「佐知とマユ」スタッフブログへ
文化庁芸術祭参加 再放送も決定! 10月25日(日)総合 午前1時35分(土曜深夜)
ひとりじゃない、かも。

第38回創作テレビドラマ大賞「佐知とマユ」

第70回 文化庁芸術祭 参加作 第38回 創作テレビドラマ大賞 受賞作 総合 2015年10月25日(日) 午前1時35分(土曜深夜) 【出演】中山佐知 広瀬アリス/本田大輔 与座よしあき 塩野瑛久/富田靖子 ほか

【脚本】足立 紳 【音楽】福廣 秀一朗【制作統括】内田ゆき(NHKエンタープライズ)・谷口卓敬(NHK)【演出】榎戸崇泰(NHKエンタープライズ)

5歳の時に母親に捨てられ、児童養護施設で育った中山佐知。20歳になった今は、24時間営業のスーパーマーケットで深夜にアルバイトをする日々だ。ある日、佐知はスーパーの常連客である家出少女・マユから声をかけられる。マユは出会ったその日に、野良猫のように佐知のアパートに転がりこみ、そのまま居ついてしまう。数日が過ぎたころ、佐知は叔父の直之から、母親の由美が見つかったと聞く。動揺しつつアパートに戻ると、マユが男を連れこんでいた。マユの姿にかつての母の姿が重なり、佐知の幼い日の記憶がよみがえる。怒りのままにマユを追い出す佐知。が、ほどなく戻ってきたマユの、とんでもない秘密を知ることに...。
中山佐知...門脇麦 深夜のスーパーマーケットで働く二十歳。五歳のときに母親に捨てられて以来会っていない。児童養護施設で育ち、今は節約しながらの一人暮らしをしている。幼いころから絵を描くことだけが唯一の楽しみ。
マユ...広瀬アリス 十七歳。見た目はいわゆる「ギャル」。生まれてすぐに捨てられたため、両親を知らない。育った施設を飛び出し、キャリーケース一つで、友人宅やインターネットカフェを転々として生活している。
中山直之... 本田大輔佐知の叔父。競馬好きでしばしば佐知に金をせびっている。
山崎淳...与座よしあき 佐知が働くスーパーマーケットの従業員。
伊田亮介...塩野瑛久 マユの彼氏?
中山由美...富田靖子 佐知の母。女手一つで幼い佐知を育てていた。今は十五年間音信不通となっているが・・・。
創作テレビドラマ大賞について…日本放送作家協会主催、放送文化基金助成、NHK・NHKエンタープライズ後援の創作テレビドラマ大賞は、2014年で39回目を迎えました。第38回の応募総数は1012編で、その中から大賞に選ばれたのが足立紳さんの「佐知とマユ」です。創作テレビドラマ大賞の受賞者からは第一線で活躍する脚本家を輩出しており、脚本家の登竜門となっています。
第38回創作テレビドラマ大賞「佐知とマユ」 | NHK