2016年03月04日 (金)5日(土)の『N響 ザ・レジェンド』は、"奇才クレーメルのバイオリン協奏曲"をお送りします!


『N響 ザ・レジェンド ~奇才クレーメルのバイオリン協奏曲~』
3月5日(土)後7:20~9:00

NHKアーカイブスには、NHK交響楽団がこれまでに積み重ねてきた過去60年分の演奏会の音源、約5000曲が保管されています。世界中から一流の指揮者やソリストが来日し、共演してきたN響の演奏の記録は、日本のクラシック音楽演奏の歴史と言っても過言ではありません。これまでほとんど再放送の機会がなかった貴重な音源を蔵出ししてみなさまにお届けする番組、それが『N響 ザ・レジェンド』です!

今回は、「奇才 クレーメルのバイオリン協奏曲」です。現代を代表するバイオリニストのひとりギドン・クレーメルは1947年ラトビアのリガ生まれ。モスクワ音楽院でダヴィッド・オイストラフに師事し、1967年のエリーザベト国際音楽コンクールの入賞、1970年のチャイコフスキー国際音楽コンクールの第1位など、世界的なコンクールで入賞し名声を築き、幅広い音楽家との交流を行い、ピアソラなどさまざまなジャンルの音楽に取り組んでいます。
1975年の初来日以来、国内の各地で公演を重ね、2011年には東日本大震災直後の4月に来日し、室内楽演奏会を行い、聴衆に感銘を与えました。N響とは1977,78,86年に共演し名演を残しています。。今回は1977年と86年の共演をお届けします。


【解説】池辺晋一郎
【司会】上條倫子アナウンサー

※『N響 ザ・レジェンド』番組ホームページはこちら


投稿時間:10:20


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません