Top

「なぜ生きているのか」
毎日考えることで現実を受け入れた

PO YING

学生

台湾

PO YINGは、10才でトゥレット症になり、いじめを受け苦しんでいた。中3の時に4階から飛び降りたこともあった。一命をとりとめ、人生の意味を考えたとき現実を受け入れるようになった。今では、自分の体験を話すことで人々を助けることができればと講演を続けている。

play movie