4月5日(日)放送
もうひとつのシベリア抑留 〜韓国・朝鮮人捕虜の60年〜
 

厳寒の地シベリアに抑留された60余万の日本軍将兵の中に数千人の韓国・朝鮮人がいたことはこれまで語られることはなかった。去年、韓国政府国家記録院がロシアから入手した資料の中から、朝鮮半島出身者3千人の捕虜名簿を発見、それらを取り寄せ急ピッチで捕虜たちの実態調査を進めている。これまでベールに包まれていた彼らの足取りが明らかになり始めた。

現在、元シベリア抑留者は韓国に10数名健在である。彼らは戦後「対日協力者」・「共産ソ連にオルグされたアカ」として差別を受け続けてきた。また中国には文革の粛清の嵐を生き延びた数名の朝鮮族の抑留捕虜が暮らしていることが判明した。2006年にようやく名誉が回復した彼らはいま、重い口を開き始めた。

1949年2月から3月にかけて抑留生活を終え、韓国の地にたどり着いた韓国人捕虜たち。それから60年目の今年2月の終わりに、ソウル市内で記念集会と展示が、38度線近くで慰霊祭が行われた。

知られざる韓国・朝鮮人シベリア抑留者。彼らはいかに日本の戦争に巻き込まれ、どのような抑留生活を送ったのか。解放後も、冷戦が激化し祖国が分断されるなかで、彼らはどのような苦難の道を歩んだのか。

祖国に戻り60年になる生存者の証言と新たに見つかった資料からその実態を探る。

Copyright (C) NHK(Japan Broadcasting Corporation) , ALL rights reserved. 無断転載・転用を禁じます。