ドラマのみどころ

番組の10分PR動画を公開中!

番組のプレマップ動画を公開中!

作・制作のことば

...蒔田光治

そもそもの発端は、警察は犯罪を取り締まるプロなのに、実際に犯罪を犯した経験のある人間がひとりもいないの理で難事件を解決に導く。は大きな矛盾ではないだろうかと思ったことです。これではまるで一度も野球をやっていない人間がプロ野球の監督になるようなものではないのか。このドラマには、それぞれに後ろ暗い背景を持った者たちが登場し、活躍します。「赤の章」の主役は、警視庁の会計課に所属する中野瞳。超縦社会、超男尊女卑社会の警察で単なる一般職員の彼女に気を留める者は誰もいませんが、彼女には、今は行方の知れぬ父親から受け継いだ詐欺師としての類まれな才能があり、会計課に集まって来る領収書を見比べただけで、刑事の動きが手に取るように分かってしまいます。一方、「黒の章」の主役は、弁護士・白井真之介。警察とは常に対立し、金のためなら悪に手を貸すことすら辞さない悪徳弁護士ですが、いつもだまされ窮地に陥ってしまうちょっと憎めない存在です。瞳のことも、融通のきかない女と馬鹿にしていますが、自分が手玉に取られていることには全く気付いてはいません。この二人が、外河猛という一人の警視庁刑事を軸に両面から事件に関わっていきます。「赤の章」と「黒の章」、登場人物や舞台となる世界は共通ですが、それぞれに色合いの違う楽しみ方をしていただければ幸いです。キャラクターや謎解きの面白さに加え、「スリル」というタイトルの通り、わくわくドキドキする気分を味わっていただけるドラマになる事を目指しています。

スリル!赤の章・黒の章・シーン写真

制作にあたって

...海辺潔(NHKエンタープライズ)

こんなにハジケた小松菜奈さんを見たことがない!
こんなカッコ悪い山本耕史さんを見たことがない!
蒔田脚本と河合演出が見事に絡み合い、キュートで楽しいミステリーが出来ました。
どの登場人物もイキイキとしていて、そしてズレています。
謎解きの面白さだけでなく、愛すべきキャラクターたちもご堪能ください。

スリル!赤の章・黒の章・シーン写真

演出にあたって

...河合勇人(東宝)

始めに今回の企画を聞いた時、正直その時点ではどんな作品になるのか想像もつかなかった。 詐欺師の父を持つ警視庁女性一般職員と、お金に簡単に転んでしまう悪徳弁護士というダークな2人の主人公。そして2つのストーリーが同時進行してゆく「新しい形」のドラマ。
考える事は山積みだったが、以前「ハードナッツ!」で組んだ事のある蒔田さんとスタッフとならば、良作になるだろうと予感があった。しかしその予感は外れた。想像を超えた作品が生まれてしまったのだ!
蒔田さんの書く骨太なミステリー作品に、瞳と白井という、毒とユーモアにあふれた主人公達、そして2つの物語を紡ぐ刑事:外河が見事に異なる2つのストーリーを結びつけ、本作を、類を見ない「エンターテインメントミステリー」として昇華する事が出来た。
今をときめく実力派キャスト達、同じ世界を2つの視点で紐解くという新しい試み、そしてコインの表と裏のように入れ替わる、正義と悪の物語、数えきれない見所が詰まった「スリル!~赤の章・黒の章~」をよろしくおねがい申し上げます。

スリル!赤の章・黒の章・シーン写真

スタッフ

【作】蒔田光治(「TRICK」「ハードナッツ!」など) 徳尾浩司(「ハードナッツ!」など)
【音楽】橘麻美
【主題歌】キュウソネコカミ「邪邪邪VSジャスティス」
【演出】河合勇人(「鈴木先生」「俺物語!!」など) 原正弘 滝本憲吾 麻生学
【制作統括】海辺潔(NHKエンタープライズ) 蒔田光治(東宝) 中村高志(NHK)
【プロデューサー】阿部謙三(東宝)

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む