたシリーズが放送中です。

pickup_tokoton.jpg「とことん教科書に載っているポップス」
3月6日(火)~17日(土)
前0:00~0:50
(5日(月)~16日(金)深夜)


教科書はまさに珠玉のポップスの宝庫。
きれいで歌いやすいメロディー。
普遍的なテーマを込めた歌詞。
歌いついでもらいたい素敵な歌ばかりです。
でも、ドリームズ・カム・トゥルーの「LOVE LOVE LOVE」やセリーヌ・ディオンが歌った映画「タイタニック」のテーマも載っているとは!男子校出身の筆者は、男子全員でこれらの歌を絶唱している光景を想像し、思わず苦笑してしまいました。

案内役はヒロシさん。
自らのトホホな学校生活の思い出も交えて紹介しています。
それにしても!
あえて言わせていただくと、ヒロシさんの「たどたどしい」DJぶりが絶品。

例えば、先週の放送の名セリフを紹介しますと・・

  「すみませんね、つまならいコメントで・・」
  「アドリブが苦手な芸人なもので・・」
  「こんな感じでいいですかね?(ディレクターに尋ねる)」

などなど、自信のないトーク満載。
これぞ自虐ネタが売りのヒロシさんの真骨頂でしょうか。
それでも、1回目の放送のエンディングでは、
  「結構、いい番組・・・」
と切り出して自信をのぞかせましたが、
その次の瞬間、
  「結構、いい番組・・・なのではないでしょうか・・・」
と、最後は消え入りそうな声になってしまいました。
このあたりの脱力感が、就寝前に聴くと心地よくもあります。
今週いっぱいのシリーズ。
1度聴いてみてくださいね。


Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。
 

投稿時間:12:25 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


奇跡的なものとなった演奏会を再現『3月11日のマーラー』総合テレビ10日(土)放送!


『3月11日のマーラー』
総合テレビ 3月10日(土)後11:00~11:53

震災のあった2011年3月11日、多くのコンサートが中止されるなか、新日本フィルハーモニーの定期演奏会は決行された。演奏されたのは、世界的な指揮者ダニエル・ハーディングがタクトを振った「マーラー交響曲第5番」。葬送行進曲に始まり、壮大なフィナーレに至る70分の演奏会。悲しみ・祈り・希望・深い感情が込められ、94人のオーケストラ、105人の観客、誰もが忘れられないものとなった。番組では、残された記録映像をもとに、奇跡の夜を再現する。

【語り】袴田吉彦 (俳優)

投稿時間:16:07 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


10日(土)BSプレミアム&総合テレビで放送『震災から1年"明日へ"コンサート』


『震災から1年“明日へ”コンサート』
BSプレミアム 3月10日(土)後4:00~10:00 (中断あり)
※後6:45~7:00の間は「カーネーション」(再)をお送りします。
総合テレビ 3月10日(土)後7:30~8:45

3月10日(土)、NHKでは東日本大震災から1年の節目に『震災から1年“明日へ”コンサート』を首都圏(千葉県・幕張会場)と、東北(福島県・須賀川会場)の2会場から、合わせて約6時間にわたって生放送でお送りします。総合司会は、SMAPの中居正広さんと有働由美子アナウンサー。人気アーティストやトップ歌手が“音楽の力”を通じて、被災地、そして全国にメッセージを届けます。

BSプレミアム後4:00からの2時間は、福島県・須賀川会場から生放送。出演は北島三郎さん、西田敏行さん、由紀さおりさん、安田祥子さん、一青窈さん、平原綾香さん、坂本冬美さん。曲は「帰ろかな」「もしもピアノが弾けたなら」「夜明けのスキャット」「ハナミズキ」「Jupiter」「また君に恋してる」ほかをお送りします。

<福島県・須賀川会場>
北島三郎/坂本冬美/西田敏行/一青窈/平原綾香/由紀さおり/安田祥子 ほか
【管弦楽】仙台フィルハーモニー管弦楽団
【指揮】本名徹次
【司会】小田切千アナウンサー

※なお、この模様は岩手県久慈市文化会館アンバーホールにて、大スクリーンでお楽しみいただける「ハイビジョンスクリーンコンサート」を行います。詳しくはこちらをご覧ください。

そして、BSプレミアム後6:00から、総合テレビ後7:30からは、千葉県・幕張会場から生放送でお送りします。SMAP・感動の被災地訪問と子どもたちの笑顔プロジェクトや、AKB48・復興のシンボルと再会コラボ&卒業ソング、ゆず・東北で現地合唱と共演、いきものがかり・岩手の桜、SKE48・仙台の高校秘話、Kis-My-Ft2・僕たちにできる被災地支援、ドリカム・初公開米国LAライブなど、復興に向けた取り組みや、アーティストの被災地での支援活動なども、楽曲とともにご紹介します。
※放送時間帯によって、放送内容&出演者は異なります。ご了承ください。

<千葉県・幕張会場>
いきものがかり/AKB48/SKE48/HY/LGMonkees/Kis-My-Ft2/郷ひろみ/Che’Nelle/SMAP/高橋優/徳永英明/DREAMS COME TRUE/乃木坂46/Perfume/flumpool/MONKEY MAJIK/Rake/ゆず(中継出演) ほか
【司会】中居正広、有働由美子アナウンサー

※『震災から1年“明日へ”コンサート』番組ホームページはこちら


<関連情報>
復興支援ソング「明日へ」のミュージッククリップを放送!
『特集 明日へ 支えあおう~東日本大震災から1年~』
総合テレビ 3月10日(土)後1:50~1:55

映画監督・岩井俊二さん作詞、菅野よう子さん作曲、NHKの復興支援ソング「花は咲く」。東北ゆかりの歌手やスポーツ選手など、34組が参加してレコーディングされたこの曲のミュージッククリップを放送。

※NHKの復興支援ソング「明日へ」関連サイトはこちら

投稿時間:16:05 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


11日(日)放送『サウンドクリエイターズファイル ~川勝正幸トリビュート~』第2週のDJは、スチャダラパーの皆さんが担当


『サウンドクリエイターズファイル ~川勝正幸トリビュート~』
3月11・18日(日)後9:30~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。3月の『サウンドクリエイターズファイル』は、1月31日に亡くなったエディター/ライターの川勝正幸さんの追悼番組「川勝正幸トリビュート」を3週にわたって、川勝さんゆかりのアーティストの方々に、週替わりでDJを担当していただきお送りしています。
前回4日(日)の第1週は、クレイジーケンバンドの横山剣さんがDJを担当。また、カヒミ・カリィさん、細野晴臣さん、女王蜂の皆さんから、川勝さんへのコメントをいただきました。(女王蜂は書面でいただきました)
今回11日(日)第2週のDJは、川勝さんとは、ただならぬ縁のお三方、スチャダラパーの皆さんが担当します。そして今回も、小山田圭吾さん、安斎肇さん、信藤三雄さんら、川勝さんゆかりの方々からのコメントもお送りします。お聴き逃しなく。

【DJ(3/11のみ)】スチャダラパー

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

番組Twitterアカウントは @nhk_scfです

投稿時間:14:43 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


3月20日(火・祝)Eテレで放送『おじゃる丸スペシャル』のエンディングテーマを星野源さんが担当!


