ドラマトピックス

浜野謙太さん主演『男の操』制作開始!

プレミアムドラマ
男の操

⇒「男の操」番組ホームページ公開中!

misao_0908_01.jpg

主人公は売れない演歌歌手。
男手ひとつで娘を養い、営業に苦戦する毎日。
でも、その顔はいつも明るい。
亡き妻に約束した「いつか紅白歌合戦に出場する!」という夢があるから…!

【あらすじ】
五木みさお(浜野謙太)は売れない演歌歌手。妻・純子(倉科カナ)はすでに世を去り、ひとり娘のあわれ(粟野咲莉)とふたりで「いつか紅白歌合戦に出るぞ」との決意を胸に、持ち歌「男の操」の地道な営業に励んでいる。
だが、売り上げは上がらない…。アパートの隣人の万田(川栄李奈)とのほのかな恋、所属事務所の社長・深情(安達祐実)の売り出しにかける熱意など、個性あふれる人々に囲まれ、みさおは夢に向けて奮闘する!


【原作・業田良家さんのことば】

『男の操』は、編集部から「演歌のコメディを描いてみないか」と言われて描き始めてみたけれど、主人公たちが僕に乗り移って、大きなドラマになっていきました。
最後には登場人物をみんな幸せにしたいと念じながら描いた漫画です。
今回のドラマ化で主題歌の歌詞に曲をつけてくれるなら、
絶対につんく♂さんがいいとお願いしました。夢が叶って嬉しいです。


【主演・浜野謙太さんのことば】

こんな噛ませ犬男優が主役をやらせてもらうなんてめちゃくちゃ恐縮なんですが、原作のあまりの素晴らしさに、男浜野36歳、腹を決めました。歌があってそこにみんなが集まって、色々あっても歌を信じる登場人物たち。音楽を愛する者として大事な原点みたいなものが描かれている作品だと思うのです。そこんとこの幸せを伝えられたらなぁと思います。


【劇中歌作曲・つんく♂さんのことば】

misao_0908_00.jpg僕もアマチュア時代、上を目指して無我夢中で歌ってきました。そして主演映画で「演歌」を歌う役を演じたこともあるのでこの原作にとても親近感が湧きます。何より原作のタッチが大好きなんです。今回こうやって主題歌の作曲者として原作者の業田さんからご指名していただけたことが何より光栄です。
この歌詞にはこの曲(メロディ)以外にありえないってほどぴったりのメロに仕上がったと自負しております。歌っていただく浜野さんもバンドマンだし、僕のイメージぴったりに歌っていただけること間違いなしですね!
ということでドラマ、超楽しみにしています。家族で見ますよ~!


プレミアムドラマ 『男の操』

【放送予定】
2017年11月12日(日)スタート
BSプレミアム 毎週日曜 よる10時から <49分・全7回>
【原作】
業田良家
【脚本】
根本ノンジ 横幕智裕
【音楽】
石塚徹 川嶋可能
【劇中歌 「男の操」】
作詞・業田良家 作曲・つんく

【出演】
浜野謙太 倉科カナ 川栄李奈 永瀬匡 粟野咲莉 佐藤隆太 安達祐実 ほかの皆さん

【制作統括】
谷口卓敬(NHK) 長坂淳子(ザフール)
【収録予定】
2017年9月中旬から12月初旬

⇒「男の操」番組ホームページ公開中!


ページトップへ