2011年2月

3月のBS映画(BShi&BS2)は、音楽映画目白押し!(ミュージカル&ダンス&ロック+1)


★ 華麗なる傑作ミュージカル映画2本 ★

ハイビジョンシネマ
『メリー・ポピンズ』
<字幕・レターボックスサイズ>
BShi 3月1日(火) 後10:00~翌前0:20
 

110131marypoppins.jpg

パラソルを片手に、空から風に乗ってやってきた家庭教師メリー・ポピンズと子供たちとの楽しいふれあいを実写とアニメーションを融合して描いたミュージカル・ファンタジー。名曲「チム・チム・チェリー」をはじめ、心躍る数々の歌にのって、メリー・ポピンズが幸せをふりまいていく。この作品が映画デビュー作となるジュリー・アンドリュースが見事アカデミー主演女優賞を獲得したほか、歌曲賞など計5部門を受賞。
(1964年・アメリカ)

【監督】 ロバート・スティーブンソン
【音楽】 リチャード・M・シャーマン、ロバート・B・シャーマン
【出演】 ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイク、
デビッド・トムリンソン ほか


衛星映画劇場
『ヘアスプレー』
<字幕・レターボックスサイズ> 
BS2 3月22日(火) 後1:00~2:57

110322-hairspray.jpg1988年に製作された同名映画が後にブロードウェイで舞台化され、大ヒットしたミュージカルの再映画化。地元で人気のTV番組で踊ることを夢見る、底抜けに明るい太めの女の子トレイシーが、嫌がらせもものともせず夢を叶え、周囲も幸せにしていく。トレイシー役にはオーディションで選ばれた新人のN・ブロンスキー。J・トラボルタが見事な女装でトレイシーの母親にふんし、久々に華麗なステップを披露したのも話題に。
(2007年・アメリカ)

【監督】 アダム・シャンクマン
【音楽】 マーク・シャイマン
【出演】 ジョン・トラボルタ、ニッキー・ブロンスキー、
ミシェル・ファイファー、ザック・エフロン、
クリストファー・ウォーケン ほか


★ サントラも大ヒットの80年代ダンス映画2本 ★
 
衛星映画劇場 アカデミー受賞作品特集
「ダーティダンシング」
<字幕・レターボックスサイズ>
BS2 3月2日(水)後1:00~2:41

110302dirtydancing.jpg2009年に亡くなった俳優パトリック・スウェイジ主演作。60年代、家族と山荘へやってきた上流階級の娘ベイビーは、従業員だけが集まる秘密のダンスホールに誘われる。そこでは、彼女が知らない情熱的な「ダーティ・ダンス」が踊られていた。ダンス講師ジョニーのリードで、自由に踊る喜びを知った彼女は、ジョニーのパートナーを引き受けるのだが・・・。華麗なダンスでつづる青春ラブ・ストーリー。ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズが歌う「タイム・オブ・マイ・ライフ」がアカデミー歌曲賞を受賞。
(1987年・アメリカ)

【監督】 エミール・アルドリーノ
【音楽】 ジョン・モリス
【出演】 パトリック・スウェイジ、ジェニファー・グレイ、
シンシア・ローズ ほか


衛星映画劇場 アカデミー受賞作品特集
「フラッシュダンス」
<字幕・レターボックスサイズ>
BS2 3月3日(木)後1:00~2:36

110303flashdance.jpg

昼は製鉄所の溶接工として働き、夜は酒場でフロア・ダンサーとして働きながらプロのダンサーをめざす18歳の少女のサクセス・ストーリー。オーディションで4000人以上の候補者から選ばれた主演のジェニファー・ビールスは一躍世界の人気者になり、クライマックスの見事なダンス・シーンを盛り上げた、アイリーン・キャラが歌う「ホワット・ア・フィーリング」は、アカデミー歌曲賞を受賞した。
(1983年・アメリカ)

【監督】 エイドリアン・ライン
【音楽】 ジョルジオ・モロダー
【出演】 ジェニファー・ビールス、マイケル・ヌーリー、
サニー・ジョンソン ほか


★ ロックを体感!スコセッシ関連のライブドキュメンタリー映画2本 ★

衛星映画劇場 アカデミー受賞作品特集
「ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 ディレクターズカット」
<字幕・レターボックスサイズ>
BS2 3月13日(日) 後1:00~4:46.30
(前編 後1:00~3:09.30、後編 後3:10~4:46.30)

※東北関東大震災関連情報のため放送をお休みします。ご了承ください。
※下記の日程で、前編と後編を2日に分けてお送りします。
<前編>BShi 3月17日(木) 前3:00~5:09.30 (16日(水)深夜)
<後編>BShi 3月18日(金) 前2:30~4:06.30 (17日(木)深夜)

<前編>BShi 3月17日(木) 前3:05~5:14.30 (16日(水)深夜)
<後編>BShi 3月18日(金) 前3:05~4:41.30 (17日(木)深夜)

110313-woodstock.jpg1969年8月15日から3日間、ニューヨーク郊外ベセルの丘で開催された伝説的なロック・フェスティバルを記録したドキュメンタリー。
有名ミュージシャンが多数出演し、全米から押し寄せた40万人の若者のエネルギーが解放された空前規模のコンサートは、死者3人、負傷者5千人、出産2件というハプニングも生じ、多くの話題と影響を残した若者の祭典となった。最後に登場するジミ・ヘンドリックスのアメリカ国歌の演奏は、ベトナム戦争さなかのアメリカにおいて、会場に集まった若者たちの反戦思想とともに強く印象を残す有名なシーンとなった。アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。なお本作は25周年を記念して制作されたディレクターズカット版で、ジェファーソン・エアプレインやジャニス・ジョプリンなど、未公開ステージが追加されている。
(1994年(オリジナル1970年)・アメリカ)


【監督・撮影】マイケル・ウォドレー

【編集】 マーティン・スコセッシ、セルマ・スクーンメイカー ほか
【出演】 クロスビー・スティルス&ナッシュ、ジョーン・バエズ、
ザ・フー、ジョー・コッカー、アーロ・ガスリー、
テン・イヤーズ・アフター、ジェファーソン・エアプレイン、
ジョン・セバスチャン、カントリー・ジョー・マクドナルド、
サンタナ、ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックス ほか


衛星映画劇場
「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」
<字幕・レターボックスサイズ> 
BS2 3月27日(日) 後1:00~3:03

110327-rollingstones.jpg

2006年秋、ニューヨークのビーコン・シアターにおいて、18台のカメラを駆使して撮影された、ザ・ローリング・ストーンズのライブ・ドキュメンタリー。監督は自身の作品でもストーンズの曲を多数使用し、「ラスト・ワルツ」など音楽映画も手がけている巨匠マーティン・スコセッシ。演奏曲やステージ・デザインに関するスコセッシとミック・ジャガーの意見のせめぎ合いや、メンバーのインタビューなども見どころ。
(2008年・アメリカ)

【監督】 マーティン・スコセッシ
【出演】 ザ・ローリング・ストーンズ
(ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、
ロン・ウッド) ほか


★ ラジオDJの視点から描かれた異色のベトナム戦争映画 ★

衛星映画劇場
「グッドモーニング,ベトナム」
<字幕・レターボックスサイズ>
BS2 3月14日(月)後1:00~3:02

※東北関東大震災関連情報のため放送をお休みします。ご了承ください。

BShi 3月21日(月・祝)前2:25~4:27(20日(日)深夜)

110314-goodmorningvietnam.jpg

米軍放送の人気ディスクジョッキーの目を通して描かれた、もうひとつのベトナム戦争。戦闘場面を描くことなく、笑いとヒューマニズムのうちに戦争を批判。毎朝、「グッドモーニング、ベトナム!」の叫び声とともに始まる彼の放送はロックあり、毒舌ジョークありで米兵たちに絶大な支持を得るが、ある日彼は軍で禁止されていた事項についてしゃべったため、DJを降ろされる。主演ロビン・ウィリアムスの出世作ともなった快作。
(1987年・アメリカ)

【監督】 バリー・レビンソン
【音楽】 アレックス・ノース
【出演】 ロビン・ウィリアムス、フォレスト・ウィテカー、
トゥング・タン・トラン ほか


※詳しくはBS映画カレンダーをご覧ください。
なお、国会中継および緊急ニュースなどにより、急な番組変更、または放送時間の変更がある場合があります。
ご了承ください。

投稿時間:12:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン』2月28日(月)~3月4日(金)ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~金曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月28日(月)

3月1日(火)

ml_20110228.jpg ml_20110301.jpg
平原綾香

スガ シカオ


3月2日(水)

3月3日(木)
ml_20110302.jpg ml_20110303.jpg
RIP SLYME FLiP

毎週金曜は、J-POPの歴史の中から歴代の名曲をお届けする『music line tresures』です。(広島県地方では、金曜日は別番組です。)

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

 

<関連情報>
◆2月28日(月)のゲスト 平原綾香さんが出演!
『ウエンズデー J-POP』<終> 

BS2     3月2日(水)後8:00~8:58
(再)BShi    3月3日(木)後5:00~5:58
(再)BS2     3月5日(土)前0:00~0:58 (4日(金)深夜)

『ウエンズデー J-POP』番組ホームページはこちら

◆2月28日(月)のゲスト 平原綾香さんが出演!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 3月6日(日)後6:10~6:39


※『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

◆3月1日(火)のゲスト スガ シカオさんが出演!
『サウンド・ミュージアム』
 FM 2月27日(日)後7:20~9:30

『サウンド・ミュージアム』番組ホームページはこちら

◆3月2日(水)のゲスト RIP SLYMEが出演!
『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 2月27日(日)後6:10~6:39


※『MUSIC JAPAN』番組ホームページは こちら

投稿時間:18:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


いよいよ明日26日(土)放送!総合テレビ『復活!桑田佳祐ドキュメント~55歳の夜明け~』


『復活!桑田佳祐ドキュメント~55歳の夜明け~』
総合テレビ 2月26日(土)後8:00~8:43

がんを克服し、鮮やかに復活した桑田佳祐さんのドキュメント。
劇的な復活を果たした昨年の紅白歌合戦の舞台裏をはじめ、ニューアルバムのレコーディング、そしてアルバム試聴会での飛び入りライブなど・・・病気を乗り越え、再びファンの元へ、音楽を届けようと活動する桑田さんの日々に完全密着。また、録りおろしのロングインタビューや、スタジオでの感動的な熱唱も交えて、放送日2月26日に55歳の誕生日を迎える桑田佳祐さんの真実に迫ります。

【出演】桑田佳祐
【語り】松下奈緒

◆初回放送で収まりきらなかったスタジオライブ映像やインタビュー映像等を追加した完全版の放送が決定!
 
『復活!桑田佳祐ドキュメント~55歳の夜明け~(完全版)』
総合テレビ 3月18日(金)前0:15~1:28(17日(木)深夜)

※東北関東大震災関連情報のため放送をお休みします。ご了承ください。
総合テレビ 5月29日(日)前0:00~0:59 (28(土)深夜)

投稿時間:16:58 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月28日(月)~3月6日(日) 今週のおすすめ番組


2月も終わり、早くも3月。
3月に入ると、いろいろなスポーツのシーズンが開幕します。今年は、アジアカップで優勝したこともあって、サッカーJリーグの開幕を楽しみにしている方も多いのでは? NHKでも、今シーズンのJリーグ、熱戦の模様を中継します。
今年のNHKのサッカー中継、試合はもちろんですが、番組が始まる時のテーマ音楽も注目です。歌うのは、今人気の、RADWIMPSです!

では2月28日(月)からの週のおすすめ番組です。

scftitle.jpgのサムネール画像「サウンドクリエイターズファイル」
3月6日(日) 後9:30~11:00
3月13日(日) 後9:30~11:00

※東北関東大震災関連情報のため放送をお休みします。ご了承ください。
3月27日(日) 後9:30~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽を、こだわりの選曲を交えながらご紹介している「サウンドクリエイターズファイル」。
3月のマンスリーDJは、RADWIMPSの皆さんです。
3月リリース予定のニューアルバム「絶体絶命」の収録曲『君と羊と青』が、2011年NHKサッカー放送のテーマ音楽に決定したRADWIMPS!
3月に発表するアルバムのこと、楽曲の制作秘話など、ご本人たち自らDJを務め紹介していただきます。
また、リスナーからのメールやお便りにもお答えいただきます。
(いただいた質問・メッセージは、番組内でRADWIMPSの皆さんにより、ご紹介させていただく可能性がありますのでご了承ください。)

RADWIMPSの皆さんへの質問やメッセージはこちらから

【DJ】RADWIMPS 

なお、RADWIMPSの『君と羊と青』は、今後、総合テレビやBS1で放送されるJリーグや天皇杯サッカーなど国内大会のほか、7月に日本代表が参加するコパアメリカ(南米選手権)など、NHKのサッカー関連番組で広く使用していく予定です。

※番組ホームページはこちら
※番組Twitterアカウントは @nhk_scf です。


Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:10:00 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


熊川哲也さんNHKFMに初のレギュラー出演! 4/29(金)スタート『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ』


~ほんものの魅力を伝えたい~ を新年度のテーマとし、春からさらにパワーUPするNHKの音楽番組! 今日、新年度の音楽番組説明会および、新番組『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ』『NHKクラシックガイド』にご出演の、熊川哲也さん、本仮屋ユイカさんをお迎えした記者会見が行われました。

4月29日(金)スタート
『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ』
FM 最終金曜 後9:10~10:00
※広島県では、翌週土曜 前1:00~1:50(金曜深夜)に放送。

日本を代表するバレエダンサー・熊川哲也さんがDJを務める『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ』。番組は、熊川さんが、音楽構成作家の新井鴎子さんとともに、誰でも知っているバレエの名曲から知られざる佳曲までをご紹介! 自らの経験談や裏話なども交えてトークする「耳で楽しむバレエ番組」。会見では、「ラジオは、バレエ音楽の素晴らしさを伝えるのにとてもいいツール。音楽の由来や、場面の内容などもご紹介することで、リスナーのみなさんにも、情景を思い浮かべながら聴いていただいて、その音楽の中で主人公になってもらえたら・・・。」と新番組への思いを語ってくださいました。リスナーのみなさんからのリクエストや質問などにも、出来る限りこたえていきたいという熊川さん。初回放送は、4月29日(金)! 午後9時10分からの50分間です。

☆番組では、みなさんからのメッセージをお待ちしております!
『熊川哲也のバレエ音楽スタジオ』番組ホームページはこちら

会見の司会を務めた黒崎アナからも
「熊川さんは、お話が上手ですね!」
とトークの腕前にも太鼓判を押された熊川さん。


熊川哲也さん(写真左)
本仮屋ユイカさん(写真右)

classickaiken1_20110224.JPG



本仮屋ユイカさんが、おススメのクラシック音楽番組を紹介する
『NHKクラシックガイド』

BSプレミアム  火曜 後7:55~7:58
BSプレミアム  土曜 前11:55~11:58
BSプレミアム  日曜 前7:55~7:58
教育テレビ  日曜 後9:57~10:00

※3月の放送は、『N響アワー』の後、教育テレビ 日曜 後9:55からの5分間です。

classickaiken2_20110224.JPG

会見では、「クラシック音楽を聴くと 優雅で贅沢な気持ちになるんです。」と本仮屋さん。「視聴者のみなさんには、クラシックの楽しさを分かりやすく伝えていきたい!」と抱負を語ってくださいました。

熊川哲也さん(写真左)
本仮屋ユイカさん(写真右)


『NHKクラシック』ホームページはこちら


『N響アワー』
教育テレビ 日曜 後9:00~9:57

1980年に放送開始した『N響アワー』。NHK交響楽団の定期公演や特別公演の演奏を中心に、クラシックのオーケストラ作品を親しみやすい解説とともにご紹介します。進行役は作曲家の西村朗さんと岩槻里子アナウンサー。
(新年度からは、岩槻アナから黒崎アナへバトンタッチします。)

春から『N響アワー』の進行役を務める黒崎めぐみアナウンサー(写真左)

熊川哲也さん(写真中央)
本仮屋ユイカさん(写真右)
classickaiken3_20110224.JPG
【進行役】

西村朗(作曲家)
岩槻里子アナウンサー(~3/27まで)
黒崎めぐみアナウンサー(4/3~)

『N響アワー』番組ホームペ-ジはこちら

「NHKクラシックサイト」内のトピックスで記者会見の記事を掲載中!

※記者会見の模様は、コレ見て!MOVIEでご覧になれます。

投稿時間:23:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM毎月最終日曜は強力ラインナップ! 2/27放送分のゲスト決定! (スガシカオ、田口トモロヲ、Scoobie Do)


『サウンド・ミュージアム ~スガ シカオ~』
2月27日(日)後7:20~9:30

ひとりのアーティストの魅力を2時間10分かけてたっぷりお届けする『サウンド・ミュージアム』。2月は、ニューシングル「約束」を発表したスガ シカオさんを特集します。番組では、昨年11月にロンドンで行ったライブの秘蔵音源やスガさんと交流のあるアーティストからのスペシャルメッセージをご紹介。更に、今回はスガさんがブログで行っている、詩/詞の投稿コーナー「輝け!Myリリック!」の番外編をお送りします。

【出演】スガ シカオ
【コメントゲスト】Mummy-D (RHYMESTER)、佐野元春

※『サウンド・ミュージアム』の番組ホームページはこちら

<関連情報>
スガシカオさんは『ミュージックライン』にもゲスト出演が決定!
『ミュージックライン』
3月1日(火)後9:10~10:45

※『ミュージックライン』番組ホームページはこちら


『インディーズファイル ~田口トモロヲ~』
2月27日(日)後9:30~11:00

アマチュア・インディーズアーティストの新たな才能を応援する番組『インディーズファイル』。2月のピックアップアーティストは、田口トモロヲさんです。俳優、ナレーター、映画監督など、幅広く活動する田口さん。2009年からは、安齋肇さんらと共にパンクバンド「LASTORDERZ」のボーカリストとして活動を開始。田口さんが音楽にかける熱いメッセージにご期待下さい!

【ゲスト】田口トモロヲ
【MC】森若香織

※『インディーズファイル』番組ホームページはこちら


『ライブビート ~Scoobie Do~』
2月27日(日)後11:00~前0:00

2月の『ライブビート』は、ファンキー&グルーヴィー、そして現代的に洗練もされた最新型のR&Bサウンドを武器に、全国各地のライヴ会場を熱狂の渦に包み込んでいる、現在日本最高峰のライブバンドのひとつ、Scoobie Doが登場!既存のファンク・ミュージックの枠には当てはまらない、自らの音楽を"ファンカリズモ"と称し活動を展開する4人の、時代性と普遍的パワーをミックスさせた魅力のバンドサウンドで暴れまくります。

【ゲスト】Scoobie Do
【DJ】古閑裕

※『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ラジオ第1『ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?』第2回目は明日24日(木)後3:10から放送!


『つながるジョッキースペシャル
~ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?~』
ラジオ第1 2月24日(木)後3:10~4:55 (中断あり)

昨年12月、ラジオ第1で放送された、近田春夫さんが"ロック魂"で歌謡曲を語る『つながるジョッキースペシャル ~ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?~』が、リスナーの皆様の後押しにより、月1回のレギュラー放送となりました!(1月は「国会中継」のためお休み)第2回目の放送は2月24日(木)後3:10から、リクエストテーマ「あなたの名曲」でお送りします。あなたが名曲だと思うのはどんな曲ですか? 渋い名曲、笑える名曲、変な名曲から、発売当時は日の目を見なかったレア・グルーヴまで...あなたにとっての「名曲」に理由を添えて、下記の番組ホームページからリクエストしてください。また、只今、歌謡曲の名曲"発掘"プロジェクトがひそかに進行中です。番組では今後も、近田春夫さんの「コダワリの選曲」と「目からウロコの解説」で、歌謡曲を何倍も楽しむ方法をご紹介していきます。どうぞお楽しみに!

【パーソナリティー】

近田春夫(ロックンローラー)
石山智恵(「つながるラジオ」アンカー)

※『つながるジョッキースペシャル
~ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?~』
番組ホームページはこちら

※主な(各地の)ラジオ第1の周波数はこちら

投稿時間:16:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


辛く悲しい音楽・・・『死の国の旋律~アウシュビッツと音楽家たち』BS2で26日(土)放送


『BSアーカイブス名作選 ハイビジョンスペシャル
"死の国の旋律~アウシュビッツと音楽家たち~"』
BS2 2月26日(土)後11:00~翌0:43.30

アウシュビッツ強制収容所には、囚人たちのオーケストラが組織されていた。任務は、収容所の運営を円滑にするための音楽の演奏。強制労働の送迎の際には軽快なマーチを、収容者がガス室で処刑されるときは、ことさら明るい音楽を奏でたという。強制労働を免れられるという理由で、志願者が多かったが、メンバーは今も罪悪感に苦しめられている。ナチスへの協力と引き替えに、地獄を生きのびた音楽家たちを描く衝撃のドキュメント。
(初回放送:BShi 2003年11月5日)

※(2010年12月4日放送当時の)番組ホームページはこちら
ページ下部に番組情報が掲載されています。


<関連番組>
衛星映画劇場 アカデミー受賞作品特集
『戦場のピアニスト』 <字幕・レターボックスサイズ>
BS2 2月23日(水)後9:00~11:30

ナチスの迫害をくぐり抜けて奇跡的に生還したポーランドのピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの壮絶な体験を描いた感動作。
1939年、ナチスドイツはポーランドに侵攻。ユダヤ人ピアニストだったシュピルマンは、家族とともにゲットーと呼ばれる居住区へ移される。飢えや無差別殺人におびえる日々の中で、音楽だけが彼の希望だった・・・。アカデミー主演男優賞、監督賞、脚色賞をはじめ、世界各国で多数の映画賞を受賞。

【監督】 ロマン・ポランスキー
【音楽】 ヴォイチェフ・キラール
【出演】 エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン
フランク・フィンレイ ほか

(2002年・ポーランド/フランス)

※BS映画カレンダーはこちら

投稿時間:19:38 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


HYDEさんが声優初挑戦の『バクマン。』は教育テレビ今週26日(土)放送!


『バクマン。』
教育テレビ 毎週土曜 後6:00~6:24.30

教育テレビ毎週土曜午後6:00から放送中のアニメ『バクマン。』とVAMPSのHYDEさんがコラボ!『バクマン。』2月26日放送の第21話「文学と音楽」で、劇中歌の提供だけではなく、声優としてアニメの世界にHYDEさんが本人役で登場します!役どころは、劇中に登場するアーティストであり、後に漫画家に転身するKOOGY(声・森久保祥太郎)のプロデューサー。KOOGYが歌う劇中歌は、VANPSのアルバム「BEAST」収録曲の「GET UP」(オリジナルは英語詞)を、HYDEさん自らによる日本語詞のものが使用されます。どうぞお楽しみに!

※『バクマン。』番組ホームページはこちら

<関連情報>
2月27日(日)総合テレビ 後6:10からの『MUSIC JAPAN』で『バクマン。』のオープニングテーマ「Blue Bird」をコブクロが熱唱!

※『MUSIC JAPAN』の番組ホームページはこちら

投稿時間:11:48 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエイターズファイル』3月のマンスリーDJは、RADWIMPSの皆さんです!


『サウンドクリエイターズファイル』
3月6日(日)後9:30~11:00
3月13日(日)後9:30~11:00
※東北関東大震災関連情報のため放送をお休みします。ご了承ください。
3月27日(日)後9:30~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。3月のマンスリーDJは、RADWIMPSの皆さんです。
3月に発表するアルバムのこと、楽曲の制作秘話など、ご本人たち自らDJを務め紹介していただきます。
また、リスナーからのメールやお便りにもお答えいただきます。
(いただいた質問・メッセージは、番組内でRADWIMPSの皆さんにより、ご紹介させていただく可能性がありますのでご了承ください。)

【ゲスト】RADWIMPS

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

番組Twitterアカウントは @nhk_scfです。


<関連情報>
◆RADWIMPS『君と羊と青』が、2011年NHKサッカー放送のテーマ音楽に決定! 2011年NHKサッカー放送のテーマ音楽が、3月リリース予定のRADWIMPSニューアルバム「絶体絶命」の収録曲『君と羊と青』に決定しました。今後、総合テレビやBS1で放送されるJリーグや天皇杯サッカーなど国内大会のほか、7月に日本代表が参加するコパアメリカ(南米選手権)など、NHKのサッカー関連番組で広く使用していく予定です。

◆『ミュージックプラザ ~アーティスト特集 RADWIMPS~』
3月9日(水)後4:00~5:20


3月9日(水)の『ミュージックプラザ』は、RADWIMPSの最新アルバム「絶体絶命」を大特集! リクエストも募集中です! (RADWIMPSの皆さんは、ご出演されません。)

【DJ】鈴木万由香

※『ミュージックプラザ』番組ホームページはこちら

◆RADWIMPS『ミュージックライン』にゲスト出演決定!
『ミュージックライン』
3月10日(木)後9:10~10:45

※『ミュージックライン』番組ホームページは こちら 
 

◆RADWIMPS『夕べのひととき』にゲスト出演!(※生出演ではありません。)
『夕べのひととき』※九州沖縄エリア放送
3月11日(金)後6:00~6:50

3月15日(火)後6:00~6:50 ※放送日を変更しました。
3月22日(火)後6:00~6:50

RADWIMPS・野田洋次郎さんに、新しいアルバム「絶対絶命」についてのお話や、このアルバムにも収録されている、2011年NHKサッカー放送のテーマ音楽に決定した『君と羊と青』をご紹介いただきます。

※『夕べのひととき』番組ホームページはこちら

投稿時間:17:36 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


3月の特集番組ラインナップ決定!


『今日は一日"なつかしのアイドル" 三昧 2011・春』
3月20日(日)後0:30~11:00 ※中断あり

いつの時代でもみんなの憧れの存在――それが"アイドル" ! 
『"なつかしのアイドル" 三昧』シリ-ズ第3弾となる今回も、現在30~50代前半の人たちが懐かしくてたまらない1970~80年代のアイドルにスポットを当て、できる限り多くの曲をオンエア! シリーズ初の3月放送となる今回は、「春」「卒業」「出会いと別れ」などをテーマにした曲や、"リスナーの皆さんが選ぶこの3曲" など、さまざまなコーナーを通して"なつかしのアイドルソング" をたっぷりお楽しみいただきます!

zanmai_201103.jpg【ゲスト(五十音順)
岩崎良美、城之内早苗、新田恵利
【コメントゲスト(五十音順)】
生稲晃子、井森美幸、西田ひかる、
南野陽子、山瀬まみ
【司会】藤井彩子アナウンサー

 

 


※司会を務める藤井アナウンサーの『"なつかしのアイドル"三昧』
関連ブログ記事はこちら こちら

『今日は一日"なつかしのアイドル" 三昧』番組ホームページはこちら

― これまでの放送 ―
・2009年8月15日(土)放送
『今日は一日"なつかしのアイドル" 三昧』
オンエア曲目はこちら

・2007年8月11日(土)放送
『今日は一日"なつかしのアイドル" 三昧』
オンエア曲目はこちら


『今日は一日"大滝詠一" 三昧』
3月21日(月・祝)後0:30~翌前0:00 ※中断あり

音楽家であり、音楽マニアであり、常に時代を超えた存在として多くの音楽家たちに影響を与えてきた"大滝詠一" 。彼は、日本にロック文化の夜明けをもたらした伝説のグループ"はっぴいえんど" のメンバーであり、解散後も、自身のレーベルを主宰し、作品を発表するほか、他のアーティストへの楽曲提供やプロデュ-スなど幅広い音楽活動を行ってきました。番組では、そんな音楽家"大滝詠一" をとことん探究! 
約10時間にわたって"大滝詠一" ワールドに酔いしれていただきます。

『今日は一日"大滝詠一" 三昧』番組ホームページはこちら


『アンサンブルの楽しみ ~合奏コンクール~』
3月26日(土) 後1:00~2:00

オーケストラ、ブラスバンドなど器楽合奏を行う学校が腕を競い合う「全国学校合奏コンクール」は、毎年小中高合わせおよそ1000校が参加する大規模なコンクール。番組では、全国コンクールで優秀な成績をおさめた学校の演奏を紹介します。


『ジャパニーズ ゴールデン ポップス』
3月26日(土)~27日(日) 後2:00~4:00

1980年代~1990年代を中心に活躍したJ‐POPアーティストをスタジオにお招きし、当時のヒット曲をたっぷり聴きながら存分に語っていただくFM特番「ジャパニーズ ゴールデン ポップス」。今だからこそ語れる舞台裏エピソードや爆笑失敗談、他のアーティストとの意外な関係、そして今後に向けた音楽と人生のスタンス等々、肩の力を抜いた本音トークが満載です!

【ゲスト】つんく♂ (3/26(土))、鈴木雅之(3/27(日))
【DJ】船守さちこ

番組ホームページにてダイジェスト版をお聴きいただけます。
『ジャパニーズ ゴールデン ポップス』番組ホームページはこちら


『課題曲を歌おう』
3月26日(土) 後4:00~5:00

これまで数多くの合唱の名曲を生み出してきた「NHK全国学校音楽コンクール」。
第78回を迎える今年は、「仲間」をテーマに、第一線で活躍するクリエーターの皆さんにより課題曲が作られました。番組では、小学校・中学校・高等学校の課題曲を披露するとともに、作詞・作曲者が曲に託した思いを語ります。

今年の課題曲
小学校の部 「ぼくらは仲間」
(作詞 やなせたかし / 作曲 鈴木憲夫)
中学校の部 「証(あかし)」
(作詞 山村隆太(flumpool) / 作曲 阪井一生(flumpool) /
編曲 加藤昌則) 
高等学校の部 「僕が守る」
(作詞 銀色夏生 / 作曲 上田真樹)


【出演予定】
- ゲスト -
鈴木憲夫(作曲家/小学校の部 作曲)
加藤昌則(作曲家/中学校の部 編曲)
上田真樹(作曲家/高等学校の部 作曲)ほか

- 初演者 -
小学校の部 (同声二部)
指揮:浅野深雪
ピアノ:石野真穂
合唱団:NHK東京児童合唱団

中学校の部
(混声三部)
指揮:辻 秀幸
ピアノ:斎木ユリ
合唱団:NHK東京児童合唱団、早稲田大学高等学院グリークラブ

(女声三部)
指揮:大谷研二
ピアノ:斎木ユリ
合唱団:NHK東京児童合唱団

高等学校の部
(混声四部)
指揮:清水敬一
ピアノ:浅井道子
合唱団:NHK東京児童合唱団ユースシンガーズ
           早稲田大学コールフリューゲル

(男声四部)
指揮:清水敬一
ピアノ:浅井道子
合唱団:早稲田大学コールフリューゲル

(女声三部)
指揮:加藤洋朗
ピアノ:浅井道子
合唱団:NHK東京児童合唱団ユースシンガーズ

『Nコン2011』ホームページはこちら

<関連番組>
『発表!Nコン2011課題曲』
教育テレビ 3月21日(月・祝)前10:00~10:59

投稿時間:16:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


B'z 松本孝弘さんのグラミー賞受賞を記念して『NHKスペシャル』アンコール放送決定!


B'z 松本孝弘 グラミー賞受賞 特別アンコール
『NHKスペシャル"メガヒットの秘密 ~20年目のB'z~"』
総合テレビ 2月25日(金)後10:00~10:50

日本のトップ・ギタープレイヤー、B'zの松本孝弘さんが、世界屈指の名ギタリスト、ラリー・カールトンさんと、第53回グラミー賞ポップ・インストゥルメンタル・アルバム部門を受賞したのを記念して、2008年に放送した『NHKスペシャル』のアンコール放送が決定! 日本一のCDを売り上げているバンド、B'zのヒットの秘密に迫るドキュメンタリー。2008年3月の新曲のレコーディングから、70万人を動員した2008年のライブツアーまでの半年間にわたる密着取材をTVで初めて敢行。これまで秘密のベールに包まれていたB'zの素顔に迫る。また、初めてのロングインタビューでは、B'z自身の口からさまざまな真実が語られる。
(初回放送:2008年10月6日)

【出演】B'z
【ナレーション】松本和也

※番組ホームページはこちら

※一部地域では放送日時が異なる場合があります。
近畿地方(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀)は、総合テレビ 2月26日(土)後3:50~4:40。
中部地方(静岡、愛知、岐阜、三重、富山、石川、福井)は、総合テレビ 2月27日(日)後5:00~5:50に放送の予定です。
 
詳しくは、各地域の番組表でご確認ください。

投稿時間:14:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン』2月21日(月)~2月25日(金)ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~金曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月21日(月)

2月22日(火)

ml_20110221.jpg ml_20110222.jpg
sleepy.ab

小泉今日子


2月23日(水)

2月24日(木)
ml_20110223.jpg ml_20110224.jpg
MAY'S 音速ライン

毎週金曜は、J-POPの歴史の中から歴代の名曲をお届けする『music line tresures』です。(広島県地方では、金曜日は別番組です。)

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

投稿時間:18:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月21日(月)~2月27日(日) 今週のおすすめ番組


毎年、「~~生誕○○年」とか「没後○○年」というアニバーサリーを迎えるアーティストや作曲家がいます。去年、ショパンが生誕200年だったのは、記憶に新しいところです。
こうしたアニバーサリーは、一人の作曲家について言うと、区切りの良い50年とか100年単位でやってくるので、次の記念の年はしばらく先になるのですが、2年連続でアニバーサリーを迎える作曲家がいます。それがマーラーです。生まれたのが1860年なので去年が生誕150年、亡くなったのが1911年なので今年が没後100年というわけです。去年今年と記念の年が続き、巨大なオーケストラを使った、マーラーのあの長~~~いシンフォニーが、あちこちで演奏されています。これだけ短期間集中的にマーラーの作品が聞けるのは、そうないかもしれません。
今週は(先週に引き続き)、マーラーの作品の特集です。

では2月21日(月)からの週のおすすめ番組です。

「ベストオブクラシック
~マーラー没後100年特集(5)~」
2月21日(月)後7:30~9:10
(曲目)交響曲 第6番 イ短調「悲劇的」
        (マーラー作曲)
(管弦楽)ケルン放送交響楽団
(指揮)イヴァン・フィッシャー
(2010年10月22日 ドイツ・ケルン フィルハーモニー)

「ベストオブクラシック
~マーラー没後100年特集(6)~」
2月22日(火)後7:30~9:10
(曲目)交響曲 第7番 ホ短調「夜の歌」(マーラー作曲)
(管弦楽)ベルリン・ドイツ交響楽団
(指揮)インゴ・メッツマッハー
(2010年3月25日 ポーランド・ワルシャワ
フィルハーモニック・コンサートホール)

「ベストオブクラシック
~マーラー没後100年特集(7)~」
2月23日(水)後7:30~9:10
(曲目)交響曲「大地の歌」(マーラー作曲)
(テノール)スチュアート・スケルトン
(バリトン)トマス・ハンプソン
(管弦楽)サンフランシスコ交響楽団
(指揮)マイケル・ティルソン・トマス
(2007年9月27日 アメリカ・サンフランシスコ
デーヴィス・シンフォニー・ホール)

「ベストオブクラシック
~マーラー没後100年特集(8)~」
2月24日(木)後7:30~9:10
(曲目)交響曲 第9番 ニ長調(マーラー作曲)
(管弦楽)北ドイツ放送交響楽団
(指揮)ミヒャエル・ギーレン
(2010年9月26日 ドイツ・ハンブルク ライスハレ)

「ベストオブクラシック
 ~マーラー没後100年特集(9)~」
2月25日(金)後7:30~9:10
(曲目)交響曲 第10番 嬰ヘ長調(マーラー作曲)
(クリントン・カーペンターによる補筆完成版)
(管弦楽)ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)アンドリュー・リットン
(2010年3月11日 スウェーデン・ストックホルム コンサート・ホール)


Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:10:05 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK交響楽団 4月定期公演の聴きどころ


2006年のN響との初共演が大きな話題となったロジャー・ノリントンが再びやってくる。オリジナル楽器によるロンドン・クラシカル・プレイヤーズを創設し、その斬新な演奏でセンセーションを巻き起こした古楽界の巨匠。近年は、シュトゥットガルト放送交響楽団の首席指揮者を務め、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団やベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などを含むモダン楽器のオーケストラにも客演している。

nkyo_201104.jpgそして今回、N響と「ベートーヴェン・シリーズ」を開始する。Aプロでは《交響曲第1番》を、Bプロでは《交響曲第2番》や《ピアノ協奏曲第5番「皇帝」》などを取り上げる。ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ及びシュトゥットガルト放送響との2度にわたる交響曲全集録音が高い評価を得ているノリントンにとってベートーヴェンは十八番。N響との新たなシリーズが本当に楽しみだ。まだ20代の若さで3度目のN響定期公演出演となるマルティン・ヘルムヒェンの《皇帝》も期待される。また、Aプロでは、エルガーの《交響曲第1番》が演奏される。イギリス人ノリントンにとってエルガーは特別な作曲家に違いない。前回のN響との共演でもエルガー作品で名演を残した。
Cプロではマーラーの没後100年を記念して、《交響曲第1番「巨人」》などマーラーの初期の作品が取り上げられる。ノリントンは、19世紀や20世紀の作品でも、ヴィブラートを抑えた「ピュア・トーン」を特徴とする古楽的なアプローチを採り入れている。今回のマーラーでも新鮮で美しい演奏が聴けるに違いない。また、《巨人》から外された《花の章》や《巨人》と旋律を共有する《さすらう若者の歌》が演奏されるのが興味深い。ドイツの名バリトン、ディートリヒ・ヘンシェルの独唱も聴き逃せない。

(山田治生)


4月Cプログラムに出演を予定しておりましたディートリヒ・ヘンシェル氏は、来日が不可能となりました。代わって、河野克典氏が出演いたします。なお、曲目の変更はございません。何とぞご了承くださいますようお願い申しあげます。

NHK交響楽団4月のコンサート情報はこちら
(クリックするとNHKサイトを離れます)

投稿時間:10:00 | カテゴリ:N響の聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月22日(火)放送『大貫妙子 ~懐かしい未来~』ゲストは、やましたひでこさんです!


『大貫妙子 ~懐かしい未来~』
2月22日(火)後11:00~前0:00
(再)3月1日(火)前10:00~11:00

『大貫妙子 ~懐かしい未来~』は、シンガーソングライター大貫妙子さんが「いま、ほどよいライフスタイル」をキーワードにお送りしている番組。大貫さんが注目しているアーティスト、作家、活動家をゲストに招き、お話をうかがいます。
2月22日(火)のゲストは、クラター・コンサルタント(クラターとは、ガラクタのこと)の、やましたひでこさんです。今、巷でブームの「断捨離」を考案したやましたさん。新しい片づけ術として注目を集める「断捨離」とは何かをお伺いし、モノにあふれる現代をどう快適に生きていくかをトークします。

【ゲスト】やましたひでこ(クラター・コンサルタント)
【メインパーソナリティ】大貫妙子

※『大貫妙子 ~懐かしい未来~』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


今年もたっぷりフォーク三昧『大集合!青春のフォークソング』BS2 2月19日(土)放送!


『大集合!青春のフォークソング』
BS2 2月19日(土)後8:00~10:29
(再)BS2 3月31日(木)後9:00~11:29

世代を超えて愛されている名曲の数々を持つフォークシンガーがNHKホールに文字通り大集合します。番組では、フォーク黎明期から全盛期、そしてこれからも歌い継がれていく名曲を15組・全27曲、たっぷりお届け! 司会は泉谷しげるさん、イルカさん、南こうせつさんの3人。小椋佳さんは、デビュー当時の曲の“題名” にまつわる秘話を紹介。青春のヒット曲をメドレーで披露します。他にも、名曲トリビュートや平成のフォークソングコーナーなど見どころ満載です。どうぞお楽しみに!

【司会】 泉谷しげる、イルカ、南こうせつ
【出演】

五つの赤い風船、遠藤賢司、小椋佳
木村充揮、佐藤公彦、杉田二郎
トワ・エ・モワ、夏川りみ、ばんばひろふみ
樋口了一、山崎ハコ、 山本潤子 (五十音順)

投稿時間:11:14 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『松尾堂』2/20(日)のお客さまは、石井竜也さん、石井匠さんです! (テーマは「岡本太郎」)


matsuodo_20110220.jpg『トーキング ウィズ 松尾堂』
FM 2月20日(日)後0:15~2:00

「芸術は爆発だ」という名言や、大阪万博の「太陽の塔」の作者として知られる岡本太郎さんは、2011年2月26日に生誕100年を迎えます。それを記念した「生誕100年岡本太郎展」が、東京国立近代美術館で開催される(3/8~5/8)など、今なお人気の岡本太郎さん。
番組では、ミュージシャンの石井竜也さんと、考古学者で岡本太郎を研究する石井匠さんをお迎えし、「生誕100年  "僕らの岡本太郎"
に向かいあう」をテ-マに、その魅力を語り合います。

【出演】石井竜也(ミュージシャン)、石井匠(考古学者)
【司会】松尾貴史、佐藤寛子

※『トーキング ウィズ 松尾堂』番組ホームページはこちら

<関連番組>
◆石井竜也さんがご出演!
『男前列伝 ~美をプロデュースする~
本阿弥光悦(工芸家)×石井竜也(アーティスト)』

BShi  2月26日(土)後9:30~9:59
(再)BShi  2月28日(月)後0:00~0:30※終了時刻は、次回予告を含んだ時間です。
(再)BShi  3月2日(水)前8:00~8:30※終了時刻は、次回予告を含んだ時間です。
(再)BS2  3月3日(木)後8:00~8:30※終了時刻は、次回予告を含んだ時間です。

otokomaeretsuden20110226.jpg安土桃山から江戸初期の京都で、陶芸に書に幅広く卓越した才能を見せた本阿弥光悦だが、その真骨頂は「コラボレーション」。マルチ・アーティストの石井竜也さんが、本阿弥光悦が晩年を暮らした京都・鷹ケ峯などを訪ね、光悦はどのようにして一流の才能を見いだしコラボレーションに至ったのか、その美意識と「人たらし」の手法に迫ります。


※『男前列伝』番組ホームページはこちら

◆岡本太郎生誕100年企画
土曜ドラマ『TAROの塔』<全4回>
2月26日(土)スタート
総合テレビ 毎週土曜 後9:00~9:53

※3月12日(土)の放送は、東北関東大震災関連情報のため放送をお休みします。ご了承ください。 新しい放送日時については番組ホームページをご覧ください。

taronoto_20110226.jpg数々の刺激的な作品と言動で世界を挑発し続けた男  岡本太郎。
このドラマでは、"太陽の塔" が完成するまでの軌跡を縦軸に、太郎、敏子、かの子、一平という「岡本家の人びと」の破天荒な
人間模様を描いていきます。大正から昭和、戦争から高度経済成長、そしてパリと、時空を超え変化していくダイナミックな映像をベースに、伝説の芸術家・岡本太郎の知られざる全貌を初めてドラマ化!

【作】大森寿美男
【音楽】蓜島邦明
【出演】松尾スズキ(岡本太郎役)、常盤貴子(平野敏子役) ほか

※『TAROの塔』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


外国人にとって日本の音楽事情とは? 『COOL JAPAN "音楽"』2/19(土)BS1で放送!


『COOL JAPAN~発掘!かっこいいニッポン~"音楽"』

BS1  2月19日(土)後6:00~6:44
(再)BShi  2月23日(水)後7:00~7:44
(再)BShi  2月25日(金)前1:15~1:59 (24日(木)深夜)
(再)BShi  2月28日(月)前8:00~8:44

『COOL JAPAN ~発掘!カッコイイ日本~』は、ファッションやアニメ、建築、料理など、私たちが当たり前と思ってきた日本の様々な文化が、外国の人たちには格好いいモノとして受け入れられている現状を、来日間もない外国人の感性で、クールな日本の文化を発掘、その魅力と秘密を探ろうという番組です。今回、取り上げるテーマは“音楽” 。夕方の街に流れる、帰宅を促す音楽や商店街のBGM、交差点に流れる視覚障害者のための音楽など...生活の様々な場で聞こえてくる音楽を外国人はどう思うのか? 1台に100種類の楽器の音色が入り、1人でオーケストラの演奏ができる、日本のハイテク技術を駆使した最新電子オルガンに、外国人の反応は? さらに、日本人の心を歌う演歌にイギリス人が挑戦。演歌ならではの“こぶし” を歌いあげることができるのか? そして、日本の音楽は外国人にはクールなのか? 外国人の視点と感性で、日本の音楽事情からクール” を探ります。

【司会】鴻上尚史、リサ・ステッグマイヤー


※『COOL JAPAN ~発掘!カッコイイ日本~』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


4/2(土)公開生放送『デジタルプレミアムライブ ~J-POPプレミアム~』只今観覧募集!


※地震のため中止となりました。

NHK「デジタルプレミアムライブ ~J-POPプレミアム~」は、東北関東大震災の影響や計画停電等による交通事情の混乱などを総合的に検討し、お客様の安全を一番に考慮させていただいた結果、公開での開催を中止させていただくこととしました。楽しみにお待ちいただいた皆様にはご迷惑をおかけいたします。
また、代替公演は予定しておりませんので、ご理解のほどをお願いいたします。
なお、番組は、NHKホールにおきまして、お客様のいない形で生放送する予定ですので、お楽しみいただければ幸いです。

★放送予定
「デジタルプレミアムライブ ~がんばろう東北 がんばろう関東~」
-第2部・J-POPプレミアム-
BSプレミアム 4月2日(土)後6:30~9:00

4月1日、NHKのBSが2つのハイビジョンチャンネル「BS1」「BSプレミアム」に生まれ変わります。NHKでは、本物志向の教養・娯楽チャンネル「BSプレミアム」にふさわしいスペシャル番組として、4月2日(土)BSプレミアム 後7:00~9:00『デジタルプレミアムライブ  ~J-POPプレミアム~』を東京・国立代々木競技場第一体育館からを公開生放送します。只今、この番組の観覧を募集中!奮ってご応募ください。

【日時】4月2日(土)
開場:午後5時30分
開演:午後6時40分
終演予定:午後9時

【会場】東京・国立代々木競技場 第一体育館

【出演予定アーティスト(50音順)】
杏里、石井竜也、UVERworld、甲斐バンド、CHEMISTRY、
小柳ゆき、斉藤和義、DEEN、 AAA、元ちとせ、一青窈、
平原綾香、THE BOOM、藤井フミヤ、真心ブラザーズ+奥田民生、
水谷豊&宇崎竜童、渡辺美里

【司会】山口智充 ほか

【応募締め切り】3月1日(火)午後11時59分
※募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。


※詳しくはこちらをご覧ください。

投稿時間:14:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月17日(木)放送『ザ・ソウルミュージック ~ソウル・スターズ特集"ノーマン・コナーズ"~』


『ザ・ソウルミュージック
~ソウル・スターズ特集"ノーマン・コナーズ"~』
2月17日(木)後11:00~前0:00

2月17日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、『ソウルVIPS』で取り上げてきたようなアーティストに較べると一般的な認知度こそ劣るも、ソウルファンの間では長年に渡って愛され続けている、そんなアーティストを一人ずつ取り上げてフィーチャーする「ソウル・スターズ特集」をお送りします。
今回のフィーチャード・アーティストは、前回(2/3)の主役プリンス・フィリップ・ミッチェルとも縁の有ったフィラデルフィア生れのドラマー、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサーのノーマン・コナーズ。
60年代中盤からジャズ・シーンで活躍し、70年代中盤以降はグッとソウル/R&B寄りに路線をシフト。マイケル・ヘンダーソンやジーン・カーン、フィリス・ハイマンなどをフィーチャーした数々の歌モノ・ヒットを放つ一方、ジャズ・ファンク・グループの作品を中心に数々のプロデュース・ワークを世に送り出してきているビッグネーム。昨年も、ハワード・ヒューイットにボビー・ライル、レイ・パーカー・Jr.にピーボ・ブライソン、それに、マイケル・ヘンダーソンを迎えてのスムース・ジャズ作品をリリースしたばかりのノーマン・コナーズを主役にお届けします。

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:10 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン』2月14日(月)~2月18日(金)ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~金曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月14日(月)

2月15日(火)

ml_20110214.jpg  ml_20110215.jpg
Aqua Timez

ソナーポケット


2月16日(水)

2月17日(木)
ml_20110216.jpg ml_20110217.jpg
Galileo Galilei 古内東子

毎週金曜は、J-POPの歴史の中から歴代の名曲をお届けする『music line tresures』です。(広島県地方では、金曜日は別番組です。)

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

投稿時間:18:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


リリー・フランキーさんがオーディオドラマに出演! 2/12(土)放送『FMシアター"50歳の運動会"』


『FMシアター"50歳の運動会"』
2月12日(土)後10:00~10:50

東京のコールセンターで悶々と働くコウジ。妻には逃げられ、娘とも上手く向き合えない。そんなコウジの元にある知らせが届く。鹿児島県阿久根市で行われる大運動会"華の50歳組"の実行委員からだ。阿久根では、50歳になった卒業生一同が全国から故郷に帰り、母校の運動会に参加するのだ。コウジは家族、仕事に不安を抱えながらも、2年間だけ暮らした阿久根に帰ることを決める。転校生で弱虫だったコウジを救ってくれたガキ大将・猛との再会。小学生の頃は転んで、バトンすら渡せなかったリレー。コウジは校庭を必死に走りながら、いつしか童心に帰っていく。心新たに第二の人生を歩みだす50歳の青春を描く。

【作】竹田新

【出演】 リリー・フランキー、佐藤順一、中野弘子、矢上治
宮本たたみ、鶴賀皇史朗、井手敏子、椎木樹人
中村公美、原田太輔、矢野光樹、大池怜士
安川敏貴、安部雄貴、西和博


※『FMシアター』等、オーディオドラマサイトはこちら

投稿時間:16:11 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月14日(月)~2月20日(日) 今週のおすすめ番組


ミュージシャンは、年齢を重ねるに連れて味わいを増す人が多いようです。若いころはステージ狭しと体当たりの演奏をしていた人が、何十年もたつとぐっと力が抜けて、飄々と、でも若々しい演奏を披露している姿を見ると、歳をとるのも悪くないなぁ、と思います。
今週は、そんな素敵なミュージシャンが登場します。

では2月14日(月)からの週のおすすめ番組です。

session2011.jpg「セッション2011
~中牟礼貞則トリオ~ 」
2月20日(日)後11:00~前0:00

日本ジャズ・ギター界の重鎮、中牟礼貞則。1933年鹿児島生まれ。1952年からプロ活動を開始し、宮沢昭、渡辺貞夫、前田憲男、猪俣猛ほか、数多くのグループに参加しました。伝説の『銀巴里セッション』に参加していた60年代初頭から40年以上にわたり、第一線で活躍を続けています。若き日の渡辺香津美の師としても知られ、全国に根強いファンを持っています。
今回は、今一番自分がやりたい形、と話すトリオで、「セッション2011」に登場。77歳を迎え、なお鋭い感性を磨き続ける巨匠のギター・サウンドをお楽しみください。
(ギター)中牟礼貞則
(ベース)小杉敏
(ドラムス)江藤良人


Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:15:20 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


ヨロレイヒー~♪ 2/14(月)BShiで放送『ハイビジョンSP"アルプスに響くヨーデル"』


『ハイビジョンスペシャル 
世界は歌う 世界は踊る"アルプスに響くヨーデル"』
BShi 2月14日(月)前10:00~11:50

世界有数の山岳地帯アルプスの村々に誕生したヨーデル。声の限界の発声法による歌唱、そして舞踊、アルプスホルンの演奏など・・・番組では、"本物のヨーデル"を夏祭りを通して、人々の生活の中に描いていきます。
(初回放送:2003年9月4日)

【出演】
シュテファン・ニーダーベルガー、マルグリット・アマッヒャー・コーラー
ハウスウェリー・ヴェルテ、ハンス・ペーターシェーファー ほか
【ナレーション】油井昌由樹、春原美和

投稿時間:13:37 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


追悼 ペーター・ホフマン・・・『名演奏ライブラリー』2月13日(日)放送


『名演奏ライブラリー ~追悼 ペーター・ホフマン~』
2月13日(日)前9:00~10:57

音楽評論家・諸石幸生さんの案内でお送りしている『名演奏ライブラリー』。
2月13日は、2010年11月30日、肺炎のため66歳で亡くなったヘルデンテノールの名歌手ペーター・ホフマンさんの追悼特集をお送りします。
ペーター・ホフマンさんは、1944年チェコ生まれ。陸上10種競技の選手から声楽家に転向し、1972年にリューベック市立歌劇場で、歌劇「魔笛」のタミーノ役でデビュー。1976年にはバイロイト音楽祭にデビュー。ワーグナー歌手としてカラヤンの指揮する舞台神聖祭典劇「パルシファル」のCDでタイトル・ロールを歌う等、ルネ・コロ、ジークフリート・イェルザレムとともに20世紀終わりを代表するヘルデンテノールとして活躍。ロック・シンガーでもあった。1999年にパーキンソン病の発症を公表し、2004年に引退。療養生活を送っていました...。今回の放送は、ホフマンさんが最も得意としたワーグナーの作品を中心にお送りします。

【案内】諸石幸生(音楽評論家)

※プレイリストはこちら(番組表)をご覧ください

投稿時間:10:15 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月13日(日)放送『セッション2011 ~横浜公開収録・5cats~ 』


『セッション2011 ~横浜公開収録・5cats~』
2月13日(日)後11:00~前0:00
(再)2月18日(金)前10:00~11:00

現在、日本のジャズ・シーンにおいて最高峰の若手実力者が結成したクインテット、5cats。リーダーの太田剣と、大野雄二率いる「Yuji Ohno&Lupintic Five」などで活躍を続ける鈴木央紹の2サックスをフロントに置き、ファンクを中心に、それぞれのキャラクターを生かしたオリジナル曲でライブを展開している。
今回は、NHK横浜放送局新会館オープン記念として、横浜放送局で公開収録したものをON AIR! 人気の高いメンバーが集った5catsの、ファンキーなライブをお届けする。

【出演】 5cats
太田剣 (ソプラノ・サックス、アルト・サックス)
鈴木央紹 (テナー・サックス)
ハクエイ・キム (ピアノ)
日野"JINO"賢二 (ベース)
大槻"KALTA"英宣 (ドラムス)
【司会】 濱中博久


※『セッション2011』番組ホームページはこちら

投稿時間:09:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月11日(金・祝)BShiで放送!『ザ☆スター ~久石譲~』


『ザ☆スター ~久石譲~』
BShi 2月11日(金・祝)後8:00~9:29
(再)BS2 2月12日(土)後8:00~9:29

宮崎駿監督や北野武監督作品の映画音楽などで知られる作曲家・久石譲さん。久石さんの音楽は、どこか懐かしく不思議な魅力で人々の心をとらえ続けてきた。 メロディアスで叙情的な作風で知られる久石さんだが、実は若い頃は単純な旋律が繰り返される「ミニマルミュージック」を手がけ、ひたすら芸術性を追求していたという。しかし30代になって、宮崎駿監督と出会い「風の谷のナウシカ」の音楽を手掛け、映画音楽作家として注目を集めた。「芸術性」と「大衆性」のはざまで揺れ動いてきた久石さんは、60歳を迎えた今、またミニマルミュージックやクラシック音楽の方へと舵を切ろうとしている・・・。
番組では、久石さんの音楽が、なぜ私たちの心の琴線に触れるのか?
また、これからどこへ向かおうとしているのか? 関係者の証言や解剖学者・養老孟司さんとのトーク、平原綾香さんなどとのライブ演奏も交え、その神髄に迫る。

【出演】 久石譲、養老孟司(解剖学者)、李相日(映画監督)
平原綾香(歌手)、操上和美(写真家)
本木雅弘(俳優)、鈴木敏夫(映画プロデューサー)
【司会】 別所哲也、佐藤夕美子、永井伸一アナウンサー


※『ザ☆スター』番組ホームページはこちら

投稿時間:09:40 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


貴重なアーカイブス映像も満載『グループ魂の軌跡 ~15の巻~』総合テレビ3月放送決定!


『グループ魂の軌跡 ~15の巻~』
総合テレビ 3月6日(日)前0:50~1:33 (5日(土)深夜)

15周年をむかえたパンクコントバンド・グループ魂。
昨年年明けから、パワフルな活動を展開した彼らの記念イヤーに密着。北海道から沖縄まで、1月から行われた全国13箇所全15公演の全国ツアー、そして2月5日に武道館で行われた最終公演の模様を紹介します。また、メンバーによる座談会を決行。NHKに保存されている貴重なアーカイブ映像と共に怒涛の15年を振り返ります。どうぞお楽しみに!

※番組ホームページはこちら

投稿時間:10:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ2月11日(金・祝)放送!『こころから歌いたい ~母になったNOKKO~』


『こころから歌いたい ~母になったNOKKO~』
総合テレビ 2月11日(金・祝)後6:10~6:44
(再)総合テレビ 2月14日(月)前0:50~1:24 (13日(日)深夜)

時代をリードしたロックバンド「REBECCA」の元ボーカル・NOKKOさんが2010年、10年ぶりに歌手活動を本格的に再開した。きっかけとなったのは2006年に生まれた娘の存在だ。表舞台から距離を置いていたNOKKOさんが、"子育てを通じて心に力が生まれ、再び外に向かって歌いたいと思うようになった"という。かつて"女の子の等身大の思い"を歌に託したNOKKOさんが、母として新たな境地を見いだすようになった姿を追う。

【出演】NOKKO、JUJU
【語り】富田靖子

投稿時間:10:12 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


来週2/14(月)からBShiで『ワールド・スーパー・ライブ』放送!


『ワールド・スーパー・ライブ』
BShi 2月14日(月)~17日(木)後10:00~

エターナル・ソング&ボイス~長年活動を続け、その歌声と数多くの名曲でファンを魅了するシンガーたち。歌声は心を揺さぶり、名曲のメロディーは色あせません。今回の『ワールド・スーパー・ライブ』は、4夜連続でエンターテイメント性の高いショーから、じっくりと聴かせるシンプルなステージまで、偉大なシンガー達のライブをたっぷりとご紹介します。


第1夜「ライザ・ミネリ」
BShi 2月14日(月)後10:00~11:54

第1夜に登場するのは、約半世紀にわたってアメリカのショー・ビジネス界を牽引し、後進にも多大な影響を与えてきた大ベテラン、ライザ・ミネリ。2009年秋ラスベガスのMGMグランドで収録された特別公演で、トニー賞も獲得した『ライザ・アット・ザ・パレス』から「ニューヨーク、ニューヨーク」、「こんどはきっと」、「ティーチ・ミー・トゥナイト」などの代表曲をご紹介します。


第2夜「バリー・マニロウ」
BShi 2月15日(火)後10:00~11:14

第2夜に登場するのは、70年代から活躍し、ピアノを弾きながら自作曲を歌うスタイルでたくさんのヒットを残してきたバリー・マニロウ。絶賛を集めたラスベガスでの連続公演『ミュージック・アンド・パッション』から「哀しみのマンディ」、「ニュー・イングランドの週末」、「悲しみをこえて」、「恋はマジック」、「コパカバーナ」などの代表曲をご紹介します。(2005年収録)。


第3夜「ポール・マッカートニー」
BShi 2月16日(水)後10:00~10:59
(再)BSプレミアム 8月20日(土)前0:00~0:59 (19日(金)深夜)

第3夜に登場するのは、ビートルズ解散後もその伝説を守りながら数多くのヒットを放ち、今も幅広い層の音楽ファンにから人気を集めているポール・マッカートニー。2007年秋、ロンドンで収録されたライブから「マジカル・ミステリー・ツアー」、「ブラックバード」、「エリノア・リグビー」、「ヘイ・ジュード」、「レット・イット・ビー」などの代表曲をご紹介します。


第4夜「キャロル・キング&ジェイムス・テイラー」
BShi 2月17日(木)後10:00~10:59
(再)BSプレミアム 8月20日(土)前1:00~1:59 (19日(金)深夜)

第4夜に登場するのは、70年代初頭のシンガー・ソングライター・ブームを牽引し、その後も数多くの名曲を残してきたキャロル・キングとジェイムス・テイラー。
紹介するのは2007年秋、ロサンゼルスの老舗クラブ、トルバドールで実現したジョイント・ライブ。全米1位を記録した「きみの友だち」や「イッツ・トゥー・レイト」などの名曲を円熟のパフォーマンスをご紹介します。


※『ワールド・スーパー・ライブ』番組ホームページはこちら
(各夜のタブをクリックすると詳細が表示されます)

投稿時間:15:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン』2月7日(月)~2月10日(木)ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~金曜 後9:10~10:45

 

~ゲスト~

2月7日(月)

2月8日(火)

ml_20110207.jpg ml_20110208.jpg
DIR EN GREY

黒夢


2月9日(水)

2月10日(木)
ml_20110209.jpg ml_20110210.jpg
JASMINE LIL

2月11日(金・祝)は特集番組のため、お休みです。

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

投稿時間:19:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月7日(月)からの『青春アドベンチャー』は宮部みゆき原作"蒲生邸事件"をアンコール放送!


『青春アドベンチャー "蒲生邸事件"』(再)<全10回>
2月7日(月)~2月11日(金)、2月14日(月)~2月18日(金) 後10:45~11:00

2月7日(月)からのオーディオドラマ『青春アドベンチャー』は、1997年の第18回日本SF大賞を受賞した、宮部みゆき原作「蒲生邸事件」<全10回>をアンコール放送!
2月26日、ツキのない受験生の孝史は、予備校受験のため泊まった東京のホテルで、幽霊のような男・平田に出会う。その夜、ホテルで火災がおこり、間一髪で平田に助けられるが、気がつくとあたりは見知らぬ風景。そこはなんと昭和11年の帝都東京、未明。2・26事件がまさに起こらんとしている頃だった・・・。
宮部みゆきさんのタイムスリップを題材にしたSF小説の傑作が、どのようにオーディオドラマ化されたのか・・・どうぞお楽しみに!
(初回放送:1999年2月15日~2月26日)

【原作】宮部みゆき
【脚色】関澄一輝
【出演】林泰文、白島靖代、石立鉄男、萩原聖人、
     佐伯日菜子、岡本富士太、高林由紀子 ほか

※『青春アドベンチャー』等、オーディオドラマサイトはこちら

投稿時間:14:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月7日(月)~2月13日(日) 今週のおすすめ番組


「懐メロ」なる言葉があります。文字通り、懐かしいメロディー。自分が生まれる前に流行った、親が懐かしそうに聞いている歌だったり、かろうじて子供のころに聞き覚えた歌だったり。言ってみれば、ずいぶん前の音楽なわけですが、今週はそんな懐メロなんてまだまだ新しい! と言いたくなるような音楽がたくさん登場します。

では2月7日(月)からの週のおすすめ番組です。

kogaku_zanmai_201102.jpg「今日は一日"古楽"三昧 
~中世・ルネサンス&バロック音楽の魅力~」
2月11日(金・祝)後0:15~6:50
「古楽」って、何? と言う方もいらっしゃるかもしれません。
懐メロどころじゃありません。今から何百年も前のヨーロッパで奏でられていた音楽です。かのバッハよりも昔、さかのぼれば、中世、ルネサンスのころから、いわゆるバロック時代まで、幅広い時代にまたがります。日本で言えば、今放送中の大河ドラマ「江」の時代も含まれる、古い時代の音楽です。
使う楽器も独特です。リュート(形は琵琶に似ていて、ギターのような音)や、ヴィオラ・ダ・ガンバ(弦楽器ですが、ヴィオラとは違う)など、あまりなじみの無い楽器から、学校で習ったリコーダー(とは言っても、木製の本格的なもの)まで、様々な楽器が登場します。
今の私たちにしてみれば初めて出会うような音楽ですが、これが耳に心地よいのです。癒しの音楽とでも言いましょうか。ゆったりと身を委ねるには最適です。その一方で、意外や意外、「えっ、これが何百年も前の音楽?」と思うほど斬新な曲もあります。
と言うことで、そんな、古くて新しい、新鮮な「古楽」の世界にひたってみてください。生演奏もあります。
【司会】
岡本知高(ソプラニスタ)
松川梨香(「バロックの森」日曜日担当パーソナリティ)
【ゲスト】
向江昭雅(リコーダー奏者)
鈴木雅明(指揮者・チェンバロ奏者)
櫻井 茂(ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者) ほか


Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:09:50 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


今週末(2/6)から3週にわたって『サウンドクリエイターズファイル』鈴木慶一さんが登場!


『サウンドクリエイターズファイル ~鈴木慶一~』
2月6・13・20日(日)後9:30~11:00

月替わりで、さまざまな世代のサウンドクリエーターが登場し、作品の誕生秘話や、影響を受けた音楽をこだわりの選曲を交えながらご紹介する『サウンドクリエイターズファイル』。
2月のマンスリーDJは、先日、ソロ三部作の完結編「ヘイト船長回顧録」と、日本語ロックの金字塔「火の玉ボーイ」35周年記念盤を同時発売した鈴木慶一さんが3週にわたって登場!「鈴木慶一とムーンライダース」名義で初のアルバム「火の玉ボーイ」を発表してから、今年で35年。今回(2/6)は、ゲストにメンバーの岡田徹さん、白井良明さんをお迎えして、ムーンライダーズ35周年をテーマに語り合います。どうぞお楽しみに!

【出演】鈴木慶一
【ゲスト】岡田徹、白井良明
【きき手】石原真

※『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

番組Twitterアカウントは @nhk_scfです。

投稿時間:15:27 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月6日(日)放送『吹奏楽のひびき~アメリカン・ウィンド・シンフォニー・オーケストラ特集~ 』


『吹奏楽のひびき
~アメリカン・ウィンド・シンフォニー・オーケストラ特集~ 』
2月6日(日) 前8:15~9:00

『吹奏楽のひびき』2月6日の放送は、アメリカの吹奏楽団"アメリカン・ウィンド・シンフォニー・オーケストラ"をご紹介します。この楽団は、1957年にロバート・オースチン・ブードローによって創立。専用の船で移動し、その上から演奏を行うなど一風変わった活動をしています。レパートリーは、ほとんどが委嘱・初演作品で、その数は400曲を超えます。メンバーは、毎年世界中からオーディションを経て選ばれた演奏家たちで、活動は夏の間だけというのもめずらしい特徴のひとつです。

【案内】中橋愛生

※『吹奏楽のひびき』番組ホームページはこちら

投稿時間:12:21 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


2月3日(木)放送『ザ・ソウルミュージック~"プリンス・フィリップ・ミッチェル"特集』


『ザ・ソウルミュージック
~ソウル・スターズ特集"プリンス・フィリップ・ミッチェル"~』
2月3日(木)後11:00~前0:00

2月3日(木)の『ザ・ソウルミュージック』は、『ソウルVIPS』で取り上げてきたようなアーティストに較べると一般的な認知度こそ劣るも、ソウルファンの間では長年に渡って愛され続けている、そんなアーティストを一人ずつ取り上げてフィーチャーする「ソウル・スターズ特集」をお送りします。
今回のフィーチャード・アーティストは、昨秋の「秋のバラード特集」でも大フィーチャーしたケンタッキーはルイヴィル出身の知る人ぞ知るシンガー、ギタリスト、ピアニスト、コンポーザーのプリンス・フィリップ・ミッチェル。60年代からシンガーとしてのキャリアをスタートし、70年代には、マッスルショールズでソングライターとして活躍。メル&ティム、ミリー・ジャクソン、キャンディ・ステイトン、アーチー・ベル&ザ・ドレルズ、ボビー・ウーマックなどに楽曲を提供した後、ノーマン・コナーズのバックでの活躍を経て78年に「Make It Good」でソロ・デビュー。4作品を残しています。
そもそもマニアには人気の高いアーティストにして、近年は再評価を受け、そのソロ作品の再発や初CD化も行われているプリンス・フィリップ・ミッチェルを主役にお届けします。

【DJ】オダイジュンコ

※『ザ・ソウルミュージック』番組ホームページはこちら

投稿時間:16:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません