インタビュー

“若干のファンタジーと毒”の世界へ 月美役 ミムラ

 月美はすごく女性らしい人。劇中にでてくる絵馬にもそれが表れていると思います。三姉妹の中では最も〝よくいるタイプの女性″、とも言えますよね。そんな月美を演じる上で一番うれしかったのは、木皿泉さんの脚本の世界にある“若干のファンタジーと毒”の世界を表現できたこと。ある男性にそばをおごったことから、思いもつかない誘いを受けることになるのですが…木皿作品のテイスト溢れるシーンなので、ぜひ放送でお楽しみください(笑)。

 小国三姉妹の末っ子である月美ですが、鷹子(薬師丸ひろ子)とナスミ(小泉今日子)の距離感と、鷹子と月美の距離感は違っていると感じます。上の2人が正反対の姉妹としてのしばりが強い分、親戚のお姉ちゃんが2人いる一人っ子みたいな気楽さが月美にはある気がしていて。私自身も三姉妹の一番下なので、決して同じテンションがかからない、アンバランスな関係性はよく理解できました。

 また今回は薬師丸ひろ子さん、小泉今日子さんの妹を演じるという、とても光栄な機会に恵まれました。ずっと第一線で活躍してこられた大先輩との共演は、周囲のみんなから羨ましがられましたし、私自身、あこがれの気持ちでご一緒させていただいたんですよ。現場でお話させて頂いて、真近でお芝居を拝見して、こういうカッコイイ大人になりたいなぁ、と改めて感じました。

「富士ファミリー」では、笑子さん(片桐はいり)や日出男さん(吉岡秀隆)のように鷹子や月美の直系の血縁者ではない人物も一緒に暮らしています。それが案外、風通しの良さを生んでいるんじゃないかな。決して家族賛歌ではなく、こんな家族があってもいいんじゃない? というお話ですが、木皿泉さんの描く家族って、ベタベタしていない。そのちょっとドライなところが、家族に必要なところなのかもしれません。現代は豊かになりすぎて、面倒くさい、疲れる、大変と、家族で寄り合うことのありがたみを忘れてしまいそうになります。「富士ファミリー」は、そうしたことからフッと気持ちを楽にさせてくれるような作品になっていますので、お正月疲れのさなかに、ボ~ッと観ていただければうれしいですね。

ページトップへ戻る