ドラマトピックス

正月時代劇『風雲児たち~蘭学革命篇~』追加キャスト発表第一弾!

正月時代劇
風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~

追加キャスト発表第一弾!

 ⇒「風雲児たち~蘭学革命篇~」番組ホームページ公開中!


fuu1106_kobayashi.jpg小林隆
国松:骨ヶ原で腑分けを務めた90歳の老人。すでに引退していたが、現役の孫が病気で倒れたため、良沢たちに腑分けを見せる役割を急きょ命じられる。


fuu1106_yamanishi.jpg山西惇
多紀元徳:徳川将軍の診療を担当する奥医師のうち、漢方医のリーダー的な存在。医学館を主催し、後進の指導にも努めた。新しい医学である蘭方の台頭に不安を覚えている。


fuu1106_asari.jpg浅利陽介
安岡玄真:杉田玄白とその弟子・大槻玄沢に師事。後に、日本初の本格的蘭和辞書「ハルマ和解」の編纂に参加するなど、蘭学の発展に大いに寄与する。


fuu1106_kato.jpg加藤諒
小田野武助:秋田藩士。平賀源内に画才を見込まれて、西洋画の指導を受け、 “鎖国時代の東北地方の奇跡”とも言われた「秋田蘭画」を生み出した。源内の推薦で「解体新書」の図版を描く。


fuu1106_nakagawa.jpg中川大志
石川玄常:「解体新書」の著者に名前のある蘭方医だが、翻訳作業には、かなり遅れて参加したとみられ、真の貢献度は今なお明らかにされていない。良沢の名前削除と並ぶ「解体新書」クレジットの謎である。


fuu1106_kondo.jpg近藤芳正
役人・新蔵:骨ヶ原の刑場を管理する小役人。自分の職務にあまり満足していない。


fuu1106_nakahara.jpg中原丈雄
桂川甫三:「解体新書」翻訳メンバーである桂川甫周の父。幕府奥医師のうち、唯一の蘭方医の家柄。優秀で人柄も慕われ、奥医師の最高位である「法眼」の地位を得る。


正月時代劇『風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~

【放送予定】
2018年(平成30年)1月1日(月・祝)) 
総合 夜7時20分から8時49分
【原作】
みなもと太郎「風雲児たち」 より
【脚本】
三谷幸喜 
【音楽】
荻野清子
【出演】
片岡愛之助(前野良沢)、新納慎也(杉田玄白)、
山本耕史(平賀源内)、草刈正雄(田沼意次) ほか
【演出】
吉川邦夫(NHKエンタープライズ)
【制作統括】
陸田元一(NHKエンタープライズ)、土屋勝裕(NHK)
【収録予定】
2017年11月

 ⇒「風雲児たち~蘭学革命篇~」番組ホームページ公開中!


ページトップへ