ストーリー

総合:2017年12月26日(火)よる10時

「許さない・不寛容」をテーマに、渋谷を舞台にした2つの物語が、カットバックで進む。

「渋谷」という街の本質は何かを取材するテレビディレクター中村(森岡龍)。
渋谷という街の深層を探るために、渋谷にいる様々な人々へ取材を続ける中、おっさん(でんでん)や老婆(宮本信子)と出会い、不思議な体験をする。そして、渋谷と人との関わりがどのようなものか気づいていくが、同時に、理解できない他者を拒絶してきた自分というものと向き合っていく。

◎服飾デザイン専門学校に通うチエ(森川葵)と漫画家の姉(柴田聡子)。「東京」に流されて、流行の服を追い求める日々に葛藤するチエ。強烈な自己を持った姉に見守られ、渋谷で出会う人との関わりの中で、自分を見つめ直し、「自分の色」を見つけることの大切さに気づいていく。

NHKオンデマンドでも配信予定!

NODバナー

放送翌日、あさ10時より配信予定です。

みどころ

芥川賞作家・芸人、又吉直樹が、初めて脚本に挑むドラマ。
その舞台は、いま世界が注目する街「渋谷 SHIBUYA」。

初執筆の長編小説『火花』が芥川賞を受賞し、300万部を超える売り上げを記録した芸人、又吉直樹。
今回、NHKとタッグを組み、なんと初の「脚本」に挑戦。完全オリジナルの新作ドラマを生み出す。
舞台に選んだのは、常に発信を続ける街、そして世界が注目する街、「渋谷」。
上京したばかりの下積み時代、渋谷のライブハウスでネタを勝負していた又吉にとって、“東京の象徴となった街”である。
今回、ほぼオールロケによる撮影で、「渋谷 SHIBUYA」の今を切り取ることにも挑む。

脚本・又吉直樹さんからのメッセージ

渋谷を舞台にしたドラマの脚本を書きました。
渋谷を実際に歩きながら、いろいろな場面を想像するのが楽しかったです。
ドラマが完成するまで渋谷を1人でブツブツ言いながら歩いていますが、元気なので心配しないでください!

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む