この世にたやすい仕事はない

ドラマのみどころ

この世にたやすい仕事はない

何事も一所懸命で、燃え尽きてしまった主人公 “かすみ” に紹介されるのは、奇妙きてれつな仕事ばかり。

どこかふざけたような仕事で、誰がやってもいいものだけど、まぁ、やってみますか!と始めてみた。すると、あれあれ不思議、なんだか共感できるし、えっ、これ楽しい…?

どんな仕事にも、計り知れない大変さがあり、同時に計り知れない楽しさがある!自分の仕事が、もっと愛せるようになる

“お仕事ファンタジードラマ”

原作/津村記久子

いくら長年親しくしている友達でも、その仕事の話を詳しく聞いてみると、普段からは想像もつかない姿が浮かび上がってくるということが多々あります。ある日、他人の仕事は全部SFなんやわ、と思い立ち、原作の小説を書くことにしました。なさそうであるような五つの仕事を考えることは、とても楽しい作業でした。どういうわけかいつも仕事に没入してしまう主人公とその同僚たちを、どうぞあたたかく見守ってください。

脚本/土田英生

津村さんの原作は主人公の心象風景の動きが独特の文体で書かれている。
ドラマとして成立させるため、それを台詞や行動に描き直すことに苦心した。
燃え尽き症候群に陥った主人公が、数々の不思議な職場で働くことで日常を取り戻し、成長していく物語。
脚本を書きながら私もそれを追体験させてもらった。
このドラマを観てくださる皆さんにも同じ体験をしてもらえたらと願っている。
この世にたやすい仕事はないのだ、本当に。

演出/松田礼人

この世で最強なもの、それは「空気の読めない人間」だと思う。
霧中かすみはそんな人達に振り回され、それでも「強くなりたい」と頑張った女の子でした。でしたけど、心が根を上げてしまいました。
そんな彼女が「ありそうで、ない」仕事を斡旋され、「いなさそうで、いる」人たちに出会う『お仕事ロードムービー』、そんでもって、いろんな真野恵里菜がいっぱい詰まったかわいい物語。彼女の旅を一緒に楽しんでもらえたらと思います。

制作統括/中尾幸代(アズバーズ)

自分が “選択” したはずなのに、ふとしたときに、隣の芝生が青く見えてしまうことがあります。だからこそ、「どんな選択の先にも、はたからは分からない難しさがあり、楽しさがある」そんな原作のメッセージにひかれて、このドラマを制作しました。
物語は “霧中かすみ”が人生を見失い、不思議な世界に迷いこむところから始まります。4つの奇妙な仕事を渡り歩きながら少しずつ本来の自分を取り戻していく彼女の姿を通して、見て下さった皆さんそれぞれが、ご自分の選んだ人生をいとおしく感じられますよう――。

制作統括/出水有三(NHK編成局コンテンツ開発センター)

“仕事探しはお見合いだ!” 華麗でもなく、バラエティーに富んでない履歴書しか書けない人間が何を偉そうに、と思われるかもしれませんが。
当然適正、能力も、経験も必要ですが、お仕事には、いわゆる “労働” とは違う、相性が本当に大事だと思います。それと愛情!でも浅野温子さんがふんする正門さんいわく「仕事と愛憎関係にはなってはいけない」なんと難しい。今回はどうだったかな、うまくいったかな?本当に “この世にたやすい仕事はない”

番組情報/制作スタッフ

【放送予定】
2017年4月6日(木)スタート<連続8回>
BSプレミアム 毎週木曜 よる11時から11時29分
再放送:BSプレミアム 毎週木曜 午後6時30分

【原作】
津村記久子

【脚本】
土田英生 ブラジリィー・アン・山田 中尾幸代

【音楽】
稲岡宏哉

【主題歌】
wacci「Ah!Oh!」

【出演】
真野恵里菜 塚本高史 浅野温子 ほか

【制作・著作】
NHK アズバーズ

【制作統括】
出水有三(NHK)、中尾幸代(アズバーズ)

【演出】
松田礼人

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む

「この世にたやすい仕事はない」のサイトをすべて表示するためには、JavaScript対応のブラウザが必要です。