『おじゃる丸スペシャル
“銀河がマロを呼んでいる ~ふたりのねがい星~”』
Eテレ 3月20日(火・祝)後6:00~7:00

BSプレミアム 7月22日(日)前10:00~11:00

Eテレ毎週月曜から金曜の後6:00から放送中のアニメ『おじゃる丸』。3月20日(火・祝)は、1時間のスペシャル番組『おじゃる丸スペシャル“銀河がマロを呼んでいる~ふたりのねがい星~”』を放送。そして、そのエンディングテーマを星野源さんが歌・作詞・作曲を手掛けた、書き下ろし楽曲「ある車掌」に決定しました!
今回のスペシャルは、岩手県花巻出身の作家・宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』をベースに繰り広げられるファンタジー。
ある日、流れ星の“かなえ”から、終点には「ねがいかなう星」があるという銀河鉄道の切符をもらったおじゃる丸とカズマ。星空が光り輝く夜、「プリンを1日10個食べたい」という願いをかなえたいおじゃる丸は、カズマといっしょに銀河鉄道に乗り込んだ。二人にいったい何が待ち受けているのか? そして、行きついた「ねがいかなう星」とは?!友情と絆を確かめ合う二人を通じて、全国の子どもたちに勇気と元気を届けるお話です。どうぞお楽しみに!

※『おじゃる丸』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:17 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 3月10日(土) 11日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~万国ダニー祭~』
3月10日(土)前9:00~10:55
(再)3月16日(金)後4:00~5:55

10日(土)の『世界の快適音楽セレクション』は、人気の高い「万国人名シリーズ」をお送りします。今回は、世界各国のダニーさんの音楽をあつめた“万国ダニー祭”。さて、どんな曲がかかるのか、どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』ホームページはこちら


『FMシアター“つづれ織り”』
3月10日(土)後10:00~10:50

現代性”と“作家性”を軸に、時代の抱える問題をテーマにしてお届けしているオーディオドラマ『FMシアター』。3月10日(土)は、キャロル・キングの“君の友達”のメロディーとともに綴る物語「つづれ織り」をお送りします。
心に残る言葉というのがある。人それぞれ、それは違う。人生訓のような立派な言葉が、心に残るとは限らない。何の変哲もないひと言が、その人の人生を大きく左右することもある。男は女から言われたひと言を、事あるごとに思い出す。それは男にとって大切なひと言だった。そのひと言とは…「自分を曲げたら、つまらんよ」。言った本人さえ記憶のかなたに行ってしまったその言葉は、男の心の中で、言霊のように節目節目に現れる。30数年ぶりに再会した2人は、夜が明けるまで海辺で語り合う。その数時間をキャロル・キングの“君の友達”のメロディーとともに綴る物語。

【作】東多江子
【出演】国広富之、原日出子、瀬川亮、山下真琴、阿部朋子、坂本三佳、片渕忍、木下政治、石田圭祐、井上祐子

※『FMシアター』番組ホームページはこちら
※「つづれ織り」制作スタッフのブログ記事①はこちら
※「つづれ織り」制作スタッフのブログ記事②はこちら


『ジャズ・トゥナイト “ウエス・モンゴメリー特集”』
3月10日(土)後11:00~翌前1:00

10日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、ジャズ・ギターの革命児、ウエス・モンゴメリーを特集します。
先日リリースされた、デビュー直前の未発表演奏集「エコーズ・オブ・インディアナ・アヴェニュー」を中心に初期のウエス・モンゴメリーにスポットを当て、ウエス、モンク、バディのモンゴメリー三兄弟による「ストレート・ノー・チェイサー」等をお送りします。
番組後半は、2011年グラミー賞最優秀新人賞を受賞したエスペランサ・スポルディングのニューアルバム「ラジオ・ミュージック・ソサイエティ」等、話題のニューディスクを紹介します。どうぞお楽しみに!

【DJ】児山紀芳

※『ジャズトゥナイト』番組ホームページはこちら


『吹奏楽のひびき “公開録音から~ザ・トランペット・コンサート”』
3月11・18日(日)前8:15~9:00
(再)3月15・22日(木)前10:00~10:45

3月11・18日(日)の『吹奏楽のひびき』は、千葉県流山市で行った公開録音の模様を2週にわたってお送りします。
ザ・トランペット・コンサートは、1987年に結成された、武蔵野音楽大学卒業で現在プロ奏者としてトランペット奏者9人によるアンサンブル。クラシックの名曲や親しみやすい映画音楽など、トランペットの表現力をお楽しみください。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


震災FM特集『ココロウタ』
3月11日(日)後2:00~6:00

歌い継がれる歌、新たに生まれた歌。東日本大震災から1年。この1年の間、皆さんはどのような思いで、どんな歌を聴いてきましたか?3月11日(日)NHK-FMでは、皆さんからのリクエストをもとに音楽で日本をつなぐ、4時間の生放送番組『ココロウタ』をお送りします。番組ではこの1年、あなたの胸に響いた曲、あの人に届けたい曲など、リクエストを募集しています。メッセージやエピソードとともに、下記の番組ホームページからお寄せください。お待ちしております。

【ゲスト】ave、鶴田浩之、Mary days story
【MC】福田萌、里匠アナウンサー、高山哲哉アナウンサー

※震災FM特集『ココロウタ』番組ホームページはこちら

※番組Twitterアカウントは @nhk_kokoroutaです


『ビバ!合唱 ~作曲家ファイル ラインベルガー~』
3月11日(日)後9:00~9:30
(再)3月16日(金)前9:20~9:50

今回の『ビバ!合唱』は、19世紀末から20世紀初頭を生きた作曲家ラインベルガーの作品をとりあげます。
ヨーゼフ・ガブリエル・ラインベルガーは、現・リヒテンシュタインに生まれ、ドイツ・ミュンヘンに没するまで、宗教曲を中心に作曲した作曲家・オルガン奏者。今回は、「ミサ曲 変ホ長調 作品109」等をお送りします。

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『セッション2012 ~altalk~』
3月11日(日)後11:00~前0:00
(再)3月16日(金)前10:00~11:00

11日(日)の『セッション2012』は、63歳の宮野裕司と38歳の菅野浩、二人のアルト・サックスが双頭リーダーのカルテット、altalkが登場!
宮野裕司は、1948年岡山市生まれ。中学校のブラスバンドでサキソフォーンを始め、上智大学在学中より演奏活動を開始。中牟礼貞則、小林桂、谷川賢作、明田川荘之など数々のミュージシャンとの共演の他、現在、松尾明とTAKE TEN、二村希一グループ、CROSS COUNTERなどで活動している。
菅野浩は、1973年神奈川県生まれ。「明治大学Big Sounds Society Orch.」に参加し、94年山野ビッグ・バンド・ジャズ・コンテストで最優秀賞受賞。さまざまなミュージシャンらとの共演・セッションに参加し、1997年吉祥寺ジャズコンテストでは個人賞を受賞。小編成のコンボからビッグ・バンドまで幅広く活動している。
柔らかな音色が魅力の二人のアルト・サックスの会話「alt talk=altalk」を、ドラムレスのバンド編成でお楽しみください。

【演奏】宮野裕司、菅野浩 (アルト・サックス)、関根彰良(ギター)、生沼邦夫(ベース)
【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2012』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:26 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム明後日8日(木)放送!『SONGSプレミアム ~矢沢永吉~』


『SONGSプレミアム ~矢沢永吉~』
BSプレミアム 3月8日(木)後10:00~10:59
(再)BSプレミアム 3月10日(土)後1:00~1:59

これまで放送してきた『SONGS』から選りすぐりの回を再構成してお送りする『SONGSプレミアム』。3月8日(木)は、今年デビュー40周年を迎える矢沢永吉さんを特集!
今回の番組は2009年、約1年間の充電期間を終えて発表したアルバム「ROCK'N'ROLL」の時期に合わて収録したもの。ドライブ感あふれるアルバム曲から代表曲まで、最高のロックンロールでつづります。
また、20代の若者150人をスタジオに集めて行った“トーキング・ライブ”の模様も紹介。著書「成りあがり」に記されているような青春時代、そして還暦を迎えてなおロックンロールし続けている矢沢さんならではの、メッセージをお送りします。

【出演】矢沢永吉

※『SONGSプレミアム』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:39 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『ザ・ソウルミュージック』4月から新コーナー「Star of The Month」がスタート!投票受付中


『ザ・ソウルミュージック』
毎週木曜 後11:00~前0:00

『ザ・ソウルミュージック』では、4月から、その月に誕生日を迎えるアーティストの中から、皆さんの投票が一番多かったアーティストをとりあげる新コーナー「Star of The Month」がスタートします! 4月は、1939年4月2日生まれのマーヴィン・ゲイ、1946年4月13日生まれのアル・グリーン、1951年4月20日生まれのルーサー・ヴァンドロスの3人の中から、お好きなアーティストを下記の番組ホームぺージから投票してください。皆さんの投票、お待ちしております。
また、3月の『ザ・ソウルミュージック』は、4週にわたって、最近の注目のリイシュー盤を一堂に集めて紹介しています。こちらもあわせてお楽しみください。

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』3/10(土)のゲストは谷中敦さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』
ラジオ第1 3月5日(月)後9:05~9:55
FM 3月10日(土)前1:00~1:50(9日(金)深夜)

脚本家の岡田惠和さんが、俳優やクリエイターの方々をゲストにお迎えして、それぞれの青春を彩った音楽を当時の思い出とともに自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』。今回は、東京スカパラダイスオーケストラのメンバーであり、岡田さん脚本のドラマでは、『小公女セイラ』でセイラの父親役にご出演された谷中敦さんです。

小学生の頃、母親や兄の影響で、映画や映画音楽を好きになり、音楽との出会いは、まさにインストという谷中さん。学生の頃に結成したバンドでは、ボーカル担当だった谷中さんが、バリトンサックス演奏者になったいきさつや、メジャーデビュー後、作詞を手がけるようになって、今現在も携帯で作詞をするという“詩を書く”にあたってのエピソード等を、お話していただきます。また、最新アルバム『Walkin'』の中から谷中さんが作詞を手がけた楽曲「縦書きの雨 feat.中納良恵」への思いも伺います。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】谷中敦
【パーソナリティー】岡田惠和

『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』
番組ホームページは
こちら

rockabarhagaki.jpgのサムネール画像

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。

 

投稿時間:10:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 3月5日(月)~3月8日(木)』 ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

3月5日(月) 3月6日(火)
ml_20120305.jpg ml_20120306.jpg
藤巻亮太 南波志帆

3月7日(水) 3月8日(木)
ml_20120307.jpg ml_20120308.jpg
トータス松本 MONKEY MAJIK

リクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健


<関連情報>
◆6日(火)のゲスト南波志帆さんが、4月からNHKのワンセグ放送でMCを担当!
『ワンセグ☆ふぁんみ』(4月7日スタート)
ワンセグ2 毎週土曜日 後1:00~1:50

熱狂的なファンを持つ若手タレント、ミュージシャン、俳優たちを青山にあるNHK@キャンパスに招き、公開生放送でお送りする『ワンセグ☆ふぁんみ』が4月7日(土)から、NHKワンセグ2で放送開始!出演者に何をしてもらいたいかは、視聴者の投票で決定。どこよりも先駆けて、才能あふれる、知る人ぞ知る逸材を紹介します。番組MCは、南波志帆さんと、Eテレで放送中の『日常』の主題歌や、ももいろクローバーなどに楽曲を提供している気鋭の音楽クリエーター、ヒャダインさん。どうぞお楽しみに!

【MC】南波志帆 ヒャダイン

※ワンセグ放送の視聴の仕方や放送についての詳しい情報はこちら

◆8日(木)のゲスト MONKEY MAJIKの特集を放送!
『ミュージックプラザ ~アーティスト特集 MONKEY MAJIK~』
3月7日(水)後4:00~5:20

7日(水)の『ミュージックプラザ』は、放送日当日にニューアルバム「SOMEWHERE OUT THERE」をリリースする、MONKEY MAJIKを特集します。番組では現在、皆さんからのリクエストを募集中!下記の番組ホームページからお寄せください。(MONKEY MAJIKのメンバーはご出演されません)

【DJ】鈴木万由香

※『ミュージックプラザ』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック』3/5(月)のテーマは、「怒ってよいですか?」


pickup_kitayama.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック 
~怒ってよいですか?~』
3月5日(月)後11:00~前0:00

自分の怒りの正当性を疑わず、それを自分の言動の根拠とするような人ほど、始末におえないものはない。
怒りが生む最悪の結果とは…? 怒りの効用、怒りの美学、怒りの深層心理など、日常的に体験する怒りの心の仕組みについて、国際医療福祉大学大学院教授で精神科医の岡野憲一郎さんとともに考えます。音楽は、先日(2月11日)、48歳という若さで亡くなったホイットニー・ヒューストンを特集します。

【曲目】ファースト・アルバム「そよ風の贈りもの」から
    “オール・アット・ワンス(All At Once)”
    映画「ボディ・ガード」から“ラン・トゥ・ユー(Run To You)” ほか
【ゲスト】岡野憲一郎(国際医療福祉大学大学院教授、精神科医)
【DJ】きたやまおさむ 黒崎めぐみ

番組ホームページはこちら

投稿時間:17:54 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


3月5日(月)~3月11日(日) 今週のおすすめ番組


3月11日。
東日本大震災から1年になります。
家族や友人を失ったり、避難生活を続けたりしている方々は、
何を支えに日々を送ってきたのでしょうか。

支えの1つになったのが、音楽ではないでしょうか。

震災後、多くのアーティストが被災地に足を運び、歌を届けました。
明るい曲に励まされ、優しい曲に癒され、悲しい曲にこらえていた涙が流れた、という方も多いと思います。

では、それはどんな音楽でしょうか?
震災から1年となる3月11日。
震災で傷んだ心に寄り添った「ココロウタ」のリクエスト特集をお届けします。

pickup_kokorouta.jpg「ココロウタ」 3月11日(日)後2:00~6:00
【出演】福田萌さん(タレント) 
aveさん(福島在住のシンガーソングライター)
mary days story(4人組ロックバンド)ほか


みなさんからのリクエストをもとに、音楽で日本をつなぐ4時間の生放送。
当日は、みなさんから募集した歌詞で、番組オリジナルの「ココロウタ」も
制作していただく予定です。
果たして、どんな歌が生まれるのでしょうか。

あの震災を振り返り、亡くなった方々へ思いを馳せ、復興への踏み出すための勇気になるような番組をお届けしたいと思います。

Listen♪♪NHK-FM
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:17:40 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 4月2日(月)から放送時間が変わる番組は、こちらでチェック!


NHK-FM新年度(2012年4月2日(月)~)から
以下の番組の放送時間が変わります!

―放送時間の変更

■ラジオ深夜便
※毎日、午前1時からラジオ第1と同時放送に!

現在の放送時間
月曜~金曜(日曜~木曜・深夜)
前1:00~5:00
土曜~日曜(金曜・土曜 深夜)
前2:00~5:00
※土曜(金曜深夜)前1:00~5:00
(不定期) 
 →  4/2からの放送時間
 月曜~日曜(日曜~土曜・深夜)
 前1:00~5:00


■名曲の小箱
※放送枠が減ります。

現在の放送時間
月曜~日曜 前5:50~5:55
金曜 後5:55~6:00
土曜 後10:55~11:00 
 →  4/2からの放送時間
 月曜~日曜 前5:50~5:55
 土曜 後10:55~11:00


■古楽の楽しみ
※週5回の放送になります。

現在の放送時間
月曜~金曜 前6:00~6:55
日曜 前6:00~6:55 
 →  4/2からの放送時間
 月曜~金曜 前6:00~6:55


■音の風景
※放送枠が増えます。

現在の放送時間
月曜~金曜 後3:55~4:00
金曜 後10:40~10:45
土曜 前6:50~6:55
土曜 後10:50~10:55 
 →  4/2からの放送時間
 月曜~木曜 後3:55~4:00
 火曜~金曜 前9:15~9:20
 金曜 後10:40~10:45
 土曜 前6:50~6:55
 土曜 後10:50~10:55


■名曲スケッチ
※放送枠が減ります。

現在の放送時間
火曜~土曜(月曜~金曜・深夜)
前0:50~1:00
金曜 前9:50~10:00 
 →  4/2からの放送時間
 火曜~土曜(月曜~金曜・深夜)
 前0:50~1:00


■石丸幹二のシアターへようこそ
※放送時間を60分に拡大し、放送曜日、放送開始時間を変更。毎週放送に!
ラジオ第1でも放送開始。(FMでの放送を50分に再編集し、翌週月曜に放送)

現在の放送時間
金曜(最終金曜除く) 後9:10~10:00 
 →  4/2からの放送時間
 FM 月曜 後11:00~前0:00
 R1 月曜 後9:05~9:55


■岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~ 
※放送開始時間を変更し、毎週放送に!
ラジオ第1の放送が再放送に。放送曜日、放送開始時間も変更。

現在の放送時間 
FM 土曜(金曜・深夜)
前1:00~1:50(不定期休)
R1 月曜 後9:05~9:55
(最終月曜除く)
 →  4/7からの放送時間
 FM 土曜 後6:00~6:50
 R1 火曜 後9:05~9:55


■世界の快適音楽セレクション
※放送時間を120分に拡大し、週1回の放送になります。

現在の放送時間
土曜 前9:00~10:55
(再)翌週金曜 後4:00~5:55 
 →  4/7からの放送時間
 土曜 前9:00~11:00


■名曲のたのしみ
※再放送開始!

現在の放送時間
土曜 後9:00~10:00
 →  4/7からの放送時間
 土曜 後9:00~10:00
 (再)翌週木曜 前10:00~11:00


■能楽鑑賞
※放送時間を50分に縮小し、放送開始時間を変更。

現在の放送時間 
日曜 前7:20~8:15
 →  4/8からの放送時間
 日曜 前6:00~6:50


■ビバ!合唱
※放送時間を50分に拡大し、放送開始時間を変更。再放送の曜日、放送開始時間も変更。

現在の放送時間 
日曜 後9:00~9:30
(再)翌週金曜 前9:20~9:50
 →  4/8からの放送時間
 日曜 前7:20~8:10
 (再)翌週土曜 後7:20~8:10


■吹奏楽のひびき
※放送時間を50分に拡大し、放送開始時間を変更。再放送の曜日、放送開始時間も変更。

現在の放送時間 
日曜 前8:15~9:00
(再)翌週木曜 前10:00~10:45
 →  4/8からの放送時間
 日曜 前8:10~9:00
 (再)翌週土曜 後8:10~9:00


■名演奏ライブラリー
※放送時間を120分に拡大!

現在の放送時間 
日曜 前9:00~10:55
 →  4/8からの放送時間
 日曜 前9:00~11:00


■サウンドクリエイターズファイル
※放送時間を120分に拡大!

現在の放送時間 
日曜(最終日曜除く)
後9:30~11:00 
 →  4/8からの放送時間
 日曜(最終日曜除く)
 後9:00~11:00


■インディーズファイル
※放送時間を120分に拡大!

現在の放送時間 
最終日曜 後9:30~11:00 
 →  4/29からの放送時間
 最終日曜 後9:00~11:00



―ラジオ第1での放送曜日、放送時間が変わる番組―
※『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』については、上記参照。

■上地雄輔のラジ音!(4/6~)
■AKB48の"私たちの物語"(4/13~)

現在の放送時間
FM 隔週金曜 後10:00~10:40
R1 隔週日曜 後7:20~8:00

※ラジオ第1は、FMの再放送。
 →  4/13からの放送時間
 FM 隔週金曜 後10:00~10:40
 R1 隔週土曜 後8:05~8:45

 ※ラジオ第1は、FMの再放送。



―放送が終了する番組―

気ままにクラシック
 月曜 前7:20~9:15
 (再)金曜 後2:00~3:55
(~3/30)

にっぽんのうた 世界の歌

 月曜~木曜 前9:20~10:00
 (再)月曜~木曜 後5:20~6:00
(~4/5)

きたやまおさむの
レクチャー&ミュージック 

 月曜 後11:00~前0:00 (~3/26)

大貫妙子 懐かしい未来 

 最終火曜 後11:00~前0:00
 (再)翌週火曜 前10:00~11:00
(~4/3)

おはなしの旅 

 木曜 前10:45~11:00 (~3/29)

熊川哲也のバレエ音楽スタジオ

 最終金曜 後9:10~10:00 (~3/30)

千住真理子の
クラシックでお茶を 

 土曜(金曜・深夜)
 前1:50~2:00(不定期休)
(~3/24)

U-18 ユーガタM塾 

 土曜 後6:00~6:50 (~3/31)

名曲リサイタル

 土曜 後7:20~9:00 (~3/17)

君の思いを受け止めた!
~青春リアルスピンオフ~

 日曜(土曜・深夜) 
 前1:00~2:00
(~3/11)

サンデークラシックワイド

 日曜 後2:00~6:00 (~4/1)

サンデークラシックワイド
クラシックリクエスト

 日曜 後2:00~6:00(不定期) (~1/29)

FMシンフォニーコンサート

 日曜 後7:20~9:00 (~4/1)


春からの新番組はこちら

4月2日(月)からのFM1週間(放送番組時刻表)はこちら

投稿時間:10:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


新年度番組『DJクラシック』4/6(金)スタート、『きらクラ!』4/8(日)スタート!


NHKでは、“close to you ~あなたのそばにクラシックを~”と題して、もっとクラシック音楽や古典芸能を、より身近なものとして聞いていただきたいという思いから、4月から、いくつかの新たなクラシック番組がスタートします!数ある新番組の中から今回、FMで放送の『DJクラシック』から、第1週をご担当の錦織健さん、同じくFMで放送の『きらクラ!』でDJを務められるふかわりょうさんと遠藤真理さん、Eテレで放送の『ららら♪クラシック』にご出演の石田衣良さんと加羽沢美濃さんが記者会見を行いました。

0213_kaiken_syugo.jpg

(写真左から)
加羽沢美濃さん
石田衣良さん
ふかわりょうさん
遠藤真理さん
錦織健さん

 

4月6(金)スタート!
『DJクラシック』
FM 金曜 後9:10~10:00

第一線で活躍するアーティストによる、クラシックファンのための音楽番組。錦織健さん(オペラ歌手)、小林十市さん(バレエダンサー・俳優)、茂木大輔さん(N響首席オーボエ奏者)、清水和音さん(ピアニスト)という個性あふれるアーティストが、独自の目線で週ごとにクラシックを熱く語ります。

0213_kaiken_nishikiori.jpg 「専門用語は出さず、普通の日常的な言葉で説明をしてオペラがどういうものかを知っていただきたい。オペラ界がひた隠しにしている伝説も番組の中でお話しちゃうかも!?」と、錦織さんは会場を沸かせる発言も!


-リスナーのみなさんへ-
オペラは敷居が高いとよく言われて、現代の我々から見たら違和感があるとおもうので、そこは言葉ひとつ、解説ひとつでちょっとDEEPな世界やカルチャーの魅力を世の中の人にわかっていただけるよう一工夫したいと思っております。

※『DJクラシック』番組ホームページはこちら


4月8日(日)スタート!
『きらクラ!』
FM 日曜 後2:00~4:00
(再)翌週月曜 前7:20~9:20

タレントのふかわりょうさんと、若手チェリストの遠藤真理さんの異色のコンビがパーソナリティを務める『きらクラ!』。老いも若きも、マニアもビギナーも、リスナーが気軽に参加できる新感覚のクラシック番組です。

0213_kaiken_ensou_kirakura.jpg

会見ではまず、遠藤さん(チェロ)とふかわさん(ピアノ)が、エドワード・エルガーの「愛の挨拶」の生演奏を披露!

「大事にしていることは、受け手との距離の近さ。リスナーの声を発信する大前提の上で、クラシック音楽が届いたらいいなー」と、ふかわさん。

0213_kaiken_fukawa.jpg
0213_kaiken_endo.jpg

 

「ふかわさんの第一印象は、実際お会いして髪の毛の形もそうなんですけれど、アーティストだ!という感じがしまして、お話ししてくださる言葉も、一つ一つすごく大事に選んでお話されているので、TVの印象とは全然違って素敵な方だなと感じました。」と語る遠藤さんのコメントに、
 

「今のところ大事なんで、どうかひとつ太字でお願いします。」とふかわさん。更には、錦織さんの饒舌なトークに刺激をうけたふかわさんは、「ぜひゲストにお招きしたい」と発言も!

※『きらクラ!』番組ホームページはこちら

 
4月8日(日)スタート!
『ららら♪クラシック』
Eテレ 日曜 後9:00~10:00


3月31日(土)に最終回を迎えるFM『名曲リサイタル』にご出演されている加羽沢美濃さんが新たにパーソナリティを務める番組『ららら♪クラシック』がEテレでスタート!

0213_kaiken_ensou_kabasawa.jpg

番組のイメージを即興演奏で!というムチャぶりにも応える加羽沢さん


【出演】石田衣良 加羽沢美濃

※『ららら♪クラシック』番組ホームページはこちら

※NHKクラシックサイト「新年度新番組記者会見」関連記事はこちら

※2月13日に行われた会見の模様を動画で紹介!「コレ見て!MOVIE」サイトはこちら

投稿時間:10:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM2012年 春からの新番組ラインナップ


4月2日(月)スタート
音楽遊覧飛行
月曜~木曜 前9:20~10:00
(再)翌週月曜~木曜 後5:20~6:00

仕事や家事の合間のひとときに、現実の喧騒から離れて短い心の旅に出かけ、リフレッシュできるような音楽番組です。週替わりのパーソナリティがさまざまなシーンを彷彿とさせる音楽や、地域や文化に根ざした音楽を紹介し、心の旅へといざないます。ちょっとしたお役立ちミニ情報も盛り込んで、世界中を遊覧飛行した気分になれるような名曲の数々をお届けします。

