2010年9月

合唱と向き合った中学生たちのドキュメンタリー『大塚愛 中学生に贈る"愛"のうた』総合10月2日(土)放送!


『大塚愛 中学生に贈る"愛"のうた』

総合テレビ  10月2日(土)後4:00~4:25
(再)総合テレビ  10月9日(土)前1:15~1:40(8日(金)深夜)

2010年で77回目を迎える、"Nコン"ことNHK全国学校音楽コンクール。
このコンクールの課題曲には、毎年、実力派アーティストが曲を提供してきた。今回、大塚愛さんが作詞作曲した課題曲「I♥×××(アイ・ラブ)」 も、歌詞に思いを寄せる人や、コンクールに向けて自分の中学生活を重ね合わせる合唱部員たちなど、全国の中学生たちの共感が広がっている。番組では、この夏「I♥×××(アイ・ラブ)」と向き合った中学生たちの姿を追う。

【出演】大塚愛
【語り】ゴリ(ガレッジセール)

NHK全国学校音楽コンクールのホームページはこちら

<関連番組>
『第77回NHK全国学校音楽コンクール』

教育テレビ  10月 9日(土)後2:00~5:00 -小学校の部-
教育テレビ  10月10日(日)後2:00~5:00 -中学校の部-
教育テレビ  10月11日(月・祝)後2:00~5:00 -高等学校の部-
FM  10月30日(土)後0:15~4:00 
 -小学校・中学校・高等学校の部-

投稿時間:15:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ついに映像付きで!? 『東京JAZZ2010』BShiで10月5日(火)より3夜連続放送!


『東京JAZZ2010』

BShi   10月5日(火)後11:30~翌前1:00 <VOL.1>
BShi   10月6日(水)後11:30~翌前1:00 <VOL.2>
BShi   10月7日(木)後11:30~翌前1:00 <VOL.3>
(再)BS2  10月16日(土)後1:30~後6:00 <VOL.1~VOL.3>

2002年に都市型の国際的ジャズ・フェスティバルとしてスタートし、今年で9回目となった『東京JAZZ』。今年も9月3日(金)~5日(日)の3日間、東京・丸の内(東京国際フォーラム)に国内外のアーティストらが多数集結しました!  国境を越え、世代を越えて、JAZZだけに留まらない多彩で華やかな内容は、ジャズファンのみならず、多くの音楽ファンを楽しませてくれました。NHK-FMでは、9月5日(日)に12時間にわたって生放送でお送りしましたが、今度は衛星放送で、熱いステージの模様を3夜連続でお送りします。当日、会場にお越しになった方も、また、FM放送で演奏を楽しんだ方も、どうぞお楽しみに!

<VOL.1:VOCAL NIGHT>

BShi  10月5日(火)後11:30~翌前1:00
(再)BS2  10月16日(土)後1:30~後3:00

ロバータ・フラック
綾戸智恵 meets ジュニア・マンス・トリオ
マーカス・ミラー with NHK交響楽団
TOKU&塩谷哲
アル・ジャロウ

<VOL.2:GROOVY NIGHT>

BShi   10月6日(水)後11:30~翌前1:00
(再)BS2  10月16日(土)後3:00~後4:30

ジャズ・クルセイダーズ
渡辺香津美 TOCHIKA2010
クリス・ミン・ドーキー&ザ・ノーマッズ
メイシオ・パーカー

ラリー・カールトン&松本孝弘

<VOL.3:MAIN STREAM>

BShi   10月7日(木)後11:30~翌前1:00
(再)BS2   10月16日(土)後4:30~後6:00

スーパー・プレミアム・バンド(ケニー・バロン、ロン・カーター、レニー・ホワイト)
寺久保エレナ
クリスチャン・スコット&熊谷和徳
ジョシュア・レッドマン・トリオ
テリ・リン・キャリントン:モザイク・プロジェクト

投稿時間:15:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


全て歌えてしまう自分がいる...『J-POP永遠の80's』BS2で10月2日(土)放送!


『J-POP永遠の80's』
BS2 10月2日(土)後8:00~10:29
BS2(再) 12月30日(木)後9:00~11:29

音楽が多くの人の心を捉え、街中に音楽が溢れていた時代。
悲しみにうちひしがれていた時に元気づけてくれ、充実したふたりの時間をもっと満ち足りたものにしてくれたもの・・・それが「歌」であった時代。そんな音楽の良き時代を再現した『J-POP永遠の80's』。
番組では80年代から90年代初頭に黄金期を迎え、いまも音楽シーンの第一線で活躍しているアーティストたちがNHKホールに大集合! 往時のヒット曲の数々をお届けします。(2010年7月15日 NHKホールで収録)

【ゲスト(五十音順)】
五十嵐浩晃、稲垣潤一、大黒摩季、大橋純子、辛島美登里
小比類巻かほる、THE 虎舞竜、沢田知可子、SHOW-YA
杉山清貴、中村あゆみ、HOUND DOG、バブルガムブラザーズ
南佳孝、もんた&ブラザース、山下久美子 
【司会】大友康平、首藤奈知子アナウンサー

※『J-POP永遠の80's』の記事が掲載されている
首藤アナウンサーのブログはこちら

投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK交響楽団 10月定期公演の聴きどころ


21世紀に入って、もっとも継続的にNHK交響楽団の定期公演を指揮しているマエストロは、ネルロ・サンティに違いない。2001年11月、03年5月、04年9月、05年12月、06年11月、07年11月、09年11月というように毎年のように客演し、今のN響を支える"常連"指揮者のひとりとなっている。もちろん、聴衆や楽団員からの信頼が厚いからだ。

nkyo_201010_01.jpgサンティとN響のコラボレーションには3つの柱があるように思われる。ひとつは、彼がもっとも得意とするイタリア・オペラ。もうひとつは、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンを中心とする古典派の交響曲。そして 3つめは、メンデルスゾーン、ブラームス、ドヴォルザークらのロマン派の名作。来月の定期公演では、その 3つの柱が取り上げられる。まさに「これこそサンティ」という1か月になるだろう。

サンティがイタリア・オペラの権威的存在で、膨大なレパートリーを誇り、それらすべてを暗譜で指揮することは、よく知られている。そんなマエストロが、2007年のN響定期公演でプッチーニの歌劇《ボエーム》全曲(演奏会形式)を振ったことは記憶に新しい。そして遂に来月、ヴェルディの後期の傑作、歌劇《アイーダ》全曲を取り上げる。

《アイーダ》はサンティにとって十八番ともいえるレパートリー。1992年のヴェローナ野外劇場を指揮した公演が映像化されているほか、たとえば、メトロポリタン歌劇場だけでも、1962年、63年、86年、98年にこのオペラを振っている。

nkyo_201010_02.jpg古代エジプトの武将とエチオピア王の娘との悲恋を描く《アイーダ》は、〈清きアイーダ〉や〈勝って、帰れ〉などの名アリアを含む名作。勇壮な〈凱旋行進曲〉は、サッカー・ファンにもお馴染みだ。今回のタイトル・ロールは、サンティの信頼の厚い、アドリアーナ・マルフィージ。イタリア・オペラの巨匠の至芸が満喫できる公演になりそうだ。

サンティは、2007年から、N響と共演のたびに、3つのプログラムのうちのひとつをオール・ベートーヴェン・プログラムとしている。2007年は、交響曲第8番、第7番、序曲《レオノーレ》第1番、2009年は、《フィデリオ》序曲、交響曲第4番、第6番《田園》、が取り上げられた。今回は、交響曲第8番と第5番と序曲《レオノーレ》第3番。

サンティのベートーヴェンは、今のトレンドともいえる古楽系の刺激的なベートーヴェンとは一線を画し、明るく自然で、スケールが大きく、聴衆からも楽団員からも支持されている。ただ、対向配置を採ることには注目しておきたい。

明快な第8番はサンティ好みの曲であり、2007年のアンコール上演といえよう。もっともベートーヴェンらしい、序曲《レオノーレ》第3番や交響曲第5番で、サンティがどんな演奏をくり広げるのか、興味津々である。

nkyo_201010_03.jpgCプログラムは、メンデルスゾーンの交響曲第4番《イタリア》とドヴォルザークのチェロ協奏曲というロマン派の名曲が並ぶ。サンティは、2004年にN響定期でメンデルスゾーンの交響曲第3番《スコットランド》やドヴォルザークの交響曲第9番《新世界から》を指揮している。サンティのロマン派演奏は、ロマンティックになりすぎず、品格がある。イタリア出身のマエストロだけに、《イタリア》交響曲もお得意のレパートリーに違いない。ドヴォルザークのチェロ協奏曲では、日本のチェロ界をリードし続けてきた堤剛が独奏を務める。ベテラン同士の共演は聴き逃せない。

3つのプログラムを通して巨匠サンティの真髄に触れる10月の定期公演が今から待ち遠しい。

(山田 治生)


NHK交響楽団10月のコンサート情報はこちら
(クリックするとNHKサイトを離れます)

投稿時間:10:24 | カテゴリ:N響の聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月27日(月)~10月3日(日) 今週のおすすめ番組


お彼岸を過ぎて、急に秋になりました。やっとやってきた秋。気がつけばもう10月です。この調子ですと、逆に冬の訪れは早いかも。何だかこのところの"極端な"気候の変化を見ると、やがて日本は夏と冬だけになってしまうのでは、とさえ思わせます。それはともかく、秋の夜長、NHK-FMにじっくりおつきあいください。

では9月27日(月)からの週のおすすめ番組です。

毎月最後の週は、この方のお話と音楽を待っている方も多いのでは?
今月も、素敵なゲストをお招きしています。

oonukitaeko20100928.jpg「大貫妙子 ~懐かしい未来~」
9月28日(火)後11:00~前0:00
(再)10月5日(火)前10:00~11:00

シンガーソングライター大貫妙子さんが「いま、ほどよいライフスタイル」をキーワードにお送りしている「大貫妙子 ~懐かしい未来~」。今月のゲストは、プロフリーダイバーの篠宮龍三さんです。篠宮龍三さんのTVインタビューを見て大いに関心をもったという大貫さん。器具を何も着けずに100メートルも海を潜るという篠宮さんの超人的なすごさは勿論、海の保護活動をもされているということに大貫さんは共感しました。フリーダイビングの知られざる世界と海についてのトークをお届けします。
【ゲスト】篠宮龍三(プロフリーダイバー)
【DJ】大貫妙子

 

konishiyasuharu_korekara.jpg「小西康陽 これからの人生。」
9月29日(水)後11:00~前0:00

音楽プロデューサーの小西康陽さんが、毎回こだわりの「本当に聞きたい曲」の数々を選んでお届けしている番組。4月から放送が始まって、半年になりました。今月のゲストは、グラフィックデザイナーでフォトグラファーの常盤響さんです。CDやDVDのジャケットデザインや撮影を手がけ、音楽に造詣の深い常盤さん。どんな曲が紹介されるのか? 小西さんとのやりとりも含め、楽しみです。
【DJ】小西康陽

 

かつてワーグナーも指揮者をつとめた伝統のオーケストラの演奏を、たっぷりとお楽しみください。指揮者、ソリストともに、豪華メンバーです。

「サンデークラシックワイド
~ドレスデン国立管弦楽団の魅力~ 」
10月3日(日)後2:00~6:00
世界最古のオーケストラのひとつとして知られるドレスデン国立管弦楽団の3つの演奏会を放送します。
最初の演奏会はティーレマンの指揮で、1945年2月13日に甚大な被害を出したドレスデン大空襲の慰霊コンサート。次にアルゲリッチをソリストに迎えたデュトワ指揮の演奏会、そして最後に、メータ指揮の演奏会をお送りします。

<曲目と演奏者>
(1)荘厳ミサ曲 ニ長調 作品123(ベートーベン作曲)
(ソプラノ)クラッシミラ・ストヤノヴァ
(アルト)エリーナ・ガランチャ
(テノール)ミヒャエル・シャーデ
(バス)フランツ・ヨーゼフ・ゼーリヒ
(合唱)ドレスデン国立歌劇場合唱団
(管弦楽)ドレスデン国立管弦楽団
(指揮)クリスティアン・ティーレマン
(2010年2月14日 ドイツ・ドレスデン国立歌劇場)

(2)ピアノ協奏曲 ト長調(ラヴェル作曲)
(ピアノ)マルタ・アルゲリッチ
組曲 "惑星" 作品32(ホルスト作曲)
(合唱)ドレスデン国立歌劇場合唱団
(管弦楽)ドレスデン国立管弦楽団
(指揮)シャルル・デュトワ
(2009年11月9日 ドイツ・ドレスデン国立歌劇場)

(3)なき子をしのぶ歌(マーラー作曲)
(独唱)トーマス・クヴァストホフ
交響詩 "ツァラトゥストラはこう語った" 作品30(R.シュトラウス作曲)
(管弦楽)ドレスデン国立管弦楽団
(指揮)ズービン・メータ
(2010年1月5日 ドイツ・ドレスデン、国立歌劇場)


Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:18:45 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン』9月27日(月)~10月1日(金)ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~金曜 後9:10~10:45

~ゲスト~

9月27日(月)

9月28日(火)

ml_20100927.jpg ml_20100928.jpg
JUJU

People In The Box


9月29日(水)

9月30日(木) 

ml_20100929.jpg ml_20100930.jpg
井上ジョー THE BACK HORN

毎週金曜は、J-POPの歴史の中から歴代の名曲をお届けする『music line tresures』です。(広島県地方では、金曜日は別番組です。)

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

投稿時間:16:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月28日(火)放送『大貫妙子 ~懐かしい未来~』ゲストは篠宮龍三さんです!


『大貫妙子 ~懐かしい未来~』
9月28日(火)後11:00~前0:00
(再)10月5日(火)前10:00~11:00

『大貫妙子 ~懐かしい未来~』は、シンガーソングライター大貫妙子さんが「いま、ほどよいライフスタイル」をキーワードにお送りしている番組。大貫さんが注目しているアーティスト、作家、活動家をゲストに招き、お話をうかがいます。今月のゲストは、プロフリーダイバーの篠宮龍三さんです。篠宮龍三さんのTVインタビューを見て大いに関心をもったという大貫さん。器具を何も着けずに100メートルも海を潜るという篠宮さんの超人的なすごさは勿論、海の保護活動をもされているということに大貫さんは共感しました。フリーダイビングの知られざる世界と海についてのトークをお届けします。

【ゲスト】篠宮龍三(プロフリーダイバー)
【司会】大貫妙子

『大貫妙子~懐かしい未来~』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


NHK-FM毎月最終日曜は強力ラインナップ! 9/26放送分のゲスト決定!(くるり、星野源、LOSTAGE)


『サウンド・ミュージアム ~くるり~』
9月26日(日)後7:20~9:30

毎月最終日曜日、1アーティストの魅力を2時間10分かけて、たっぷりご紹介するFM番組「サウンド・ミュージアム」。9月26日は"くるり"を特集します。9月8日に9枚目のアルバム「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」を発表したくるり。今回は2人の出身地である京都で番組を収録。ニューアルバムについてはもちろん、くるりが主催してきた京都音楽博覧会への思いなど、地元京都への思いをじっくり語ります。

【出演】くるり

『サウンド・ミュージアム』の番組ホームページはこちら


『インディーズファイル ~星野源(SAKEROCK)~』
9月26日(日)後9:30~11:00

アマチュア・インディーズアーティストの新たな才能を応援する番組『インディーズファイル』。今回のピックアップアーティストは、インストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」のリーダー兼ギタリスト、星野源さんをお迎えします。今年6月には、自身初のソロアルバム「ばかのうた」をリリース。音楽活動の他にも、映像制作や俳優としても幅広い分野で活躍中の星野さんにたっぷりとお話を伺います。

【ゲスト】星野源(SAKEROCK)
【MC】森若香織

『インディーズファイル』番組ホームページはこちら


『ライブビート ~LOSTAGE~』
9月26日(日)後11:00~前0:00

五味岳久と拓人の五味兄弟を中心に奈良で生まれたロックバンド・LOSTAGE。2004年にデビューミニアルバム「P.S. I Miss You」を発表。90年代ロックのざらついた雰囲気に、彼ら独自の突き刺さるような轟音ギター・サウンドで、オルタナティヴ・ロック界の急先鋒として話題となった。2008年にアルバム「DRAMA」でメジャーデビューを果たし、アグレッシブさに加え、アーティスティックなサウンドも併せ持つようになり、各地で熱狂的なライブを展開。繊細かつダイナミックな芸術性高いサウンドによって国内のみならず海外でも十分に通用するバンドに成長したLOSTAGEの厚みと深みを兼ね備えたライブパフォーマンスをお送りする。

【ゲスト】LOSTAGE
【DJ】古閑裕

『ライブビート』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:35 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


あなたの大切な10曲は何ですか? 教育テレビ9/25(土)放送『ミュージック・ポートレート』


『ミュージック・ポートレート~人生が1枚のレコードだったら~』
教育テレビ 9月25日(土)後11:00~11:45

人生で大切な10曲を選ぶとしたら、あなたは一体どんな曲を選びますか? そして、何故その歌を選んだのですか? 初めて感動した曲、初恋のときに好きだった曲、死ぬ前に聴きたい歌...。10曲には選んだ人の「人生」が込められます。
この番組では、同世代の"アーティスト"と"文化人"がそれぞれ「大切な10曲」を持ち寄り、語り合っていきます。 今回ご登場するのは、音楽家・松任谷正隆さんと政治学者・姜尚中さん。異なるジャンルで活躍する同世代の二人の「大切な10曲」をもとに、それぞれの"人生"を"音楽"で浮き上がらせていきます。
時代を彩った音楽が、いかに彼らの人生に結びついていたのか? 音楽で綴る、ふたりの自叙伝、それが『ミュージック・ポートレート』です。

【出演】 松任谷正隆(音楽家・プロデューサー)
姜尚中(政治学者・東京大学大学院教授)
【語り】小泉今日子(歌手・女優)

投稿時間:11:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


総合テレビ『洋楽倶楽部80's』ついにシリーズ化!9月30日(木)深夜から放送開始!


『洋楽倶楽部80's』
総合テレビ 10月1日(金)前0:15~0:44 (9月30日(木)深夜)放送開始!

総合テレビ 10月1日(金)前0:26~0:55 (9月30日(木)深夜)放送開始!
※国会中継のため放送時間が変更になりました。
この回の再放送は、総合テレビ 11月5日(金)前0:15~0:44(4日(木)深夜)に予定しています。

今年3月と8月、洋楽ミュージックビデオが一世を風靡(ふうび)した80年代に青春時代をすごした皆さんにお送りした『洋楽倶楽部80's』。
熱いメッセージにお応えして、ついに10月1日(金)(9月30日(木)深夜)からシリーズ放送がスタートします!(総合テレビ 毎週金曜 前0:15~0:44(木曜深夜) 全8回) 司会はもちろん、スターレス高嶋!? こと高嶋政宏さんが担当。そして、記念すべきシリーズ第1回目のゲストコメンテーターには、ジョン・カビラさんをお迎えし、80年代にブレイクした後も活動を続け、今も現役で活躍しているアーティストのミュージックビデオをお届けする予定です。どうぞお楽しみに!

【ゲストコメンテーター】ジョン・カビラ
【司会】高嶋政宏

※高嶋さんの「高」は、正しくは「はしご高」です。環境によって正しく表示できないため、本文中では「高」を使用しています。

また、番組ではあなたの見たいミュージックビデオを大募集! 80年代の映画から生まれた印象的なヒット曲や、80年代ハードロック・ヘビーメタルなど、下記の番組ホームページから、どしどしお寄せください。

『洋楽倶楽部80's』番組ホームページはこちら


<関連番組>
『洋楽倶楽部80's Ⅱ』(再)
総合テレビ 9月26日(日)前1:20~1:49(25日(土)深夜)
※近畿地方は、総合テレビ 9月26日(日)前2:45~3:14(25日(土)深夜)

シリーズ放送の前に、8月に放送した第2弾の再放送も決定!
第2弾では、シンディ・ローパー、プリンス、ロバート・パーマーなどのミュージックビデオを紹介。(初回放送:8月11日)

【ゲストコメンテーター】ジョン・カビラ
【司会】高嶋政宏

※高嶋さんの「高」は、正しくは「はしご高」です。環境によって正しく表示できないため、本文中では「高」を使用しています。

投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


10月の特集番組ラインナップ決定!


zanmai_kpop.jpg『今日は一日"浜松アーカイブス"三昧』
‐ クラシック編 ‐
10月10日(日)後0:15~11:00(中断あり)
‐ 軽音楽編 ‐
10月11日(月・祝)後0:15~10:45(中断あり)

10月の三昧は、今年も2日間にわたって(10日(日)はクラシック編、11日(月・祝)は軽音楽編)、SP、EP、LPなど、アナログレコードを聴きまくる『今日は一日"浜松アーカイブス"三昧』をお送りします。NHK浜松支局には、戦前に発売された各種SPからLP、EPまで、実に約34万枚のレコードが保管されています。もちろんCD化されていていつでも聞けるものも多数ありますが、諸々の理由でCD化に至らず今では一般には聞くことのできないものも相当数あります。
昭和を彩った名曲・名演奏の数々をデジタル録音とは一味違う、アナログレコードの温かみのある音でお楽しみいただきます。
34万枚の中から皆さんが聴きたい曲を探し出すのはなかなか至難の業ではありますが、スタッフが総力をあげて探検隊となりリクエストにもどんどんお答えしていきますので、「手に入れたくてもなかなか見つからない音源」や「アナログレコードで聞きたい思い出の曲」(初めて買ったレコードなど)を思い出のエピソードと共にリクエストしてください。お待ちしています!

◆2日間を通しての司会
・矢口清治(やぐち きよはる)/ディスクジョッキー
1959年群馬県桐生市生まれ。現在NHK-FMで午後4時から放送している「ミュージックプラザ」の「木曜日/洋楽ヒット・グラフィティー」を担当。
魅惑のテンダー・ボイスで洋楽ポップスのエッセンスを今に伝える、音楽の魔法を知り尽くしたミスターDJ。昨年に引き続き、クラシックにもジャンルを広げ、2日間の長時間生放送に挑戦する。

◆クラシック編の解説
・満津岡信育(まつおかのぶやす)/音楽ライター
1959年 東京都杉並区生まれ。コピーライターを経て、『レコード芸術』誌をはじめとする音楽誌およびCDやDVDのライナーノートの執筆を中心に活動中。音楽家のインタビューも数多く手がけている。 特にアナログレコードには造詣が深い。

◆クラシック編のゲスト
・中野振一郎(なかのしんいちろう)/チェンバロ奏者
京都出身。桐朋学園大学音楽学部演奏学科(古楽器専攻)卒業。これまでベルサイユおよびバークレーの古楽音楽祭、ウィグモア・ホール、ライプチヒ・バッハ・フェスティバル2003から招聘され、ケネス・ギルバートやボブ・ファン・アスペレンとともに「世界の9人のチェンバリスト」に選ばれた。99年にはドイツにてコレギウム・ムジクム・テレマンを率い、オーケストラのディレクターとしての才能も国際的にアピールしている。「平成16年度文化庁芸術祭・大賞」受賞。録音では「ゴールトベルク変奏曲」(2000年、レコードアカデミー賞受賞)、「フランス組曲」などが高く評価されており、「パーセル作品集」では2009年度第47回レコードアカデミー賞(音楽史部門)に輝いた。今年2010年には「エリザベス朝のヴァージナル音楽」と「太陽王ルイ14世時代のクラヴサン音楽」を同時リリースし話題を集めている。

◆クラシック編のコメントゲスト
・小松亮太(こまつりょうた)/バンドネオン奏者
東京生まれ。98年にピアソラと共に活動したタンゴ界のトップアーティストたちとの共演でCDデビュー、タンゴを若い世代にブレイクさせる引き金となった。以後、自身のユニットをひきいて多数の公演をこなしながら、自らのプロデュースによる意欲的な企画公演も行っている。大貫妙子、小曽根真、ミッシェル・ルグラン、NHK交響楽団など、多彩なアーティストと共演したCDを多数リリース。03年にはブエノスアイレスでライブを行い、アルゼンチン演奏家組合などから表彰。08年には、ピアソラの幻のオラトリオ「若き民衆」の日本初演コンサートを企画し、東京オペラシティコンサートホールにて満員の観衆の中で公演を成功させた。2010年6月には上海万博日本産業館にて出演を果たした。
・さそうあきら/漫画家
1961年兵庫県宝塚市生まれ。1984年に「シロイシロイナツヤネン」でデビュー。代表作に、音楽を題材にした「神童」や「マエストロ」、「愛がいそがしい」「俺たちに明日はないッス」「トトの世界」「コドモのコドモ」などがある。「神童」は1999年度文化庁メディア芸術祭優秀賞と手塚治虫文化優秀賞を受賞。「マエストロ」は 2008年度文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。

◆軽音楽編のゲスト
・つのだ☆ひろ/ミュージシャン
1949年生まれ。中学時代にドラムを始め、高校在学中に『鈴木ひろしとハッピーキャッツ』でプロデビュー。卒業後は数々のジャズ・グループをはじめ、 ジャックス、加藤和彦、岡林信康、赤い鳥など、数多くのレコーディングに参加。1971年にリリースした「メリー・ジェーン」が大ヒットを記録。1973年には、加藤和彦らと『サディスティックミカバンド』を結成、以降、現在に至るまで、数々のセッション、映画音楽、CM音楽、作詞・作曲家として活躍している。

・鈴木慶一(すずきけいいち)/ミュージシャン
1951年東京生まれ。1975年"ムーンライダーズ"を結成。バンドと並行して70年代半ばからアイドルから演歌まで多数の楽曲を提供すると同時に膨大なCM音楽を作曲。ゲーム「Mother」、「Mother2」の音楽などで世界中に多数の熱狂的なファンを持つ。北野武監督「座頭市」で第27回日本アカデミー賞最優秀音楽賞。ソロ作『ヘイト船長とラヴ航海士』で第50回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。

『今日は一日"浜松アーカイブス"三昧』
番組ホームページはこちら


『第79回日本音楽コンクール最終予選』
10月11日(月・祝)~10月15日(金)前7:20~9:15

「日本音楽コンクール」(NHK・毎日新聞社主催)は、クラシック音楽の作曲家・演奏家を志す若手音楽家の登竜門として、戦時中も中断することなく続けられ、日本で行われる音楽コンクールのなかでも最高の権威と最も長い歴史を誇っています。上位入賞者のほとんどは、日本および世界の第一線で活躍するトップ・アーティストに成長、活躍しており、わが国の音楽界の将来を占うイベントとして注目されています。
今年は、ピアノ、バイオリン、声楽、作曲、オーボエ、フルートの6部門が行われ、応募者は8月下旬からおよそ1か月にわたって数回の予選を経て、10月23日から行われる本選会を目指します。番組では、予選の中でも最も白熱した競演となる最終予選から、作曲部門を除く5部門の、本選出場をかけた熱演を放送します。
 
オーボエ部門最終予選(8月28日収録・トッパンホール)
ピアノ部門最終予選(9月12日収録・トッパンホール)
声楽部門最終予選(9月20日収録・トッパンホール)
フルート部門最終予選(9月21日収録・トッパンホール)
バイオリン部門最終予選(9月29日収録・トッパンホール)


BEGIN2010.jpg『BEGINと島の歌仲間』
10月24日(日)後2:00~6:00

1990年にデビューし、今年20周年を迎えた、BEGIN。ブルースから島唄まで様々なジャンルに数多くの名曲を残してきた彼等の魅力をたっぷりと伝える4時間の生放送! 沖縄放送局のスタジオから、BEGINがお届けします。番組では、彼等の軌跡をたどりながら、バラエティーに富んだ作品を紹介。故郷石垣、沖縄への想いを込めた最新の楽曲も披露します。また、沖縄放送局のロビーに 特設ステージを設置し、地元の若手ミュージシャンをゲストに招いてのスペシャルなライブも繰り広げます。「涙そうそう」「島人ぬ宝」など国民的な名曲で知られるBEGIN。 彼等の幅広く豊かな音楽の世界をたっぷりと楽しんでいただきます。

【出演】BEGIN、横目兄弟

※観覧募集の受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。 


nhkongakusai2010.jpg『NHK音楽祭2010』
10月24日(日)後6:00~9:00

毎年ひとつのテーマのもとに、世界のオーケストラやソリストたちが集う「NHK音楽祭」。 8回目を迎える今回は、世界一流の多彩な顔ぶれの指揮者とオーケストラが、クラシック音楽の中でも人気が高く、ドイツ音楽における「三大B」と称される作曲家、バッハ、ベートーベン、ブラームスの名曲をお届けします。NHK-FMでは、この「NHK音楽祭2010」の模様をNHKホールから生放送でお届けします。
(2回目以降の開催日は、11月6日(土)、11月10日(水)、11月25日(木))

― アーノンクールが贈る「バッハ合唱曲の最高傑作」
◆ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
【指揮】ニコラウス・アーノンクール

【独唱】
ドロテア・レッシュマン(ソプラノ)
エリーザベト・フォン・マグヌス(メゾ・ソプラノ)  
ベルナルダ・フィンク(アルト)            
ミヒャエル・シャーデ(テノール)           
フロリアン・ベッシュ(バ ス)
【合唱】アルノルト・シェーンベルク合唱団
【曲目】バッハ/ミサ曲 ロ短調

■ニコラウス・アーノンクール
nhkongakusai20101024_1.jpg1929年、ドイツのベルリンに生まれる。ウィーン国立音楽大学で出会った夫人アリスとともに、1953年に結成された「ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス」の元となるプライベートな古楽プロジェクトを立ち上げた。1971年、ウィーン音楽祭で指揮デビュー。ルネサンス音楽とバロック音楽のみならず、ウィーン古典派からロマン派の時代、そして20世紀の作品と、そのレパートリーは幅広く、世界の主要オーケストラと歌劇場において、定期的に客演指揮している。

nhkongakusai20101024_2.jpg

■ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
ニコラウス・アーノンクールがウィーン交響楽団の有志とともに1953年に結成。半世紀を経た今なお、古楽演奏の実践において世界の最前線に立っている。ウィーンで定期的に演奏活動を行うほか、ヨーロッパのツアーも継続的に行っている。

nhkongakusai20101024_3.jpg

nhkongakusai20101024_4.jpg■アルノルト・シェーンベルク合唱団
芸術監督エルヴィン・オルトナーにより1972年に創設。ルネサンスから現代作品、アカペラからオーケストラとの大作、オペラまで幅広いレパートリーで、著名指揮者と共演。高い評価を確立している。


『NHK全国学校音楽コンクール』
10月30日(土)後0:15~4:00

「NHK全国学校音楽コンクール」は、全国の小学校・中学校・高等学校の児童・生徒が、毎年新しくNHKが制作する課題曲と自由曲の2曲で競い合う日本を代表する合唱コンクールのひとつです。今年の課題曲は、作詞家の里乃塚玲央さん、シンガーソングライターの大塚愛さん、詩人の谷川俊太郎さんらが担当。「いのち」をテーマにした曲が生まれました。番組では、10月9日(土)~11日(月・祝)に東京・渋谷のNHKホールで行われるコンクールの模様をご紹介します。

― 課題曲 ―
小学校の部 「いのちのいっちょうめ」
作詞 里乃塚 玲央
作曲 横山 裕美子

中学校の部 「I♥×××(アイ・ラブ)」 
作詞・作曲 愛
編曲 上田 真樹

高等学校の部 「いのち」 
作詞 谷川俊太郎
作曲 鈴木輝昭

『Nコン2010』 ホームページはこちら

投稿時間:15:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン』9月21日(火)~9月24日(金)ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~金曜 後9:10~10:45

~ゲスト~

9月21日(火)

9月22日(水)

ml_20100921.jpg ml_20100922.jpg
ゴスペラーズ

凛として時雨


9月23日(木・祝)

9月24(金) 

ml_20100923.jpg ml_20100924.jpg
植村花菜 藤井フミヤ

毎週金曜は、J-POPの歴史の中から歴代の名曲をお届けする『music line tresures』。9月24日(金)は、ゲストに藤井フミヤさんをお迎えします。

※9月20日(月・祝)は、『今日は一日"韓国ドラマ・K-POP"三昧IN福岡』のため、『ミュージックライン』は、お休みします。

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

<関連情報>
◆23日(木・祝)のゲスト 植村花菜さんが出演!
『NHKアーカイブス おばあちゃんへの手紙
~北林谷栄さんの遺したもの~』
総合テレビ 9月19日(日)後1:35~2:45 ※滋賀県は別番組

2010年4月に、98歳で亡くなった北林谷栄さん。若いころから老女役を演じ続け"日本一のおばあちゃん役者"といわれた。映画「阿弥陀堂だより」では、村のお堂に住み、人々に癒やしを与える「おうめ」を演じた。ロケ地の長野県飯山市の阿弥陀堂には、今も全国のファンがメッセージを残していく。作家の佐江衆一さん、シンガー・ソングライターの植村花菜さんと共に、北林さんの中にある"日本のおばあちゃん像"を見つめる。

【ゲスト】佐江衆一(作家)、植村花菜(シンガーソングライター)
【キャスター】桜井洋子アナウンサー

『NHKアーカイブス』番組ホームページはこちら


『ミュージックプラザ
~アーティスト特集 植村花菜~』
FM 9月22日(水)後4:00~5:20

9月22日(水)の『ミュージックプラザ』は、植村花菜さんを大特集!
皆さんからのリクエストも募集中です。(植村花菜さんは出演されません)

【DJ】鈴木万由香

『ミュージックプラザ』番組ホームページはこちら

『かんさい土曜ほっとタイム 
ほっと人物ファイル』
ラジオ第1 9月25日(土)後2:05~2:55

ラジオ第1、毎週土曜 午後1:05~3:55にお送りしている『かんさい土曜ほっとタイム』。25日(土)の後2:00台「ほっと人物ファイル」のコーナーに植村花菜さんがゲスト出演されます。

【ゲスト】植村花菜
【キャスター】佐藤誠、海原さおり

『かんさい土曜ほっとタイム』番組ホームページはこちら

◆24日(金)のゲスト 藤井フミヤさんが出演!
『ウエンズデー J-POP』

BS2  
(再)BShi
(再)BS2
9月29日(水)後8:00~8:39
9月30日(木)後5:00~5:39
10月2日(土)前0:00~0:39(1日(金)深夜)

新曲をリリースする人気アーティストのライブ・パフォーマンスや、ミュージックビデオ、ライブ情報など、番組ならではのチョイスでお送りしている、視聴者観覧番組『ウエンズデー J-POP』。9月29日(水)は藤井フミヤさんが登場!

【ゲスト】藤井フミヤ
【司会】さくら ほか

『ウエンズデー J-POP』番組ホームページはこちら

『MUSIC JAPAN』
総合テレビ 9月26日(日)後6:10~6:39

『MUSIC JAPAN』番組ホームページはこちら

投稿時間:18:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月20日(月・祝)~9月26日(日) 今週のおすすめ番組


9月も下旬に入り、ようやく朝晩は涼しさを感じるようになりました。それにしても暑かった今年の夏。秋になってもまだまだ"熱い"番組を今週はお届けします。

では9月20日(月・祝)からの週のおすすめ番組です。

K-POPファンの方、お待たせしました。
韓国がすぐ近くの福岡から"三昧"をお届けします。

kpopzanmai.jpg「今日は一日"韓国ドラマ・K-POP"三昧
IN福岡」
9月20日(月・祝)後0:15~10:45(中断あり)

今、韓国のポップス「K-POP」がとても熱い!
超新星、FTIsland、KARA、少女時代、4Minuteなど、人気グループが続々登場。さらに、「冬のソナタ」以後、韓国ドラマの主題歌も変わらぬ人気を誇っています。
そこで、アジアの玄関口、福岡から「韓国ドラマ・K-POP」三昧を放送!
NHK福岡放送局をキーステーションに、音楽はもちろん、韓国のトップアーティストたちのメッセージ、福岡市内で開かれている「アジア太平洋フェスティバル」からスペシャルライブの模様もお伝えします。
また、「冬のソナタ」主題歌の作曲家、ユ・ヘジュンさんが、福岡をイメージして、なんと、この番組のために作った新曲「博多のソナタ(仮)」を初披露! 一体どんなメロディーなのか、お楽しみに。
番組では、皆さんからのリクエストをお待ちしています。K-POP(韓国語バージョンでも日本語バージョンでも可)、韓国ドラマの主題歌、挿入歌で、お気にいりの曲を教えてください。曲への思い出、エピソードも大歓迎です。

※放送は終了しました。たくさんのリクエストやメッセージありがとうございました。

 

もう亡くなりましたが、この人は"熱い"指揮者でした。
「ウエスト・サイド物語」の作曲家としても知られています。
レナード・バーンスタイン没後20年です。

「サンデークラシックワイド
~バーンスタイン没後20周年特集~」
9月26日(日)後2:00~6:00

レナード・バーンスタインは1918年アメリカ・マサチューセッツ州で生まれ、1990年10月に72歳の生涯を閉じた作曲家、指揮者、音楽教育者です。カラヤンと並ぶクラシック音楽界のスターでした。
作曲家としては「ウエスト・サイド物語」など多くの作品を作曲し、指揮者としては、ニューヨーク・フィルの音楽監督をはじめ、ウィーン・フィル、ベルリン・フィル等とも共演しました。
亡くなる年の1990年、札幌を拠点とする、若い音楽家の育成を目的とする「PMF」音楽祭を創設。自らPMFオーケストラを指揮しました。現在もPMF音楽祭はバーンスタインの意志を受け継ぎ、毎年札幌を中心に開催されています。番組では、バーンスタインの多彩な音楽活動を振り返り、名演の数々をご紹介します。


Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:11:10 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


9月14日(火)番組変更のお知らせ


9月14日(火)後5:20~6:00は、ラジオ第1で民主党代表選挙記者会見をお伝えしたため、FMでは、予定を変更し『大相撲秋場所 -三日目-』をお送りしました。放送をお休みした『にっぽんのうた 世界の歌』の再放送はありません。ご了承ください。

 

投稿時間:18:35 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ラジオ深夜便』で放送した冨田勲さんのインタビュー ストリーミングサービス開始!


『ラジオ深夜便 インタビュー・スペシャル
~音の魅力を追い求めて・作曲家 冨田勲~』
ストリーミングサービス開始!

9月2日(木)と3日(金)『ラジオ深夜便』午前4時台のインタビュー・スペシャル枠内で"音の魅力を追い求めて"と題し、作曲家・冨田勲さんのインタビューを2回にわたってお送りしました。しかし、午前4時台ということもあり、お聴きになれなかった方も多くいらしたのではないでしょうか? そこで『ラジオ深夜便』番組ホームページでは、10月11日(月・祝)までの期間限定で、パソコン上で聴けるストリーミングサービスを開始しました! 冨田さんが大陸で過ごした少年時代の話や、初めて聞いたシンセサイザーの衝撃とシンセサイザーをアメリカから個人輸入した際、1か月も税関に留め置かれていたという逸話、また、半世紀以上も愛され続けている「きょうの料理」のテーマ曲制作秘話など楽しいお話と共に、「新日本紀行」や大河ドラマ「勝海舟」などの懐かしいテーマ曲も一部お聴きいただけます。どうぞお楽しみください!

【ゲスト】冨田勲(作曲家)
【聞き手】徳田章アナウンサー

※「ラジオ深夜便~冨田勲~」のストリーミングサービスは、10月12日を持ちまして終了しました。ご利用ありがとうございました。

投稿時間:17:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン』9月13日(月)~9月17日(金)ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~金曜 後9:10~10:45

~ゲスト~

9月13日(月)

9月14日(火)

ml_20100913.jpg ml_20100914.jpg
安藤裕子

アンジェラ・アキ


9月15日(水)

9月16日(木) 

ml_20100915.jpg ml_20100916.jpg
SONOMI ICONIQ

毎週金曜は、J-POPの歴史の中から歴代の名曲をお届けする『music line tresures』です。(広島県地方では、金曜日は別番組です。)

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

<関連番組>
◆14日(火)のゲスト アンジェラ・アキさんがご出演!
『MUSIC JAPAN』

総合テレビ   9月12日(日)後6:10~6:39

番組ホームページはこちら

投稿時間:18:55 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


あの『ブラタモリ』がラジオに登場!? ラジオ第1で9月20日(月・祝)放送『ラジオでブラタモリ』


『ラジオでブラタモリ』
ラジオ第1 9月20日(月・祝)後10:15~11:00


街歩きの達人・タモリさんが、古地図を片手に都会の街並みをブラブラ散歩・・・総合テレビで昨年10月から全15回にわたってお送りした『ブラタモリ』。
10月7日(木)後10:00から総合テレビで第2シリーズが放送開始! な・な・なんとその前に、ラジオ第1で9月20日(月・祝)後10:15からラジオ版『ブラタモリ』が登場!今年1月に総合テレビで放送した「浅草編」を、テレビ版にはない未公開トークもおりまぜてお送りします。補足ナレーションに加賀美幸子さんを迎え、音声のみで繰り広げられるタモリさんの街中散歩。果たして、どんな展開になるのか? どうぞお楽しみに。

『ブラタモリ』番組ホームページはこちら


<関連情報>
総合テレビ10月7日(木)スタートの『ブラタモリ』第2シリーズの放送時間は以下のとおりです。

『ブラタモリ』

総合テレビ 
(再)総合テレビ
(再)BS2
木曜 後10:00~10:48
水曜 前1:05~1:53(火曜深夜)
木曜 前11:00~11:47.30

投稿時間:13:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月13日(月)~9月19日(日) 今週のおすすめ番組


世界の一流オーケストラが登場するNHK-FM。今週は、あのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏をお楽しみください。指揮者も、個性的な面々で、曲目も多彩です。聞く機会の少ない曲も登場しますので、ベルリン・フィルの演奏ともども期待が持てます。

では9月13日(月)からの週のおすすめ番組です。

ベルリン・フィル。まず登場するのは、バロック音楽を得意とする指揮者、コープマンです。ベルリン・フィルを相手に、どんな演奏をするのでしょうか?

「ベストオブクラシック
~ベルリン・フィル特集(1)
トン・コープマン指揮~」
9月13日(月)後7:30~9:10

(曲目)
組曲 第3番 ニ長調 BWV1068(バッハ作曲)
交響曲 第98番 変ロ長調 Hob.1-98(ハイドン作曲) ほか
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)トン・コープマン
(2010年1月29日 ドイツ・ベルリン フィルハーモニー)

続くは、巨匠への道を歩みつつある指揮者、ティーレマンです。

「ベストオブクラシック
~ベルリン・フィル特集(2)クリスティアン・ティーレマン~」
9月14日(火)後7:30~9:10

(曲目)
哀悼の歌
運命の女神の歌
運命の歌(以上 ブラームス作曲)
交響詩"ペレアスとメリザンド"(シェーンベルク作曲)
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)クリスティアン・ティーレマン
(2009年12月10日 ドイツ・ベルリン フィルハーモニー)

3日目は、情熱的な指揮で人気のヤンソンスです。

「ベストオブクラシック
~ベルリン・フィル特集(3)マリス・ヤンソンス指揮~」
9月16日(木)後7:30~9:10

(曲目)レクイエム(死者のためのミサ曲)(ヴェルディ作曲)
(ソプラノ)クラッシミラ・ストヤノヴァ
(アルト)マリナ・プルデンスカヤ
(テノール)デーヴィッド・ロメリ
(バス)スティーヴン・ミリング
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)マリス・ヤンソンス
(2010年3月10日 ドイツ・ベルリン フィルハーモニー)

最終日は、やはりこの人。巨匠・アバドです。
曲目も彼らしい「渋い」ものです。

「ベストオブクラシック
~ベルリン・フィル特集(4)クラウディオ・アバド指揮~」
9月17日(金)後7:30~9:10

(曲目)
夜の夢 D.827
魔王 D.328(以上 シューベルト作曲)
カンタータ"リナルド"作品50(ブラームス作曲) ほか
(メゾ・ソプラノ)クスティアンヌ・ストーティン
(合唱)ベルリン放送合唱団
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)クラウディオ・アバド
(2010年5月14日 ドイツ・ベルリン フィルハーモニー)

※9月15日(水)後7:00~9:10の「ベストオブクラシック」は、第1680回N響定期公演の模様をお送りします。


Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:10:00 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


新しい音楽は過去からやってくる!9月11日(土)放送『ウィークエンドサンシャイン~ゲスト・高橋健太郎さん~』


『ウィークエンドサンシャイン~ゲスト・高橋健太郎さん~』
9月11日(土)前7:15~9:00

毎週土曜 前7:15からブロードキャスター、ピーター・バラカンさんのナビゲートでお送りしている『ウイークエンドサンシャイン』。独特の嗅覚とこだわりの哲学でセレクトしたグッド・サウンドと、ワールドワイドな音楽情報を伝えるこの番組。
9月11日(土)は、文筆家・音楽制作者の高橋健太郎さんをゲストにお招きします。80年代が終わった直後に、80年代の音楽について書かれた高橋健太郎さん著の評論集「ポップ・ミュージックのゆくえ 音楽の未来に蘇るもの」(※)。ピーター・バラカンさんは、最近再出版されたこの本がたいへん面白かったとのこと...。番組では、その本の内容について話しながら、高橋さんに選曲もしていただきます。どうぞお楽しみに!

※1991年に太田出版より刊行された『音楽の未来に蘇るもの』に「この30年がわかる100枚のディスクガイド」が付いた増補新版。2010年6月発行。

【ゲスト】高橋健太郎(文筆家・音楽制作者)
【DJ】ピーター・バラカン

また、翌週9月18日はジミヘンが亡くなって40回目の命日となります。
番組では、何らかの形で特集を予定しています。皆様からのリクエストもお待ちしております。

※『ウイークエンドサンシャイン』の番組ホームページ(リクエスト)はこちら

投稿時間:15:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


タンゴだけじゃない! バンドネオンの魅力 総合テレビ11日(土)放送『トップランナー~バンドネオン奏者・三浦一馬~』


『トップランナー~バンドネオン奏者・三浦一馬~』
総合テレビ 9月11日(土)後11:30~11:59
(再)総合テレビ 12月18日(土)後11:30~11:59


総合テレビで絶賛放送中の『トップランナー』。9月11日(土)は、バンドネオン奏者・三浦一馬さん(20歳)が登場!
2007年プロデビューし、翌年、最難関といわれるイタリア「国際ピアソラコンクール」で日本人初の準優勝。クールで叙情的な三浦さんの演奏を、世界最高峰のバンドネオン奏者・ネストル・マルコーニ氏が「驚くべき才能」と絶賛!
さらに三浦さんは、作曲・編曲も行い、タンゴだけにとどまらないバンドネオンの可能性を追求している。番組では、三浦さんに演奏を披露していただくとともに、普段の練習風景にも密着する。

20100911top-miurakazuma-.jpg『トップランナー』番組ホームページはこちら

制作スタッフブログはこちら

投稿時間:14:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


BShiでギター三昧!? 12日(日)から『ワールド・スーパー・ライブ 完全保存版!伝説のギタリスト』放送!


『ワールド・スーパー・ライブ~伝説のギタリストスペシャル!~』
BShi 9月12日(日)後10:45~前0:14

ギターは音楽、とりわけロックミュージックには欠かすことの出来ない大きな存在となり、名ギタリスト達の作り出すサウンドから多くのヒット曲が生まれ、音楽ファンを虜にし続けています。
BShiでは、12日(日)に13日(月)から16日(木)まで4回シリーズでお送りする『ワールド・スーパー・ライブ 完全保存版!伝説のギタリスト』をより楽しむための"パーフェクトガイド"『ワールド・スーパー・ライブ~伝説のギタリストスペシャル!』を放送! 偉大なパイオニアB.B.キングから、話題のニュースター、オリアンティまで・・・ギターの魅力満載のライブをたっぷりと紹介するスペシャル・プログラムです。
紹介するギタリストは、エリック・クラプトン、ジミ・ヘンドリックス、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、ブライアン・メイ、ピート・タウンゼント、デヴィッド・ギルモア、マイケル・シェンカー、ジョン・メイヤー and more。
番組では、日本のトップギタリスト、Charさんと野村義男さんによる実演をまじえた解説で、ギターの深い魅力と、奏法の違い、出演ギタリストの凄さを分かりやすく紹介します。どうぞお楽しみに!

【解説】Char、野村義男
【出演】斉藤和義、鮎川誠、マーティ・フリードマン、山本耕史 ほか
【司会】村上由利子アナウンサー

そして、13日(月)から16日(木)までは、『ワールド・スーパー・ライブ 完全保存版!伝説のギタリスト』<4回シリーズ>を放送!

第1夜「三大ギタリストと呼ばれる男たち」
BShi 9月13日(月)後10:00~11:59

ロック・ギターの基礎を確立し、今も活躍を続ける、アマチュア・ギタリスト憧れの的、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジのライブを紹介。クラプトンは2005年クリーム再結成公演、ベックは2007年ロンドン公演。ペイジはヤードバーズとツェッペリンの貴重な映像を紹介。

【解説】Char、野村義男
【司会】村上由利子アナウンサー

第2夜「偉大なるパイオニア」
BShi 9月14日(火)後10:00~11:59

エレクトリック・ギターの可能性を飛躍的に拡大させたジミ・ヘンドリックス、クラプトンらにも多大な影響を与えたブルース界の巨人B.B.キング、ロックンロール・ギターのスタイルを確立したチャック・ベリー、日本にエレキ・ブームをもたらしたベンチャーズのライブをたっぷりと紹介。

【解説】Char、野村義男
【司会】村上由利子アナウンサー

第3夜「名バンドを支えたギタリストたち」
BShi 9月15日(水)後10:00~11:59

ロック史に名を残す名バンドを、そのサウンドの要として支えたギタリストのライブをたっぷりと紹介する。ブライアン・メイ(クイーン)、ピート・タウンゼント(ザ・フー)、デヴィッド・ギルモア、マイケル・シェンカー、ジョン・フォガティ、スティーヴ・ハウ(エイジア)。

【解説】Char、野村義男
【出演】ROLLY、モト冬樹、斉藤和義 ほか
【司会】村上由利子アナウンサー

第4夜「ギター・ヒーロー大集合!」
BShi 9月16日(木)後10:00~11:59

新世代ギター・ゴッドと呼ばれるジョン・メイヤー、デレク・トラックス、ジョン・フルシアンテ(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)の3人と、話題のニュースター、オリアンティ、また、ビリー・ギボンズ(ZZトップ)、ニール・ショーン(ジャーニー)、ロリー・ギャラガーなどのライブを紹介。

【解説】Char、野村義男
【出演】鮎川誠、マーティ・フリードマン、山本耕史 ほか
【司会】村上由利子アナウンサー

『ワールド・スーパー・ライブ』番組ホームページはこちら
(各夜のタブをクリックすると詳細が表示されます)

<関連番組>
更に、『ワールド・スーパー・ライブ~伝説のギタリストスペシャル!~』放送前の12日(日)の午後には、以下の関連番組も放送!あわせて、お楽しみください。

『我が青春のエレキサウンド ベンチャーズ結成50周年スペシャル』
BShi 9月12日(日)後1:00~2:29

数々のエレキ・インスト・ヒット曲を生み出し、60年代には「エレキ・ブーム」を巻き起こしたベンチャーズが、2009年、結成50周年を迎えた。若者はエレキ・ギターに夢中になり、当時の歌謡曲にも大きな影響を与えたベンチャーズの魅力をアーカイブ映像と最新映像、内外のベンチャーズをこよなく愛する人々のインタビューで紹介する。
(初回放送:BS2 2009年9月5日)

【出演】ベンチャーズ、渡辺香津美、渚ゆう子
    奥村チヨ、南こうせつ、坂崎幸之助
    芦原すなお、湯川れい子、Char、加山雄三
【司会】三宅裕司、鎌倉千秋アナウンサー ほか

『ハイビジョン特集 ギター大百科~これぞギターのAtoZ~』
BShi 9月12日(日)後2:30~4:20

さまざまな音楽で使用されるギターの魅力を、AからZの26項目に分けて楽しく紹介する大百科。本場アメリカのギター工場や、めったに見ることのできない国内のギター製作の現場を訪問。また、国内外のスーパーギタリストの演奏&インタビューや、ギターコレクターの美しいギターを披露。身近な楽器に潜む意外な歴史やエピソードなど、その魅力を探っていく。
(初回放送:2007年3月29日) 

【出演】ジェイク・シマブクロ、金剛地武志
【リポーター】野村義男
【語り】藤木直人、森若香織
【司会】村上由利子アナウンサー

投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『東京JAZZ 2010』映像波の放送日時決定!


FM 9月5日(日)生放送でお送りした『東京JAZZ 2010』楽しんでいただけたでしょうか?
「綾戸智恵さんは演奏もさることながら、大いに笑わせていただきました」、「メイシオ・パーカーさんやマーカス・ミラーさん、そして、渡辺香津美さんの演奏に酔いしれました」、「ジャズ・クルセイダーズの演奏は楽しく、かつドラムがカッコよかった...」等々、皆様からの感想やメッセージたくさんいただいております。その中で、「映像波の放送は何時ですか?」と問い合わせもたくさんいただきましたので、映像波の放送日時をお知らせします。
まず、BShiで10月5日(火)~7日(木)後11:30~翌前1:00 3回シリーズで放送。
再放送はBS2で10月16日(土)後1:30~後6:00 BShiで放送した3回シリーズをまとめて放送します。(各日の出演予定者はこちらから)
FMで生放送を聞けなかった方も、今度は映像付きで楽しみたい方も、どうぞお楽しみに!

『東京JAZZ 2010』
<Vol.1>BShi 10月5日(火)後11:30~翌前1:00
<Vol.2>BShi 10月6日(水)後11:30~翌前1:00
<Vol.3>BShi 10月7日(木)後11:30~翌前1:00
(再)<Vol.1~Vol.3>BS2 10月16日(土)後1:30~後6:00

投稿時間:15:05 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


再起をかけて・・・BShiで9月11日(土)『世界のマエストロ・小澤征爾 入魂の一曲』を放送!


『世界のマエストロ・小澤征爾 入魂の一曲』
BShi 9月11日(土)後8:00~9:40


今年1月末、食道ガンの手術を受けて休養していた世界のマエストロ、小澤征爾さん。9月5日のサイトウ・キネン・フェスティバル松本でのコンサート復帰を目指していた。しかし、復帰直前、持病の腰痛が悪化。最長でも10分間、1曲しか指揮できないという状況になってしまった。番組では、ステージ復帰に向けた小澤征爾さんの苦闘と入魂の演奏をインタビューともにお伝えする。

【曲目】「弦楽セレナード から 第1楽章」(チャイコフスキー作曲)
【演奏】サイトウ・キネン・オーケストラ
【指揮】小澤征爾

※詳しくは「NHKクラシックサイト」から

取材をした青山祐子キャスターのブログにも記事が掲載されています。

ブログWatch「指揮者の小澤征爾さんにお会いしてきました」はこちら


<関連番組>
『世界のマエストロ・小澤征爾 入魂の一曲』の前に同日お昼に放送!
『プレミアム8・100年インタビュー
 ~小澤征爾・西洋音楽と格闘した半世紀~』
BShi 9月11日(土)後0:00~1:29


時代を切りひらく各界の第一人者に人生哲学や未来へのメッセージを聞く『100年インタビュー』。今回は、ウイーン国立歌劇場の音楽監督を務めている指揮者・小澤征爾さんに、音楽の本場ウイーンでインタビュー。「日本人がどこまで西洋音楽を理解できるかの実験だ」と語りながら 世界各地で活躍してきた小澤さんは、どう音楽と格闘してきたのか、どこまで夢は達成できたのかに迫る。

【出演】小澤征爾
【聞き手】有働由美子アナウンサー
(初回放送:2009年6月25日)

初回放送時の『100年インタビュー』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:25 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『サウンドクリエイターズファイル』9月のマンスリーDJはpupa(ピューパ)のみなさんです!


『サウンドクリエイターズファイル』
9月12日、19日(日)後9:30~11:00

夏の特集編成により、1か月ぶりとなる『サウンドクリエイターズファイル』。
9月のマンスリーDJはpupa(ピューパ)のみなさんです。
2007年夏、高橋幸宏さんの新バンド構想の呼びかけにより、原田知世さん、高野寛さん、高田漣さん、堀江博久さん、権藤知彦さんの計6人で結成したpupa。(pupaとは、高橋幸宏さんが傾倒するフライ・フィッシングの用語で蛹(さなぎ)の意味)
12日(日)の第1回目は、メンバーから高橋幸宏さん、堀江博久さん、高田漣さんが登場!どうぞお楽しみに!

『サウンドクリエイターズファイル』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:30 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


『ミュージックライン』9月6日(月)~9月10日(金)ラインナップ


ml.jpg『ミュージックライン』
月曜~金曜 後9:10~10:45

~ゲスト~

9月6日(月)

9月7日(火)

ml_20100906.jpg ml_20100907.jpg
大塚愛

くるり


9月8日(水)

9月9日(木) 

ml_20100908.jpg ml_20100909.jpg
SHAKALABBITS THE BAWDIES

毎週金曜は、J-POPの歴史の中から歴代の名曲をお届けする『music line tresures』です。(広島県地方では、金曜日は別番組です。)

番組へのリクエストやメッセージは、番組ホームページから!
番組ホームページは
こちら

【DJ】鮎貝健

<関連番組>
◆6日(月)のゲスト 大塚愛さんが出演!
『MUSIC JAPAN』

総合テレビ   9月6日(月)後6:10~6:39

番組ホームページはこちら

また、大塚愛さんが手がけた「I ♥ ×××(アイ・ラヴ)」は、2008年の「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」(アンジェラ・アキ)、2009年の「YELL」(いきものがか り)に続き、2010年の「NHK全国学校音楽コンクール」中学校の部の課題曲に選ばれました。合わせて、8・9月の「みんなのうた」の楽曲としても放送中です。

※大塚愛さんのメッセージ等掲載中の『Nコン2010』ホームページはこちら


※「みんなのうた」のホームページはこちら


◆9日(木)のゲストTHE BAWDIESが出演!
『MUSIC JAPAN』

総合テレビ   9月19日(日)後6:10~6:39

番組ホームページはこちら

投稿時間:17:45 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月6日(月)~9月12日(日) 今週のおすすめ番組


「事実は小説より奇なり」と言いますが、実際にあった話の中には、私たちの予測を超える展開があったり、あるいは、私たちの心を打つ、感動的なシーンがあるものです。そうした「実際にあった話」をもとに、様々な物語が書かれてきました。
今週は、実際にあった話をもとに書かれオーディオドラマをご案内します。

では9月6日(月)からの週のおすすめ番組です。

戦場の苛烈な実態を映像にとどめる戦場カメラマン。
死と隣り合わせの現場で、なぜ、そこまでして、
戦争を記録しようとするのでしょうか?

audio.jpg「FMシアター
キャパになれなかったカメラマン
~ベトナム戦争の語り部たち~」
9月11日(日)、18日(日)後10:00~10:50

ロバート・キャパに憧れてベトナム戦争の前線にとび込んだ日本人カメラマン、平敷安常(ひらしき・やすつね)氏の半生をドラマ化するものです。命を省みず戦場を撮影し、次々と特ダネをものにする平敷。戦争報道に確固とした動機と志を持つジャーナリストたちとの出会いの中、成長を遂げていきます。しかし戦局は、隣国のラオス、カンボジアを巻き込んで拡大し、より深刻な危機にありました。平敷は、次第に、戦場で生き残った者の罪の意識にとらわれて行きます...。
戦争の真実、そして報道の使命。国家が、人間が、そしてジャーナリストすらが、奥底に潜め持つ「征服欲」の残酷な正体を、ドキュメンタリー・タッチで描きます。

【出演】坂上忍 津嘉山正種 山本太郎 安達祐実
    村田雄浩 矢崎滋 三田和代 篠井英介 ほか

 

こちらは「実際にあった話」ではありませんが、
物語」としては、壮大なスケールの聞き物になっています。

「サンデークラシックワイド
~フィリップ・ジョルダン指揮による
ワーグナーの楽劇"ワルキューレ"~ 」
9月12日(日)後2:00~6:00

パリ・オペラ座によるワーグナー「ニーベルングの指環」新演出プロダクションから、その第1夜にあたる「ワルキューレ」をお聴きいただきます。指揮のフィリップ・ジョルダンは、スイスの名匠、故アルミン・ジョルダンの息子で、現在は国立パリ・オペラ座の音楽監督のほか、ウィーン国立歌劇場などでも活躍中です。
配役も、ジークムントのロバート・ディーン・スミスや、ジークリンデを歌うリカルダ・メルベト、ヨーロッパの各歌劇場からブリュンヒルデ役に指名される機会が増えているカタリーナ・ダライマンなど、旬のワーグナー歌手を集めた布陣も注目です。
(曲目)楽劇「ワルキューレ」(全3幕)(ワーグナー作曲)
(演奏者)
ジークムント:ロバート・ディーン・スミス
フンディング:ギュンター・グロイスベック
ウォータン:トーマス・ヨハネス・マイア
ジークリンデ:リカルダ・メルベト
ブリュンヒルデ:カタリーナ・ダライマン
フリッカ:イヴォンヌ・ナエフ
ワルトラウテ:シルヴィア・ハブローヴェッツ ほか
(合唱)国立パリ・オペラ座合唱団
(管弦楽)国立パリ・オペラ座管弦楽団
(指揮)フィリップ・ジョルダン
(収録 2010年6月26日 フランス・パリ・バスチーユ パリ・オペラ座)


Listen♪♪NHK-FM  
NHK-FMの番組を、どうぞ今週もお楽しみください。

投稿時間:17:40 | カテゴリ:編成のイチ押し! | 固定リンク
トラックバック (0)


寝苦しい夜をぶっ飛ばせ!いよいよ『サマソニ2010』BS2で来週9月6日(月)深夜から4回シリーズで放送!


『SUMMER SONIC 2010 日本最大級のロックフェス』
<4回シリーズ>

BS2  9月7日(火)前0:15~2:13(6日(月)深夜)
 9月8日(水)前0:25~2:23(7日(火)深夜)
 9月9日(木)・10日(金)前0:15~2:13(8日(水)・9日(木)深夜)
BS2(再) 12月29日(水)後11:30~翌前3:28 (第1夜&第2夜)
BS2(再) 12月30日(木)後11:30~翌前3:28 (第3夜&第4夜)

毎年8月に開催される日本最大級の都市型ロック・フェスティバル"SUMMER SONIC(サマーソニック)"。今年も東京・大阪の2大都市圏で2日間同時開催され、100組以上ものアーティストが入れ替わりで出演。今や海外でも広く知られるマンモス・フェスに成長し、世界を舞台に活躍する大物ミュージシャンが続々と登場した。番組では、8月7日(土)・8日(日)東京会場(千葉マリンスタジアム、幕張メッセ)で行われた、人気アーティストのライブを4夜にわたって、たっぷり紹介する。

第1夜「90年代を席巻!オルタナティブ・ロックの猛者たち」
BS2 9月7日(火)前0:15~2:13(6日(月)深夜)
BS2(再) 12月29日(水)後11:30~翌前1:28

第1夜は、1990年代を席巻したオルタナティブ・ロックの猛者たちと次世代を紹介!(オフスプリング、ニッケルバック、スマッシング・パンプキンズ、ピクシーズ、ペイヴメント ほか)

第2夜「多様なるロック~パンク、メタル、プログレ、ハードロック」
BS2 9月8日(水)前0:25~2:23(7日(火)深夜)
BS2(再) 12月30日(木)前1:30~3:28 (29日(水)深夜)

第2夜は、パンク、メタル、プログレ、ハードロックなど多様なロックの世界を紹介!(スラッシュ、SUM41、ドリームシアター、マイケル・モンロー ほか)

第3夜「ダンス・ミュージック競演
    ~ヒップホップ、R&B、テクノ、ポップ・ロック」
BS2 9月9日(木)前0:15~2:13(8日(水)深夜)
BS2(再) 12月30日(木)後11:30~翌前1:28

第3夜は、ヒップホップ、R&B、テクノ、ポップロックなどダンス・ミュージックの魅力に迫る!(JAY-Z、NAS、ア・トライブ・コールド・クエスト、A-HA ほか)

第4夜「台頭するニューヒーロー・ヒロイン&矢沢永吉」
BS2 9月10日(金)前0:15~2:13(9日(木)深夜)
BS2(再) 12月31日(金)前1:30~前3:28 (30日(木)深夜)

第4夜は、今注目のニューヒーロー、ヒロインと、日本のロックンロールの大御所・矢沢永吉を紹介!(矢沢永吉、テイラー・スウィフト、オリアンティ、ペンデュラム、ザ・ドラムス ほか)

※第2夜(7日(火)深夜)のみ放送時間が違います。ご注意を!

各日のアーティスト及び楽曲はこちらから

投稿時間:16:20 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月6日(月)から『歌謡スクランブル』で、ベストテン番組が華やかなりし頃の80年代ポップスを特集!


歌謡スクランブル「80年代ポップスコレクション」(1)~(6)
9月6日(月)~11日(土)後1:00~2:00

毎週月曜から土曜日まで、演歌や懐メロ、J-POPと日本の歌謡曲&ポップスをまとめて紹介している『歌謡スクランブル』。
来週(9/6~10)は「80年代ポップスコレクション(1)~(5)」と題して、アイドル全盛期&バンドブームだった、ベストテン番組が華やかなりし頃の80年代ポップスを特集します。また、11日(土)は「80年代ポップスコレクション(6)~小泉今日子作品集~」と題して、1時間まるまるキョンキョン特集をお送りします。どうぞお楽しみに!

【司会】逢地真理子

※詳しい曲目リストは、各日のホームページ番組表をご確認ください。

投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


9月の『FMシアター』は、事実を基にしたドラマシリーズを放送!


『FMシアター』
毎週土曜 後10:00~10:50

毎週土曜日、文学作品や社会派の作品など、様々なジャンルのラジオドラマをお送りしている『FMシアター』。9月の『FMシアター』は、事実を基にしたドラマシリーズをお送りします。 どうぞお楽しみに!


「裁きの朝」
9月4日(土)後10:00~10:50

獄窓の歌人と呼ばれた死刑囚・島秋人(しま あきと)と、ある刑務官の交流を通して、命の尊厳と裁くことの難しさを問う、事実に基づいたフィクション。

【原案】海原卓  【作】冨川元文  【演出】保科義久
【出演】久米明、高橋和也、嵐芳三郎 ほか


「キャパになれなかったカメラマン
~ベトナム戦争の語り部たち」(前・後編)
9月11日、18日(土)後10:00~10:50

サイゴン陥落までの10年間をアメリカABCのカメラマンとしてベトナム戦争の取材をおこなってきた日本人の姿を描く。「戦争の真実」とは何かを見つめるドキュメンタリータッチのドラマ。原作は大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

【原作】平敷安常  【脚本】原田裕文  【演出】望月良雄

【出演】 坂上忍、津嘉山正種、山本太郎
安達祐実、村田雄浩、池内万作
矢崎滋、篠井英介、鶴田忍、三田和代 ほか


「殺人者たちの午後 ~記憶の闇」
9月25日(土)後10:00~10:50
 
イギリスのジャーナリスト トニー・パーカーがインタビューした殺人犯の語る赤裸々な告白をドラマ化。一人語りする殺人犯の心の闇に光をあて、現代を描く。

【原作】トニー・パーカー  【翻訳】沢木耕太郎
【脚色】高谷信之  【演出】真銅健嗣      
【出演】柄本明、角替和枝
【語り】濱中博久


『FMシアター』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組ここが聴きどころ | 固定リンク
トラックバック (0)


ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません