Top

白血病に感謝している。
自分達が抱える問題というのは、
よりいい人間になるための一つの機会だと思う。

FRAN

高校生

クロアチア

ある日、FRANは歩く事も立つ事もできなくなり、白血病と診断された。治療後学校に戻ると、理解されずに傷つき、いじめにあい鬱になった。親に話し、精神治療を受けながら、ベストな解決法を話しあうことに。最近では、難病に苦しんでいる子どもと、その親を助ける組織でボランティアを行っている。

play movie