2015年 125日(土)よる11時放送
再放送1212日 午前0時放送(金曜深夜)

沖縄の心(くくる) 共同店物語

沖縄本島の北端にある、奥という名の小さな集落。ここに、奥の人々が109年前に生み出した「共同店」と呼ばれるユニークなお店があります。共同店は、赤ちゃんからお年寄りまで、住民全員が株主となって運営する売店です。でも、かつては林業や農業、学費補助金の融資も行うなど、集落の経済を支えるエンジンの役割を果たしていました。合言葉は"共同一致"。奥の人々は今でもその精神を大切にしながら暮らしています。その証拠に、毎年10月5日の共同店の「誕生日」には、住民全員で盛大なお祝いをします。
共同店は、明治時代の琉球処分で世の中が大きく変わった頃に生まれました。その後、人々は、共同店を中心に結束を強め、沖縄戦も本土復帰の激変もなんとか乗り越えてきました。最近は、過疎化が進む地域を1つに結びつける新たな仕組みとして全国的に注目を集め、視察に来る人が増えました。秋は、奥が最もにぎわう季節です。シヌグと呼ばれる2年に1度の豊年祭、小学校の運動会、そして共同店の誕生を祝う「復興祭」。古き良き沖縄の思いやりの心、肝心(ちむぐくる)を堪能できる奥の秋を訪れます。

語り:新城カメ(おばぁラッパーズ)
(内容59分)

この放送を共有する

※NHKサイトを離れます

写真
お年寄りの、ゆんたく(おしゃべり)の場となっている「共同店」。
写真
共同店の誕生日を祝うお祭り「復興祭」。でもどうして復興祭と呼ぶのでしょう?
写真
奥の伝統行事、ビーンクイクイ。
写真
沖縄戦で荒廃した集落の復興を、"共同一致"の精神で成し遂げた奥の人々。