ドラマトピックス

市川由衣さん女医に! 土曜時代劇「桂ちづる診察日録」

katsura-ichikawa.jpgのサムネール画像この秋放送の土曜時代劇・新シリーズ(全14回)の制作が始まります。
物語は、若き女医・桂ちづる(市川由衣)の日々の成長を描く、愛と涙の診療日誌である。1825年の江戸神田。桂ちづるは開業半年の新米だが、シーボルト直伝の蘭方医、しかも華岡流外科手術を学んで麻酔も駆使する。亡き父に漢方医もたっぷり仕込まれて、治療費はある時払いの催促無し、貧しい者の味方なのだ。多忙な日々に、町奉行から更なるお役目。牢屋敷の女囚の担当医になれ。かくて『牢医師』を拝命し、罪を犯した女たちの半生にも関わることになる。女医・桂ちづるは、笑顔のよく似合う24歳、多くの仲間たちに支えられて、人々の幸せと命を守るために爽やかに歩んで行く・・・。
 
【出  演】市川由衣(桂ちづる)、高嶋政伸(ちづるの兄)、キムラ緑子(看護婦長)、
戸田恵子(牢名主)、福田転球(岡っ引き)、陰山 泰(牢屋の同心)、
遠藤憲一(亡き父)、江原真二郎(鶴屋南北)、三宅裕司(父の親友)
ほかの皆さん

【原    作】藤原 緋沙子「藍染袴お匙帖(あいぞめばかま おさじちょう)」シリーズより
【脚    本】前川 洋一、國澤 真理子
【音  楽】加羽沢 美濃
【放送予定】9月4日~12月 毎週土曜 〔総合〕後7:30~8:00 〔BShi〕後6:00~6:30
【収録予定】5月30日~10月 緑山スタジオ、ワープステーション江戸ほか近郊ロ


ページトップへ