2014年08月19日 (火)難しい?堅苦しい?"食わず嫌い"のオペラを、話芸の達人たちが楽しく解説!26日(火)~28日(木)3日連続放送『オペラ寄席 すぱげっ亭』


『オペラ寄席 すぱげっ亭』
8月26日(火)~28日(木)前10:00~10:50

“オペラ”と聞くと「堅苦しくていや!」と、敬遠してしまう人も少なくないはず。そんな人のために、名作オペラの数々を日本の話芸で物語って楽しんでもらおうという番組が『オペラ寄席 すぱげっ亭』。
 “食わず嫌い”向けのオペラ入門ガイドとして、毎回1つのオペラ作品を題材に講談師の神田京子さん、漫才師のおぼん・こぼんさん、落語家の桂かい枝さんという、話芸の達人たちが物語をわかりやすく解説し、熱演する50分です。もちろん、誰もが知っているあのメロディーも聴かせます。これを聴けば、オペラがもっと身近に感じられるかも!

opera1.jpg


第1回 歌劇「カルメン」 (ビゼー)
案内役:神田京子 (講談師)
8月26日(火) 前10:00~10:50

第1回は、世界で頻繁に上演される人気オペラのひとつ、ビゼーの歌劇「カルメン」をお送りします。――官能的な魅力で男をとりこにするカルメンと、彼女に翻弄される純朴な青年ホセの物語。

演じるのは、5月に真打ちに昇進したばかりの若手講談師・神田京子さん。

opera2.jpg opera3.jpg
自由奔放なカルメン、純朴なホセ、モテ男のエスカミーリョ、などなど…個性豊かな登場人物を熱演する京子さん。講談ならではの釈台を張り扇で叩く音と、リズミカルな話芸に注目!

第2回 歌劇「セビリアの理髪師」 (ロッシーニ)
案内役:おぼん・こぼん (漫才コンビ)
8月27日(火) 前10:00~10:50

第2回は、イタリアの人気オペラ作曲家ロッシーニの「セビリアの理髪師」をお送りします。――町の何でも屋フィガロが、伯爵の恋の成就のためあの手この手の大作戦を繰り広げる物語。

演じるのは、来年で50周年を迎える漫才コンビ、おぼん・こぼんのお二人。

opera4.jpg opera5.jpg
「セビリアの理髪師」の楽しいどたばた劇が、お二人の見事なかけあいで、息つく間もなく進んでいきます!演じるのは、登場人物だけでなく、効果音やBGMまで…? こぼんさんが“あの”特技も披露します!

第3回 歌劇「魔笛」 (モーツァルト)
案内役:桂かい枝 (落語家)
8月28日(木) 前10:00~10:50

第3回は、モーツァルトの傑作オペラ「魔笛」。そのエッセンスを大胆アレンジし、番組オリジナルストーリーとしてお送りします。名キャラクター“パパゲーノ”の視点で描く冒険ファンタジー、題して「魔笛・外伝~パパゲーノの大冒険」。

演じるのは、英語落語の海外公演を行うなど、枠にとらわれない活躍で人気を集める、落語家の桂かい枝さん。

opera6.jpg opera7.jpg
オペラと上方落語のコラボレーションということで、スタジオには「はめもの(効果音)」のための、太鼓や銅鑼(どら)が用意されました。200年以上前に作られ、全世界で上演されている人気オペラがどのように笑いを交えて料理されるのでしょうか?どうぞお楽しみに!

 

投稿時間:14:30


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません