2011年9月

『ミュージックライン 10月3日(月)~10月6日(木)』 ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

10月3日(月) 10月4日(火)
ml_20111003.jpg ml_20111004.jpg
Def Tech ピコ

10月5日(水) 10月6日(木)
ml_20111005.jpg ml_20111006.jpg
DOUBLE ACIDMAN

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

投稿時間:19:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


いよいよ本日(9/30)深夜 総合テレビで放送!『マイルス・デイビス・イン・トーキョー1973』


『マイルス・デイビス・イン・トーキョー1973』
総合テレビ 10月1日(土)前1:40~2:40 (9月30日(金)深夜)

※近畿地方は、10月4日(火)前2:00~3:00 (3日(月)深夜)放送予定

20世紀を代表するミュージシャンとしてジャズ界に君臨し続けたトランぺッター、マイルス・デイビス。今年の9月28日で没後20年を迎えましたが、現在も音楽界に与える影響は計り知れません。ジャズの革新を続け、様々なスタイルで自己の音楽の追及を行ってきたマイルスが、エレクトリック楽器を大胆に取り入れ、賛否両論を呼びながらも世界中の聴衆を圧倒していた頃の1973年、日本で行ったライブの模様を今回お送りします。
当時、NHKが収録し放送したものの長年マスターテープが行方不明になっていた幻の演奏の模様が、このほどアメリカで発見され、デジタルリマスター処理が施されて、最高の映像とサウンドで当時の演奏が鮮やかに蘇りました。この演奏は、マイルスにとって2度目の来日となった1973年のツアーのうち、6月20日に行われた東京公演(東京・厚生年金会館)を収録したもので、ツアー開始前日にはNHKのスタジオで4時間ぶっつづけてリハーサルを行うなど、マイルスがこのツアーに対する力の入れようは並ならぬものだったとのこと。「エレクトリック時代の最強のマイルス・バンド」と多くのファンが認めながらも、同メンバーで残された録音は少なく、まさにエレクトリック・マイルス絶頂期の貴重な映像です。没後20年を偲び“マイルス・ワールド”を、どうぞお楽しみください。

【案内】菊地成孔(ミュージシャン) 小川隆夫(音楽ジャーナリスト)

※番組ホームページはこちら

投稿時間:12:40 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


来週10月3日(月)・6日(木)放送!『NHK音楽祭2011~華麗なるピアニストたちの競演~』


今年で9回目を迎える『NHK音楽祭』。今回は「華麗なるピアニストたちの競演」をテーマに、珠玉のピアノ協奏曲をとりあげます。個性あふれるピアニストと、世界一流の指揮者・オーケストラによる夢の競演をお届けします。

『NHK音楽祭2011
~華麗なるピアニストたちの競演(1)ボリス・ベレゾフスキー~』
10月3日(月)後7:00~9:10

10月3日(月)は、アントニオ・パッパーノ指揮、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団、ピアノにボリス・ベレゾフスキーを迎えての演奏をお聴きいただきます。ボリス・ベレゾフスキーは、1969年モスクワ生まれ。モスクワ音楽院に学び、1990年チャイコフスキー・コンクール優勝。ソ連で学んだピアニストとして、キャリアの開始時から西側で活発に演奏することのできた最初の世代のピアニスト。そんなベレゾフスキーが奏でる生誕200年記念・リストの調べを、どうぞお楽しみにください。

<曲目>
「歌劇“アイーダ”シンフォニア」(ヴェルディ)
「ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調」(リスト)
「交響曲 第6番 ロ短調 作品74“悲愴”」(チャイコフスキー)
【ピアノ】ボリス・ベレゾフスキー
【管弦楽】ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団
【指揮】アントニオ・パッパーノ
(NHKホールから生放送)

『NHK音楽祭2011
~華麗なるピアニストたちの競演(2)シプリアン・カツァリス~』
10月6日(木)後7:00~9:10

10月6日(木)は、ネヴィル・マリナー指揮、NHK交響楽団、ピアノにシプリアン・カツァリスを迎えての演奏をお聴きいただきます。シプリアン・カツァリスは、1951年マルセイユ生まれ。キプロス系の両親のもと、カメルーンでピアノを学び始め、その超絶技巧によって音楽ファンが刮目。年齢を重ね、現在は技巧に豊かな詩情を重ね合わせ、ファンを虜にしています。また、大の親日家でもあり、1992年にはNHK教育の「ショパンを弾く」にも出演されました。そんなシプリアン・カツァリスの紡ぐモーツァルトを、どうぞお楽しみください。

<曲目>
「交響曲 第32番 ト長調 K.318」(モーツァルト)
「ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467」(モーツァルト)
「交響曲 第1番 ハ短調 作品68」(ブラームス)
【ピアノ】シプリアン・カツァリス
【管弦楽】NHK交響楽団
【指揮】ネヴィル・マリナー
(NHKホールから生放送)

投稿時間:12:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


10月3日(月)~10月9日(日) 今週のおすすめ番組


ヨッちゃんは、やっぱり「永遠のギター少年」です!
先週からお伝えしている「とことんスーパーギタリスト列伝」。
DJの野村義男さんが、伝説のギタリストへの憧れを語っています。
その語り口が熱い!
番組の放送時間では足りずに、はみ出しそうな勢いです。

先週水曜日に紹介したのは、ジミ・ヘンドリックス。
名前は「ジミ」ですが、そのギター人生は「地味」とは正反対(笑)。
華やかな伝説の宝庫です。

右利き用のギターを逆さにして左手で弾いていた・・
スタジオに転がっていた鉄琴を即興で叩いてレコーディングした・・
ボトルネック奏法を指輪でやっていた・・

などなど、枚挙にいとまがありません。
さらに、ジミヘンを伝説にしたのが、デビューからわずか4年後の「謎の死」。
だからこそ、ジミヘンのギターに対する渇望感のようなものが、今もくすぶり続けているように思います。

野村さんが番組で紹介したのが、あのウッドストックでの「アメリカ国歌」。改めて聴くと、まず感じたのは、「よくもここまで伸ばせるなあ」。
ジミヘンのギターテクニックが、アメリカ国歌を膨らませ、まったく別の命を吹き込んでいたことを感じました。

今週もギターの神様たちを惜しげもなく紹介していきます。
物置の奥でほこりをかぶっていたエレキを、久しぶり引っ張り出してみたくなりますよ。

tokoton_20111004.jpg「とことんスーパーギタリスト列伝」
10月4日(火)~10月8日(土)
前0:00~0:50  (月曜~金曜・深夜)

ご案内:野村義男
今週紹介する“ギターの神様たち”
▼マイケル・シェンカー…10月4日(火) (3日(月)深夜)
▼ゲイリー・ムーア…10月5日(水) (4日(火)深夜)
▼スラッシュ…10月6日(木) (5日(水)深夜)
▼カルロス・サンタナ…10月7日(金) (6日(木)深夜)
▼スティーヴィー・レイボーン…10月8日(土) (7日(金)深夜)


今週もヨッちゃんのギタートークが炸裂します!

Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:10:15 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエイターズファイル』10月のマンスリーDJにTHE BAWDIESが登場!


『サウンドクリエイターズファイル ~THE BAWDIES~』
10月2・9・16・23日(日)後9:30~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。
10月のマンスリーDJは、10月19日にニューシングルをリリース、そして11月27日には日本武道館でのワンマンライブを控えた、THE BAWDIESが登場!彼らが敬愛してやまないルーツミュージックから、最新楽曲まで、その魅力を4週にわたって紹介。また、知られざるメンバーのエピソードなど、怒涛のハイテンショントークでお送りします。どうぞお楽しみに!

【DJ】THE BAWDIES

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら
番組Twitterアカウントは @nhk_scfです。

投稿時間:15:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明後日10月1日(土)放送!『ジャズ・トゥナイト~批評家選出ベスト・ジャズ2011~』


『ジャズ・トゥナイト~批評家選出ベスト・ジャズ2011~』
10月1日(土)後11:00~翌前1:00

10月1日(土)の『ジャズ・トゥナイト』は、アメリカのJAZZ雑誌“DOWN BEAT”で発表された、世界中のジャズ評論家の投票で決める“第59回批評家投票”の結果を元に、「批評家選出ベスト・ジャズ2011」と題してお送りします。今年は、世界中の評論家80名が投票に参加。日本からは、当番組『ジャズ・トゥナイト』のDJ・児山紀芳さんが参加されました。
番組では、「アーティスト」「アルバム」「ピアニスト」と、年間最優秀三冠に輝いたジェイソン・モランをはじめとする、各部門のベストワンに選ばれたミュージシャンたちの、ニューディスクを中心にお送りします。ジャズ界の“今”を、どうぞお楽しみください。

【DJ】児山紀芳

※『ジャズ・トゥナイト』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:24 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日30日(金)放送『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ ~"ジゼル"を中心に~』


『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ ~“ジゼル”を中心に~』
9月30日(金)後9:10~10:00

バレエダンサーの熊川哲也さんが選りすぐりのバレエ音楽を紹介する、ラジオによるバレエ番組『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ』。9月30日(金)は、ロマンティックバレエの最高傑作のひとつ「ジゼル」をとりあげます。恋人の裏切りによって狂死してしまったジゼル。若くして死んだ娘はウィリ(妖精)となって、若い男性を襲っては死ぬまで踊り続けさせる。ジゼルの墓に贖罪(しょくざい)に訪れたアルブレヒトはウィリに囲まれるが、裏切られてもなおアルブレヒトを愛するジゼルは、アルブレヒトを救おうとする―。「ジゼル」の聴きどころと魅力を熊川哲也さんがわかりやすく解説します。

【出演】熊川哲也 新井鴎子

※『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日(9/29)から2日にわたって放送!BSシネマ『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 ディレクターズカット』


NHK-FMで今週月曜日(9/26)の深夜から始まった『とことんスーパーギタリスト列伝』。野村義男さんを案内役にお迎えして、誰もが一度は憧れる“スーパーギタリスト”を1日1名づつ大特集!時代を創ってきた世界中のギタリストたちの歴史を追いながら、その奏法と魅力を紹介しています。昨日(9/27)の深夜は、ジミ・ヘンドリックスを特集し、伝説のロック・フェスティバル“ウッドストック”から、「Voodoo Child (Slight Return)」と「Star Spangled Banner」をお送りしました。その“ウッドストック”を記録したドキュメンタリー『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間』を、BSプレミアムで、明日(9/29)、明後日(9/30)、前編と後編に分けてお送りします。どうぞお楽しみに!

BSシネマ
『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 ディレクターズカット』
<字幕・レターボックスサイズ>
(前編)BSプレミアム 9月29日(木)後1:00~3:09.30
(後編)BSプレミアム 9月30日(金)後1:00~2:36.30

1969年8月15日から3日間、ニューヨーク郊外ベセルの丘で開催された伝説的なロック・フェスティバルを記録したドキュメンタリー。有名ミュージシャンが多数出演し、全米から押し寄せた40万人の若者のエネルギーが解放された空前規模のコンサートは、死者3人、負傷者5千人、出産2件というハプニングも生じ、多くの話題と影響を残した若者の祭典となった。最後に登場するジミ・ヘンドリックスのアメリカ国歌の演奏は、ベトナム戦争さなかのアメリカにおいて、会場に集まった若者たちの反戦思想とともに強く印象を残す有名なシーンとなった。アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。
なお、本作は25周年を記念して制作されたディレクターズカット版で、ジェファーソン・エアプレインやジャニス・ジョプリンなど、未公開ステージが追加されている。(1994年(オリジナル1970年)・アメリカ)

【監督・撮影】マイケル・ウォドレー
【編集】マーティン・スコセッシ、セルマ・スクーンメイカー ほか
【出演】クロスビー・スティルス&ナッシュ、ジョーン・バエズ、ザ・フー、ジョー・コッカー、アーロ・ガスリー、テン・イヤーズ・アフター、ジェファーソン・エアプレイン、ジョン・セバスチャン、カントリー・ジョー・マクドナルド、サンタナ、ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックス ほか

※BSオンライン“映画カレンダー”はこちら


<関連番組>
『とことんスーパーギタリスト列伝』
FM 9月27日(火)~10月1日(土)前0:00~0:50(9月26日(月)深夜~30日(金)深夜)
FM 10月 4日(火)~ 8日(土)前0:00~0:50(3日(月)~7日(金)深夜)
FM 10月11日(火)~15日(土)前0:00~0:50(10日(月・祝)~14日(金)深夜)
FM 10月18日(火)~22日(土)前0:00~0:50(17日(月)~21日(金)深夜)

NHK-FMで絶賛放送中!こだわりの音楽を毎日、毎週聞きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。9月26日(月)深夜からは、案内役に野村義男さんをお迎えして、「とことんスーパーギタリスト列伝」を4週にわたってお送りしています。今週9月26日(月)深夜~30日(金)深夜の第1週は“伝説のギタリストたち”を、来週10月3日(月)深夜からの第2週は“泣きのギタリストたち”を紹介していきます。どうぞお楽しみに!

※各日紹介するギタリストのラインナップを掲載『とことんスーパーギタリスト列伝』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:24 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ今週末10月1日(土)いよいよ開講!『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』シーズン2


『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』シーズン2
Eテレ(教育) 毎週土曜日 後11:00~11:30<10月1日(土)スタート>
(再)Eテレ(教育) 翌週土曜日 前11:00~11:30

昨年4月から6月にかけてお送りした『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』のシーズン2が、いよいよ10月1日(土)から開講します!音楽家・坂本龍一さんが、ライフワークとして取り組んでいる、クラシックからロック、民族音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を集大成したCDの制作。人類の生み出した偉大なる文化「音楽」の魅力を解き明かそうというこの企画をもとに、坂本さんを講師に迎え、音楽の真実を、時に学究的に、時に体感的に伝えようとする映像版が、この番組『スコラ(schola) 坂本龍一 音楽の学校』です。 スコラとは、ラテン語で“学校”を意味する言葉。一つの音楽のテーマを計4週/月で学問として掘り下げていきます。前シーズンでは「J.S.バッハ」「ジャズ」「ドラムとベース」という3つのテーマでお送りしましたが、今シーズンは「古典派」「ドビュッシー、サティ、ラヴェル」「ロックへの道」と、3つのテーマをとりあげます。また、今回も子供たちと共に行うワークショップや、講義内容をふまえたスタジオライブも健在。どうぞお楽しみに!

<シーズン2放送にあたって、坂本龍一さんからのコメント>
去年のスコラ・シリーズの反省も含めて、シーズン2では制作チームといろいろディスカッションを重ねた。 いろいろな苦労があるが、つくづく思うのは、これをやらせてもらって一番勉強になっているのは自分だということ。ひとに何かを教えるには、自分が一番勉強しなければならないから。それでも常に勉強が足りないと思う。教えるなどという大それたことは、やはりぼくには向いていないな。

<放送予定>
「古典派」<全4回>
Eテレ(教育) 10月1日~22日(土)後11:00~11:30
(再)Eテレ(教育) 10月8~29日(土)前11:00~11:30

現代人が最も親しんでいるであろうクラシック音楽「古典派」。バッハ以後に登場したこの音楽を、バッハから古典派にいたる道程と、ハイドン、モーツアルト、ベートヴェンの3巨人にスポットをあてます。また、古典派の楽曲形式の中心をなす「ソナタ形式」も解説し、古典派の音楽の魅力に迫ります。
【ゲスト講師】浅田彰、小沼純一、岡田暁生
【演奏】坂本龍一

「ドビュッシー、サティ、ラヴェル」<全4回>
Eテレ(教育) 10月29日~11月19日(土)後11:00~11:30
(再)Eテレ(教育) 11月5日~26日(土)前11:00~11:30

20世紀の幕開けを象徴する大作曲家、クロード・ドビュッシーとモーリス・ラヴェル。ほぼ同時代を生きながら、まったく異なるアプローチで名曲を生み出した彼らと、現代音楽への道をひらいたサティ。既存の枠にとらわれることなく、自由なアプローチで、独自の音楽を生み出した彼らの真実に迫ります。
【ゲスト講師】浅田彰、小沼純一
【演奏】坂本龍一

「ロックへの道」<全4回>
Eテレ(教育) 11月26日~12月17日(土)後11:00~11:30
(再)Eテレ(教育) 12月3日~24日(土)前11:00~11:30

現在の世界におけるポップミュージックの中心をなす音楽ジャンル「ロック」。20世紀半ばに誕生した音楽がなぜ、若者たちの心をとらえ、それまでの音楽を過去のものにしたのか。エルヴィス・プレスリーやビートルズなどを取り上げ、その魅力に迫ります。
【ゲスト講師】北中正和、ピーター・バラカン、高田漣
【演奏】坂本龍一、細野晴臣、小山田圭吾 ほか

※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:40 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終水曜日放送『小西康陽 これからの人生。』明日28日(水)は、アカペラ特集をお送りします


『小西康陽 これからの人生。~アカペラ特集~』
9月28日(水)後11:00~前0:00
(再)10月5日(水)前10:00~11:00

毎月最終水曜日、ピチカート・ファイヴのメンバーとして活躍し、様々なアーティストのプロデュースを手がける小西康陽さんが、本当に聴きたい音楽を洋楽・邦楽を問わずセレクトしてお送りしている『小西康陽 これからの人生。』。9月28日(水)は、アカペラ特集をお送りします。様々な分野でご活躍のアーティストの皆さんが、夜、ラジオを一人でお聴きの皆さんに「今、聴いて欲しい曲」としてセレクトした楽曲の数々を、静かに、そして情感たっぷりに、アカペラで歌ってくださいます。いまだかつてない、この静かなラジオプログラムに、どうぞ耳を傾けてください。

<ご出演予定の皆さん>※歌唱順はこの通りではありません。
青葉市子さん 安藤明子さん 池田聡さん 市川実和子さん 五木ひろしさん 石丸幹二さん 井上順さん 菊地成孔さん Saigenjiさん Sandiiさん デュークエイセス  トワ・エ・モワ なぎら健壱さん 平原綾香さん ミズノマリさん ムッシュかまやつさん 由紀さおりさん

【DJ】小西康陽

※『小西康陽 これからの人生。』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK交響楽団 10月定期公演の聴きどころ


 円熟味あふれるプレヴィンの十八番が並ぶプログラム

nkyo_201109.jpg2011年3月、NHK交響楽団はアメリカ合衆国およびカナダの4都市を巡る北米ツアーを敢行。大震災直後だったこともあってか各都市ではあたたかい歓迎を受け、音楽の持つ力と可能性を再認識する有意義なコンサートになった。そのツアーで指揮したのが、首席客演指揮者であるアンドレ・プレヴィン。定期公演等での共演や楽員たちとの室内楽で絆(きずな)を強めてきたマエストロは、コンサートホールに集う(楽員も含めた)すべての人々を音楽で幸福にしてくれる指揮者だ。

10月定期で3つのプログラムを指揮するマエストロだが、どの曲も長いキャリアにおいて繰り返し指揮をしてきた作品。ゆえに私たちは、プレヴィンが得意とする曲で円熟した芸術をじっくりと味わえるのである。

Aプロは言葉の一語を噛みしめるような演奏に──
Aプログラムは、ヒューマンな精神があふれるブラームスの《ドイツ・レクイエム》。ブラームスは若い頃よりプレヴィンが得意とする作曲家で、ロンドン交響楽団など手兵を連れての来日公演では、いつも交響曲をプログラムに入れている。
昨年11月の「NHK音楽祭」ではひと晩で交響曲第3番・第4番を指揮し、満員の聴衆がその流麗さにため息をついたことも記憶に新しいだろう。
プレヴィンのブラームスは常にメロディを上品に歌い上げ、奇抜なことをせずに落ち着いた響きで曲の素晴らしさを教えてくれるタイプの演奏。端正な音楽の構築や、じっくりと音符のひとつひとつに語らせるスタンス、作為のない自然な旋律の歌わせ方、そして揺るぎないスコアへの献身から、あの流れるような音楽が生まれる。

現在はそこに円熟味が加わり、音のひとつひとつ、言葉(歌詞)の一語を噛(か)みしめるような演奏を聴かせてくれるだろう。中嶋彰子、デーヴィッド・ウィルソン・ジョンソンという、やはり音楽と言葉のメッセージをしっかりと伝えてくれる2人の歌手が、しみじみとした名演に深みを与えてくれると期待したい。

ソリストのチェ・イェウンに期待が高まるBプロ
Bプログラムは、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ほかオーストリアやドイツのオーケストラからも信頼を得ていたプレヴィンらしい、モーツァルトとR.シュトラウス。そして得意とするロシア音楽から、その筆頭であるショスタコーヴィチの作品。
NHK交響楽団のお客様であればご承知だろう、プレヴィンが弾き振りスタイルで曲の優美さやふくよかさを表現する、モーツァルトのピアノ協奏曲を。スコアに投げかけられる眼差しは交響曲でも同様であり、平和な気分をもたらしてくれるハ長調交響曲の《リンツ》であれば、聴き手の喜びも倍増するはずだ。
ショスタコーヴィチの《ヴァイオリン協奏曲第1番》は、地下水脈のように緊張感が漂う中、透徹した静けさや感情の高揚などが交錯する作品。ソリストには長大なカデンツァを含む、難易度が高いソロ・パートが用意されている。1988年生まれのチェ・イェウンは欧米を中心にキャリアを積み、特にアンネ・ゾフィー・ムターが才能を買ってサポートしてきた逸材だ。今回の定期公演登場は彼女にとっても大きなチャレンジとなる。
R.シュトラウスが生み出した豊穣なロマンの花束と言える歌劇《ばらの騎士》は、今年が初演100年となる。全曲を体験する際の幸福感はたとえようもないが、オーケストラによる名場面集と評したい演奏会用組曲もまた、作品の魅力を味わうには遜色(そんしょく)ない。冒頭の前奏曲や銀のばらの献呈シーン、第2幕の有名なワルツなどが次々に登場。プレヴィンとNHK交響楽団は、精緻なスコアからシルクのように肌触りのいいタッチを引き出してくれるだろう。

大曲に挑むCプロ
Cプログラムのメシアン《トゥランガリラ交響曲》も、実はプレヴィンが得意とする作品。首席客演指揮者に就任した時より、ぜひ共に演奏したいと熱望していたという。マエストロのアプローチは先鋭的なものではなく、作品全体を覆う普遍的な愛と憧れ、そして慈愛を感じさせる豊かな響きにあふれたもの。1977年にロンドン交響楽団を指揮して録音したレコードでは、ジャケットにマルク・シャガールの作品が使われており、演奏と相まって浪漫的な印象を強くしたものだった。
過去にも小澤(日本初演)、サロネン、デュトワ、メルクル等の指揮でこの大曲を演奏してきたNHK交響楽団だが、今回はホールが静かな陶酔と微笑みに満たされることだろう。曲を熟知した児玉桃、原田節の2人もたのもしい。なお、この曲の第5楽章は過去に「N響アワー」のテーマ音楽として使われていたため、全曲の演奏を楽しみにされている方も多いのではないだろうか。

(オヤマダアツシ)

NHK交響楽団10月のコンサート情報はこちら
(クリックするとNHKサイトを離れます)

投稿時間:10:35 | カテゴリ:N響の聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日27日(火)放送!『大貫妙子 ~懐かしい未来~』ゲストは生物学者・早稲田大学教授の池田清彦さんです


『大貫妙子 ~懐かしい未来~』
9月27日(火)後11:00~前0:00
(再)10月4日(火)前10:00~11:00

『大貫妙子~懐かしい未来』は、シンガーソングライター大貫妙子さんが「いま、ほどよいライフスタイル」をキーワードにお送りしている番組。大貫さんが注目しているアーティスト、作家、活動家をゲストに招き、お話をうかがいます。
今回9月27日(火)のゲストは、生物学者・早稲田大学教授の池田清彦さん。民放のバラエティ番組でも活躍中の池田さんが、人間の命や趣味である昆虫収集について熱く語ります。

【ゲスト】池田清彦
【メインパーソナリティ】大貫妙子

※『大貫妙子~懐かしい未来~』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 9月26日(月)~9月29日(木)』 ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

9月26日(月) 9月27日(火)
ml_20110926.jpg ml_20110927.jpg
miwa BONNIE PINK

9月28日(水) 9月29日(木)
ml_20110928.jpg ml_20110929.jpg
SPYAIR FOUR GET ME A NOTS

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

投稿時間:19:23 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月26日(月)~10月2日(日) 今週のおすすめ番組


19日の「今日は一日“山下達郎”三昧」、お聴きいただけましたか?
山下さんには、ラジカセを膝に置いて、ナマ歌まで披露していただきました。
達郎サウンドを満喫した10時間。
リスナーの皆さんからも、NHKネットラジオ「らじる★らじる」で聴きながら至福のときを過ごしています、などのメッセージを数多く頂きました。

ban_radiru01.jpgパソコンでNHKラジオを聴くことができる「らじる★らじる」。
スタートからまもなく1ヶ月が経とうとしています。
マンション住まいの方から「これまでラジオを受信しづらかったけど、ノイズ無く聴けるようになった」という声や「パソコン仕事しながら聴いています」という声をいただいています。

この「らじる★らじる」が、10月1日から、さらにバージョンアップ!
アンドロイド系スマートフォン向けのアプリケーションも開発しました。
ダウンロードすれば、スマートフォンでも見やすい画面で操作できます。
ラジオ受信機を持っていなくても、お出かけ先で気軽にラジオを聴くことができるようになります。
いつでもどこでも音楽を楽しみたい方はもちろん、枕元に置いて眠りにつくまでのパートナーに、そして、いざというときに頼りになる安全情報として、皆さんのライフスタイルに合わせてご活用ください。
iPhone向けのアプリケーションも、開発し次第、配信を始める予定です。

ところで・・・

rajiru_mae.jpgのサムネイル画像「らじる★らじる」バージョンアップに合わせて、10月1日(土)前11:00に、渋谷109イベントスペースでNHKラジオのPRイベントを開催します。
当日は、キャラクターのらじるも登場!。
果たして、らじるはどんな動きをするのか?
どんな声をしているのか?
空も飛ぶときに使うというあの「耳」は、どうなっているのか?
らじるに会いに、お買い物ついでにでも、お立ち寄りください。
ちなみに・・らじる本人はバージョンアップしていません(笑)

300_60.jpgまた10月2日(日)には、NHK放送センター前で、民放と共同のラジオキャンペーンを開催します。
ここでも「らじる★らじる」の体験コーナーなどを設けます。

10月1・2日は、ラジオの歴史に新しい1ページが加わります。
皆さんも、そんな1ページを共有しませんか?

Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:14:40 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


25日(日)Eテレで放送!『N響アワー"心をとらえる旋律 辻井伸行のチャイコフスキー"』


『N響アワー“心をとらえる旋律 辻井伸行のチャイコフスキー”』
Eテレ(教育) 9月25日(日)後9:00~9:57

2009年ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人として初めて優勝した辻井伸行さん。コンクールから2年。この9月、N響との初共演を果たした。海外のオーケストラとの共演も多い辻井さんだが、幼いころから憧れていたN響との舞台には特別な思いがあった。演奏したのはチャイコフスキーの大曲「ピアノ協奏曲第1番」。番組では辻井さんのリハーサルに密着。インタビューも交えつつ辻井さんのチャイコフスキーをお送りする。

<曲目>
「ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23」(チャイコフスキー作曲)
【ピアノ】辻井伸行
【管弦楽】NHK交響楽団
【指揮】外山雄三
(2011年9月4日 NHKホールで収録)

【司会】西村 朗(作曲家) 黒崎めぐみアナウンサー

110925enukyou_tsujii.jpg

『N響アワー』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:30 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


25日(日)総合テレビ放送『NHKアーカイブス "ジャズの帝王~マイルス・デイビス没後20年~"』


『NHKアーカイブス
“ジャズの帝王~マイルス・デイビス没後20年~”』
総合テレビ 9月25日(日)後1:50~3:00

※愛知・岐阜・三重・石川は別番組を放送します。また、九州・沖縄地方は9月29日(木)前2:00~3:10 (28日(水)深夜)に放送予定です。詳しくは各地域の番組表でご確認ください。

20世紀を代表するミュージシャンとして音楽界に君臨し続けたトランペット奏者、マイルス・デイビス。「ジャズの帝王」と呼ばれたマイルスが逝去して、今年の9月28日で20年を迎えます。1940年代のモダンジャズの黎明期から活躍をはじめ、そのリリカルで柔らかなトーンと優れた即興能力で一躍ジャズ界のスターダムに躍り出たマイルス。その後もクール・ジャズ、モードジャズ、エレクトリック・ジャズなど、自身の音楽を追求していく中で、絶えずサウンドの変革を続け、現代に続く様々なムーブメントの先駆者・革新者として、ジャズ界のみならず、あまたの音楽界に革命をもたらし続けました。
今回のNHKアーカイブスでは、没後20年を経ても色あせることのないマイルス・デイビスの音楽と、彼の波乱に満ちた生涯をたどった番組『ETV特集“疾走する帝王~マイルス・デイビス 菊地成孔のジャズ講座”』(初回放送:2007年6月24日 ※45分に編集)と、長らくテープが行方不明になっていたマイルス絶頂期の貴重なライブ『マイルス・ディビス・イン・トーキョー1973』の一部をお送りします。
さらに、マイルスと共演経験のあるサックス奏者、デイブ・リーブマンのニューヨークでのインタビューや、東京JAZZで来日公演を行ったベーシストのマーカス・ミラーらのコメントなども交えながら、時代とともに変貌を遂げ、常に最先端の音楽を追い求めたマイルス・デイビスの真の姿を紹介します。

【ゲスト】 菊地成孔(ジャズミュージシャン) 
小川隆夫(音楽ジャーナリスト)

【キャスター】桜井洋子アナウンサー

※『NHKアーカイブス』番組ホームページはこちら


<関連番組>
『マイルス・デイビス・イン・トーキョー1973』
総合テレビ 10月1日(土)前1:40~2:40 (9月30日(金)深夜)

1973年7月1日に、その一部がNHK『世界の音楽』という番組で放送されながら、長らくテープが行方不明になっていた、エレクトリック・マイルス最盛期の1973年東京・厚生年金会館での伝説のライブをデジタル・リマスター版で放送!

【案内】菊地成孔 小川隆夫

投稿時間:15:47 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


毎月最終日曜日は『インディーズファイル』&『ライブビート』9/25のゲスト決定!(楳図かずお、二階堂和美)


『インディーズファイル ~楳図かずお~』
9月25日(日)後9:30~11:00

アマチュア・インディーズアーティストの新たな才能を応援する番組『インディーズファイル』。
9月のピックアップアーティストには、漫画家・楳図かずおさんが登場!MC・森若さんにとっても神のような存在の楳図さんに、音楽家として36年ぶりに発表したというニュー・アルバムのお話を聞きます。どうぞお楽しみに!

【ゲスト】楳図かずお
【MC】森若香織

※『インディーズファイル』番組ホームページはこちら

『ライブビート ~二階堂和美~』
9月25日(日)後11:00~前0:00
(再)9月30日(金)前10:00~11:00

毎月最終日曜日、ロックやジャズやクラブサウンドなど、今が旬のミュージシャンたちのライブ音源にこだわった切り口で紹介している『ライブビート』。
9月25日(日)は、天真爛漫で自由奔放というイメージから神秘的、叙情的、そして狂気!な雰囲気までも併せ持つシンガー、二階堂和美さんが登場!優しくも力強い歌声と幅広い音楽性、素晴らしいセンスと筋のある音楽スタンス、そして、優しく人懐っこい性格が世界各国、日本全国から愛されています。7月には5年半ぶりとなる新作「にじみ」を発表した二階堂さん。アルバムレコーディングメンバーとともに、多幸感に溢れる素晴らしいライブをお届けします。

【ゲスト】二階堂和美 (歌、ギター)
 <山村誠一(スティールパン、パーカッション)、黒瀬みどり(ピアノ)、ガンジー西垣(ベース)、曽我大穂(ハープ、ハモニカ、etc)、まるむし(バイオリン)>
【DJ】古閑裕

※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:14:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


10月の特集番組ラインナップ決定!


blog2011ongakusailogo.jpg『NHK音楽祭2011』
10月3日(月)後7:00~9:10

~華麗なるピアニストたちの競演~
9回目を迎える今年の「NHK音楽祭」は、珠玉のピアノ協奏曲を取り上げます。現代のクラシック音楽界の最前線で活躍する5人の個性あふれるピアニストと、世界一流の指揮者・オーケストラによる夢の競演をお楽しみください。NHK-FMでは、この「NHK音楽祭2011」の模様をNHKホールから生放送でお届けします。(※11月18日(木)「シドニー交響楽団」は録音)


- 生誕200年記念、ベレゾフスキーが奏でるリストの調べ -
◆ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団
【指 揮】アントニオ・パッパーノ
【ピアノ】ボリス・ベレゾフスキー
【曲 目】 ヴェルディ/歌劇「アイーダ」 シンフォニア
リスト/ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
チャイコフスキー/交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」

■アントニオ・パッパーノ(指揮)
blogpappano.jpg1959年、イタリア人の両親のもとロンドンに生まれ、アメリカで学ぶ。1987年、オスロのノルウェー歌劇場でオペラ・デビュー。同歌劇場の音楽監督を経て、92年ブリュッセルのモネ劇場の音楽監督に就任。93年ウィーン国立歌劇場、97年メトロポリタン歌劇場、99年バイロイト音楽祭にデビュー。2002年、ロンドンのコヴェントガーデン王立歌劇場の音楽監督に就任、05年10月からはローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団の音楽監督も務めている。


■ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)
blogBoris_Berezovsky.jpg1969年モスクワ生まれ。モスクワ音楽院で、エリソ・ヴィルサラーゼに師事。1988年ウィグモア・ホールでロンドン・デビューを飾り、タイムズ紙に、『輝かしい技巧と圧倒的なパワーを持つ、将来を嘱望させるアーティスト』と絶賛された。90年チャイコフスキー国際音楽コンクールで優勝を果たす。フィルハーモニア管、ニューヨーク・フィル、ミュンヘン・フィル、フランクフルト放送響など世界の著名なオーケストラと共演。録音も多数行っている。


■ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団
管弦楽を専門に演奏するオーケストラとしてはイタリアでもっとも古く、ヨーロッパを代表する名門。20世紀の重要な作品を積極的に初演している。マーラー、ドビュッシー、R.シュトラウス、ストラヴィンスキー、ヒンデミットら作曲家が自ら指揮台に立った。シノーポリ、ガッティ、ミョンフンなどが常任指揮者を務め、2005年10月、アントニオ・パッパーノが音楽監督に就任。

blog20111003.jpg


blog2011ongakusailogo.jpg『NHK音楽祭2011』
10月6日(木)後7:00~9:10

9回目を迎える今年の「NHK音楽祭」。10月6日(木)はネヴィル・マリナー、シプリアン・カツァリス、NHK交響楽団の共演をお送りします。

- 華麗なテクニックとあふれる詩情 カツァリスの紡ぐモーツァルト -
◆NHK交響楽団
【指 揮】ネヴィル・マリナー
【ピアノ】シプリアン・カツァリス
【曲 目】 モーツァルト/交響曲 第32番 ト長調 K.318
モーツァルト/ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467
ブラームス/交響曲 第1番 ハ短調 作品68

■ネヴィル・マリナー(指揮)
blog111006shiki.jpg1924年イギリス、リンカーンに生まれる。ロンドン王立音楽大学とパリ音楽院でバイオリンを学ぶ。フィルハーモニア管を経て、ロンドン響の第2バイオリン首席奏者を務めた。59年アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズを設立。映画『アマデウス』のサウンド・トラックでは指揮及び音楽監督を務めた。69年~ロサンゼルス室内管の音楽監督、79年~86年ミネソタ管音楽監督。85年「ナイト」の称号を受ける。83年~89年シュツットガルト放送響首席指揮者。


■シプリアン・カツァリス(ピアノ)
blog111006piano.jpg1951年マルセイユ生まれ。パリ・コンセルヴァトワールを首席で卒業。70年チャイコフスキー国際、72年エリーザベト王妃国際コンクール入賞、74年ジョルジュ・シフラ国際コンクール優勝。93年にはNHK教育テレビ「ショパンを弾く」に出演。世界各地での演奏に加えて、ショパン(90年ワルシャワ)、リスト(96年ユトレヒト)、ロン・ティボー(2001年)、ベートーベン(05年ボン)の国際コンクールで審査員を務めた。



■NHK交響楽団
1926年にプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団が、51年にNHK交響楽団と改称。世界一流の指揮者を次々と招聘し、歴史的名演を残している。近年は、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地でおよそ120回の演奏活動を行っている。定期的な外国公演、委嘱作品の充実、CD録音など、その活動と演奏は国際的にも高い評価を得ている。

blog20111006.jpg


『第80回日本音楽コンクール 最終選考』
10月10日(月・祝)~10月14(金)前7:20~9:15

「日本音楽コンクール」(NHK・毎日新聞社主催)は、クラシック音楽の作曲家・演奏家を志す若手音楽家の登竜門として、戦時中も中断することなく続けられ、日本で行われる音楽コンクールのなかでも最高の権威と最も長い歴史を誇っています。上位入賞者のほとんどは、日本および世界の第一線で活躍するトップ・アーティストに成長、活躍しており、わが国の音楽界の将来を占うイベントとして注目されています。
今年は、ピアノ、バイオリン、声楽、作曲、ホルン、チェロの6部門が行われ、応募者は8月下旬からおよそ1か月にわたって数回の予選を経て、10月22日から行われる本選会を目指します。番組では、作曲部門を除く5部門の、本選出場をかけた熱演を放送します。


20111010progressive.jpg『今日は一日 プログレ三昧、再び』
10月10日(月・祝)後0:15~10:45(中断あり)

2010年の夏に熱狂をもたらしたあの番組が帰ってきます!
「今日は一日プログレ三昧、再び」!
あの長大で濃厚な祭典が、再び蘇ります。

1970年代に一世を風靡したプログレッシブ・ロック。
それは、クラシック・現代音楽・ジャズなどロック以外の音楽の要素をどん欲に取り入れた、それまでのロックに飽き足らない人たちが見果てぬ地平を目指した音楽の冒険。
はっきり言って「変な音楽」です。
ただ、その「変な音楽」がどうしようもなく必要な人たちは、思っているより沢山いる。前回の「プログレ三昧」でそう思った方も多いのではないでしょうか。

今回の「プログレ三昧、再び」はNHK大阪放送局からお送りします。
70年代後半~80年代初頭にかけて、関西地方ではプログレのムーブメントが吹き荒れていました。数々のバンドが登場し、ライブ・ハウスは多くのお客さんでごった返し、メジャー・デビューするバンドもあり…、かなりの盛り上がりを見せていました。そんなプログレの根付く関西という土地柄を写しつつ、前回を越える濃さを目指します。

番組を作るのは皆さんのリクエスト!
幸い、番組の放送時間はたっぷりあります!!と前回申しておりましたが、「あのバンドはどうした!」というお声も沢山頂きました。 そんなリベンジに燃える方からも、今回初めて番組を知った方からも、熱い思いを込めたリクエストをお寄せ下さい!時間の許す限り、普段ラジオで聞くことの出来ない曲をバシバシお届けします!

プログレ三昧の情報はtwitterでもチェック!
twitterbanner.jpg

★ハッシュタグは #nhkfmprog をお使い下さい!

【ナビゲーター】山田五郎 森田美由紀アナウンサー
【ゲスト】岩本晃市郎 宮武和広

【ライブゲスト】 デイヴ・シンクレア(Key) 上野洋子 (Vo) 山本精一(g)
ミト(B) from clammbon 富家大器 (Ds) from Ain Soph

『今日は一日 プログレ三昧、再び』番組ホームページはこちら


blog2011ongakusailogo.jpg『NHK音楽祭2011』
10月12日(水)後7:00~9:30

9回目を迎える今年の「NHK音楽祭」。10月12日(水)はマレク・ヤノフスキ、河村尚子、ベルリン放送交響楽団の共演をお送りします。

- 今が旬!若き俊英、ベートーベンに挑む -
◆ベルリン放送交響楽団
【指 揮】マレク・ヤノフスキ
【ピアノ】河村尚子

【曲 目】 ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」序曲
ベートーベン/ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
ベートーベン/交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」

■マレク・ヤノフスキ(指揮)
blog111012shiki.jpg1939年ワルシャワ生まれ。ドイツで育ち教育を受ける。ドイツ各地のオペラハウスでキャリアを積み、フライブルク、ドルトムントで音楽総監督に就任。90年代にコンサート活動に集中すべくオペラ界から退き、フランス国立放送フィル音楽監督、ケルン・ギュルツェニヒ管首席指揮者、モンテカルロ・フィル音楽監督、ドレスデン・フィル音楽監督などを歴任。02年からベルリン放送響、および05年からスイス・ロマンド管の音楽監督を務める。



■河村尚子(ピアノ)
blog111012piano.jpg1986年渡独。ハノーバー国立音楽芸術大学在学中に数々のコンクールで優勝・入賞を重ね、06年ミュンヘン国際コンクール第2位受賞。07年クララ・ハスキル国際コンクールにて優勝を飾り、世界の注目をあびる。ドイツを拠点に積極的にリサイタル、オーケストラとの共演など国際的な活動を広げている。本年6月にはサンクトペテルブルク・フィルとの共演予定。2009年新日鉄音楽賞、出光音楽賞、日本ショパン協会賞、2010年井植文化賞を受賞。


■ベルリン放送交響楽団
ラジオ局が保有するドイツ最古の交響楽団として、1923年10月のドイツ公共放送の放送開始と共に設立。ヒンデミット、プロコフィエフ、R.シュトラウス、ストラヴィンスキーらの作曲家たちが、指揮者、またはソリストとして、自作をこのオーケストラと共に演奏してきた。ヤノフスキ就任以来、ドイツ・シンフォニーのレパートリーを中心に披露している。

blog20111012.jpg


『第78回NHK全国学校音楽コンクール全国大会』
10月29日(土)後0:15~4:00

「NHK全国学校音楽コンクール」は、小学校・中学校・高等学校の児童・生徒を対象とした、合唱コンクールです。毎年新しくNHKが制作する課題曲と自由曲の2曲で競い合います。
今年の課題曲のテーマは「仲間」。番組では、10月8日(土)~10日(月・祝)に東京・渋谷のNHKホールで開催されるコンクールの模様をご紹介します。

― 課題曲 ―
小学校の部 「ぼくらは仲間」
作詞 やなせ たかし
作曲 鈴木 憲夫

中学校の部 「証(あかし)」 
作詞 山村 隆太/ flumpool
作曲 阪井 一生/ flumpool
編曲  加藤 昌則

高等学校の部 「僕が守る」 
作詞 銀色 夏生
作曲 上田 真樹

『Nコン2011』 ホームページはこちら

投稿時間:10:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


23日(金・祝)総合テレビで放送『愛されて50年♪"みんなのうた"フェスティバル!』


『愛されて50年♪“みんなのうた”フェスティバル!』
総合テレビ 9月23日(金・祝)前8:15~9:33 (中断あり)
(再) 総合テレビ 12月17日(土)前1:20~2:33 (16日(金)深夜)
(再)Eテレ 2012年1月29日(日)後3:30~4:43

1961年に始まり、時代を超えて様々な国民的愛唱歌を生み出してきたNHK『みんなのうた』。日本全国のみなさまに愛されて続けて、ついに誕生から“半世紀”を迎えました。NHKでは、日本を代表する長寿の音楽番組のひとつ『みんなのうた』の50年を、今年1月から公式サイトのリニューアルはじめ様々な特集を通して振り返ってきましたが、このたび初めて“豪華アーティストたちの競演によるスペシャル番組”という形で祝いたいと思います!
50年後も、100年後も…いつの時代にも歌いつがれる、歌の素晴らしさ、音楽のパワーを、三世代の視聴者に存分に楽しんで頂くために立ち上がったのは、郷ひろみさん、大貫妙子さん、BEGIN、岡本知高さん、平原綾香さん、アンジェラ・アキさん。揃って『みんなのうた』で育ち、『みんなのうた』大好き度では誰にも負けない!と熱く語る、番組ゆかりのアーティストたちです。自身が手がけた歌に加え、視聴者から届いた8万8600通を超えるリクエストの中からそれぞれが幼い日に大好きだった、懐かしいあの歌この歌を選び、新たな形で蘇らせます。
さらに、1981年「コンピューターおばあちゃん」の編曲を手がけた坂本龍一さん、2003年「りんごのうた」で衝撃的に初登場し、“『みんなのうた』はNHKで大好きな番組のひとつ”と言う椎名林檎さん、現在放送中の「証(あかし)」で話題のflumpoolなど、多彩な方々の特別インタビューも放送。心暖まるエピソードとともに50年の歴史を振り返ります。
司会はキュートなお人形、ジュリエッタ・ウエノフスキーちゃん。一昨年に自ら詞曲を手がけた歌で『みんなのうた』に登場し、『みんなのうた』は幼い頃“夕食前の至福の時”だったという上野樹里さんが、声の出演で参加します。秋分の日に、小さいお子さんから、ママパパ・おじいちゃんおばあちゃんまで揃ってお楽しみいただける、おもちゃ箱をひっくり返したようなにぎやかで楽しい『みんなのうた』のお誕生会、どうぞお楽しみに!

【ゲスト】 郷ひろみ 大貫妙子 BEGIN 岡本知高 平原綾香
アンジェラ・アキ
【インタビューゲスト】坂本龍一 椎名林檎 flumpool
【声】上野樹里 


※『みんなのうた』番組ホームページはこちら

※番組関連コラムはこちら

投稿時間:11:25 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


22日(木)放送!『ザ・ソウルミュージック ~ソウル・スターズ特集 第2夜 キャンディ・ステイトン~』


『ザ・ソウルミュージック ~ソウル・スターズ特集 第2夜 キャンディ・ステイトン~』
9月22日(木)後11:00~前0:00

今週も、先週に引き続き、この番組ならでは!のソウル・スターズ特集をお送りします。
第2夜の主役は、現在も自身のルーツであるゴスペル・シーンで活動を続けるサザン・ソウル界屈指の女性シンガー、キャンディ・ステイトン。今年6月には、69年~74年までに残された彼女の作品群から、初CD化の22曲と未発表の12曲をコンパイルした「Evidence」がリリースされ、ファンの間で大きな話題となっています。そんな彼女の魅力をたっぷりお届けします。

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック 』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 9月19日(月・祝)~9月22日(木)』 ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

9月19日(月・祝) 9月20日(火)
ml_20110919.jpg ml_20110920.jpg
  アンジェラ・アキ

9月21日(水) 9月22日(木)
ml_20110921.jpg ml_20110922.jpg
サカナクション 植村花菜

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

投稿時間:17:50 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


10/10(月・祝)放送『今日は一日プログレ三昧、再び』デイヴ・シンクレア ライブ観覧募集中!


『今日は一日プログレ三昧、再び』
10月10日(月・祝)後0:15~10:45 (中断あり)

10月10日(月・祝)NHK大阪放送局からお送りする『今日は一日プログレ三昧、再び』。今回、番組内でブリティッシュ・ロックを代表するキーボード・プレイヤーであり、美しい楽曲の数々を作曲しているソングライター、デイヴ・シンクレアさんの生ライブの放送が決定!
デイヴ・シンクレアさんは、68年にデビューしたキャラヴァンのメンバーとして、ロック史上の名作と言われるアルバムに参加。71年にキャラヴァンを脱退し、元ソフト・マシーンのロバート・ワイアットとマッチング・モウルを結成。今なお歌い継がれる名曲「オー・キャロライン」を作曲。79年にキャメルのメンバーとして初来日し、この時に魅せられた京都に2005年から移り住み、音楽活動を繰り広げています。今回は、彼が今までに書いてきた名曲の数々を、超豪華メンバーと組んだ今回限りのバンドとともに生演奏!あの独特の音色とフレーズを持つ彼のキーボードが、美しいメロディを際立たさせ、感涙必至の伝説的なライブになることは疑う余地がありません!現在、このライブの観覧を募集中!詳しくは下記の番組ホームページをご覧ください。たくさんのご応募お待ちしております。
※募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

<ライブメンバー>
デイヴ・シンクレア(Key)
上野洋子(Vo)
山本精一(g)
ミト(B)from clammbon
富家大器(Ds)from Ain Soph

【集合予定時刻】10月10日(月・祝)後7時
【会場】NHK大阪放送局 R-1スタジオ
応募は往復はがきのみとなります。
締め切りは、9月26日(月)到着分まで有効です。
詳しくは下記の番組ホームページをご覧ください。

※『今日は一日プログレ三昧、再び』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:28 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月19日(月・祝)~9月25日(日) 今週のおすすめ番組


時代を経ても色あせない音楽、というものがあります。
このアーティストも、そんな曲を数多く送り出しています。
山下達郎、ついに「三昧」に降臨です!

pickup_zanmai.jpg「今日は一日“山下達郎”三昧(ざんまい) 」
9月19日(月・祝)FM 後0:15~10:45

シュガー・ベイブとして発表したデビュー作から、最新アルバム『Ray Of Hope』までの作品はもちろん、他アーティストへ提供した名曲の数々もお届け!
10時間にわたって達郎サウンドに酔いしれてください。

【出演】 山下達郎
黒崎めぐみアナウンサー
平田毅(NHKアナウンス室 専任局長)
【ゲスト】松尾 潔

皆さんも、きっとお気に入りの達郎サウンドがあるはず。
筆者はやはり、「RIDE ON TIME」
曲が発表されたのは、今から30年以上前の1980年。
当時、あまりにお洒落なメロディーに、何度聞いても鳥肌が立ちました。
2003年には、木村拓哉さん主演のドラマの主題歌にもなりました。
時を経ても色あせない、達郎サウンドならではのことです。
そういえば、奥さまの竹内まりやさんの曲も、色あせない名曲ばかりですよね。ご家庭では、いったいどんなご夫婦なんでしょうか?
そんなご夫婦のエピソードも聞けるかも?

Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:11:00 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


来週19日(月・祝)総合テレビで放送!『ディープピープル "音楽プロデューサー"』


『ディープピープル “音楽プロデューサー”』
総合テレビ 9月19日(月・祝)後10:00~10:48

(再)総合テレビ 11月17日(木)前2:25~3:13 (16日(水)深夜)

同じジャンルで活躍する一流のプロフェッショナル3人が一堂に会し、司会を介することなく、当事者同士にしか語ることのできない深みのある、臨場感あふれるトークを繰り広げる番組『ディープピープル』。
時代を彩る名曲や大ヒット曲の数々―。人の心をつかむ歌が生まれるとき、そこには常に名プロデューサーの存在があります。今回の『ディープピープル』は、日本の音楽シーンを牽引するAKB48の総合プロデューサー・秋元康さん、Mr.Childrenなどをプロデュースする小林武史さん、EXILEのリーダー・HIROさんら、3人の音楽プロデューサーが初めて一堂に会します。AKB48はなぜ社会現象にまでなったのか?Mr.Childrenのあのヒット曲はどのように生まれたのか? 番組では、ヒットを生む楽曲の秘訣からプロモーション戦略、アーティストとの接し方、そして時代と向き合う思いについてなど、知られざる仕事の裏側を語りつくします。

【出演】秋元康 小林武史 HIRO
【MC】関根勤 中村慶子アナウンサー

※『ディープピープル』番組ホームページはこちら

<関連情報>
『MUSIC JAPAN』で、HIROさん率いるEXILEを特集!
『MJ × EXILE ~MUSIC JAPAN EXILEスペシャル~』
総合テレビ 9月18日(日)後6:10~6:39
(再)総合テレビ 12月29日(木)前0:40~1:09 (28日(水)深夜)

 
「Rising Sun」「Each Other's Way ~旅の途中~」のスタジオパフォーマンスや、 これまで出場した紅白の映像など、EXILEの魅力満載でお送りします。
 
※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:55 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


18日(日)放送『サンデークラシックワイド ~ウィーン国立歌劇場の歌劇"女はみんなこうしたもの"~』


『サンデークラシックワイド 海外オペラアワー
 ~ウィーン国立歌劇場の歌劇“女はみんなこうしたもの”~』
9月18日(日)後2:00~6:00

9月18日(日)の『サンデークラシックワイド』は、ウィーン国立歌劇場の2010-2011シーズンから、モーツァルトの歌劇「女はみんなこうしたもの」(コシ・ファン・トゥッテ)をお送りします。
指揮のジェレミー・ロレールは、1973年パリ生まれの若手指揮者で、クリスティやミンコフスキに師事した経歴の持ち主。最近では、ピリオド楽器オーケストラであるル・セルクル・ド・ラルモニを率いて、ナントのラ・フォル・ジュルネ音楽祭などで活躍、日本にもたびたび来日しています。
今回の公演は、彼のウィーン国立歌劇場デビューで、ピリオド・アプローチを取り入れたテンポの良い解釈で、ウィーンの聴衆たちからも好評を得ました。歌手陣も充実しており、女声陣はそれぞれ揺れ動く女心を巧みに表現、男声陣も事態の展開に狼狽する役どころをコミカルに演じて、アンサンブル・オペラとしての魅力を引き出しています。どうぞお楽しみに!

【案内】石井宏(音楽評論家)

<曲目>
「歌劇“女はみんなこうしたもの”K.588」<全2幕> (モーツァルト)

フィオルディリージ:(ソプラノ)キャロライン・ウェンボーン
ドラベッラ:(メゾソプラノ)ステファニー・ハウツィール
グリエルモ:(バリトン)イルデブラント・ダルカンジェロ
フェルランド:(テノール)トピ・レーティプー
デスピーナ:(ソプラノ)アニタ・ハルティッヒ
ドン・アルフォンソ:(バス)アレッサンドロ・コルベルリ
(合唱)ウィーン国立歌劇場合唱団
(管弦楽)ウィーン国立歌劇場管弦楽団
(指揮)ジェレミー・ロレール

(2011年1月22日 オーストリア・ウィーン国立歌劇場で収録)

投稿時間:10:42 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日16日(金)深夜放送!『千住真理子のクラシックでお茶を "クラシックとゲーム・アニメ音楽"』


『千住真理子のクラシックでお茶を “クラシックとゲーム・アニメ音楽”』
9月17日(土)前1:50~2:00 (16日(金)深夜)

ヴァイオリニストの千住真理子さんがクラシックの名曲をわかりやすく紹介する番組『千住真理子のクラシックでお茶を』。9月16日(金)深夜は「クラシックとゲーム・アニメ音楽」と題して、以下の曲目をご紹介します。10分番組なので、フルコーラスではかかりませんが、どうぞお楽しみに!

<曲目>
「交響組曲“ドラゴンクエスト2”から“ドラゴンクエスト・マーチ”」
(作曲)すぎやまこういち
【演奏】ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
              
「ファイナルファンタジー“交響組曲”から“SCENE3”」
(作曲)植松伸夫
【演奏】東京交響楽団
【指揮】服部克久

「“機動戦士Vガンダム”より“交響組曲 第二番:サウザンドネスツ”」
(作曲)千住明
【演奏】ポーランド放送管弦楽団
【指揮】アンソニー・イングリス

投稿時間:10:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日15日(木)放送!『ザ・ソウルミュージック ~ソウル・スターズ特集 第1夜 リロイ・ハトソン~』


『ザ・ソウルミュージック ~ソウル・スターズ特集 第1夜 リロイ・ハトソン~』
9月15日(木)後11:00~前0:00

9月15・22日(木)の『ザ・ソウルミュージック 』は、この番組ならでは!のソウル・スターズ特集を2週にわたってお送りします。
9月15日(木)の第1夜の主役は、ソングライター、アレンジャー、プロデューサー、そして、マルチな楽器奏者でもあるリロイ・ハトソン。ニュージャージー州出身で、ワシントンDCのハワード大学在籍中にルームメイトだったドニー・ハサウェイの親友となり、ドニーの代表曲「The Ghetto」を共作。その後、1971年に、カーティス・メイフィールドの後任として、シカゴの名グループ、ジ・インプレッションズのリード・シンガーとして活躍。73年からはソロとなり、79年までに5作を発表。当時、メジャー・シーンで名を成すまでには至らなかったものの、90年代以降のUKのクラブシーンを中心とする再評価を受け、2008年には、シーンにカムバック。昨年は、クロアチアやロンドンでステージ・カムバックも果たし、実に今年は新作のレコーディング中とも噂されているリロイ・ハトソンをフィーチャーします。

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:39 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


関東甲信越地方 9月17日(土)~19日(月・祝)番組についてのお知らせ


9月17日(土)~19日(月・祝)関東甲信越地方では、下記の時間帯に『第78回NHK全国学校音楽コンクール~関東甲信越ブロックコンクール~』をお送りします。(詳しくは、各地域局の番組表をご確認ください)

9月17日(土)前9:00~11:50「高等学校の部」
9月18日(日)前9:00~11:50「中学校の部」
9月19日(月・祝)前9:15~11:30「小学校の部」

以下の通常番組は、NHKネットラジオ“らじる★らじる”で、お聞きになれます。
9月17日(土)
前9:00~『世界の快適音楽セレクション“小さな物の音楽”』
前11:00~『邦楽百番』 (5/7放送分)

9月18日(日)
前9:00~『名演奏ライブラリー“ピンカス・ズーカーマンの芸術”』(4/10放送分)
前11:00~『日本の民謡』

9月19日(月・祝)
前9:15~『にっぽんのうた 世界の歌』
前10:00~『ワールドミュージックタイム 』(9/12放送分)
前11:00~『邦楽のひととき』 (2010/11/29放送分)

注1)NHK-FMポータルサイト及び携帯サイトの“NOW ONAIR”&“これからの番組”では、上記各時間帯は『第78回NHK全国学校音楽コンクール』と表記されます。ご了承ください。

注2)また、17日(土)放送分の『世界の快適音楽セレクション』は、特集番組放送のため、9月23日(金・祝)の再放送はありません。あらかじめご了承ください。

※NHKネットラジオ“らじる★らじる”はこちら

投稿時間:10:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


明日13日(火)BSプレミアムで放送『旅のチカラ "ナッシュビル 28歳のテネシーワルツ 歌手・植村花菜"』


『旅のチカラ “ナッシュビル 28歳のテネシーワルツ 歌手・植村花菜”』
BSプレミアム 9月13日(火)後8:00~8:57
(再)BSプレミアム 9月17日(土)前7:45~8:42

旅することで、“人生の次のステップを踏み出すチカラ”を得ようという番組『旅のチカラ』。
今回の旅人は、“おばあちゃん”との思い出を歌った「トイレの神様」の大ヒットで、一躍注目を浴びた植村花菜さん。幼いころ、植村さんは“おばあちゃん”がかけてくれたカントリーミュージックを聞きながら、毎晩眠りについていたという。その中の一曲、「テネシーワルツ」は、彼女にとって特別な曲になり、カントリーミュージックが自身の音楽の原点になっていった。今回、彼女が目指すのは、カントリーミュージックの聖地、アメリカ・テネシー州ナッシュビル。彼女はこの街にある、シンガーソングライターの聖地「ブルーバードカフェ」でのライブに挑戦する。さらに、この街で半世紀以上、カントリーミュージックを演奏しているベテランミュージシャンや、家族を捨てて音楽のためにこの街にやってきたミュージシャンたちと出会う。彼らとの交流を通じて、植村さんは自身が内面に抱えてきた葛藤に向き合う覚悟を決め、今の自分の正直な気持ちを、歌にしようと決意する。

【出演】植村花菜

110912uemurakana.jpg


<関連情報>
植村花菜さんがゲスト出演!
『ミュージックライン』
FM  9月22日(木)後9:10~10:45

※『ミュージックライン』番組ホームページはこちら

投稿時間:19:31 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明後日14日(水)総合テレビで放送『SONGS』にCoccoが初登場!


『SONGS ~Cocco~』
総合テレビ 9月14日(水)後10:55~11:24
(再)総合テレビ 9月21日(水)前1:30~1:59 (20日(火)深夜)

※台風関連ニュースのためお休みします。ご了承ください。
(再)総合テレビ 9月28日(水)前1:30~1:59 (27日(火)深夜)

一流のアーティストが、クオリティーの高いサウンドと映像で名曲の数々を披露する『SONGS』。9月14日(水)は、独特の音楽性で聴く者を魅了するシンガー・ソングライターのCoccoが初登場!来年デビュー15周年を迎えるCoccoが、先月発表したベストアルバム『ザ・ベスト盤』から、「Raining」「強く儚い者たち」「絹ずれ」を披露。また、今回は故郷・沖縄でロケを敢行。母校や生まれ育った街並など、自らの表現にとって、ルーツとなった思い出の場所を訪ね歩き、青春時代を共に過ごした親友と再会する。

【出演】Cocco

※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:30 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 9月12日(月)~9月15日(木)』 ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

9月12日(月) 9月13日(火)
ml_20110912.jpg ml_20110913.jpg
スキマスイッチ 岡村孝子

9月14日(水) 9月15日(木)
ml_20110914.jpg ml_20110915.jpg
フジファブリック DOMINO

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健


<関連情報>
◆9月12日(月)のゲスト スキマスイッチが出演!
『ザ少年倶楽部プレミアム』
BSプレミアム 9月30日(金)後6:00~6:45
(再)BSプレミアム 10月1日(金)前8:45~9:30

※『ザ少年倶楽部プレミアム』番組ホームページはこちら

また、スキマスイッチの「石コロDays」がオープニング主題歌として放送中
『中学生日記』
Eテレ(教育) 毎週金曜 後7:25~7:54
(再)総合テレビ 毎週土曜 前9:30~9:59 (中部地区7県のみ)
(再)Eテレ(教育) 毎週土曜 後0:30~0:59 (その他の地域)

※オープニングムービーも公開中の『中学生日記』番組ホームページはこちら

◆9月13日(火)のゲスト岡村孝子さんが出演!
『J-POP 青春の'80』
BSプレミアム 9月15日(木)後8:00~8:57
(再)BSプレミアム 9月20日(火)後4:00~4:57

※『J-POP 青春の'80』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月12日(月)~9月18日(日) 今週のおすすめ番組


「ジャズ、やるべ!」
「ジャズ」と「やるべ!」という、なんとも意外な言葉の組み合わせ。
映画「スウィングガールズ」のキャッチフレーズです。
東北の吹奏楽部の女子高校生たちが、ビッグバンドを組んで、ジャズに青春をかけるストーリー。
主人公は、大河ドラマで江姫を演じている上野樹里さんですが、ひときわ「地味な演技」できらりと光っていたのが、トロンボーンを吹いていた本仮屋ユイカさんです。
この映画の印象が強いこともあり、去年、N響ほっとコンサートで司会に抜擢。N響にまじって、トロンボーンの演奏もしていただきました。
現在は、NHKのクラシック音楽番組のイメージキャラクターとなり、「NHKクラシックガイド」で、毎週おすすめの番組を紹介してくれています。
そんな本仮屋さんが、FMの「吹奏楽のひびき」に出演です!

pickup_hibiki.jpg「吹奏楽のひびき ~本仮屋ユイカさんをお招きして~」
9月18日(日) 前8:15~9:00

「スウィングガールズ」出演以前は、特に楽器を演奏していたわけではないとのこと。そんな彼女が、どのようにして「楽器を吹く」ということに向き合ったのか、どのようにクラシック音楽へ関心を持つようになったのか、などをうかがいます。

本仮屋さんのおかげで、吹奏楽が身近になること間違いなしです。
さあ、あなたも「吹奏楽、きくべ!」

Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:12:10 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


明日10日(土)放送!Eテレ『ミュージック・ポートレイト"宮藤官九郎×向井秀徳" 第2夜』


『ミュージック・ポートレイト"宮藤官九郎×向井秀徳" 第2夜』
Eテレ(教育) 9月10日(土)後11:00~11:30
(再)Eテレ(教育) 9月17日(土)前11:00~11:30

※先週9月3日(土)放送の「第1夜」の再放送は、
Eテレ(教育) 9月10日(土)前11:00~11:30に放送します。

『ミュージック・ポートレイト』は、二人のクリエーターが「人生で大切な10曲」を持ち寄り、時代を彩った音楽が、いかに彼らの人生に結びついていたのかを探る、音楽で綴るふたりの自叙伝番組。
10日(土)の『ミュージック・ポートレイト』は、先週に引き続き、脚本家でバンド・グループ魂のギタリストとしても活躍する宮藤官九郎さんと、ZAZEN BOYSのフロントマン、向井秀徳さんが「人生の10曲」を持ち寄って語り合う第2夜、後半の5曲をお送りします。
第2夜は、2人がグループ魂やZAZEN BOYSなど、自らの表現活動において大切にしていることを語り合います。9曲目のテーマ「今の自画像」では、2人が2011年現在“もっとも響く音楽”として、宮藤さんは遠藤賢司さんの曲を、向井さんは「東京節」を選曲。そして、10曲目「人生の最後にもう一度聴きたい音楽」では、お2人はどんな曲を選ぶのか…どうぞお楽しみに!

110909.jpg

※『ミュージック・ポートレイト』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:37 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明後日10日(土)後8:15から放送!『ガットのしらべ~ジェイク・シマブクロのウクレレ~』


『ガットのしらべ ~ジェイク・シマブクロのウクレレ~』
9月10日(土)後8:15~9:00

「ガット弦」とは、もともとは羊などの腸で作られた楽器の弦のこと。エレクトリックギターや現代のピアノなど、金属弦のつくりだす強靭(じん)できらびやかな音とその扱いやすさに比べ、ガット弦は音量の小ささ、音程の狂いやすさ、劣化の早さなどのさまざまな欠点を持っています。しかし、それらを補って余りある、やわらかく穏やかでなめらかな音色は、音楽のジャンルや時代を超えて人々を魅了してきました…。番組では、オリジナルの天然素材からナイロンなど化学繊維製を含め、ギター、バイオリン、ハープ、そしてウクレレや琴、二胡など民族楽器に至るまで、さまざまな「ガット弦」の音色をお届けします。
9月10日(土)は、ウクレレの革命児と呼ばれるジェイク・シマブクロさんの、ウクレレという楽器の枠を超越した演奏をお送りします。1988年にハワイのバンド「ピュア・ハート」のメンバーとしてデビュー。バンドの解散を経て、2002年にソロ・アーティストとして活動をスタートしました。ジェイクさんの演奏スタイルは、それまでのウクレレ音楽の概念を打ち破る革新的なもので、ウクレレという楽器の即興性を生かしつつも、クラシックやジャズ、ロック、ブルースといったあらゆるジャンルの世界を表現します。 今回は、ジェイクさんが録音した幅広いジャンルの音楽をお送りし、ジェイク・シマブクロのウクレレ・ワールドをお楽しみいただきます。

【案内】大林奈津子

※『ガットのしらべ』の放送は、土曜(随時)『N響演奏会』後、後8:15から年間9回程度お送りします。
次回の放送は10月15日(土)後8:15~9:00を予定しています

投稿時間:10:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK・民放連共同ラジオキャンペーン"はじめまして、ラジオです。"10月2日(日)渋谷をジャック!


NHK/民放ラジオ在京5社(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、TOKYO FM、J-WAVE)が、はじめて協力して行う第1回NHK・民放連共同ラジオキャンペーン“はじめまして、ラジオです。”。
ラジオを聴いたことのない若者、そしてラジオの存在すら知らない若者に、ラジオの存在をアピールすることを目的に、今回10月2日(日)に、渋谷の街全体を巻き込んだ大キャンペーン・イベント『はじめまして、ラジオです。 IN 渋谷』を行います。AKB48、山里亮太(南海キャンディーズ)出演のトーク&ミニライブ「AKB48ラジオ王決定戦“ラジオもガチです”2011 IN 渋谷」や、オードリー出演のニッポン放送「オードリーのオールナイトニッポン」の公開収録、SEKAI NO OWARI出演のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! × SEKAI NO OWARI WELCOME TO THE STARLIGHT PARADE」の公開収録などなど、当日はNHK特設ステージ、PARCO前特設ステージ、マルイシティ前特設ステージと、3つの会場で同時にさまざまなイベントを開催します。
スケジュールや公開収録参加など、詳しい情報は下記の“はじめまして、ラジオです。”サイトをご覧ください。

※“はじめまして、ラジオです。”サイトはこちら (クリックするとNHKサイトを離れます)

投稿時間:15:15 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


9/26(月)深夜から放送『とことんスーパーギタリスト列伝』リクエスト募集中!


『とことんスーパーギタリスト列伝』
9月27日(火)~10月1日(土)前0:00~0:50(9月26日(月)深夜~30日(金)深夜)
10月 4日(火)~ 8日(土)前0:00~0:50(3日(月)~7日(金)深夜)
10月11日(火)~15日(土)前0:00~0:50(10日(月・祝)~14日(金)深夜)
10月18日(火)~22日(土)前0:00~0:50(17日(月)~21日(金)深夜)

こだわりの音楽を毎日、毎週聞きたい!そんな要望にとことん応える音楽番組『とことん○○』。9月26日(月)深夜からは「とことんスーパーギタリスト列伝」を4週にわたって放送!案内役に野村義男さんをお迎えして、誰もが一度は憧れる“スーパーギタリスト”を1日1名づつ大特集。時代を創ってきた、世界中のギタリストたちの歴史を追いながら、その奏法と魅力に迫ります。どうぞお楽しみに!
番組では現在、あなたが聴きたい&あなたがオススメする“あのギタリストのあの曲”のリクエストを募集中!代表曲はもちろん、ゲスト参加作品やカヴァー曲もリクエストOKです。下記の番組ホームページのリクエストフォームからお寄せください。

【ご案内】野村義男

各日のラインナップは以下の通り。
【第1週 まさに伝説のギタリストたち】
9月27日(火)(9月26日(月)深夜)エリック・クラプトン
9月28日(水)(9月27日(火)深夜)ジミ・ヘンドリックス
9月29日(木)(9月28日(水)深夜)ジミー・ペイジ
9月30日(金)(9月29日(木)深夜)ジェフ・ベック
10月1日(土)(9月30日(金)深夜)リッチー・ブラックモア

【第2週 泣きのギタリストたち】
10月4日(火)(10月3日(月)深夜)マイケル・シェンカー
10月5日(水)(10月4日(火)深夜)ゲイリー・ムーア
10月6日(木)(10月5日(水)深夜)スラッシュ
10月7日(金)(10月6日(木)深夜)カルロス・サンタナ
10月8日(土)(10月7日(金)深夜)スティーヴィー・レイボーン

【第3週 新時代を作ったギタリストたち】
10月11日(火)(10月10日(月・祝)深夜)エドワード・ヴァン・ヘイレン
10月12日(水)(10月11日(火)深夜)イングヴェイ・マルムスティーン
10月13日(木)(10月12日(水)深夜)スティーヴ・ヴァイ
10月14日(金)(10月13日(木)深夜)スティーヴ・ルカサー
10月15日(土)(10月14日(金)深夜)ブライアン・メイ

【第4週 まだまだいます! さまざまなギタリストたち】
10月18日(火)(10月17日(月)深夜)B.B.キング
10月19日(水)(10月18日(火)深夜)デヴィッド・ギルモア
10月20日(木)(10月19日(水)深夜)キース・リチャーズ
10月21日(金)(10月20日(木)深夜)ジ・エッジ
そして最終日10月22日(土)(10月21日(金)深夜)は、
番外編「野村義男が選ぶ“隠れたスーパーギタリスト”」をお送りします。

※『とことん○○』番組ホームページはこちら


 ◆9月26日(月)深夜放送の“エリック・クラプトン” 関連番組
(放送日が変更になりました)
『SONGS ~エリック・クラプトン~』
総合テレビ 10月5日(水)後10:55~11:24
(再)総合テレビ 10月12日(水)前1:30~1:59 (11日(火)深夜)

(再)総合テレビ 11月12日(土)前3:30~3:59 (11日(金)深夜)

※『SONGS』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BSプレミアム『Amazing Voice 驚異の歌声』明日8日(木)からキューバ編を放送!


『Amazing Voice 驚異の歌声"キューバ(1)ハバナ~伝説の歌酒場"』
BSプレミアム 9月8日(木)後9:00~9:58
(再)BSプレミアム 9月11日(日)前11:00~11:58
(再)BSプレミアム 9月15日(木)前0:00~0:58 (14日(水)深夜)
(再)BSプレミアム 2013年5月14日(火)後3:10~3:58

(再)BSプレミアム 2013年9月4日(水)後4:00~4:48

地球上にはまだ、日本人の知らない"魂を揺さぶる"歌声がある―。藤井フミヤさんと、元ちとせさんがお送りする、世界の驚異の歌声たちを紹介する番組『Amazing Voice 驚異の歌声』。9月8日(木)からは3週に
わたって、キューバ編をお送りします。今も世界に影響を与えるキューバのミュージシャンたち新旧3600人を百科事典にまとめた、音楽界の重鎮ラダメス・ヒロが、ハバナの4つの歌酒場で歴史的な歌声たちを語ります。

ベニー・モレ @キャバレー“アリバル”
サトウキビ農家21人兄弟の長男モレ。バスからテノール全域を歌い、様々なスタイルの歌を歌いこなす。カストロが革命を始めた53年、絶頂の楽団を結成、楽譜が読めなかったにも関わらず、的確な指示を楽団員に出す姿が、観るものを感嘆させる。

ボラ・デ・ニエベ @高級レストラン“モンセニョール”
黒人への差別が強かった時代、高級レストランで白人を魅了したボラ・デ・ニエベの名演。鍵盤を見ずに歌う彼は、練習を重ねに重ねてから舞台に立つ「完ぺき主義」。革命後は、中国や当時のソ連にも演奏旅行へ。「南京豆売り」は聴きモノ!

エレナ・ブルケ @クラブ“ガトー・トゥエルト”
大阪万博の舞台に立ったキューバ音楽界の女帝ともいえるエレナ・ブルケ。2002年に亡くなる直前まで、クラブの舞台に車椅子で出演し歌い続けた。その歌を愛してやまない姿を、ラダメス・ヒロが回顧する。

ベアトリス・マルケス @“エル・ロデオ”
カストロを支えた革命家で作曲家のファン・アルメイダが、自作を提供した歌姫、今も歌い続けている。

【パーソナリティー】藤井フミヤ 元ちとせ
【案内人】林隆三

翌週15日(木)は、「キューバ(2)カリブのソプラノ」。オペラ歌手バルバラ・ジャネスが街角で、打楽器コンガのリズムにあわせてアベマリアを歌う。また、その極上のソプラノで要塞や教会、丘の見張り塔で、キューバの作曲家の名曲や、古くから伝わる歌などを歌い上げる。
そしてシリーズ最終日22日(木)は、「キューバ(3)トローバの家へ」。ポール・マッカートニーが真の歌声を聴くならここ!と言った「カーサ・デ・ラ・トローバ(トローバの家)」は、キューバの歴史的な街サンティアーゴ・デ・クーバにある。朝10時から深夜まで、プロ歌手が何組も歌い続ける舞台。驚きの歌声と、彼らの舞台への想いをお送りします。

投稿時間:11:00 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


明日8日(木)BSプレミアム『J-POP青春の'80』は、ポップアイドル特集第2弾を放送!


『J-POP青春の'80』
BSプレミアム 9月8日(木)後8:00~8:59
(再)BSプレミアム 9月13日(火)後4:00~4:59

1980年代から90年代初頭は、音楽がいま以上に多くの人の心を捉え、街には歌があふれていた。『J-P0P青春の’80』は、そんな音楽の力を感じる番組です。今回は、80年代ポップアイドル特集第2弾!伊藤咲子「ひまわり娘」、柏原芳恵「春なのに」、国生さゆり「バレンタイン・キッス」、新田恵利「冬のオペラグラス」、早見優「夏色のナンシー」、松本典子「儀式~セレモニー~」、森川由加里「SHOW ME」などなど代表曲を熱唱。また、今だから話せる秘話も…どうぞお楽しみに!

【出演】伊藤咲子 柏原芳恵 国生さゆり 新田恵利 早見優 松本典子 森川由加里
【司会】大友康平 橋本奈穂子アナウンサー

※『J-POP青春の'80』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:25 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


7日(木)から2週にわたって山下達郎さんがゲスト出演!『松尾潔のメロウな夜』


『松尾潔のメロウな夜』
9月7・14日(水)後11:00~前0:00
(再)9月14・21日(水)前10:00~11:00

EXILE、平井堅、ケミストリーなどのプロデュースで知られる音楽プロデューサーであり、R&Bの研究家としても知られる松尾潔さんが、大人の女性が楽しめるスイートでメロウな音楽をセレクトしてお届けしている『松尾潔のメロウな夜』。
9月7・14日は、2週にわたってゲストに山下達郎さんをお迎えします!テーマはもちろん、昨年、山下さんがゲスト出演した時と同様「メロウな名曲じゃんけん」をお送りします。さて今回の「メロウな名曲じゃんけん」リターンズ、松尾さん&山下さんは、どんな選曲をされるのか?どうぞお楽しみに!

【ゲスト】山下達郎
【DJ】松尾潔

昨年(2010年)5月12・19日に2週にわたって山下達郎さんをお迎えしてお送りした「メロウな名曲じゃんけん」のプレイリストは以下のとおり。

2010年5月12日(水)「メロウな名曲じゃんけん ① 」

M1 希望という名の光 / 山下達郎
M2 Find Yourself / Bobby Broom 選曲:松尾
M3 Love's Got The Best Of Me / Pops Staples  選曲:山下
M4 Inspirational Pleasure / Mello Moods 選曲:山下
M5  Mine All Mine / The Stylistics 選曲:松尾
M6 一人ぼっちの二人 / 坂本九(永六輔) 選曲:松尾
M7  君といつまでも / 加山雄三(岩谷時子) 選曲:山下
M8  The Tracks Of My Tears / Smokey Robinson 選曲:山下

2010年5月19日(水)「メロウな名曲じゃんけん ② 」

M1 街物語 / 山下達郎
M2 Happy Birthday Mr.President / Marilyn Monroe
M3 夕闇をひとり / 宮崎美子 選曲:松尾
M4 Ring Bell / Goldie Hawn 選曲:山下
M5 Somewhere Out There / Barry Mann 選曲:山下
M6 Silly Wasn't I / Valerie Simpson 選曲:松尾
M7 I Never Thought I'd Love Again / Active Force 選曲:松尾
M8 Between You Baby And Me / Curtis Mayfield & Linda Clifford 選曲:山下
M9 群青の炎 / 山下達郎 

※放送後には、収録のこぼれ話「Streaming ~メロウな番外編(放送後記)」も聴ける『松尾潔のメロウな夜』番組ホームページはこちら

◆ゲストの山下達郎さんが出演!
『今日は一日“山下達郎”三昧』
9月19日(月・祝)後0:15~10:45(中断あり)

シュガー・ベイブとして発表したデビュー作から、最新アルバム「Ray Of Hope」までの作品はもちろんのこと、他アーティストへ提供した名曲の数々を10時間にわたってお送りします。こちらも合わせてお楽しみください!

※リクエスト・メッセージ募集中!
『今日は一日○○三昧』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『岡田惠和 今宵、ロックバーで』9/10(土)のゲストは串田和美さんです!


『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』
ラジオ第1 9月5日(月)後9:05~9:55
FM     9月10日(土)前1:00~1:50(8月26日(金)深夜)

脚本家の岡田惠和さんが、ゲストの俳優やクリエイターと音楽や人生について自由に語り合う『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』。今回は、『おひさま』で丸庵の店主・丸山道夫役を演じる串田和美さんをお迎えします。

「ストーリーが事前に分かっている舞台と違ってなんとも新鮮だった」と『おひさま』の収録を振り返る串田さん。「紹介される時には“演出家・俳優”ではなく“俳優・演出家”と言ってください。とつい言ってしまうんです」と語るその訳や、創作と音楽の関係性についてなど、串田さんの創作活動の裏側や俳優としての思いをお伺いする50分間です。10代の頃の思い出の曲や、上海バンスキングにまつわる曲など、串田さんの選曲にもご期待を!

【ゲスト】串田和美
【パーソナリティー】岡田惠和

『岡田惠和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談義~』
番組ホームページは
こちら

rockabarhagaki.jpgのサムネール画像

番組では、みなさんからのメッセージやお便りを
お待ちしております。

ホームページからの投稿は
「ご意見ご感想・メッセージ」コーナ-から

お便りの方は、左のあて先までお寄せください。


◆岡田さんが脚本を手がける連続テレビ小説『おひさま』

総合 毎週月曜~土曜 前8:00~8:15
(再)毎週月曜~土曜 後0:45~1:00
BSプレミアム 毎週月曜~土曜 前7:30~7:45
(再)毎週月曜~土曜 後6:45~7:00 
(再)毎週土曜 前9:30~11:00<1週間分>


『おひさま』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン 9月5日(月)~9月8日(木)』 ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~木曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

9月5日(月) 9月6日(火)
ml_20110905new.jpg ml_20110906.jpg
毛皮のマリーズ mihimaru GT

9月7日(水) 9月8日(木)
ml_20110907.jpg ml_20110908.jpg
GARNET CROW KREVA

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

 


<関連情報>
◆9月8日(木)のゲスト KREVAさんが出演!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 9月11日(日)後6:10~6:39

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


4日(日)BSプレミアムで放送!『ザ・ヒットメーカー~アイドル伝説 作詞家 千家和也~』


『ザ・ヒットメーカー~アイドル伝説 作詞家 千家和也~』
BSプレミアム 9月4日(日)後7:30~8:59
(再)BSプレミアム 9月9日(金)後4:00~5:29

110902senya02.jpg山口百恵さんの「青い果実」「ひと夏の経験」、キャンディーズの「年下の男の子」、麻丘めぐみさんの「わたしの彼は左きき」…70年代を彩ったアイドルに数々の名曲を提供した作詞家・千家和也さん。奥村チヨさんの「終着駅」で日本レコード大賞作詞賞を受賞、殿さまキングスの「なみだの操」は、音楽史上に残る大ヒットになるなど、幅広いジャンルで多様な作品を生み出し、ヒット曲を量産した70年代を代表するクリエイターです。
番組では、今までマスコミにはあまり登場することのなかった千家さんが、“刺激的”な表現で、今も人々の心をときめかせる作品たちの創作秘話を明かします。また、山口百恵さんの大ファンというジャーナリストの鳥越俊太郎さんが、千家さんと対談。千家さんが山口百恵さんに提供してきた衝撃的な詞の裏側など、時代を作った作詞家が何を考えていたのか、その深層に迫ります。合わせて「逃避行」「バス・ストップ」など、千家さんが作詞した70年代の名曲の映像もたっぷりご紹介します。

【出演】千家和也 鳥越俊太郎 渡邊あゆみアナウンサー

投稿時間:13:45 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


質問大募集!9/18(日)総合テレビで放送の『MUSIC JAPAN ~EXILEスペシャル~』


『MJ × EXILE ~MUSIC JAPAN EXILEスペシャル~』
総合テレビ 9月18日(日)後6:10~6:39

(再)総合テレビ 12月29日(木)前0:40~1:09 (28日(水)深夜)

毎週日曜日後6:10から総合テレビで放送中の『MUSIC JAPAN』。9月18日(日)はEXILEスペシャルを放送!番組では現在、EXILE、三代目 J Soul Brothersの皆さんへの質問を大募集しています。
下記の番組ホームページ内の「メッセージ送信」から、どしどしお寄せください。例えば、「皆さん全員に質問です。EXILEで一番○○なのは誰ですか?」(ほかご自由に…) と言うふうに質問をお待ちしております。寄せられた質問は、番組内でご紹介することがありますので、放送で読んでもいいお名前(ペンネーム)をお書きください。 皆さまからの素敵な質問、お待ちしています!!質問の受付は終了しました。たくさんの質問&メッセージありがとうございました!

【出演】EXILE、三代目 J Soul Brothers

※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら


<関連情報>
『土曜ドラマスペシャル“神様の女房”』<全3回>
総合テレビ 10月1・8・15日(土)後9:00~10:13 (放送予定)

総合テレビ10月1日(土)から放送予定の『土曜ドラマスペシャル“神様の女房”』に、EXILEのメンバーMATSU(松本利夫)さんが、常盤貴子さん演じる松下幸之助氏の妻、むめのさんの実弟・井植歳男役で出演されます。

※『土曜ドラマスペシャル“神様の女房”』関連情報サイトはこちら

※『土曜ドラマスペシャル“神様の女房”』取材会の動画サイトサイトはこちら

投稿時間:13:15 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


9月5日(月)~9月11日(日) 今週のおすすめ番組


「長い」といえば、思い出すのが「じゅげむ」。
ご存知、長い名前の代名詞です。
子どもの頃、どれだけ暗記力があるかを競い合いましたが、いつも途中でつっかえていました。
それだけに・・・
こんなに長い歌を歌えるなんて敬服します!
深夜0時からお伝えしている「とことん秋の夜長の長い歌」のことです。
長い歌といえば、昨年末の紅白歌合戦の記憶も鮮明なのが「トイレの神様」ですが、それこそ「神様」も驚きのもっと長い歌はたくさんあります。
30日深夜の回では、33分58秒(!)という曲が流れました。
BOROさんの「大阪で生まれた女・18」。
メロディーはともかく、こんな長い歌詞をよく思いつくものです。
まるで一遍の小説のようです。
おかけでこの回は、50分の番組でたった2曲しか流れませんでした(笑)

日ごとに夜の時間が長くなっていますが、そんな秋の夜長のお供にぜひ!

tokoton1108.jpgのサムネイル画像「とことん秋の夜長の長い歌」
毎週火曜日~土曜日 午前0:00~0:50
(月曜日~金曜日深夜)

案内役は、女流講談師の宝井一凜さんです。
24日(23日の深夜)までの放送です。

Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:12:10 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


9月4日(日)前11:00から12時間にわたって『東京JAZZ2011』をナマ放送!


『東京JAZZ2011』
9月4日(日)前11:00~後11:00

今年10回目を迎えるアジア最大級のジャズフェスティバル「東京JAZZ」が9月2日(金)~4日(日)に開催されます。「東京JAZZ」は、ジャンルや国境を越えた世界一流のアーティストによる最高の音楽を東京から発信する都市型の国際的ジャズ・フェスティバルとして2002年にスタートしました。
今年は、最終日の9月4日(日)に出演する、ジャズ・ピアニストの巨匠 ケニー・バロン(ピアノ)、東京JAZZ2008のステージを沸かせた上原ひろみ(ピアノ)×熊谷和徳(タップ)のデュオ、今回が初登場となるブラジル音楽のスーパー・スター セルジオ・メンデス(ピアノ・ヴォーカル)、日本を代表するジャズ・トランペット奏者 日野皓正(トランペット)が東京JAZZのために結成するスペシャル・プロジェクト、世界的ギタリスト リー・リトナー マイク・スターン、そして布袋寅泰によるスーパー・ギター・セッション、日本初披露のステージとなるジャズ・フュージョン界を代表するジョージ・デューク(キーボード)マーカス・ミラー(ベース)デイビッド・サンボーン(サックス)のコラボレーション『DMS』など、10周年にふさわしい東京JAZZならではのスペシャル・ステージの数々を、東京国際フォーラム・ホールAロビー特設ブースから生放送でお送りします。

【ゲスト】児山紀芳(ジャズ評論家)
【司会】濱中博久アナウンサー 住吉美紀

投稿時間:16:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


Eテレ明後日3日(土)からの『ミュージック・ポートレイト』は"宮藤官九郎×向井秀徳"を放送!


『ミュージック・ポートレイト"宮藤官九郎×向井秀徳"』
<第1夜>Eテレ(教育) 9月3日(土)後11:00~11:30
       (再)Eテレ(教育) 9月10日(土)前11:00~11:30
<第2夜>Eテレ(教育) 9月10日(土)後11:00~11:30
       (再)Eテレ(教育) 9月17日(土)前11:00~11:30

『ミュージック・ポートレイト』は、二人のクリエーターが「人生で大切な10曲」を持ち寄り、時代を彩った音楽が、いかに彼らの人生に結びついていたのかを探る、音楽で綴るふたりの自叙伝番組。
9月3日(土)からは、2週にわたって、脚本家でバンド・グループ魂のギタリストとしても活躍する宮藤官九郎さんと、ZAZEN BOYSのフロントマン、向井秀徳さんが「人生の10曲」を持ち寄って対談します。第1夜は、キャンディーズやイモ欽トリオなど、共に年の離れた姉や兄の影響で、音楽に目覚めた少年時代の話や、洋楽やビートたけしさんらのお笑いブームなど、テレビやラジオを通して、青春時代の2人に大きな影響を与えたサブカルチャー全盛期の80年代を語り合います。そして、宮藤さんが大人計画に入団、向井さんがナンバーガールを結成する頃に聞いていたパンクや、ジャパニーズロックなど、2人が歩んだ音楽の軌跡をたどります。どうぞお楽しみに!

※『ミュージック・ポートレイト』番組ホームページはこちら

投稿時間:15:40 | カテゴリ:NHK注目の音楽番組 | 固定リンク
トラックバック (0)


NHKネットラジオ"らじる★らじる"スタート!パソコンでNHKラジオが聴取可能になりました


本日9月1日(木)前11:00から、NHKネットラジオ“らじる★らじる”がスタートしました。“らじる★らじる”のWebサイトにアクセスすることで、ラジオ第1、ラジオ第2、NHK-FMが、パソコンでお聞きになれます。(「全国向け共通番組」を配信。全国向け共通番組を放送していないときは、ラジオ第1は関東広域放送、FMは東京都域放送を提供します) 但し、インターネット配信の特性上、数秒の遅延が発生するため、時報や緊急地震速報はカットした上で配信されます。また、政見放送や配信向けの権利処理ができない番組は配信できませんのでご了承ください。詳しくは、下記のNHKネットラジオ“らじる★らじる”のサイトをご覧ください。

※NHKネットラジオ“らじる★らじる”はこちら

<配信できない番組のお知らせ>
NHK-FM 9月2日(金)後7:30から放送の『ベストオブクラッシック~PMF2011オーケストラ演奏会~』は、権利上の理由により、NHKネットラジオ“らじる★らじる”では、お聞きになれません。ご了承ください。

投稿時間:15:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません