ドラマトピックス

「ディロン~運命の犬ふたたび」放送のおしらせ

2006年に放送し好評をいただいた「ディロン~運命の犬」。あのディロンが帰ってきます。またまた閉ざされた人の心の扉をノックします。「敬老の日」の夜に、温かな触れ合いをお届けします。

■物語
diron01.jpgセラピー犬を引退し、パートナーの里中麻利(樋口可南子)と穏やかに暮らすディロン。しかしある日、いつもの散歩コースとは全く逆の方向へぐいぐいと麻利をリードし進んでいく。そこは公園。ひとりの老紳士(宇津井健)を囲んでお年寄りたちの輪が出来ていた。自作の詩を読む老紳士の横にちょこんと座り込むディロン。驚く麻利だが、そこはディロンに任せるしかない。まるで朗読を聞いているようなディロンを老紳士は微笑みながら迎える。その日から、老紳士の傍らに寄り添うのがディロンと麻利の日課になった。
老紳士は篠原といい小学校の教師を勤め上げ、大家族に囲まれて詩など作って暮らしているという。麻利の夫耕平(大杉漣)や義母の美佐江(池内淳子)も、篠原の訪問を歓迎するが、ディロンのアンテナは彼の心の秘密を察知していた。そんなディロンの様子に気づいた麻利は、ある決心をする。老犬になったディロンと孤独な老紳士。ディロンはそっと寄り添うが……


【放送予定】
平成20年9月15日(月)敬老の日
総合午後7時30分~8時43分


ページトップへ