「ふるさとのうた 心の旅」/榊原広子
日本人なら誰でも一度は聞いたことのあるような歌を中心に。

sakakibarahiroko1.jpg

「食と音楽で巡る地球の旅」/吉村喜彦
食べ物から連想する世界中の音楽を料理や文化と共に。

yoshimuranobuhiko.jpg

「エイジアンクルーズ」/サラーム海上
アジアや中東のエキゾチックな音楽を中心に。

saramuunagami.jpg

「映画音楽ワールドツアー」/中川安奈
映画のストーリーやロケの舞台になった風景を想像しながら。

nakagawaanna4.jpg

 
※『音楽遊覧飛行』番組ホームページはこちら


4月6日(金)スタート
オペラ・ファンタスティカ
金曜 後2:00~6:00

「金曜の午後、心震わすドラマチックなオペラの世界を」
あなたのいる所が、ミラノ・スカラ座やメトロポリタン歌劇場の特等席…
日常から解き放たれ、深遠なオペラの世界に遊ぶ贅沢なひと時をお楽しみいただきます。
世界一流のオペラハウスで上演されるオペラをまるごと楽しめる、4時間の大型FM番組です。オペラ・ファンはもちろん、まだオペラを聴いたことのない方まで、より分かりやすい解説で、オペラの魅力をお伝えします。欧米を中心としたさまざまな歌劇場の最新ライブ音源はもちろん、注目の国内オペラ公演の模様や、過去に録音された歴史的名盤などからもお届けします。

okudayoshimichi.jpg horiuchiosamu.jpg yoshimurakei.jpg
奥田佳道 堀内修 吉村溪


【出演(五十音順)】奥田佳道 堀内修 吉村溪 ほか

※『オペラ・ファンタスティカ』番組ホームページはこちら


4月6日(金)スタート
DJクラシック
金曜 後9:10~10:00

djclassic.jpg

第一線で活躍するクラシックのアーティストによる、クラシックファンのための、クラシック新番組。各ジャンルのトップアーティストによる経験に裏打ちされた説得力あるトーク、ユニークな視点、その人となりを感じさせる語り口で、これまでのクラシック番組とはひと味違うひとときをお送りします。

第1週 「錦織健のしゃべくりオペラハウス」
歌い、舞台プロデュースまでこなすオペラ通が、その醍醐味をあっと驚くアプローチでディープに語ります。
錦織健(オペラ歌手)、水落幸子(声優)

第2週 「小林十市の 喋(しゃべ)って・踊って・恋をして」
バレエを愛したことに悔いはないから・・。バレエと音楽への愛と喝采の金曜日、乞うご期待!
小林十市(バレエダンサー、俳優)

第3週 「清水和音の痛快ピアニスト列伝」
日本を代表する円熟のピアニストが、選りすぐりの名ピアニストたちの名演を痛快トークで紹介します。
清水和音(ピアニスト)、花澄(俳優、ナレーター)

第4週 「茂木大輔のオーケストラをやってきた!」
運命、苦悩、歓喜、あの名曲の本当の魅力を「もぎぎ教授」が楽しくわかりやすくレクチャーします。
茂木大輔(NHK交響楽団首席オーボエ奏者)、岡本由季(フリーアナウンサー)

※『DJクラシック』番組ホームページはこちら


kirakura_logo.jpg4月8日(日)スタート
きらクラ!
日曜 後2:00~4:00
(再)翌 月曜 前7:20~9:20

独特の感性を持つタレントふかわりょうと、気鋭のチェリスト遠藤真理が繰り広げる“お気楽クラシック音楽バラエティー・ラジオ”。極上の音楽とまったりトーク、さまざまな企画コーナーによって、気楽にクラシック音楽に触れることのできるキラキラした日曜の午後をお届けします。番組を盛り上げるのはリスナーからの投稿。クラシック・ビギナーも大歓迎!老いも若きも、マニアもビギナーも、気楽に番組に参加できるお楽しみいっぱいの2時間です。

<レギュラー・パーソナリティー>

fukawaryo.jpg

ふかわりょう
バラエティー番組のほか、アーティストとしても活躍。独特の感性とキャラクターを持つマルチタレント。かつて音楽大学を目指したピアノの腕前は、芸能界屈指とされる。1974年生まれ、神奈川県出身。

endoumari.jpg

遠藤真理
期待の若手チェリスト。東京芸術大学卒業。2003年第72回日本音楽コンクール第1位。国内外の一流オーケストラや指揮者と共演を重ねる一方、NHK大河ドラマ「龍馬伝」にて「龍馬伝紀行」のテーマ曲を演奏。1982年生まれ、神奈川県出身。


※『きらクラ!』番組ホームページはこちら


4月8日(日)スタート
洋楽80'sファン倶楽部
日曜 後4:00~5:00

日曜の夕方に80年代の洋楽ポップス&ロックをお楽しみいただく洋楽番組。自宅で寛いでいるひとときや、ドライブを楽しんでいるときに、気軽に聞けるラインナップでお送りします。
80's洋楽ポップス・ロックは、亡くなった「キング・オブ・ポップ」マイケル・ジャクソンに代表される、1981年のMTV開局で巻き起こったミュージック・ビデオ・ブームに端を発します。これを機に、日本においても洋楽ブームが席巻。デュラン・デュラン、ワム!、マドンナ、カルチャー・クラブといった、一般にも知られる洋楽の人気者が登場しました。その頃、ラジオで洋楽番組を盛んに放送していたのが“土日の午後”。この番組は、まさにその時間にオンエアー!当時流れた80年代の洋楽ポップス・ロックをドシドシ紹介します。ご案内は、当時から洋楽をリスナーに届けてきた洋楽GODDESS(女神)、シャーリー富岡。

shirley.jpgシャーリー富岡
横浜生まれニューヨーク育ち。
幼少期にモデルとしてキャリアをスタートし、 TV・ラジオのパーソナリティーとして活躍。明るくスィートな魅力とシャープな時代感覚が幅広いリスナー層に支持され、現在に至る。音楽だけではなくファッション、ビューティ、旅、食べ歩きなど豊富な経験をもとにスタジオに迎えたゲストの魅力を最大限に引き出すパーソナリティーとして人気が定着している。

※『洋楽80'sファン倶楽部』番組ホームページはこちら


4月8日(日)スタート
ミューズノート
日曜 後5:00~6:00

「muse note」。
私たちは「女神たちの音色」と解釈しました。
ジュリー・ロンドンの歌でジャズボーカルや幅広いジャンルに目覚めた島袋寛子の個性的なチョイスとトークで古今東西の女性ボーカルを紹介。併せて、毎回島袋寛子の生歌も披露する予定です。


shimabukurohiroko.jpg島袋寛子(SPEED)
1984年、沖縄生まれ。爆発的な人気を誇った女性ダンスボーカルユニット「SPEED」の最年少メンバーにしてメインボーカルとしてデビュー。その後、ソロ活動も積極的に行い、実力派女性シンガーとして幅広く活躍中。


