Top

親友を信じてよかった。
人を信じることができたから、今の自分がある。

YOKU

会社員

日本

中学のとき、いじめられていた親友をかばったことでいじめをうけるようになったYOKU。いじめっこから、親友と縁を切ればいじめをやめると言われたが、YOKUはそれを断り、親友を選んだ。そしてまた親友も、同じ選択をした。いじめに負けないほどの関係を親友と築けていたことが嬉しかったYOKUは、社会人となった今、ワークショップを開いて貧困や差別など多様なテーマを人々と話し合い、互いの理解を深めようとする活動をしている。  

play movie