2014年08月12日 (火)8月15日(金)放送の『まろのSP日記 第11集』はピアノ特集!SPレコードならではの貴重なピアニスト達の演奏をお送りします。


『まろのSP日記 第11集』
8月15日(金)後9:10~11:00
(再)8月18日(月)前7:25~9:15

“まろ”の愛称で親しまれているNHK交響楽団第1コンサートマスターの
篠崎史紀さんが、19世紀末から20世紀前半にかけてSPレコードに録音されたクラシック音楽の名演奏をご紹介する『まろのSP日記』。
シリーズ11回目となる今回は「ピアノ特集」と題して、ピアノ作品の歴史をたどりながら伝説のピアニスト達の名演奏を、蓄音機の音色でたっぷりとお届けします。
番組では、ピアノを語る上でかかせない作曲家のバッハ、ベートーベン、ショパンなどの曲をウラディーミル・ホロヴィッツ、アルフレッド・コルトー、ウィルヘルム・ケンプなどの名ピアニスト達の演奏でお楽しみいただきます。また、セルゲイ・ラフマニノフの「ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18」では作曲家自身の演奏によるSPレコードも必聴です!さらに日本から、滝廉太郎の「荒城の月」を山田耕筰がピアノアレンジした曲や、今年生誕100年を迎える伊福部昭作曲の「盆踊り」という珍しい曲もご紹介。一瞬たりとも聞き逃せないバラエティ豊かな名演奏を、ピアニスト達にまつわるエピソードとともにお楽しみください。

【出演】篠崎史紀

20140815marosp.jpg※『まろのSP日記』番組ホームページはこちら

投稿時間:11:40


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲

カテゴリー

最近のトラックバック


RSS

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません