ドラマトピックス

テレビ60年記念ドラマ『メイドインジャパン』制作のお知らせ

1953年2月1日、NHKがテレビの本放送を開始。以来、60年の節目を迎える。

円高、欧州経済危機、韓国・中国の台頭。
日本の製造業が危機を迎える中、巨大電機メーカーが「余命三ヶ月」の倒産の危機に追い込まれた!
会社の命運を握るのは、営業、財務、工場の現場で先頭に立ってきた3人の男。
かつて世界中でテレビを売りまくった営業マンが、会長の勅命でリーダーとなり、
秘密裏に結成した七人の「再建チーム」で、起死回生の倒産回避に奔走する。

だが彼らの前に、一人の日本人技術者が立ちはだかる。
男は営業マンの盟友だったが、会社をリストラされ、壮絶な過去を経ていた。
男は己のリチウム電池技術を武器に、中国の新興企業から世界市場に勝負を挑む。
それは、かつて男を切り捨てた盟友への宣戦布告でもあった。
「技術は誰のものか」という国境を越えた争いの中、日中の巨大企業の激突が始まる・・。

日本人にとって、会社とは、人とは何なのか?「メイドインジャパン」は生き残ることができるのか?
ドラマは戦後の日本を支えてきた物づくりの意義を問いつつ、逆境を乗り切ろうとする日本人の姿から、「メイドインジャパン」とは何か、正面から見据え描きます。

 

【番組名】
 テレビ60年記念ドラマ『メイドインジャパン』

【 放 送 】
 2013年1月26日(土)スタート(予定)
 毎週土曜・よる9時~10時13分(73分)連続3回

【   作   】
 井上由美子

【 音  楽 】
 蓜島邦明

【 出  演 】
 唐沢寿明   高橋克実   吉岡秀隆   國村 隼  
 平田 満  マイコ  斎藤 歩  中村靖日  金井勇太
 大塚寧々  酒井美紀  キムラ緑子  刈谷友衣子
 及川光博  岸部一徳  ほか

【 演  出 】
 黒崎 博

【制作統括】
 高橋 練

メイドインジャパン 番組ホームページ

メイドインジャパン Facebookページ (※NHKサイトを離れます)

 

■ 主演: 唐沢寿明 (矢作篤志(48)役)

mij01a.jpg大手家電メーカー・タクミ電機の営業部長。
入社以来一貫して営業畑を歩む。数々のテレビ販売記録を打ち立て、同期の中ではトップで部長職に就くも、現在の不況のために下降し続ける営業成績の責めを一身に背負うことに。
勝負師のような勘と押しの強さで勝負してきたが、信念を曲げない強引さから敵を作ってしまうこともあり、家庭にも不和が生じている。8年前の会社の経営危機の際に、矢作は営業の立場から経営改革を社長に直訴。赤字の開発部門を率いる親友がリストラの対象になるが、矢作は躊躇なく彼を切り捨てた。改革は成功し矢作は賞賛されるが、矢作とってこの経験は、小さなとげとなって心に残り続けていた。
今再び訪れた会社倒産の危機。矢作は会長の特命で「再建戦略チーム」を極秘に結成。EV車用の最新鋭のリチウム電池に社運を賭け、会社再建の陣頭指揮を執ることになるのだが…。

 

 

高橋克実 (迫田貴弘(48)役) 

mij02b.jpgかつての矢作の同僚。
分野は違うが同期入社の矢作とはウマが合い、一緒になってヒット商品を生み出した。だが8年前の経営危機で、赤字部門の開発責任者として矢作にリストラされてしまう。そして今、中国最大の電機メーカー・ライシェの技術トップとして、会社再建を託された矢作の前に立ちはだかる。

 

 

 

吉岡秀隆 (柿沼雄二(40)役)

mij03b.jpgタクミ電機の財務課長。
かつて働いていた生命保険会社で倒産を経験。財務畑で会社を裏から支える存在。金の動かし方については鋭い感覚を持ち怜悧な人物に思われがちだが、矢作同様、倒産を何とか回避しようと奔走する熱いハートを持つ人物でもある。再建戦略チームにおける矢作の右腕的存在。

 

 

 

國村隼 (西山慶吾(53)役)

mij04b.jpg矢作の同僚で、メイン工場の工場長。
社内でも有名な現場の叩き上げ。かつての迫田の上司で、昔堅気だが部下からの信頼も厚い。今回の会社の危機にはただ一人、技術サイドから再建戦略チームに参加している。

 

 


ページトップへ