Top

自分がどんなに大きいかではなく、どんな人間かをみて。尊敬する事が大切。

MAJA

ボランティア活動&人道支援活動家

ボスニアヘルツェゴビナ

MAJAは、3歳になって成長が止まった。とても背が低く、学校に行くのも難しかった。先生や生徒は、彼女をからかった。ある日、百科事典で自分の症状は自分の責任ではなく遺伝だと知った。罪の意識から解放された彼女は、自分自身をそのまま受け入れようと思えるようになった。自分に自信が湧き、その日から他の人を助けるようになった。現在、彼女は 1 人で住んでいる年配の方のお世話をしたり、赤十字でボランティア活動をしている。

play movie