放送予定&教材一覧2012年度

  • ねらい
  • 【テーマ:色】アメリカの路上で、ブルーの箱を発見!これって一体何?…実はその正体は郵便ポスト。日本では赤が当たり前だと思っているけど、世界にはいろんな色のポストがある。身の回りのモノの色を観察して、色について意外な発見を重ねて行く。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

4月7日、9日、12日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:色】ジーンズの藍色はいったいどうやって作るんだろう?布地の色はどうやって染める?色の作り方を、発見していく。いくつかの色を混ぜ合わせることで、どんどん新しい色を作り出せることや、光を混ぜると白色に近くなっていくことなど、いろいろな色の仕組みが分かってくる。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

4月14日、16日、19日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:色】昆虫、植物、虹や夕日など、地球上の自然の中には無限の色が潜んでいる。でも私たちの目に映る色って本当の色なんだろうか。自然の映像をどんどん拡大していくと、実はいろんな色の見え方があることがわかってくる。さらに、色の粒を組み合わせて絵を描く点描の手法など、いろいろな色の不思議を体験する。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

4月21日、23日、26日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:色】色はイメージの表現にも使われる。日本では「春の色」というと、桜のイメージからかピンクと考える人が多いが、海外でも春は桜色のイメージなのだろうか。色は、その国の風土や文化と深く関わっている。インタビューや海外映像をとおして、そのことを徐々に実感していく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

4月28日、5月7日、10日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:形】エジプトのピラミッドはいったいどんな形かわかる?三角?四角?それとも?ピラミッドは、四角すいという難しい名前の形をしているんだけれど、実は誰もが知っている形を組み合わせてできている。たとえば、上から見ると四角、そして横から見ると三角だ。身近で知っているはずのモノのなかに、意外な形を発見し、簡単な形の表現を身につけていく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

5月12日、14日、17日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:形】今度は、物を作っていく過程を観察してみよう。たとえば折り紙やタングラムなどは、できていく過程でいろいろな形が現れる。さあ、いくつ形が発見できるかな?また、番組の後半では、三角、丸、四角のパーツを組み合わせていろんな模様の太巻き寿司作りにも挑戦する。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

5月19日、21日、24日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:形】ものの形は、見る人よってさまざまにその姿を変える。たとえば月の模様。日本では、うさぎの模様が見える人が多いけれど、ほかの国の人にはどんな模様が見えるんだろう?月の中に、何の模様が見えるのか、世界の人々に聞いてみよう。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

5月26日、28日、31日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:形】5月の最終回は、実際にものを作ってみることに挑戦。英語の指示を聞きながら、きちんと目的の形ができるかな?また身近なものの意外な作り方も次々登場。自然とHow do you make it?と問いかけたくなってくるはず!

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

6月2日、4日、7日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:数】ニューヨークの街頭に出て人々が身につけている丸の数を聞いていく。メガネのレンズ、CD、洋服のボタン、スニーカーのひもを通す穴、キーホルダーの輪、ドーナツなど、さまざまな丸の数を数えていく。具体的なものを数えるという体験をとおして、1~30までの表現を学んでいく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

6月9日、11日、14日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:数】今回は、数字だけを見て、それが何の数であるかを当てるクイズに挑戦。たとえば、3、5、11、24、これらは一体何の数?数えてみると、意外な驚きがある。自分の身の回りの生活の中にある数を実際に数えて発見していく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

6月16日、18日、21日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:数】世界には、様々な種類の数字がある。今回はアメリカの1ドル札に描かれているローマ数字の謎にせまる。ローマ数字を読み解く活動を通して、数の仕組みを考えるとともに、英語の数の表現を理解していく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

6月23日、25日、28日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:数】川の長さ、山の高さ、そして太陽や月までの距離…こうした大きな数を表す方法とは?hundred、thousandなどの言葉を学んで、1から99までの数と組み合わせれば、シロナガスクジラの大きさも表現できる。大きな数を知ると同時に、個数から単位を使った量の表現へと世界を広げていく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

6月30日、7月2日、5日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:場所と移動】ロンドンから海を隔てたパリに行くにはどうすればよいか? イギリスの海岸から、泳いでフランスに行くちょっと珍しい人もいれば、飛行機で移動する人も。さまざまな交通手段の中から一番早く行ける方法を探る。ロンドンからパリへの移動を通して、様々な交通手段と所要時間について学ぶ。