 
※『ミューズノート』番組ホームページはこちら


4月8日(日)スタート
ブラボー!オーケストラ
日曜 後7:20~8:20

おなじみの名曲を中心にした選曲で、「クラシックが好きになる・クラシックがもっと聞きたくなる」をテーマに、日本全国のプロのオーケストラの演奏会を60分の聴きやすいコンパクトサイズで毎週お届けします。
司会は、吉松隆(作曲家・大河ドラマ「平清盛」)、外山雄三(指揮者・作曲家)、伊東信宏(音楽学者)のみなさん。
わかりやすい解説や曲にまつわるエピソードなども交え、オーケストラの魅力・面白さをお伝えするクラシック入門番組です。

※『ブラボー!オーケストラ』番組ホームページはこちら


4月8日(日)スタート
リサイタル・ノヴァ
日曜 後8:20~9:00
(再)翌週金曜 前9:20~10:00

クラシック界の新星=ノヴァたちによるフレッシュな演奏をじっくりお楽しみいただく新番組です。ミニ・リサイタルとしても飽きさせないキラリと光る番組独自のプログラミングでお楽しみいただきます。また、ミニ・インタビューにより演奏者の素顔を簡潔に伝えます。

hondaseiji.jpg
【支配人(司会)】本田聖嗣(ピアニスト)


※『リサイタル・ノヴァ』番組ホームページはこちら


4月24日(火)スタート
くるり電波
最終火曜 後11:00~前0:00
(再)翌週火曜 前10:00~11:00


京都出身、在住のアーティスト、くるり。
この番組では、京都を拠点として活動している彼らが、ユニークな視点や切り口で、音楽の、そして日本の未来について縦横無尽に迫っていきます。時には京都の学生と音楽フェスをつくりあげたり、時には超大物アーティストと自在なコラボレーションを繰り広げている「くるり」ならではの音楽に特化した充実の60分です!


kururi.jpgくるり
1996年立命館大学の音楽サークル「ロックコミューン」にて結成。
あらゆる音楽からあまねく影響を受けつくられるサウンド、ひとはだのメロディーとことばはくるりの醍醐味である。

投稿時間:10:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


3月の『サウンドクリエイターズファイル』は、3週にわたって「川勝正幸トリビュート」をお送りします


『サウンドクリエイターズファイル ~川勝正幸トリビュート~』
3月4・11・18日(日)後9:30~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。
3月の『サウンドクリエイターズファイル』は、1月31日に亡くなったエディター/ライターの川勝正幸さんの追悼番組「川勝正幸トリビュート」を3週にわたってお送りします。今回は、川勝さんゆかりのアーティストの方々が週替わりでDJを担当。3月4日(日)の第1週は、クレイジーケンバンドの横山剣さんがDJを務めます。

【DJ(3/4のみ)】横山剣 (クレイジーケンバンド)

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

番組Twitterアカウントは @nhk_scfです


<関連情報>
3月4日(日)DJを担当される横山剣さん率いるクレイジーケンバンドが出演!
『SONGS ~クレイジーケンバンド~』(再)
総合テレビ 3月14日(水)前1:30~1:59 (13日(火)深夜)

リーダー・横山剣さんが、自らの音楽的ルーツといえる1960年代のグループサウンズや、当時の若者カルチャーをテーマに、いくつになっても遊び心を失わない“大人のダンディズム”を語ります。また、ゲストに堺正章さんを迎えて、スパイダース時代のエピソードはもちろん、クルマ・食・ファッションなど、伊達(だて)男の大先輩としてトークを繰り広げます。どうぞお楽しみに! (初回放送:2月29日)

【出演】クレイジーケンバンド
【ゲスト】堺正章

※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:16 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM 3月3日(土) 4日(日)のおすすめ番組


『世界の快適音楽セレクション ~カラフルな音楽~』
3月3日(土)前9:00~10:55
(再)3月9日(金)後4:00~5:55

放送日の3月3日は、ひなまつりの日。色とりどりのお飾りにちなんで、今回はカラフルな音楽をお届けします。どうぞお楽しみに!

【出演】ゴンチチ、藤川パパQ

※『世界の快適音楽セレクション』ホームページはこちら


『FMシアター“望月青果店”』
3月3日(土)後10:00~10:50

“現代性”と“作家性”を軸に、時代の抱える問題をテーマにしてお届けしているオーディオドラマ『FMシアター』。3月3日(土)は、NHK岡山局制作の「望月青果店」をお送りします。
山深い岡山県の北部で青果店を営む家に生まれた鈴子は、幼いころから母親と仲が悪かった。目が不自由な母は、田舎の果物屋の切り盛りに追われ、自由がなかった人生を悔みながらも、娘の鈴子に店を継がせようとしていた。そんな母親の反対を押し切って、盲目のピアニスト誠一郎と結婚した鈴子は、アメリカに移り住み、家族と距離をとって生きてきた。物語は、母親とわだかまりを抱えたまま50代になった鈴子のもとに、年老いた母の病の知らせが入るところから始まる。鈴子は帰国しようとするが、大雪で飛行機が欠航になり、さらに一帯が停電になってしまう。灯りが消え、雪に閉ざされた静かな家の中で、鈴子は自分と家族の物語を回想していく―。

【原作】小手鞠るい
【脚色】花房朋香
【出演】奥貫薫、三谷悦代、吉田晃太郎、沖田喜一、古市福子、三宅里沙、吉本武史、下迫幸恵、小林由芽、スコット・マッキーマン

※『FMシアター』番組ホームページはこちら

※「望月青果店」制作スタッフのブログ記事はこちら


『吹奏楽のひびき ~ダリウス・ミヨーの音楽~』
3月4日(日)前8:15~9:00
(再)3月8日(木)前10:00~10:45

3月4日(日)の『吹奏楽のひびき』は、“フランス6人組”の一人として知られる、作曲家ダリウス・ミヨーの吹奏楽作品をお送りします。吹奏楽の古典的名作として知られる「フランス組曲」以外の作品も聴いてみることで、この大作曲家が吹奏楽界に果たした貢献を再確認していきます。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら


『サンデークラシックワイド ~海外コンサート“レクイエム(ヴェルディ)とヨハネ受難曲(バッハ)”~』
3月4日(日)後2:00~6:00

未曽有の被害を出した東日本震災から約1年。この日は地震や津波の犠牲者への追悼の意を込めて、ヴェルディが作曲した死者のためのミサ曲「レクイエム(死者のためのミサ曲)」と、J.S.バッハ作曲の「ヨハネ受難曲」をお届けします。演奏は、ヴェルディ作品がラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮のデンマーク放送交響楽団、ヨハネ受難曲がロルフ・ベック指揮のエルビポリス・バロック管弦楽団の演奏でお送りします。

【案内】加藤拓未


『ビバ!合唱 ~バッハ一族の合唱曲~』
3月4日(日)後9:00~9:30
(再)3月9日(金)前9:20~9:50

3月4日(日)の『ビバ!合唱』は、西洋音楽史の源泉、J.S.バッハ一族の合唱曲をお届けします。バッハ一族は4世代、約240年もの長きにわたり数多くの作品を生み出しました。主な作曲家は13人。今回は、日ごろ聴く機会の少ない、J.S.バッハの父の伯父ヨハン・バッハ、父の従弟のヨハン・ミヒャエル・バッハ、そしてヨハン・クリストフ・バッハの作品を中心にお送りします。

【案内】大谷研二

※『ビバ!合唱』番組ホームページはこちら


『セッション2012 ~山本剛トリオ~』
3月4日(日)後11:00~前0:00
(再)3月9日(金)前10:00~11:00

今回の『セッション2012』は、エロール・ガーナーの名曲「ミスティ」が代名詞の重鎮ピアニスト、山本剛が登場!
山本剛は、1948年新潟県生まれ。高校生の時にアート・ブレーキー&ジャズ・メッセンジャーズに影響を受け、ジャズ・ピアノを独学で習得。67年、日本大学在学中に19歳でミッキー・カーティス・グループにてプロ活動を開始。74年にレコード・デビュー後は、海外のジャズ・フェスティバルに出演。その後渡米し、ディジー・ガレスピー、サム・ジョーンズ、ビリー・ヒギンズ、エルビン・ジョーンズ、スティーヴ・ガッド、エディー・ゴメスなど、錚々たるミュージシャンらと共演しており、近年は、自己のコンボやヴォーカリストとの共演を中心に精力的に演奏活動を行っている。全く色あせることのない山本剛のピアノの魅力を、スタンダード・ナンバーを中心にお送りします。

【演奏】山本剛(ピアノ)、金子健(ベース)、大隅寿男(ドラムス)
【案内】濱中博久アナウンサー

※『セッション2012』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK交響楽団 4月定期公演の聴きどころ


「ピュア・トーン」のベートーヴェン、再び!
nkyo_12_04.jpgロジャー・ノリントンが1年ぶりに帰ってくる。マエストロがベートーヴェンの交響曲を全曲演奏するプロジェクトは今回が第2弾。昨年の4月定期で聴かせてくれた《第1番》と《第2番》の斬新な演奏に続き、作曲当時は前衛的だったと思われる《第3番「英雄」》、そしてオーケストラの可能性をさらに広げた《第4番》が登場だ。

マエストロが提唱する「ピュア・トーン」は、ヴィブラートを排することで安定したピッチを実現し、和音の響きや展開の妙、さらには古典派~ロマン派音楽にとって重要な「調の個性」をはっきりと浮き立たせる。雄々しい変ホ長調は変ホ長調らしく(第3番)、オーケストラの響きがクリアになる変ロ長調は変ロ長調らしく(第4番)。《ピアノ協奏曲第4番》はト長調、ブラームスの《交響曲第2番》はニ長調……。私たちもその響きを受け止め、心を躍らせたい。

もちろん、ショッキングなアクセントやアーティキュレーション、テンポなどで驚かせてくれるという予感も。ノリントンが合言葉のように発する「エキサイティング」、「チャレンジ」は、NHK交響楽団の演奏能力と適応力があってのことだ。

若手実力派ソリストとの《三重協奏曲》
Aプログラムは、起伏が激しい冒頭から怒濤の音楽へとなだれ込んでいく《歌劇「フィデリオ」序曲》でスタート。ノリントンお得意の「(客席に向かって)どうだい、すごい曲だろう?」というポーズが早くも目に浮かぶ。

ピアノ+ヴァイオリン+チェロというピアノ三重奏をオーケストラと対峙させた《三重協奏曲》は、《英雄》と同時期の作品。スタートして1分もたたないうちに、頼もしいベートーヴェンの音楽が聴き手の心をつかむだろう。マルティン・ヘルムヒェンとヴェロニカ・エーベルレは、2008年の「最も心に残ったN響コンサート」でベスト・ソリスト10人にランクインした若手のホープ。ヘルムヒェンとデュオを組む石坂団十郎も、緊密なトリオ・アンサンブルの一翼を担う。

多くの人が聴き慣れたはずの《交響曲第3番「英雄」》は、このコンサートのハイライトだろう。冒頭のショッキングな和音からフィナーレに至るドラマは、どれほど聴き手をエキサイトさせてくれるのだろうか。

河村尚子との「化学反応」に期待
Bプログラムは、嵐のような《序曲「コリオラン」》でスタート。同時期に作曲された同じハ短調による《交響曲第5番「運命」》の、兄弟作品と言っていい。短いながらも充実した響きは、ベートーヴェンの世界を味わうのに十分だ。

今もっとも注目を集めているピアニストのひとり、河村尚子を迎えての《ピアノ協奏曲第4番》は、叙情的な彼女のピアニズムとノリントンの音楽がどのような化学反応を起こすのかに注目が集まるだろう。もしかすると“ここでしか聴けない河村尚子”を目撃してしまうのかもしれない。

後半のブラームス《交響曲第2番》は、爽快かつ明るいニ長調の響きがホールに満ちて幸福な気分をかもし出す。ベートーヴェンの交響曲とほぼ変わらない2管編成だけに、ピュア・トーンによる透明な叙情美が、ますますブラームスの音楽を浄化させるだろう。

20 世紀イギリスを代表するティペットの大作
Cプログラムは、異色の組み合わせ。《序曲「レオノーレ」第2番》は、歌劇《フィデリオ》の前身である《レオノーレ》第1稿のための序曲。有名な《序曲第3番》と共通する旋律などが登場し、聴き手の耳を刺激する。

《交響曲第4番》は、壮大な実験作である《英雄》と《第5番「運命」》の橋渡し役であり、幻想曲風の序奏から始まる個性的な作品。リズムやダイナミックスなどに独特の軽快なキレがあり、覇気にあふれた時代のベートーヴェンを堪能できる。管楽器のソロや絶妙なアンサンブルも大きな魅力。

ブリテンと並んで20世紀のイギリス作曲界をリードし続けたマイケル・ティペットは、イギリス人であるノリントンならではの選曲。1945年に初演された《交響曲第1番》は、パウル・ヒンデミットの作風を思わせる全4楽章の作品だ。日本で聴けるのは極めて珍しく、昨年のエルガー同様に記念碑的な演奏が期待できる。

(オヤマダアツシ)

NHK交響楽団4月のコンサート情報はこちら
(クリックするとNHKサイトを離れます)

投稿時間:10:28 | カテゴリ:N響の聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません