富士ファミリーとは…?

富士山のふもとにある、コンビニとは名ばかりの時代遅れの店「富士ファミリー」。
そこには、近所でも評判の美人三姉妹が。しっかり者の長女・鷹子、奔放な次女・ナスミ、要領がいい三女・月美。
そして彼女らをとりまく、かなり変わった大家族が騒動を巻き起こし・・・
2016年お正月に大好評を博したあのドラマ。おなじみの面々が、新たな顔ぶれをまじえて、お茶の間に帰ってきます!

メンバーが増えて新しいスタートを切った「富士ファミリー」。結婚、仕事、子育て。
それぞれの人生には微妙な波風が立っていて。そして迎えたあわただしい年末に、鷹子の身に一大事が!
人気脚本家・木皿泉が手がける、奇跡の物語、再び。
このお正月も笑って泣いていただきます!

木皿泉さんコメント

また「富士ファミリー」を書かせていただきました。ありがとうございます。
今年は、いろんなものが壊れてゆく年だったように思えます。だったら、来年からは積み上げてゆくことが始まる年なのかもしれません。
今回のドラマのテーマは「いつだって人は新しくやり直すことができる」です。気持ちよく、あたたかく、さぁ今年もがんばろうと思えるドラマになっております。ついつい最後まで観てしまったじゃないか、と言ってもらえれば光栄です。

<プロフィール>
和泉努と妻鹿年季子による夫婦脚本家。「向田邦子賞」を受賞した「すいか」をはじめ、「野ブタ。をプロデュース」「Q10」といったドラマで脚本を手掛ける。自身の脚本でドラマ化された初の小説「昨夜のカレー、明日のパン」は、2014年の本屋大賞第2位に。2004年に夫の和泉が脳出血による左半身麻痺となったが、妻の妻鹿による介護を受けながら2人で創作活動を続けている。

  • 【作】 木皿泉
  • 【音楽】阿南亮子 【題字】高橋卓也(高校生書道家・盛岡市在住)
  • 【出演】

    薬師丸ひろ子 小泉今日子
    ミムラ マキタスポーツ 小倉一郎/仲里依紗 片桐はいり 高橋克実 吉岡秀隆
    <ゲスト> 東出昌大 萩原聖人 YOU 羽田圭介 筒井真理子 鹿賀丈史

  • 【演出】吉田照幸「あまちゃん」「となりのシムラ」「獄門島」
  • 【制作統括】出水有三 内田ゆき 中山ケイ子

ページトップへ戻る