ドラマトピックス

宮崎あおい主演で「蝶々夫人」をドラマ化...『蝶々さん』


今も世界各地で上演されているオペラの名作「蝶々夫人(マダムバタフライ)」。
今回のドラマでは、世界で最も有名な日本人ヒロインとも言える「蝶々さん」の人生を、新たによみがえらせます。

明治初頭という時代に、「武士の娘」としての誇りを手放すことなく、人生を生きたひとりの女性・蝶々さん。新しい世の中を知ることの大切さを親から教わり、新世界・アメリカに夢を抱き、そして恋を知った蝶々さんの殉じた道とは・・・。

ヒロイン・蝶々さんを演じるのは宮崎あおいさん。大ブームを巻き起こした大河ドラマ「篤姫」以来、NHK、民放を含めて、3年ぶりのテレビドラマ出演となる宮崎さん。今度はどんな「女の道は一本道」を演じてくれるか、目が離せません。
そして、蝶々さんを想い続ける男・伊作を、伊藤淳史さん(明治期)と野田秀樹さん(昭和期)が、リレーで演じるのも注目です。
また、蝶々さんが恋をするアメリカ海軍少尉・フランクリン役で、アメリカで注目されている若手俳優、イーサン・ランドリーさんが出演します。

土曜ドラマスペシャルとして、11月に前後編で放送します。是非、ご覧ください!

【番組名】土曜ドラマスペシャル『蝶々さん』
【放送予定】2011年11月19日(土)・26日(土) 総合 午後9時~10時13分<前後編>
【原作・脚本】市川森一
【音楽】村松崇継
【出演】宮崎あおい、伊藤淳史、イーサン・ランドリー、戸田恵子、ともさかりえ、岩松了、
高橋由美子、風間トオル、パトリック・ハーラン、川平慈英、余貴美子、池脇千鶴、
本田博太郎、伊武雅刀、野田秀樹、藤村志保、西田敏行 ほかの皆さん

※宮崎あおいさんの「崎」の字は本来は別の字(たつざき)ですが、一部のパソコンや携帯電話では表示出来ない文字のため、便宜的に「崎」の字を充てております。

 

『土曜ドラマスペシャル』番組ホームページ
http://www.nhk.or.jp/dodra/dodrasp/

 


ページトップへ