Top

自分の好きなものに忠実であっていい。そして自分を大切にしてほしい。

YASUTAKA

音楽家

日本

中学生のとき、周りと音楽の趣味が違うということで壮絶ないじめにあっていたYASUTAKA。YASUTAKAにとっては自分の好きな音楽を聴く時間だけが救いだった。高校生のとき、音楽の授業でオカリナをクラスのみんなの前で演奏する機会があり、緊張しながらも披露した後、クラス全員の笑顔をみたとき、これまでとは違う世界が広がった。以来、自分の好きなものを大切にし、人々にも自分を大切にしてほしいと願いながらアルメニアの楽器、ドゥドゥクを演奏している。

play movie