“センパイ”に聞いちゃいました!!

“センパイ”に聞いちゃいました!!

第64回大会ラジオドキュメント部門で優勝した、広島県立呉三津田高校出身の林田明子です。

サークルで活動中の林田さん

現在は関西の大学に進学し、放送系サークルに所属しています。
ラジオドキュメント「三津田の証」は私にとって、三年間の思いをぶつけて集大成のつもりで制作した作品です。こんな結果が待っているとは想像もしていませんでしたが、NHKホールで自分が作った番組が流れていることに感動し、結果発表を聞いて、ただただ、がんばってきてよかったと思ったのを覚えています。高校最後のNコンで、伝えることの重みと楽しさを感じました。一方で私は、放送部員でありながら思うように放送活動ができず、迷ってばかりだった時期もありました。それでも、苦しい中で最後まで全力でやり抜こうと決め実際にそれを達成したので、引退したとき後悔は何もありませんでした。それぞれに形は違えど、皆さんも、活動の中で自分にも人にも向き合わなければならない場面があるはずです。それが放送部の難しさであり楽しさではないでしょうか。

広島県立呉三津田高校の放送部のみなさん(林田さんは前列左から2番目)

私は、思い切りぶつかって乗り越えた先にはきっと、見たことも感じたこともない世界が待っていると思います。私は放送活動を通して、多くのことを見聞きし、たくさんの方々と関わり、新しい考え方に出会いました。そして今、言葉の力は本当にすばらしいものだと思っています。皆さんには、誰に何を伝えたいのか、何のために放送活動をしているのかをいつも考えながら、自分だけの言葉で表現してほしいです。また、取材相手の方、指導や応援をしてくださる方への感謝を忘れないでください。

最後になりますが、今年全国大会に出場される皆さんは、これまでそれぞれに努力を重ねてきたことと思います。本番の舞台で最高のパフォーマンスを披露してください!
全国で放送活動をしている皆さんが活動を通して有意義な時間を過ごせることを願っています。

一覧へ戻る