ドラマトピックス

常盤貴子主演!松下幸之助夫婦を描く「神様の女房」

20110721mat.jpg■「神様の女房」番組のみどころ
電気ソケットから身を起こし、現在の松下グループを築いた松下幸之助氏は"経営の神様"として国内外でもその功績が語り継がれています。その"神様"を生涯にわたり支え続けたのが糟糠の妻・松下むめのさんでした。
NHKでは、「もう一人の創業者」とも称される松下むめのさんと幸之助氏夫妻の物語を、小説「神様の女房」(高橋誠之助著)を原作に、土曜ドラマ『TAROの塔』での好演も記憶に新しい常盤貴子さんと『再生の町』の筒井道隆さんを主演に迎え、土曜ドラマスペシャルの第1弾として連続3回でドラマ化します。

■番組のあらすじ
淡路島の裕福な船乗りの次女として生まれ育った井植(いうえ)むめのは、大正4年、親もない家もない、財産も学問もないという大阪の電気工・松下幸之助と結婚する。むめのにとっては、しゅうとめのいない気楽さと、財産も一から夫婦で築いてゆくことを望んでの結婚であったが、それは貧乏生活の始まりでもあった。
幸之助は、新婚早々会社を退職、独立するがうまくいかない。
「成功するまであきらめない。成功の秘けつは成功するまでやめないこと」
という夫を、質屋に通い、得意の針仕事の内職でむめのは助けてゆく・・・
極貧の生活から事業の失敗と成功、戦争の混乱の中での浮沈を、時には大きなケンカもしながら共に味わってきた、むめのと幸之助という夫婦の物語を、時代のスケール感も豊かに描いてゆく。

【番組名】土曜ドラマスペシャル『神様の女房』
【放送予定】2011年10月1日・8日・15日(毎週土曜日) 総合<全3回>
総合 午後9時~10時13分
【原作】高橋誠之助「神様の女房」
【脚本】ジェームス三木
【音楽】住友紀人
【タイトル字・タイトル画】木田安彦
【出演】
常盤貴子、筒井道隆、松本利夫(EXILE)、秋野暢子、石倉三郎、
野際陽子、津川雅彦ほか

 

『土曜ドラマスペシャル 神様の女房』番組ホームページ
http://www.nhk.or.jp/dodra/dodrasp/index.html#d1

 


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