  • ねらい
  • 【テーマ:場所と移動】移動する際に大切な道具、それは地図。地図に書き込まれた様々な記号を読み取ることで、今いる場所や目的地を知ることができる。消防署、交番、学校など公共施設の地図記号を押さえ、またアメリカやオーストラリアの地図と日本とでは同じ建物でも記号が違うことを学ぶ。

  • ねらい
  • 【テーマ:場所と移動】今回は日本国内を地図の上で旅してみる。舞台は京都。碁盤の目に道が走っている京都では、方角さえわかれば比較的容易に目的地に着くことができる。古地図を使って、地元の人たちに金閣寺への行き方を尋ね、目的地を目指す。また、地図を逆さにして、どこの都道府県か探るクイズにも挑戦する。

  • ねらい
  • 【テーマ:場所と移動】海外に行く時に必要なものといえばパスポート。パスポートの中に書いてあることの意味は何か、そして空港でどうやってパスポートを使うのか? パスポートを持っていればいろんな国に行けることを知り、行ってみたい国々へ視野を広げてみよう。

  • ねらい
  • 【テーマ:時と時間】世界各地の人にWhat time is it?と聞いてみよう。地球上には時差があって、それぞれ今の時刻が違う。日本が朝だったら、ロンドンは何時?ニューヨークは?時差を考えながら、時間の表現に慣れていく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

8月4日、6日、9日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:時と時間】2週目は曜日に触れる。虹がよく出ることで知られるハワイで、虹探しに出かける。虹がでる確率の高い日を、週間天気予報を確認しながら、天気予報士に教えてもらう。 後半は、月曜から日曜日まで、1週間のオリジナルテレビ予定表を作成する。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

8月11日、13日、16日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:時と時間】3週目のテーマは「季節」と「月」。日本で8月と言えば、夏真っ盛り。しかし南半球に位置するオーストラリアでは、8月は冬にあたる。オーストラリアの夏と冬はそれぞれ何月なのか? 現地の人にたずねる中で、月と季節の言葉に触れていく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

8月18日、20日、23日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:時と時間】最後は年月の移り変わりとそれがもたらす変化に注目する。時を経て、子供から大人へと成長した人間の姿を見比べたり、ヒナ鳥がどの成鳥になるかを当てる。 時の流れが運ぶ変化を感じながら、~年前、~歳、などの表現に触れていく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

8月25日、27日、30日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:生き物】地球上に生きるさまざまな生命。1週目は私たちの身近な生物である植物に注目。植物を観察しながら、種、葉、茎、幹、根、実、花などの部位の名前を身につけていきます。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

9月1日、3日、6日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:生き物】2週目は動物がテーマ。よく知っている動物の部位の名前を、正しく言えるかな?たとえば、日本の食卓ではおなじみのイカ。彼らの頭はいったいどこ?またその胴体は?

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

9月8日、10日、13日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:生き物】3週目は、厳しい自然環境を生きぬく動物たちの知恵を見てみよう。まずは、北アメリカに生息(せいそく)するビーバー。彼らはどんな場所で生活しているのかな?後半は周囲の環境に溶けこんで身を守る動物たちも登場。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

9月15日、17日、20日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:生き物】9月の最終回は、生き物と人間のつながりに注目します。私たちの生活の中には、絵馬(えま)、干支(えと)、招き猫のほか、子宝の象徴(しょうちょう)のブタや幸福を呼ぶゾウなど、幸福のシンボルとなる動物がたくさんあります。世界の「ラッキーアニマル」をたずねてみよう。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

9月22日、24日、27日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:文字と音】第一週は、英語のアルファベットの「形」に注目。ニューヨークで活躍する写真アーティストとともに、身近な風景の中にひそむアルファベットの「形」を探していく。くねっと曲がった木の枝に「A」の形を見つけたり、マンホールを補強するために流し込まれた「C」の形のコンクリートの跡を発見していく。アルファベットの「形」を風景の中に見つけるという活動を通して、英語の文字に親しんでいく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

9月29日、10月1日、4日、6日、8日、11日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:文字と音】アルファベットは、一文字一文字をつなげていくことで、一つの意味を持った言葉になる。二週目はニューヨークの子供たちがアルファベットの形のクッキーを使い、3文字の単語をUSA→SUN→NUT→TON(アメリカ→太陽→木の実→トン)というぐあいに、リレー形式でつむいでいく。ゲーム感覚でアルファベットが「言葉」になる瞬間を体感する。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

10月13日、15日、18日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:文字と音】アルファベットでつづられた英単語を「音声化する」ことに着目する。読み方のルールを知らなければ、言葉として記された文字を見ても、それらが何を意味するのか想像の余地がない。しかしそれらをいったん音にしてみると・・・?三週目は、小学生にもおなじみの、park, tennis, などの単語を使って、文字と音をつなげる感覚を体験する。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

10月20日、22日、25日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:文字と音】10月の最終回は、ペットボトル、アメリカンドッグ、シャープペンシルなど、一見、そのまま英語だろうと思えてしまう「カタカナ英語」を扱う。日本の玄関口、羽田空港で日本人と外国人に、これらのアイテムを英語で何と言うかをたずねる。子供たちにとっても身近な「カタカナ英語」が実は英語ではない、ということを驚きとともに発見する。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

10月27日、29日、11月1日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:比較】1週目のテーマは「長さ」。英語では縦の長さについてはlong、横の長さについてはwideという表現が使われる。ニューヨークに集まった紙飛行機の愛好家たちが作るさまざまな形の紙飛行機の縦の長さと横の長さを比べてみよう。はたして、どの紙飛行機が一番よく飛ぶのか、楽しみながら長さの表現に触れていく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

11月3日、5日、8日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:比較】同じ1kgの白い箱と黒い箱。手にとって比べてみると、どっちが重く感じられる?実際には同じ重量のものでも、その質感や、色彩の違いなどで感じる重さは変わってくる?!ニューヨークの人々が実験にチャレンジ。私たち人間の重さに対する感覚の不思議を楽しみながら、重さの比較表現に触れる。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

11月10日、12 日、15日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:比較】3週目のテーマは「スピード」。ニューヨーカーたちにプレキソ英語オリジナル・ゲーム、「早足踏み」に挑戦してもらう。ルールは簡単、スピード足踏みを30回、回数を声に出しながら行うというもの。役者VS中学生、おじさんVSおじさん、タップダンサーVSボクサーなど、対戦形式で速さを競う。シンプルでどこででもできるゲームを通して、速さの比較表現に触れていく。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

11月17日、19日、22日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:比較】「比較」の最終週は、the funniest, the best,などの最大級の表現に触れる。街ゆく人びとに「一番おもしろい顔をしてください」とお願いすると、いったいどんなおもしろい顔を見せてくれるのか?また、後半では小学生たちに「これまでに見た最高の夢」をたずねる。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

11月24日、26日、29日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:食】12月と言えばクリスマス。1週目は、バラエティーに富んだ世界のクリスマス料理を見ていく。その国ならではの定番料理を作ってもらいながら、料理にまつわる表現にも触れる。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

12月1日、3日、6日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:食】2週目は、日本ならではの調理道具、「まきす」と「わさびおろし」をアメリカの人々に見せ、どうやって使うかを当ててもらう。「テーブルマットじゃないの?」、「チーズおろしかな」など、彼らのユニークな解答を楽しみながら、ところ変われば、調理道具もまったく異なるということを感じる。後半では、カウドージとともに、最近の料理便利グッズをつかったクイズに挑戦する。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

12月8日、10日、13日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:食】日本でもおなじみの食材、じゃがいも。世界にはどんなじゃがいも料理があるだろう。フランス料理店、イギリス料理店、アメリカ料理店をたずね、シェフたちにじゃがいもを使った料理をつくってもらう。Cut、peel、bake、boilなど、料理にまつわる表現に触れる。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

12月15日、17日、20日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:食】最終週では、実際に英語で料理に挑戦してみる。食材の名前や、分量、手順など、何かをつくる過程を体験し、料理に関する表現を使ってみる。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

12月22日、24日、27日、29日

放送日
  • ねらい
  • 【テーマ:歴史】1週目は、過去に起こった出来事について、時間をさかのぼって考えてみる。アメリカ・シアトルにある航空博物館を訪れ、人間の飛行の歴史に触れながら、年号の表現に耳をならしていく。

  • ねらい
  • 【テーマ:歴史】2週目は、歴史的な人物にフォーカスを当てる。世界のお札にはどんな人物がのっているのだろう。成田空港で、ヨーロッパやアジアの国からやってきた人々に、自分の国のお札を見せてもらい、そこに載っている人についてたずねる。女王、皇帝、首相などの国のリーダーから、文学者、科学者、アーティスト、そして名もなき人まで、お札を通してバラエティーに富んだ歴史的人物たちに出会っていく。

  • ねらい
  • 【テーマ:歴史】身の周りにあるさまざまな道具は、作られてからいったい何年たつんだろう? 3週目は、古時計、古い食器、など年季の入った品々が売られる骨董市を訪れる。長い年月を経ているものを探して、... years old や、It was build in 1842.など、歴史を語る上で欠かせない年数にまつわる表現を学ぶ。

  • ねらい
  • 【テーマ:歴史】「人生」という建築は、いくつもの「出会い」という柱によって支えられている。今回は、人と人、人と出来事など、人生に訪れる出会いについて考えてみる。ニューヨークで、とある結婚式を訪ね、花嫁と花婿、その両親、列席者にそれぞれの出会いについて聞いてゆく。

  • ねらい
  • 【テーマ:動作と感覚】第1週は、「飛ぶ」という動きに注目する。同じ鳥類でも、ハトは空を飛べるが、ペンギンは飛べない。ではクジャクは? オーストラリアの街中でクジャクは飛べるかどうか、人々に質問していく。They can’t fly.(飛ばないと思う)、 I think they can fly just a little bit.(少しだけなら飛べる)、などの人それぞれの返答が…。後半は、一風変わった紙飛行機の飛ばし方を考えながら、Can it fly? How can you fly it? などの英語表

  • ねらい
  • 【テーマ:動作と感覚】2週目は、「今、行っている動作」に注目する。廃材を使ってオリジナルのウクレレを作ってしまうバリーさんの工房を訪ね、ウクレレが出来上がるまでの過程を楽しみながら、cutting the wood, gluing the boards, putting the strings onなど「いま、行われている動作」の表現に触れる。

  • ねらい
  • 【テーマ:動作と感覚】3週目は、感覚や感情についての表現に意識を向ける。遊園地を訪れ、絶叫マシーンに乗る人々に、乗る前と、乗った後の気持ちを尋ねてみると、excited(ワクワクする)、scared(こわい)、nervous(緊張する)や、It was so much fun!(楽しかった!)など感情を表す言葉が返ってくる。後半では、「?ボックス」に入ったある物の正体を当てるゲームを通して、子供たちがcold, hot, wet, dryなど物の状態を表す表現を使っていく。

  • ねらい
  • 【テーマ:動作と感覚】最終週は、人間の幸せについて尋ねる。人はどんな時にうれしいと感じ、幸せになるのか。浅草での街頭インタビューを通して、各国個々人の「幸せ」の形を発見していく。

  • ねらい
  • 【テーマ:未来】第1週は、予定を語ることを通して、生活の中で頻繁に出てくる身近な未来表現を中心に学んでいく。観光でサンフランシスコを訪れている人たちに、その旅の予定を尋ねる。What is your plan for ...? や、I’m going to …など近未来の予定を語る時に使う表現に触れる。

  • ねらい
  • 【テーマ:未来】今から30年後世界はどのような姿になっているのだろう? ニューヨーカーたちに30年後、世界からどんなものがなくなっていると思うかを尋ねると、いろんな意見が返ってきた。彼らの答えを聞きながら、will be ... (~になる) を使った表現に繰り返し触れる。

  • ねらい
  • 【テーマ:未来】子どもの頃には誰しもが「大人になったら~になりたい」など、将来の夢を描くもの。今回は、アメリカの子どもと若者たちに将来の夢をたずねる。現代を生きる彼らにとっての憧れの大人像や職業とは? I want to be .... (私は~になりたい)、などの自分の夢を語る時に使う表現に触れる。

  • ねらい
  • 【テーマ:未来】アメリカ・ニューヨークと東京・浅草の街頭で、街ゆく人にインタビュー。名曲「素晴らしき世界(What a Wonderful World)」を聞いてもらい、人生で「すばらしい」と思うことを教えてもらう。どんな時に 人々はWhat a wonderful world!(なんて世界はすばらしいんだろう!)と感じるのか、個性豊かな答えに遭遇する。

  • ばんぐみ
  • あらすじ
  • クリップ

3月23日、25日、28日、30日

放送日