制作リポート

撮影序盤から名シーン連発!(2)

幽霊のナスミ(小泉今日子)が、自室で座り込んでいる鷹子(薬師丸ひろ子)の前に突然姿を現し語りかけるという、 物語の重要な場面を収録。薬師丸さんと小泉さんが役の心情を繊細に表現し演じていく姿に、 モニターごしに見守っていた吉田照幸監督も思わず「息を飲むよなぁ…」とつぶやいていました。

一方、日出男(吉岡秀隆)と愛子(仲里依紗)のデート現場は、レトロな味わいの喫茶店を貸し切って撮影! 店内にはカメラやレール、照明など機材がどっさり入ったほか、スタッフが細かな装飾を施したクリスマスのアイテムも。 そんな喫茶店で、絵に描いたような甘々♡なバカップルを演じ切った吉岡さんと仲さんの名芝居は必見です! 写真のマヨネーズは愛子の私物でヒデリンこと日出男専用の“マヨマヨ”。ハートだらけのペイントが愛子のキャラクターをよく表しています。

ページトップへ戻る