Top

見て見ぬふりをするのは、一番タチが悪いと思う。

RURIKA

通訳

日本

RURIKAさんは、中学校で深刻ないじめにあった。肌の色をからかわれ、言葉が分からないのに学級委員長に選ばれた。先生ですら「クラスで決めたことは変えられない」と何もしてくれなかった。高校では乗り越えようと決意。どんな人にもあいさつをし、いじめられっ子とも友達になった。そして、初めて親友ができた。

play movie