2010年12月21日 (火)元日放送『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』に大友良英、菊地成孔、大谷能生、ASA-CHANG、やくしまるえつこが出演!


『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』
FM  2011年1月1日(土・祝)後11:00~翌前1:00

世界的に活躍する音楽家・坂本龍一さんが、自身の音楽ルーツを語るこの番組。自分の作品が、誰の、どんな作品に影響を受けて出来上がったのかを、ピアノを弾きながら解説していくという、音楽ファンにとってたまらない内容で、毎年お正月にお送りしている。この構造は、4月から教育テレビで放送され、話題になった『スコラ』の母体となったものである。これまで、クラシック編、民族音楽編、ポップス編①、ポップス編②、ジャズ編、ラヴェル編と続いてきたが、今回は趣向を変え、『スコラ』でも番組の最後に出演の講師陣とのコラボレーション演奏を披露してきたが、その坂本龍一VS○○○○という図式を踏襲し、様々な音楽家と丁々発止の演奏を展開。その演奏のやりとりをもとに、音楽家にとってのライブ演奏とはどんなものなのかを、相手と共に紐解いていきます。どうぞお楽しみに!

【出演】坂本龍一、大友良英、菊地成孔
     ASA-CHANG、大谷能生、やくしまるえつこ

<関連情報>
2010年、教育テレビで放送された『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』全12回を、まとめてアンコール放送!

『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』
教育テレビ 2011年1月3日(月)後10:00~翌前3:50

-J.S.バッハ編①~④-
後10:00~ 「J.S.バッハ編①バッハはなぜ"音楽の父"なのか」
後10:29~ 「J.S.バッハ編②"音楽の職人"バッハ」
後10:58~ 「J.S.バッハ編③神に捧げる調べ」
後11:27~ 「J.S.バッハ編④再発見され続けるバッハ」

【ゲスト講師】 浅田彰(京都造形芸術大学大学院長)
                 小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)
                 岡田暁生(京都大学人文科学研究所准教授)
【演奏】藤原真理(チェロ奏者)、坂本龍一


-ジャズ編①~④-
後11:57~ 「ジャズ編①ジャズの起源」
前 0:26~ 「ジャズ編②スウィングジャズの隆盛」
前 0:55~ 「ジャズ編③モダンジャズの誕生」
前 1:24~ 「ジャズ編④融合・拡散するジャズ」

【ゲスト講師】山下洋輔(ジャズ・ピアニスト)、大谷能生(音楽家・批評家)
【演奏】 山下洋輔(ピアノ)、坂本龍一(ピアノ)、田中邦和トリオ
         <田中邦和(サックス)・高瀬 裕(ベース)・ASA-CHANG(ドラム)>


-ドラムズ&ベース編①~④-
前 1:54~ 「ドラムズ&ベース編①ドラムとベースの成り立ち」
前 2:23~ 「ドラムズ&ベース編②ドラムの演奏におけるリズム論」
前 2:52~ 「ドラムズ&ベース編③ベースの演奏におけるリズム論」
前 3:21~ 「ドラムズ&ベース編④ドラムとベースの現在と未来」

【ゲスト講師】細野晴臣(ミュージシャン)
                 高橋幸宏(ミュージシャン)
                 ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
【演奏】坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏、小山田圭吾、権藤知彦

また、教育テレビ10月24日に放送された京都造形芸術大学で行われた公開講座『スコラ特別講座~3教授が語る"スコラの喜び"~』もアンコール放送が決定!こちらも合わせてお楽しみください。

白熱教室JAPAN
『スコラ 坂本龍一 音楽の学校
~スコラ特別講座・3教授が語る"スコラの喜び"~』
教育テレビ 12月28日(火)後10:00~10:58

今回の『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』は、「3教授が語る音楽の喜び」と題し、2010年7月に京都造形芸術大学で行なわれた公開講座の模様をお送りします。
浅田彰さん、小沼純一さんをゲスト講師に迎えての楽聖ベートーベンの音楽を独自の解釈で解説していきます。また、スコラ流の音楽の楽しみ方を披露します。(初回放送:10月24日)

【出演】坂本龍一
        浅田彰(京都造形芸術大学大学院長)
        小沼純一(早稲田大学文学学術院教授)
【ナレーション】岩槻里子アナウンサー


※『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』番組ホームページはこちら

投稿時間:10:15


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません