インタビュー

僕とは対極にある人物(前編)ぷりお(黒松平藏)役 東出昌大

 前回の「富士ファミリー」を見たのですが、「幸せって、いまここにあるんだ」と気づかされるというか、ちっちゃなエピソードから段々じわっと心に染みこんでくるようなお話でした。

 今回出演することになり、セットに入って皆さんと居間で食卓を囲んだとき、「あの世界に入れた!」という嬉しさがありました。もちろん、先に世界観ができている作品に入っていくプレッシャーはありますが、どれだけこの世界に馴染めるか、みなさんの期待に応えられればいいですね。

 僕が演じるぷりおは、抱えている問題が一番大きいけれど、どこか浮き世離れしている人物。素直すぎるところが魅力であり、弱さでもあるんですよね。僕とは対極にある人物だと思ったので、事前に役作りするのではなく演じながら考えようって、現場に入るのを心待ちにしていました。幸い監督は何でも相談できる方で、大らかに演じることができました。
(後編に続く)

ページトップへ戻る